岩手縣沿岸大海嘯取調書(甲・乙・丙・丁)

陸前国気仙郡赤崎村(現、岩手県大船渡市赤崎町)

陸前國氣仙郡赤崎村

●本村被害地 字堂ケ崎 中赤崎ノ内 宿 山口 永濱 清水 上鮹ノ浦
         下鮹ノ浦 長崎 外口 外口ノ内 小濱 合足 拾壹ケ所
○流亡戸数       ○潰戸數         ○流亡納屋  
○潰納屋        ○死亡人口        ○負傷人口
○流亡牛馬       ○流亡耕地・田畑     ○流亡舩舶
○流亡財産       ○流亡道路・堤防

漁村ノ新位置
一、新住家ヲ設クヘキ地及旧住家トノ利害
  ○本村 字中赤崎ノ内 宿 及山口 合足ノ三ケ所 在来の宅地ニ 見込無ク 三ケ所 共ニ 少々 
   引揚ケ 宅地ヲ設ケル事ヲ 漁民 企望ス
二、海面ヨリ高低及沿岸ノ地形方位
  ○赤崎村ハ 字堂ケ崎ヨリ鮹ノ浦迄 西ハ 海面 東ハ山 長崎ヨリ 合足マテ 南 海面 西 大洋ニ 
   面シ 北 皆 山ナリ
  ○字長濱の鮹ノ浦ハ 小湾ニシテ 漁舟ノ停舶ニ 便ナルヤノ 如シ 海面 高低等ハ 詳細ニ 部落図ニ
   記入ス
三、津浪ノ耒タリタル場所
  ○津浪ハ 大舟渡湾 東南ヨリ 激浪 打込ミ 赤崎村 内外の海濱ヲ 破壊 流亡 其 引浪 大舟渡村
   ニ 反動セシモノ 如シ 詳細 部落図ニ 記入ス
  ○赤崎 満潮 干潮ノ差 平均五尺
四、防風林及防浪林其他堤防必要ノ有無
  ○堤防ハ 本村 塩田ノ堤防 大ニ 破壊 此 修繕ハ 急ナリ 如何ト ナレハ 塩田ノミニ アラス 
   本田ニ 大ニ関スル 次第ナリ
五、魚付場及海湾近傍山林原野景況并林相ノ種目
  ○本村 海岸 魚付 森林 従前ヨリ 乱伐材 魚付 沖ニ寄リ 方今 植立シ 佐々木哲之助 
   奨励セント云
六、新道路ノ見込及古道ノ便否
  ○本村 海岸通リ 里道 貳千五百間余 河川付里道 三千間 大破壊 村内ノ民力 及フ所ニ アラズ 
   目今 取調 補助 出願中



七、漁村沿岸運搬ノ便否
  ○本村 海岸通リ 里道 開鑿 修繕 スルトキハ 沿岸ニ 運搬の便ヲ 要スル事 少シ

住 家
一、海濱住屋ノ建造の方法
  ○別ニ方法ヲ 聞カス
二、住家ト納屋ト離合ノ利害
  ○何分 離隔スル方 
三、海濱住屋建造ノ遺法ノ有無
  ○古家ハ 皆 高キ所 住居ス 住屋(宅地)世ノ開明ニ 随ヘ 便利ヲ 謀リ 海濱ニ 近付タルヤノ 
   如シト云

