岩手縣沿岸大海嘯取調書(甲・乙・丙・丁)

陸中国東閉伊郡織笠村(現、岩手県下閉伊郡山田町)

陸前國東閉伊郡織笠村

●本村海嘯被害地 後濱ヨリ本多マテ
○流亡戸数   七拾戸 ○潰戸數     拾八戸 ○流亡納屋  三拾弐棟
○潰納屋   六拾九棟 ○死亡人口   七十二人 ○負傷人口   二十人
○流亡牛馬       ○流亡耕地・田畑     ○流亡舩舶
○流亡財産       ○流亡道路・堤防

漁村之新位置
一、新住家ヲ設クヘキ地及旧住家トノ利害
  ○本村ハ 市街地並ニ 改正ノ企望アリト 雖モ 被害 小ナル故ニ  改正ハ 至難ナリ
二、海面ヨリ高低及沿岸ノ地形方位
  ○本村ハ 海面ヨリ 四尺ヨリ六尺マテ
  ○地形方位ハ 本村 南 舩越村 北 山田町ノ間ニアル  一小濱ナリ 南東ニ 山田湾ノ一隅ノ海濱ナリ
三、津浪ノ耒タリタル場所
  ○山田湾ニ南ハ 舩越村 亀ヶ崎 北ハ 重茂村 ?ケ崎ヨリ山田港ニ激浪打込ミタルニ 山田港湾二ケ所
     島アリ 激浪 是ニ防カレタル為メ 本村ノ害 少シ 津浪耒ル方法 詳細図ニ記ス 舩越ヨリ反動 
      故ニ 弱ス
四、防風林及防浪林其他堤防必要の有無
  ○本村 浪止メ堤防 後濱ヨリ元村海岸ニ 築造ヲ要ス
五、魚付場及海湾近傍山林原野ノ景況并林相種目
  ○小濱 故ニ 本村ニ記スル事 無
六、新道路ノ見込ミ及古道の便否
  ○山田町ヨリ細浦 盛ノ沢ヲ経テ 織笠ニ 通スル道路ニ 便アリ
七、漁村沿岸運搬ノ便否
  ○沿岸ノ運搬ハ 陸路 改正 及 舩越村 運河ニ堀割ニ 大ニ海運の便ヲ得ル

住 家
一、海濱住屋建造の方法
  ○本村 小川市五郎ノ家ハ 九間五尺 六間二尺ノ家屋ナリ 海岸ヲ  去ル事 二丁 南ニ所 在リ 
      海面ヨリ高キ事 八尺の宅地ナリ 此家屋  材木 太ク 土臺付ニシテ屋根ニ柾葺 石ヲ 揚ケタル造リ



      ナリ 今回ノ津浪モ東側ヘ隣家の ト舟ト 棹付ラレ 柱 壹本折レタルノミ 其他ハ 曲カラス
   動カス 小川ヨリ川上モ多ク 流亡セシ家アリ 是 至難ノ一 無事ト云ヘシ
二、住家ト納屋ト離合ノ利害
  ○本宅納屋離隔スルニ便アリ 宅地セマキ為メ 止ムヲ得ス 合併造ル者ナリ
三、海濱住屋建造ノ遺法ノ有無
  ○

漁民風俗
一、祭事婚姻家庭状況
  ○祭事ハ 大漁ニハ 村社等ニテ盛ニ 祭典ヲ 行フ
  ○不漁ニハ 神官ニ托ス 海岸浦々 引舟ニテ 竜神祭リヲ行フ
  ○溺死者アルトキハ 僧侶ニ頼ミ 絶(施)餓鬼ヲ行フ
二、漁民禁物
  ○猿ヲ ヱヒシト云 蛇ヲ 長虫ト云 産婦アルトキハ 三日間カ五日間カ忌ム 死亡者アルトキハ 嫌ハス
三、食物
  ○米 稗 粟 麦 蕎麦 布ノ粉
四、衣服
  ○木綿 八分  麻 弐分
五、漁民衣食物供給ノ時季
  ○旧盆 七月 旧年末 十二月 旧四月八日 村社祭リ
六、被害町村漁民年々北海道及其他出稼ノ状況
  ○北海道ヘ 五六十人 春 旧正月 ■■■ 旧六月歸ル 又 十月歸ルモ 有リ
七、良習慣ト不良習慣トノ種類
  ○昆布刈 旧六月廿六日 年々 採期トス 是レヲ 犯シ者ハ 採収物ヲ  取揚ケ 村落費用ニ充
  ○織笠村濱手(漁濱の部落ヲ云)家屋建築ニ互ニ 助力スルハ 一般の規約ナリ 山手ニテ 蚕 穀物ヲ
      造ル 又 人夫ヲ助力スルナリ 手傳  振リシテ 酒食呑ミ喰 働カサル風 アリ
  ○山手ニテ(秣)期節ヲ定メ 村内一同 刈初ム
  ○漁民ハ 組合ヲ設ケ 年行事ヲ置キ■■■ ■■■ ■■■
      ★  以下文字不明

