津波関連論文リスト(インターネットで論文全文が公開されているもの)
  発行年 著者/編集者 タイトル 巻/号 発行元 URL
1 1896 山奈宗真 大海嘯各村別見取絵図     https://doi.org/10.11501/8664052
2 1896 山奈宗真 岩手県沿岸被害調査表     https://doi.org/10.11501/831244
3 1896 山奈宗真 岩手県沿岸 大海嘯取調書 (甲・乙・丙・丁)     https://doi.org/10.11501/1682439
4 1897 山奈宗真 三陸大海嘯岩手県沿岸見聞誌 甲     https://doi.org/10.11501/8664051
5 1897 山奈宗真 岩手沿岸古地名考     https://doi.org/10.11501/8664054
6 1903 山奈宗真 岩手県沿岸大海嘯部落見取絵図     https://doi.org/10.11501/8664053
7 1933 松尾春雄 三陸津浪調査報告 内務省土木試験所報告 第24号,83-112 内務省土木試験所 https://doi.org/10.11501/1143737
8 1933 中央氣象臺 昭和八年三月三日 三陸沖強震及津浪報告 験震時報 第七巻第二号別冊 中央氣象臺 https://doi.org/10.11501/1121166
9 1933 石巻測候所 宮城県下に於ける三陸沖及津浪調査報告   石巻測候所 https://doi.org/10.11501/1452677
10 1934 農林省山林局 三陸地方防潮林造成調査報告書   農林省山林局 https://doi.org/10.11501/1903820
11 1935 Kumizi IIDA Experiments on the Visco-elastic Properties of Pitch-like Materials. (I) 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第1号, 1935.3.30, pp.198-212 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10179
12 1935 Kumizi IIDA Experiments on the Visco-elastic Properties of Pitchlike Materials. (II) 東京帝国大学地震研究所彙報. 第13冊第2号, 1935.6.30, pp.433-456 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10195
13 1935 松尾春雄 三陸津浪調査報告(追加) 内務省土木試験所報告,第27号 内務省土木試験所 https://doi.org/10.11501/1143770
14 1936 Mishio ISHIMOTO and Kumizi IIDA 58.Determination of Elastic Constants of Soils by means of Vibration Methods. : Part I. Young's Modulus. 東京帝国大学地震研究所彙報. 第14冊第4号, 1936.12.21, pp.632-657 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10298
15 1937 Mishio ISHIMOTO and Kumizi IIDA 7.Determination of Elastic Constants of Soils by means of Vibration Methods. : Part 2. Modulus of Rigidity and Poisson's Ratio. 東京帝国大学地震研究所彙報. 第15冊第1号, 1937.3.30, pp.67-86 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10305
16 1938 Kumizi IIDA 12, The Velocity of Elastic Waves in Sand 東京帝国大学地震研究所彙報. 第16冊第1号, 1938.3.20, pp.131-144 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10373
17 1938 Kumizi IIDA 31. Relation between the Normal-Tangential Viscosity Ratio and Poisson's Elasticity Ratio in Certain Soils 東京帝国大学地震研究所彙報. 第16冊第2号, 1938.6.20, pp.391-406 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10392
18 1938 石本巳四雄, 飯田汲事 28. 微動計による地震觀測(一) 地震動の大さ,空間的分布 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第2号, 1939.0.0, pp.443-478 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10444
19 1939 Kumizi IIDA 7. Determining Young's Modulus and the Solid Viscosity Coefficients of Rocks by the Vibration Method 東京帝国大学地震研究所彙報. 第17冊第1号, 1939.3.30, pp.79-92 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10423
20 1940 Kumizi IIDA 31.Grands sismographes accélérométriques d'une tonne pour les composantes horizontals et verticales; leur construction et leurs enregistrements. 東京帝国大学地震研究所彙報. 第18冊第4号, 1940.12.30, pp.514-531 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10500
21 1940 Kumizi IIDA 32.Sur les caractéristiques des ondes séismiques d'après nos observations à l'aide des grands sismographes accéléroinetriques d'une tonne. 東京帝国大学地震研究所彙報. 第18冊第4号, 1940.12.30, pp.532-574 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10501
22 1940 Kumizi IIDA 34. On the Elastic Properties of Soil, particularly in relation to its Water Content. 東京帝国大学地震研究所彙報. 第18冊第4号, 1940.12.30, pp.675-691 東京帝国大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/10503
23 1961 仙台管区気象台 昭和35年5月24日 チリ地震津波調査報告   仙台管区気象台 https://doi.org/10.11501/1378687
24 1963 Tokutaro HATORI Directivity of Tsunamis. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE,Vol.41,pp.61-81 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12097
25 1963 Tokutaro HATORI On the Tsunamis along the Island of Hawaii. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE,Vol.41,pp.49-59 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12096
