文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

海嘯罹災者救恤義捐金募集広告

嗚呼明治二十九年六月十五日は如何なる凶日ぞや。本
県海岸挙げて海嘯に罹り同胞の死傷じつにその報を
得たるもの一万以上に達せり。その未詳に属するもの
を合わせばまさに幾万ぞや。加うるに家屋の流失財産の
蕩尽等惨状実に言うべかり。その僅かは万死を免れたる
ものといえども親子相分かれ夫妻相失し居るに家なく食
うに菜なく飢餓旦夕に迫り災後更に幾層の悲惨を
添え惟うに本県人士の仁慈にして義侠に富める先
年濃美の震害近県の水火災に対し大に奮て義捐金
を醵出せられたりき。今や本県内同胞のこの如き前
古未曾有の罹災に対しその如何の義侠心を発揮せら
れべきかはまた言うを要せざるを信ず。ただ上肖等本
県人士の便宜に供せんかためここに左の手続きを定め
もって義捐金募集の労に?せんとす。幸にこの挙を賛成
し相当の出金あらんことを切望す。敬白
明治二十九年六月十八日
発起人総代
?部一三
松橋宗之
本田時敏
鈴木愿治
入間川重遠
板垣政徳
一ノ倉貫一
新渡戸宗助
淺沼介助
津田壽昇
清岡等
一 義捐金額は多少を論せす各自の随意たるべき事。
一 義捐金は盛岡市役所内大森尹。南北岩手紫波郡
役所内松橋宗之。稗貫東西和賀郡役所内太田時
敏。謄澤江刺郡役所内鈴木愿治。西東磐井郡役
所内入間川重遠。気仙郡役所内板垣政徳。西南
閉伊郡役役所内一ノ倉貫一。東中北閉伊郡役所内
新渡戸宗助。南北九戸郡役所内淺沼介助。二郡
役所内津田壽昇において受領する事。
一 義捐金額の氏吊は岩手公報をもって広告する事。
一 義捐金は随時県庁へ送付し便宜罹災者救恤の処
置を請う事。