文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

死傷者三千名を突破 震災被害増大

南海大震災の被害はその後増
大し二十六日正午現在内務省集
計による被害総計次の如く死
傷合せて三千を突破、家屋の
被害ついに六万一千に達した
 ▽被害者一五五、三三一▽
 死者一、二八〇▽傷者一、
 七六六▽行方不明一六二▽
 家屋全壊九、二三五▽家屋
 半壊一七、〇一三▽流失家
 屋二、四八〇▽浸水家屋三
 〇、二ニ八▽焼失家屋二、
 五九六▽船舶流失損壊三、
 〇二七▽橋りょう損壊四八
 ▽堤防決壊九八▽道路決壊
 五六二

救済品は無料扱い

震災地和歌山、三重、徳島、
高知、香川の五縣に救済品を
発送するについて国鉄では次
の特別な取扱いを行う
 ▽救済用寄贈品、荷送人は
 個人、荷受人は災害地市町
 村長、地方事務所長
 ▽救援材料は荷送人官公
 廳、荷受人は同情の場合明
 年一月二十七日まで無賃取扱
 ▽災害者用生活必需品、建
 築材料、荷送人は個人、荷
 受人は市町村=但し個人の
 場合は災害者なる証明を要
 する=の場合三月二十七日ま
 で五割引

震災府縣知事会議

【大阪発】大村内務、一松
通信両相を迎えて震災府縣
知事会議は二十六日午後一時
から大阪府廳で開催、上塚
大蔵政務次官、桂内務参興
官、服部厚生政務次官、池田
主計局長、大阪、和歌山、
三重、岐阜、兵庫、岡山、香
川、愛媛、徳島、高知十府
縣知事ほか関係者約百五十
名参集、政府側から南海震
災応急措置に関し対策を説
明、現地側の報告を聴取、
緊急措置を協議した