文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

両陛下、被災地 にお見舞い金

天皇
皇后
両陛下は二十七日午後、チリ地震
による津波で大きな被害をうけた
岩手、宮城両県と北海道にお見舞
いとしてそれぞれ金一封を贈られ
た。

特別立法 与党だけでも成立へ 福田・渡辺両相、被災現地で語る 被害の大きさ確認  沿岸漁業、養殖に重点置く

政府首脳の第一陣としてチリ津波の被状況を視察のため、二十七日午前六時十分仙
台駅着の急行「おいらせ」で仙台市を訪れた福田農相、渡辺厚相は、仙台市青葉通
のセントラル・ホテルで三浦宮城県知事から災害状況と応急対策の要望を聞いたの
ち、直ちに福田農相は自動車で塩釜−石巻−志津川−気仙沼のコースを視察して気
仙沼市に一泊、渡辺厚相はヘリコプターで被災地を視察したのち、それぞれ気仙沼
市と仙台市で記者会見を行ない、①被害は予想外にひどい②政府に伊勢湾台風のと
きのような「災害復旧対策特別立法措置」の用意がある③場合によっては国会正常
化と切り離して、政府、与党が特別立法措置を単独成立させることも必要であろ
う、と災害発生後はじめて政府の方針を明らかにした。

漁村の共同化を奨励 福田農相

【気仙沼】チリ津波の被害を調査
するため二十七日朝東北にきた福
田農相は、同日塩釜、石巻、女川
志津川、気仙沼の各地を視察した
農相は宮城県の実情を一通りみた
のち、気仙沼市役所で次のように
語った。
 なお農相ら視察の一行は気仙沼
 市望陽館で一泊したが、きょう
 二十八日は午前八時に気仙沼を
 出発、岩手県にはいり、陸前高
 田市、大船渡市をみたのち、二
 十九日午前零時十六分花巻発の
 急行「北斗」で帰京の予定。
一、こんどの津波は伊勢湾台風と
違って特定の地域に被害が集中し
ている。特に零細な沿岸漁民の水
産関係に大きな打撃を与えている
ことを確認した。特別立法措置に
よってノリ、カキ、定置網などに
重点を置かなければならないと痛
感した。
二、被災者が船を建造する場合、
零細漁民が個々に船をつくるので
なく漁協とか実行組合などの団体
で共有する大きな船を目標にし、
漁船の共同化を奨励する方針だ。
三、沿岸漁民の不振は全国的なも
のだが、そうした悪条件のうえに
津波被害が重なったのだから、立
ち直りは非常にむずかしいと思う
漁業だけで考えるのではなく農業
と兼ね合いで解決させたい。

きょうから宮城 岩手両県視察  村上建設相

村上建設相はチリ津波の被害調査
のため二十八日から三十日まで宮
城、岩手両県を視察する。日程次
のとおり。
▽28日午前9時15分上野駅発急行
「みちのく」で出発、同午後3時
50分仙台着、県庁で県下被害状況
の説明をきき、仙台泊まり▽29日
午後7時仙台を出発、自動車で塩
釜、石巻、志津川、気仙沼、陸
前高田の被害をみて同夜大船渡市
泊まり▽30日午前8時、大船渡市
出発、自動車で大船渡、釜石の被
害を視察、午後8時15分花巻駅発
急行「おいらせ」で帰京。

衛生上に万全を期す 渡辺厚相

 チリ津波被害視察のため二十七
 日宮城県入りした渡辺厚相は、
 陸上自衛隊機で被災地を歴訪し
 たのち同日午後三時半から同県
 庁で記者団と会見、「伊勢湾台
 風と悲惨な点は同じだ。復旧の
 ため超党派で伊勢湾台風時の特
 別立法よりさらにプラスした特
 別立法措置を講ずる」と次のよ
 うに語った。
一、とりあえず復旧資材を送って
応急の間に合わせ、防疫資材と医
療班派遣を十分徹底する。
一、立ち上がりの金融措置につい
ては、さし当たり災害救助法によ
る世帯更生、母子福祉の両資金の
ワク拡大と早期貸し付けや医療給
付に重点をおく。
一、特別立法については、ぜひ考
えたい。三十一日の閣議に詳細に
報告し、超党派で推進するが、実
現の見込みは十分ある。被災の度
合いが深刻なので伊勢湾台風の時
より相当プラスした特別立法を考
えている。
一、また汚物処理のため近県の海
洋投棄船の動員や応急仮設住宅、
臨時保育所の建設につとめ、赤痢
防止など衛生上万全を期したい。
一、また社会保険の減免、国保の
事務費、療養給付、保健婦などの
補助金を繰り上げて交付する。船
員保険の被保険者には救急医薬品
を無料配給し、厚生年金の還元融
資を利用している事業主には元利
償還の延期などを考える。引揚者
国庫債券の買い上げ、担保貸し付
けについても特別に考えたい。
 なお渡辺厚相は、同日午後五時
 十分仙台発急行「みやぎの」で
 帰京した。

