岩手縣沿岸大海嘯取調書(甲・乙・丙・丁)

陸中国東閉伊郡船越村(現、岩手県下閉伊郡山田町)

陸前國東閉伊郡舩越村

●本村被害地ハ 字山の内 舩越 田ノ濱 小谷鳥 大浦 五ケ所
○流亡戸数 三百六十七戸 ○潰戸數     八戸 ○流亡納屋  ★文字不明
○潰納屋    百拾弐棟 ○死亡人口  八百四人 ○負傷人口 二百五十壹人
○流亡牛馬        ○流亡耕地・田畑    ○流亡舩舶
○流亡財産        ○流亡道路・堤防

漁村之新位置
一、新住家ヲ設クヘキ地及旧住家トノ利害
  ○本村 舩越 田ノ濱ハ 元宅地ニ再ヒ 居住ノ見込 無キヨリ 村会議ヲ開キ  舩越 田ノ濱 合併 
      壱箇所 居住 宅地ヲナシ 市街ヲ造リ 將耒の便ヲ  謀ラントス 然ルニ 舟越ニテハ 山ノ内ヨリ 
      上基ニ設ケントス(濱街道中央ニ通貫セシメ)田ノ濱ニテハ 日向脇ヨリ 早川(ソカワ)迄 所々
   移住セントス 舩越 田ノ濱 互ニ 新居住地の位置ヲ争ヘ 協議円骨(滑)ニ  整 ハス 故ニ 村会ノ
      決議ヲ得ルニ 日向脇ヨリ 早川迄ニ決定 茲ニ 移シ 宅地敷地の如キハ 村責ヲ以テ買入 被害ニ分
   与スル見込ト云 (村債ヲ募ル見込ミ)
二、海面ヨリ高低及沿岸地形方位
  ○本村 海面ヨリ高低ハ 三尺ヨリ八尺マテトス 沿岸地形方位ハ 南ニ舩越湾 北ニ山田港アリ 東大洋
   ニ大釜湾 亀ケ崎 突出シ南方面ニ 小谷鳥濱アリ 北方面ニハ 大浦アリ 舟越 本村ハ 南北ニ海面
   アリ 故ニ 小半島ナリ
三、津浪ノ耒ル場所
  ○本村 東大洋ニ突出セシ 半島 南 舟越濱 北 山田港 海面 故ニ 海濱部落ニ中田濱 舟越の被害 
   尤 甚シ 舟越ノ如キハ 南北 海湾ヨリ 激浪打込ミ 家屋 勿論 土地陥落セシメ 其 反動ノ逆浪
   田ノ濱ヲ 破壊セシメタル哉ノ如シ 大浦 小谷鳥 被害 一般ニ比スルトキ中位
四、防風林及防浪林其他堤防必要の有無
  ○本村 表海岸 南方 堤防 凡 六百間ヲ流亡ス 且 在耒 堤防 充分ナラザルヨリ 猶 築造ヲ加ヘ
   防風林ヲ植付 設計中ノ所 着手セサル内 如 此 海嘯ニ破壊セラル
  ○裏海岸 北方 堤防ハ 石垣(四十間)ヲ以テ堤防トス 凡三百間 明治廿五年ノ比 築造セシニ 此費
   用五百円余 此堤防ヲ以テ 在耒ノ並木 防風林ヲ保護セシニ 安政三年七月二十三日津浪ニ流亡 今ニ
   存在スル 木 三十本余 其他 年々植付セシ 樹木 今回 破壊セラレ
  ○大浦堤防 七十間計 破壊セラレ 再築 急務ナリ
  ○小石鳥堤防及(凡三百間)防風林ヲモ 大ニ 破壊セラレ 此地 防風林植付急務ナリ



