岩手縣沿岸大海嘯取調書(甲・乙・丙・丁)

陸前国南閉伊郡釜石町(現、岩手県釜石市)

陸前國南閉伊郡釜石町

●本村被害地ハ 字佐須 白濱 平田 嬉石 松原 釜石 六ケ所
         下鮹ノ浦 長崎 外口 外口ノ内 小濱 合足 拾壹ケ所
○流亡戸数  百十壹戸○潰戸數      二十六戸○流亡納屋 五百八十二棟
○潰納屋  百三十五棟○死亡人口 三千七百六十五人○負傷人口 三百七十二人
○流亡牛馬      ○流亡耕地・田畑      ○流亡舩舶
○流亡財産      ○流亡道路・堤防

漁村の新位置
一、新住家ヲ設クヘキ地及旧住家トノ利害
  ○本町 字佐須 元宅地ハ 土地ヲ陥落セラン 再興ノ見込 無キヨリ 海岸ヲ去ル 百間計リ 引上ケ
   宅地 設ルトキハ 便ナルヘシ
  ○釜石町ハ 海岸六尺 築立 市区 小路ヲ更正ス 將耒の小津浪(ヨタ)の害ヲ去ル 見込ヨリ 市街ニ
   盛土ヲナシ 稍 地形ヲ平坦ナラシム
二、海面ヨリ高低及沿岸の地形方位
  ○本村の海面ハ 三尺ヨリ九尺 釜石町ノ如キハ 六尺地形 方位ハ 東大洋 南 尾崎ヨリ 西ヲ 経テ
   北 馬田崎マテ山
  ○字佐須ノ如キ 白濱 裏 南東ノ方向 大洋ニ面シ 白濱 平田 嬉石 松原 海面 北ニアリ 釜石町
   海面 南ニアリ
三、津浪ノ耒リタル場所
  ○釜石港の津浪 打込ミハ 本港ノ南 尾崎ト両石湾■■ 笹崎ト両港湾 眞大洋ヨリ激浪 白濱 面ニ打
   込ミ 其 反動 嬉石 松原 釜石町ヲ破壊 セシメタリ 釜石町家屋人畜流亡多シト 雖(在来戸数多
   キ為メ流亡戸数 人口多シ)土地陥落ハ 一般ニ 比スルトキハ中位ナリ
  ○字佐須ノ如キ 白濱 裏 南東ノ方向 大洋ニ面シタル 為メ 土地ヲ 陥落セシ事 本町 第壹ナリ
四、防風林及防浪林其他堤防必要之有無
  ○釜石町尾崎神社ヨリ須賀迄 元防風林(松樹)アリ 又タ 鮭川辺マテ 凡 三百間計リニモアリ慶応ノ
   供水(四年カ三年カ■■元年ナラン)大ニ流亡セリ 其后 再植セサル為メ 今回ノ海嘯ニモ害多シ
  ○大渡川堤防ハ 政府鑛山 官行中ニ 築キタル堤防 故ニ 今回 津浪 鈴子鑛山ニ害無シ
  ○宗眞 視察スルニ 字佐須 平田 嬉石 松原 須賀ニ防風林之植立ハ 急務ナリ 随而 潮止堤防モ 
   釜石町白濱ニハ 必要ナリ




