文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

  海 嘯 の 慘 害   義 金 の 募 集

本縣下本吉桃生牡鹿三
郡及岩手縣下沿海各地に
海嘯の慘害ありし事は連日の本紙に記載する所
の如し、人世の七大難中洪水海嘯を以て其最も
慘なるものと爲す、土地家屋生命を併せて一時
に之を失ふ不幸寧ろ之れより大なるものあらん
や、乃ち其罹災沈溺の人は魂?に無何有の郷に
歸し其倖にして九死を免れたる者は被るに衣な
く喫するに食なきの苦境に在るを知るべし、仍
て本社は取敢す義捐金を募集し焦眉の急に應せ
んとす大方慈仁の諸氏 願くは 奮起して至急に
資財を義捐し此の不幸
なる罹災の同胞を救恤
せられん事を祈る
 一義捐の金員は一口金十錢以上とす
 一義捐者の氏名は一々本紙上に掲載し以て受
  領証に代ふ
 一送金爲替の便なき土地は郵便切手にて寄送
  せらるるも妨けなし
 一義捐金は一括して之を所轄郡役所へ送致し
  罹災者へ配與を請ふものとす
 一義捐金募集期限六月三十日
  明治二十九年六月  奥羽新聞社

     本社募集 ●大 海 嘯 被 害 者

   救 恤 義 捐 金
金五拾錢   仙臺角五郎丁  今野喜三郎君
金貳拾錢   宮城郡七北田  豊田政五郎君
金參拾錢   仙臺二日町   越後太兵エ君
金參拾錢   仝北四番丁   石澤 亨助君
金貳圓 南材木町小學校高等第三學年生七十二名諸君
金壹圓    牡鹿郡石巻町  前島 美孝君
金拾錢    仙臺二日町   武田敬治郎君
金貳圓五錢 木町通小學校尋常四年生 諸子一同
金壹圓    仙臺二日町   菊地淸七郎君
金拾錢   東二番丁小學校生 助川 りう子
金拾錢   仝        助川 てい子
金拾錢   仝        助川 たり子
金貳拾錢 黑川郡富谷尋常小學校生 渡邊廉治君
金拾五錢   栗原郡若柳町  湊  ゑい子
金參拾錢 名取郡長町 佳 盲 人 赤井澤龍之一君
金壹圓    遠田郡涌谷町  石川 杏庵君
金五拾錢   宮城郡岩切村  日野傳三郎君
金參拾錢   加美郡中新田町 横田  齊君
金參拾錢   仝       伊藤 龜藏君
金參拾錢   仝寄留     伊藤 甚吉君
金拾錢    仝       岡崎 俊二君
金參拾錢下野國芳賀郡南高根次村芳志戸見目 勇七君
金四拾錢 志田郡飯川尋常小學校職員 伊藤 淳索君
金四拾錢 仝 内田 鏆一君
金參拾錢 仝 味上  一君
金壹圓參拾五錢 同校生横田耕得君外九十六名
金壹圓五拾錢 南材木町小學校高等科四學年 
               男生諸君一同
金壹圓五拾錢 弘法講寄付金 
北六番丁 石井みさを子、石井うめ子、伊藤
かめよ子、伊藤まさ子 堤通 渡邊たき子、
渡邊うめよ子 坊主町 津谷やす江子
大佛前 石澤よし子 北鍛冶町 伊藤やす子
北五番丁 板橋ちか子 肴町 岩淵とよ子
立町通新丁 岡本しつ子 北鍛冶町 大友
まさ子 二日町 條川りつ子
小計金拾六圓六十五錢
合計金二百六十三圓七拾七錢
 正誤宮城流木株式會社義捐中大澤勝晴は相澤
 勝晴君の誤植

    雜    報