文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

海嘯罹災者救恤義捐金募集広告

嗚呼明治二十九年六月十五日は如何なる凶日ぞや。本
県海岸挙げて海嘯に罹り同胞の死傷じつにその報を
得たるもの一万以上に達せり。その未詳に属するもの
を合わせばまさに幾万ぞや。加うるに家屋の流失財産の
蕩尽等惨状実に言うべかり。その僅かは万死を免れたる
ものといえども親子相分かれ夫妻相失し居るに家なく食
うに菜なく飢餓旦夕に迫り災後更に幾層の悲惨を
添え惟うに本県人士の仁慈にして義侠に富める先
年濃美の震害近県の水火災に対し大に奮て義捐金
を醵出せられたりき。今や本県内同胞のこの如き前
古未曾有の罹災に対しその如何の義侠心を発揮せら
れべきかはまた言うを要せざるを信ず。ただ上肖等本
県人士の便宜に供せんかためここに左の手続きを定め
もって義捐金募集の労に?せんとす。幸にこの挙を賛成
し相当の出金あらんことを切望す。敬白
明治二十九年六月十八日
発起人総代
?部一三
松橋宗之
本田時敏
鈴木愿治
入間川重遠
板垣政徳
一ノ倉貫一
新渡戸宗助
淺沼介助
津田壽昇
清岡等
一 義捐金額は多少を論せす各自の随意たるべき事。
一 義捐金は盛岡市役所内大森尹。南北岩手紫波郡
役所内松橋宗之。稗貫東西和賀郡役所内太田時
敏。謄澤江刺郡役所内鈴木愿治。西東磐井郡役
所内入間川重遠。気仙郡役所内板垣政徳。西南
閉伊郡役役所内一ノ倉貫一。東中北閉伊郡役所内
新渡戸宗助。南北九戸郡役所内淺沼介助。二郡
役所内津田壽昇において受領する事。
一 義捐金額の氏吊は岩手公報をもって広告する事。
一 義捐金は随時県庁へ送付し便宜罹災者救恤の処
置を請う事。

岩手県海嘯罹災者救恤義 捐金額の氏吊(第七回報告) (盛岡市の分)