五、魚付場及海湾近傍山林原野并林相種目
  ○本村 字和山ハ 一新前ハ 魚付森林 故 伐木ヲ禁セシヲ 私山 故 一新以耒 乱伐ノ為メ 大島の
   鮪立網 大ニ 不漁トナリ 其他 惣テ 一新以耒 乱伐セリ
  ○四拾八坂通リ 本村 部内 大沢峠ヨリ以北 濱街道両側 從耒 樹木 植付 盗伐放火 保護の為メ 
   大沢川 近傍 着手 小屋ヲ設ケ 村内 給料ヲ与ヘ 看守セシメ 置キタルニ 官林ニ属シタル后 
   村内ノ看守ヲ 廃止セリ
  ○字ヨバリ濱ハ 元私山の所 地租改正ノ際 官地ニ嘱シタル為メニ 分部木 植付 魚付森林ヲセント謀リ
     各々 受 充分ニ植付ス(部分木 植付 完全  セス 魚付森林 禁伐林ニ植付ルハ 方法アルヘシ)
  ○字長林通モ 一新以耒 乱伐セシ為メ 松植付ヲ 林區署ニ 於テ 準備中
六、新道路の見込ミ及古道ノ便否
  ○濱街道 工事 至急ニ起シ 車道開鑿ニ急務ナリ 又 浦々 里道モ仝ス
七、漁村沿岸運搬ノ便否
  ○濱街道及里道の開クルニ 随ヘ 海運ハ要セス
  ○本村 舩越 南北ノ海面ニ 運が 貫キ 漁舩ノ便ヲ 謀ルトキハ 北ヘ織笠  山田 大沢 南 吉里々々
     漁民ノ為メニモ 大ニ 便アルモノトス

住 家
一、海濱住屋の建造の方法
  ○別ニ考 無
二、住家ト納屋ト離合ノ利害
  ○離隔スルニ 便アリ
三、海濱住屋建造の遺法
  ○旧家ハ 皆 高キ所 居ル

漁民風俗
一、祭事婚姻家庭ノ状況
  ○不漁等ノ時ハ 人民 漁師 集リ 村社ニテ神官ニ托シ 御輿ヲ舟ニ乘  御海濱 巡回祭ルナリ 或 
      村社ニテ祭ルモアリ
  ○大漁祭リハ 年々 荒神神社ニテ 六月生日 海陸 祭典ヲ行フ
  ○大浦ニテ 旧九月十日 霞露嶽神社ニテ 仝断 祭典ヲ行フ
  ○溺死者アルトキハ 僧侶ヲ以テ 絶(施)餓鬼ヲ 行フ
二、漁民禁物
  ○鯨ヲ ハハ ト云 海ノ明神トモ云 猿ヲ ヱヒシ ト云 蛇ヲ 長虫ト云  産婦ヲ忌ム 七日間 死亡 
      稍 忌ム 海中ニテ人の死体ヲ見付ルト  持参リ 大ニ 祭ル事アリ 之レハ 忌ムモノニ 非ラス


三、食物
  ○米 二分 稗 粟 五分 布ノ粉 三分ト合セ 飯トナシ
四、衣服
  ○木(綿) 九分  麻 壹分
五、漁民衣食物供給ノ時季
  ○旧盆七月及 旧十二月 漁業ノ景況ニヨリ 村社祭リ等ニ 供給ス
六、被害町村漁民年々北海道及其他出稼の状況
  ○春ハ 北海道ヘ 百人位 旧正月ヨリ四月迄 出発 五月ヨリ 十二月迄戻ル
七、良習慣ト不良習慣トノ種類
  ○本村ハ 昔ヨリ 目貫(サカ)釣場 赤魚釣場ニハ  陸山ノ樹木等ヲ 見テ 界トス
  ○従前ハ 海湾區域アリ 票(漂)流舟 或ハ 溺死者等アルトモ區域内ニテ 百事 取行 付タルニ 方今
     區域無キ為メ 溺死者アルトキハ 困難 御 見ルアリ 甚敷ハ 他村 流風アリ

