岩手縣沿岸大海嘯取調書(甲・乙・丙・丁)

陸中国東閉伊郡鍬ヶ崎町(現、岩手県宮古市 蛸の浜、日立浜など)

陸中國東閉伊郡鍬ヶ崎町

●本村被害ハ 壱町内ノ小湾内 三方ニ 多少 害アリ 尤 大鍬ヶ崎 第一トス
               字大鍬ヶ崎  鍬ヶ崎ノ二ケ所ナリ
○流亡戸数  四十三戸 ○潰戸數   二百五十戸 ○流亡納屋  三十九棟
○潰納屋  百三十七棟 ○死亡人口   百廿五人 ○負傷人口  六十壹人
○流亡牛馬       ○流亡耕地・田畑     ○流亡舩舶
○流亡財産       ○流亡道路・堤防

漁村ノ新位置
一、新住家ヲ設クヘキ地及旧住家トノ利害
  ○本町変更スル 見込 無
二、海面ヨリ高低及沿岸ノ地形方位
  ○海面ヨリ 鍬ヶ崎町裏ハ 六尺ヨリ九尺迄 市中小路 稍 壹尺モ高ク  二ツ濱辺ハ 七尺位ノ宅敷地
      ナリ 大鍬ヶ崎 四五尺位ナリ
  ○地形方位ハ 宮古湾内ノ 北方ニアル 一小湾ナリ 鍬ヶ崎本町ハ 東の海ニ 面シ 大鍬ヶ崎 南ニ 
      海面シ 東ニ 二ツ濱ヨリ 篠濱ノ山アリ 北  大鍬ヶ崎ヨリ小坂ヲ越ヘ(田老村ノ里道ナリ)蛸の浦在リ
三、津浪ノ耒リタル場所
  ○丑子ノ方面ヨリ 宮古湾内ニ 激浪 打込ミ 甚敷ク 筋濱の崎キニ 激  烈ナル 浪 打込ミ 壱方ハ
     吉ケ■■ニ 打込ミ 激烈 反動ハ 鍬ヶ崎の小湾 被害セリ
四、防風林及防浪林其他堤防必要ノ有無
  ○本町 大鍬ヶ崎ノ海濱ニ 堤防 必要ナリ
五、魚付場及海湾近傍山林原野ノ景況并林相種目
  ○魚付森林ハ 大字崎 鍬ヶ崎 字亀島(日出島ナランヤ)辺 一新以耒  乱伐ノ為メニ 皆 魚族 
      沖ニ寄ル 魚付森林者 落葉樹ヨリ 常磐木ヲ  以テ適トス 魚付森林ハ 海岸ノミニアラス 高山の
      木ヲ 伐採ニモ 大ニ  漁業ニ害アリ
六、新道路の見込ミ及古道ノ便否
  ○田老街道 開鑿ニ便アリ
七、漁村沿岸運搬ノ便否
  ○本町 陸路ノ便ニ 寄ルトキハ 海運ハ 要セス





住 家
一、海濱住屋ノ建造の方法
  ○土臺造リハ 適スルト云
二、住家ト納屋ト離合ノ利害
  ○本宅 納屋ハ 離隔スルニ 便アリ
三、海濱住屋建造ノ遺法
  ○別ニ無

漁民風俗
一、祭事婚姻家庭ノ状況
  ○不漁ニハ 神官 僧侶ニ托シ 浦寄セヲ ナシ 又タ 稀ニ 神輿ヲ  舟ニ乘 御セシメ 浦々ヲ 祭ル
      事モアリ
  ○溺死者アレハ 神官 托シ 海面ヲ精浄セシル 祭リ アリ
  ○結婚ハ 成丈 山手ヨリ 縁組好マス
二、漁民ノ禁物
  ○死火 産火ハ 七日間 忌ム 猿ヲ ヱヒスト云 蛇ヲ 長虫ト云
三、食物
  ○米 麦 粟 稗 布ノ粉
四、衣服
  ○木綿
五、漁民衣食物供給ノ時季
  ○宮古 月々 六回ノ市日(二九ノ日) 鍬ヶ崎 月々 三回ノ市日 (五ノ日)両町 市日ニテ 供給ス
六、被害町村漁民年々北海道及其他出稼ノ状況
  ○北海道 出稼ハ 凡 三四十人位 極 信用ノ無キ者共 渡航ス
七、良習慣ト不良習慣トノ種類
  ○近村 漁舩 行衛知レサルトキハ 漁民 互ニ 漁業ヲ休ミ 捜索スルノ  義務 古耒の風ナリ
  ○沖漁ハ 舟主ハ 舟ヲ造 漁師ニ貸与 漁師ハ 食料 餌差 諸具 自弁  漁獲物 惣高 二割五分 
      舟主ニ納メ 殘 七分五厘 舟頭及  乘込ミ漁師ニテ 配当 其 割合ハ 舟頭 二人分ヲ取ル 其他ハ
     壱人分宛 分配スル 習慣ナリ 方今 舟主 壹分五厘ト 改正 其他 仝断  本村 舟主 貴重■■■ス
     雇漁夫等ノ事ニ■■■無