五、魚付場及海湾近傍山林原野の景況并ニ林相種目
  ○従前ハ 魚付森林ハ 勿論 惣テ 共有山 私有山ト 雖モ 官の許可無ク 伐採ヲ禁セシナリ(私有ト
   モ云)官山ニ 杉松 其他 樹木ヲ植立ヲ云 賣買証ヲ所有スルモノ有リ 之レ 山守株 或ハ 植立毛
   ノ植 賣買セシハ 南部藩 慣例ナリ
  ○一新以耒 釜石鑛山 官業ヨリ 民業 田中鑛山ノ為メ 今日ニ至ルマテ 海濱ノ森林(用材等アル 必
   要ノ魚付林モ 直投ノ為メ 伐木セシ等ノ為メ)乱伐不少 遠山ノ樹木(目標山及 沖漁 魚付場)伐木
   ノ為メ 沖漁ノ位置 近耒 変更セシト云
  ○塩竃ノ為メ 海岸ノ樹木 伐採等モ 魚付ノ為メニ 大ニ 害アリ 現ニ 唐丹村 字大石ニテ 山谷ニ
   切替 畑ヲ 設ケタル為メ 蕎麦 花盛中ハ 鰯 寄ラス 他ノ濱ニ漁アリ 獨リ 大石ノミ 不漁ヲ見
   タル事アリト云 是レ等ヲ以テ 知ルヘシ
  ○釜石湾内 近傍山野樹木少ク 且 壹種木ノ森林少シ
六、新道路ノ見込及古道ノ便否
  ○濱街道中 釜石町 字應神前ヲ経テ 鏡ニ通ス 其他 両石迄 海岸通リ 鵜住居 室の濱ヲ経テ 大槌
   ニ至ルの道路ニ便アリ
  ○南ハ 唐丹峠ヲ貫キ 小白濱ニ 通スル道路及甲子村 仙人ヲ貫キ(隧道)遠野ヲ経テ 花巻ニ至ル 
   道路 車道 開鑿スルニ 便アリ
七、漁村沿岸運搬の便否
  ○海運ノ便利ハ 地方税ノ補助ヲ受ケ 百頓位 氣仙(舩)ヲ以テ 定期航海ヲ開クニ 便アリ(此如キ
   小氣舩壹貳万円マテニテ買入ルヘシ)明治十三年 海岸ヨリ七万五千円 地方税 課出セリ 此 如キ 
   課税アリナカラ 今日の場合 二萬円位の補助ヲ 以テ 氣舩 買入ヲ 企望スルナリ

住 家
一、海濱住屋ノ建造の方法
  ○海岸之家屋ハ 西小屋組 合双造ヲ 以テ 便利トス
二、住家ト納屋ト離合の利害
  ○本宅ト納屋ト離隔スルニ 大ニ 便利アリ 火 水災 衛生上ニ 取リテモ 大利益アリ 
三、海濱住屋建造ノ遺法の有無
  ○別無

漁民風俗
一、祭事婚姻家庭ノ状況
  ○祭事ハ 大漁ニハ 臨時 村社ニテ行フ事アリ 溺死者 アレハ 僧侶 托シ 施餓鬼ヲ行フ 神官ニ托
   浦祭ヲ行フ



  ○婚姻ハ 山手ノ農家 海濱ノ漁家モ 嫌ヘ無
  ○家庭ノ状況 本町 漁民 商民 農民 輻輳ノ地 且 鑛山雇夫 多キ為メ 一定ノ家庭状況 記スル 
   能ハス 漁民ハ 夫 海ニ漁シ 歸帆 漁獲物ヲ 調理 製造 販賣等ハ 婦ノ業ナリ 家事の業務 
   需用供給モ 皆 婦ノ業ナリ
二、漁民ノ禁物
  ○猿ヲヱヒシト云 蛇ヲ長虫ト云 産婦ヲ忌ム 死亡者ヲ忌ムナリ 本町ニハ 従前ヨリ 一新の初メマテハ 
      沢村ニ産室アリ 漁民ノ妻  分娩期ニ至ルト 此 一 小家屋ニテ 出産セシム
三、食物
  ○米 粟 布粉 凶年ハ 草根 木皮
四、衣服
  ○木綿 九分  麻 壹分
五、漁民衣食物供給ノ時季
  ○旧盆 七月 旧年末 十二月 尾崎神社 祭礼
六、被害町村漁民年々北海道及其他出稼の状況
  ○年々北海道江 五拾人位 出稼アリ 十二月 四月 家ヨリ出 八月 十月歸ル
七、良習慣ト不良習慣トノ種類
  ○布刈 之レハ 各海岸 沖合 期日ヲ 定メ 採収ス

