文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

 昭和39年6月16日、新潟地震が本市を襲つてから既に2年余、被災当時を想起すると、誠に感概無量なものがあります。地震と同時に、高層の鉄筋コンクリート建造物が、数多く傾斜し或は陥没し、なかには倒壊するものも出ました。至るところから地下水と土砂が噴出し、あたりを水浸たしにした上に、程なく来襲した津波によつて、ゼロメートル地帯は長期湛水して、災害の度を深めました。これらからは、河口地帯に立地する、軟弱地盤の都市において、今後も似た災害が起り得るという教訓を得ました。また昭和石油のタンク火災は、352時間燃え続け、産業都市の化学消防の重要性を、身に徹して感じました。
 しかしこの大惨害に対して、国県をはじめ、全国都道府県・市町村・関係機関・諸団体ならびに一般の方々、さらに遠く国外からも、真心のこもつた救援救護と、復旧へのご協力を賜わり、感激いたしました。このご厚情に対して、市民を代表して、衷心より厚く御礼を申し上げると共に、災禍にめげず、たくましく復興に立ち上つた被災害者の皆さまに、深い敬意を表するものであります。
 お蔭を以て、復興は予想以上進捗し、下水道工事の一部を除き、全部完了しました事は喜びに堪えません。ここに新潟地震惨害の実態と、救助復旧の状況を明らかにし、永く記録にとどめて、もつて防災都市建設の参考に資する事を念じ、本誌刊行の序といたします。
 昭和41年11月
   新潟市長 渡辺浩太郎

オリジナルサイズ画像
  • 幅:948px
  • 高さ:1063px
  • ファイルサイズ:2.2MB
写真 写真:新潟市長写真

地震誌発刊によせて

 実に驚天動地「新潟地震」は、天皇・皇后両杯獲得の栄ある「新潟国体」終了直後、広く市民のスポーツ振興の意欲と、音楽と民謡を愛好する市民の芸術を培い、この成果の挙るところ、いよいよ新潟市の美しい「まち」づくりに努力し、楽しい将来をかけていた矢先の全く防ぎようのない巨大な自然の暴威でした。
 昭和39年6月16日突如襲つた「新潟地震」正に悲惨というべし。地割れ・陥没・地下水湧出・浸水・傾斜・倒壊この惨状をごらん下さい。その被害は全市にわたり、その間にあつて、°分秒をあらそう「津波の襲来」に対処し、その避難のための適切な措置や、「火災発生」防止の極度な注意が及ばなかつたならばと、追想するだに慄然たらざるを得ません。
 この災害に翕然内外から寄せられた同情あふれる救援物質・義援金・労力奉仕と唯々感謝感激にたえぬところでありまして、わけても自衛隊の方々の惜しみない、はげしい労作や、近隣市町村のいち早いまごころのこもつた暖かい応援の数々、全国各市議会の心からなる激励は、どんなにか被災市民を、また全職員不眠不休の援護活動を勇気づけたことでしよう。
 寸断された連絡網のもどかしさの中にありましたが、私ども議会は直ちに、全議員の構成を以て「新潟地震災害対策特別委員会」を設置し、これをさらに総務・文教経済・厚生・建設の4分科会とし、その担当部門を定め、市の「新潟市災害対策本部」と緊密な連絡のもと、寧日なきまでに積極的活動に入り、その後時を得て「復興」特別委員会にきりかえた実状については本誌のよくつづるところであります。
 惨禍に遭遇して、ここに2年有余、挙げて対策に一致協力、いよいよ復興の意気高らかに、明るい近代都市大新潟市の建設は急であります。今当時の惨状その儘に、しかもその資料に正鵠を期し、心労の結果なつた本誌の刊行を喜び、永く伝えて貴重な資料となることを信じてうたがいません。
 昭和41年11月
   新潟市会議長 丸山富蔵

オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
写真 写真:新潟市議会議長写真

写真

オリジナルサイズ画像
  • 幅:4096px
  • 高さ:2677px
  • ファイルサイズ:24.1MB
写真 写真:地下水噴出と津波で浸水した目抜き大通礎町附近
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2603px
  • 高さ:2658px
  • ファイルサイズ:15.3MB
写真 写真:復興完成の八千代橋
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7208px
  • 高さ:6048px
  • ファイルサイズ:95.8MB
写真 写真:猛火に包まれた油タンク群 昭和石油第1火災出火1時間後の惨景、続いて第2火災の勃発となり、炎は浸水に乗って誘爆また誘爆、新潟地震のシンボルとして市民恐怖の的となった。
オリジナルサイズ画像
  • 幅:3785px
  • 高さ:2644px
  • ファイルサイズ:18.9MB
写真 写真:地震発生当時の航空写真(NHK新潟放送局提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2296px
  • 高さ:1653px
  • ファイルサイズ:6.7MB
写真 写真:鉄筋アパート群の倒壊・傾斜(市内川岸町)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2569px
  • 高さ:1866px
  • ファイルサイズ:9.9MB
写真 写真:信濃川左岸の新潟中央漁業協同組合の被害
オリジナルサイズ画像
  • 幅:3935px
  • 高さ:2862px
  • ファイルサイズ:23.3MB
写真 写真:新潟地震津波第三波の信濃川を遡る(新潟気象台附近同気象台提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2998px
  • 高さ:2851px
  • ファイルサイズ:17.2MB
写真 写真:渡辺市長の説明を聞く 来港視察中の池田首相—新潟日報社提供—
オリジナルサイズ画像
  • 幅:3445px
  • 高さ:2667px
  • ファイルサイズ:17.9MB
写真 写真:陸上自衛隊による排土排塵作業

新潟地震誌目次

Array序……………………………………………………………………………………………………………(1)
地震誌発刊によせて………………………………………………………………………………………(2)

第I篇新潟地震の発生………………………………………………………………………………………1
 第1章新潟地震概説………………………………………………………………………………………3
 第2章新潟市における過去の大地震……………………………………………………………………7
 第3章地震予知の問題……………………………………………………………………………………8
 第4章新潟地震の発生……………………………………………………………………………………13
 第5章津波の来襲と水害の発生…………………………………………………………………………17
   I—5.1津波の発生(17頁)I—5.2新潟市への津波の来襲(17頁)
   I—5.3新潟地震による新潟市の水害(20頁)I—5.4新潟市の7.7水害(22頁)
   I—5.5建設省依頼の新潟地震による新潟市水害統計調査(23頁)
 第6章火災の発生とその鎮圧……………………………………………………………………………26
   I—6.1火災発生とその鎮圧の概況(26頁)(1)炎上火災(26頁)
  (2)消止め火災(28頁)
   I−6.2昭和石油火災の詳報(29頁)(1)昭石附近諸施設の配置状況(29頁)
  (2)昭石油火災の発生(23頁)(3)第二火災の発生(32頁)
  (4)油火災の延焼拡大(34頁)(5)運河地帯での消隊作戦(34頁)
  (6)臨港町住宅地帯の消防作戦(35頁)(7)化学消防隊の応援要請と消火剤の輸送(37頁)
  (8)油火災の鎮圧(38頁)

第II篇新潟地震の被害状況…………………………………………………………………………………41
 第1章新潟地震の被害状況…………………………………………………………………………………43
 第2章地盤被害の概況………………………………………………………………………………………48
 第3章人的被害………………………………………………………………………………………………54
 第4章建築物の被害…………………………………………………………………………………………57
 第5章土木関係の被害………………………………………………………………………………………67
   II—5.1土木被害概況(67頁)II—5.2道路の被害(67頁)
   II—5.3橋梁の被害(71頁)II—5.4河川の被害(74頁)
   II—5.5港の被害概要(76頁)II—5.6海岸の被害(78頁)
 第6章商工業関係の被害……………………………………………………………………………………80
 第7章農林水産業の被害……………………………………………………………………………………87
   II—7.1農林水産被害の概要(87頁)II—7.2農地及び農業諸施設の被害(88頁)
   II—7.3農作物及び畜産物の被害(91頁)II—7.4水産の被害(93頁)
 第8章交通通信関係の被害…………………………………………………………………………………95
   II—8.1運輸関係の被害(95頁)II—8.1.1鉄道関係の被害(95頁)
   II—8.1.2バス関係の被害(98頁)II—8.1.3海運関係被害(100頁)
   II—8.1.4新潟空港の被害(100頁)II—8.2通信関係の被害(101頁)
  (1)電信電話の被害(101頁)(2)郵便関係の被害(102頁)
目 次
 第9章電気ガス関係の被害………………………………………………………………………………103
 第10章上水道関係の被害…………………………………………………………………………………105
 第11章下水道関係の被害…………………………………………………………………………………108
 第12章 教育関係の被害…………………………………………………………………………112
   II—12.1学校施設の被害(112頁) II—12.3体育施設の被害(121頁)
 第13章衛生関係の被害……………………………………………………………………………………122
   II—13.1新潟市営の衛生施設被害(122頁)II—13.2食品関係業界の被害(123頁)
   II—13.3環境衛生関係営業の被害(123頁)
 第14章其他市内の公営諸施の被害………………………………………………………………………125
   II—14.1公堂住宅の被害(125頁)(1)市営住宅(125頁)(2)県営住宅(126頁)
   II—14.2児童社会福祉施設の被害(126頁)(1)保育園等児童福祉施設の被害(126頁)
   (2)公益質舗の被害(127頁)(3)公会堂の被害(127頁)(3)公会堂の被害(128頁)
   II—14.3公園の被害(128頁)II—14.4その他施設被害(129頁)