漁村制
一、漁業組合の状況及改善ノ策
  ○漁業組合規則 必要ナリト 雖モ漁師 不了解ヨリ 充分ノ運ヒ 至ラスト云
二、漁民ノ労働及稼業ノ順序
  ○本町漁民 専業 故ニ 夫ハ 漁リ 女ハ 市ニ魚類販賣 家事ハ 女ニ  任セル 風ナリ
  ○女子ハ 夜ハ 糸寄リ(アミ糸製造の事)餌差ヲ 拵エル等ノ業モ アリ
三、旧漁場ト新漁場ノ位置ノ状況
  ○近年 釣漁モ 惣テ 沖ニ寄リ 網漁モ 沖ニ寄ル 建網 地引網の位置ニ 変セス
四、漁場紛擾仲裁法
  ○漁民ニ 年行司 兼テ 撰定シテ置ク 漁業上 事故 其他 百事  年行司ノ仲裁ニ 任シナリ 方今 
      六ツ敷ナリ
五、捕獲魚類沖合販賣ノ利害
  ○本村ニ無
六、藩政ノ當時方法及税法
  ○宮古代官所ニテ 支配 海濱ニテ 小舌網 多シ 岩根掛引ハ 無シ 地引の箇所ハ 限リ 津軽石川 
      宮古川區域内ニ 在リ
  ○藩政ニハ 宮古川 漁獲物 仮令ハ 千円ヲ得ルト 四分シテ三 則  七百五拾円 宮古 四分ノ一 則
     二百五十円 鍬ヶ崎ニ配当セシナリ  昔 小成與左エ門ヘ 鍬ヶ崎ニテ 株ヲ 賣渡タルト云
  ○從前ハ 五十集商 鍬ヶ崎ニ 百五拾三人 在 株式ニテ 賣買ヲナシ 漁師 製造ナシ事ヲ禁ス 五十集
     壹人ニテ 鯣 二把 錢 二百文宛ノ  税ヲ 納メタリ

凶荒調査
一、海産物凶年ノ備荒品及製造
  ○布粉 ヒツキ 若布
二、凶年ノ状況
  ○天保ノ凶年ニ 海岸 格別 困ラスト云 崎山村 耕地 海濱 少キ  為メ 多ク 飢ヘタリ
  ○宮古ニテ 米ヲ賣ルニハ 代官所ヨリ 切手 飢民ニ配布 町 檢断  是レヲ究(窮)民ニ 五合 平均
      ニ与ヘタリ 此 切手 本村 山本与右エ門方ニ 今ニ 所蔵アリト云
三、凶年の際藩政ノ救助方法
  ○天保ノ凶年ニ 商民ニ 申付 粥ヲ代官所ニ 煮 給与セシナリ
四、凶(年)及津浪后ノ流行病
  ○安政三年七月廿三日 津浪后ノ チャウチフシ流行 明治十九年ニ  コレラ病ニテ 七八名 死亡 
      仝十二年 廿任 死亡