26 1965 Tokutaro HATORI Study on Distant Tsunamis along the Coast of Japan. Part 1, Distribution of Tsunami Energy and Travel Time. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE, Vol.43, pp.499-508 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12213
27 1966 Tokutaro HATORI Vertical Displacement in a Tsunami Source Area and the Topography of the Sea Bottom. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE,Vol.44,pp.1449-1464 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12304
28 1966 飯田汲事,太田 裕,成瀬聖慈 火薬爆発に伴う表面波 地震 第2輯, 19, 2, 1966, pp.81-95 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.19.2_81
29 1967 羽鳥徳太郎 1896年の三陸津波の波源域および1933年の津波との比較 地震第2輯,第20巻,164-170項 東京大学地震研究所 https://doi.org/10.4294/zisin1948.20.3_164
30 1968 Tokutaro HATORI Study on Distant Tsunamis along the coast of Japan. Part 2, Tsunamis of South American Origin. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE, Vol.46, pp.345-359 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12387
31 1969 Tokutaro HATORI Study on Distant Tsunami along the Coast of Japan. Part 3 Tsunamis of Philippines and Indonesia Origin. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE, Vol.47, pp.523-537 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12467
32 1969 Aida,I Numerical Experiments for Tsunamis caused by Moving Deformations of the Sea Bottom 地震研究所彙報, Vol.47, pp.849-862 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12483
33 1970 Tokutaro HATORI Vertical Crustal Deformation and Tsunami Energy. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE,Vol.48,pp.171-188 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12510
34 1970 相田勇 1923年関東地震津波の数値実験 地震研究所彙報, Vol.48, pp.73-86 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12504
35 1971 羽鳥徳太郎 最近45年間の日向灘津波の規模 地震第2輯,第24巻 95-106頁 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.24.2_95
36 1971 飯田汲事 地震のエネルギー・マグニチュード関係式と地震効率係数について 地震 第2輯, 24, 3, 1971, pp.266-274 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.24.3_266
37 1973 羽鳥徳太郎 安政3年(1856年8月23日)八戸沖津波の規模と波源域の推定 地震第2輯,第26巻 204-205頁 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.26.2_204
38 1973 羽鳥徳太郎 日本沿岸における津波のエネルギー分布と到達時間 地震第2輯,第26巻 1-7頁 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.26.1_1
39 1974 羽鳥徳太郎 東海・南海道沖における大津波の波源―1944年東南海,1946年南海道津波波源の再検討と宝永・安政大津波の規模と波源域の推定― 地震第2輯,第27巻 10-24頁 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.27.1_10
40 1974 羽鳥徳太郎 東北日本太平洋側における津波の波源 地震第2輯,第27巻,321-337項 東京大学地震研究所 https://doi.org/10.4294/zisin1948.27.4_321
41 1974 相田勇 地震の断層モデルによる津波の数値実験 地震第2輯, 第27巻, pp.141-151 東京大学地震研究所 https://doi.org/10.4294/zisin1948.27.2_141
42 1975 羽鳥徳太郎 三陸沖歴史津波の規模と推定波源域 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.50,pp.397-414 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12604
43 1975 羽鳥徳太郎 九十九里浜における元禄16年(1703年)津波の供養碑 地震第2輯,第28巻 98-101頁 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.28.1_98
44 1975 羽鳥徳太郎 元禄・大正関東地震津波の各地の石碑・言い伝え 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.50,pp.385-395 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12603
45 1975 羽鳥徳太郎 房総沖における津波の波源―延宝(1677年)・元禄(1703年)・1953年房総沖津波の規模と波源域の推定― 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.50,pp.83-91 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12588
46 1975 羽鳥徳太郎 明応7年・慶長9年の房総および東海南海道大津波の波源 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst., Vol.50,pp.171-185 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12593
47 1976 羽鳥徳太郎 三陸沖津波の波源位置と伝播の様相 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.51,pp.197-207 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12616
48 1976 羽鳥徳太郎 南房総における元禄16年(1703年)津波の供養碑―元禄津波の推定波高と大正地震津波との比較― 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.51,pp.63-81 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12610