漁村制
一、漁業組合ノ状況及改善ノ策
  ○準則ハ 方今 適セス 地方情况ニヨリ 取捨 折衷ニアリ
二、漁民ノ労働及稼業の順序
  ○本村 舟越ハ 農七分 漁三分 御業トス 田ノ濱 漁九分 農壹分  大浦ノ如キハ 漁五分 農五分 
      小石鳥 農八分 漁壹分 塩壹分
  ○漁獲物 賣却代金等 始末ハ 夫ノ預ル所ト 女ニハ 他町如ク 權利 無
三、旧漁場ト新漁場トノ位置ノ状況
  ○鮪建場 三百年前 漁場ハ 夏秋合セテ 十二ケ所(無税)在リ  方今 五ケ所の多キニ至ル 尤 多ク 
      位地(置)ノ変更アリ  
四、漁場紛擾仲裁ノ法
  ○未詳
五、捕獲魚類沖合販賣ノ利害
  ○沖漁ハ 本村ハ 舟主ト漁師ト申合セ 部分法ヲ配分ス 其方法タルヤ舟ニ  漁夫十五人乘リ 漁獲スル
      トキ 十八ニ割(主人ニ二割 漁夫十五分壹  壹分宛)漁夫十三人乘ルトキハ 十六ニ割(主人ニ三分 
      漁夫十三分  壹人壹分)如 此 方法 故ニ 沖合ニ販賣 無
六、藩政ノ當時ノ方法及税法
  ○昔ハ 艪壹丁ニ付 何程ト 税 定メタリ(与板舟 沖漁舟 拾二丁艪 五大力 沖漁舟 八丁艪)五大
      力 渡リ舟 四丁艪 小天當 二丁艪(渡リ舟トハ 仙台 塩釜ヘ出入スル舟ヲ云)右 艪税 百年前 
      廃止 其后  漁舟ヨリ物品税ヲ 以テ徴収ス



  ○拾二丁艪 サメ油 八丁艪 鰹節 四丁艪(仙台 塩釜ヘ 荷積出舟ハ  荷物 十分一)二丁艪 串貝 
      小漁舟(御肴舟ト云)鮑 鮹 小魚 鱈
  ○海草類 無税 小漁舟 海草採収 免除(小漁舟ニハ 小頭アリ 争行事アリ)
  ○布取 旧六月廿六日ヲ以テ 採収ニ着手ハ 例ナリ
  ○布海? 松藻 海苔 壹期 拾錢トス 方今 採収 着手期 無ト 雖モ  ふのりニ 區域分 年期日 
      定メ 採収期ヲ定ム

凶荒調査
一、海産物凶年ノ備荒品及製造
  ○布ノ粉 若布 ヒツキ ウレジ
二、凶年ノ状況
  ○別無
三、凶年ノ際藩政の救助方法
  ○別無
四、凶年及津浪后流行病
  ○凶年 津浪后ノ流行病 不詳 明治十五年 コレラ 二人 死亡  十九年 無

漁民需用品
一、海岸山林原野ノ状況及將耒の企望但材木薪炭木ヲモ云
  ○本村ハ 木材 薪炭材ニ 乏敷 且 薪炭の如キハ 織笠村ヨリ買入  日用ニ便要ス
二、竹木大麻藁物消費年額
  ○竹ハ 氣仙地方ヨリ 麻網ハ 水沢 岩谷堂 鍬ヶ崎 麻ハ 東京 鮪縄  遠野 本吉 階上地方 塩釜
      (階上ハ本吉郡ナリ八戸ニ非ラス)
三、造舩ノ種類及年々造舩ノ員数
  ○本村 漁舩ノ数 百五拾艘 凡八ケ年ニ割 年々十八九艘 新造舩スルナラン
  ○拾二丁艪 命 十ケ年 八丁艪 十ケ年 四丁艪 十ケ年 二丁艪 十ケ年
   (艪ノ数ニヨリ 舩 大小アリ 名称 前ニ記ス)
四、木材需ル便宜ノ場所
  ○鬼壁官林(松) 半崎官林(杉)ヲ以テ 便利トス 多々良官林の櫓木  拂下ケ必用(此木ヲナシ)
五、將耒漁舩漁具改良ノ方法
  ○官民 見聞ノ不足ト 馴レサル為メ 進マス
六、漁民衣食供給の場所
  ○食物 大槌町 山田町   衣服 仝断



