文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

九鬼の復興 めざまし

北牟婁郡九鬼
村では災害復舊に老も若きも一
體となつて十五歳から六十歳の
男子交代で連日挺身隊を結成し
て着々として村の全貌を取りも
どしてゐる

天晴れ純情の增産戰士

純情の一翼增産戰士が工塲で戴
いた年玉をそのまゝ震災地へ學
徒勤勞動員罹災家族へ送つてや
つて下さいと麗しい心情を披露
した美擧……美談の主は住友○
○工塲に勤務する北村國松さん
で若生同勞務課長のもとに届け
られた一通の書面の中に同工塲
が國松さんに贈つた年末賞與金
が同封してあつた
(若生勞務課長宛)今度は多
大の賞與を戴き有難たうござ
います、家内一同が美味しい
物を食べたつもりでこの賞與
金を震災で被害のあつた尾鷲
勤勞動員生徒の家庭へお送り
下さい、この寒空に如何にし
て暮してゐられるかと思ふと
きわれわれは給料以外の賞與
を受けることは罰が當ります
同課長は國松さんの美しい行爲
に感激してすぐ渡邊尾鷲中學校
長の許に回送してきたものであ
る、俸給生活者が一番待ち兼ね
る年末賞與金を氣の毒な生徒の
家庭へあげて呉れなど實に見あ
げたものであると感服して國松
工員の切なる眞心に副ふように
と學用品を購入して書面の内容
を公開するとともに罹災生徒に
分け與へることにした

富田中學の復舊はづむ 學園まもれと意氣さかん

一昨年十二月火災に見舞はれ烏
有に歸した縣立富田中學校はそ
の後學校、縣當局ならびに地方
有力者、同窓先輩の協力援助に
より雄々しく起ちあがり着々復
興工事が進捗今四月竣工豫定の
本館二棟、物象敎室、小使室等
の外廓工事は完成、上棟工事に
取かゝつてゐたが舊臘七日の震
災で建築中の本館ならびに物象
室の一部が倒壞したので國保校
長以下全學生は再度の災禍にも
屈せず決戰下の學園を護れと倒
壞箇所の修理復舊に協力若人の
建設譜を奏でゝをり近く十万円
の追加豫算で引續き工事を進め
今秋竣工をめざし敢闘して居る

鈴鹿の臨時市會

鈴鹿市では臨時市会を二十六日
午後一時から開き
市民税賦課▼市税條例中改正
▼市罹災救助資金管理及支出
方法中改正▼財産處分▼考査
役職務執行者更新▼昭和十八
年度歳入歳出決算認定の件
などを附議する

魚 菜 津市十九日

渡會地方
乾電池 震災地五ヶ所町外六
ヶ町村へ

短 信

四 罹災者に市民税免除
日 市では過般の震災で家
市 屋が全壞したもの法人
を除くの納付すべき本年度市民
税(一月廿五日徴収)を免除す
るに決定、その旨十八日の市会
震災對策委員会で明かにした

北 郡町村長会 十九日
牟 尾鷲國民学校に於て開
婁 催、新年度町村豫算並
に災害復興豫算を決議した

震災義捐金寄附者芳名 十九日正午現在

二千円、關西製糸株式会社▼一
千円、津市小島惣右衛門▼一千
円、縣■綿製造販賣統制組合▼
一千円、上野市豐田織機株式会
社▼一千円、宇治山田市龍映社
山田工塲▼一千円、株式会社山
崎鐵工所 社長 山崎淸八▼一千
円、山本製罐株式会社▼二千二
百六十三円(十六人分)

累計金
七十三万八千八百八十四円六十九錢