文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

罹災のお百姓に  馬鈴薯の種を   運送船で近く配給

(宮古電話)下閉伊支庁及び郡農会では今次震災罹災民救済の一端として馬鈴薯種子無償配給をなし食料の代りとなさしめる意向で右種子購入のため郡農会高橋技手、支庁から三浦技手の両名は十一日購入先の青森県三本木堀田農場に向った帰途は直ちに運送船二艘を以て順次沿岸罹災町村に配給するが総数一千八百八十俵に達している。尚右の外農具、肥料等をも配給し栽培に当っては栽培法をも教えて奨励する事になっているが罹災民はこの至れり尽くせりに深く感謝している。

三陸海嘯(四月十一日県扱) 義捐金

五千八百八十一円四六銭栃木県知事扱分 五十円秋田県鹿角時報社扱分 七十六円六九銭東京市■葉女子尋常小学校生徒 五円九二銭中内村長扱分村民 十三円六七銭仙台運輸事務所所員 三十三円朝鮮放送協会職員 四十五円十五銭宮城県因田村長村上勇吉 二十一円四十三銭新潟県上来山村民二円七十銭浪打村岩館青年支部会員 三円朝鮮慶南進永区家婦人会々員五円歩兵第三十一連隊第二中隊大下春雄 十六円三十銭北米合衆国ナマハ市工藤敏雄 十七円二九銭島根県粕淵村浄土寺聞信婦人会々員 四千五百三十二円四六銭愛媛県扱
 日計 一萬七百四円七銭
 累計 三十六萬一千六百二円四十九銭