漁村制
一、漁業組合ノ状況及改善ノ策
  ○漁業組合 方法 効力 未タ 充分ナラス 地方 沖漁師及小漁師の者 昔 協議ニ加盟セシメ 組合
   方法 組織スルニアリ ?ニ 両三年前ヨリ 種々 一部 協議ヲ ナシタル事アリ
二、漁民ノ労働及稼業の順序
  ○漁民ハ夫ハ 漁業ニ従事 婦ハ 農業ニ従事 漁アレハ 漁獲物 所理スルヲ 以テ 昼ノ業トス 夜ハ
   漁具製造スルハ 夜業ナリ
三、旧漁場ト新漁場位置ノ状況
  ○未詳
四、漁場紛擾仲裁法
  ○本町 漁民等 區域ヲ犯シタルトキハ 商人ハ 之ヲ仲裁ス
五、捕獲魚類沖合販賣ノ利害
  ○本町 多分 沖合 密度 無シ 稀ニハアリ 今ヨリ 此弊 防クハ 良策ナリ
六、藩政當時ノ方法及税法
  ○蚫 海鼠ハ 徳川直轄ノ営業トス 幕府下タ 買方ヲ 地方ニ置クモノトナセリ


凶荒調査
一、海産物凶年ノ備荒品及製造
  ○布ノ粉 若布
二、凶年ノ状況
  ○天明 天保ノ凶歳ニ 陸ノ農家ヨリ 海岸漁民ハ 飢ヘス 海岸
   遺例 凶歳ニハ マカセ ト云 小者モ 漁獲スル 故ニ 凌 易ト 云
三、凶年ノ際藩政ノ救助法
  ○未詳
四、凶年及津浪后ノ流行病
  ○凶年及 津浪ノ后 流行病 未詳 明治十五年コレラニテ 四百人死亡 仝十九年 百人余の死亡

漁民需用品
一、海岸山林原野ノ状況及將耒ノ企望但材木薪炭木ヲモ云
  ○本町ハ 用材 薪炭木 欠乏 用材及薪炭 植立 奨励ハ 急務ナリ
二、竹木大麻藁物消費年額
  ○竹ハ 氣仙郡地方ヨリ需ム 麻縄ハ 水沢 岩谷堂地方 買入 大麻ハ 南京麻(イツヒナラン)野州 
   麻 藁物 鮪縄 莚等ハ 西閉伊郡内及 宮城地方ヨリ需ム
三、造舩ノ種類及年々造舩員数
  ○沖 漁舩 五間 網掛舩 五間 鰈舩 四間 鯣舩 三間 カッコ舟 三間 手舩 三間半 壱ケ年 
   二十艘内外製造スルナリ 舩命 員数ハ 未詳
四、木材ヲ需ムル便宜の場所
  ○氣仙郡 唐丹村官林ニアリ
五、將耒漁舩漁具改良ノ方法
  ○改良舩 今ニ 充分 適セス 如何トナレハ 海底 波浪の関係ニアリ 又タ 漁民 馴レサル 為メナリ
六、漁民衣食供給の場所
  ○衣服ハ 本町 食物ハ 西閉伊郡遠野 陸前国牡鹿郡 石巻ヨリ需ム

海 湾
一,旧漁場ノ位置及変更ノ状況
  ○未詳
二、海湾ノ主産
  ○鯣 鮭 鰯 鮑 鱒 鰈 鮪 赤魚 目抜 鯛 其他 海草類



三、海湾捕魚ノ種類及時期
  ○春・鰯 赤魚 鰈    夏ハ 鰹 鮪 鯛 鮑 秋・鮭 鮪 鯣 ブリ 冬・ 鱈 赤魚 目抜 海鼠
四、沖合漁業位置里程
  ○鰹舟 六十哩 秋・五十哩ニ行事アリ サカ 赤魚 五哩
五、製塩場位置
  ○塩釜ハ 佐須ニ 壹ケ所 平田ニ 二ケ所 八ツ木 壹ケ所 佐須 平田 位置 変スル事 無 八ツ木
   ハ 薪ノ欠乏ノ為メ 時々 場所 変ル

