岩手縣沿岸大海嘯取調書(甲・乙・丙・丁)

陸中国東閉伊郡宮古町(現、岩手県宮古市 藤原、臨港通など)

陸中國東閉伊郡宮古町

●本村海嘯被害地   字藤原 片タ桁  二ケ所ナリ
○流亡戸数   廿三戸 ○潰戸數      八戸 ○流亡納屋    九棟
○潰納屋     三棟 ○死亡人口    七十人 ○負傷人口    九人
○流亡牛馬       ○流亡耕地・田畑     ○流亡舩舶
○流亡財産       ○流亡道路・堤防

漁村の新位置
一、新住家ヲ設クヘキ地及旧住家トの利害
  ○本町無
二、海面ヨリ高低及沿岸ノ地形方位
  ○本町 被害地 海面ヨリ 三尺ヨリ七尺迄 地形方位ハ 東 海面  北 鍬ヶ崎 宮古港湾口ナリ 西南
     山脈連リ 辰巳ヨリ 東ハ 重茂村  閉伊崎 山脈連リ 湾内 津軽石海 磯鶏海 皆 内海ナリ
三、津浪ノ耒リタル場所
  ○宮古港口乃 丑子ヨリ 激烈打込ミ 宮古湾 内海 故ニ 津浪 弱シ  尤 宮古 弱ナリ
  ○大洋ハ 東南ヨリ 激烈ニ 浪 北ニ走リ 重茂村半島ヨリ 田老村 大ニ  破壊セシメ 其通リ 浪 
      反動シテ 宮古港ニ 入リタルヤノ如シ
四、防風林及防浪林其他堤防ノ必用ノ有無
  ○字藤原 汐止林ノ渚端ニ 堤防の必要 用アリ 凡 長サ 三百間ナリ  片桁タ 築地通リ 汐止 兼務
      ノ石垣 七百間計リ 修築ノ急務ナリ
五、魚付場及海湾近傍山林原野ノ景況并林相ノ種目
  ○藤原 防風林ハ 則 魚付 故ニ 増植ヲ企望ス 林区ニ 植付 申込ニ  着守等 町民ニテ 着守スル
      方法 特別ニ 設ケ度 望ム
  ○近年 魚付 抜切薄クナル為メ 尤 甚敷 乱伐ノ為メ 魚族ノ 位置ヲ  変ス 漁業 減スル事ノ多シ
六、新道路ノ見込ミ及古道ノ便否
  ○本町ハ津軽石街道ヲ 車道ニスルニ便アリ 北ハ田老ニ通スル道路 又仝ス
七、漁村沿岸運搬ノ便否
  ○本港 沿岸運搬ハ 氣舩 勿論 小漁舟マテ 運搬欠ク 能ハス






住 家
一、海濱住屋ノ建造の方法
  ○小柾葺屋根ハ 流易ク 屋根 重キハ 家 流カタシト云
二、住家ト納屋ト離合ノ利害
  ○本宅納屋止ヲ 得サルヨリ 合併 離隔スルニ 百事 便アリ 
三、海濱住屋建造ノ遺法ノ有無
  ○未詳

漁民風俗
一、祭事婚姻家庭ノ状況
  ○鍬ヶ崎ト仝ス
二、漁民ノ禁物
  ○鍬ヶ崎ト仝ス
三、食物
  ○米 稗 粟(■■ハ メノコ)
四、衣服
  ○木綿 
五、漁民衣食物供給ノ時季
  ○本町 漁民ハ 月 六回 市立日ニテ 百事ヲ需ム 尤 多 需ルハ  十月ヨリ十二月迄
六、被害町村漁民年々北海道及其他出稼ノ状況
  ○北海道 出稼ハ 凡 二百人内 三十人位 樺太 サカレン辺ニ 行ク
七、良習慣ト不良習慣トノ種類
  ○未詳

漁村制
一、漁業組合ノ状況及改善ノ策
  ○組合ハ 必要ナレトモ 種々事情アリ 行ハレズ
二、漁民の労働及稼業ノ順序
  ○本町ハ 岩手縣 海岸中 第一 輻輳ノ港ナリ 故ニ 商民 多シ 字藤原  漁民 農民 今 百廿戸
     内 農五分 漁五分 多ク 農漁 兼務男女  農ニ 漁ニ 從事スルナリ 農漁ノ隙 女ハ 網ヲ製ス
三、旧漁場ト新漁場ノ位置ノ状況
  ○方今 発見ノ漁場ハ 多ク 昔 漁場ナリ 魚付森林山林ノ樹木の景況ニヨリ 変ル事 アルヤ如シ
      (近比 発見ハ 昔ノ漁場 魚付森林 伐採ノ為メ  不漁ヨリ 見合 魚付森林 繁忙ニヨリ 近年 


    発見抔ト唱 願出ルナリ
四、漁場紛擾仲裁法
  ○重立商人 仲裁スルナリ
五、捕獲魚類沖合販賣ノ利害
  ○本町ニ無
六、藩政當時ノ方法及租税
  ○宮古川 冥賀金ヲ納メ 鮭川 及 惣テ 漁業ヲ免ス

