岩手縣沿岸大海嘯取調書(甲・乙・丙・丁)

陸前国気仙郡小友村(現、岩手県陸前高田市小友町)

陸前國氣仙郡小友村

●本村海嘯被害地 字両替 三日市 浦田 浦ノ前 小屋敷 塩谷 只出 七ケ所
○流亡戸数 五拾九戸 ○潰戸數    二十三戸 ○流亡納屋  三拾四棟
○潰納屋    三棟 ○死亡人口  二百拾壱人 ○負傷人口   拾九人
○流亡牛馬      ○流亡耕地・田畑     ○流亡舩舶
○流亡財産      ○流亡道路・堤防

漁村新位置
一、新住家ヲ設クヘキ地及旧住宅トノ利害
  ○本村 字只出ハ 全戸数 五十六戸ノ内 五十二戸 流亡 第一ノ被害地ニシテ 宅地 移轉ノ便利ヲ 
   村長ヨリ 部民ニ 謀ルト 雖モ 或ハ 不便ヲ 見ル哉 難 計 抔ノ説ヨリ 人民ノ意ニ 任セタル
   ニ 三拾戸 計リ 元宅地ヨリ 引揚ケ 居住スルノ 見込 在リ
二、海面ヨリ高低及沿岸ノ地形方位
  ○詳細ハ 部落 絵図ニ 記ス
三、津浪ノ耒リタル場所
  ○本村被害地 字只出ハ 南ニ海面 字両替 其他六ケ所 裏海 故ニ 地図 詳細 記スルト 雖モ 
   第一ノ被害地 只出 東方面ヨリ 打込ミ走浪 数丁 逆登リ 殆ト 裏海ニ 落水セントシカ如シ 
   実ニ 激浪ト 云ヘシ 詳細 地図ニ 記ス
四、防風林及防浪林其他堤防必要ノ有無
  ○本村 両替ヨリ三日市 浦田ヲ経テ 塩谷マテ 潮止堤防修築及防風林
   植付ノ急務ナリ 尤 両替 三日市辺ハ 道路モ 破壊セラレ 通行 難渋ナリ
  ○本村 字三日市ヨリ 塩谷迄 潮止堤防 凡 五百間 是マテ 村税ヲ 以テ 修繕 昔ヨリ 本耒
   堤防 一新前 破壊セントキハ 郡内ヨリ ミな 人夫 補助ヲ 得タリ 今回大海嘯ニ破壊セラレ
   村内 及ヒ 兼ル 故ニ 其筋ニ 補助 出願セント 設計中 此堤防 修繕セサルトキハ 耕地 三拾
   五六町 荒蕪ニ 期ス
五、魚附場及海湾近傍山林原野ノ景況并林相種目
  ○本村 海岸近傍 民林故ニ 十ケ年前伐木セシ 以耒 漁業者 減少セリ 多ク 沖ニ寄リ 捕獲 少シ
六、新道路ノ見込及古道ノ便否
  ○本村 道路ハ 米崎界ヨリ 山根村 表海岸 只出ニ 通ジ 是ヨリ 廣田村 末崎村ニ 至ルノ道路 
   車道ニ 修築スルニ 便アリ




七、漁村沿岸運搬ノ便否
  ○本村海岸 運搬ハ 海路 薪炭ノ如キハ 宮城兼本吉郡小原木地方ヨリ需ム 里道ノ便ヲ 得ルトキハ 
   米崎村ヨリ 要求スルナリ 尤 小原木ヨリ 代價ハ 廉ナリ

住 家
一、海濱住屋ノ建造ノ方法
  ○家屋ノ造リハ 二階建 土臺付ハ 害 不受 三日市方面 四十年以耒 五回ノ小津波 アレトモ 右ノ
   造リ 害少シ 石据等 流易シ 敷板ハ 敷タルママ 釘 打タサルニ 害少シ 如何トナレハ 逆浪 
   暴張 スルトキ 釘 無ケレハ 板ハ 速ニ ハネ 浪 争事 無キ為メ ナラン
二、住家ト納屋ト離合ノ利害
  ○水 火災 及 衛生ニヨリテモ 離隔スルハ 便アリ
三、海濱住屋建造之遺法ノ有無
  ○別ニ無

