文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

日傭勞務の賃金協定 勞政課から關係者に 協力を望む

日傭勞務者の協定賃金は新春か
らいよいよ實施されたが、土木
建築關係の統制から除外されて
ゐる軍關係あるひは作業■でも
統制の足並を■すことのないや
う要望するため六日午後一時か
ら縣では勞政課に關係方面の事
務主任者を召集して懇談会をひ
らき協定賃金履行について協力
を依賴したが、十日からは各地
方事務所ごとに縣下十一ヶ所で
各關係者を招集して協定賃金履
行についての打合会をひらく

三重地方から贈物 罹災者へ衣類等一万四千點

三重地方から縣下震災地罹災者
へ新春の贈物として管内各町村
から寄せられた衣料品類ならび
に下駄等の雜品まで郡民の心盡
くしは一万四千百五十點に達し
七日それ々々罹災地へ發送する

一志からも 罹災地へ

一志地方事務所で
は過般來震災罹災民へ贈る衣類
を取纏め中のところ五日現在で
一万二百八十點が集まつたので
第一回分として北牟婁郡九鬼村
へ六千八百九十八點、柱城村へ
二千五百六十三點、須賀利村へ
八百十九點を六日發送した

短 信

鈴 漁■会が紅尾橋の復
鹿 舊に挺身 鈴鹿市白子
市 ■■会では会長米本■
一、理事三林■吉、松下■次
郎、黑田■太郎、■知幸太、
幹事須賀浦米吉、黑田元吉の
役員と会員百八名の新陣容で活
動を開始、二日から同町紅尾橋
の震災崩壞復舊に、連日四、五
十名の勤勞奉仕隊を出動させて
強行修復に挺身中で本月中旬に
は竣工の豫定である
義捐金一戸三円以上 ■山町
常会では■■の会議で縣下の罹
災地への義捐金各戸三円以上を
決議、町内会、隣保組で十日ま
でに取りまとめる

南 町内会の勤勞奉仕
牟 木本町では高浪による
婁 海岸通りの■■■除き
と上木■の大掃除、神社境内外
の掃除、■供出を六日から各町
内会が交代で勤勞奉仕を実施し
てゐる

魚 菜 津市 六日

復興用障子紙 縣では
新が市復興用として配給をうけ
たので近く津浪被害中心地の南
北牟婁、度会各郡の半、倒壞家
庭へ配給する

度会地方 煮干鰛 一千
四百九貫を五ヶ所町ほか八ヶ町
村の震災地へ一戸平均五人家族
の割合で配給を六日通知した

震災義捐金寄附者芳名 六日正午現在

七千円、津市田中治郎左衛門▲
二千円、東京都目黑区下目黑三
丁目藤堂大藏

累計金
五十七万六千六百八十五円三錢