文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

大地は移動する

地震の正しい知恵を普及

地震や津波の正しい知
識を普及するため中央気象台
内気象同好会では二十八日午後
一時から神田教育会間で中央
気象台和達清夫博士の講演と
科学映画の会を開催する

ここ一週間はまだ危険

【高知発】土佐湾一帯は太平洋造
山運動や大洋の巨大な横圧力を受
けて年々変化を続けており特に室
戸岬にそれがはなはだしく、大地
震の近いことは度々警告されてい
たもので、高知縣としては安政元
年の大地震以来九十二年ぶりで、
更に古く宝永四年、慶長九年、白
鳳十三年の大地震とさかのぼつて
第五回目の大地震である、なお室
戸地震観測所は余り強震のため地
震計が破損し観測不能となつた
が同所では二十二日次の如く発表し

 続いて大地震のない限り津波は
 ないものと思われるが余震はな
 お続いており、特異な太平洋岸
 の地殻運動から見てここ一週間
 位は厳重警戒を要する

空は光り海が鳴る

【和歌山発】二十一日早朝和歌
山縣下を襲つた津浪は安政の
大津浪以来九十六年ぶりだ
が、当時から言い傳えられて
いるように「地震
には空が光る」という現象が
今回も随所に見られ、また津
浪の来る直前に沖がぱちぱち
鳴るということも実証され
た、和歌山測候所の話
安政の津浪は嵩四年十一月
四日に遠州灘、明くる五日
は四国沖がそ
れぞれ震源地だった、これ
は紀州沿岸、四国の太平洋
岸がやられたものだが今回
の津浪は比較にならぬ程大
きいと思われます、なお地
震の最中に空が光ることは
今度多くの人が見ており文
献にも載つているが未だに
明確な説明がない、また津
浪の前に海がパチパチ鳴る
というのもよくいわれる
が、これとてもはつきりと
確定しているものではな

震災見舞金 

立正学園高
女三年一組を代表して土屋範子さ
ん他四名は二十二日本社に今回の近
畿、四国地方震災見舞金五十円を
寄託した