漁民風俗
一、祭事婚姻家庭ノ状況
  ○不漁ノ場合ニハ 市子ヲ 頼ミ祈ル 漁民 流没等 場合ニハ 渚祭ト唱ヘ 僧侶ヲ 以テ 祭ル 又
   海濱ヲ 精メン 為 神官ヲ以 祭ル 大漁ニハ諸神社ニ 漁民 打揃ヘ 参詣ス
  ○婚姻等ニハ 別ニ 関係 無シ
二、漁民禁物
  ○産婦ノ忌ミ 七日 死亡者 アルモ 忌マス 猿ヲ ヤエント云
   蛇ヲ 忌ム 長物ト云
三、食物
  ○平素ハ 米 麦 稗 凶年 麦 稗 大根 メノコ 其他 種々
四、衣服
  ○木綿 麻
五、漁民衣食物供給ノ時季
  ○旧盆七月 旧年末十二月トノ 二季ナリ
六、被害町村漁民年々北海道及其他出稼ノ状況
  ○本村 北海道 出稼 希ナリ 無キト 云カ如シ  春・牡鹿郡 四十人位
   秋・釜石地方 宮古地方ヘ 廿人 鮪建網ヘ 出稼クナリ
七、良習慣ト不良習慣トノ種類
  ○本村ハ 家宅 立替及 屋根替等ニハ 壹部落 申合 夫ニ 助勢スル事 良習慣ナリ 但 人夫ノミ


漁村制
一、漁業組合ノ状況及改善ノ策
  ○漁業組合ノ効用 末タ 見ス 改善ノ策 考 無
二、漁民ノ労働及稼業ノ順序
  ○
三、旧漁場ト新漁場位置状況
  ○旧漁場(鮪立網)ヨリ 近年ハ 沖ヘ 百間 或ハ 五十間位 去ル
四、漁場紛擾仲裁法
  ○昔ハ 漁民 失策 不埒ノ所業アルトキハ 和尚ノ仲裁ヲ 要スタリ 目今 用ヘス(是レハ 良法ナレ
   トモ 目今ハ ナマクラ和尚多ク 徳 無キカ 人民 悪ク 進歩ノ為 故ニ 三百 代言 餌食 多シ)
五、捕獲魚類沖合販賣ノ利害
  ○沖賣ハ 甚タ 悪ク 此 所業ヲ 防クニ 殆ト 苦ム
六、藩政當時ノ方法及税法
  ○漁獲物 賣上 代金 百文ヨリ四文 藩主ニ納 亦タ 漁師ニ 製造ヲ 免サス
   商人ニ 買入 製造セシメ 此 取締ハ 御判 肝入 司ナリ

凶荒調査
一、海産物凶年ノ備荒品及製造
  ○メノコ ヒシキ
二、凶年ノ状況
  ○本村ハ 天保凶年ニハ 漁業 沢山ニ 在リ 農家ニモ 相応ノ貯蓄 在リ 困マラス
  ○宗眞 考ルニ 獨リ 小友村ノミ 天保 大凶歳 如 此ナラハ 凶荒 豫備ノ遺法 アラント 捜索セ
   シニ 得ス 遺憾ナリ
三、凶年ノ際藩政ノ救助方法
  ○凶年ニハ 多少 米 賜リタル事モ 有リ 詳細 知ラス
四、凶年及津浪后ノ流行病
  ○天保 凶年ノ后 何レモ 流行病 無
  ○明治十五年ニ コレラニテ 二名 死亡
漁民需用品
一、海岸山林原野ノ状況及將耒ノ企望但材木薪炭木ヲモ云
  ○近年 木材 高(直) 値ニ 感シ 年々 杉樹 多ク 植付ル 運ヒ 至リ




