文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

齋藤内務次官 宮古視察

三陸震災地災害状況視察の為来県した齋藤内務政務次官は土木局鈴木技師、都市計画課本田技師、吉耕県議、奥田県地方課長、齋藤保安課長及び山田迄出迎えた佐川支庁長、伊東町長等を従え予定の四時より一時間早く来着午後三時来宮直ちに藤原須賀に自動車で向いそれより徒歩で佐川支庁長、伊東町長の案内にて被害の跡を視察宮古町光岸地より漸次鍬ヶ崎方面を約一時間視察して熊安旅館に入り一泊した。
釜石町長等陳情
小野寺釜石町長並に町会議員一同は八日来釜鈴子旅館に入った齋藤内務次官に低利資金融通市街地建築物法施行、防波設備その他に就いて陳情した。

八日夜釜石鉱山鈴子旅館に一泊した齋藤内務次官は九日午前八時半旅館を出発。小野寺町長等の案内で海岸通り桟橋付近を視察後出発大槌方面に向った。九日は宮古まで視察の予定である。

種市代表震災 御禮廻り

九戸郡種市村議安藤信田両氏岡本宿戸米澤八木港両漁業組合理事は九日本社を訪問震嘯に際しての同情を謝した一行は語る。
 各方面からの深厚の同情を受け復旧事業は着々その緒につきつつあります一日も速かに生業資金の融通を求めたいと思っている。