文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

大海嘯大惨害義捐金の募集

今回管内南、東、北閉伊郡。気仙。南、北九戸。
各郡の大海嘯たる人命を害うこと実に二万
二千有余全町村覆没流離その形跡を留めざ
めるものまた少なからず。幸いにして万死の中一生
を得たるものもあるいは傷痍に悩みあるいは飢餓
に迫られ鰥募孤独その恃頼する処を失い居
るに家なく食うに食なく着るに衣なく悲
惨の極酸鼻の至り実に前代未聞の大事変
に属す。いやしくも帝国臣民たり同胞たる者は
豈袖手傍観するの秋ならんや。いわんや同一
の治下にあり同一の県民たるものをや奮
うて賑恤扶助の事真に剥下焦眉の急務た
り。本社自ら揣らず率先もって義金募集の労
を執りいささか同胞相恤の微旨を徹底せんと
す。仰ぎ願わくは大方慈仁の諸氏切に此挙を
賛成せられ多少に関わらず続々義捐あらん
ことを。即ち義金募集の手続きは左の如し。
一 義捐金額は各自の随意たるべき事。
一 義捐金募集の期は来たる七月十七日迄
とす。
一 義捐金は義捐者の姓名とその金額と
を本紙に掲載して受領済みに換える事。
一 義捐金は一括して本県庁に配付の取
扱方を依頼する事。

明治二十九年六月十八日 岩手公報社

●被害地と郵便貯金

海嘯被害地自民の預入れ
に係る郵便貯金臨時下げ戻し方に関する手続きについては
前号すでに記載する所ありしが志津川の如き釜石の
如き全市殆んど流亡に帰したる地方に在りては全
くのその貯金主及び家族親戚の溺没し了りて受け取りの
途を絶ちたる向きもあらんが今その筋の調査に係る各
被害地の貯金預入人員及びその金額は左の如くなりと。
石巻 六百七十三人 気仙沼 四百二十四人
志津川 三百四十四人 宮古 三百四十三人

●青森県の被害総計

青森県の被害は三戸上北
両郡のみにして三戸郡の被害は流潰家屋四十四人
死亡七十二人。上北郡は流潰家屋三百七十八死亡
二百五十四人なるが右は二十一日の調査にて。なお追
々発見する模様ありという。

●青森県被害彙報

百石村字深澤■二十二戸百人の内にて流家二十一
戸同小屋十棟死者四十三人。
同字一川口 百四戸六百三十七人の内て流家屋
六十戸同小屋五十棟死者六十人。
同字ニ川目 七十七戸四百六十五人の内にて流家
五十戸同小屋二十棟死者六十五人。
同字川口■道 十三戸百人の内にて流家九戸同小
屋一棟死者十二人。
三澤村字三川目 六十三個三百八十六人の内流家
六十二戸支社四十人。
同字鹿中 三十一戸百九十人の内にて流家九戸死
者一人。
同字四川目 六十三戸六十四人の内にて流家
四十戸死者二人。
同字川目 五十二戸三百十一人の内にて流家二
十八戸死者十七人。
同字淋代 五十戸二百六十四人の内にて流家十五
戸死者無し。
同字細矢 十八戸百十一人の内にて流家四戸死者
無し。
同字六川目 四十三戸二百二十一人の内にて流家三
戸死者無し。
同字織笠 三十七戸二百一人の内にて流家十四戸
死者十九人。
同字塩釜 七十六戸二百三十五人の内にて流家七十
戸死者二十人。
同字砂ヶ森 二十八戸百人の内にて流家二十二戸死
者二十一人。
右の中にて同列の海岸にありながら被害の度の甚
だ差異ある処あり就中淋代、細矢、六川目の如き
僅少の流家ありたるのみにして他に比すれば人畜
の死傷せるもの一も今までの調査に上らずしかも前後
の五川目、織笠の両村は被害甚だ激烈にして惨状
この如きものなりといえども此三村の幸いに人畜に無
難ありしは偏に天の助けなりと喜び居れり。
三澤村被害調査 流失戸数百九十八戸、潰家七十二
戸納屋に十二棟、潰納屋十六戸、死者百三十二人。
斃牛一頭、斃馬一頭、学校三棟。
百石三澤両村被害概略調
死者 五百六十九人
家屋、納屋、小屋、物置 千六十余
鮫村太字各沿岸の被害調査 三戸郡鮫村太字濱辿
字白濱深久保字法師濱大字久喜大字金濱字種善
諸濱の被害調査は左の如し。
流納屋五十四棟 納屋破壊ニ十五棟 鰯網流ニ
十六 同上破壊一 流漁船百九十三艘 流破壊
漁船六十三艘塩釜の破壊一 魚粕焚釜の流失
六十四 死体検視済三人 所在不明二十人。
同郡湊村 大字濱白銀字横須賀の被害調査は
左の如し。
家屋破損三十一戸 小屋等流失破壊十三 死体検
視済六人 傷者四人。
同郡階上村各沿岸被害調査 漁船流二十艘漁船の
破損五十九艘 納屋流六棟 水車流一 板倉一棟
家屋流一戸 魚網流二百八十 塩釜流六 死体検
視済十人 所在不明十一人 牡馬溺死一頭。

●海嘯にて儲けし保険会社

三陸地方を得意と
せし保険会社の損害尠なからざるべしとはかつて記す
る所なりしが目下調査中なる各社の見込みにては総
体にて二十万円ほどなるべしと云う。然るに保険金
受取人はもちろん親戚に至るまだ悉く死亡したる向きも少な
からざればこれらは全く会社の利益となるべく而し
て此利益は無論慈善を主とする会社の事なれど罹
災地へ義捐するあらんと云う。

●沖縄県の暴風雨

十五日附けを以て奈良県同県
知事より内務省に報告したる■■を見るに本月ニ
日より翌ニ日にに渉る同県下に大暴風雨あり天候は前
日に平穏なりしが二日午前九時より暴風の兆を現
し七時に至り強風雨となり翌三日午前一時頃と
なり全く■風と変じ同九時頃に至り風位の転ずる
に随い鎮静に帰したるが被害の重なるは家屋全倒
二百五十七、大破及び半倒れ五〇ニ戸、難破船九
十六、溺死十五人その他の損害少なからざりし由。

●大臣等百円

昔日なら総理大臣百五十円、大
臣百円、大臣様百円とありては我等町人風情は憚
りなりとて之に縮み上がりて富豪も五円十円より多く
奮発するもの無かりしならん。今や世間の風潮は一
変して金力多からざる大臣等の義捐何程なるも旧
家の出金高何程なるも更にこれらの標準に頓着する
様子なく自己の感情とその余力とに従いて勝手次第に
義捐金を投げ出す世間資産家の現状、実に人意をし
て強からしむるものなり。もはや大臣風の金銭世界を
吹き止みて跡なきを見るべしとなりと時事は記せり。

●塞翁が馬

気仙郡唐丹村雲南長吉と云うは自
己の所有にあらざる鮪網用の胴木二個を同村佐々
木三十郎なる者に売却せし科により磐井支廟におい
て重禁錮三ヶ月罰金六円監視六月の処刑を受けたる
も不服にて宮城控訴院に申し立て一昨日審理
の末棄却の判決を受けたるものなるがここに不幸中
の幸いとも云うべきは同人が居村は今回の海嘯に
てはもっとも被害の甚だしき地とて家族六人悉く惨死を
遂げたるに独り長吉は当時入獄中のため却ってその災
を免れたりと云う。