特別立法措置は必要  椎名官房長官談

椎名官房長官は二十七日午後の記
者会見で「津波対策の特別立法は
やらざるを得ない」と次のように
語った。
 チリ地震津波災害対策のための
 特別立法措置は、やはり必要
 なものはやらざるを得ないだ
 ろう。そのための国会審議も、
 できるだけ速やかに行ないた
 い。

東北三県被災地  本社調査

宮古市
(A)高浜、金浜、
津軽石、赤前、(B)磯
鶏、堀内、鍬ヶ崎、(C)新川町築地
山田町
(A)大沢、釜谷洞、
飯岡折笠、(B)船越
(C)大浦
(注、Aは被害じん大、Bは被害中
程度、Cは被害が比較的軽い地域)

天災法の発動など  自民党政調会 政府に申し入れ

 自民党政調会は、チリ津波被害
 対策として、天災融資法の発動
 や農地復旧のための国庫補助の
 立法などを決め、政府のチリ津
 波対策本部に二十七日、法案の
 準備、緊急単独立法を急ぐよう
 申しいれた。政調会の対策は次
 のとおり。
▽公共土木施設の復旧=建設省の
災害復旧本部が中心になり、予備
費から復旧の資金を出す。
▽農地の復旧=天災融資法を発動
する政令を早く検討する。また一
件五万円以上の災害補助は国庫五
〇パーセントだが、これを伊勢湾台風の場
合と同じように九〇パーセント補助にす
る。このため特別立法の準備を進
める。
▽ノリ、カキ養殖施設=同一地域
内の被害が二〇パーセント以上に補助をす
るという制限があるが、これも補
助を農地と同じく九〇パーセントにする。
▽個人の災害融資=国民金融公庫
商工中金などに、個人商店の商品
被害のための融資のため、町村役
場などに出張所を設け、有志の調
査や審査を早くする。
▽住宅=応急仮設住宅を早急に建
てる。このほか災害のための個人
住宅、公営住宅の融資を認める。

三県に国有林 木材を払下げ  青森営林局

【青森】青森営林局は二十七日チ
リ地震津波の応急復旧資材として
岩手、宮城、青森三県下に国有林
から四万八千六百九十六立方メートルの
木材を払い下げることを決め、各
県に連絡した。これは毎年大蔵省
と取り決める協議事項に基づいて
災害のあった県、公共団体に払い
下げるもの。払い下げの期間は六
月から八月までの三ヵ月間で、市
価の半額で一年間の延納を認める
ほか、無担保、無利子をいう緩和
措置がとられる。内訳は次のとお
り。
▽住宅資材三万二千八百七十五立
方メートル。(宮城五千二百三十八立方
メートル、岩手二万二千二百六十一立方
メートル、青森三百八十五立方メートル)
▽橋りょう千百十三立方メートル▽ノリ
カキ資材二千七百八十二立方メートル▽
造船一万千九百六十五立方メートル。