第III篇応急対策実施状況…………………………………………………………………………………131
 第1章災害対策本部の設置………………………………………………………………………………133
   III—1.1新潟市災害対策本部の設置(133頁)III—1.2県災害対策本部の設置(138頁)
   III—1.3国の災害対策本部の設置 (140頁)III—1.4激甚災害の指定(142頁)
 第2章新潟市議会の応急活動……………………………………………………………………………144
 第3章情報活動と報道機関………………………………………………………………………………151
   III—3.1通信の不通と情報活動(151頁)III—3.2活躍した新潟市のアマ無線(152頁)
   III—3.3新潟市役所の広報活動(153頁)III—3.4報道機関の災害報道活動(157頁)
   III—3.4.1新潟日報の活躍(157頁)III—3.5.2NHK新潟放送局の活躍(159頁)
   III—3.4.3BSN新潟放送の活躍(163頁)III—3.5新潟地震時の情報とデマ・
   流言の問題(164頁)
 第4章被災者に対する応急救助活動……………………………………………………………………169
   III—4.1災害救助法の発動(169頁)III—4.2避難所の設置(170頁)
   III—4.3仮設住宅の入居(174頁)III—4.4給食及び飲料水の供給(175頁)
   III—4.5生活必需品の給与(184頁)III—4.6医療及び助産(186頁)
   III—4.7住宅応急修理(186頁)III—4.8学用品の給与(187頁)
   III—4.9輪送及び人夫(188頁)
 第5章新潟市のとつた財政措置…………………………………………………………………………190
   III—5.1地震前における新潟市の財政事情(190頁)III—5.2新潟地震後の新潟市の
   財政(190頁)III—5.3新潟地震と税の減免及び徴収猶予(192頁)
 第6章新潟市内の応急実施状況…………………………………………………………………………198
   III—6.1新潟市災害対策本部(198頁)III—6.2総務部(198頁)
   III—6.3商工労働部で行つた応急実施状況………………………………………………………201
   III—63.1物資の需給と金融措置(201頁)III—6.3.2震災と労働対策(202頁)
   III—6.4農林水産部で行つた応急実施状況………………………………………………………205
   III—6.4.1農業土木の応急対策(205頁)III—6.4.2農作物の応急対策(208頁)
   III—6.4.3畜産の応急対策(210頁)III—6.4.4流木林業の応急対策(210頁)
   III—6.4.5水産業の応急対策(213頁)III—6.4.6根室部落の救援(214頁)
   III—6.4.7農林水産関係の金融措置(216頁)
   III—6.5民生部の応急実施状況……………………………………………………………………218
   III—6.5.1保育園の応急状況(219頁)
   III—6.6土木部の応急実施状況……………………………………………………………………221
   III—6.6.1道路の応急復旧(221頁)III—6.6.2橋梁の応急復旧(225頁)
   III—6.6.3河川の応急復旧(228頁)III—6.6.4下水道の応急復旧(229頁)
   III—6.6.5港湾の応急復旧(231頁)III—6.6.6堆積士砂等の排除(233頁)
   III—6.6.7築堤と排水作業(237頁)
   III—6.7建築部で行つた応急実施状況……………………………………………………………237
   III—6.7.1応急仮設住宅の建設(238頁)III—6.7.2災害住宅の応急修理(239頁)
   III—6.7.3住宅災害融資及び住宅相談所の開設(240頁)附記(1)新潟市内一般住宅の
   震害応急処置(240頁)同(2)借地借家臨時処理法の適用(241頁)
   III—6.8衛生部の応急実施状況……………………………………………………………………242
   III—6.8.1防疫応急対策(242頁)III—6.8.2医療応急対策(249頁)
   III—6.8.3食品衛生応急対策(252頁)III—6.8.4環境衛生応急対策(256頁)
   III—6.8.5清掃応急対策(257頁)
   III—6.9水道局の応急活動状況……………………………………………………………………261
   III—6.9.1緊急給水作業(262頁)III—9.9.2応急復旧作業(262頁)
   III—6.9.3応急対策についての問題点(267頁)III—6.9.4応急対策に要した費用(268頁)
   III—6.10教育委員会の応急実施状況……………………………………………………………268
   III—6.10.1応急対策と教育委員会の活動(268頁)III—6.10.2学校の応急実施状況(271頁)
   III—6.10.3社会教育関係の応急対策(279頁)
   III—6.11消防本部で行つた応急実施状況………………………………………………………279
   III—16.11.1消防警備本部の設置(279頁)III—6.11.2消火活動状況(279頁)
   III—6.11.3火災防止の広報宣伝と応援消防隊の要請(280頁)
   III—6.11.4消防被害調査と被災者実態調査の実施(281頁)
   III—6.11.5給水作業の実施(282頁)III—6.11.6排水作業の実施(283頁)
 第7章交通運輸通信の応急対策…………………………………………………………………………285
   III—7.1新潟市の道路交通幹線と地震直後の混乱(285頁)
   III—7.2市内幹線道路の緊急復旧(285頁)III—7.3広域交通規制の実施(286頁)
   III—7.4バスの応旧復旧(289頁)III—7.5鉄道の応急復旧と運行状況(290頁)
   III—7.6通信の応急開通状況(291頁)III—7.7郵便関係の応急対策(294頁)
 第8章電力ガスの応急復旧………………………………………………………………………………295
   III—8.1電力の応急対策(295頁)III—8.2ガスの応急対策(297頁)
 第9章自衛隊の応援活動…………………………………………………………………………………299
   III—9.1自衛隊派遣要請の概況(299頁)III—9.2自衛隊の派遣(299頁)
   III—9.3陸上自衛隊の活躍(300頁)III—9.4海上自衛隊の活躍(303頁)
   III—9.5航空自衛隊の活躍(303頁)
 第10章各機関団体の応援救護活動………………………………………………………………………308
   III—10.1都道府県及び県外都市の応援活動(308頁)III—10.2県内町村の
   応援活動(309頁)III—10.3町内会自治会の活動と市民の協力(311頁)
   III—10.4一般の奉仕活動 (312頁)III—10.5日本赤十字社の活動(316頁)
 第11章救援物資の受付と配分……………………………………………………………………………322
 第12章義指金見舞金の受付と配分………………………………………………………………………326

第IV篇本復旧と復興計画……………………………………………………………………………………329
 第1章本復旧の状況………………………………………………………………………………………331
   IV—1.1建設関係の本復旧…………………………………………………………………………331
   IV—1.1.1道路(331頁)IV—1.1.2橋梁(336頁)<鉄筋ビルの建て起し
   事例>(349頁)IV—1.1.3港湾(340頁)IV—1.1.4河川(345頁)IV—1.1.5
   住宅(346頁)IV—1.1.6建築物(348頁)IV—1.1.7公園(356頁)
   IV—1.2下水道関係の本復旧………………………………………………………………………357
   IV—1.3上水道関係の本復旧………………………………………………………………………359
   IV—1.4産業関係の本復旧…………………………………………………………………………362
   IV—1.4.1農林水産業(362頁)IV—1.4.2商工業(375頁)
   IV—1.5厚生関係の本復旧…………………………………………………………………………380
   IV—1.5.1民生施設(380頁)IV1.5.2 衛生施設(380頁)
   IV—1.6教育関係の本復旧…………………………………………………………………………382
   IV—1.6.1学校施設(382頁)IV—1.6.2社会教育施設(388頁)IV—1.6.3体育施設(388頁)
   IV—1.7消防関係の本復旧…………………………………………………………………………389
   IV—1.8交通通信関係の本復旧……………………………………………………………………390
   IV—1.9電気ガスの本復旧…………………………………………………………………………394
 第2章復興…………………………………………………………………………………………………399
   IV—2.1新潟市震災復興会議(399頁)IV—2.2復興計画の概要(402頁)(1)ゼロメートル
   地帯への対策(403頁)(2)幹線道路の建設と都市計画街路の整備(404頁)(3)鉄道(405頁)
  (4)港湾(405頁)(5)商業(405頁)(6)工業(405頁)(7)農林水産業(405頁)(8)住宅
  (405頁)(9)上水道(405頁)(10)下水道(407頁)(11)清掃施設(408頁)(12)公園緑地(408頁)
  (13)社会福祉施設(408頁)画教育施設(408頁)(15)都市開発と関屋分水計画(409頁)