49 1976 羽鳥徳太郎 安政地震(1854年12月23日)における東海地方の津波・地殻変動の記録―明治25年静岡県下26ヵ町村役場の地震報告から― 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.51,pp.13-28 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12607
50 1976 羽鳥徳太郎 1938年福島沖群発地震による津波の発生機構 地震第2輯,第29巻,179-190項 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.29.2_179
51 1977 羽鳥徳太郎 静岡県沿岸における宝永・安政東海地震の津波調査 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.52,pp.407-439 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12645
52 1977 羽鳥徳太郎、片山通子 日本海沿岸における歴史津波の挙動とその波源域 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.52,pp.49-70 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12622
53 1977 相田勇 三陸沖の古い津波のシミュレーション 地震研究所彙報, Vol.52, pp.71-101 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12623
54 1977 相田勇 陸上に溢れる津波の数値実験 ―高知県須崎および宇佐の場合― 地震研究所彙報, Vol.52, pp.441-460 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12646
55 1978 羽鳥徳太郎 三重県沿岸における宝永・安政東海地震の津波調査 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.53,pp.1191-1225 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12713
56 1978 羽鳥徳太郎 高知・徳島における慶長・宝永・安政南海道津波の記念碑―1946年南海道津波の挙動との比較― 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.53,pp.423-445 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12664
57 1978 羽鳥徳太郎 1978年宮城県沖津波とその近海の津波活動 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst,Vol.53,pp.1177-1189 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12712
58 1978 Aida,I Reliability of a tsunami source model derived ftom fault parameters J.Phys.Earth, Vol.26, pp.57-73   https://doi.org/10.4294/jpe1952.26.57
59 1978 相田勇 1978年伊豆大島近海地震に伴った津波の数値実験 地震研究所彙報, Vol.53, pp.863-873 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12692
60 1979 羽鳥徳太郎 北海道渡島大島津波(1741年)の供養碑 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.54,pp.343-350 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12732
61 1979 羽鳥徳太郎 九十九里浜における延宝(1677年)・元禄(1703年)津波の挙動―津波供養碑の調査から― 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.54,pp.147-159 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12723
62 1979 羽鳥徳太郎 津波の規模階級とエネルギーとの関係 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst.Vol.54,pp.531-541 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12741
63 1979 羽鳥徳太郎 北海道東部・南千島の津波活動(1893〜1978年) 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst,Vol.54,pp.543-557 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12742
64 1979 相田勇 1944年東南海地震津波の波源モデル 地震研究所彙報, Vol.54, pp.329-341 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12731
65 1980 羽鳥徳太郎 大阪府・和歌山県沿岸における宝永・安政南海道津波の調査 地震研究所彙報 Bull.Earthq.Res.Inst. Vol.55,pp.505-535 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12765
66 1980 羽鳥徳太郎 1980年伊豆半島東方沖地震による津波 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst,Vol.55,pp.1073-1081 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12786
67 1981 羽鳥徳太郎 高知県南西部の宝永・安政南海道津波の調査―久礼・入野・土佐清水の津波の高さ 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst.Vol.56,pp.547-570 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12817
68 1981 Tokutaro HATORI Tsunami Sources in the Sanriku Region in 1979 and 1981, Northeastern Japan―Seismic Gap off Miyagi. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE,Vol.56,pp.629-640 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12823
69 1981 Tokutaro HATORI Tsunami Magnitude and Source Area of the Aleutian-Alaska Tsunamis. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE,Vol.56,pp.97-110 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12798
70 1981 羽鳥徳太郎 日本沿岸で観測したコロンビア・ペルー津波(1960年〜1979年) 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst,Vol.56,pp.535-546 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12816