凶荒調査
一、海産物凶年ノ備荒品及製造
  ○布粉 東海婦人 ヒツキ 細布 穴布 飢ヘス 漁民ハ 困ラスト云
二、凶年ノ状況
  ○天明年間 天保年間 凶年ニモ多ク 山手 百姓 斃シ
三、凶年ノ際藩政ノ救助方法
  ○未詳
四、凶年及津浪后ノ流行病
  ○未詳

漁民需用品
一、海岸山林原野ノ状況及將耒ノ企望但材木薪炭木ヲ云
  ○本町ハ 用材ハ 閉伊川ヨリ 薪炭モ 近村ヨリ需ム 敢テ 欠乏ヲ見ス
二、竹木大麻藁物消費年額
  ○水沢 東京 銚子ヨリ需ム 藁 本吉辺ヨリ買入 麻ハ 水沢地方  及 地麻ヲ用ヘ
   ▲藁物代 鮪網ハ 二千八百円  此代 五万二千五百貫匁
   ▲朝網        二千円          千貫匁
三、造舩ノ種類及年々造舩ノ員数
  ○漁舟 二百七拾艘 内 沖漁舟 五十 小漁舟 二百廿  年々 廿艘ヲ 新ニ 造舩ス
  ○今回ノ津浪 九十七艘 流亡
四、木材ヲ需ル便宜ノ場所
  ○山口 千徳 閉伊川ノ各地方ヨリ
五、將耒漁舩漁具改良ノ方法
  ○在耒 舟ニテ足ル 縣廳の模範 改良舩具 不適ト云



六、漁民衣食供給ノ場所
  ○宮古町 トス

海 湾
一,旧漁場ノ位置及変更ノ状況
  ○海底ノ調査 今ニ 届カストモ 舩 出耒次第 検査ヲナシヘシ  多分ニ 変更アルヘシ
二、海湾ノ主産
  ○鰯 鮭 鯣
三、海湾捕魚ノ種類及時期
  ○春・赤魚 サカ 夏・鰹 鮪 鯣 鮑 マンボー サメ   秋・鱒 鮭   冬・鱈 貝類
四、沖合漁業の位置里程
  ○鰹舩 百廿哩ヨリ百五十哩 サカ 赤魚 三十五哩 内外
五、製塩所位置興廃
  ○無

海事考
一、四季ノ氣候
  ○雪 旧正月ヨリ三月迄 降ル 積ル事 壹尺 梅 旧三月 桜桃共ニ咲
二、起風雨前知
  ○未詳
三、不漁前知
  ○仝
四、大漁前知
  ○仝
五、潮流ノ状況
  ○未詳
六、海湾ニ関スル事歴
  ○宮古ハ 正徳年中マテハ 黒田村 冨田村 二ケ ナリ 藩主 眞天院殿  今ノ町ヲ 割直シ 宮古ト 
      名称セシト云
  ○嘉永五年 子年ハ 宮古ニテ 鰯漁 非常ニアリ 小山田川マテ行キ 漁獲セシト云 海中 竿ヲ立ルモ
     鰯ニテ 海面 埋リ 竿 倒レズト云 小漁舟  長サ 四間ノ舩ニ 盛タル イワシ(壹盃ニテ) 代金
     貳朱ニ 賣却セシナリト云 又タ 鰯粕 製造スルニ 薪キ 近在ヨリ續カス 古屋屋 其他  木材 
      買入 薪トナシ 前代未曾有 大漁ト云ヘシ


  ○文久三年 戌年 マカセ 大漁 非常ナリ 是モ 未曾有 漁 故ニ 粕ニ  製造セシナリト云
      (鰯粕ニ劣ルト云)
  ○明治七年 鰯漁 近年 無キ 大漁ト云
  ○安政津浪 翌年 鰹 大漁(安政四年) 壹本四拾入
七、固有漁場変遷ノ状況
  ○未詳
八、津浪ノ歴史
  ○仝
九、津浪ノ耒ルヘキ前兆
  ○春 早ク 海草類 発生ス 鰻 多ク 海中ニ 見ヘタルハ 前兆ナラン  其■■ 種々 アレトモ 
      記スル事 能ハス

漁村挽回
一、迅速ナル業務
  ○本町被害 弱ナルヨリ 挽回 講スル事 不足 漁民 舩 流亡ニ困却 新ニ 造舩スルトキハ 直ニ
     挽回スルナリ
二、造舩職工有無
  ○死亡 無ト 雖モ 欠乏ニ困ル

漁民將耒ノ企望
一、管内沿岸一致漁業組合設ル方法
  ○管内一致 出耒ルナラ 大ニ 賛成者アリ 容易の団結 整ヘキト 思ハレス
二、授産方法ニ付便利見込有無
  ○考無
三、他ヨリ團体ヲ造リ漁業ニ耒ル者アルトキ如何スルヤ
  ○改良産地ヨリ 各業ニ付 移民ヲ需ル 便アリ

陸地産業被害調査
一、家畜ノ関係
  ○
二、耕地被害
  ○




商業調査
一、物價相場魚類販路
  ○鯣漁 販路 速ナリ 代價 相應ナリ 物價 二割五分 騰貴
二、貸借変動及金利質(屋)景況
  ○質屋 二軒割  二分五厘
    ○金利貸与ハ 十円ニ付 二分ノ利足ナリ