文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

”伊勢湾”上回る優遇策  津波対策 特別立法 政令ほぼ出そろう

チリ地震津波対策の特別立法八件
は二十日に成立したが、これに伴う
施行令など関係政令もほぼ出そろ
い、二十一日「天災融資暫定措置
法の適用に関する政令の一部を改
正する政令」が閣議決定したのを
皮切りに逐次決定、公布される。
 これら八つの特別立法に伴う
 関係政令は、各省が大蔵省と折
 *ずみのものから順に自民党政
 議会に送り込み、同意を受けて
 おり、現在、全く調整のついて
 いないのは「被災漁村における
 漁民の共同利用に対する特定の
 漁業施設の設置に関する特別措
 置施行令」だけとなった。
これは法律のそものが党要求と大
蔵省の意見が合わず難産、内容を
すべて政令にゆだねたまま通した
ものだけに、政令で定める対象部
落、被害割合などが全然決まらず
ただ法第二項で定める漁業施設は
水産物干場、加工施設その他の共
同利用施設、ノリなどの養殖施設
小型定置網などの網漁具と決まっ
ただけである。
 総じて農林水産対策は大幅に
 政令にゆだねられ、政令の緩和
 が被災地から強く望まれていた
 小型漁船の建造に関する特別措
 置法施行令などでは、伊勢湾台
 風の施行令が「一漁協当たりの
 被災隻数二十五隻以上」を対象
 としたのに対し、今回は十隻以
 上とし、また対象範囲は伊勢湾
 なみに「五トン未満」と農林省は
 規定したのに対し、党政調会が
 **に五トン船も含めるよう要求
 「五トン以下」と変更させたり、
 伊勢湾台風を上回る手厚い優遇
 策がとられることになった。