文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

竜顔を曇らせ給い  御同情深き御下問   大金侍従きのう御前に出仕    視察状況を伏奏

(東電)天皇皇后両陛下より東北三陸震害御救恤金並びに聖旨令旨伝達の為御差遣の大金侍従は前後九日間に亘り宮城岩手青森三県下の震災罹災者慰問災害状況等の視察を終えて十二日朝帰京したが同侍従は十三日午後四時半右を伏奏の為め宮中に出仕、御学問所にて特に天皇陛下に拝謁を仰付けられ約一時間に亘り視察状況を具さに奏上申上げ三県下当局よりの御礼を言上したる後更に一村落では役場を失ったので野天で村長に対し東北地方の天恵薄きは気の毒に堪えない旨の御■念の御言葉を伝達したるに周囲に集まった村民は痛く聖旨に感激感泣した旨など詳細に申上げたところ陛下には御注意深く御聴取あらせられ時々御顔を曇らせ給い物資配給救護状況今後の罹災民の生活などにつき種々御同情深き御下問あり。同侍従は思召しの程に感激退化した。同侍従は十四日更に皇后陛下に言上の筈大金侍従は退下後謹みて語る。
 千尺以上もある山を越え海を越えて罹災民を慰問視察致しましたが余りの惨状に幾度か眼を覆ったこともあり惨憺たる光景は言語に絶し凄惨の極みでした。唯私の視察した処では東北の人々はこの大天災に悲観計りして居らず復興に力強い歩を進めて居りその隣人愛の熾烈なることには感激措く能わざるものがありました。

感冒.肺炎.膓疾患  罹災地に続々発病   きのう現在で八百七十八名    餓えと寒さの悲惨

三陸沿岸不時の災害のため罹災民には餓と寒さから感冒肺炎腸カタル等々罹病する者多く県其他各般から発せられた診療班救護班は重軽傷者の手当の他にそれら患者の救療に目まぐるしい多忙である村別罹病者は左の如くである。十三日現在調べ
 村別  感冒  肺炎  腸カタル  其他
小 本  一五   二    二    六
田野畑  四〇   六   −     一
普 代  四〇  −    −    一三
越喜来  四〇  −    −    −
綾 里   九   二   −     五
赤 崎  三〇   五   三〇   −
大船渡  二一   一   −    −
末 崎   四  −     一    五
広 田  −   −     一   −
気 仙   五   一   −    −
宮 古  三〇   三   −    一三
田 老  二〇   七   −    五五
磯 鶏  一五   七   −    一八
重 茂 一八五  一四   −     六
崎 山   七   三   −    一〇
津軽石  一六   六   −    一六
中 野  −   −    −    −
種 市  −    二    二   −
釜 石   一   二   −    九〇
唐 丹   五  −    −    一二
大 槌  一〇  −    −    二四
鵜住居   一  −    −    一二
 計  四九五  六一   三六  二八六
 総計  八七八

消毒に全力  薬配給一段落

罹災地へ配給の消毒薬は県衛生課の手に依り災害第一日目から診療班が携え原地に向うと同時に絶え間なく補給され漸く十三日に至り第一回目の配給を終え第二期に入ることになった。今まで配給された消毒剤は左の如く多数に及んでいる。
クロール石灰
  盛   久    釜   宮   岩
      慈    石   古   泉
  署   署    署   署   署
 二四〇 一八〇  三六〇 二四〇  五〇
クレゾール
 一六〇  四〇  三〇〇 一八〇  五〇
ミキゾール
 七三〇 一二〇 一〇〇〇 七五〇 一五〇

物資より金を  配給は順調に進んだ   ◇・・・前田内務部長語る

震災地の配給に県はここ十日以内に寝具一万を至急配布することになり次いで炊事用具三千食器一万を取揃え発送し十三日市農会等に依託市内野菜の現在高を調査し野菜の配給準備を進めつつある。義捐者に対しての希望を前田内務部長は語る。
 県の配給は順調に進んで居り一部にとかくの評あるのは出先配給地に於て人手不足から起る事であろう。県は誠心誠意各方面からの支援を得て一刻を争って罹災救恤の手を延べている。この際県内外の同情者に希望したい事は物資よりは現金を必要として来たことである。どうかこの辺を諒解されて頂きたい。物資のみでは一方に■し罹災者の生活の変化に時宜の処置をとられない■みがあるからである。

