文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

本社委託 義捐金分配 震災の三縣・北海道代表へ 希望と謝辭の交換 本社並びに大

毎へ三陸震災義捐金として本社醵
出並びに全國から寄せられた義捐
金は先般震災地に急行した松岡、
伊藤兩本社慰問使にとつてその一
部を第一回第二回にわたり逸早く
罹災民に手交したが十五日締切つ
た義捐金全部を敏速に罹災民諸君
に傳達するため本社では關係府縣
當局に一任することとなり十六日
正午
 上 京 中 の佐上北海道長
官、二見宮城縣内務部長、森部岩
手縣警察部長並びに木村宮城縣土
木主事の一道三縣當局代表者の來
社を乞ひ本社側から高石主幹、岡
崎總務、伊藤内國通信部長、武田
會計部長列席の上高石主幹から代
表四氏に對しそれ々々手交し、伊
藤内國通信部長から
 全國から本社及び大毎兩社に寄
 せられた義捐金は十五日締切り
  使 途 を 三縣當局並び
 に北海道廳に御一任、罹災者諸
 氏へ普く義捐者の趣旨傳達をお
 願ひしたく殊に罹災地の在滿出
 征兵士家族へは特に御配慮を願
 ひ度いと思ひます
と義捐金使途について本社側の意
志を傳へ、これに對し佐上北海道
長官は一同を代表して
 東日、大毎が今回の震災害に對
 し逸早く義捐金を募集せられ殊
 に敏速なる特使を派遣されて罹
 災地の慰問救濟に當られたこと
 は誠に感謝の至りに堪へません
 義捐金は貴社の御意向を體して
 敏活且つ合理的に傳達したいと
 思ひます
と感謝の挨拶を延べ災害復舊復興
策、今後の對策方針等について種
々懇談を重ね、震災地へ特派され
た伊藤、松岡兩
  特 使 の 慰問状况につい
て伊藤内通部長から改めて報告各
代表者の感謝を受け約一時間半に
わたり會談午後二時辭去した
 なほ現金配布その他に關する實
 費は一切本社の負擔とした

 分配金内譯
  ◇一萬三千四百六圓
     (第一、第二現地慰問使分配)
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ◇金 四  萬  圓 岩手縣へ
  ◇金 一  萬  圓 宮城縣へ
  ◇金 五  千  圓 靑森縣へ
  ◇金四千六百六十九圓五十五錢
北海道へ

震災地代表、本社で懇談
(寫眞向つて右から二見宮城縣内務部長、 木村宮城縣主事、 佐上
長官、 森部岩手縣警察部長、 座せる手前高石本社主幹、 岡崎總務)

純眞・三少女の義金

十六日午後三時半ごろ麹町署受付
に十歳位の可愛らしい三人連れの
少女が『これで温かいパンを買つ
て缺食兒童にあげて下さい』と銅
貨、白銅取混ぜ現金三圓を入れた
橋本照子、船本美代子、重宗淑子と
記入した封筒を差し出し立去つた
この少女達は警視廳刑事部長橋
本淸吉氏長女麹町小學校三年生
照子(一〇)麹町區平河町三の五
單式印刷會社重役船本務氏次女
同三年生美代子(一〇)同町二の
二蒲田撮影所撮影監督重宗務氏
長女同三年生淑子(一〇)の三嬢
と判明した、 望月所長はこの純
眞な喜捨を早速缺食兒童の多數
ゐる深川大富小學校の椎名校長
に傳達することになつた

三 陸 震 災 義 捐 金

◇三百卅一圓十七錢 産業組合
中央團體(内譯)二百十圓七十六錢
牛込揚塲町全國購買組合聯合會役
職員一同▲六十五圓八十一錢麹町
飯田町四全國米穀販賣購買組合聯
合會役職員一同▲五十四圓六十錢
横濱中區北仲通大日本生糸販賣組
合聯合會役職員一同
 ◇百圓 巣鴨中學校、巣鴨商業
  學校兩校敎職員生徒一同
 ◇卅三圓 八王子市八日町株式
  會社久保田商店内稔會
 ◇卅圓宛 日本橋通鹽町町會▲
  品川北品川二丁目鳥山れいこ
  同國士の兩氏
 ◇廿七圓七十二錢 荏原中延立
  正主義普洽會
 ◇廿四圓七十錢 芝松本町筑前
  琵琶田中旭嶺會々員外有志
 ◇廿二圓 新潟縣靑海町電氣化
  學工業會社靑海工塲内柳澤新
  太郎氏外硫安係六十八名
 ◇十八圓 淀橋區大淀魚商組合
 ◇十五圓九十錢 世田谷區靑年
  團大原分團河野安五郎氏外一
  同 (萬國婦人子供博覧會入塲
券賣捌純益金)
◇十二圓盛岡市東日愛讀者一同
◇十圓宛 豐島區池袋二仲町睦
會、 千葉縣二宮町藥園台睦會、 千
葉縣興津町消防組第一部員一同

(続き)

淺草瓦町松喜商店内文球會員一同
▲五圓八十錢 吾嬬町西六東京修
驗護國會員一同▲五圓宛 江東橋
栗林製作所親興會、 小舟町三植村
ゆき子氏、同所植村しげ子氏、長野
縣下伊那松尾村女子會、 千葉市川
町戸田ます子氏、 東葛飾郡七福村
小學校補習科生徒一同、 群馬縣尾
島町無名氏、 高輪南町高輪病院内
宮崎泰治氏、寳町一丁目小野(勝久
政男品吉) 三氏、 習志野原頭落馬
生、 足立區石川善一郎氏、 大傳馬
町一村上商店有志一同、 香取郡橘
村石出靑年團▲四圓五十錢 栃木
縣淸洲村第一小學校高等二學年▲
四圓四十七錢 茨城縣鹽田村第一
農業公民學校男女生徒一同▲四圓
東葛飾郡七福村女子靑年團員一同
▲三圓八十錢宛 横濱住吉町わか
な店員十二名▲二圓宛 長野縣Y
NY生、 茨城縣岩井町小學校尋四
年十八名、 深川區瀧川シズ子氏、
千葉縣千倉町少年赤十字團寺庭支
部、 新潟縣東五十澤靑年團小川支
部、 川越連雀町矢澤鍋藏氏、 北海
道熊石村中森敬信氏、 外國人無名
氏、 中野多田 田中龜次郎氏、 辻
豐子氏、 田中春子兩氏▲一圓七十
錢 福島縣會津學館生徒講師一同
▲一圓五十錢宛 海軍三等主計兵
岡本喜三郎氏、 荒川區皆川ひさ子
氏▲一圓宛 下落合黑木榮子氏、
余丁町小學校二年三木千枝子氏、
麻布ちづ子氏、 千葉縣共和小學校
四年加藤登氏、 近衛歩兵三の三一
軍人、 千葉縣豐岡村石井義雄氏、
▲五十錢宛 茨城縣日立鑛山畑中
定雄氏、 王子第一小學校岩田正代
氏▲四十五錢 栃木縣男子師範付
屬小學校三年生▲卅錢 千葉縣七
福村小學校四年上原ふみ子氏▲廿
三錢 大里郡藤澤小學校三年生五
名▲廿錢宛 千葉縣七福村小學校
四年生藤井美津子氏、 同校間中た
つ子氏