文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

大海嘯大惨害義捐金の募集

今回管内南、東、北閉伊郡。気仙。南、北九戸。
各郡の大海嘯たる人命を害うと実に二万
二千有余全町村覆没流離その形跡を留めざ
めものまた少なからず。幸いにして万死の中一生
を得たるものもあるいは傷痍に悩みあるいは飢餓
に迫られ鰥募孤独その恃頼する処を失い居
るに家なく食うに食なく着るに衣なく悲
惨の極酸鼻の至り実に前代未聞の大事変
に属す。いやしくも帝国臣民たり同胞たる者は
豈袖手傍観するの秋ならんや。いわんや同一
の治下にあり同一の県民たるものをや奮
いて賑恤扶助の事真に剥下焦眉の急務た
り。本社自ら揣らず率先もって義金募集の労
を執りいささか同胞相恤の微旨を徹底せんと
す。仰ぎ願わくは大方慈仁の諸氏切に此挙を
賛成させられ多少に関わらず続々義捐あらん
ことを。即ち義金募集の手続きは左の如し。
一 義捐金額は各自の随意たるべき事。
一 義捐金募集の期は来たる七月十七日迄
とす。
一 義捐金は義捐者の姓吊とその金額と
を本紙に掲載して受領済みに換える事。
一 義捐金は一括して本県庁に配付の取
扱方を依頼する事。

明治二十九年六月十八日 岩手公報社