野菜来る!  罹災民の歓呼

県からの配給慰問品白米五百三十二俵野菜(甘藍、白菜、ニンジンゴボウ)二百俵重油百■を十三日御前三時釜石港入港の三陸汽船会社白金丸で塩釜経由送附されて来た。最近慰問品薄で其の対策を苦慮して居た。町当局では非常に喜び感謝して居る殊に野菜は町内では求むる事不可能で普通民家で葱一本一銭位で漸く手に入れる有様である。漁船の原動力である重油も百■送られて来たので漁船の活動にも大いに助かる訳である。配給■は次の如く各地に分配された。
 町村  白米     野菜   重油
 釜石  四二一キロ  五七俵  五一缶
 大槌  二三八    五七   三一
 唐丹   七三    四四    六
 鵜住居  −     二七   一二

食糧品配給  きのう県から

十三日県の食糧品配給は釜石盛宮古方面に貨車四車久慈岩泉にトラック七台で発送した。

雫石改修工事の 人夫等醵金

内務省営匡救土木事業で雫石改修工事に当っている盛岡、滝沢、太田、本宮、徳田一市四ヶ村の約千四百名の人夫は東海岸の災害を聞きこの際僅少ではあるが何かに一助にもと去る。四日から都合六日迄三日間毎日夜業を行って得た賃金の二分づつの歩増金を醵出し四百七十七円二十三銭を十三日正午県を通じて罹災民へ贈った。

火災保険金  即時払い   釜石契約者   大会で決議

今回の災害で火災保険契約者に対し未だ保険金支払いの有無の通知がないので釜石町の契約者達は激昂し十二日午後八時から会議室に於て火災保険契約者大会を催し保険金即時支払いを各会社に要求する事になった。

罹災地の若人□□  海国男子の意気   懸念された海軍徴募検査    予想外の好成績

海軍徴募検査所は震災地に限り開設を延期又は中止してはとの話があったが徴募は国防計画を左右する重大な国家事務でありその見合せは絶対に不可。但事故不参者の多数はこの際如何ともなし得ないとの見解で過般上閉伊気仙両郡下の徴募を施行した結果上閉伊郡では志願六十名中不参四名で合格十五名気仙に於ては不参者僅かに二名を出したに過ぎず不参数は例年に比し異なる所なく震害地からの志願者は何れも口を■めて採用を徴募官高田少佐に懇願する涙ぐましいものがありさすがに非常時海国日本を背負ってたつ気魄のけなげさに徴募官一同は感に打たれたと十三日帰庁の県兵事課平賀■山両属は語って居り上閉伊郡の合格率は高田少佐班施行分中最上の成績である二十七パーセントを示している。

茂市川井両青訓  査閲の延期申請

下閉伊郡茂市川井両青訓査閲は十五日午前午後に分れ長峰少佐査閲官で施行することになっているが川井青訓より津波応援のため出動中であるから何んとか延期して貰いたいと申請して来た。

国崎司令官慰問

国崎連隊区司令官は十四日盛岡発罹災地一巡し今後の救済其他に関する視察調査を兼ね慰問する事になった。

石黒知事の放送  災害状況を述べ各府県に深謝の意   十五日頃東京から

滞京中の石黒知事は十五日頃東京中央放送局から本県東海岸を襲った大海嘯の被害状況を全国に向って放送することになり十三日官房秘書係へ放送資料の送付方電命あったので至急右資料を取纏め午後六時発列車で送り届けたが放送に当り知事は時間の許す範囲内において災害の状態をつぶさに述べ各府県がこの度震災に寄せた同情を深謝し今後の復旧復興について一層の援助を乞う筈である。

罹災地慰問 劇と映画

盛岡地方消費組合準備会では今回の三陸沿岸救援のため来る十八日夜六時半から県公会堂に劇と舞踊と音楽の夕べを開催し益金を罹災地に救援することになった。会費は十五銭で演物は仁王女子青年団の長唄、櫻城ハーモニカバンドの合奏及び漫談、演劇乞食と夢その他頗る盛沢山である。