第V篇余録……………………………………………………………………………………………………413
 第1章感謝状の贈呈………………………………………………………………………………………415
 第2章新潟地震の体験を語る……………………………………………………………………………421
 第3章新潟県地震年表……………………………………………………………………………………436
 第4章新潟地震関係文献目録……………………………………………………………………………441
  あとがき………………………………………………………………………………………………453

附録新潟市地盤変転史……………………………………………………………………………………455
   (この詳細目次は456頁に収録した)
  編集後記………………………………………………………………………………………………498

第1篇 新潟地震の発生

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1952px
  • 高さ:1397px
  • ファイルサイズ:4.6MB
写真 写真:地震発生10分後新潟市役所屋上よりの黒煙(左手の原子雲を思わせるのが昭和石油火災、その前の白煙は藤島製作所火災、右手の黒煙は成沢石油の火災。)

第1章新潟地震概説

ArrayI—1.1地震の発生
 昭和39年6月16日午後1時2分、新潟市民は考えもしなかった強烈な地震に襲われた。最初グラグラときた時、過去の新潟での地震経験から、誰しも「大した事はなかろう」と多寡をくくつたようだが、揺れは益々激しく「これはただ事でない」と感じた。内にいた者は外へとび出し、外にいる者は地物(ちぶつ)にすがり、或は地上にしやがみこんだ。大地がムクムクとふくれ上つて、次から次へと地割れができ、泥水がおびただしく噴き出して、たちまちあたりを水浸しにした。川べりや砂地では、大きな地割れがくつついたり離れたりした。川の面には白波が立って、それぞれ地動につれてササツ・ササツと箒で掃くような音(気象庁:新潟地震調査報告122頁(新潟地方気象台職員小暮氏の体験記録))を立てた。これは地震発生後1~2分間の出来事であつた。
 地震と同時に電話は不通となり、水道や電気はとまり、バスや自動車も運転不能になつた。やがて対岸の山ノ下方面から黒煙があがつた。これは火力発電所の火事だとのデマがとんだが、程なく昭和石油の油火災とわかつた。息づまるような黒煙は次第に市内上空に高く大きく拡がつて、太陽の光をさえぎり、人々を不安に陥し入れて、地震の苛烈さを印象的にした。
 新潟地方気象台の発表によれば、震央(震源地)は新潟県粟島の南方海底40kmの地点で、新潟の震度は5、地震の規模(マグニチユード)は7.7(後に7.5と訂正された)で、大正12年の関東大地震より小さいが、昭和23年の福井地震よりは大きく、日本海で発生した地震としては最大規模のものであり「新潟地震」と命名された。
I—1.2地震の被害
 この地震の被害は細長い(気象庁:新潟地震調査報告5頁)約150×30kmの地帯に起り、新潟県より山形県にわたり佐渡、粟島にも被害があつたが、なかでも被害の甚大なのは新潟市であつた。建物被害については、震動による倒壊は極めて少なかつたが、従来一般に耐震耐火の建物と見られて来た鉄筋コンクリートのビルデイングが、或は傾斜し陥没し或は隆起して、鉄筋4階の県営住宅が建物自体は無傷のまま横倒しになるという異常な被害さえ生じた。この報道は、アメリカの週刊雑誌タイムの6月26日号に掲載せられて、世界中の注視を集める事になつた。続いて同じくアメリカ週刊雑誌ニユーズウイーク6月29日号は、横倒しになつたアパートの写真を入れて報道した。
 地震後4日間は初夏の暑さが続き、低地帯は浸水がやがて湛水となり、多くの市民が泥水の中での生活を余儀なくされたが、水道破損による飲料水の不足は市民を悩ました。これについて新潟日報記者の質問に答えて渡辺新潟市長は「まつ先に排水を、次に飲料水と食料を絶やさぬ」との談話を発表した。そして18日午後より、西新潟の浜寄りの地区から応急復旧後の給水が開始された。ところが6月20日には、地震後始めて全県下にわたり雨が降り始めたが、それがやがて蒙雨となり、こんどは市内の浸水騒ぎに追い討ちをかける事になつた。そのため漸く水がひいた地域は再び浸水し、湛水地域は水量を増した。
 こんどの地震で特筆すべき事は、昭和石油の油火災は別として、これ程の地震なのに、地震につきものの火災が一般市民の間では殆んどなかつた事である。これは新潟市民の非常時に際しての火の用心のよさを示したもので、大いに賞められてよい。また死者の少なかつたのも特筆すべきである。この人的被害につきタイムの記者は、関東大地震で14万人余も死者を出したのと比較して、奇蹟的な僅少被害であつたと激賞している。また災害にあり勝ちな流言飛語が極めて少なく、デマによる混乱は殆んどなかつた。これはマスコミの発達によるためで、トランジスタ・ラジオの果した功績は殊勲賞に値するものであつた。


  幸運の都市(The Good-Luck City)(タイム1964.6.26所載記事)
 東京地方から160マイルの海港新潟は人口346,000人、久しく幸運の都市と見られて来た。地震国日本において、新潟はこれまで一度も地震被害を受けた事がなかつた。第2次世界大戦で新潟はアメリカ空軍の爆撃を僅かしか受けなかつた。1945年8月に日本に初めて原子爆弾を投下する事になつた時、新潟は悪天候の時に原爆を投下する代替地に定められていた。だがその日は晴天であつたので原爆は広島に投下された。そこで新潟は「幸運の都市」として知られて来たのである。
 先週のある日午後1時2分新潟の運命は変つた。地下の巨人が目をさまして、太陽光線の下に出ようと地面をもち上げた。地震の衝撃は信濃川に新たに架けたばかりの名代の橋を転落させた。数分のうちに川は逆流して堤防を欠壊し都市の半ばを水浸しにした。
 4階建のアパートでは、屋上で洗濯物を乾竿に懸けようとしていた主婦を恐怖のうちに載せたまま、ゆるやかに横倒しになつた。転回が終止した時、その主婦は他の住み家にいたように何の被害も受けずに地上におり立つた。
 空港では、写真撮影家弓納持(ゆみなもち)福夫(27才)がセスナ機で撮影しようとしていた。「吾々は滑走路の終りのところでウオ一ミング・アツプしていました。突然エンジン以外の騒音が起りました。そして飛行機は空中戦でもしているようにとび廻り始めました。私はターミナル・ビルの側面に亀裂ができて、めり込むように陥没するのを見ました。」と彼は回想した。市の郊外にあつた何ダースと言う油タンクが焔をあげて爆発し、息づまるような黒雲が20,000フイートの上空に立ちのぼつた。油タンクはアメリカの飛行機が泡沫弾を投下して、焔を窒息消火させようと試みたが成功せず、96時間も燃え続けた。潮流は漁船を内陸遙か遠くまで投げつけた。近くの島は巨人がレバー(槓桿)でも使つたように、震動中に9ブイートも隆起した。トンネルは曲り、汽車は跨線橋の崩壊で下敷となつた。
 官庁の発表ではその被害額は10億ドルで、都市再建のためには今後2年間を要するとのことである。しかし新潟はまだ、幸運のすべては使い尽してはいない。死亡者は僅か27人、負傷者は403人で日本最大の震災被害を生じた1923年の規模7.9の地震の死者が、142,807人であつたのと比較すると、こんどの地震はこれより僅かしか劣つていない7.7の規模での損害としては、奇蹟的低被害数に終つた訳である。
 (山下 隆吉訳)

I—1.3地盤災害
 次に学者の発表によると、新潟地震での地下水の噴出や、鉄筋ビルの傾斜陥没等は、何れも地下水の高い軟弱地盤が、震動によって流砂現象を起し、地盤自身が流動したためで、新潟のような沖積平野に位置する近代都市は、今後大きな地震が起きると、新潟と同様な被害を受ける可能性がある事が明らかにされて、各方面の関心を集めた。
 こんどの地震で被害が特に大きかった土地は、例外なしにその土地が生成されてから日が浅く、従つて地盤的に安定していない、いわゆる軟弱地盤地域であつた。そのため被災地と、無被害地とが、かなり明確に区別できた。これは被害と地盤の密接な関連性を示している。この様な地震災害を新潟大学理学部の西田彰一教授と茅原一也教授は地盤災害と呼んで居られる。即ち新潟市の被害について云えば、被害は現在の信濃川と阿賀野月の河岸地域と、これらの旧河川敷に限られている。これは土地が生成されてから現在に至るまでの過程、即ち地盤の年輪に起因があると考えられる。従つて新潟市の地震被害を十分把握するためには、まずその地盤の形成過程と、地形の生成沿革を明らかにする必要がある。本書が附録として「新潟市地盤変転史」を収載した所以でる。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1736px
  • 高さ:2125px
  • ファイルサイズ:6.5MB
図:1—1図1 外国誌に載つた新潟地震