71 1981 相田勇 東海道沖におこった歴史津波の数値実験 地震研究所彙報, Vol.56, pp.367-390 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12810
72 1981 相田勇 南海道沖の津波の数値実験 地震研究所彙報, Vol.56, pp.713-730 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12828
73 1982 Tokutaro HATORI Wave Magnitudes of the Kurile-Kamchatka Tsunamis―Tsunami Effect in Japan. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE,Vol.57,pp.687-699 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12863
74 1982 羽鳥徳太郎 1982年浦河沖地震による津波 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst,Vol.57,pp.525-535 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12856
75 1982 Tokutaro HATORI Philippine, Solomon and New Hebrides Islands Tsunamis Observed along the Coast of Japan, 1971-1980. BULLETIN OF THE EARTHQUAKE RESEARCH INSTITUTE,Vol.57,pp.221-237 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12843
76 1982 羽鳥徳太郎、相田勇、小山盛雄、日比谷紀之 大船渡市街地に遡上した津波の調査 ―1960年チリおよび1933年三陸津波 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst,Vol.57,pp.133-150 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12840
77 1983 羽鳥徳太郎、相田勇、坂下至功、日比谷紀之 和歌山県湯浅・広に遡上した南海道津波の調査―1946年南海道および宝永・安政津波について― 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst.Vol.58,pp.187-206 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12872
78 1983 羽鳥徳太郎 1982年12月28日三宅島近海地震の津波 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst,Vol.58,pp.433-437 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12882
79 1983 羽鳥徳太郎 熱海・初島における1923年関東地震津波の挙動 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst,Vol.58,pp.683-689 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12893
80 1983 羽鳥徳太郎 1982年茨城県沖津波とその周辺海域の津波活動 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst,Vol.58,pp.423-431 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12881
81 1983 相田勇、羽鳥徳太郎、村井勇、広井修 津波予想と住民の反応に関する事例調査(1) ―北海道浦河町および浜中町― 地震研究所彙報, Vol.58, pp.207-242 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12873
82 1983 相田勇、羽鳥徳太郎 和歌山県、湯浅・広川両町に遡上した津波の数値実験 地震研究所彙報, Vol.58, pp.667-681 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12892
83 1983 相田勇、羽鳥徳太郎 大船渡市街に遡上した津波の数値実験 地震研究所彙報, Vol.58, pp.175-185 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12871
84 1984 羽鳥徳太郎 北海道渡島沖津波(1741年)の挙動の再検討―1983年日本海中部地震津波との比較― 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst.Univ.Tokyo,Vol.59,pp.115-125 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12911
85 1984 羽鳥徳太郎 1983年日本海中部地震の余震に伴った津波 付:本震による津波の発生機構 地震研究所彙報, Bull.Earthq.Res.Inst.Univ.Tokyo,Vol.59,pp.105-113 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12910
86 1984 相田勇 1983年日本海中部地震津波の波源数値モデル 地震研究所彙報, Vol.59, pp.93-104 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12909
87 1984 相田勇、羽鳥徳太郎、村井勇、広井修 津波予想と住民の反応に関する事例調査(2) ―新潟県村山市― 地震研究所彙報, Vol.59, pp.235-265 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12915
88 1984 相田勇 噴火により発生する津波の見積もり ―1741年渡島大島の場合― 地震研究所彙報, Vol.59, pp.519-531 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12927
89 1984 羽鳥徳太郎 津波による家屋の破壊率 地震研究所彙報, Vol.59, pp.433-439 東京大学地震研究所 http://hdl.handle.net/2261/12923
90 1986 都司嘉宣 天明小田原地震(1782-VIII-23)の津波について 地震第2輯,第39巻,277-287項 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.39.2_277
91 1988 相田勇、坪内博彰、川口正明 防潮堤の設計高を超える津波の挙動に関する数値実験 ―静岡県松崎および岩手県田老の場合― 地震第2輯, 第41巻, pp.343-350 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.41.3_343
92 1988 相田勇 日本沿岸における津波長期危険度としてのエネルギー累積地分布 地震第2輯, 第41巻, pp.573-581 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.41.4_573
93 1989 羽鳥徳太郎 日本近海における余震・群発地震に伴う津波の特性 地震第2輯,第42巻,183-188項 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.42.2_183
94 1990 羽鳥徳太郎 北海道およびサハリンのオホーツク海沿岸における南千島津波の挙動 地震第2輯,第43巻,493-498項 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.43.4_493
95 1991 羽鳥徳太郎 1990年4月6日マリアナ海溝地震による津波 地震第2輯,第44巻,85-91 日本地震学会 https://doi.org/10.4294/zisin1948.44.2_85