文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

罹災者に隣人愛 目標百萬圓にあと一息

罹災者に寄せる隣人愛の義心發
揮をなして展開された震災義捐
金の募集は縣の軍事厚生課寄託
分のみで二十三日正午現在で七
十九万九千二百余円となり、今
月一ぱいの目標百万円にあと一
息といふところにまで達したが
現在までのところ縣下の会社、
工塲、公共團體、縣外有力者か
らの分は順調にあつまつてゐる
がたヾし縣内有力者の分が成績
が惡くこれについてはさらに隣
人愛の發揮が要望される
一方市町村ごとにあつめられ
てゐる温き一燈の集積が豫想
外に多額の二十四万円に達す
る見通しである
發起人会では廿四日午後一時か
ら縣町村長会の事務所で持永知
事はじめ松本伊勢新聞社長ら發
起人一同の協議会をひらき應急
見舞金の配分について協議する

吉津村の 縣營住宅

度会郡吉津村の災害復興事
業は小林助役の指揮で高川健保
組合長、村山區長らが物資、輸
送、警備、建設、接待の各係長
となり縣當局支援の下に着々進
捗し殊に住宅地の整地作業と縣
營住宅の建築に機動部隊が敢闘
し早くも二十六戸の住宅が完成
したが引續き豫定の工事が行は
れてゐる

震災義捐金寄附者芳名 廿三日正午現在

一万円、日本合同眞珠株式会社
賢島出張所
一万五千円、東京芝浦電氣株式
会社三重工塲
▼一千円、津市北堀■■竹材統
制組合理事長小林茂平▼一千円
靜岡縣熱海市旭町永井熊次郎▼
一千円、三重機械鉄工合資会社
▼一千五百円、四日市市寳山町
伊藤知郎▼一千円、度会郡二見
町若松德兵衛▼一千円、津市下
部田縣織物工業統制組合▼二百
円、千円未滿一人分

累計金
七十九万九千二百二十六円七十九錢