漁民風俗
一、祭事婚姻家庭ノ状況
  ○海濱ニテハ 不漁等ノ場合ニハ 村社の御輿ヲ願ヘ 種々 供物ヲ 備ヘ 御酒ヲ 捧ケ 神官 是レヲ
   祭ル 漁民 供奉ス 浦々 廻リ 祭典ヲ 行ナリ
  ○漁民 漁業等ナ為メ 死亡セントキハ 僧侶ニ托ス 施餓鬼ヲ行ヘ 年々 年回ハ不明 申合 祭ルナリ
  ○浦祭リハ 毎年 九月九日ニ行フ 又タ 竜神祭リ 浦ニ 舟ニ乘 巡遊スル事モ アリ
  ○結婚ハ 山間ノ農ヨリ 嫁ヲ 娶ルトモ 婿養子 何分 海岸ヨリ貰ハ 慣例ナリ 如何トナレハ 
   沖漁ハ 勿論 舟ニ 弱キ為メ ナリ
  ○家庭ノ状況 漁民ハ 次三男ヲハ 壮年ニ成ルト 鰹舟ノ カシキ(仮煮ヲ云)初メ 乘ラシム 進テ
   舟頭ニ登ル 是レハ在来 漁民家庭ノ教育ナリ 長男ヲハ 何分 漁師ニ セヌ樣ニナシ(相続者の為メ)
二、漁民禁物
  ○産出 大ニ 忌 七日間決而 漁ニ 出耒ス 死者ハ忌マス
三、食物
  ○粟 稗ニ 米 少シト 大根糧ニ交セ 用ヘ 凶年ニハ めのこ ひじき う留ゐ
四、衣服
  ○木綿ヲ用ヘ 漁師ハ 麻 表裏 赤綿入 漁服トス (赤綿トハ 山野ニ在ル 草ノ皮ナリ)
五、漁民衣食物供給ノ時季
  ○旧盆 七月十日 旧十二月廿五日 其他 村社祭典 三月十六日 九月十九日ノ四季ニ 買入ナリ
六、被害町村漁民年々北海道及其他出稼ノ状況
  ○春ハ 石巻地方へ五十人 秋ハ 釜石地方ヘ三十人 鮪網 出稼スル
  ○氣仙郡全部五百人位 年々 稼アリト云




七、良習慣ト不良習慣トノ種類
  ○本村部民ハ 農漁ニ関セス 村内ニ 家 造アルト 助勢ト 唱ヘ 酒食ニ ふける風ノ悪習慣アリ 
   是レヲ 大ニ 優 安政四年 本村 佐々木進太夫 改良方法ヲ立 眞ノ手傳ナラハ 持弁當ヲ以テ 
   手傳フハシト 奨励 遂ニ 其法 今日 行レリ
  ○壹軒ノ家ニ 屋根替ハ 萱葺ハ 萱ハ 百五拾 柾屋根ハ 金拾円 殊ニ 人足ノ数ヲ 定メ 持弁當ヲ
   以テ シヘス
  ○屋根 萱 柾ヲ論セス 十七年ニ一回ト定ム
  ○部落共有ト 唱ヘ 則 壹部落ノ基本財産トスル方法 左ニ
  ○部内 荒蕪地ヲ 廉ニ 拂受ケ 或ハ 沼地ヲ埋メ立 共有トス 又タ 部落ニ 不如意ノ者ハ 不動
   賣却ノ際ハ 普通 直段ヨリ 壹割二割高價ニ 買入 右ノ基本財産ニ 組入
  ○右 荒蕪地 買入レタル話 起立ハ 一部落 壮年者ノ労力トス
  ○毎年 朗読會ヲ開キ 前基本ノ短編ヲ示シ 后 酒肴ヲ与ヘ 宴會ヲ開キ 后 退散ス
  ○男子 十五年ニシテ 前組合員ニ加盟 四年ニシテ 去ル 后 三年ニ 後見トナシ
  ○右若者頭ヲ 四十ケ年マテノ人ヲ 以テナシ (主立トス)
  ○両親 兄弟 不和ナル者ハ 組合ニテ 二回忠告ス (夫レニテモ 遊堕ニ 走リ 用ヘサル 者ハ)應
   セサル者ハ 後見者ニテ 一回ノ忠告ヲ与ヘ 弥 應セサル者ハ除名 基本財産の所有権ヲ 失ハセシム
  ○右ハ 安政四年 佐々木進太夫 定メタル方法ナリ
  ○赤崎 大舟渡 盛 三町村ニテ 盛川ノ漁業ヲ共有財産トス 漁業受負人ニ 賣却 其代金ヲ 三町村
   ニテ分配 小学校基本金ニ加ヘ 利 倍スル方法ナリ
  ○海苔場ハ 反別 一反歩ニ付 何程カ 官ニ 上納ノ外 廿銭宛テ 徴収ス 学校費ニ充ル

