文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

八日までに災害立法 首相、国会提出を指示

自民党川島幹事長、船田政調会長
は四日午前八時半すぎ、東京渋谷
の私邸に岸首相を訪れ当面の政治
問題について協議した結果、八日
まで災害立法を今国会に提出する
よう準備を促進することを決め
た。
席上、首相は今回の津波災害は個
人所有の漁船被害が大きく、漁船
保険などの補償措置がないため、
早急に救済策を講ずべきだと指示
した。関係省庁ならびに党政調会
は八日をメドに関係法案を提出す
ることになった。なお福田農相も
同日午前、首相と会談後「津波災
害立法は来週早々準備ができる。
来週中に国会提出できる段取りで
ある」と語った。

津波対策を急げ 県商議所連合会 国会の正常化を決議

県商工会議所連合会定時総会は、
四日午後一時から盛岡商工会議所
会議室で開き三十四年度事業計画
ならびに決算案、三十五年度事業
計画、チリ地震津波災害対策など
十九議案を審議それぞれ原案通り
可決した。会議冒頭、政情不安によ
ってチリ地震津波の災害がおくれ
ているので、すみやかに国会の正
常化をはかるべきだとの緊急副議
が提案され満場で可決した。この
結果早急に政府ならびに自民、社
会、民社各党に陳情することにな
った。

被災地は繰り上げ 県、地方交付税配分決める

県は四日、今年度第二回目の市町
村関係普通地方交付税の配分額を
きめた。総額六億四千五百六十三
万二千円だが、うち被災地に対す
るくり上げ交付税五千三百五十五
万六千円が含まれている。これは
チリ地震津波による被害の大きい
市町村に対し、九月交付分相当額
をくりあげて交付するもので、被
災世帯数が全世帯の一〇%以上で
ある大船渡、陸前高田、大槌、山
田の四市町には九月交付分の全額
一〇%未満、五%の宮古市にはそ
の半額を交付する。釜石市は災害
救助法の適用を受けているが、財
政事情がよいのでくり上げ交付さ
れない。交付額つぎのとおり(単
位千円、カッコ内は災害に伴うく
り上げ交付額)
 ▽釜石八、九七七▽宮古三〇、
 八九〇(一〇、二九七)▽一関
 二六、八四五▽大船渡十七、五
 四六(八、七七三)▽水沢一五、
 二四一▽花巻一八、五五八▽北
 上一九、一八四▽久慈二一、三
 〇五▽遠野一九、四九四▽陸前
 高田三一、七三二(一五、八六
 六)▽江刺二一、九三四▽岩手
 一二、一八五▽雫石一〇、〇七
 四▽葛巻一〇、八七〇▽紫波一
 三、六六七▽大迫八、九九六▽
 石鳥谷八、七九二▽東和七、五
 五三▽和賀八、〇九二▽前沢八、
 六九九▽金ヶ崎八、四三八▽平
 泉五、〇〇八▽花泉一一、三三
 四▽千厩七、五四二▽藤沢八、
 五四九▽大東一五、七〇九▽東
 山二、三九九▽住田八、〇四七
 ▽大槌一五、六五二(七、八二
 六)▽山田二一、五八八(一〇、
 七九四)▽岩泉一五、一六四▽田
 老五、一一二▽軽米一〇、二三
 六▽種市八、〇九二
 ▽福岡一二、二五〇▽一戸一
 二、九九一▽浄法寺四、七七〇
 ▽安代五、五七七▽玉山七、二
 〇一▽西根一〇、七五五▽江釣
 子三、三七九▽湯田二、九七八
 ▽沢内四、八三一▽衣川四、四
 二二▽胆沢八、二〇六▽室根五、
 三三九▽河崎四、五七三▽三陸
 六、二一七▽宮守五、〇四四▽
 田野畑五、一〇五▽普代三、五
 六三▽新里二、八六七▽野田
 三、八九六▽山形五、三五二▽
 大野五、一一一▽九戸六、二四
 〇▽金田一三、〇九七▽松尾
 三、三七六▽盛岡二三、一六八▽
 滝沢五、〇九五▽矢巾五、四六
 九▽都南七、八一〇▽川井三、
 四四六 ▽総計六四五、六三二
 (五三、五五六)