震災地小学の  要救済児童   六千六百九名

震災地小学校の要救済児童数は県教育会で調査の結果十三日六千六百九名に達し居ること判明したが罹災小学校に於ける救済児童数は左の通りである。
◇気仙郡 末崎一六七 大船渡四五一 広田一六〇 小友七八 米崎三一 高田二 気仙七八 赤崎九一 蛸浦一一六 綾里二七八 砂子浜二八 越喜来二一八 侍浜一五一 吉浜八三 小白浜二八九 大石三一 計二二五二
◇上閉伊郡 釜石五七五 平田二一 白浜一九 釜石鉱山一五 鵜住居二二三 箱崎三〇 大槌三八三 安渡三三七 吉里吉里一七四 計一七九三
◇下閉伊郡 宮古二六二 鍬ヶ崎三一二 山田三五八 崎山一五 田老五三五 小本九五 罹賀三八 島ノ越六五 普代四三 堀内五五 磯鶏八〇 重茂六七 大沢一五〇 織笠一六九 船越二六一 大浦二五 計二五二八
◇九戸郡 久慈二 久喜三 小袖一 野田五八 中野七 宿戸一三 計八四

愛婦の活動

 1託児所の開設
 2お腰玩具慰問
愛国婦人会岩手支部では罹災地復興途上において最も必要なる託児所を開設することに決定し諸般の準備を進めて居るが予算三万円を以て罹災各部落三十ヶ所に有給保母並に奉仕的な婦人の活躍を待って開設する筈だが建物は小学校、寺院、神社等を利用し向後一ヶ年間の予定で開設することになって居るが罹災地各方面から大いに期待されて居る。
    ×
愛国婦人会岩手支部では忘れられがちな罹災地の婦人子供のために液石■同性の誼みで女らしい贈り物をしようと計画し県下全婦人の同情に待って婦人用お腰と玩具を救援することになった。婦人用お腰は地質や柄は何にても差支えないが成るべく汚れ目の立ち難い防寒品で直ちに使用出来る様仕立てて欲しいとあり玩具は家庭で使い古したもので結構だが絵本などを主とされたい之等は袋入れとし名札をつけて支部及び同職員又は市内交番に届出でられたしと県下の婦人よ同性のために救援して下さい。

被害現在調  震災十日目十三日

十三日午後四時現在の被害調べは午後八時ころ発表されたがその合計は次の如く行方不明は未だ一千四百九名を数えられるが右は殆んど絶望と見られている。
 △流失 二千九百七十五戸 △全壊六百五十戸半壊四百四十六戸 △焼失二百十六戸 △浸水床上二千七十五戸床下二百六戸 △死者一千三百八人 △負傷者七百八十八名行方不明一千四百九名

更生途上  雄々しき普  代村六部落

騎二三高橋大尉は十日普代方面の罹災精密調査を終って帰隊衛戍司令官への報告によれば普代村六部落共最近頓に人心安定し早くも自力更生の気分を生じているが各部落より一戸一名宛人夫が出て屍体捜索取片附け、通信連絡、配給品配布、倒潰流失家屋の取り片附け、配給品運搬等に働き同村役場にては又右の人夫一人につき白米二合宛を昼食として給与し又小学校女生、愛婦、女子青年団等は人夫に対する湯茶豆腐汁等の接待に働いて居り挙村一致善後処置自力更生に奮進している。尚同村富豪熊谷善六氏は所有船其の他を開放して便宜を計っている。

三陸海嘯義 捐金(十三日本社扱)

一金三十円也盛岡幡街■妓事務書類衣一包市内日影門 石川
 小計 金三十円
累計金二千七百七十八円四十九銭

県扱い(十三日)