漁村制
一、漁業組合ノ状況及改善ノ策
  ○組合 適當ノ方法ヲ 差カエ 追加案ヲ造リ 必要アル所 差カエ 今回 海嘯ニ関係ヲモ 未タ 
   シタルヘシ
  ○尋常 漁業ハ 村内範囲ニ 任セ 共同事業ヲ起シ 不可ナリナル 組合ハ 商人仝樣 経済ヲ 
   全スルヲ 主トス 然ルニ 小組合仝等ハ 迚モ 行ハレス 大事ニアリ
二、漁民ノ労働及稼業ノ順序
  ○漁民 壮男子ハ 沖漁等ニ 労働スル 故ニ 妻女ハ 餌差 拵 麻 細工等ヲ營ム 老男ハ 
   稼業の経済ヲ嫌ム
  ○漁民若年ノ者ハ 他ニ 奉公セシメス 漁業ニ手傳セシメ 家庭ノ教育トス
三、旧漁場ト新漁場ノ位置ノ状況
  ○魚付森林ノ保護 宜敷ヲ得ルトキハ 漁場ニ変更 無




四、漁場紛擾仲裁法
  ○赤崎村 大舟渡村 明治十三年ヨリ十五年迄 故障(異論)小友村 廣田村 紛擾 明治貳六年ヨリ
   廿八年マテ 仝断 右 行政裁判ニテ 数百年ノ慣例ニヨルト 判決 是ニテ 氣仙郡 漁村 葛藤 
   一切 無シト 云ヘシ
五、捕獲魚類沖合販賣ノ利害
  ○漁業第一ノ宜敷カラサルハ 所業ナリ 此 悪弊ハ 宮城縣下 唐桑辺ノ者 多ク耒リ 沖合漁物ヲ 
   買入ル 是レヲ 矯正スルニ 水上警察ト漁業組合ノ 方法ヲ 設ル 必要ナリ
六、藩政當時ノ方法及税法
  ○従前ハ 四ト役 ト唱ヘ 舟 大小ニヨリ 割付 此 定額ハ 村々の情況ニヨリ 定規トステ 据置ク
   容易ニ 変更セサル方法ナリ

凶荒調査
一、海産物凶年ノ備荒品及製造
  ○メノコ ヒツキ ウコ(テン草ニ似寄ル品)
  ○ウコハ 煮出シタル水 ネンカツカ(リキ)アリ 故ニ 之ヘ そは粉 其他の粉ヲ 交セ 粥トナシ 
   食物トス
  ○ヒツキハ ふかしテ 后 干シ 臼ニテ 舂キ 細ニナシ 二分三分位ニ切リ 笊ニ入レ 川ニ晒シ 
   錢氣去リ 后 糧トナシ 粟 稗ニ入 用ヘルナリ
二、凶年ノ状況
  ○
三、凶年ノ際藩政ノ救助方法
  ○郷倉ヲ開キ 救助ヲナシ 方法アリト云(未詳)其他 地方 有力富家ヨリ 貯蓄穀物ヲ 徴発シ 后 
   寄附等トナシ 藩主ヨリ 賞与ス 所有主 云々等ニ 寄ルト 藩主 是レヲ 寿スルノ 權力アリ
  ○凶年ノ后ハ 赤痢病 チャウチフシ流行ス 粗食者ハ ハレ病ヲナシ
  ○明治十五年 コレラ病ニテ 百人計リ 仝十九年 百廿九人死亡

漁民需用品
一、海岸山林原野ノ状況及將耒ノ企望但材木薪炭木ヲモ云
  ○山林ノ状況ハ 本郡 綾里村 越喜耒村 世田米村ニ 行レアル 村費ヲ 以テ 勧業トステ 杉 年々
   壹村ニ付 壹万本宛 植ル方法 在リト云 (佐々木哲之助 曰)
  ○明治八年 吉野杉ノ種 買入 仕出 奨励セシニ 目今 廿五万本程の應求 アリト 雖 迚モ 應ス
   兼ル 今日ナリ 依テ 佐々木哲之助老案ニヨリ 四年苗 壹年 三錢 三ケ年賦ヲ以テ 拂 植付人の
   需ニヨリ 苗主ハ植付(員数ニヨル)郡内 無運賃ニシテ 仕送リ 明治八年ヨリ今日迄行ヘ 居ルト云



