文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

殉職警官は警察葬 廿九日加藤警視、 廿八日堀江警部補

今回の震災によつて殉職、全國
初の警察官としての二階級特進
の譽をになつた兩警察官の警察
葬は持永知事が喪主となり、後
藤警察部長が葬儀委員長となつ
て故堀江警部補は二十八日飯南
郡花岡町■部田の自宅で、故加
藤警視は二十九日一志郡大三村
二本木の隣保館でそれぞれいづ
れも佛式による嚴粛な盛儀がと
り行はれる

短 信

員 衣類一戸に一枚寄贈
郡の縣下震災罹災者へ
辨 對する衣類寄贈の赤誠
は町村長会で十戸隣組毎に大人
小人用衣類各一枚づつ町村で取
纏め廿八日までに地方事務所へ
寄託することに申合せた

桑 罹災者に衣類一万枚
名 桑名市の罹災者に贈る
市 衣類は二十一日取纏め
を終つたが一戸一點以上を目標
に市民の同情心に呼びかけ一万
一千余枚の好成績に達した、各
善隣組、靑少年團員、婦人会、
翼壯團員らが取纏、運搬、選別
、荷造に當つた

南 天晴れ鄕軍の華 去
牟 る十月の風水禍で床上
婁 浸水を見た木本中学校
の御眞影を平井校長に協力濁水
を冒して無事奉還した木本町鄕
郡分会長前川藏太郎中尉、原田
耕作軍曹、島榮一上等兵、奥田
進一等兵に對し戸叶津聯隊区司
令官は鄕軍の華として表彰状を
贈つた

震災義捐金寄附者芳名 廿二日正午現在

一万円 京都府
五千円、桑名市貝塚榮之助▼一
千円、桑名市佐々部材木店▼一
千円、縣桶製造統制組合▼一千
円、津市增■悦郎▼一千円、津
市山本恒一郎▼一千円、一志郡
川合村野垣内三郎▼一千円、桑
名郡深谷村酒井源之助▼一千円
桑名郡在良村辻村善平▼一千円
四日市市大野正平▼一千円、志
摩郡鳥羽町小田島修三▼五十円
(一人)
累計金
二十二万八千四百二十六円五十錢