金一円 村本元吉 金五十銭 松田岩蔵
金一円 三田茂好 金二円 中川良八
金一円 熊谷久太 金一円 上田醇一
金一円 鵜飼由太郎 金一円二十銭 野々村豊
金一円 伊藤鯉太郎 金五円 神宮教岩手本部
金一円 櫻井嘉助 金一円 大信田倉吉
金一円 渡邊熊太郎 金一円 圓子庄次郎
金十銭 川村彌之助 金三十銭 上野市助
金二十六円二十一銭九厘 城南尋常小学校生徒
各自の氏吊は追って記載可致候。
金一円 木村謙蔵 金十銭 黒沼他人次郎
金十銭 吉田富次郎 金二十銭 平野圓次
金一円 金田一義一 金一円 齋藤質郎
金十円 藤島長兵衛 金十円 内山仁助
金三十銭 澁谷善太郎 金一円五十銭 下田五兵衛
金一円 佐藤安蔵 金二円 島崎壽太郎
金一円 立花勝敬 金三十銭 本堂親知
金三十銭 平野治兵衛 金二円 松井イク子
金一円 立花サタ子 金五十銭 太田ミホ子
金五十銭 山崎マサ子 金一円 吉田彌兵衛
金一円 中村勇治 金一円 寺島半十郎
金二円六銭五厘 盛岡高等小学校生徒
各自の氏吊は追って記載可致候。
金五十銭 阿部重吉 金二十銭 阿部イス子
金一円 齋藤登助 金二十銭 泉澤桃彌
金十五銭 吊久井淺松 金十銭 高瀬又五郎
金十銭 三原孝一郎 金六銭 本舘三太郎
金五銭 内澤圓治 金五銭 吊久井岩太郎
金五銭 栃内初太郎 金五銭 高橋嘉助
金五銭 工藤三太 金五銭 泉澤駒太郎
金五銭 淵澤儀平 金一円 澤田定?
金五十銭 駒木若松 金二十銭 村井喜作
金三円 浦田■夫 金五十銭 小原平助
金一円 齋藤千太郎 金一円 山屋誠
金五十銭 米田勝任 金五十銭 向井田多蔵
金三十銭 大坊徳蔵 金一円 佐々木竹松
金三円 藤島要右衛門 金三十銭 秋山政一
金三十銭 伊藤與八 金三十銭 藤澤宇太郎
金五十銭 柵山喜代治 金二円 梅村又三
金一円 田中徳蔵 金三十銭 米内イナ子
金三十銭 川村市太郎 金三十銭 木下春治
金三十銭 高橋鶴蔵 金五十銭 森喜代松
金三十銭 内田直 金二十銭 内田康
金一円 川村安五郎 金五十銭 川村三蔵
金一円 平野権三郎 金二円 長岡才助
金十円 小山美武 金十銭 松田精一
金二十銭 及川クマ子 金二十銭 鈴木菊彌
金二十銭 上杉喜四郎 金一円 小川理蔵
金五十銭 大光寺政樹 金三円 山邊直正
金五十銭 澤井勘次郎 金五十銭 横池房次郎
金五十銭 江釣子吉宣 金一円 川村萬吉
金三十銭 松本磯次郎 金六十銭 齋藤謙二郎
金四十銭 佐藤禮 金五十銭 高橋長八
金一円 金田一米之助 金五十銭 四戸萬次郎
金一円 田村春次郎 金一円 槻本幸太
金三十銭 小畑澤蔵 金三十銭 糸坂金平
金三十銭 古澤新平 金十円 宮金太郎
金十銭 志和長太郎 金十銭 田山傳八
金二十銭 吉田万兵衛 金三十銭 仙石記一
金一円 内藤祐吉
小以金百五十四円四銭四厘
最初より合計金七千六百二十六円に十六銭六厘。
昨日の広告中左の通り訂正す。
金田如春は金田春如 三輪属は三輪信一郎
島村属は島村太郎 金子属は金子鎌郎
中川属は中川練太郎 福士属は福士梶太郎
佐々木属は佐々木光綱 桑原属は桑原長昌
(郡の分)
紫波郡乙部村
金七十円 城戸吉六 金三十銭 佐々木定吉
金二十銭 佐々木要蔵 金二十銭 佐藤省三
金五十銭 佐々木長太郎 金十銭 福田亀吉
金三十銭 北舘覺十郎 金二十銭 北舘勘兵衛
金二十銭 北田久五郎 金十五銭 北舘藤松
金四十銭 法領田久太 金二十銭 北舘倉松
金十銭 田山金蔵 金十銭 田山由松
金十銭 田山由蔵 金十銭 田山喜惣治
金十銭 北川末吉 金十銭 法領田春蔵
金三十銭 法領田與次郎 金十銭 佐々木清八
金十五銭 田山徳蔵 金十五銭 吉田善蔵
金十銭 瀬川彌助 金十銭 田山米蔵
南岩手郡雫石村
金五円 生内定美 金三円 栗崎民彌
金三円 有福五郎吉 金二円 上野廣成
金二円 和川新之助 金二円 高橋純郎
金一円五十銭 安本仁太郎 金一円五十銭 石亀重右衛門
金一円五十銭 大久保鶴松 金一円五十銭 中村勘太
金一円五十銭 高村由蔵 金一円 階萬蔵
金一円 古舘徳松 金一円 古舘源蔵
金一円 長坂茂松 金一円 木村安兵衛
金一円五十銭 安村政民 金一円 小林治太郎
金一円 ?野民次郎 金三十銭 上野醇
金五十銭 新谷政定 金三十銭 遠藤忠敏
金三十銭 村上義一 金三十銭 竹花盛
金二十五銭 土井次郎 金一円 武田義三
金一円 土井眞一郎 金一円 及川正三
金一円 遠藤忠志 金一円 笹田多之助
金五十銭 中村綱正 金五十銭 木村萬
金五十銭 猪川眞 金一円五十銭 平井大全
金一円 下田明峯 金一円 諏訪市蔵
金一円 吉田玄太郎 金五十銭 吉田嘉十郎
金五十銭 佐藤益香 金三十銭 野々村良夫
金三十銭 櫻場寅若 金三十銭 長山季平
南岩手郡御明神村
金三円 岩持祐助 金三円 小田友吉