海 湾
一,旧漁場ノ位置及変更ノ状況
  ○多分 変遷アルヘシ 舟無キ為メ 調査 届カス
二、海湾主産
  ○鰹 鮪 鯣 鮭 鱒 鰯 海鹿 赤魚 サカ 鮑 海鼠 皿貝(ホタテ) 東海婦人
三、海湾捕魚ノ種類及時期
  ○春・赤魚(マカセ) 夏・鮪  かつ 鯣 鰯 秋・鯣 鰯 鮪 冬・サカ 赤魚
四、沖合漁業ノ位置里程
  ○鰹舟 三日先 サカ 舟 二日往復の所
五、製塩所
  ○小谷鳥ニアリ 再興ト云

海事考
一、四季ノ氣候
  ○雪・旧十二月ヨリ二月マテ降ル
二、起風雨前知
  ○未詳
三、不漁前知
  ○仝
四、大漁前知
  ○黒ナメクツラ 多キ年ハ 鰹漁 多ク在ト云
五、潮流状況
  ○未詳
六、海湾ニ関スル事歴
  ○舩越村ハ 昔 海面ノ内 年歴 未詳ト 雖モ 海蔵寺ハ 嘉吉三年 (明治廿四年モ去ル 四百五十六
      年前ナリ)建立ト云 何年 何海嘯ヤ  不詳 右寺ハ 津浪ノ為メ 二回 流亡 今ノ所 三回ノ建立ト云
   (今ニ右 寺跡アリ)今回の津浪ニ 門及鐘堂 其他 流亡 本堂モ 疊 建具 流亡 柱ノミ 殘リタリ
     近傍 樹林アル為メ 殘リタルヤ如シ
  ○舩越村 吉田徳右エ門所蔵ニ 黒舩 赤舩事件 書類アリ 今回の津浪ニテ  流亡 セシト云(吉田賢蔵ノ
      話)是レハ 多分 山田浦 外国舩  漂着セシトキ事ナラン
  ○濱ノ廻リト云 海ガシ(ヒユキトモ云)是レハ「眞氣ろ」ヲ云 夏季  入梅ノ比 山田湾ニ朝日昇ル比(頃)
     見ヘル 此地の名所ナリ



