文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

三陸水産業進 出と国策

 三陸災害地の復旧は過般成立した国の関係追加予算及びこれに基いて決定される地元県予算に依って一応の解決を見ることになる。しかし、吾々はこれ等予算の執行を以て、災害地対策なれりとなすことはできない。
 今度の災害地復旧に関し、国は殆どその全部の費用支出に任じたとも言うことができ、低資融通にも極度の好意を持ってくれた。地元県当局もよく尽力した。これ以上の事は政府に対しても希望出来るものではなく、県当局に対してもこれを要望するのは無理であるこれを要するに、災害地善後処理に対する政府、県当局の配慮は至れり尽せりで、まことに感謝の外はない。これは最近各方面から聞かされる政府、県当局礼讃の辞である。
 吾々はこの礼讃の辞を一応尤ものことと思う。しかしそんであるからといって、これ以上は地元民としてなすべきこと、要望すべき余地がなくなったものとは決して考えない。否われわれ地元民の大いに奮起し、以って天下の与論を動員すべき事項はむしろ今後に残されている事と考えている。即ち吾々は今回の災害に前後して、関東関西等の先進地域の上に建てられ来った日本従来の文化は決してゆきずまったとはいい得なくともこれに更に新たなる或るものを加え更生的意気を以って新進出を創するためには、今更閑却され来った東北地方の開拓に邁進する必要のあること、二、極東問題の紛糾と重大化とに伴って、これを乗り切る実質的推進力の充実をはからんがためには東北沿海民の海洋進出の最大の機会を与えておく必要がある、一、東北地方は由来国政上から非常に閑却されて来た、これをもりかえすためには凶作問題、東北減税問題、同金融問題等を加えて、今回の震嘯火災あり、一般の注意が東北地方にそそがれつつあるこの際が最も期を得たるものであること等の理由をあげ、極力基礎的な東北進出計画のたてられんことを切望して来た。しかるに今回の復旧は未だ一つもこの点にふれていない。
 吾々は今回の復旧がこの点に触れていないからといって、それを以て、県当局や、各関係省事務当局を責めようとしない。否政府首脳部の処置としても、今度の臨時議会における追加予算としてはこれ以上望まるべき余地はなかったかも知れない。以上三者の今までにとり来った■度処置はまことに最善をつくせるものということができるであろう。ただわれわれのここに言わんとするところは、前にも述べた如く、それなるが故に地元民として、これ以上希望すべき余地も、努力すべき必要もなくなったものだと考えるのは極めて浅薄なる考え方であり、この部分に関することは未だ全然着手されていないものであることをはっきりと意識すべき必要のあるものなることについてである。
 これは一地方の問題ではなくして、一つの国策である。この国策問題からはなれて、従来の既定軌道許内において、災害善後問題を考えた時、県当局も、予算の立案にあたった■■省■務当局としても、最善の■■■■■と■務的労力をつくせるものということが出来る。しかし吾々にして一度この事務的軌道を脱し、前記最も必要にして重大なる国策の点について考えるとき、現在の状態の甚だ不満足なるものであることを痛切に感ぜざるを得ない。
 この国策の問題からはなれ、これを既定の範疇内において事務的に老慮するとき、即ちこれを政府側から見るなれば、単に災害地復旧に対し、国費を支出してやるという態度で問題を見るとき、それはなさるべき極限をなせるものと言えるが、それが国策に基き、国家のためになすものなりとの見地に立つとき、即ち問題をこの拡大されたる新視野において見るとき従来の国庫補助率がどうの利子補給がどうのといったような事項にこだわるべき問題では全然なくなってくる。
 しかしかく地元関係におけるわが国策の確立が問題となるとき、それはもはや地方長官の責任範囲の事項ではない。ここに地元民の自覚と、その結果奮起とが必要となるのである。
 吾々はさきにこの点にも幾多の関連を以って、災害地復興に関し臨時県会の開かるべきものなることを主張した。しかしこの臨時県会の開かれる前にすでに国の予算は決定されてしまったので、その後の希望ならば、来るべき通常県会でもいいと思った。しかしともかく臨時県会は開かれることになったのであるから、これを機会に単にこれを既定予算案の審議に止めず、この方面の地元与論喚起についても、充分の配慮のなされんことを希望する。

人情大臣後藤農相  宮古に向う   「大いに努力を発揮せよ」     釜石にてかたる

初の震災地入りをなした後藤農相は災害地で急増のバラックに這入って見たり漁師を激励したりすっかり人情大臣の名を博した、三十一日は農林省監視船で海上に一泊一日午前七時釜石に上陸同地災害情況を視察漁業組合その他の陳情を聴き午前八時宮古指して出発した農相は語る、
 災害地の応急救護は心配なく行渡っている、政府では今後の問題は復興事業の円滑を期し内務農林両省では調査費を予算に計上災害地の■情に即した施設をなすべく目下調査中である、要するに物資的の復興と精神の作与によってこの復興の大業をなし遂げるのである、地元民は非常な覚悟で大いに力を発揮せねばならぬ。

復興事業内容で  知事と会見   会議所会頭の問題其他    菅原伝代議士来仙

政友支部長菅原伝代議士は一日朝来仙、菊平旅館に休憩同夜知事を訪問して震災対策事業について意見の交換をなし二日支部幹部会に臨み同夜一まず帰京する予定であるが、時事問題その他に関し次の如く語る、
 今回の議会は東北地方の地租低減問題、雪害予防、引きつづき震災復旧事業の追加予算等東北関係のものが多かった殊に震災対策についてはわれわれも相当尽力したつもりである、県は臨時県会を召集して事業を執行するそうであるがわれわれもこの予算に関して政府に強く要求したことであり、予算が通過したからといってそのままにすることも出来ない知事に会って事業の内容等を聞き意見も交換したいと思って来たのが来仙理由の一つ、知事は大臣と一緒に行かれて今夜帰るそうだから今晩か明日中に訪ねる
 市町村■議員選挙のことについても支部としてなすべきことがあるのでこれについても打合せたい、
 前にも述べたように今議会は東北関係が多かったので議会報告演説会を開くことも必要と考えている、明日の幹部会でも■って見るが、政変来の声もあり、対支関係、対外関係等もあり此報告演説会も時期と方法を考慮しなければならんと思っている
話題は一転して世界の大勢と日本の立場、さては東北振興論におよび尽きるところなき大元気である仙台商工会議所の会頭問題に対して何か御意見を、と聞くと
 人の関係は知らんが—と同時にあまりいうと叱られるか知れんが仙台の人は気分を一新して元気に活動する商工会議所として貰いたい、今まで見るべき功績があったろうか、よく知らんが、形式の問題を論じている時じゃないと思う、議会に於いても東北ブロックを組織し政治的にも産業的にも大発展をやろうという時東北の雄藩を誇る仙台はもう少し■的でなければならんと思う、叱られても刺激になれば幸いだ。