第2章 新潟市における過去の大地震

I—2.1昔もあつた大地震
 古来新潟は大地震のないところと聞かされもし、多くの人がそう信じて来ただけに、こんどの新潟地震は晴天の霹靂(へきれき)あつた。確かにここ百年間程新潟周辺には特別の大地震はなかつたが、それは郷土の歴史に多くの人々が無関心であつたからで、過去の新潟の地震を調べて見ると、今回とそつくりの大地震が今から133年前の天保4年10月26日に起きている。今村明恒博士の考証によると、その震源地は粟島沖の海底で、やはり津波が来襲し地割れを生じ地下より水と砂を噴き出している。つまり流砂現象が起きている。新発田藩の記録によると、間口11—12間(約20~22m)の修覆したての土蔵が「六七尺(2m)余地下へめり込み平潰れに相成り」とあり、津波も「2丈余(6m余)の高波4・5度ゆりあげ」とあるから、陥没度も津波の高さも天保地震の方がスケールが大きかつたようである。
I—2.2地震予報騒動
 関東大地震後全国的に地震への関心が高まつたが、大正の末頃新潟測候所長佐々木靍蔵氏が「大地震予知の研究」というパンフレツトを箸作した。その中で『今後2、30年後か或はそれから何年か後には、新潟附近に大地震の来る可能性がある」と講演した処が、それを新聞記者が強調して、20年以内に新潟に大地震があると予言したと書き立てたので、全国的に有名になり、「それを打ち消すのに苦労した』と記している。其後新潟地震について世人は全く忘れていたが、昭和24年に東北大学の教授であつた中村左衛門太郎博士が地磁気測定の結果から、近々新潟に大地震が起ると予言した。当時は岡田県知事の時代であつたが、県でも中村説を信じて、地震に備えるために家には「すじかい」を取り付けて、家屋を補強すべき賢が奨励されたが、1年たつても2年たつても地震は来ず、中村博士は世人を惑わす者として批判をうけた。そして結局新潟には、大地震や大台風は来ない処だと人々が考えるようになつて来たのも、佐々木予言や中村予言が的中しなかつた為と思われる。
I—2.3新潟地方の地震周期
 尚大地震の予知については、関東大地震後、60年周期発生説、70年周期説等が伝えられ、地震専門家の間でも、真剣に調査した人も出たようであるが、現在やはり仮説に過ぎない。ところで新潟地方の地震に周期説が当てはまるかどうか郷土史年表で調ベてみた。ところが前記の天保4年の大地震の5年前の交政11年には三条大地震があり、14年後の弘化4年には信濃大地震があり、またもう少し古い処では宝暦12年3月4日に越後大地震があり、同年9月15日には佐渡・新潟に大地震があつた。又最近の例では、こんどの新潟地震の3年前には震度4の長岡地震が発生して災害救助法が適用されているという訳で、郷土史年表上では周期説に都合のよい事例はみられなかつた。しかし最近新潟が日本海内側地震帯と信濃川流域地震帯との交又点に在るという見地から、新潟の地震年表を2地震帯に分けて列挙してみた処、次の表を得た。
○日本海沿岸被害甚大の大地震
 1964 昭和39.6.16 新潟地震 津波あり
 1896 明治29.3.31 庄内地震 同上}この間68年
 1833 天保4.10.26 庄内・佐渡・新潟地震 同上}この間63年
 1762 宝暦12.9.15 佐渡・新潟地震    同上}この間71年
○信濃川流域被害甚大の大地震
 1961 昭和36.2.2 長岡地震 津波なし
 1887 明治20.7.22 押切地震 同上}この間74年
 1828 文政11.11.12 三条地震 同上}この間59年
 1762 宝暦12.3.4越後大地震 同上}この間66年
 即ちこの表によると大体60~70年間毎に、大地震が発生して来た事実を見る事が出来るが、これは果して何を意味するのであろうか。素人考えでは60年ないし70年たつと、地震エネルギーが蓄積され、大地震として爆発する事が考えられるが、地震学上から、これが解明を専門学者に期待したい。 (参照→新潟地震年表<第V編>)

  天保4年10月の大地震は、此度の新潟地震と同様に震源地も粟島沖で、津波・流砂現象もあり、今回以上の大型地震であつた事は本章中に記したが、以下新発田藩のその古記録中より一部を抄録する。
     天保四已年御留守御在城行事(抄)
十月二十八日
 一、郡去行ヨリ組々地震破損所等之糺方出役人追々引取取計頭書等差出候ニ付御届下書仕組
   中聞候様相達候処下書差出候ニ付今日江戸江為差登御届方宜取計候様申遣候事
    但右見聞頭書等入御覧其下不残十二月十日郡奉行へ差戻候事
 一、先御届相済候段十一月廿五日御便左之通申来候事
     口上覚
 私領分越後蒲原郡之内一昨廿六日夕七ツ時頃地震ニ而西北海辺江寄候村々別而強百姓之内潰家半潰家等
有之其上田畑道筋地裂水又者青砂等吹出候場所も有之且信濃川筋水除堤之儀地裂欠落候場所モ有之並同
日七ツ半時頃ヨリ海面波荒ニ相成弐丈余高波四五度汰揚阿賀野川悪水吐並信濃川水戸口江モ押入領内松ケ
崎浜ニ而ハ漁船流失又者及破船漁師共之内死失人モ有之旨届出右村近所枝川筋ニモ船覆或及破船溺死等モ
御座候付追々役人差出取調之上委細之儀モ進而御届可申上候得共先此段御届申上候処城下之儀者別条無
御座候 以上
   十月二十八日御名