恩恵高い補助率で  宮城県議会 特別立法要望書を承認

チリ津波被害に対する政府の抜本的復旧対策を要望するため、宮城県議会は二十七日午後一時四十分から全員協議会を開き、三浦宮城
県知事と高橋県議会議長の連名で提出された「チリ地震津波による被害対策の特別立法措置要望書」を満場一致で承認、こんご超党派
的にその実現方を政府、国会に働きかけることにした。一方東北自治協議会は宮城、岩手、青森、福島、それに北海道の津波被災一道
四県が協調して特別立法措置の実現をはかることにして二十九日午前十時から宮城県庁でその第一回連絡会議を開くが、席上、この要
望書をヒナ型に各道県の要望を加えて東北自治協議会案の「特別立法措置」を作成することにした。
 宮城県議会で決まった要望書
 は次のとおりだが、東北の後進
 性と東北開発推進、それに中京
 地方と東北地方の経済力の差な
 どを考慮に入れて、伊勢湾台風
 のときの特別立法措置の内容よ
 りさらに補助率などの恩恵が高
 い特別施策を訴えている。
 ◇災害復旧にともなう特別措置
関係=①公共土木施設災害復旧に
冠する特別法の制定②住宅、工場
等の立地条件の改善③公共施設以
外の港湾施設、船舶等の災害復旧
費に対し高率の国庫負担④水産業
施設復旧事業の特別措置
 ◇税財政関係=①地方交付税、
国庫支出金等の早期交付とつなぎ
融資②特例債の発行③特別交付税
の措置④公共土木等施設の単独災
害復旧事業に対する起債とその元
利補給⑤借り替え債の許可⑥災害
復旧債の一〇〇パーセント充当⑦市町村職
員共済組合員への見舞い金増額。
 ◇民生労働=①低所得階層の貸
付金わくの増額②国民金融公庫に
対する更生資金の出資金増額④失
業対策事業の特別措置
 ◇衛生=①医療給水と防疫措置
は全額国庫負担②医療施設の災害
復旧に対し国庫補助③清掃、シ尿
処理の全額国庫負担
 ◇土木建築=①国庫負担対象限
度の引き下げ②高率の国庫負担に
よる救済土木事業③高率の国庫負
担による防災工事④災害住宅適用
基準の緩和と建設基準の引き下げ
⑤住宅金融公庫の融資わくの拡大
 ◇農林水産=①天災法による特
別措置②政府関係機関に対する被
災農漁民の債務の特別措置③生産
資材の国庫補助④全額国庫補助に
よる防潮造林、砂地造林⑤除塩事
業の特例措置⑥国有林の払い下げ
⑦漁船等の国庫補助⑧共同利用さ
せる小型漁船の高率国庫補助⑨天
災法の適用および漁船の建造取得
⑩高率国庫補助による浅海増殖事
業⑪沈没船の引き揚げ費用
 ◇商工=①特別融資の促進②中
小企業振興資金
 ◇文教=①学校施設の小災害復
旧②教科書の無償給与③教育施設
の復旧は十分の九の国庫負担

二億円のつなぎ融資  仙台郵政局

仙台郵政局は二十七日、チリ津
波で被害を受けた農林、水産、文
教、運輸の各事業に対し同局の簡
易保険の手持ち資金二億円を災害
のつなぎ資金として融資すること
を決めた。

災害基本法急ぐ 首相答弁  変則国会第一日 津波問題で緊急質問 衆議院本会議

 変則国会第一日、二十七日の
 衆院本会議は午後五時二分社
 会、民社、無所属議員全員欠席
 のまま開会、自民党の出席は定
 数に達する程度、本鈴が鳴った
 直後、和服姿の清瀬議長は衛視
 二人に抱えられ、自民党議員
 の拍手に迎えられて議長席につ
 いた。清瀬議長からチリ地震津
 波被災地に見舞電報を発した
 ことを報告、田中彰治、佐藤洋
 之助議員の請暇を許可したの
 ち、村上建設相の津波被害報告
 にはいり
 村上建設相 一、現在までに判
明した被害状況は、死者百九人、ゆ
くえ不明二十九人、負傷者八百五
十六人、被災者六万七千四百四十
二人、三万五千三百五十五世帯、全
壊家屋二千三十むね、流失千百七
十四むね、半壊二千七十五むね、
床上浸水二万一千八百二十一むね
である。
一、農林水産関係被害は約百二十
三億円、公共土木施設関係同じく
約四十八億円である。
一、被害救助法の適用されたのは
十県三十四市町村にわたっている
一、政府は内閣に津波被害対策本
部を設け、災害の救助と復旧対策
の推進に万全を期している。
 周東英雄氏(自民、山口)一、
こんどの災害の特色は津波警報が
遅れたため、物的災害よりも人的
被害の大きいことだ。また農地の
流失、家屋の破壊、漁船、漁具の
損失など漁村の被害は特にひど
い。この事態に対し和達気象庁長
官の責任をせめるより、天災の予
報調査のため国際的機構を作る必
要があると思う。
一、零細漁民、真珠養殖施設の被
害がひどいが、これに対しては緊
急に復旧処理をすべきである。
一、被災のたびに特別立法を行な
うより、この際基本的立法をたて
る必要がある。
一、政府はすみやかに財政、立法
的対策をたて、社会、民社両党に
呼びかけ、超党派で災害対策をた
てるべきだ。
 岸首相 一、津波対策について
国際機構の整備に積極的態度をと
ることは同感である。
一、気象庁の内容充実措置をとる
よう努力する。
一、災害基本法はすでに大体の案
ができて、与党と折衝中で、結論
に近いとの報告を受けている。一
日も早く国会に提出したい。
一、被災地のために有効適切な手
を打つため、野党とも具体案につ
いて折衝を進めるようにしたい。
 建設相 一、復旧対策について
は、視察団を現地に派遣、十分指
導に当たっている。
一、特別立法を行なうことは当然
の措置と考える。また住宅資金も
十分に用意している。
 同五時三十七分散会。