  ○亦タ 共有山等ニ 分部木ノ法ヲ 以テ植ル后 三十五年四十年ヲ 一期トス 地主六分 植主四分ノ取
   分ケ法ニテ 町村 共有地ニモ 一箇人ニモ 約定ヲ結 方法アリ
  ○一新以来 乱伐ノ為メ 木材 乏敷ハ 実ニ恐ルヘシ
  ○一新前ハ 氣仙郡ニテ 壹ケ年七千五百石目杉 年々輸出セシモノナリ 目今 三千石目 内外ノ杉 
   輸出髙ナリ 是レヲ 見テモ 欠乏ヲ 知ルニ足ル
二、竹木大麻藁物消費年額
  ○麻網ハ 岩谷堂 水沢 希ニハ 銚子港ヨリ購求スルナリ
  ○麻ハ 山の目 東京 藁ハ 地ニテ足ル
  ○壱ケ年 網ハ 千四百円 麻 二百貫匁
三、造舩ノ種類及年々造舟ノ員数
  ○カツコ舩 サッパ舟 伝馬舟 天當舟(荷物ヲ運ブ舟)釣舟(鰹 赤魚捕獲スル舟ナリ) 年々 
   有合舟 二分通リハ 造舟スルナリ
四、木材ヲ需ル便宜の場所
  ○木材ハ立根 日比(頃)市トス
五、將耒漁舩漁具改良ノ方法
  ○改良 舟具 企望ハ 本村ハ 長崎漁民 好マス 外ハ希望アレトモ 費用ノ点ニ付 及ハス
  ○本村 巾着網ヲ 忌 沖ニテ 用スルト 湾ニ 魚 耒ラスト云
六、漁民衣食供給ノ場所
  ○盛市 高田市 仙台 東京 食物 西閉伊郡遠野 江刺郡岩谷堂 東磐井郡大原 石巻地方トス

海 湾
一,旧漁場ノ位置及変更ノ状況
  ○津浪ニ付テ 未タ 変更ヲ見ス
二、海湾主産
  ○海苔 鰯 鰹 鮪流 海鼠 鮑
三、海湾捕魚ノ種類及時期
  ○春・鰹 鰈     夏ハ 鰹 鮪 鯣  
   秋ハ鱒 鮭 ブリ  冬ハ 鱈 赤魚 サカ ホヤ 海鼠 シツキ 鯛
四、沖合漁業ノ位置里程
  ○廣田村ニ仝ス
五、製塩場位置
  ○本村 塩田 汐除堤防 三百廿間(耕地堤防兼ル)藩政ニハ 藩主 手行ヘ 破壊スルト 郡内 
   受負人夫(定人夫ト云)ノ内ヲ以テ 修繕ス 耒タリタルハ 例ナリ



  ○一新以来(地租改正 耒ヲ云)営業者持トナリ(二十人組ニテ行フ) 則 廿人ニテ 今回 破壊堤防
   其他ノ 修繕ハ 當然ナレトモ 迚モ 及ハス 特別ノ定約ニテ 尋常破損ハ 村内一般 手傳ヲ 得ル
   例ナレトモ(習慣ナリ)今回ハ 非常 大害 故ニ 及ハス 且 村落 人民ヲ失望 実ニ 大害ナリ 
   多少 官ノ 補助ヲ 請願ノ 協議中ナリト云
  ○旧藩ニハ 氣仙郡内 重大破損ニハ 兼テ 備 置キタル 定人夫 壹万五千人の内ヨリ 補ヒ 与 
   事アリ 右 壹万五千人ノ傭人夫 河川海岸 荒廃等ニ 補助スル 人夫ナリ