海事考
一、四季ノ氣候
  ○雪 新十月ヨリ三月迄降ル 冬ヨリ雨 多シ 風ハ 秋 十月ヨリ三月迄 西風多シ(マカタ風ト云)
   (東風ヲ コチト云)(辰巳風稲作ト云) 此風耕作害多シ 稲■■ 風海湾モ 大シケアリ 北風 
   仝ス 西風ハ シケヲ去ル 天氣 定ル
二、起風雨前知
  ○未詳
三、不漁前知
  ○仝
四、大漁前知
  ○鮭 五ケ年毎ニ 大漁在リ 鮪 三十ケ年位ニ 大漁アリ
五、潮流状況
  ○未詳
六、海湾ニ関スル事歴
  ○明治二十九年ヲ去ル 二百年前(元禄十年ハ二百年相當)マテ 只越ニ 天皇長屋 場所 東前 中町ハ
   皆 海面ナリ 追々 埋立 市街トナシ 沢村 基村 御基所 於サジ辺ハ 元禄前ヨリ 陸ナリト云
  ○弘化元年 辰年 甲子川 霖雨ノ為メ 河川 供水 當時 砂渡リノ辰之助 溺死セリ 故ニ 辰年
   辰之助 溺死 故ニ 辰之助水ト云
  ○釜石町 明治十六年四月 大火ニ 五百戸 焼失 仝廿四年九月 廿八戸 仝廿五年五月六百戸焼失
七、固有漁場の変遷の状況
  ○昔ヨリ 多少 変遷アリ 目今 漁場ヨリ 昔の漁場ニ漁アリ
八、津浪の歴史
  ○寛政の比(頃) 釜石浦 津浪の為メ 前流セシト云(寛政四年 肥前ノ國 温泉嶽 噴火 島原湾 
   海中モ変 火ヲ発シ 逆浪 大ニ起リ 佐賀領 及 天草 海濱 人家 海嘯ノ為メ 漂没 死亡スル民
   五萬人 新出スル 島岐 七八拾アリ 幕府金 三万両ヲ 肥前国主ヘ 壱万両 島原城主ニ 貸与セシ



   ト云 或ハ 此トキナラン(亦タ 文化九年 地震 飢饉 翌年 十二月 幕府金 壹萬両 盛岡城主 
   南部大膳太夫利敞ニ 貸ト云 事 在リ)若クハ 此 地震ナラン
  ○安政三年 辰の七月廿三日 大地震 人畜 無事 家屋 二三軒 戸数 廿四戸 流失(長屋 流亡)
   打上浪 十尺 走浪 三拾五間 此時 漁舩 津浪ノ為メ 流走セシト云 是レヲ 救助セズニ 歸帆セ
   シ漁民アリ 大ニ戒メラリタリト云事アリ
  ○明治一新以耒 小津浪(ヨタ)六七回 打上浪 二三尺
九、津(浪)ノ耒タリタル前兆
  ○未詳

漁村挽回
一、迅速ナル業務
  ○六丁立漁舟(鯣舟艪六丁立故ニ)及 沖漁舟 造舩 鰯網 製造ハ 急務ナリ
二、造舩職工有無
  ○職工欠乏殆ト困ル

漁民將耒ノ企望
一、管内沿岸一致漁業組合ヲ設ル方法
  ○有志ニ企望アレトモ 目下 協議スル余暇 無
二、授産方法ニ付便利見込有無
  ○考無
三、他ヨリ團体ヲ造リ漁業ニ耒ル者アルトキハ如何スルヤ
  ○漁業産地ヨリ 模範適の者 適宜 移轉セシムルニ 便アリ

陸地産業被害調査
一、家畜ノ関係
  ○
二、耕地被害
  ○

商業調査
一、物價相場魚類販路
  ○鯣 鰹 多ク 沖ニ 遊泳 漁獲スル舟具 無 魚類 販路ハ 東京 秋田ヘ 
   大々 輸出アリ 物價ハ 三割 騰貴 木材ハ 二倍 騰貴


二、貸借変動及金利質屋景況
  ○金 弐割五分 質屋 同断 尤 田中鑛山 流通金券の為メニモ 釜石地方金利高シ 方今 廃セシト云


地名  全  戸  流亡戸数  潰戸数  生存人口  死亡人口  男  女
釜石  956戸  729戸  28戸  2786人 2970人 男1385人
嬉石                               女1522人

平田  149戸  104戸   3戸   646人  657人 男 393人
                                 女 466人