文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

津波の跡はなお


地球の裏側から不意打ちの襲ってきたチリ
津波。あれからもう半月余を経た。家を、
舟を、田を押し流され、瞬時にして人生の
設計変えを余儀なくさsれた人々。復旧進む
とはいえ、津波の跡ははお、三陸沿岸に激
しい痛みを加えている。

対策も掛け声倒れ 零細漁民にシワ寄せ

老婆のつぶやき
 ○…泥水をかぶって汚くなっ
た小舟に腰をおろしていた老母
が「どうしたらいがべなあ」と
つぶやいていた。津波が去って
二週間、八戸の白銀海岸の夕方
しきりにカモメが飛んでいた。
まだ家は倒れたまま、砂浜は下
*がまじっていて、短ぐつがす
っぽり埋まる。流木があちこち
倒れていて半分も片付いていな
い。火事場の跡さながらであ
る。ウミネコで有名な*島のあ
たりから浜続きの白銀、小中野
といった部落が最もひどい被害
を受けた。イカ釣りとその加工
で命をつない
てきた零細漁
村である。津
波が来なくて
さえ漁のない
四、五月には
生活扶助をも
らう家がふえ
るというその日暮らしの漁師た
ちが多いところ。老母のこの先
どうしたらいいだろうかという
”つぶやき”は全被災者の叫び
でもある。

 海の男もなみだ顔

 ○…小中野公民館の二階、三
十畳ほどの部屋に、ゆくあての
ない五世帯二十人が収容されて
いる。七輪とナベ、カマ、バケ
ツ、これだけが唯一の家財。昼
日中というのにほとんどの人が
毛布をかぶってゴロ寝。疲れ切
っているのたろう。無心にねむ
る女の子。まくら辺に転がって
いるこわれたビニールのオモチ
ャがあわれである。部屋の片す
み小さな位牌が一つ。何一つ
持ち出すことができず、子ども
を抱え、この位牌だけを胸に逃
げてきたというのだ。収容者の
一人、熊谷平蔵さん(三〇)はイカ
釣り漁師。舟で通うのが大変な
ので去年の暮れに高台からわざ
わざ海辺へ引っ越してきて難に
あった。「流される運命だった
なす」と妻と小さい三人の子を
抱えて、たくましい海の男もな
みだ顔である。

 役所に眠る救援品

 ○…さる四日まではこの収容
所でも食事が支給されていた。
ところが五日からは災害救助法
が切れて、食事は各自負担とい
うことになった。無一文の熊谷
さんらはその日食う米もない。
さっそく市にかけあったところ
特典ということで米が一〇キロば
かり支給された。副食を買う金
がない。これも交渉したら社会
福祉協議会の助け合い募金から
千円ー二千円を融資するから保
証人をつけろ、ということだっ
た。ある市議の好意で保証し
てもらい、やっと借りた。しか
し、この米とこの金で一体何日
生きられるだろう。「どやした
らいいがわかりません。七月に
なればイカ漁が始まるので何と
かなるが、それまで何食って生
ぎたたいいが…」熊谷さんは
ヒゲののびた顔をくしゃくしゃ
にして深刻だ。そういえば青森
県でも被災者への義援金や品物
がどんどん集まっている。それ
がまだ役所の食庫に眠ったまま
被災者の手に届いていないの
だ。「被害額に応じて公平に配
分するため調査に手間がかかる
のです」お役所の弁には、情と
いうものが感じられない。

 復旧も金しだい

 ○…八戸では大工がいないと
いうことである。大会社や大工
場が社宅の修理に市内の大工を
かり出したためだ。金のない人
ほど復興はあとまわしである。
それに最近被災地の部屋代が急
に上がっている。権利金や敷金
をとる家もあるという。間借り
でも…と考えていた被災者たち
はこの話にガックリしている。
弱いものいじめのムジュンはここ
にも横行している。このため同
市は「一戸十五平方メートルの応急住
宅を早急に建てたい。まず家さ
え保証すれば、漁期が近いので
何とか切り抜けられるだろう」
(西館市福祉事務所長の話)と
対策。十七日に臨時市会を開く
ことになっている。八戸地区だ
けで四百隻の漁船が被害を受け
た。ことしは名物のイカ漁も出
漁船が少なくてさびしいことだろ
う。ここでは船主と漁師との間
に雇用関係がないので、だれで
も乗り組める。だから被災者た
ちは出漁船があったら早速乗り
込んで百円でも二百円でもかせ
ぎたいといっている。しかし漁
期まではあと十日から半月ぐら
い間がある。その間の食いつな
ぎをどうしよう。いまいまの金
が欲しいというのだ。あすの千
円より今日の百円、そこま
で切迫している。(一条記者)
【写真】八戸市白銀で

