文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

”御濱みかん”よく實る  地震の影響で肥料いらず

”天道は人を殺さず”とかいう
が、旧ロウ突如として紀南地方
に起つたあの大地震には幾人も
が天をうらみ、地をにくまない
でいられなかつたろう、しかし
これを科學的に
よく考えてみる
とこの言葉は一
面において誠に
真理であると思はれる、すなわ
ち潮畔南方■のキロ沖における
海中火山亀起を豫想される今回
の地震によつて厳冬における海
水温は平年に比し二度ないし三
度場所によつては五度以上も上
昇したであろうことが考えられ
るこの結果昨今紀南地方にはき
わめて■調である■■の暖雨が
しきりにおとずれている、この
暖雨は農作物の生育を非常に促
がし、なかんずく紀南の名■”
夏柑”は目下果実の肥大、内容
の充実に近年まれな發育ぶりを
示している
 肥料の不足からこの暖雨は金
 肥にもまさる有難いもので最
 近樹勢の■回は著るしく目立
 つている、すでに昨冬採取さ
 れた温州みかんも目下は樹勢
 を回復させるため施肥や病虫
 害防除に万全の策を講じなけ
 ればならぬとき、全く”天道
 は人を殺さず”でこの地震の
 間接的影響によつて全く助か
 つたわけだ
おそらく本年の夏柑は果実の外
観といい、果汁
の質といい近年
にまれな優秀品
として■統の”
御浜みかん”の■■を發揮する
であろう
 紀南■事指導所長
    本多舜二氏談