文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

廣 告

   公  告
過十五日ノ海嘯ニ因テ本縣本吉、桃生、牡鹿ノ三
郡ニ亘リ東ハ唐桑村南ハ女川村ニ至ル沿海一帶
ノ人家ハ殆ント蕩盡シ死傷概數四千人ノ上ニ出
ツ就テハ縣ノ内外ヲ問ハス?ニ救恤義捐金ノ申
込續々之アルニ至ル義捐金ノ多カランコトハ實
ニ罹災者ノ爲メニ萬望ニ堪ヘサル處ナリ而シテ
罹災者ニシテ萬死中一生ヲ得タルモノハ唯生命
ヲ得タルマデニシテ家屋家財衣類其他日用ノ諸
器具一片ノ存在スルモノナシ因テ金錢ノ外ニ惠
與シテ最モ利益アルモノハ衣類鍋釜鎌包丁等ノ
類ナリトス物品運搬ノ如キハ之ヲ集合シテ被害
地ニ轉送スレハ縣廳ニ於テ其扱ヲ爲スヘシ
 明治二十九年六月 宮 城 縣 廳


一金二百圓當局信徒惣代大内源太
右エ門ヨリ海嘯罹災者溺死葬儀救恤費納附
右金員今般三陸州稀有ノ海嘯厄災者救恤ニ充ツ
ベキ旨願出献金相成候條當局ハ該篤志ヲ嘉納シ
局員數名ヲシテ本縣本吉牡鹿桃生三郡及岩手靑
森兩縣ノ各港ヘ派遣ヲ命ジ親シク實况ヲ視察セ
シメ沿道沿岸ノ本宗寺院ヲ伴ハシメ罹災者毎戸
ニ對シ義金ヲ喜捨シ溺死者ニ對シテハ其郡僧侶
ヲ蝟集シテ埋葬吊祭ヲ施行シ亦孤兒等俗縁血經
ノ寄ヘキナキ者ハ提携ノ上大内氏養育ヲ搆スヘ
キニ付諸寺院信徒克ク當局ノ旨ヲ領ジ派出員ノ
指揮ニ憑ツテ鞠窮遺憾ナキヲ勗ムヘシ右告示ス
  仙臺東二番丁 曹洞宗務支局

  海 嘯 被 害 者 救 助

  義 捐 人 名
一金五十圓  栗原郡若柳町  高橋德右エ門
一金百圓   本吉郡      横 山 村
一金拾圓   本吉郡入谷村   須藤 俊景
一金十圓   仝        須藤 俊光
一金二十錢宛 仝 須藤俊貞、仝千世、仝たまつ
一金十錢宛 仝 須藤よし、仝はしめ、仝やよ
い、仝二郎
一金五圓   本吉郡氣仙沼町  莊田 直秀
一金十五圓  栗原郡若柳町   千葉丑之助
一金一圓   仝        松井松兵衛
一金十圓   遠田郡役所及涌谷収税署員一同
一金五圓   遠田郡涌谷町   久道惣五郎
 通計金二百七圓也
  明治二十九年六月十九日
         本 吉 郡 役 所