二、竹木大麻藁物消費年額
  ○大麻ハ 水沢 一ノ関地方ヨリ 需ム 竹木 藁等ハ 地元ニテ 足ル
三、造舩種類及年々造舩ノ員数
  ○合コ舩 ザハ舟 鰹舟 鮪網舟ニ 要スル 胴舩 合セテ 百拾二艘 壹ケ年ニ 拾艘宛ヲ 新ニ 造舩
   ス 舩命 八ケ年位 本村 裏海 舩命 六ケ年位 表海 八ケ年位ナリ
四、木材ヲ需ル便宜ノ場所
  ○本村 字下新井田(松林)  長洞(杉林)  平畑(杉林)  三ケ所ノ官林 便ナリ
五、將耒漁舩漁具改良の方法
  ○別ニ考 無
六、漁民衣食供給ノ場所
  ○本郡 高田町 盛町

海 湾
一,旧漁場ノ位置及変更ノ状状(況)
  ○未詳
二、海湾ノ主産
  ○表海・ 蚫 鮹   裏濱・鰹 鰯 昆布
三、海湾捕魚ノ種類及時期
  ○春・赤魚 鰯  夏・鰹 鮪 鯣  秋・鮪 ぶり  冬・鱈 赤魚 サカ 鯛
四、沖合漁業ノ位置里程
  ○鰹漁 夏季・八拾哩  秋季・二哩  赤魚・二十哩  鱶・三十哩
   沖合ヨリ 目標山 東磐井郡室根山  氣仙郡日比(頃)市山  五葉山  氷上山
五、製塩所位置
  ○無

海事考
一、四季ノ氣候
  ○雪・旧十一月上旬ヨリ 春 ヒカンマテ 降ル 春・雪 多シ
   昔 冬・沢山 降リタルト云 近年 多 降ラス  雨 入梅ニ 多シ
二、起風雨前知
  ○コケラ雲 出ルト 雨トナル  西海ニ 音 軽キ時ハ 晴天
三、不漁前知
  ○未詳


四、大漁前知
  ○仝
五、潮流状況
  ○仝
六、海湾ニ関スル事歴
  ○仝
七、固有漁場ノ変遷ノ状況
  ○未詳
八、津浪ノ歴史
  ○本村 矢ノ浦ニ 字舟荒ト 云所アリ 昔 大海嘯ニ 舟打上ラレ 破壊セシ 所ナリト云
九、津浪耒ルヘキ前兆
  ○未詳

漁村挽回
一、迅速ナル業務
  ○漁舟 漁具 製造ト 納屋 建築ニ 急務ナリ 海ニ 鯣 多ク 居レトモ 釣 能ハス 故ニ 小漁舟
   製造 第一ナリ 迅速の運ヒテ 主トシテ 上國地方 職工雇入モ 地方ニ 適セサル 舟形ニテハ 
   便宜ヲ得ス 向十日間ニシテ 本村 出稼 職工 帰ル 故ニ 是ニ製造 セシムル 見込ミ
二、造舩職工有無
  ○造舩職工 有無ハ 本村ノ職工 他ニ 出稼ノモノ 戻シ 使用スルト 雖 迚 間ニ合ハス 是ニハ 
   殆ト困却セリト云

漁民將耒ノ企望
一、管内沿岸一致漁業組合設ル方法
  ○考無
二、授産方法ニ付便利見込有無
  ○授産方法ニ付テハ 改良ト共ニ 便利ヲ 謀ルニ 在リ 故ニ 水産改良 地方ヨリ 二三戸ノ漁民ヲ 
   移住セシムルノ方法 奨励スルニ 便アリ
三、他ヨリ團体ヲ造リ漁業者耒ル者アルトキハ如何スルヤ
  ○






陸地産業被害調査
一、家畜ノ関係
  ○
二、耕地被害
  ○字三日市ヨリ塩谷 堤防決壊(凡 五百間)是カ為メ耕地 三拾五町余 作付スル能ハス

商業調査
一、物價相庭魚類販路
  ○津浪后 三周間目 奨励シテ 漁民 鮪流網ニ 出帆シタルニ 不漁ニシテ 帰ル漁業者 目下 海底 
   人ノ死体ヲ見ル 故ニ漁スル 能ハス 商人 入耒ル 末タ聞サル 場合 目今ニ 至リ 販路有リ 
   漁アレハ 魚類ニ 相庭 相応 故ニ 漁族 耒ルヲ 待 居ルカ 如シ 物價ハ 二割以上 騰貴ス
二、貸借変動及金利質屋ノ景況
  ○金利二割 質屋 無