文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

南部地帯 被災地の衛生レポート 立ち上がる人たち

 あるアメリカ
の観光客はなに
か日本らしい風
景をカメラに収
めようと町を歩
いていた。フト
目にとまったの
が肥オケを搭載
した牛車だっ
た。”あれは何
だろう?”と通
訳氏にたずねた。”肥料に使う
し尿を農家の人たが各戸にくんで
いく車ですよ”と説明したとこ
ろ”これは珍しい”とカメラ
をパチリ。”ところで日本の下
水施設は?……”という質問に
通訳氏は”あまりととのっていな
い”と頭をかいて説明した。
 関係のない四千円
 水道工事の広告をみると「水
洗便所に改築すると四千円の補
助があります」と書いてあるが
南区、中川区、港区ではほとん
ど関係ない話である。港保健
所衛生課に持ち込まれる苦情の
なかで”モグリ水洗による環境
の不良化”も数多く占めてい
る。水洗で確かに美しくなるよ
うだが、家から外に流れ出ると
行き先は路面しかない。こんな
ところでは健康な生活など夢み
たいな話である。下水を完備し
ゴミ取りもキチンときて、舗装
されていないところは散水者が
走るというのが理想であり、当
然そうならなければならないが、現
実はほど遠い。といって放って
おいては悪い環境になるばかり
だ。町の力で自分たちの住む社
会とそのまわりを美しくしよう
という町内会、婦人会の動きも
あちこちできかれる。
 自分たちの手で
 南区の山*川にかかる忠次橋
から西へバス通りに沿って三新
通りという町内がある。このあ
たり一帯はもともと田んぼや池
を埋め立てたところで、台風の
ときは床上一・五メートルくらい水が
きているいわば低地だ。町内は
細長くまだそこここに田や畑が
ある。ほかの被災地と同じよう
に、三新通りの町内も大きなハ
エや蚊に悩まされているが、そ
の発生源は田であり、畑であり
またそこへこっそり捨てられる
ゴミの山である。市の方でやれ
る能力にも限度があるのだから
自分たちの町は自分たちの手で
やろうと住民の盛り上がりで百
十戸の住民たちは環境の浄化を
決めた。
 町内会長の田村正美氏はまず
ドブ掃除と草刈りをすることに
したが、あき地にゴミを捨てる
人があっては何もならないと
町内に住む材木屋さんに協力し
てもらって、看板用の板を寄
付してもらった。そして「ゴミ
を捨てないよう」とか「野ガメ
にふたをしよう」といった立て
札を保健所で書いてもらい、最
近町内三ヵ所にこの立て札を立
て警告している。”どのくらい
効果があるか見ているところで
す”と田村さんはいっている。
月二回薬剤をまくことにしてい
るようだが、家の周りの草刈
りも大変な仕事。”自分たちの
ためになることなのですが、な
かなかできないことです”と田
村さんはこの運動のむずかしさ
を語っていた。
 主婦を悩ますハエ
 四月も終わりの日曜日、明治
学区の北氷室町婦人会は会員約
五十人が町内近くの池のまわり
を清掃していた。台風以後、ゴ
ミ集めが不定期になったために
近くの池に捨てる人が多くなっ
た。そのせいか手にとまるよう
な大きなハエが台所にあらわれ
冬でも主婦たちを悩ませていた
そうだ。池にそって立つ家から
も捨てられるゴミもあり見た目
もきたない。清掃事務局にかけ
あってもなかなかきてもらえな
いのが実情である。この地区に
は大きな池が三つありいずれも
よごれていた。婦人会ではこの
ことが話題になり、みんなで焼
けるものは焼き、焼けないもの
はゴミ取りがくるまで自宅で管
理するよう話し合うのだが、オ
ート三輪で捨てにくる者がある
という。
 ある夜、婦人会の人がオート
三輪のナンバーをひかえようと
して懐中電灯を持って近寄って
いったところ”何をするか”
と反対にどなられて恐れ入った
こともある。池にタイを打って
もらうのが一番いいことだと山
田初枝会長と吉田正枝副会長が
町内会長さんのところへ相談に
でかけ、町内会長さんの世話で
池の所有者を話し合い、所有者
がクイを打ち、町内で鉄条網を
張ることにまとまった。”悪い
ところはどんどんみんなの力で
直して、美しい町にしたいので
す”と吉田さんは語っている。
「蚊とハエのいない生活運動」の立て札の立つ
南区三新通り
(写真)

チリ津波被災者 救援金品 5・6日中部日本新 聞社会事業団受付  よい子たちが寄託

港区辰巳町、白鳩保育園(森川良
盛園長)が「一日分のおこづかい
を節約して被災地のお友だちに」
と園児百八十人が出し合った分に
職員が加えた四千五百九十五円を
寄託したほか、つぎのように多数
寄せられた。
▽一万二千六百四十七円=熱田区
千年、熱田高校生徒会▽一万二千
三百七十円=中川区下之一色町、
正色婦人会(会長西川清子)▽八
千五百円=中川区九米町、東部婦
人会▽七千二百五十四円、南区豊
田町、日清紡労働組合名古屋工場
支部一同▽六千円=南区弥次衛町
水野*十▽五千四百九十六円、衣
類四十包=港区汐止町応急仮設
住宅、町内会一同▽三千円=中村
区則武本通、不二アルミニューム
工業所▽三千円、衣類二十包=港
区宝神町、双葉子供会▽二千五百
三十五円、衣類など一包=西区早
苗町西部子供会▽二千三百二十一
円、衣類百二十五点=端穂区御*
町、青室子供会▽二千円=中村区
太閣通、江尻紀夫▽千二百=昭
和区緑町、名古屋短期大学付属高
校一年二組一同▽千五十円=同一
年九組一同▽千円=港区いろは町
子供会▽千円、衣類一包=北区志
賀住宅匿名▽五百円、衣類一包=
西区押切町、恒川▽衣類五包=中
川区野立町、一区有志▽衣類一包
=西区*下町、松ヶ崎迎三▽衣類
一包=西区児玉町、滝上茂▽学用
品一箱=南区道徳小学校五年五組
▽衣類一包=港区南陽町、吉田幸
一▽衣類一包=匿名▽衣類一包=
南区西桜町、長谷川良夫▽衣類、日
用品七十箱=中川区八幡連区、牛
立婦人会(会長鬼頭りん)▽衣類
十七包=南区道徳本町、本五公民
会▽衣類一包=中川区四女子町、
匿名▽衣類など一包=南区鳥栖町
岩瀬鈴子▽衣類、日用品など二箱
=名古屋海洋少年団▽衣類一箱=
中区下前津町、川本