津波被災地義援金 11日受付分 (敬称略)

【本社扱い】九千四百七十円(仙
台市*屋町)町内会▽四千二百一
円(同市北九番丁)宮城県立盲学
校教職員生徒一同▽千円(同市
東四番丁)仙台市営バス松葉会▽
五千円(同市東一番丁、東一ビ
ル)*和不動産従業員一同▽二万
八千二百二十円(同市南五十人
町)町内会一同▽五百円(北海道
駐とん自衛官)H・K▽一千円
(仙台市北目町)青柳敬一▽百円
京子▽四万三千三百三十六円(東
京都千代田区神田駿河台)明治大
学宮城県人会▽六千四百五十円
(仙台市八*小路鉄道官舎)古城
会▽一万九千四百七十円(同市中
野)婦人会▽二千円(宮城県鳴瀬
町)鳴瀬家政高等学園生徒一同▽
一万五千八百二十円(仙台市向山
経ヶ峰)親交会▽五千円、全てい
労働組合仙台簡易保険支部組合員
一同▽三百五円(仙台市七郷小学
校)藤田部落子供会▽三千円(同
市本荒町)安部幸株式会社仙台支
店一同▽二千円(宮城県岩出山
町)一学生▽五千円(仙台市南町
通)株式会社三和商会、三和電気
商事株式会社▽三千円(同)株式
会社栄*▽三千円(同)株式会社
幕田商店▽一千円(同)財団法人
日本交通公社東北支社▽二千円
(同)五番街遊技場▽一千円(同)
扇屋酒*▽一千円(同)株式会社
芦野商店▽一千円(同)針幸旅館
▽一千円(同)横山達三▽一千円
(同)小梅林▽四千六百円(同)
玉沢従業員一同▽一万円(同)株
式会社玉沢▽三千円(同)七十七
銀行南町通支店▽三千円(同)ニ
ューフロリダ▽二千円(同)銘*
機会株式会社▽一千円(同)宮城
第一信用金庫▽一千円(同)百般
印刷工芸社▽二千円(同)川島紙
器店▽一千円(同)後藤庄之助▽
一千円(同)滝場睦郎▽一千円
(同)丸善害▽一千円(同)矢川
文平▽一千円(同)高橋益太郎▽
五百円(同)菊池タバコ店▽五百円
(同)山口泰助▽二千円(同)株
式会社植松商会▽一千円(同)株
式会社伊藤商店▽一千円(同)山
沢郁夫五百円(同)鳥山菓子店
▽一千円(同)千茂登*▽一千円
(同)株式会社吉田会喜商会▽三
千円(同)株式会社遠藤貞問商店
▽三千円(同)*産相互銀行仙台
支店▽一千円(同)農林中央金庫
仙台支店▽三千円(同)株式会社
三浦善作商店▽一千円(同)有限
会社宮城鉱油商会▽一千円(同)
南町美容室▽一千円(同)合名会
社堀田ガラス店▽一千円(同)桜
井広平漆器店▽一千円(同)増賀
郁次▽一千円(同)むらた▽一千
円(同)岡田正治▽一千円(同)
株式会社たぬきや▽五百円(同)
村上モト▽一千円(同)株式会社
日興商会▽一千円(同)三宝物産
株式会社▽一千円(同)北谷商店
▽二千円(同)大正海上火災保険
株式会社▽一千円(同)三松家電
月賦販売会社▽一千円(同)青
*テレビ電器販売会社▽七百円
(同)今野庄吉▽五百円(同)板
垣仁▽三千円(同)横山輸業商会
▽二千五百円(同)斉川運道具店
▽二千五百円(同)千台ビルディ
ング▽二千円(同)阿部酒店▽二
千円(同)久松商会▽三百円(同)
谷千代▽二千円(同)佐藤達夫▽
一千円(同)*藤源太郎
▽一千円(同)加藤軍治▽一千円
(同)佐藤量▽三千円(同)東京
発動機仙台支店▽一千円(同)東
北信用組合▽二千円(同)高秋商