漁民需用品
一、海岸山林原野ノ状況及將耒ノ企望但材木薪炭木トモ云
  ○木材薪炭材 欠乏 故ニ 箇人モ樹木 植立ニ 両三年前ヨリ着手スルナリ
  ○鍬ヶ崎町内 臼木山 元 臼木權右エ門 所有山ナリ 慶長十三年  喜藤右エ門ヨリ 金 四拾両ニ買入
      タル山ト云 后 宝暦年間 訴訟起リ  旧藩主ニテ裁判スル者 當分 御預リトナリ 引揚ケラレ 其后
     官山ト  唱ヘ 居タリ 一新ノ際ハ 官山ニ引續キナリ居
  ○殘 住追木ト唱ヘ 藩政ノ當時 殘 拾人ノ内 駒井次郎ハ(宮古)藤井■■ 一郎 祖先 伊香直吉
     祖先等 植付 文政ノ比 植立の内  右山ハ 方今 菊地長七 関係アルト云 衣冠 理由哉
二、竹木大麻藁物消費年額
  ○網ハ 水沢 岩谷堂 銚子 東京  麻 地麻 藁ハ 仙台 階上(宮城縣本吉郡)地方ヨリ需ム 
      麻アミ 年々三万円 藁 壹万弐千円
三、造舩ノ種類及年々造舩ノ員数
  ○五大力舩(鰹       二十二艘  五間 命 八ケ年
  ○頭 道 舩(赤魚 サカ    二十艘  四間 命 八ケ年
  ○傳 馬 舩(アミ 鯣釣     百艘  三間 命 八ケ年
  ○サツハ舩(根付物等■■■  二百艘  二間 命 八ケ年
   右ノ惣数 壹ケ年 四五十艘宛  造舩スルト云
四、木材ヲ需ル便宜ノ場所
  ○閉伊川筋 便ナリ
五、將耒漁舟漁具改良ノ方法
  ○改良舟ハ 此海岸ニ適セス 如何トナレハ 舟体 軽ク 荒浪ニ ゆれ  舟乘 困難セシモノナリ 又
     鰹釣 風下ニ 餌差投ケ 釣 故ニ 重キヲ 貴ム ナリ 漁具モ 舟モ 惣テ 地元ニテ 在耒の舟 
      改良スルニ 便アラントス 
  ○本町 大須賀モ 西洋形ノ帆 用ヘ 初メタリト云
  ○鰹舟 ポンプ 必要アリト云
六、漁民衣食供給の場所
  ○宮古町 鍬ヶ崎町トス

海 湾
一,旧漁場の位置及変更ノ状況
  ○末タ 充分 調査セス 場所ヨリテハ 海底 根岩 出耒 アミ引カレサル所 有リ(ヒノハマ辺ニ有)
二、海湾主産
  ○鯣 鰹 鰯 鮪



三、海湾捕魚ノ種類及時期
  ○春・サカ 赤魚 鱈  夏・鮪 鯖 青  秋・鰹 鯣 鰯    冬・秋ト仝ス
四、沖合漁業位置里程
  ○鰹舟 百哩 或ハ 二百哩ニ 至ル事アリ 山 無トハ 五葉山 見ヘサルヲ云 近キハ 三四哩ノ
      近海ニ ラモ漁 スルナリ  山 無ハ 往復五日(七日)
  ○目標山ハ 重茂村ノ月山 山口村 亀ケ森 重茂村 ?山  大浦ノ鹿老山 氣仙郡 五葉山 西閉伊  早地峯山
  ○遠沖ノ水色ヲ左ニ
   ▲浅黄水 此水 近     ▲黒洞 上等ノ絹色ヲ云 里程 遠シ
   ▲かいかう水 浅黄水ニかいかう水居ト云
   ▲かれ水 黒洞ニ加江水アルト云
  ○鰹ノ大ナルトキハ 壹〆 五百匁位 此如キトキ 余リ 漁 無  八百匁 内外の節ハ 漁ニ 変 無
五、製塩所位置興廃
  ○無

