岩手縣沿岸大海嘯取調書(甲・乙・丙・丁)

陸中国南閉伊郡大槌町(現、岩手県上閉伊郡大槌町)

陸前國南閉伊郡大槌町

●本村被害地ハ 字向川原 安渡 赤濱 吉里々々 浪板 五ケ所
○流亡戸数 四百四十四戸 ○潰戸數    七十九戸 ○流亡納屋  四十二棟
○潰納屋     拾七棟 ○死亡人口 ★ 文字不明 ○負傷人口  百十八人
○流亡牛馬        ○流亡耕地・田畑     ○流亡舩舶
○流亡財産        ○流亡道路・堤防

漁村ノ新位置
一、新住家ヲ設クヘキ地及旧住家トノ利害
  ○本町字向川原(須賀)在来ノ位置 湿地 平素ハ満潮ヘ 少々差汐アリ テモ 家宅手ヲ浸シ 六七尺 
   盛立 宅地ヲ設ル 必要ナリ 且つ 在来區域ハ 建屋 点々 通路不便 故ニ ■■■■ 改正セン事
   企望ス
  ○在耒の遊郭 破壊 且 労働者 群ヲ成シ所 混同 故ニ 別紙 部落図 朱点ノ箇所 移轉 必要ナリト云
  ○字安渡 市街 改正 小路 四間ニ改メ 位置ハ 元の通リヨリ 地磐六尺 盛立 元通リ 山手ニ寄ルト
     大ニ便ヲ得ル 罹災人民 力 及ハスト云
  ○字吉里々々 在耒ノ位置ヨリ 高キ所ヘ 宅地ヲ設ケ  市街 並ヲ割 宅地設ケ度 企望アリ
  ○浪板ノ如キハ 在耒 宅地 再住スル見込ミ
二、海面ヨリ高低及沿岸地形方位
  ○海面の高低ハ 三尺ヨリ七尺 部落ニ 詳記ス 沿岸地形方位ハ 左ノ如シ  大槌湾ハ 舩越湾ノ南ニアリ
     大槌ヨリ安渡 赤濱ハ 湾内 北方 海濱 南ニ  海ニ面シ 向 南 鵜住居村 箱崎アリ 東ニ當リ 
      御箱崎地 北東ニ  赤濱ノ崎アリ 字吉里々々ノ如キハ 本村 字安渡ノ北 背ニ當リ 北東方  海面アリ
     是レ 舩越湾ナリ
三、津浪ノ耒リタル場所
  ○本村ノ津浪ハ 吉里々々 第一トス 仝所 北ニ西東 大洋一直線ニ 激浪  打込ミタルヤノ如シ 
      大槌町 向川原ヨリ 安渡 赤濱 家屋の破壊及人モ多  死亡 不少ト 雖 津浪ハ 中位 如何トナレハ
     南ニ御箱崎アリ 之レカ為メ  幾分カ 激浪弱シ 土地ハ陥落セシ
四、防風林及防浪林其他堤防必用ノ有無
  ○本村 字吉里々々 海岸 明治廿九年ヲ去ル 八十一年前マテ防風潮林  竹木アリ 今回ノ津浪マテ 
      松樹五六本(大木)殘リアリシカ 皆 流亡セリ
  ○須崎防風林植付ノ事ハ 四五年前ヨリ話アレトモ行ハレス
  ○赤濱ノ如キ 海濱ニ汐止 乱杭 打立アリ 之レモ 河畔 破壊セリ



  ○更ニ防風林 必要ハ 向川原 安渡 赤濱 吉里々々 植付ハ急務ナリ
  ○潮止メ堤防ハ 向川原 安渡 赤濱 尤 必要の急務ナリ
五、魚附場及海湾近傍山林原野ノ景況并ニ林相ノ種目
  ○本町 安渡ト赤濱ノ間ニ 想川稲荷ト云 所 在リ 松樹 多ク在リ 元持主  安渡平左エ門ト云 者 
      所有中ハ 松葉 壹葉タリトモ伐採セシ事 無ク  漁業ノ便ヲ謀リ 居リタルニ 平左エ門 不如意トナリ
     他ニ賣買  点々セシ后 古館ノ民兵ノ所有ニ 期シタルニ 抜切ヲナシタル所 森林  薄クナリ 魚付宜
      敷カラス 此如キ場所ハ 禁伐林トナシ有 事
  ○赤濱崎ニモ松杉類 植立 魚付場ヲ設ケタル所アリト云  吉里々々ニテ 二ケ所 魚付森林アリト云 
      今回 罹災ニ付テ 右の森林  抜キ切等ノ企テアルヤノ如シ 如何哉
六、新道路及古道ノ便否
  ○濱街道中 鵜住居ヨリ室ノ濱ヲ経テ大槌 安渡 赤濱 吉里々々ニ至ル  其他 和山街道ヲ遠野ニ通スル
      ノ道路ニ便ヲ謀ルニアリ 此 開鑿  尤 急務ナリ
七、漁村沿岸運搬ノ便否
  ○沿岸運搬ハ 里道 開鑿 成ルト 雖モ 海運 乏ク能ハス