海事考
一、四季氣候
  ○五十五トノ 寒暖ニナルト降ル 新十一月中旬ヨリ二月上旬迄降ル 二尺位積レトモ 三日トアル事 無
   梅 一月中 花咲ク
二、起風雨前知
  ○大風ハ 月夜ニ 月ノ下ニ ムラ雲出ルト 直ニ 稍(一寸ト云フカ如シ)見ヘサルハ 大風ノ兆
   (佐々木哲之助曰)
  ○マニ雲ハ 昼 戌亥ノ空ニ アラワレタルトキハ 廿四時間内ニ 必ス雨 此如キ 人マユ毛ニ 
   似タル雲ナリ
  ○未申ニ マカ雲(アカ誤リヤ)アラワルトキハ 直ニ 雨
三、不漁前知
  ○未詳
四、大漁前知
  ○大漁ハ 分明ナレトモ 五十年三回 鰯ノ大漁ハアルト云 明治廿九年ヲ去ル 四十八年前(嘉永貳年
   ナリ)盛湾ニ 鰯 大漁 未タ 不聞(宮古ニテハ 嘉永五年 鰹 大漁舟 壹盃ニテ■■■セシト云)
五、潮流状況
  ○仝
六、海湾ニ関スル事歴
  ○海面ニ 海岸ヨリ 四百間以内ハ 其 村々 所有漁場トス 四百間以外ハ 共同漁場トス(佐々木哲之助曰)
  ○赤魚ハ 沖肴ナリ 氣仙海岸ノ特産トモ云ヘシ 其視左ニ
  ○綾里崎ヲ去ル 凡 三千間ノ沖ニ 藤治ケ根ト云 岩アリ 綾里村 立石山ト云アリ 此山ニ 藤治 登
   リ 数年間 考察視ステ 発見セシ 根ナリ 初代藤治 子供 小藤治ノ根ト云アリ 海岸ヨリ 三百間
   走ル所ニ 在リ 春 三月近クナルト 小藤治ケ根ニ 赤魚漁 盛ナリ 藤治カ根 近傍 冬至ヨリ
   正月中 赤魚漁 盛ナリ 此根岩 近傍ハ 南ハ 宮城唐桑大島 北ハ唐丹以南ノ共同遠洋漁場ナリト云
  ○立石山ノ岩石ニ 藤治ノ足跡アル岩アルト云
七、固有漁場ノ変遷ノ状況
  ○未詳


八、津浪ノ歴史
  ○仝
九、津浪ノ耒ルヘキ前兆
  ○地震 ユリヤカナル地震 永キトキハ 馬イナナク 雉子ナカス 犬ホユルノ地震ニハ 津波ノ前兆ト云

漁村挽回
一、迅速ナル業務
  ○本村 海苔取揚場ヲ以テ 迅速ニ 挽回トス 小舟ヲ 造ルト納屋立テルハ 尤 必要ナリ
二、造舩職工有無
  ○職工 有 木材ト 金ノ 乏敷ニ 困却

漁民將耒ノ企望
一、管内沿岸一致漁業組合設ル方法
  ○管内一致企望スルハ 容易ナラス 是迄 組合ノ方法ヲ 益々 奨励保護 最重ニ 官 特別方法ヲ 
   設ケ 鞏固ナラシムルニアリ
二、授産方法ニ付便利見込有無
  ○
三、他ヨリ團体ヲ造リ漁業ニ耒ル者アルトキハ如何スルヤ
  ○他人ニ 權力 与ヘサル樣 村元權限司ノ方法ヲ以テ 組合規約シ 條項ヲ加ヘタシ

陸地産業被害調査
一、家畜ノ関係
  ○
二、耕地被害
  ○津浪ノ為メ 流亡セシ 田畑ハ 時節ニ 植付 蒔ク能ハサル事アレトモ 本年ノ如キ場合ニハ 田畑共
   赤ヒケ 稗ハ 塩氣ノ地所ニ適スルト云事 昔ヨリ 潮入田ニ 植ルト云

商業調査
一、物價相場魚類販路
  ○目今 鯣 鮪 鰹漁アレハ 價 廉ナルモ 販路 差支無シ 惣テ 物價二割口高シ
二、貸借変動及金利質屋景況
  ○金利 制規 利子 二割ヨリ壹割