文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

  海 嘯 の 慘 害   義 金 の 募 集

本縣下本吉桃生牡鹿三
郡及岩手縣下沿海各地に
海嘯の慘害ありし事は連日の本紙に記載する所
の如し、人世の七大難中洪水海嘯を以て其最も
慘なるものと爲す、土地家屋生命を併せて一時
に之を失ふ不幸寧ろ之れより大なるものあらん
や、乃ち其罹災沈溺の人は魂?に無何有の郷に
歸し其倖にして九死を免れたる者は被るに衣な
く喫するに食なきの苦境に在るを知るべし、仍
て本社は取敢す義捐金を募集し焦眉の急に應せ
んとす大方慈仁の諸氏 願くは 奮起して至急に
資財を義捐し此の不幸
なる罹災の同胞を救恤
せられん事を祈る
 一義捐の金員は一口金十錢以上とす
 一義捐者の氏名は一々本紙上に掲載し以て受
  領証に代ふ
 一送金爲替の便なき土地は郵便切手にて寄送
  せらるるも妨けなし
 一義捐金は一括して之を所轄郡役所へ送致し
  罹災者へ配與を請ふものとす
 一義捐金募集期限六月三十日
  明治二十九年六月  奥羽新聞社

     本社募集 ●大 海 嘯 被 害 者

   救 恤 義 捐 金
金拾錢  玉造郡東大崎村新田  遠藤彦一郎君
金拾錢  仝          門脇 太造君
金拾錢  仝         鈴木郡左エ門君
金貳圓七拾七錢    仙臺市木町通小學校高等
          第二學年甲學級生諸君一同
金貳拾圓〇四拾錢    仙臺市元荒町松操學校
  内金五圓      校長  朴澤三代治君
   金貳圓         同職員諸君一同
   金壹圓          朴澤 ふさ子
   金拾貳圓        現 在 生 一 同
   金四拾錢          舊 生 二 名
金二圓   仙臺市北三番丁   鈴木三之丞君
金二圓   仝  北六番丁   高橋 信吉君
金五十錢  仝  元寺小路   佐瀬 靜吾君
金貳拾五錢 仝  掃部丁末無  高橋東次郎君
金五拾錢  仝  琵琶首丁   玉川政之助君
金參圓   仝  空堀丁    岩崎勝太郎君
金壹圓   仝  東三番丁   高橋 甲藏君
金壹圓   仝  表小路    宮本政之助君
金貳圓十五錢          無 名 氏
金貳圓七十三錢  木町通小學校高等一年
              乙學級生諸君一同
金拾壹圓八十錢  宮城尋常師範學校
            男子女子生徒諸君一同
自十八日 至廿一日 
    合計金六拾六圓八拾五錢也

    雜    報

●岩 手 縣 の 海 嘯             (十七日岩手發)

●中 外 商業新報

  今回三陸地方稀有の海嘯
ありしに就ては被害の事實は勿論將來此奇變の
三陸地方に波及する實業上の觀察を遂くるが爲
め特に社員野崎廣太桑谷武一郎兩氏を派遣せし
めたりと

●兩縣への義捐金

  當市在住の人々より岩手
靑森兩縣罹災者救恤金を義捐せしもの左の如し
 岩手縣海嘯罹災救恤費寄付
 仙臺市◎金貳拾圓角田林兵衛◎金五圓大沼十
 右エ門◎金貳拾圓八木久兵衛◎金貳圓庄司專
 吉◎金貳拾圓藤崎三郎助◎金貳拾圓伊澤平藏
 ◎金拾圓本野小平◎金拾圓奥田新十郎◎金拾
 五圓小野潤藏◎金壹圓松木萬年靑松木愛子◎
 貳圓五拾錢針生權六◎金壹圓貳拾五錢宛針生
 權五郎澤口勝吉針生安次郎◎七拾五錢澤口庄
 九郎◎五拾錢宛西村金六菅原忠治猪苗代翕伊
 藤良安菅原淸記高柳嘉平針生得三郎鹿野善兵
 衛菊地庄六武者庄七高橋良吉遠藤正藏梅津林
 藏◎貳拾五錢宛庄司勇之助石川治右衛門高田
 源之助佐藤德右衛門高橋善作伊藤正吉西村長
 吉若生萬吉阿部とみ庄子庄七間藤節雄畑中善
 吉渡邊利兵衛◎五圓牡鹿郡佐々木芳之助
 靑森縣海嘯罹災救恤費寄付
 仙臺市◎金五圓八木久兵衛◎金拾圓藤崎三郎
 助◎金五圓伊澤平藏

