文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

海嘯被害の  船 舶 材 注 文    各方面から營林局へ

森營林局への震災復舊用材の申
込は未だ遅々たるものあるが、家
屋よりも先づ船舶と云ふ状態で船
舶用材の注文が弗々見えてゐる。
其後の申込及び問合せは、久慈營
林署管内一町九ヶ村の中の四ヶ村
より船舶用材として杉、赤松、楢
等約七百石、建築用材として杉、
赤松等四百石の注文が久慈營林署
にあり、又本縣階上村からは家屋
用材は民有林から供給出來るが、
船舶用材は營林署より供給された
いとの申込があり、之等は所在營
林署より供給する事に決定してゐ
る。又高田營林署管内の唐桑村か
らは漁船四十六隻分米崎村より二
十艘分の杉の注文あり、之は立木
で供給出來る事になつて居り又小
屋掛用材の申込もあつたので造林
地の間伐に依り供給する筈である
其他岩手縣より漁船一千艘(約一
千七百石)の杉の用材に對し、價
格の問合せがあり、局では 森材
木商組合に照會して回答するとこ
ろあつた。