文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

  海 嘯 の 慘 害   義 金 の 募 集

本縣下本吉郡志津川始め其他の地方に海嘯の慘
害ありし事は連日の本紙に記載する所の如し、
人世の七大難中洪水海嘯を以て其最も慘なるも
のと爲す、土地家屋生命を併せて一時に之を失
ふ不幸寧ろ之れより大なるものあらんや、乃ち
其罹災沈溺の人は魂?に無何有の郷に歸し其倖
にして九死を免れたる者は被るに衣なく喫する
に食なきの苦境に在るを知るべし、仍て本社は
取敢す義捐金を募集し焦眉の急に應せんとす大
方慈仁の諸氏願くは奮起して至急に資財を義捐
し此の不幸なる罹災の同胞を救恤せられん事を
祈る
 一義捐の金員は一口金十錢以上とす
 一義捐者の氏名は一々本紙上に掲載し以て受
  領証に代ふ
 一送金爲替の便なき土地は郵便切手にて寄送
  せらるるも妨けなし
 一義捐金は一括して之を所轄郡役所へ送致し
  罹災者へ配與を請ふものとす
 一義捐金募集期限六月三十日
  明治二十九年六月  奥羽新聞社

    雜    報

●岩 手 縣 の 海 嘯             (十七日岩手發)

南閉伊郡釜石町死亡五千人、大槌、安渡、 吉里々
々の各村は流失五百餘戸死亡六百人東閉伊郡鍬
ヶ崎町と宮古町にて潰家三百十八戸死亡八十一
磯鶏村潰家百戸死亡未詳、田老村乙部の兩村落
は三戸を殘し全部流失す、北閉伊郡小本は數戸
を殘すのみ、田野畑村字太田各部落は全村流失、
普代村は五十六戸流失す
            (十八日同上)
盛町附近の村落にして大舟渡村赤崎村末崎村廣
田村等其他沿岸各村落大凡死者四千餘家屋流失
二千餘あり
旅行中の宣教師佛國人アンリウスハル氏は十五
日南閉伊郡釜石町に於て海嘯の爲に死去せり死
骸見えず
山田は家屋七分程破壞、田老村も全村流失生存
者三四十名の由小本村も大半被害沿海の各村大
概全村家屋流失人畜の死傷非常に多し
十八日迄管内各地被害の統計を概算するに家屋
破壞総數四千七百四十六戸死者総計一萬四千九
百七十人なり

●靑 森 縣 の 海 嘯

家屋の流失又は破壞したるもの百石、三澤の兩
村にて四百十一戸位人民の死亡したるは百石村
百三十六人位、三澤村は百廿人位

●佐沼町通信  (十七日午後一時廿分發)

本吉郡に於る海嘯に付き左の件御通知致候
地震報告 六月十五日午前は半晴にして風なく
非常に温熱を覺え正午華氏寒暖計八十五度に昇
れり午後三時二十分一天俄かに雲を起し同三十
分の驟雨恰も盆を覆へすが如くなりしも雷鳴な
く雨は益々強きを加へたり午後五時雨漸やく歇
み温度も亦少しく減退せり而して同五時半頃よ
り復た降雨あり午後七時に至り最も激烈なる地
震あり其間凡そ五分余方位は東より西にして水
平動なく同七時十分北東に當り砲聲の如きもの
を聞く又之れと同時に強震あり同七時二十分又
二聲轟然たる響きあり爲に地震動する者の如し
然れども砲聲の如く其響きを止めす而して地震
は終夜絶間なく都合強震十余回義心三十余回に
して十六日拂曉強震あり其後午前八時頃強震一
回微震九回ありたり雨は昨夜八時半頃全く晴れ
一時星天を見しが十一時頃より又降雨あり本郡
役所設置の雨量計を檢するに四十「ミリメート
ル」にして降雨未だ歇まず、以上の如く數十回
の地震あると共に又砲聲の如き響ありしを以て
人心一時恟々として昨夜は安眠する者殆と之れ
無かりし然れども幸ひに人家其他に就き異?あ
る事なし(右は十六日午後五時までの景況)
今十七日の地震 午前八時強震あり又午後一時
強震其外本日午後一時二十分まての間に於て微
震三回ありたり
登米郡役所 同郡衙に於ては大海嘯視察又は救
護の爲め本吉郡へ出 張 の縣官且は赤十字社宮
城支部員の新田停車塲に下車するや少しも差支
なき樣人力車を用意し至便を與へつつあり

●大 海 嘯 被 害 者

   救 恤 義 捐 金
一金貳圓也  仙臺市肴町   日野 愛藏君
      横濱居留地五十番
金五拾圓  舘コーンス商會  レ、プレボスト
金五圓   岐阜縣會常置委員  山田淸三郎
金貳拾圓 岐阜縣治水協同會総代 山田淸三郎
金參拾圓 東京々橋區築地二丁目 國 光 社
金貳拾圓  志田郡古川町    永澤淸之助
金六拾圓  仙臺市大町     角田林兵衛
金五圓   仙臺市河原町    小西 榮藏
金五圓   同         針生權十郎
金壹圓五拾錢 仙臺市東五番丁  樋口 光明
金一圓   東京淺草區北松山町 高橋正三郎
金拾圓   宮城控訴院     大塚 正男
金拾圓   同         犬塚 盛巍
金貳圓   同         西潟  訥
金貳圓   同         正木昇之助
金一圓   同         井田鐘次郎
金壹圓   同         能勢  萬
金壹圓   同         松浦 龜藏
金壹圓   同         增田  賛
金壹圓   同         鈴木 靜雄
金壹圓   同         宮地安三郎
金壹圓   同         小泉 忠武
金壹圓   同         柿原 武熊
金壹圓   同         戸田敬一郎
金壹圓   同         岩本 以明
金壹圓   同         木村 文郷
金參拾錢ツヽ
  宮城控訴院 增野惟孝、北條直方、齋藤靜治
津川壽治、山本速太郎、佐藤順
佐藤義夫、澤藤松五郎
金拾錢ツヽ
同 及川源五郎、江志松壽、沼邊湲
五郎、佐藤惟馨、 鎌田五郎、佐
藤淸吾、萩澤龜一、佐瀬菊壽、
遠藤得名四郎、菊地友治、松岡
士農夫
計金百八拾四圓五拾錢
  廿九年六月廿日  宮 城 縣

   (欄外にも有り)