文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

海嘯罹災者救恤義捐金募集広告

嗚呼明治二十九年六月十五日は如何なる凶日ぞや。本
県海岸挙げて海嘯に罹り同胞の死傷じつにその報を
得たるもの一万以上に達せり。その未詳に属するもの
を合わせばまさに幾万ぞや。加うるに家屋の流失財産の
蕩尽等惨状実に言うべかり。その僅かは万死を免れたる
ものといえども親子相分かれ夫妻相失し居るに家なく食
うに菜なく飢餓旦夕に迫り災後更に幾層の悲惨を
添え惟うに本県人士の仁慈にして義侠に富める先
年濃美の震害近県の水火災に対し大に奮て義捐金
を醵出せられたりき。今や本県内同胞のこの如き前
古未曾有の罹災に対しその如何の義侠心を発揮せら
れべきかはまた言うを要せざるを信ず。ただ上肖等本
県人士の便宜に供せんかためここに左の手続きを定め
もって義捐金募集の労に?せんとす。幸にこの挙を賛成
し相当の出金あらんことを切望す。敬白
明治二十九年六月十八日
発起人総代
?部一三
松橋宗之
本田時敏
鈴木愿治
入間川重遠
板垣政徳
一ノ倉貫一
新渡戸宗助
淺沼介助
津田壽昇
清岡等
一 義捐金額は多少を論せす各自の随意たるべき事。
一 義捐金は盛岡市役所内大森尹。南北岩手紫波郡
役所内松橋宗之。稗貫東西和賀郡役所内太田時
敏。謄澤江刺郡役所内鈴木愿治。西東磐井郡役
所内入間川重遠。気仙郡役所内板垣政徳。西南
閉伊郡役役所内一ノ倉貫一。東中北閉伊郡役所内
新渡戸宗助。南北九戸郡役所内淺沼介助。二郡
役所内津田壽昇において受領する事。
一 義捐金額の氏吊は岩手公報をもって広告する事。
一 義捐金は随時県庁へ送付し便宜罹災者救恤の処
置を請う事。

広告

去る十五日の大海嘯に付き大方諸君より続々御見舞い
を蒙り奉多謝候。小生は一たび万死の悲嘆に陥りし
も天祐により一生を得局員一同無事にて鞅掌能在
候間乍憚御省念被下度多忙の際御答禮漏も難計に
付乍略儀新聞紙上にて御禮申述候。
宮古郵便電信局長 多田繼

海嘯罹災者救恤義捐 金額の氏吊(第二回報告) (盛岡市の分)

金一円 大澤勘治 金一円 吉田鐡之助
金一円 ■■権四郎 金一円 細川正太郎
金五百円 佐藤清右衛門 金一円 岡田三蔵
金十八円七十五銭二厘 盛岡高等小学校生徒
(各自の氏吊は追って記載可致候)
金五円 熊谷源太郎 金二円 工藤央
金五十銭 中山朝孝 金五円 平井泰蔵
金十円 萩野謙三 金三円 同人母ゆう子
金二円 同人妻さん子 金三円 谷口徳蔵
金三円 石川嘉七 金五十銭 関金太郎
金五十銭 荒川澤右衛門 金三十銭 竹村建蔵
金十銭 葛親輝 金十銭 麥澤定易
金三円 伊藤萬次郎 金十銭 上斗米民治
金一円 村木經策 金五円 長岡重兵衛
金二十銭 阿部吉太郎 金三十銭 稗貫廣武
金五十銭 及川常次郎 金三円 藤島勘次郎
金十円 掘合徳彌 金一円五十銭 中山富彌
金一円 狩野幸太郎 金三円 三浦自愼
金十銭 宇夫方新太郎 金十銭 小山田金太郎
金十円 吉田永次郎 金十銭 工藤陽介
金十銭 山口嘉兵衛 金十銭 小西周助
金十銭 澤野重助 金二十銭 山口幸吉
金二十銭 伊藤三春 金二十銭 大光寺昌蔵
金二十銭 豊川謙助 金五円 島田善躬
金三十円 村井源之助 金五十銭 牡丹野貫慈
他に石炭酸三十磅昇汞ガーゼ五十反
此代金二十一円二十五銭
金三円 照井彦太郎 金二円 佐藤勇五郎
金二円 三浦自祐 金一円五十銭 片岸安禮
金十五円 榊岩五郎 金十円 菊池茂助
金十銭 岡沼忠太郎 金十銭 吉田榮吉
金三十銭 田中サダ 金一円 大坂正之助
金十銭 田山久吉 金五十銭 若松三之助
金一円五十銭 富岡宗十郎 金十円 舟越長度
金一円 早川義路 金二円 小田代タミ子
金五円 松本勘次郎 金二円五十銭 岡山重吉
金二円 中村佐太郎 金二円 藤谷和七
金一円 吉田乙平 金一円 吉田金助
金五十銭 細谷貞蔵 金五十銭 松本徳次郎
金五十銭 藤島喜代治 金五十銭 松本權次郎
金五十銭 松本吉治 金三十銭 藤島重太
金三十銭 瀬川仁助 金三十銭 高畑庄次郎
金十銭 下田仁八 金三円 長澤寅吉
金三十銭 小熊善太郎 金一円 菊池武平
金五十銭 洲脇庄兵衛 金一円 齋藤秀五郎
金五円 松島佐太郎 金三円 木村菊治郎
金一円 菊池武治 金一円 齋藤治助
金三百五十円 菊池■三 金五十銭 國分八郎
小以金一千〇七十九円〇〇二厘
最初より合計金四千六百七十五円五十一銭二厘
訂正 昨日の広告中盛岡市教育会とあるは盛岡
市教員会の誤り。
(郡の分)
紫波郡日詰町
金二百円 平井六右衛門 金三十円 金子憲欽
金五十円・
味噌三十樽 田村伴五郎 金十円 星川孫作
金八円 木村政太郎 金十円 村谷儀兵衛
金二円 村谷彦兵衛 金五円 平井八十八
金一円 高橋愛次郎 金二円 村谷伊七
金五十銭 戸田助六 金一円 関酉蔵
金五十銭 雷久保徳治 金五十銭 石川豊吉
南岩手郡本宮町
金一円 鷹羽喜太郎 金一円 長瀬定志
金五十銭 菊田忠親 金五十銭 藤田成孝
金五十銭 高屋繁治郎 金三十銭 久慈治勝
金六十銭 鈴木徳太郎 金一円 村上甚五郎
南岩手郡米内村
金一円二十銭 杉村■徳 金二円 川口秀俊
金一円 川守田光■ 金五十銭 又重秀正
金三十銭 長岡萬蔵 金一円 鈴木道貫
金三円 米内村三ツ割 下村泰中
金二円 下村玉圓 金一円 千原圓空
小以金三百四十二円九十銭●味噌三十樽

本月十五日海嘯のため当管轄区内青森岩手両県下
太平洋沿岸の三等局は概ね其害を被むらざるもの
なく甚だしきは局舎の流失と共に局員一同死亡せし
ものあるに付該地方における郵便物及び電報等流失
せしものあるやも難計且伝送配達等常時の例に依
り難き場合多かるべし。よって右一応広告す。
青森郵便電信局