海事考
一、四季ノ氣候
  ○雪 旧十一月ヨリ二月迄 降ル 積ルトキハ 二三尺 梅 旧二月下旬 咲
二、起風雨前知
  ○西風ハ 旧十月ヨリ二月マテ 三月ヨリ四五月マテ 南風 七月八月九月  北風 十月十一月 マカタ
     戌亥ノ風雨 入梅ニ多シ
三、不漁前知
  ○未詳
四、大漁前知
  ○かもめ鳥 多キトキハ 漁アルナリ
五、潮流ノ状況
  ○今回 津浪 十日計 前ヨリ 潮流ノ クロヘ 南ニ流ル 汐 早キ事  非常ナリ 津浪の夜 沖ヨリ
      漁舩 流レ行カ如(陸ニ寄ルニ)丑寅ヨリ   潮付 凶ム
六、海湾ニ関スル事歴
  ○大須賀与兵 鰯 地引アミ漁ノ為メ 鍬ヶ崎港 渚ヨリ八拾間の所ニ  天間(傳馬トモ云)舩ニ乘リ居ル
     立洞内杢 天間ニ乘リ 四拾間ノ  海中ニ居 陸ニ 二十二人 左 十壹人 右 十壹人ニテ 網ミ引 
      居ル   アミ 陸ニ引付ルニ 随ヘ 汐引キ 網 沖ニ 洩カレタルニ付 陸ノ  杭ニ 繋キタル 縄 
      切レテ 遂ニ 網 沖ヘ 流レ 内松干舟ヨリ  陸ニ上リ 陸ヨリ ヨタ 云 驚キ 故ニ 大須賀与兵エ
     止ヲ得ス 陸ノ者共 早ク 遁レ 走レ 大聲 発 死ヲ決而 激浪ニ舟ヲ立 打込ハ 逆浪 受クタルニ



     舟 立タルヤ 不舟 顛覆 夫ヨリ らゆき (泳) 百間計 沖ヘ 流サレ 流レ 耒ル 破壊 家屋
      中ニ 佐々木栄吉 比ヤシ屋根ニ 取付 助カリ 上陸ノ上 宅内ニ 耒リタルニ  与兵エ 母 潰屋の
      下ニ居 昔之居タル 見付 堀リ 助ケタリ 雇人  夫迄 廿四人中 四人死亡 外 皆 助リ 四才 
      男 孫 死亡セリ
  ○大須賀ノ人夫 鰯引中 二十二人 網捨テ 鍬ヶ崎中 驚キ サワキタル  コト 大ニ死亡者 無ト云
  ○慶応ノ凶年ニ 誠ニ不漁ナリ 陸作モ 不毛 霖雨ノ為メナリ  (両年ハ海ニモ漁ナシ)
七、固有漁場変遷ノ状況
  ○未詳
八、津浪ノ歴史
  ○安政三年七月二十三日 津浪ニ 三戸 流亡
  ○弘化三年ノヨタ 二月地震 大鍬ヶ崎ニテ逆浪 百間余 打上浪 六尺
  ○明治十年ノヨタ (大汐トモ云) 四月 汐干 地震 汐 押引ヨリ  段々 ヨタナリ 走浪 七〇間
     打上浪 五尺
九、津浪ノ耒ルヘキ前兆
  ○鰻ハ 川ヨリ上リ 山沢ニ入ル(高浜江濱辺ノ内)鰯團ノ如クナリ  網ニ入 事モ在リ ミ々ジ 家屋内
      の水亀ニ 入ルト云
  ○ヨタ后 地震ノトキハ 海水 大豆玉ノ如ク アワ(淡)立タリ

漁村挽回
一、迅速ナル業務
  ○魚族 海ニ多シ 傳馬舟 早ク造舟スルニアリ
二、造舩職工有無
  ○欠乏 故 其筋ニ出願セシト云

漁民將耒の企望
一、管内沿岸一致漁業組合設ル方法
  ○出耒得ル限リハ 此大組合ヲ 組織セン事 羨望ナリ
二、授産方法ニ付便利見込有無
  ○物産改良販路ヲ需ルニ有リ
三、他ヨリ團体ヲ造リ漁業ニ耒ル者アルトキハ如何スルヤ
  ○改良地ヨリ 良漁民 移住セシハ 尤 利便ナリ





陸地産業被害調査
一、家畜ノ関係
  ○
二、耕地被害
  ○

商業調査
一、物價相庭魚類販路
  ○鯣 鰹 殘リ 舟ニテ 捕漁セシニ 直段モ 貴ク販路モ  速カナリ 物價 二割 高シ
二、貸借変動及金利質屋の景況
  ○質屋二軒 利子 二分五厘 金利 弐分

  ○全  戸    流 亡   潰 戸 半潰戸  惣人口     死  亡   男  女
     六百七十七戸   四十三戸  二百戸  五十二戸   三千八百十八人 百三十二人   男六十六人
                                                                                    女六十六人
  ○浪 走而 八十間 打上浪 五十尺
  ○鍬ヶ崎下町上町打上浪十六ト十二戸 市中ハ石垣ノ為メ 小路  山手ヘ 四五尺ヨリ壹尺迄