住 家
一、海濱住屋建造ノ方法
  ○海岸ノ家屋ハ 二階造ニシテ 床高ク(根桁)造ルトキハ  小津浪ニ(ヨタ)浸シ事 無ト云
  ○大須賀ノ岩館■■左エ門ノ納屋 安政三年津浪 害 無ト云 此 造リハ  ジン胴造リ 床六尺 高ク 
      建築セシ為メ 流亡セス  (六尺床高クトキハ場所ヨルヘシ)今回 大津浪ニハ流亡セリ
二、住家ト納屋ト離合ノ利害
  ○本宅ト納屋離隔スルニ便利 百般ニアリ
三、海濱住屋建造ノ遺法ノ有無
  ○昔ノ居宅 皆 高キ地ニ在リ(旦那屋敷ト云)現ニ吉里々々 芳賀屋敷  跡ヲ見テ 知ルヘシ 詳細 
      絵図ニ記ス
  ○昔 芳賀ノ家ハ 津軽石ヨリ吉里々々 新城臺ニ移リ 居住シ后 慶長ノ大海嘯ニ 近傍ノ者共 新城臺
      ニ遁カレ命ヲ得タルモノアリト云 又タ  芳賀刑部ノ家耒 北田某の居タル所ニ 北田ト名称 今ニアリ

漁民風俗
一、祭事婚姻家庭ノ状況
  ○漁業 不漁ナルトキハ 神子 山伏ニ祈祷ヲ頼ム 指示スル所の方位ニ  舟ヲ走シ 漁業ニ着手ス 今ハ 
      神官ニ托シナリ
  ○海濱ニハ 溺死者アルトキハ 湾内 濱止メト唱ヘ 漁業ヲ休メ 死体捜索ニ  従事 見付 次第 
      絶(施)餓鬼 僧侶ニ頼ミ 行クナリ 后 神官ニテ 渚祭ト唱ヘ 海湾 精浄ヲ祭ルナリ


  ○婚姻ハ 農漁 兼務 故 縁組ニ嫌 無
  ○家庭状況ハ 女子ハ 男子ノ漁獲物ヲ所理 賣却 製造 女子 耕地ヲ耕シ  百事 家ヲ守ル 小児 
      十才以上ノ男ハ 漁業ヲ見習セ 海中ニ遊泳セシム
二、漁民ノ禁物
  ○産婦アルトキハ 其間 忌 漁業ヲ休ム 死亡者アルトキハ 忌マス  猿ヲ ヤエン ト云  蛇ヲ 
      長モノ ト云
三、食物
  ○米 粟 麦 稗 布ノ粉
四、衣服
  ○木綿 麻 
五、漁民衣食物供給ノ時季
  ○旧盆 七月 旧九月ヨリ 十二月マテノ内 漁業 盛ノ期節ヲ 以テ 供給ス
六、被害町村漁民年々北海道及其他出稼ノ状況
  ○北海道出稼 五十人位 夏 石巻 三十人 秋 諸方ヘ百人位 出稼ク 地元ニテ二百人位ヲ 要ス
七、良習慣ト不良習慣トノ種類
  ○本縣 縣下氣仙郡 仙台藩ノ捕介 採藻ノ如キハ 區域定マリ 南閉伊以北 南部藩ハ 入合稼ノ方法ヲ
      以テ 施ヲ 施行セリ 一新以耒 今日ニ  至ルマチ 畫一方法ヲ取リ 元南部領ハ 海岸 捕具 採藻
      ハ 區域 定メ  稼方タ 免ス 區域ヲ定ルニ目的ハ 地元ニヨラス 一般ニ免トキハ  漁業上 隆盛ス
      ルニアリト云 企望者 再應陳スル以テ聞シ 侭ニ 記ス  宗眞 了解セス
  ○南部藩方法(入合稼)南部領ニ存スルヲ以テ利益トス ト云
   △大槌 區域無 ▲舟越 區域在リ ▲山田 區域無 ▲重茂 崎山 區域アリ
   ▲宮古 鍬ヶ嵜 高濱 區域 無 ▲小友 田老 區域 在リ
  ○沖漁師 小漁師組合ヲ設ケ 一部落毎ニ 勤番ヲ設ケ 撰挙ス(年行事トモ云)置キ 沖合漁業ニ付 
      争論 或ハ 漁業區域 争論等ハ 年行事  取捌キ 良習慣アリ 年行有 捌キハ 漁民一同 不平ヲ云
      モノニアラスト云