十五円茨城県騰波ノ江小学校第八学級 五十銭乙部村長之輔 八五円東京市横須賀權次郎、中山伍作十円長野県宮下義男 六円八六銭石鳥谷町大瀬川小学校長 三円仙台市加藤義子 三五円埼玉県加須警察署取扱三俣村武州製糸株式会社 六円六六銭長野県上田市日の出町青年団一同 七円五三銭御所村南畑小学校一同 五円福井県内田多作 十五円三四銭鉄荒沢小学校職員児童一同 五円晴山村川崎忠作 三円福島県山林青年団 八円四銭愛知県横須賀小学校職員児童一同、同校内自治会々員 一百円仙台貸座敷業組合伊藤又八 七〇円三七銭黒石村村有志 一百円東京市女子専門学校渡辺女学校 四円三十銭玉山村黒石野分教所一同 同女子青年団一同 二五円上田市商工会議所 四円久慈町久慈聖書学院 三五〇円全国無尽集会所東京支部一同 十円内川目村男女青年団一同 三円上田市■糸学校■糸科一年生一同 九七円四五銭石鳥谷町在郷軍人会一同男子青年団一同 三十円京都市三上将介 三円二十銭田原村石谷小学校 二円同石谷女子青年団 七円七四銭茂市村暮目小学校職員児童一同 九十円六銭東京市荒川区青年団南千住町六丁目分■ 十円飯豊村青年団成田青年支会 八七円二五銭飯岡村有志 五円同飯岡消阪組一同 十円三七銭大川目小学校職員児童 百五十円東京市池口栄吉 二七円十七銭新潟県日本石油株式会社新津鉱城一同 十四円八五銭岩泉土木管区一同 一百円東京市千田ヶ谷財団法人修養園長平沼騏一郎 四四円二十銭群馬県立太田高等女学校職員及生徒一同 二円山根村端神小学校一同 二十円八七銭浄法寺小学校一同 十二円三七銭晴山村山内小学校一同 四円山内青年団一同 四円山内女子青年団一同 一円八七銭山形村日野沢小学校一同 八円五四銭軽米村円子小学校一同 九円六九銭衣川小学校児童一同 三六円本宮村村有志一同 十四円四二銭和賀郡沢内村猿橋小学校補習学校、青年訓練所、婦人会員一同 四円大日本帝国軍艦高雄八分隊操舵員一同 三二円山口県沖浦村婦人会出井支部 一千円東京市田中平八、田中銀之助 六百三六円三銭神奈川県庁員一同 十円東京新生基督教会有志 三円千葉県市川町在郷将校婦人会 八円五十銭長野県中野町メソヂスト教会婦人会 二円五十銭横須賀海兵団無名 八五円五五銭東京市中野寛二 七円十銭鋳川村青年団一同 一円七五銭北海道積丹郡野塚小学校六年生一同 三円日形村青年訓練所一同 一円五十銭同女子青年団一同 十四円内川目村職員児童一同 八円二九銭気仙郡高田小学校長 十円遠野町産婆会 一百円東京市工藤祐定 三百円東京府■内東京府消防協会一百円神奈川県消防協会 四八円八四銭浅岸村長 七十円東京魚市場小場組合事務所 七十円東京市入谷中部町会、入谷中部青年団、在郷軍人会下谷分会十六班 二七円三十銭東京市大井清太郎 十円東京市左門町々会、左門町青年団九円〇八銭刈屋村小学校職員及児童一同 三円六六銭茂市村腹帯小学校職員児童一同 五〇円福島県石川浅次郎 三〇円世田米小学校職員及児童一同 十円大阪市八幡伝次 二五円東京市渋谷区在郷軍人分会原宿第五班、同青年団原宿第一班 二円岡山県能勢正二 八円茨城県刈間小学校福田政信 二円福岡村口内好会 四円十銭京都近藤■沙店有志 五〇円京都市近藤仁兵衛 三円五十銭静岡県立三島高等女学校一年生佐々木恭子 十五円埼玉県秩父町大宮小学校生徒五年生荒川精子、三年生荒川節子 一八九円四銭東京市中野区上高田在郷軍人分会青年団十三分■十二円東京市大盛徳馬 五円東京徳光婦人会 五〇〇円東京市磐城セメント会社 二〇〇円山形県西郷村善賓寺 十九円四一銭久慈土木管区職員一同 三円大日本帝国軍艦北上大二生 四七七円二七銭雫石川改修工事従業人 二〇円盛岡少年刑務所職員一同
日計 五千八百五十七円三銭
累計 十万八千四百三十八六十円銭