第3章 地震予知の問題

1—3.1地震予知の民俗
 大地震の後には、地震予知はできぬものかと云う事が、多くの人々の関心事となるのが常である。新潟地震の前後においては、地盤に色々変動があつた事が明らかになり、学者は夫々の分野でこの問題について種々研究を行つている。地震の予知については、昔から地震の前後に起つた変つた現象を記録することによつて、次の変事の参考にしようとの意図を以つて、記述が試みられて来た。文政11年の三条大地震をルポルタージユ体に録した、新潟幕末の地理学者小泉其明著「懲震毖録」中から、2例を収録紹介すると、(1)蒲原郡上保内村(今三条市の内)長泉寺の井戸の水は、清らかで美味であつたが、水が濁ると変事があると伝えられて来た。処が文政11年6月に濁りを見、ついで同年10月末にまた濁りがひどくなり、11月12日に三条地震が起つた。(2)蒲原郡如法寺村(今三条市の内)には天然ガスの露頭が出ていて百姓庄右衛門宅では、囲炉裡に石臼を置いて、その穴からガスを燃焼させ、火井戸と称して越後七不思議の一つに数えられ、見物人が絶えなかつた。またこの如法寺村と月岡村の間を提灯をつけて往来すると、提灯が自然に燃え出すので、始めは不始末のせいかと思つていたが、誰が通つても燃え出すので、狐狸の仕業と噂されたが、程なく三条地震変が起つた。蒲原郡嘉茂組(今加茂市)の名主が新発田藩の郡奉行所へ提出した地震書上帳の中に「如法寺村の地中から出ていた火は、10月半ばから火が出なくなつて地震後また火が出るようになつた」という記事がある。また大地震の前には、ナマズが盛んにあばれるというのは有名な話である。これは安政2年の江戸大地震後云いふらされた話のようであるが、動物学者の調べによると、ナマズの棲んでいる水の電気的状態に関係があるという事である。又地震前にはキジが鳴くとも云われている。キジは今日では特別なハンターでもなければ、一般人には全く見られない鳥になつたが、昔は山野に最もありふれた鳥であつたと云われている。また関東大震災の前には、お寺の前にいつも多く集つていた鳩が、全く姿を消してしまつたので、おかしいと云つていると、地震が起つたとの話もある。同様なことが新潟地震前にも数々あつた。新潟市関屋田町に住んでいるK氏の猫は、地震前に姿を消したが、地震後家の周辺は浸水し、やがて水もひいた頃になつて、大して痩せもせずに帰つて来た。「猫は地震を事前に知つていたのか?」これは新潟日報に報道されたので、多くの人が読んだ筈である。深海魚で海表などには姿を見せない「リユウグウノツカイ(竜宮の使)」が柏崎海岸でつかまつたこともあつた。これは毎日新聞の昭和39年6月28日号にも掲載され、魚学の権威末広恭雄東大教授が解明された。それによると、魚と地震の因果関係についての記録は多い。魚が地震を知るのは体の両側にある側線に関係あるらしく、地震前に起る微妙な振動水圧の変化を敏感に捕えて、本能的に避難するとのことである。地震直前に魚がよく釣れるという事例は、昔から諸記録に無数にある。新潟地震でも、事前に鯛や鰯が新潟から山形へかけて多くとれた。また江戸時代に版行された「大地震暦年考」という縦長の袖珍本は、磁石を使つての地震予知法を記しているが、珍説なので紹介して置く。この説は「ナチユレルレーキドリフト」なる書中に見えたりと前置きをしているが、この原書については残念ながら詳らかにしない。これはラツチメントという人が、フランス国の使として共和国アルケントンテスに至つた時、パレース(フランスの大都市の名)の学校から、この地震前兆発明の一法を伝送せられたものだ、と書いている。その方法とは、鉄の小片を磁石に附着させておくと、地震は磁石の鉄に親和する力を暫時消滅するから、附着の鉄はかならず落下する。これをもつて地震の前兆とする。この原理はエリキの力が地震によつて、障害をうけるためである。そこで地震予知の方法としては、磁石を紐で天井か鴨居に釣るし、その磁石に鉄片をつけ、その真下に銅だらいを置き、釘が落ればその音が響くので、地震の来ることが前知されるというのである。また前章に記述した周期発生説の如き統計的事例による推測も、また一種の地震予知法であろう。また小地震発生の消長も一つの徴候として、或いは何かの手掛りになるかも知れぬが、科学的な予知の探究とは遙かに遠い。
I—3.2現代の地震予知研究
 現在学者により地震予知に関して行われている研究は、地震前後における地殻構造の変化、或は地盤の変動についての調査である。国土地理院では、このために各種の測量を実施中の由である。即ち地震の前後に特異な地盤の変動があるという事は、かなり以前から想像されて来たが、たまたま新潟地震の場合は、新潟地域が地盤沈下地帯であり、ガス水汲み上げのため、可成り加速されている事が分つて、相当の期間水準測量が繰り返えして行なわれていた。そして沈下状態をはつきりさせるために、新潟平野だけでなく、水準ルートを地盤沈下の影響のないところまで拡げて来た。新潟地方での水準測量は、明治31年(1898)に最初に実施され、第2回目は昭和5年(1930)前後に、第3回目は昭和30年(1955)に行われた。この第3回目の測量によつて、この地方の地盤沈下は相当激しい事が判明した。この結果地盤沈下調査のために、昭和32年(1957)から新潟市を中心にした新潟平野に、繰返し水準測量が実施され、これに伴ない地盤沈下の不動点の点検のために、昭和33~34年(1958~59)および昭和36年(1961)の2回、柏崎から鼡ケ関までの相当広地域についても測量された。この水準測量の実施は、偶然にも今回の新潟地震前後の変動の様を、相当詳しく把握する事ができ、偶然の産物とは云え、今後の地震予知問題に、貴重な資料を提供するものと云われている。
I—3.3新潟地震と地盤変動
 今回の地震において、震央に近い陸地では、昭和33年及び昭和36年に行った水準測量の結果は、それ以前の変動に比較して、非常に特徴的な変動を示した。即ち北方の山地では、明治31年から昭和30年まで一様にゆるやかな隆起をしていたが、昭和30年から同34年にかけては、その隆起速度が以前の5倍程度に加速され、昭和34年以後は、逆に沈下の傾向を示すに至った。一方鼡ケ関附近の海岸地方では、明治13年から30年までは、前記の山地と同じ程度に緩やかな隆起をしていたものが、昭和30年以後から以前に増した速度で隆起運動を続けていた。この変動の特性は、この附近一帯一様な隆起運動をしていた地盤が、地震の前にその運動の一様性を失つたという事であり、これは地殼内に蓄積された歪みが、不安定になって来たことを現わしている。このような点を考えて、より短周期により計画的に水準測量を繰返えせば、早晩地震予知も実現できようというのが、国土地理院測地部長坪川家恒氏の、新潟地震防災研究総合報告会での説明の摘録である。
 1—3図1は水準測量の結果の地盤変動表で、基準として明治30—31年(1898)第1回目の水準測量の価を採用している。第2回目の観測は昭和5年(1930)ざっと30年後の余り問題なかった頃であるが、それでも可成り沈下している。それが昭和30年(1955)にやつた処、沈下速度は一層加速されている。この頃にはガス水の汲み上げが行なわれている。そして昭和33年には更に加速され、以前の25年に匹敵する沈下を来たしている。ところが新発田から北を見ると、この変動は逆になつており、上昇していることは次表のとおりである。
I—3.4観測井よりみた新潟地震
 新潟の地盤沈下が顕著になつたのは、前述のように昭和30年頃からで、その原因調査と対策計画立案のために、多くの地盤沈下観測井が設置され、記録が取られて来たが、新潟地震で新潟市内にあつた観測井は、全部破壊され観測不能となつた。だが新潟平野の内陸部に設けられていた農林省所管の観測井は、西蒲原郡味方村大倉(今白根市内)の2本が観測不能になっただけで、他の19本は地震後も正常に観測を続けている。地盤沈下観測井は、外管と内管よりなる2重構造と、内管の抜け上がりによつて、観測井の深度までの地層の収縮を知るようになつて居り、また地盤沈下と地下水位は、密接な関係にあることが経験的に認められているので、地層の収縮と地下水位を同時に測定できるように自記沈下計と自記水位計が取り付けられている。「新潟地震が観測井に及ぼした影響」について農林省の長谷川和夫・中川耕二両氏は、昭和39年11月7日新潟大学理学部において開かれた応用地質学会で研究発表をされたが、その要旨を前帝石技術顧問岩松一雄氏が、摘記せられたものを次に採録する。
『(1)地震直前の地層の異状膨張について
(イ)従前の観測において気圧と地下水位と沈下状況は関連していた。
(ロ)高気圧の場合は地層が収縮するのが常である。
(ハ)6月15日から気圧は上昇していたが、6月16日午前4時から逆に地層が膨張する記録が出た、その時の膨張の模様は、あたかもボールが弾ずむように急に反発上昇した。そしてそのカーブが落ちつきかかつた頃、地震が起つて居る。これは白根における観測井に最も顕著で、午前4時より午後1時までの9時間における地層の膨張量は0.3~0.4mmであつた。それは19本の観測井中14本について認められ、且つ観測井の深度に関らず、ほぼ同数値であつた。従ってこの地層の異状膨張は、極く地表に近い地層に生じたものである様に考えられるが、この記録を以つて、地震予知を云々するのは早計であろうが、この観測井が地層の伸び縮みを測る措置として、かなり秀れている事を証明したと云えるであろう。
(2)地質の関係について
 観測井の深度と内管の抜け上がり状況を対比してみて、沖積層は洪積層より収縮が大きかつた。この傾向は地震前も同様であつた。
(3)地震後の地層の不安定性について
(イ)地震前より地震後は観測井の抜け上り量(沈下量)は2倍の速度を示したが、2ケ月後に地震前の傾向に復した。
(ロ)地震後地下水位は30~70cmに上昇した。
(ハ)主として地表より18-135mの間の地層が急激に収縮した。
(二)異状膨張は地表の極めて浅いところに発生したらしい。
(ホ)地震後2~3ケ月でほぼ地震前の収縮速度に復したので、地層が安定するまでに約2N3ケ月の期間を要した訳である。』
 以上は諸学者や技術家が、地震予知問題に取り組んで居られるデーターで、学者の研究の一端を採録して見たものである。尚地磁気測定による地震予知については、昭和24年中村左衛門太郎博士が地磁気測量によって、新潟地震を予言し問題となった事は前述した処であるが、これにつき新聞の伝える処によると、中村博士は『新潟地震は当然起るべきものが起ったもので、統計的に当然起り得ることを予測したもので、75%当つた事になる。地磁気測定は、当時観測器材不備で実際には失敗であつた。』
 と述べて居られる。国土地理院では近日地磁気の測量を実施する計画の由である。

     地動の兆
 十一月七八日の頃より、日々暁方より辰ノ時ばかりに、霧の如き気立て、其深き時は僅に七八歩さきに立る人さへ見えがたく、又空はれわたりし時は、太陽の周囲五彩をなして虹にひとし。気候もおほいにそむけて、高山すら雪をみねば、暖気につれて万木芽を生じ、躑躅水僊花おのづからひらけ、葵欸冬花を市にひさぐ。我人後のうれひをえらねば、春にあへるここちして、物足り旦暮のやすきをよろこべり。
 十一日の暁日出るまへ、東南の方雲色朱の如く、已の時ばかりには雨ふり風あれど、さのみいよからすして止む。十二日八声の鶏の鳴く頃風音あり。全くあけわたりて、南西のかた雲色すき間もなく黒く、旭の色朱のごとく輝けり。快晴ならんとよろこびしに、辰の時ころに至西南の方にて、雷のとどろく如き音、あるよとおぼえし間もなく、おほいに地震(なえ)ふり来りて、一瞬の間に許多の変をなして衆人を憂苦せり。
 抑昔よりこの変自他国にをりをりありしこと書にも見、話にも聞しはあれども、よ所のことは只其見聞ときのみ、心をおどろかすばかりなるに、今自ら此難にあひみては、世に地震ほどおそろしきはなしと、はじめて感思せられぬれば、後人のこころにせまほしくて、見聞ほどのことのありのままを、拙き筆にかきしるし、かたにもうつせるは、おのが老婆心のとどめかたければなり。
—小泉其明著「懲震毖録」中より

