文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

防 潮 林 は   營 林 局 の 手 で     營林局の調査は       着 々 進 行 中

既報の如く過般の三陸嘯災の災海
岸林の存在は嘯害をして 著 しく
殺せしめてゐる事實からして
森營林局では防潮林と海嘯との關
係を徹底的に調査すべく局員を派
して調査中であるが、各縣廳等に
於ても今後も循環的に襲ふものと
見られてゐる此の海嘯の災害を防
止するもの
 防 潮 林 であると云ふ事
を知るに及んで國費で防潮林を施
業すべしと目下本省に對して運動
を開始してるの状態である防潮林
の施設は將來に對して是非共必要
なものではあるが、此の施業は短
時日に於て施設せらるべきもので
なく遠い將來に亘つての大事業で
あり、而も同施業には相當な熟練
技術を要するものであるので、各
縣の事業として果して充分なる効
果を擧げ得るや否やは疑問であり
森營林局としては縣其他で是非
施業すると云ふのならば兎に角と
して、長年月に亘るものであり、
相當技術を要するものであるから
此の際内務省所管の區域も農林省
所管に移して
 系 統 的  に防潮林の施業
計畫に當つたならば、より以上の
効果を擧げるのではないかとの意
見を有して居る。從つて窪田造林
課長よりも私見として山林局へ國
費を以て防潮林の施業を行ふ事の
必要並に營林局の事業として行ふ
事の効果的な事を具申する處あり
、嘯害地に於ける調査完了と共に
具体的計畫を樹てる事になつてゐ
る。右に就き窪田造林課長は語る
 何と言つても嘯害は森林に依つ
 て防止せねばならぬ從つて防潮
 林の國費施業は是非共必要な事
 ではあるが縣營事業としてはど
 うかと思ふ、明治二十九年の際
 にも縣營事業として宮城縣で行
 つた事もあるが途中で消滅して
 ゐる、その當座は熱に浮かされ
 たやうに計畫を樹てヽも、余程
 徹底的にやるのでなければ知事
 更迭等で中途半端なものになつ
 て了ふ、寧ろ斯かる事業は營林
 局の手に依つて爲された方が徹
 底的であると思ふ。尤も之は長
 きに亘る事業であるから、早急
 に豫算も計上出來ないが、若し
 營林局の事業として行ふ事にな
 れば經常部豫算として着々施業
 する事になるであらう。