岩手県が最大 東北の土木被害

東北地方建設局は二十七日、チリ
地震津波による東北関係の土木被
害をまとめた。それによると被害
県は青森、岩手、宮城、福島の四
県で、被害総額は同日午後四時現
在で十三億六千二百六十万円にの
ぼっている。
 とくに目立ってひどいのは岩手
 県の八億七千三百七十五万円で
 このうち道路関係だけで半分の
 四億二千三百四十一万円に達し
 ている。
ついで宮城県が四億二千九百六十
万円、福島県四千万円、青森県一
千九百三十二万円となっている。
各県の被害額と被害内容次のとお
り。(カッコ内被害額、単位万円)
◇青森県(一、九三二)▽河川
(一、四五二)=馬淵川、新井田川
など十三ヵ所損壊▽海岸(四八〇)
=八戸港岸壁決壊など六ヵ所
◇岩手県(八七、三七五)▽河川
(八、四七一)=気仙川、長谷部
川など十一ヵ所決壊▽橋(九五七)
=宝来橋、川口■など六橋流失ま
たは損壊▽海岸(六、八一〇)=
広田湾、陸前高田市など五ヵ所護
岸損壊▽道路(四二、三四一)=
久慈市、宮古市、大船渡市など七
ヵ所決壊▽港湾(二八、七七八)
=一六カ所決壊
◇宮城県(四二、九六〇)▽河川
(一二三三八)=七北田川など二
十二ヵ所護岸損壊▽海岸(七、一
三三)=石巻市荻浜など十二ヵ所
護岸損壊▽港湾(四、五七七)=
塩釜、石巻など三十七ヵ所▽道路
(一一、一九七)=女川−飯野川
線七ヶ所をはじめ五十ヵ所▽橋
(七、七一五)=舟戸一号橋流失
など九ヵ所
◇福島県(四、〇〇〇)▽河川=
小高川護岸決壊▽海岸=富岡海岸
堤防決壊▽港湾=小名浜港など六
ヵ所護岸決壊
伸びる愛の手・進む復旧 義援金受付中

参本また流会  同志会が開会に反対

参院は二十七日定例の本会議を開
く予定だったが、同志会が反対し
たため流会となった。参院自民党
は同日朝の国対委で政府からチリ
地震津波の災害報告を聞くとの方
針を決めた。これに引き続き参院
は午前十一時半から議運委理事会
を自民、同志会両派だけで開き、
災害報告の聴取と現地への議員派
遣を協議した。

特別立法化をしぶる  大蔵省 被害額の確定待ち

大蔵省はチリ津波災害対策を検討
しているが、これまでの被害状況
報告から見て、災害の規模は最初
予想されたよりかなり小さいとみ
ており、いまのところ被害額の確
定待ちの態度をとっている。
 被害状況をみると農林水産関係
 被害が最も大きく、漁民救済が
 災害対策のポイントとみている
 が、現段階では天才融資法発動
 や特別立法措置などについては
 慎重な態度をとっており、また
 公共土木施設関係については被
 害額が小さく、特別立法措置を
 講ずる必要は全くないとしてい
 る。現段階における大蔵省の態
 度は次ぎのとおりである。
一、真珠その他養殖施設関係の被
害は、二十七日現在の報告では一
応六十六億円となっている。伊勢
湾台風災害の際は七十七億円の被
害で、養殖施設の災害復旧には十
分の九の高率補助を行なう特別立
法措置を講じた。こんどの災害で
特別立法措置を講ずるかどうか問
題になることが予想されるが、い
ままでの被害報告は正確なもので
はなく、実査定で被害額が半減し
た例もあるので、まだこの点につ
いてハッキリした見通しを立てる
段階でない。
一、漁船被害は十億円と報告され
ている。伊勢湾台風被害は八億円
で、無動力船と、五トン未満動力船
に十分の八の高率補助を行なう特
別立法措置を講じた。漁船建造の
特別立法は前項と同じ理由で、ま
だ予断する段階ではない。ただ被
害報告は三千隻で十億円となって
いるが、一隻当たり三十万円とい
う数字はやや大きすぎるのではな
いか。
一、養殖施設や漁船の被害が伊勢
湾台風被害と同規模のものとなっ
た場合は、特別措置を講ずる必要
があるだろう。しかしその場合で
も、いまの国会の空白状態からみ
て立法措置が可能かどうか疑問視
されるのでむしろ別に方法を考え
ることが必要になろう。特別立法
措置によらずとも、予算措置する
ことができるが、すべては正確な
被害状況がつかめてからである。
一、公共土木施設被害は現在まで
三十億円以下であり、特別立法措
置は全く問題にならない。
一、天災融資法は農産物、漁船、
漁具などの被害が五十億円をこえ
た場合というのが発動の基準とな
っているが、現段階では発動する
かどうかの根拠は全くつかめてい
ない。
一、いずれにせよ被害規模はあま
り大きくないので、査定は順調に
進むだろう。災害関係支出は予備
費支出で十分まかなえる。