会▽一千円(同)菅野釣具商店▽
五百円(同)谷正三郎▽五百円
(同)山幸製麺所▽五千円(同)
明治屋仙台支店▽五千円(同)斉
藤写真工業所▽一千円(同)金丸
義雄▽一千円(同)江栄館▽五百
円(同)全日本観光株式会社▽一
千円(同)日本セメント仙台出張
所▽一千円(同)大黒葡萄*仙台
支店▽五百円(同)昭栄電気株式
会社▽一千円(同)日本生命保険
相互会社仙台支店▽一千円(同)
めーぼー▽二千円(同)日動火災
海上保険仙台支店▽一千円(同)
山口屋酒舗▽三百円(同)阿部重
子▽五百円(同)美容ローズ▽五
百円(同)かご本商店▽二千円
(同)宮城労働金庫▽二千円(同)
仙建工業株式会社▽一千円(同)
宮城ラビット販売会社▽一千円
(同)国鉄労働組合仙台地方本部
▽一千円(同)壱岐紙店▽一千円
(同)大和生命保険相互会社仙台
支店▽二千円(同)大成火災海上
保険株式会社▽二百円(同)開化
庵▽一千円(同)安斉スリッパ商
会▽三百円(同)手塚貴美子▽九
百五十円(仙台市川内)自動車学
校職員生徒一同▽五千五百三十円
(仙台市)赤門学志院職員学生一
同▽二万円(同市定禅寺通)米屋洋
かん仙台支店▽一万二千九百三十
円(同市東九、東十番丁)仙荻町
内会一同▽二千四百二十円(同市
越路)藤崎縫製工場従業員一同▽
一万円(同市国分町)宮城県金融
業協会▽一万二千円(同)同役員
有志一同▽四千八十一円(同市東
七番丁)鉄道用品作業株式会社従
業員有志一同▽八百円(同市川内
**通)柴田千草、菊池良子、半
田由紀枝▽三千円、大協石油仙台
営業所▽二千円、同従業員一同▽
四百二十九円(仙台市東三番丁)
宮城学院高校生徒会有志▽二千円、
仙台市南本通商工青年会▽三千
六百円、宮城県第二工業高校職員
一同▽六千六百三十円(仙台市北
二番丁)仙台調達局職員組合員一同
【石巻通信局扱い】一千五百円(宮
城県江南町広淵)広*会一同
【塩釜通信局扱い】一千五百六十
五円(宮城県松島町)松島海岸青
年団
【吉川通信局扱い】六百十一円
(吉川市)*滝中生徒会▽一千五
十円(同市上法*河*)カトリッ
ク教会信者一同▽一千円(同市季
*)西部慶友会一同
【小牛田通信部扱い】一万五千五
百六十円小牛田*高職員生徒一同
▽三百円(宮城県小牛田町下小牛
田)中部落父母教師会
【中新田通信部扱い】二千五百七
十円(宮城県加美郡色麻村)色麻
中学校生徒会一同
【大河原通信部扱い】三千三百五
十円(宮城県村田町)鹿野自治郷
一同
【東京支社扱い】五千円(東京都
中央区銀座)阪田商会
【大阪支社扱い】一千五百円(西
宮市***)上田あい子、*
【相馬通信部扱い】一千円(相馬
市中村)菅野新聞店店員一同
【三沢通信部扱い】五十円(三沢
市*岡町)難波久子▽百円(同市
平畑)鈴木庄七▽百円(同)熊谷
金夫▽百円(同市幸町)鈴木勉
【東北放送扱い】十万円(仙台市
長町)東北ゴム従業員一同▽一千
四百円(同市*宝荘)国見幼稚園
【河北新報仙台販売会社*町支店
扱い】二千円(仙台市鉄砲町)土
*会会員一同
計 五十二万二千八百
九十八円
累計 一千六十七万九
千二百五十八円
訂正
十日受付分中、一千三
百円(仙台市東一番丁)
日本鉱業株式会社仙台営業所所員
一同は六千三百円も誤りでした。