文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

     社     告   大 海 嘯 遭 難 救 助   義 捐 金 募 集

縣下三戸、上北両郡、宮城縣、岩手縣に於ける今
回の大海嘯は慘害の餘りに激烈なりし爲乎報告
の達する迅速ならざりしを以て當初は差したる
禍害なかるへしと思ひしに其後詳報に接するに
從つて慘絶凄絶實に意表に出づる者あり本紙既
に精細に其實相を報じ江湖既に畧ぼ其慘状を了
するを得たらん是れ眞に未曾有の大奇禍にして
之を聞くもの誰が暗涙に咽ばさるあらんや
今や被害の沿岸、着るに衣なく食するに物なく
居るに家なく、衣食住の三必須共に之を欠くの
みならず更に生業に就かんと欲するも資料なく
機械なく彷徨乎として適歸する所を知らず累々
然として死に瀕するの窮民幾千人、官固より拯
激の方法を講するあるべしと雖も世間志士仁人
にして起つて事に從ふにあらすんば誠に以て周
到を望む可らさる者あり、本社乃ち其間に居り
微誠万分の一を表せんと欲し左の要領に依り救
助義捐金募集の事に從はんとす、惻隱の心ある
の人、相應する唯た其の迅速ならん事を希望す
と云爾
 明治廿九年六月廿一日  東奥日報社
   要  項
 一金額 は一口十錢以上
 一期限 は七月二十日限り
 一送金方法 附近は現金にて送附あり度く遠
  方は通常爲替、郵便爲替、爲替なき地に限
  り郵券を代用するも可なり
 一申込所 東奥日報社會計掛宛
 一取扱方法 現金は受領次第、爲替の分は現
  金を受取り次第其金額と氏名を本紙に廣告
  すべし受領の金員は第五十九國立銀行靑森
  支店に預け入れ置く者とす
 一受領の証 は前項の廣告を代用し別に受領
  証を出さず
 一各地取次所 八戸及び其附近は取扱を八戸
  三日町の靑霞堂、弘前市及び其附近は弘前
  市土手町佐藤源太郎、黑石町及び其附近は
  黑石前町岡崎守三方に依頼するを以て同家
  に拂込むべし、本社は同家より送金を受く
  るに從つて前項の方法を行ふべし但し同家
  に對する拂込は現金に限る事と知るべし
 一募金處分 募集の義捐金は滿限後十日間以
  内に銀行より引出し一纏として縣廳に依頼
  し救助費に供用す

    雜    報

東 奥 詞 藻

海嘯災後後然有作   森  秀 實
海嘯風腥三陸濱。平沙屍乱哭聲頻。寄語同胞擁
護。災餘民似病餘人。