漁村制
一、漁業組合の状況及改善ノ策
  ○漁業組合ハ 是迄の準則ハ 高尚ニシテ 民度ニ適セス 目今 干渉  政界の必要アリ 放任主義 行ハ
      レ難シ 區域方法 改正 参酌ス  更正ヲ企望ス
二、漁民ノ労働及稼業の順序
  ○前條 漁民風俗 第一項家庭ノ情况ノ部ニ記ス
三、旧漁場ト新漁場トノ位置ノ状況
  ○未詳


四、漁場紛擾仲裁法
  ○前漁民風俗第七項ニ記ス
五、捕獲魚類沖合販賣ノ利害
  ○雇漁師者 沖合ニテ 漁獲物 密ニ 賣却 主人ヲ欺キ 悪ヘキ所  故ニ 良方法ヲ設ケ 嚴重 停止ス
      ルの間 努ナリ 主從 親密の徳義ニアリ
  ○沖賣ニ良策モアリ 鰹舟 風波の為メ 漁場ニヨリ 近キ濱ニ 寄 賣捌 事  在リ 是レヲ 廻リ舩ト云
六、藩政ノ當時ノ方法及税法
  ○与板舟 三十貫匁 此税 魚油 壹荷八中入■■■■ 鰹節 五本切  カラカイ 二枚 油目 二枚 
      大槌村 与板舟 何艘ニテモ是ニテ足ル済
  ○鰯網 三日 油二丁(二丁ニテ八斗ヲ計ニテ納ム)
  ○五体力 無税 仝■■■
  ○与板舟 權力ハ大ニアリ 与板舟ハ 漁場 拒ム 權アリ
  ○与板舟ハ他の舟 沖ニテ鯨■■■ ヘ得ルモ与板舟 漁業拒ム 取戻シ權アリ
  ○小舟 何艘アリテモ 壹艘ノ税金ニテ 他ハ無税
  ○舟改メニハ 皆 沖ニカクシモノナリト云
  ○大槌川 昔ハ 拾■■■ 文ノ税ナリ 目今 八百六十六円

凶荒調査
一、海産物凶年ノ備荒品及製造
  ○布ノ粉 ヒツキ 若布 東海婦人
  ○東海婦人介ハ 凶年ノ豫備トシテ 捕獲セスト云 又 曰ク 永ク海ニ置クト  肉ヲ失フ 八九ケ年目マテ
     肉アリト云 十年以上 貝カラニノミナルト云
二、凶年ノ状況
  ○未詳
三、凶年ノ際藩政の救助法
  ○未詳
四、凶年及津浪后の流行病
  ○明治十五年 コレラ 無 十九年 三十二人 死亡
  ○四十壹年前ノ津浪(安政三年七月廿三日)后 秋ニ 至リ 赤痢病 流行

漁民需用品
一、海岸山林原野ノ状況及將耒の企望但材木薪炭木ヲ云
  ○近年 海岸 出崎 山 乱伐 樹木 無 是ヘ 用材 薪炭材 移植  塩業ヲ助ル事ヲ 企望ス



二、竹木大麻藁物消費年額
  ○竹ハ 氣仙及地元ニテ足ル 麻ハ 仙台 鹿沼地方ニ需ム  藁物ハ 遠野 仙台地方ニ需ム
三、造舩ノ種類及年々造舩ノ員数
  ○与板舩及五体力ハ 命 八ケ年トス十六人乘リトモ云  三間舟 四丁艪 四間舟 五丁艪 カイ 壹丁 
      五間舟 六丁艪  此三種 命 十二年
  ○昔ハ 艪ノ数ニテ 大小區別セシナリ 今ハ 間数ニ改ル
  ○かき水 強キ所ニ 舟虫 多シ 川流 多 流込ミ 眞水 多キ所ニハ  舟食虫 不足
四、木材ヲ需ル便宜ノ場所
  ○仙台地方 青木地方トス
五、將耒漁舟漁具改良ノ方法
  ○漁舟漁具の改良 目下ノ急務ナレトモ 実地ニ付 至難
六、漁民衣食供給の場所
  ○本郡 大槌町 西閉伊郡 遠野町

