1. 津波がくるぞお

■シーン:気仙沼湾
(ナレーションなし)

■シーン:岩手県大船渡市
全国の死者129人。内、宮城・岩手の両県だけで105人の犠牲者を出している。
津波の高さ5.6メートル、大船渡市の死者53人、家屋の被害1480戸。
線路が飴のように曲がった陸前高田市米崎地区。
国鉄大船渡線の全面開通には1ヶ月を要した。水浸しになった大船渡電報電話局 ではぎりぎりまで電話交換業務に当たった。津波が引いた後、復旧の見込みがな い駅構内は潮水をかぶった畳の干し場にもなった。

■シーン:志津川町
また、志津川町では5.5メートルの大津波が襲った。
市街地の大部分を壊滅させ、死者41人、家屋の被害1327戸、52億円の被害を もたらした。

■シーン:気仙沼湾
このチリ地震津波は日本近海の津波と異なる3つの特性を示した。
1つには、三陸津波はおよそ20分前後の周期で第1波、2波と押し寄せたが、 チリ津波の周期は50分前後と長かった。2つめは明治29年の津波は、 一気に押し寄せあっという間にすべてを飲みつくして、1,2時間で海は何事も なかったように元に返ったが、チリ地震津波は早朝から夕方まで延々と荒れ狂った。 3つ目は、袋状になった湾の奥になるほど波が高くなり被害を大きくした。 異常な引き潮を発見し、消防車は警報を告げて回ったが、揺れがなかったことから 津波は来ないと信じて逃げなかったことが被害を大きくした。

■シーン:詩
あの日、あの朝、あの時の津波。家を壊し、道をうずめ、尊い命までうばった、 あの津波。
天災でなかったら思いきりなぐってやりたいのに。
  志津川中学校3年 山形せい子