●怪響と地震

  一昨日午後四時半頃去る十五
日の如き怪響南方に聞へ次で微震ありしが昨曉
も數回の地震ありしとて人心何となく恟然たり

●北上川出水

  一昨日七尺餘の出水あり

●藝者屋連の義捐

  當市の藝者屋連にては立
町通り梅の家主人等の主唱にて今回の海嘯被害
事件に付き本縣へ卅圓岩手縣に拾圓都合四十圓
の義捐金を爲すことに協議を爲せりと

●慈善演劇

  豫報の如く東一松島座にては播
摩太夫元を始め各座員の奮發にて愈々本明の
兩日間慈善演劇を興行することに决し其揚金の
純益は悉皆海嘯被害者の扶助料に寄附する筈に
て尚ほ本日は特に一座擧つて車輪の大勉強を爲
すとのことなれば看客も定て多かるべしとなり

●逃走囚の傳逓護送

  過日飯野川に於て捕縛
されし雄勝出役所終身懲役囚犬井耕作外二名は
傳逓護送にて昨日檢事局へ回さる

●本縣下海嘯罹災

 救恤義捐金人名
一金五圓   仙臺地方裁判所  水尾 訓和
一金五圓   仝        關  淸英
一金貳圓   仝        山崎  城
一金壹圓   仝        片山  知
一金壹圓   仝        宇野 美苗
一金壹圓   仝        黑住 守藏
一金壹圓   仝        寺島小五郎
一金壹圓   仝        河原榮次郎
一金壹圓   仝        林 豊太郎
一金壹圓   仝        井澤  威

一金壹圓   仝        小玉羊五郎
一金壹圓   仝        加藤 謹吾
一金壹圓   仝        鳥山 志良
一金壹圓   仝        寺島 久松
一金壹圓   仝        奥村  靖
一金壹圓   仝        菅野善三郎
一金壹圓   仝        佐藤 博愛
一金五拾錢  仝        横村米太郎
一金參拾錢つつ
       仝 淺香時之、關經雄、山本壽雄
靑山俊雄、笠原良保、增尾種
德、永澤運吉、市村光被、 中
村英三、齋藤義道、田中義忠
信太武治、小畑蕃生、蒲生忠
次、 舟窪甚三郎、野口有鐵、
橋本只次郎
一金參圓   仙臺市立町通   渡邊 ます
一金百圓   仝  大町二丁目 佐藤助五郎
一金五圓   仝  常盤町   伊藤 とき
一金貳拾圓  同 大町四丁目 大沼十右衛門
一金七拾五圓 仝  大町四丁目 八木久兵衛
一金八圓   仝  名懸町   庄司 專吉
一金五拾圓  仝  東四番丁  松良 盤植
一金百圓   仝  大町二丁目 藤崎三郎助
一金七拾五圓 仝  上杉山通  井澤 平藏
一金四拾圓  仝  大町四丁目 奥田新治郎
一金七拾五圓 仝  北六番丁  本野 小平
一金七拾五圓 仝  名懸町   小野 潤藏
一金參圓   仝  東一番丁  月地 重誓
一金五圓       宮城教校職員及生徒中
一金五圓   牡鹿郡石巻町  佐々木芳之助
一金六圓 正教會信徒総代 津田德之進外一名
一金貳拾圓  仙臺市大町四丁目 鈴木倍次郎
一金拾圓           郷約會員一同
一金壹圓  三重縣阿山郡上野町 菊輪 正修
一金五圓   仙臺市北三番丁 菅井嘉右エ門
一金四拾五圓          勝間田 稔
一金參拾圓           一坂俊太郎
一金拾貳圓           川路 利行
一金拾貳圓           山田 揆一
一金七圓            河村金五郎
一金七圓            山崎 德義
一金六圓            小泉 郡司
通計金千六拾七圓六拾錢
 廿九年六月廿日    宮 城 縣

廣 告

   公  告
過十五日ノ海嘯ニ因テ本縣本吉、桃生、牡鹿ノ三
郡ニ亘リ東ハ唐桑村南ハ女川村ニ至ル沿海一帶
ノ人家ハ殆ント蕩盡シ死傷概數四千人ノ上ニ出
ツ就テハ縣ノ内外ヲ問ハス?ニ救恤義捐金ノ申
込續々之アルニ至ル義捐金ノ多カランコトハ實
ニ罹災者ノ爲メニ萬望ニ堪ヘサル處ナリ而シテ
罹災者ニシテ萬死中一生ヲ得タルモノハ唯生命
ヲ得タルマデニシテ家屋家財衣類其他日用ノ諸
器具一片ノ存在スルモノナシ因テ金錢ノ外ニ惠
與シテ最モ利益アルモノハ衣類鍋釜鎌包丁等ノ
類ナリトス物品運搬ノ如キハ之ヲ集合シテ被害
地ニ轉送スレハ縣廳ニ於テ其扱ヲ爲スヘシ
 明治二十九年六月 宮 城 縣 廳

   (欄外にも有り)