漁村制
一、漁業組合ノ状況及改善ノ策
  ○規約 漁民ニ適セス 海嘯后 状況モアレハ 大ニ 取捨 更正ヲ企 ス



二、漁民ノ労働及稼業の順序
  ○本村 小濱 漁民モ農民モ 業ハ 同一ニ労働スル ■■■ 漁獲物  賣却モ 男女 互ノ便ヲ以テナス
  ○本村 漁民 皆 長屋 住居 凡 五拾戸 今回 手當ニテ 土地ヲ貸 与ヘ  家ヲ 造設セシメタキ 
      モノナリ
三、旧漁場ト新漁場ノ位置ノ状況
  ○漁場ノ変更ハ 何レニモ 四十年前ヨリ 漁獲物 不足
四、漁場紛擾仲裁法
  ○漁場ニ 紛擾アルトキハ 年行事 多ク 取捌ク
五、捕獲魚類沖合販賣ノ利害
  ○本村無
六、藩政ノ當時ノ方法及税法
  ○岩根掛引アミ 壱ケ年 三円(弐円) 鰯アミ 用ル事 免ス
  ○小舌証文 鰯大網の事 五十人以上ノ漁夫ヲ用ル■■税 拾両ト壹斗五合入  油 八荷 織笠村 
      昆平兵エ 中井屋仁太郎 大沢村 佐々木清次郎 三人ノミ

凶荒調査
一、海産物凶年ノ備荒品及製造
  ○布ノ粉 ヒジキ
二、凶年ノ状況
  ○考無
三、凶年ノ際藩政ノ救助方法
  ○未詳
四、凶年及津浪后ノ流行病
  ○仝

漁民需用品
一、海岸山林原野の状況及將耒の企望但材木薪炭木ヲ云
  ○本村ハ 薪炭ノ欠乏 末タ見ス 材木ハ欠乏  故ニ 村協議費ヲ以テ 共有山ニ植ル事トス
二、竹木大麻藁物消費年額
  ○麻網 水沢 岩谷堂  麻ハ 東京ニ需ム 藁物 氣仙郡遠野地方ヨリ需ム
三、造舩ノ種類及年々造舩ノ員数
  ○艀漁舩(小漁舟ヲ云) 命 十年    五体力(帆前舟ト云) 命 九年



四、木材ヲ需ル便宜の場所
  ○本村 字根濱及馬塩野官林ヲ以テ便トス (樹種 栗 雑木)
五、將耒漁舟漁具改良の方法
  ○改良漁具 末タ着手セス
六、漁民衣食供給ノ場所
  ○山田町 大槌町 宮古町

海 湾
一,旧漁場ノ位置及変更ノ状況
  ○根岩 顛動 変更アルヤノ如シ
二、海湾主産
  ○海鼠 鰯 鯣 ミルクヘサ アサリ貝 海苔 赤貝 鮭
三、海湾捕魚種類及時期
  ○春・鰯 赤魚 鰈  夏・鰹 鮪 鮑  秋・鮭 鯣  冬・鱈 サカ
四、沖合漁業ノ位置里程
  ○鰹舟 百哩  夏 秋ニ至ルト 二十哩 赤魚 サカ 三十哩
五、製塩所位置興廃
  ○本村無

海事考
一、四季ノ氣候
  ○雪 十二月ヨリ二月マテ 壹尺 或ハ 春 稀ニ 三尺位降ル   梅花 旧二月下旬
二、起風雨前知
  ○不詳
三、不漁前知
  ○仝
四、大漁前知
  ○仝
五、潮流ノ状況
  ○仝
六、海湾ニ関スル事歴
  ○萬延元年六月十八日 織笠川 供(洪)水ニ付 織笠ヨリ家二軒  東■■ ニテ壹軒流亡



  ○明治十八年九月十八日 昼ヨリ大雨トナリ 此村 織笠村 菊地■蔵  松源■■ 下人■■■ ハ耕地ヲ
      ■■ スル■■ ヲ追放シ 畑ニ  行キタル所 供水ニテ死亡セリ 此トキ 沼崎文蔵家 山崩レ 家 
      潰レ
  ○織笠川ニハ 五百間計リ 埋立田トナル
七、固有漁場ノ変遷ノ状況
  ○昔ヨリ沖ニ寄ル
八、津浪ノ歴史
  ○安政三年七月廿三日 津浪 小川市五郎宅 土臺 浪打付タルノミ 打上浪  八尺五寸 走 浪四丁 此
     備荒倉ヨリ三十石 出シ煮出シセリ
  ○元和年間 津浪アリ 不詳 官蔵日記ニアルト云
  ○沼崎市平 其 祖母 於多つ 明治廿九年ニテ三十五年前(文久二年)(八十三才)百三才ニテ病死 
      於多つ 嫁メ ナラヌ前ニ 津浪アリ  両国ノ人家 流亡セシ事アリト云 正月の内
九、津浪ノ耒ルヘキ前兆
  ○考無

漁村挽回
一、迅速ナル業務
  ○艀漁舩 造ルアリ 又タ 舟材木 乏敷為メ困難 官ニテ 早ク 漁舟  漁器 供給ノ便ヲ与ヘラルルニアリ
二、造舩職工有無
  ○家大工 舩大工 乏敷ニ困ル 他ヨリ雇入ルハ急務ナリ

漁民將耒ノ企望
一、管内沿岸一致漁業組合ヲ設ル方法
  ○迚モ行ハレ難シ
二、授産方法ニ付便利見込ミ有無
  ○考無
三、他ヨリ團体ヲ造リ漁業ニ耒ル者アルトキハ如何スルヤ
  ○考無

陸地産業被害調査
一、家畜ノ関係
  ○




二、耕地被害
  ○

商業調査
一、物價相場魚類
  ○漁舟漁具 無キ 苦ム 鯣 多ク 海中ニ遊泳 居レトモ 漁舟具 無ク  捕獲スル能ハス 相應加ルニ
     販路 速アリ 物價ノ騰貴 三割高シ
二、貸借変動及金利質屋ノ景況
  ○金利 二分ヨリ 弐分五厘