文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

森營林局の  震災害復興用材 出來得る限り     希望に應ずる見込

震災害に對する緊急材料及び復興
材料を可及的に供給する事を山林
局より内達あり 森營林局として
も管内各縣の事とて各營林署を督
勵して充分手配を爲してゐる事は
既報の通りであるが、現在至急を
要する應急材料は各營林署共年度
末の爲め殆ど處分濟となつて居り
その供給に困難を來して居り、營
林當局でも處分材欠乏の折柄でも
あるので、その供給をなるべく圓
滑ならしむべく目下各營林署の蓄
材を調査中である。尚復興材に關
しても各地より注文及び照會に接
してゐるが、此の復興材の供給は
八年度の五、六月頃となるべく、
從つて營林當局では復興材を注文
に應じて充分供給し、而も船舶材
料は特に充分準備する方針の下に
伐木運材に着手してゐるが、現在
の處主なる注文は、本縣の船舶材
料八千石で之は震災害を受けて破
壞せる約五百八十隻の船舶に對す
る見積にして内譯は敷板(ブナ、
ヒバ、杉)二千石、棚軸板(ヒバ、
松、けやき)三千石、肋■戸立梁
(栗、 ヒバ、 杉)三千石である、又
釜石町から製材品約十萬石との注
文があつたがその内容が明かでな
いので當局より照會中である、當
局では震災害の實際から見てその
復興用材は約三十萬石位は要する
筈であるから今後融雪期にかけて
續々注文があるものと見てゐる。
地 下 水

震災害復興用材として各地からの
森營林局への注文は實害から見
て約三十萬石に及ぶだらうと當局
は見てゐる。
    ◇
弘前、八戸等の大火の際、營林局
から丸太を買つて成功した例はな
いと云ふ、丸太で安く買つても、
氣に入つた材はそんなに出來ず、
殘れば處分に困る。今度もどんな
ものかと當局では危んでゐる。