文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

 三陸震災救濟 委 員 會 設 置 關係代議士協議の結果

三陸地方の救濟に關し政友、民政
國同の東北六縣並に北海道選出代
議士は八日院内各派交渉室に會合
具體的救濟方策に關し種々協議を
重ねた結果三陸災害救濟委員會を
設置することになり左の諸項を决
定した
 (一)救濟會設置につき齋藤首相
を訪問諒解を求めること(一)德
川、 秋田兩院議長、 鄕商工會議
所會頭、 淸浦新聞協會長を代表
に推戴すること(一)事務所を東
洋ビルに置く(一)當該地選出議
員全部を實行委員に擧ぐ(一)災
害地知事を促して救濟の具體的
 成案を提出せしめこれが實現に
 努力すること
罹 災 地 救 濟 策
民 政 の 進 言 要 旨
民政黨は八日午後三陸災害救濟委
員會を開き内ヶ崎委員長ほか委員
及び罹災地を慰問せる本田、佐藤
大島各代議士も加はり救濟策につ
き協議の結果左の如く决定、直ち
に黨幹部を通じて政府に進言する
ことになつた
 一、應急對策(イ)漁船、 漁具、
船溜、 船揚塲等の復舊(ロ)住宅
の復舊(ハ)土砂埋没耕地關係農
業關係の復舊 (右に要する長期
返還低利資金の融通及び半額國
庫補助) (ホ)地租所得税營業収
益税の一時的免除及び相續税の
延納(ヘ)飲料水の檢査及び疫病
の豫防(ト)船大工を各縣より招
集して船舶を急造すること
二、 恒久對策(イ)防波堤の修築
(ロ)住宅地域の制限(ハ)住宅地
の地盛(ニ)漁村區畫整理(ホ)防
風波林の設定(ヘ)三月三日を海
嘯記念日として三陸海岸の各小
學校において海嘯に關する講演
會を開き避難の訓練を行はしむ
ること(ト)太平洋潮流及び金華
山沖日本海溝の調査研究

三 角 點
       寄稿は三角點係宛、住所、姓名
      を明記、紙上の匿名は自由

震 災 と 大 臣

◆ 明治廿九年の三陸大海嘯當時の内相は『自由
は死せず』の大板垣だつた。日淸戰爭終熄後間も
なく、台閣諸公の最も多忙な時だつたのに、板垣
内相は逸早く軍艦和泉に乘つて釜石その他の被害
地を巡視し、不眠不休で受難の町民を慰撫し激勵
した。それが如何に復興に好影響を與へたかはい
ふまでもない。
◆ 三陸震災とはいへ、これは一種の困難である。
必ずしも内相を指定するわけではないが、議會中
といへども、閣僚中の誰か一人位は、見舞、激勵
の意味で是非出かけて頂きたい。調査など事務的
のことは知事以下地方官で結構。大臣はたヾ顔を
見せるだけで、純朴な地方民は非常に力づけられ
るものです。
◆ 侍從、聖旨を報じて焦土の罹災地を視察。嚴
寒なほ去らず。幾萬の民衆、塗炭の苦しみをなめ
る實状に觸れること、それだけでも、大臣諸公に
とつては、大きな収穫だと思ふ。(一聲)