海 湾
一,旧漁場ノ位置及変更ノ状況
  ○元大槌川ハ 蓬耒島ニ向ケ 川筋 流レタリ 近比 藤兵エ宅ニ向ケタリ  凡 百間程 南ニ寄リ 今回 
      津浪ニテ 弥々 南山根ニ 寄ルト云
二、海湾ノ主産
  ○鯣 鮭 鱒 鮪 鰹 鱈 サカ 赤魚 鮑 鰈 
三、海湾捕魚ノ種類及時期
  ○春・鰯 赤魚 鰈   夏ハ かつ 鮪 鯣 鯛 マンボサメ
   秋・鮭 鱒 鮪    冬・サカ 海鼠
四、沖合漁業ノ位置里程
  ○鰹舟 夏・六十哩 山 無 秋・拾哩 赤魚 十五哩 サカ 二十哩  五葉山ヲ見ル内 五十哩 夫ヨリ 
      壹昼夜 行クト 目標山 鯨山 及 早池峯山
五、製塩所位置興廃
  ○本町 浪板 塩釜 壹箇所 再興 見込無

海事考
一、四季ノ氣候
  ○雪 十一月末ヨリ正月二月迄 降ル   梅花 正月咲




二、起風雨前知
  ○海面ニ 音アルトキハ 風吹ク 雨降ル
三、不漁前知
  ○仝
四、大漁前知
  ○海鳥(カモメ)多ク耒ルトキハ 鰯漁アリ
五、潮流状況
  ○未詳
六、海湾ニ関スル事歴
  ○本町ハ 森林ニ従前 所有者 無シ 山守ナリ 悪水 抜切モ冥加金ヲ  官所ニ差出 伐木セシモノナリ
  ○吉里々々 鰹舟 壹艘 拾七人乘リ(芳賀惣助持)流亡 壹人 鰯籠ニ  乘リ 生テ 歸リタル事 在リ 
      明治廿九年ヲ去ル二十七八年前ナリ
  ○仝所ニテ安政ニ縄舩 流亡セシ事アリ
  ○仝所ニ月見ノ田アリ 北田ノ下ニアリ是ナリ
  ○大槌町 向川原ニ サジ ト云 壹ノ社アリ 是レハ 五寸八寸 計  油絵アリシト云 釜石町 小軽米
     任 持参セシト云
七、固有漁場ノ変遷ノ状況
  ○未詳
八、津浪ノ歴史
  ○安政三年ノ津浪 大槌町 字八日町辺ノ床マテ 浪打上タルト云  須賀ニテ 家 三戸 納(屋)四棟 
      流亡セシナリ
  ○明治廿九年去ル事 四十一年前ノ津浪ハ 弁天島ヲ浪打越タルト云  今回 海嘯ハ 此島ニ打上ラスト云
     且 弁天島 堂宇 一切 害無  居モ痛マス 六七尺廻リ松 枯レタルノミ
  ○赤濱 安政三年ノ津浪ハ 通路宅地ニ 浪打上ラス 堰キ(水路)押入レタルノミ 耕地ニモ害無
  ○慶長十六年十月廿八日大地震三回ノ内 此■■■ 大槌村横沢  かミの間ニテ 八百人 死亡 且 
      大槌市の内 山田浦 関六の古書ニアリ  詳細ハ 本文写 別紙ニアリ(○八百人ハ八百人ナルヤ)
  ○寛政五年正月七日 津浪ニテ 翌八日 大槌代官所ヨリ下役見分  トシテ■■■■ 正月七日 昼 
      四ツ時 地震津浪 七日夜ヨリ一日一夜  十四回 毎日 二月三四日迄 小地震アリト云
九、津浪ノ耒ルヘキ前兆
  ○未詳

漁村挽回
一、迅速ナル業務
  ○舟ヲ早ク造ルニアリ 又タ 塩竈ヲ改良スルニアリ


二、造舟職工有無
  ○死亡 故 他ヨリ雇入ルヨリ方法無

漁民將耒ノ企望
一、管内一致漁業組合設ル方法
  ○容易ニ行レスト思ヘ
二、授産方法ニ付便利見込有無
  ○漁民組合設ケ漁業ニ從事セシムルニアリ
三、他ヨリ團体ヲ造リ漁業ニ耒ル者アルトキハ如何スルヤ
  ○改良者ヲ各地ヨリ二三戸宛需メ 永住セシムルニアリ

陸地産業被害調査
一、家畜関係
  ○
二、耕地被害
  ○

商業調査
一、物價相場魚(類)販路
  ○物價三割騰貴  肴アレハ 販路 速ナリ
二、貸借変動及金利質屋ノ景況
  ○金利 壹割ヨリ 弐割五歩  質屋二軒