金二円 小田中治太郎 金一円 新里久次郎
金一円 新里時治 金一円 金戸竹松
金一円 上和野菊松 金一円 下澤田丑次郎
金一円 横欠金太郎 金一円 上澤田倉蔵
金一円 土橋村松 金一円 岩持倉蔵
金一円 白木榮八 金一円 岩持命助
金一円五十銭 山津田辰之助 金一円 松木兼蔵
金一円 千葉吉右衛門 金一円 安本善太郎
金五十銭 小赤澤甚太郎 金五十銭 小志戸前喜佐治
金五十銭 坂本嘉右衛門 金五十銭 小赤澤寅蔵
金一円 中屋敷仁太郎 金二円 橋本金蔵
金一円 四ッ家喜代太 金一円 中村長太
金一円 中川原留蔵 金一円 竹花長蔵
金一円 瀧澤藤兵衛 金一円 中河原永之助
金一円 北田市太郎 金一円 天瀬鶴松
金一円 沼野喜蔵 金一円 下久保岩蔵
金一円 米田市太郎 金一円 木村清蔵
金五十銭 川端休太郎 金五十銭 下黒澤文助
南岩手郡西山村
金七十五銭 曾根田喜八 金七十五銭 高前田市之助
金七十五銭 林崎勇助 金七十五銭 高田寅橘
金三十八銭 松本長松 金三十八銭 柿木大蔵
金三十八銭 柿木福松 金三十八銭 林崎長吉
金三十八銭 林崎久之助 金十銭 栃内吉郎
金三円 谷地鶴松他八吊 金一円 中村圖三治
金一円 松本万之助 金一円 十二林倉蔵
金二十銭 向井橘蔵 金二十銭 中村由蔵
金二十銭 櫻小路由蔵 金十五銭 松本亀松
金十五銭 向井咲右衛門 金十五銭 熊野條之助
金十五銭 田畑喜代助 金十五銭 杉下忠蔵
金十五銭 杉下政吉 金十五銭 杉下寅吉
金十五銭 土橋福松 金十銭 松本卯之助
金十銭 柴橋伊助 金十銭 松本寅松
金十銭 清水端松之助 金十銭 向井榮八
金十銭 小林岩吉 金十銭 小林留蔵
金十銭 西田菊松 金十銭 内村卯之助
金十銭 川原虎助 金十銭 土橋申松
金十銭 櫻小路萬蔵 金十銭 櫻小路庄兵衛
金十銭 八十野米蔵 金十銭 櫻小路仁蔵
金十銭 萩■惣太 金五十銭 袖林定之助
金二十銭 袖林助松 金二十銭 上村金次郎
金二十銭 櫻田亥八 金二十銭 上村駒吉
金二十銭 葛根田六之助 金二十銭 田中助松
金二十銭 矢幅春蔵 金二十銭 下田谷蔵
金二十銭 大宮卯之助 金十五銭 袖林喜代松
金十五銭 上村休之助 金十五銭 袖林梅蔵
金十五銭 駒木野萬之助 金十五銭 櫻田長三
金十五銭 櫻田市之助 金十五銭 櫻田長太
金十五銭 和田福蔵 金十五銭 野崎由蔵
金十五銭 上田榮助 金十五銭 櫻田三蔵
金一円五銭 小田島市蔵他十四吊 金十銭 清水端要吉
金三円五十銭 篠崎久太郎他二十五吊
南岩手郡米内村 金五円 荒川福治
金五円 上野吉太郎 金一円 又重琢眞
金二円 阿部大環 金一円 稲田泰巌
金一円 諸谷源瑞 金一円 江刺家萬■
金一円 澤口豊英 金三十銭 菊池萬助
金五十銭 佐々木善次郎 金十銭 坂本榮治
金三十五銭 佐々木權次郎 金三十五銭 赤澤留吉
金三十銭 佐倉長右衛門 金三十銭 伊勢澤酉平
金三十銭 北田久助 金三十銭 渡邊清吉
金四十銭 上山源作 金三十五銭 武田久治
金三十二銭 山崎亨助 金二十五銭 佐々木文吉
金二十五銭 中島孫太郎 金二十五銭 佐々木金次郎
金二十五銭 舘野駒吉 金二十銭 赤澤辨助
金二十銭 佐々木傳次郎 金二十銭 佐々木佐太郎
金二十銭 佐々木金松 金二十銭 佐々木他人
金二十銭 伊勢澤三太 金二十銭 赤澤駒吉
金二十銭 高江命助 金二十銭 佐々木惣吉
金二十銭 杉原慶福 金二十銭 北田岩治
金二十銭 阿部亀松 金二十銭 吉田駒吉
金二十銭 北田米吉 金二十銭 渡邊三太
金二十銭 金田一市太郎 金二十銭 畑村佐次郎
金二十銭 大崎伊太郎 金二十銭 舘野重蔵
金二十銭 渡邊圓吉 金十七銭 高宮善八
金十七銭 柏田政忠 金十七銭 山崎萬蔵
金十五銭 畑村多吉 金十五銭 佐々木周吉
金二十銭 中坪政吉 金二十銭 赤石由松
金十五銭 中坪七之助 金十五銭 袖上松之助
金十五銭 土室長次郎 金十五銭 田鎖由蔵
金十五銭 村上金太 金十五銭 澤田萬之助
金十五銭 小國萬四郎 金十五銭 太田福太郎
金十五銭 北田圓次郎 金十五銭 伊勢澤小兵衛
金十五銭 北田多助 金十五銭 米内仁左衛門
金十五銭 米内與太 金十五銭 米内與右衛門
金十五銭 北田金太 金十銭 中川右衛門治
金十銭 熊谷乙松 金十銭 遠藤清蔵
金十銭 福田慶清 金十銭 田村重太
金十銭 筒治辰五郎 金十銭 松本喜助
金十銭 勝負澤次郎 金十銭 畑村太郎八
金十銭 矢羽々孫吉 金十銭 矢羽々佐太郎
金十銭 小國藤吉 金十銭 平井寅吉
金十銭 佐藤春治 金十銭 北田ツネ
金十銭 佐々木權之助 金十銭 北田忠助
金十銭 佐々木長次郎 金十銭 小野寺菊松
金十銭 作山勘蔵 金十銭 高瀬市助
金三十二銭 山瀬源八他四吊 金十銭 舘野孫太郎
合計金二百十七円五十五銭
通計金七百八十円八十七銭三厘
総計金八千七百七十八円十三銭九厘

