文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

震災地救護班  労力奉仕団輸送   仙台局で扱った件数

三陸震害地に対し仙鉄局が先般来施行した救護班員無賃取扱並びに復旧労務奉仕団無賃は去る二十日限り打切ったが該規約施行期間中無賃扱を行った件数、人員及び換算金額は、
 ▽救護班員無賃扱仙台運事二件十四名金額百五十円五十一銭、盛岡運事七件六十三名金額百四十五円二十九銭、青森運事なし計九件七十七名金額二百九十五円八十銭
 ▽復旧労務奉仕団無賃扱、仙台運事七十八件千三百九十名、金額千六百六十五円四十銭、盛岡運事五十八件千二十九名金額千十八円五十一銭、青森運事七件八十七名金額百九十九円三十一銭計百四十三件、二千五百六名金額二千八百八十三円二十二銭となっていた。

労力奉仕団体 の無賃輸送

仙台鉄道局では三陸地方震災害復旧のための労力奉仕団を無賃輸送していたが期間は三月二十日までで以後四月一日から同十五日まで宮城、岩手、青森の三県省線各駅と左記相互間に亘り五割引輸送をなす事になったが十人以上を一団とし官公衙発行の証明書を持つこと、三日以上引続き無報酬で奉仕するものに限る
 石巻、千厩、気仙沼、陸前矢作平津戸、花巻、沼宮内、古間木下田、陸奥湊、階上、陸中八木久慈、等級は三等)

震害地各局に  慰労金を交付

仙逓局では管内震害地関係各局があの非常時に際しよくその怒涛の如く押しよせる電報電話の大輻輳に処して従業員一同不眠不休の大活躍を行ったそのかくれた大々功績に対し慰労の目的をもって先般来本省に対し慰労金交付方を申請中であったが三十一日本省からその慰労金を送達して来たので取りあえず仙台、石巻、塩釜、一ノ関盛岡、青森、八戸等の一二等郵便局に対し五千三百円を交付したが三等局に対しては四月早々交付を行う予定である。