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2088px
  • 高さ:1413px
  • ファイルサイズ:808.3KB
図:I—3図1 新潟県山形県の垂直地盤変動図(新潟地震防災研究総合報告84頁)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:982px
  • 高さ:1740px
  • ファイルサイズ:324.3KB
図:I—3図2 地盤沈下観測井の構造図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1498px
  • 高さ:957px
  • ファイルサイズ:342.1KB
図:I—3.4図1 新潟地震前後の地盤沈下傾向(白根観測井)
第4章 新潟地震の発生

I—4.1地震はどうして起るか
 新潟地震防災研究総合報告会(全国科学技術団体総連合編:新潟地震防災研究総合報告166頁)の討論会において、和達清夫氏は「地震はどうして起るか」との質問に答えて、次の如く解明して居られるので、ここにそのまま引用する。『そのもとは地球内部に発生する熱である。この点については、大体学者の意見は一致していると思います。勿論その熱は放射能物質から出るものであり、原子的でもありますが、近年この原子核反応のような連鎖反応によつて、それが地球内部の物質を、卑近な言葉でいえば、溶かすとか固まらすとか云う状態の変化をする。その時に起る体質変化というものが、その周囲の物質を破壊する。その破壊されてからあとが地震現象になるわけでありまして、その破壊が断層として見える時もありますし、地表で見えないときもある、と云うように解釈しております。従って昔から考えられている「弾性反発論」つまり地球内部にひずみが起って、その無理が弾性的に貯えられ、それがこらえられなくなつた時に、破壊されて地震になるというものにも、そこでつながつて居る訳でありまして、地震が起つてからは「弾性反発論」と殆んど同様に扱うと思うのであります』
I—4.2新潟地震の概要
 新潟市では地震が発生すると、新潟地方気象台では、いち早く地震速報を発表した。それを要約すると、
・新潟における発震 日時6月16日13時01分51.8秒。
・震央 北緯38.3°東径139.3°粟島沖。
・深さ 40km
・地震の規模 マグニチユード7.7
・震度 新潟5 相川5 長岡5 高田4 (県内各地とも震度4以上)
・津波 第1波 13時35分 第2波 14時07分 第3波 14時33分 第4波 15時00分 第5波 15時30分……(第3波が最大)ところが其後気象庁の正式発表(全国科学技術団体総連合編:新潟地震防災研究総合報告162頁)では、この地震の震源事項は次の如く訂正されている。
・震源時 1964年6月16日13時01分39.9秒土0.1秒
・央震 東経139°11'土00度 北緯38°21度土00度
・深さ40km
・規模(マグニチユード)7.5土0.2
I—4.3地震後の地盤の変動
 海上保安庁水路部の新潟地震調査報告によると、新潟地震発生後東京大学地震研究所観測班の調査によつて、岩船~鼡ケ関は従来地盤隆起の傾向のあつた地域であるが、地震後は逆に数10cm沈下して西方に傾動した事が明らかになつた。また震源地に最も近い粟島は、地震後約1m前後隆起し、しかも矢張り西方に傾動した事が報ぜられ、粟島海峡を挾んで、かなり顕著な地殼運動が生じた事が推測されるに至つた。そして震源地の40kmの海底でも、変動を生じて居る事が報告せられ、興味のある問題として注目されている。たまたま水路部の測量船「拓洋」は海洋測量の目的で、地震直前の6月6日から6月15日にわたり、佐渡・粟島附近の測深、底質調査、地磁気測定を行つていた。地震が起ると拓洋丸は直ちに災害復旧活動に従事し、新潟港内の精測、航路の整備に当つた後、6月26日から7月7日にわたり新潟地震による震源地附近の海底変動を明らかにするため、粟島を中心とする附近一帯の海域の測量、地磁気の測量を行つた。その結果粟島を含む粟島海峡一帯に顕著な隆起を認めた。しかしこの調査は概査であつたので、更に高い精度の調査を実施するために、拓洋丸が再び派遣され、8月中旬から9月16日にわたり精査した結果、粟島海峡附近の隆起と、鼡ケ関~岩船海岸に、沿う沈降とを確認した。そしてこのような海底の隆起運動には、当然断層を伴う事が予想され、測量の結果5か所に新らたな断層が発見された。(以上、水路部;新潟地震調査報告書による)
I—4.4新潟地震の規模と震度
 新潟地震の規模については、当初マグニチユード7.7と発表され後に7.5と訂正された。また津波の関係を調査した学者は、7.2位とも云つているように、このマグニチユードというものは正確な数字ではなく、地震の大体の規模の見当をつけると云う事が第1の目的として出来たものである。
 次に現在わが国で行われている震度階は次のとおりである。
新潟地震における主要各地の震度を気象庁の発表により列挙すると
震度6—鶴岡
震度5—新潟、酒田、相川、仙台、粟島、村上、下関、中条、五泉、巻、三条小千谷、柏崎、羽茂、長
岡、新発田、両津、鼡ケ関
震度4—山形、福島、秋田、高田、盛岡、長野、前橋、寺泊、出雲崎、栃尾、直江津、十日町、能生、米
沢、郡山
震度3—宇都宮、軽井沢、富山、熊谷、松本、東京、甲府、横浜、湯沢、糸魚川
震度2—松代、水戸、金沢、青森、伏木、千葉、立川
震度1—八戸、函館、静岡、彦根、室蘭、福井、帯広
以上のうち鶴岡の震度6は、同市大山町での震度が大きく感ぜられた事からであるが、新潟市の場合と考え合せると、震度5(小牧昭三:新潟地震の地震学的考察(新潟県:新潟地震災害復興計画255頁))としてよいのではないかと思われる。
I—4.5余震
 大地震の後には余震が頻繁に発生する事はよく知られているが、余震活動の消長経過を明らかにする事は、単に個々の余震及び余震活動の機構や震源地域の性状の解明に役立つばかりでなく、本震の究明にも何らかの手がかりの資料となるのではないかと考えられ、学者専門家によつて詳細な観測が行なわれている。日本列島の内側地震の余震は他の地域と比べ余震の減衰(気象庁:新潟地震調査報告11頁)は早いと云われているが、今回の新潟地震は福井地震(昭和23.6.28)や鳥取地震(昭和18.9.10)に比べて極めて減衰が早かつたと云われている。気象庁調査による余震発生回数の比較表を次に掲げる。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:903px
  • 高さ:1234px
  • ファイルサイズ:204.6KB
図:I—4.2図1 地震計に現れた新潟地震
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1203px
  • 高さ:931px
  • ファイルサイズ:151.1KB
図:I—4.2図2 同左(川岸町の県営アパート地階)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2290px
  • 高さ:1077px
  • ファイルサイズ:760.6KB
表:I—4.4表1 気象庁の震度階表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2359px
  • 高さ:1584px
  • ファイルサイズ:422.9KB
表:I—4.5表1 有感余震発生回数比較表(小牧昭三:新潟地震の地震学的考察(新潟県:新潟地震災害復興計画266頁))

第II篇 新潟地震の被害状況

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1960px
  • 高さ:1348px
  • ファイルサイズ:4.6MB
写真 写真:新潟地震災害のシンボルとなつた鉄筋アパート群の傾斜と倒壊(市内川岸町)

