文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

委 托 林 制 度 を  徹 底 的 に 實 施

山林局では從來委托林なる制度を
設けて國有林野の保護を地元部落
の森林保護組合等に委托し、之が
報償として該林野の副産物……主
として自家用薪炭材……の一部を
讓與し、愛林思想を涵養し國有林
保護の徹底を期すると共に一面地
元部落を安固ならしめてゐるが、
此の委托林制度に依らず、國有林
野の副産物の採取を許可され、一
方に於て森林保護を爲してゐるも
のが相當存在してゐる。之は實質
上委托林制度に依るものと同樣な
ものであるが、表面上から見れば
副産物採取許可の根據がないと云
ふので山林局では今回夫等を委托
林と爲し、森林保護の義務を明か
にせしむる事になり、 森營林局
にも令達があつたので 森營林局
では二十八日各營林署へ夫々調査
を命ずる處あつた。而して此の委
托林制度改正に際しても從來副産
物を許可されてゐた地元部落には
從前通り實質的に變化かないもの
である、從つて從來殆んど採取の
許可を受けてゐる本縣には餘り影
響がない譯である。

  以下津浪に関するものなし