文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

救護班増援

県警察部では四時四十分幹部協議の結果釜石方面の被害甚大とみて直ちに赤十字岩手支部と協議の結果救護班及び警官を増援することになった。

三陸大津波第二報 驚いて山に逃れ 消火務むる者なし  火に包まれた釜石

第三報(三日午前四時半遠野電話)(釜石線電話不通のため遠野と連絡す)
一、午前二時四十分ころより釜石地方に津波起る
二、東前松原の二ヶ所に発火す発火所不明
三、郵便局に延焼のお恐れあり
四、津波は六尺の増水
五、死傷者多少ある見込み
六、目下増水しつつあり
七、津波のため町民は火事をかまわず山に避難し之がため消火作業なく延焼まぬがれぬ

惨憺たる釜石  ■を没する泥濘を釜石訪問   小津波余震しきり

(午前六時半入電遠野経由釜石電話)午前三時四十分危険を冒し海岸方面の被害情況を見る—大湊附近は板沢旅館から膝を没する程度の増水をみる。只越町川畑嘉平宅附近から南側家屋の倒潰多数あり関東大震災を思わせる惨憺たる状態である。記者は家屋によじ登り鉄道附近に出る。線路上は全く泥海と化し停車場は奇蹟的にも残っている。尾崎神社の煉瓦塀はアト形もなく倒潰し傍に約五十トン位の船が打ち上げられている。尾崎附近は殆んど家屋倒潰しそれ以上海岸方面に進むこと不可能。元警察署前の火の見櫓に消防手が上って海嘯が襲来する度に警鐘を乱打している。尚釜石郵便局交換手は三時五十分まで職務を全うし去らずに奮闘した海嘯は時々来るが大した事はない地震もまた同じであるが危険なので一先ず去る。

鎮火の見込立つ(無風の釜石)

午前五時二十分釜石署からの報告によれば被害戸数は一千五百戸と判明、火災は三百戸に及び主なるものは殖産支店土木管理区削場二棟で死傷者ある見込であるが詳細は判明しない火事は今尚延焼中であるが幸い風はなく被害家屋は全町六千戸の内四分の一に達し鎮火の見込みはたった。

更に発火す(釜石鉱山五時三十四分発電報)

五時十五分別に只越、及川裏から発火盛んに延焼中で津波に依る死傷者多数ある見込。

ガソリン欠乏  ポンプ動かず

(釜石■五時五十分発)大槌鵜住居方面電話不通並に交通機関杜絶して音信なし大槌の奥村巡査鵜住居に阿部巡査、唐丹押切巡査白浜平太に高橋巡査を応援として派遣した結果の報告によれば釜石は今尚延焼中でガソリンが欠乏し消防ポンプ動かず。

罹災者  釜石校に収容

釜石町では警察署協同で食糧は岩手商行会社、釜石酒造会社、釜石鉱山の三ヶ所に配給所を設ける一方罹災民は釜石小学校に収容した。

食糧品不足

釜石では食糧品の不足をつげて来た。

県北 田野畑村料部落全滅す  小本普代の流失数百戸

岩泉署下被害状況は左の如く七時十分報告があった。
 一、小本村では六七十戸流失し死傷者は六七十名に上る見込
 田野畑村砂越部落全部約二十戸は流失し死者はあるも詳細は不明
 ■賀部落は五六十戸流失した
 普代村では二十七戸流失し大田名部々落は三十戸流失したので小本村小学校に死傷者及罹災民を収 容した
(久慈発午前七時三十分入電)九戸郡沿岸地方も相当被害を蒙り野田、宇部、久喜浜、大尻、二子浜、久慈湊、中野、長内、小子内、種市、八木港、川尻浜など主なるもので八木港は工営所初め約三十戸川尻浜は約十戸流失した久慈警察署では駐在巡査を総動員し警備並に救護に努めている野田村は三十戸りゅう失した

午前八時四十分着電

 田野畑 流失家屋百二戸死者十二名行方不明者四十五名其他負傷者多数
 小本村 流失八十死者百名負傷者は多数
 普代村 流失八十七戸死者一名負傷者多数尚医師五六名至急派遣ありたし

久慈

(久慈午前五時半発)本日午前二時四十分頃相当強大な地震のため海岸に激浪あり署下久慈町字久慈湊海岸に建設しありたる久慈工営所事務所一棟外長内村地内浜小屋(漁具置場)数十坪流失し又久慈における電燈は消え電話一時不通となった、尚長内、戸沢、宇部、中野、種市各村の海岸の部落に於て流失したる戸数相当見込で目下調査中、また汽車は線路に故障を起し不通となった人畜に被害なし
(久慈電話)三日午前二時三十分久慈町地方に水平動の強震約三分間続いて起り久慈町湊町停電し全町暗黒化したので町の半鐘サイレンは鳴らされたが海嘯が続いて起り明治二十九年の三陸ツナミの再来を思わせ人々は町の高丘の金毘羅神社境内附近に焚火し夜明けを待っている、海岸は危険で寄りつけず漁家納屋は殆んど流失久慈、工営所竹花小坂製材所は
流失した

野田

(久慈五時半発)久慈町倒潰二戸行方不明は二人位野田村二十五戸流失行方不明五六名あるが詳細は不明である。

岩泉

(岩泉署五時四十五分報告)本日午前三時半署下に海嘯あり相当被害ある見込なるも停電して暗黒にて詳細は不明で目下調査中である。

渡辺技手  行方不明   八木種市間   鉄道不通

(久慈電話七時半)九戸郡種市村八木部落三十戸流失八木港築港営所流失渡邊技手行方不明となるその他人畜の被害は不明。スリ木部落では二戸流失行方不明者三名で川尻部落では九戸流失人畜の死傷者は不明である。尚八木種市間鉄道路線崩壊して交通不能となり久慈港小坂千太郎は溺死と判明した。

青森東海岸 津波襲来

(五時三十分青森県庁報告)青森県東海岸二三ヶ所種差附近には小さい海嘯あったが被害は殆んどなく出嘯中の漁船には幾分の被害ある見込である。