第1章 新潟地震の被害状況

 新潟市における地震の被害は、土地生成の歴史がまだ新しく、地しまり不十分な軟弱地盤に集中した。耐震建物と見られて来た鉄筋コンクリート建ての大きなビルデングが数多く傾斜し、鉄筋4階建ての県営アパートが横倒しになるなど、どの地震でも未だ曾て見られなかつた特異な被害が出て、各方面の注視を浴びた。完成後間もない近代的な永久橋が落ち、電話・電気・ガス・水道等近代都市に不可欠の諸施設が被災して、一瞬にして不通となつた。信濃川の護岸堤が倒壊してゼロメートル地帯には河水が浸入し、程なく来襲した津波によつてその被害は市内広域に拡大した。また港口に近い昭和石油株式会社の重油タンク群が、地震動によつて油火災を発生し工場のみならず、近接した民家をも猛火でつつみ、黒煙は新潟市上空をおうて災害をいやが上にも陰惨なものにした。新潟市の人口は325,018人(71,700世帯)であつたが、その44%に当る144,097人が罹災した。
 この統計は、昭和39年7月15日現在を以て取りまとめた、災害救助法適用による被害数である。新潟地震の被害は、新潟県は勿論山形県および秋田県に拡がり、住家の全壊(焼)世帯数は、総計3,557世帯およんだが、新潟市の全壊(焼)数は、2,338世帯で、その66%を占めたのである。
II—1.1新潟地震の罹災状況調査について
 災害時における被害調査にあたつては、市はこれを直接的被害調査と間接的被害調査とに分け、調査班は直接的被害を専ら担当する事になつていた。地震が発生すると、調査班は直ちに活動を開始したが、当初交通通信の途絶と、浸水地が広範囲にわたり、被害が激甚を極めたため、その活動は思うに任せず、調査活動は遅れた。しかし、かねてよりの計画どおり戸別調査方式による事とし、罹災者名簿作製のため「地震罹災世帯申告書用紙」を自治会長・町内会長を通じて罹災世帯に配布し、6月26日正午までにその収集を完了した。さらにこの申立てを確認するため、28日から県職員100人の応援を得て、被害実態の確認調査を行つた。これより先21日に、市は避難所に収容されている罹災者について、市選挙管理委員会と監査委員事務局職員を動員して罹災者実体調査を行つたが、避難所入居者の転出入が激しく、その実態把握は難事であつた。
 また実態確認調査にあたつては、申告者不在のため内部調査不能のものがあり、その完全実施は困難を極めたが、とにかく可能な限りにおいて確認に努力し、一応調査を終了した。そのうち被害者に見舞金の配分が始まると、全壊と半壊、半壊と傾斜等につき、調査員と罹災者との見解に相違があつて、不服が生じて来たので、異議申立てを受付けて再調査を行い、7月15日現在の罹災者数を定めた。災害救助法等国の災害救助は、この数により実施された。なお罹災者名簿の作製につき、当時市総務部長であつた児玉賢雄氏は当時を顧みて、次のような所見を述懐して居られる。
 『昭和30年の新潟大火の時民生課長をしていて、罹災者名簿の作製に苦心したが、地震では更に一層苦労した。災害救助法が発動されると、まず被災者台帳が出来なければ、正式の救助が出来ない。担当者は身を削る思いで被災者の把握に傾注するのだが、大混乱時の事とて中々思うにまかせぬが、担当者は何をぐずぐずしているかと叱られる。これは新潟大火の時も同様であつたが、地震は火事の比ではない。家屋の倒壊・傾斜・浸水と被害の程度が種々様々の上に、調査した後から変更が来る、脱漏がある。重複があるという訳で、中々取まとめに暇がかかる。今日は避難所に居るかと思うと翌日は無断で家に帰つて居る。かと思うと配給品の都合で再びひよつこり避難所に戻るものもあるという訳である。そこで考えられる事は、被災者の取りまとめに最も頼りになるのは町内会長・自治会長である。従つて今後不幸にして万一大災害が発生した時には、現住所の町内会長・自治会長に被災申告書作成提出を願うように、平時より統一し指導して置く必要のある事を、痛感した次第である。』

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2288px
  • 高さ:935px
  • ファイルサイズ:401KB
表:II—1表1 新潟市罹災市民被害調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2331px
  • 高さ:531px
  • ファイルサイズ:229.1KB
表:II—1表2 新潟地震直接被害総括表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2300px
  • 高さ:1328px
  • ファイルサイズ:626.1KB
表:II—1表3 新潟地震間接被害見積額
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2387px
  • 高さ:1685px
  • ファイルサイズ:716.5KB
表:II—1表4 新潟市有施設被害調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2364px
  • 高さ:1849px
  • ファイルサイズ:811.1KB
表:II—1表5 新潟市被災者
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2308px
  • 高さ:1811px
  • ファイルサイズ:867.6KB
表:地区別集計表

第2章 地盤被害の概況

 新潟地震による地盤の変動は、流砂現象による噴砂・地割れ・地盤の隆起・陥没・水平移動、地震による地盤沈下などの諸現象となつて現れた。地震発生の直後起つた地盤の変動については、I—3「地震予知の問題」中にも記述したが、以下地盤被害の各現象について解説する。
II—2.1流砂現象による噴砂と地下水の噴出
 こんどの地震では、多量の地下水と砂を吹き出す現象が至る処で起つて、その地下水はあたりを水浸しにし床上浸水の家まで出た。その地下水噴出の瞬間を目撃した新潟市白山小学校校長阿部守衛氏は次のように記述(新潟市小学校中学校PTA連合会:災禍をくぐつて32頁)している。
 『……にわかに屋外運動場の全地面が大きく波打ちながら一米程隆起し始めた。その形相は凄惨そのもので、今でも眼前にちらつく。これは困つたと思い、再び屋内に入るように命じた。その時隆起した地面は大きな響と共に十数ケ所に亀裂を生じた。アツと息をのむ間に猛然と亀裂口から泥水が噴き出し、見る見るうちに一面泥海と化した。……』そして水と共に吹き出した砂は地震後2mも3mもうず高く道路上に積みあげられて、その砂が浸水をせきとめる土俵用に使われた地域もある。これは流砂現象によつて起つた事が学者によつて解明せられ、これが新潟地震の第一の特徴に数えられている。流砂現象(クイツクサンド)については、福井地震でも学者の注目する処となつたが、新潟地方では少し大きな地震には、地中から青黒い砂と水を噴き出す事は昔から起つて居り、種々の記録にもとどめられている。即ち今から203年前の宝暦12年9月15日の佐渡・新潟地震を新潟の松浦久蔵はその日記中に次のように記録している。『此処は近年無之大地しん也。権現の社地杯余程地割れ黒青砂吹き出す。道より水を吹き出し申候』即ちこの時も流砂現象が起つて地中より水と砂を吹き出したのである。今から133年前の天保4年の新発田藩の「御留守御在城行事」と題する記録の10月27日の条には、沼垂町の地震被害を記し『新地、下町通潰家多並御船作事蔵潰舟蔵小路往来地五寸或壱尺斗つつ割れ水砂等吹出……云々』とあり、ここでも流砂現象を記録している。またこの現象は文政11年(天保4年より5年前)の三条地震でも方々で起つている。震災をうけた村々から新発田藩郡奉行所に提出した「組々地震変事書上帳」の内の蒲原郡嘉茂組(今の加茂市)の書上げによると『一、地震中村方相廻り候処所々畑方三四尺壱丈程之割口より黒砂交りの水吹出し畑方一円水面に相成り百姓佐助と申者籾臼挽居候処地震に而走出候跡寝間より砂水吹出し籾押流し其辺之家床上仕候へ共防方も無御座候』とある。この流砂現象については一般的に次のような説明がなされている。『新潟の軟弱地盤は主として砂層からなつているが、普通の状態ではこの地層にかかる荷重は、砂粒子の支持力と砂と砂との間隙水圧による支持力によつて支えられ均衡を保つている。しかしこれに震動や衝撃が与えられると、間隙水圧が高まつて、その水圧が荷重より大になつて砂粒子にかかる外力がなくなり、均衡を失つて砂粒子がバラバラになつて流動化することになる。このように砂が流動化すると、地震によつて生じた割れ目から地下水と共に吹き出し、附近の重い建物は支持力を失つて傾くことになる。新潟市内の駅前附近では地震直後各所に地下水と共に多くの砂を吹き出し、ビルが傾くという状態が見られたが、正にこの流砂現象による災害の代表的なものである。』
 噴砂の現象は建物密集地帯と平地とではその噴出の仕方が異なり、平地では地割れ又は単独の噴出孔から砂をふき出しているが、建物の密集地帯では建物の周囲・側溝・道路上の弱点などから噴砂現象が起つている。平地に噴砂した場合には、小形の砂火山(サンド・ボルケーノ)を造成している。その場合噴出の末期にシルト物質を噴出して火口を中心に薄く被覆している場合が多い。噴出する砂の量は平地では建物密集地域よりは著しく少なかつた。噴砂量の多い地域(茅原一也:新潟地震被害の分布(新潟県:新潟地震災害復興計画214-215頁))順に列挙すると、
①八千代橋下流信濃川左岸地域一特に礎町・入舟町・山田町地区においては噴砂量の厚さが平均50cmを超え、所によつては1mに及んでいる。
②流作場地域—この地域の噴砂量も30~50cmに及びビルの陥没が著しい。
③白山浦・関屋田町地域一この地域では噴砂の多い地域が帯状に分布し、無被害地域境界線にほぼ平行している。噴砂量は最大40cmに達する。
④新潟駅前地区—特に東大通り以東地区にはかなりの噴砂がある。特に沈下ビルの周辺では、局部的に著しい量の噴砂現象が認められる。
⑤沼垂下町地区—この地区は旧信濃川と栗の木川にはさまれた地域で、かなりの噴砂量があり路面の変形も著しい。
⑥山ノ下末広地区—山ノ下橋以東の通船川沿いの地域であつて、噴砂量が多く木造家屋が密集して被災している。山ノ下地域全体を見ると、砂と共に泥質物がかなりの量が噴出しており、他地域と区別される。
⑦平野地帯一建造物が無いか或は少なく、多数の地割れ群を伴つて、噴砂の行われた場所は、塩の橋附近の左岸地域・川岸町の河岸地域・通船川南岸地域である。また新潟駅裏の旧信濃川に沿つた地帯にも、同様な噴砂が認められる。これらの噴砂地域では、地割れの中に砂火山ができたり、或は平地上に噴出孔(ピット)ができたりして、方向性をもつて配列している。これらの方向はほぼ無被害地域境界線と平行している。また市内国道の一部では、下部より地下水と共に上昇した砂が舗装版下の、空洞を埋めて存在したり、空洞の下部に堆積していることが明らかにされた。この種の青砂は地面上に噴出したものと同種のものであつて、その一部が舗装版下に侵入したものと考えられる。その厚さは5~10cmにわたつていた。
II—2.2地割れ
 地震発生と同時に、各地に多数の地割れを生じたが、新潟大学理学部の茅原一也教授はその地割れを次の3種に分けて居られる。
①地辷り性の地割れ—信濃川両岸下流地区では、随所に護岸堤が崩壊して、川岸地区は信濃川の流れに向い地盤なだれの現象を起して、地盤が河中へ押し出した。このため地域中には、川の流れと平行した大地割れを幾条も生じて居り、地積が東西に伸延した所が多い。延び方も所により大差があり、30~60cm延びた地所もあれば、1.2~1.5m延びた処もあり、2m以上延びた地積もある。この場合しばしば階段状に川へ向つて押し出して居た。地割れは両岸とも広く発生したが、特に越後線鉄橋附近および通船川の両岸に発生したものは顕著であつた。また青山小針地区では、砂丘が地辷り的に崩れて、弥彦街道へ押し出した時に生じた地割れに、婦人が落ちて埋没死亡している。
②断層性の地割れ—これらの地割れは落差をもつもので、一つの線上の方向性を有し、この線を境にして被害地と無被害地が画然としている。一つは白山浦関屋地域の西縁を限るもので、平均20~30cm最大70cmの落差をもつて被災地側が陥没している。同種のものは山ノ下日東紡の地域の東北縁に沿つて生じた地割れ群である。更に同種のものが神明町地域にも生じて居り、この地割れ地帯に沿つて、木造家屋が密集被災した。
③張力による地割れ群—これらの地割れは殆んど全域にわたつて発生している。この中で特に方向性をもつものと、然らざるものとに区別される。方向性をもつものとしては、営所通地域に生じたもの、新潟駅裏側地域で古信濃川に沿つて生じたもの、通船川両岸地域に発生したもの等が顕著である。その他市街地域に発生した不規則方向のものは、或は建造物に支配され、或は舗装道路に支配され、各種の断層性の地割れを生じている。
II—2.3地面の変形
 新潟地震では、流砂現象や地割れのほかに、地面の陥没・地盤のふくれあがり・水平移動の被害が発生した。
①地盤の陥没—落差を伴う顕著な地割れ地帯の内側の被災地は、何れも陥没している。(関屋の一部、山ノ下地区)また不同沈下した地区としては、新潟駅前(最大50cm)の一部、通船川両岸の一部(最大1m)鳥屋野潟周辺の一部(最大70cm)等の地域を挙げることが出来る。小規模の陥没は道路面を始め至る処で発生したが、この中には自動車・自転車等重量物のあつた場所を中心に陥没した例が多い。道路外では同様に木材・石炭・鉱石などの集積したか所を中心に陥没した例もある。またそのような陥没のほかに、道路面では波状の凹みが数多く発生した。
(2)地盤のふくれあがり—地盤の陥没とは反対に、その膨れあがりも多かつた。道路面では特にアスフアルト舗装の場合、円形或は楕円形の膨れあがり現象が多く発生した。川岸町では道路上のマンホールが30cm以上も抜けあがつた。浄化槽の抜けあがり現象を示した例もその数は多い。湊町バス通りでは道路の中央部が背斜状に隆起し、両側の建物が沈下した。この通りは明治2年に新潟税関(当時運上所といつた)が出来た時、茫々たる葭野地であつた地帯に、上大川前通から税関に至る道路を2尺(約60cm)の高さに土盛りをしてつくつたもので、この道の両側に其後家が建つて、今の湊町通りをなすに至つた。
(3)地盤の水平移動—寺山・海老ケ瀬間の道路では、平面の線形が沿道の土地建物と一緒に蛇行し、甚しいか所は4mも横方向に移動した例がある。
II—2.4地震による地盤沈下
 地震により、部分的に地盤が隆起・陥没等をした例は多いが、こんどの地震後地域全体が30cm位地盤沈下したと感じているのは、入舟地区の多くの住民であり、他地区でも同様の事を云う者が多く、学者も地震後の地盤沈下を認めている。これについて国土地理院では地震後の7月から10月にわたり、北蒲原郡加治川村から柏崎市までの間を測量し、その結果を報告書(建設省国土地理院:新潟地震震災調査報告書)中に次のように記している。『特に新潟市街地と阿賀野川下流部に変動量が大きく、平均して−5~−20cmも沈下をおこしており、中でも信濃川河口の西岸と阿賀野川河口附近では、−50cm以上も沈下した地域が認められる。また万代橋附近では、局部的ではあるが−1m以上の沈下が認められており、これは水準点の埋石位置が地震によつて、変動しやすい盛土地に設置されていたためであると思われる。市街地から離れるにつれて、−2~−5cmと変動量も漸次減少する傾向を示す。』

