三陸の津波にそなえて

■シーン:川を逆流する津波
被害をもたらした日本海中部地震。
迫りくる津波の様子をビデオに捕らえた貴重な映像を入手しました。 川を逆流する津波です。巨大な津波ではありませんが、 その速さと秘められたエネルギーには、思わず背筋が寒くなるような 恐怖を感じずにはいられません。津波は、瞬く間に上流へ上流へと かけあがっていきます。
■シーン:漁港の様子
逆流してきた津波に、船だまりで翻弄される漁船たち。
おそらく1メートルにも満たない津波だと思いますが、その威力たるは 船を係留していたともづなをあっさりと引きちぎって船をさらってしまうほどです。 このパワーを目の当たりにして、集まった人々はなす術もなくただ船を 見守るばかりです。
やがて勢いを増した津波は撮影しているカメラマンの足元まで迫ってきました。 津波は数分から数十分間隔で何度も繰り返しおそってきます。 そして、必ずしも第一波が最大だとは限りません。 後からやってくる第二、第三の津波のほうが大きいこともよくあることです。 船だまりに流された船が波と共に海側に引き戻された始めたとき、 次の津波が襲ってきました。一度波が引いて様子を見に行った人たちが、 もっと大きな波に飲み込まれるという悲惨な事故はこのようにして起こるのです。
■シーン:津波襲来後
津波が去った後には、すさまじい爪あとが残されていました。