災害のお見舞

稀にみる今回の津波被害、
皆様如何お過ごしかと心から
お案じ申し上げます
 サントリーウイスキー・トリスウイスキー
 赤玉ポートワイン・ヘルメス洋酒
   洋酒の寿屋

災害地の皆様に  謹んでお見舞申し上げます

   三井銀行

議員派遣結論出ず  参院の議運委理事会

参院は二十七日午後二時半から議
運委理事会を開き、自民、無ク、
同志会の三派が出席して災害地へ
の議員派遣を協議したが、意見が
まとまらず三十日に持ち越した。
この議運委理事会では同志会が反
対したため、自民党も二十七日に
本会議を開いて議員派遣を決める
ことを断念したが、三十日中にも
委員会から派遣するなどの方法で
議員派遣を決めたい意向である。

きょう首相所信表明  内閣記者団と会見

岸首相は二十八日午前九時から首
相官邸で内閣記者団と会見、現在
の緊迫した政局の収拾と、その政
治責任、変則国会に対する考え方
ならびにア米大統領の訪日問題に
関する所信を明らかにする。

河北春秋

国会はもたもたし
ながら、ついにき
のうから本格的な
変則国会にはいっ
てしまった。野党
側は国会の会期は
終わったというわけで、選
挙区に帰るもの、津波の被
害調査に出かけるものなど
あって、すっかり国会ボイ
コット▼一方自民党のほう
は五十日の会期延長が成立
しているということで与党
だけの単独審議を続ける方
針のようだ。かくて国会は
全くの分裂症状にはいった
わけで、空白どころか暗黒
状態だ▼このまま国会が続
けられたらどういうことに
なるのか。議会政治という
いちばん大事なものが、ド
ロ沼深くおちこんでいくば
かりだ。日がたてばたつほ
どこのドロ沼からはい上が
ることは困難になる▼一日
でも早くドロ沼からはい上
がる努力をやってもらいた
いのだが、しょせん水と油
の与野党の主張では、その
妙手もなさそうだ。やはり
残されたものは総辞職か解
散ということだ▼チリ津波
は全く悪い時にやってきた
ものだ。被災者たちは、こ
のドロ沼国会のかげで特別
立法の救いの手を待ってい
るというのに、まことに情
けない国家最高機関である
ことよ▼きのうは福田農
相、渡辺厚相が現地視察に
やってきたが、岸首相もぜ
ひ被災地を視察して、とく
と被災者の悲惨な現実を見
てほしい。鉄条網の中にば
かりはいっていたのでは、
ほんとうの実感はわくまい
▼そしてこの被災者たちを
救うにはどうしたらよい
か、とくと正しい、効果的
な方法を考えてもらいた
い。災害対策は一日を争う
緊急を要することだ▼津波
対策だけは何とか便法が考
えられないものか。超党派
で相談してほしい。ダメな
ら解散を早くすることだ。
解散しても津波対策の立法
化は参議院の緊急集会でも
やれるのではないか。むし
ろこの方がてっとり早いか
もしれん。

津波被災地の皆様へ  謹んでお見舞申し上げます

弊社も若干の被害を受けましたが鋭意
復旧に努めております
早速お見舞下さいました各地の方々に
心から御礼申し上げます
 日本海捕鯨株式会社