  ○大浦ノ秀全ハ 元文年中 大浦ニ耒リ住居セシ僧侶ナリト云 大阿網ノ岩谷ニ居リタル人 今ニ 種々 
      遺物アリ 廟アリ 相州の人の内 別記ス
  ○昔 大浦 東ニ宿磯ト云所アリ 宝暦 明和 安永 天明比マテハ 三百戸モ  戸数 アリタル場所ナリ
     方今ハ 二■■ ★文字不明 何年 何災害ニ罹リ  大浦ニ 移轉セシヤ 未詳 口碑ニ宿磯ハ 大浦ニ
      移轉セント云事アリ  一説ニハ 火災ノ為ト云 大浦 漁業 便ナル故ニ 自然 移リタリト云
   宿磯ニ 今ニ 宅地跡 敷石 明カナリ 余リ 古キニモアラスト思フ
  ○大浦 字糸井畑及筋畑等ニ 石器代 器物 多クアリ 此地ハ 昔 大浦  右京ナラン 果シテ 然ラハ
     南部侍ノ逆賊ナラン
  ○舟越ヨリ大浦ニ越ル坂ニアリ 是レヲ 卍字坂ト云 所アリ  今 津軽家の紋ナリ
  ○舟越全村中 大浦 宿磯ハ 古ク開ケタル所ナリト云
  ○舟越半島ノ中央ニ高山アリ 是レヲ 霞露山ト云(大釜山トモ云)(大網山トモ云) 白鹿 此山ニ居 
      漁舟 目標トセシヨリ鹿老山トモ云
七、固有漁場ノ変遷ノ状況
  ○旧漁場ヨリ 沖ニ寄リ 漁獲 不便ト云
八、津浪ノ歴史
  ○安政三年七月二十三日之津浪ニ 家 三拾と 人口 廿壹人 流亡  之レハ 南 外海 北 裏海ヨリ 
      激浪ノ為メ 害 多シト云
  ○田ノ濱ハ 安政三年七月二十三日津浪ニハ 海面ヨリ 打上 拾七尺 宅内 ナケシニ 潮水」打込ミタ
      ルト云
  ○山崎某ノ曰ク 安政ノ津浪ニハ 舟越ニ 戸数 八十六戸ト云  三十戸 流亡セシ為メ 大騒キ ナリト云
  ○右ハ 山崎勘六ノ祖母 明治十三年ニ病死 當時 九十六才 祖母遺言ニ  正月七日(凡 百四十年前 
      寛政五年正月七日ナラン)ノ津浪 百濱ヨリ(寄リ濱の田ノ濱ノ■■ 濱ナリ)浪越ヘタリト云 凡 
      三百尺モ高キ坂ヲ  越シ 凡 直径二十丁モアル所 田ノ濱ノ東ニ當ル地名(ヲトッコ)凹ナル  所ヲ越
      エテ 油ッコ渕ニ 流入 當時 油ッコ渕ニテ人 多ク 死亡セシト云  
   (當時ノ津浪ニ 油目魚 打上居リタルヨリ名称シ 山中ノ谷ナリ)右ノ寄濱ヨリ田濱 及「ヲトッコ」
      ヲ経テ 油目渕ニ至ル 凡 壹里前ニ云  二十町適當ナラン
  ○田濱ニテ 明治八年ノ比 旧四月 宅地低キ所ニ 打上ケタル 小津浪アリ  床ヲ浸シ 鮪網ヲ流亡セリ 
      之レヲ大汐 ト云 ヨタ ト云
  ○昔ハ 青葉山ニ津浪 無ト 唱ヘタル事モアリト云 何ノ定規ナルヤ了解セス
  ○舟越村 字山ノ内ニ 諸社 塩釜神社 西側ノ堀合ニ 昔ノ津浪の越ヘタルト云事アリ 此地 海面ヨリ
     百廿尺モアリ 何年ノ津浪ヤラ不詳 今回津浪ハ  八拾尺ナリト云
  ○字小谷鳥 天保凶年前マテ 戸数 殆ト 三四十戸在リ 天保凶年ニ  十二三戸 潰レ 或ハ 北海道 
      移住セシ者モアリ 又タ 安政ノ津浪ニ 多少 潰レ 方今 僅ニ 九戸ノミ(安政津浪 引揚ケ 宅地
      ヲ設ケタルト云)



  ○小谷鳥 大須賀ニ 嘉右エ門ト云 大家アリ(何年比ヤ未詳)仏事ニ 親族  集リ 饗應中ヘ津浪在リ 
      一同 助力セシニ 皆 流亡セシト云 今ニ  嘉右エ門 亡魂ト云テ 人 悲カ如ク 鳴 鳥ノ音 小谷
      鳥ニアルト云  (此鳥ハ シンシ鳥リナリ)
九、津浪ノ耒ルヘキ前兆
  ○明治廿九年六月十四日ノ日ヨリ 舟越浦 鰯 鯛 引タル 須賀端ノ砂地  ユルキ事 春雪ノ如シ 足止
      メ無 竿ヲサシト 深クサシ込ム  故ニ 妙 寄ナリト思ヘシ 如此

漁村挽回
一、迅速ナル業務
  ○小漁舩早ク 造ルニ在リ
二、造舩職工有無
  ○舟大工 不足 他ヨリ雇入 協議中

漁民將耒ノ企望
一、管内沿岸一致漁業組合ヲ設クル方法
  ○良法ナリ 再應 考ヘシ
二、授産方法ニ付便利見込有無
  ○漁民組合ヲ設ケ 組舟ニテ 稼業スルニ 便アリ
三、他ヨリ團体ヲ造漁業ニ耒ル者アルトキハ如何スルヤ
  ○改良産地ヨリ 漁民移住ハ 賛成ナリト云

陸地産業被害調査
一、家畜ノ関係
  ○
二、耕地被害
  ○

商業調査
一、物價相場魚類販路
  ○漁業アレハ 販路 困ラス 物價 三割騰貴  米 壹舛 拾壹錢
二、貸借変動金利質屋
  ○金 弐分五厘
  ○舟越村ハ 山アレトモ 木 無  海アレトモ 魚 無 人アレトモ 慾ク無