文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

内務農林両省から  一千万円を要求す   復旧並助成費として

(東電)三陸地方震災被害産業復旧並に災害復旧助成費は岩手、宮城青森各県知事並びに北海道長官よりの申請に基き農林省、内務省に於て審議中十八日左の如く農林省五百八十二万一千円、内務省四百二十万円を夫々大蔵省に要求することに決定し直ちに書類を提出した。(この数字は後刻変更になるかもしれない)右予算は大蔵省に於て査定の上二十二日頃の閣議に附して直ちに衆議院に昭和八年度追加予算案を提出の筈(単位円)
農林省産業復旧助成費
 漁船復旧助成   一、九二〇
 漁港復旧助成   一、四四九
 水産共同施設助成   七八二
 荒地及桑園復旧助成  五二〇
 種苗■種及飼料購入資金補助
            一〇三
 共同作業場新設及び農産具購入
 助成         六八五
 木炭倉庫復旧助成    五七
 家畜購入資金補助    一四
 雄■共同飼育場設置補助 一八
 津波災害防止調査費   四四
 低利資金利子補給費  二二三
 計        五、八二一
内務省災害復旧助成費
 警備費補給      二五〇
 救護費並に救療費補給 四〇〇
 歳入欠陥補填の他復旧資金国庫
 貸附金        九五〇
 復旧資金貸附利子補給費一〇〇
 復旧土木事業補助 二、二〇〇
 耕作地整理費補助   二〇〇
 復興事務取扱費    一〇〇
 計        四、二〇〇
右内務省の四百二十万円の各附県割当は宮城県百万円、岩手県三百十八万円、北海道は住宅資金貸附に対する利子補給費約四百円、青森県の警備費及び救護費約二万円程度でその他費目は全部宮城、岩手両県関係のものである。尚右の外内務省より大蔵省は要求する低利資金融通要求額は三百万円である。

震災救済予算は  廿三日迄に提案   昨日の衆議院予算総会

(東電)衆議院予算総会は十八日午前十一時開会藤井主計局長より
 三陸地方震災地救済に要する経費に関する追加予算案は大体二十三日までに提案を得る見込みである。
旨を述べ島田俊雄君(政友)より右を督促し牧野賤男君(政友)硫安問題について質し
△牧野君 挑戦窒素の市価つり上げは全く硫安の内地輸入を助長している而も朝鮮総督府がこれを擁護しているのは不都合ではないか。
と突っ込んだが長瀬局長言葉を濁して明答を避ける堀切大蔵次官過日若宮君よりの質問に対し寺院建築計画予定について説明をなし
△小川郷太郎君(民政)
 一、追加予算成立の結果今月中に本年度分残り三億円の公債を発行せねばならぬと思うが如何
 一、八年度追加予算三千万円の借入金を日銀で引受けるか預金部にその余猶があるか
△富田理財局長 本年度分公債発行金額三億円の中には繰越すものが出来るからその全部を本月中に発行する必要はない
△川越預金部長 八年度の大体計画としては二億円余の資金の余猶が出来る見込みである海軍工廠借入金三千万円はそのうちから預金部で引きうけるつもりである
△小川君 二億二千万円の余猶では地方低資その他止むを得ざる資金を出すだけでも不充分な位である借入金や公債を引きうけるためには手持ち公債を買る外はないと思うが如何
△高橋蔵相 三千万円位なら預金部で大丈夫引受け出来ると思う
△小川君 為替管理部には為替の実務経験者を入れるつもりか又為替管理委員会の人選権限等の大体方針如何
△高橋蔵相 管理部も委員会も適材を挙げて嘱託し身分の如何を問わない
と答え午前十一時五十五分休憩

震災租税減免 貴院委員会

(東電)貴族院の地租法中改正法律案委員会は十八日午前十時二十分開会
一、震災被害者に対する租税の免除猶予等に関する法律案
を議題とし中島主税局長より説明あり加藤政之助君
一、関東その他の地震の場合の救済法律と異なる点は何処か
二、所得税を既に納付したる所は還付するか
三、免減の金額はどの位か
石渡政府委員
一、前の法律と異なることは殆んどない
二、所得税は未だ納付していないと思う万一納税している場合は還付する
三、免減額は凡そ三十万円である
大橋新太郎君 地震国として地震の都度法律を出すのはどうかと思う。
中島主税局長 将来立法する様考慮する。
と答え直ちに討論に入り重松友光子爵等より賛成演説あり採決の結果全会一致可決し同四十五分散会。