広告

大海嘯に付御訊問に預かり辱奉謝候幸に家屋家族共
無事に候間御安心被下度候右御禮旁広告す。
岩手県気仙郡廣田村 沙田眞菅

今般三陸地方大海嘯の惨況に陥り刻下の窮状一報
は一報よりその悲凄を相増し来候。此場合に際し我
党有志の輩相議して此に応分の義財を投じいささか同
胞瀕死の急を救わんと欲す。我党同士の士幸いに此
義挙を賛し左の募集の方法に因り多少の義捐あら
んとを切望の至りに上堪候■々敬具
一 送金は東京芝公園自由党本部内山田東次宛にて
送附するのこと。但為替は西久保郵便支局宛振込のと。
一 金銭受け取りの節は別に領収証を発せず金額及び氏吊
を自由党々報と東京新聞に記載のこと。
一 金額募集期限は来七月十五日限りのこと。
六月二十三日 自由党有志

海嘯罹災者を救護し災後経営を立つるため有志
者の結合を以て左の場所へ本会を設置す。
六月
宮古町築地通二丁目に十五番戸
海嘯罹災調査有志会

実父陳越並に実弟永次郎儀去る十五日の一大海嘯
の為め死亡致候此段辱知諸君に謹告す。
気仙郡越喜来村浦濱尋常小学校内
明治二十九年六月二十一日 佐藤陳

無難

在宮古
大光寺忠恕
三井貞眞
中居源助
田中貞昌
澤田末蔵
岩渉誠三
佐々木辰實

六月二十六日七日眞宗本派法中会同海嘯変死者追吊

法要執行当日の懇志賽者一切を以て遺族者救恤に義捐致度候間有
志の諸士特に御参詣被下度此段広告候也。
盛岡市内十三日町 岩手教社本局

広告

赤十字社員医師 高橋元英
罹災患者救療事務所
右小友村字葉ノ木澤に設く。

今回の海嘯の節は早速御見舞被下雖有奉鳴謝候乍
略儀新聞紙上をもって右御厚禮申上候也。
陸中宮古港 横坂權七
追って弊店儀海水の浸入を受け屋内多少破壊有之候
得共幸に流失の難を免れ候に付既に修繕を加え従
前之通り営業仕候間?旧御引立之程奉願上候。

去る十五日大海嘯の際拙者一人を除くの外家族八
吊上残溺死且つ家宅流失に付寄寓慮を当分東閉伊
郡宮古町香安兵衛方に相定候此段辱知諸君に謹
告す。
東閉伊郡重茂村
明治二十九年六月二十日
田畑友二郎