文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

震災地産組復興に  低資融通に決定す   但し基礎確実のものに限り    日歩一銭二厘で

三陸震災地産業組合復興低資借入に関し黒澤県信連合会長、内川専務理事は過般上京。中央金庫に出頭陳情の結果愈々日歩一銭二厘で応急資金の融通を近く開始することに決定した。而して沿岸地方産組は未だ設立日浅きものが多く従来の組合成績では基礎確実ならざるものあるため中金として積極的融資し得ざる模様で融通に当り県信連及び中央金庫と取引があり預金準備金等基礎確実と認める組合に対し県当局が組合低資融資方針が決定せば直ちに開始される筈。尚県信連に対し罹災三十七組合よりの融資申込は百六十萬円に達している。