   被害の地域差
 地震当時市内鐙地区(当気象台から東に2㎞)にいた職員は、揺れの大きさ周期などから、大規模地震であると判断し、津波の発生を懸念した。しかし周囲の建物にはほとんど被害を生ぜず、また地割れもできなかつたことから、震度はIVないしVと判断した。地震で停車していたバスも、地震が治まると運行を開始したので、すぐにこれに乗つて気象台に向つた。
 バスは速度を平常より多少おとした程度で運転したが、途中特に異常は見られず、戸外に人々がたたずんでいるのを見かけた程度であつた。バスが鳥屋野支所を曲がり、鳥屋野街道にさしかかると、所々電柱が傾き、電線が切断し、たれ下がつているのが目につき出したが、家屋の被害は一見したところ見当らなかつた。昭和橋東詰停留場までに7~8分(通常は5~6分)で到着、下車して気象台に徒歩で向つたが、東港線にはいつてからは、電柱がすべて傾斜し、道路が各所で隆起あるいは沈下したために、凹凸を生じ水たまりができていた。気象台に近づくにしたがい、水たまりはますますふえ、靴をぬいで歩いたが、被害は次第に大きく広がつているのを知り、容易ならざる事態を悟るとともに、地域によつて被害が著しく異なるのに驚いたという。
     —気象庁:新潟地震調査報告65頁—

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1941px
  • 高さ:1352px
  • ファイルサイズ:5.4MB
写真 写真:地下水はあたりを水浸しにした(柾谷小路礎町附近)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2021px
  • 高さ:3544px
  • ファイルサイズ:12.4MB
写真 写真:地下水が融雪道路のように噴き出した。(市内東中通)(新潟日報社提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1427px
  • 高さ:2064px
  • ファイルサイズ:6.1MB
写真 写真:噴砂口跡(白山競技場附近の川岸)(BSN新潟放送提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1995px
  • 高さ:1351px
  • ファイルサイズ:5.1MB
写真 写真:地下水の噴出による浸水と水中の噴出口にはまつた自転車(白山野球場前道路)(BSN新潟放送提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2007px
  • 高さ:1412px
  • ファイルサイズ:5.3MB
写真 写真:昭和大橋西詰の大地割れ(BSN新潟放送提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1915px
  • 高さ:1408px
  • ファイルサイズ:5.8MB
写真 写真:乗用車がパツカリはまつた陥没道路(山ノ下西詰)
第3章 人的被害

 新潟地震は各方面に極めて大きな被害を及ぼしたが、人的被害は少なかつた。これは民家からの火災がなかつた事と共に、良い面での新潟地震の特徴とされている。その原因は、白昼であつた事と地震の振動そのものにより、いきなり家屋が倒れて押しつぶされた例の少なかつた事による。だが圧死罹災者もあるにはあつた。市内沼垂日の出町では、60才の婦人が落下した梁で胸骨を骨折し、その日のうちに病院で死亡した。また市内青山では、弥彦街道に面した砂丘が崩れて来て家を押し潰し、その下敷きになつて55才の婦人が死亡した。同じく青山と地続きの市内小針新道で、家の前が2級国道116号線俗称「弥彦街道」になつている高井さんの家では、3才になる長男が道路上で遊びたがり危険なので、玄関に錠をかけて置いた。そこで地震の際、戸外に逃がれ出ようとしているうちに家が倒壊して親子は玄関口で無惨にも圧死した。また25才になる家庭婦人が、戸外で地下水を噴出した地割れに陥つて死亡した。地震後砂の間から片腕だけが空中に出ていたので、掘り出して見ると、地割れに落ちたその婦人はいあがろうとして片腕を上へあげたまま砂に埋まつて死んだことがわかつた。また6才になる男の子は砂山で遊戯中、砂丘が崩れて道路になだれ出し、砂中に埋まつて死亡した。この子は翌17日の夕刻トラクターがなだれた砂を排除して、漸やくその死体を掘り出した。—地震の日この子の両親は働きに出ていて不在であつた。また70才の老婦人は、避難の途中交通事故にあい、医院の待合室で息をひきとつた。また76才の老婦人は、集団避難中シヨツクで死んで居る。このほか津波によつて溺死した48才の婦人、道路上で人波に押し倒され、全身打撲傷をうけて死亡した聾唖学校の生徒(14才)など、地震により死亡した新潟市の公式の犠牲者は11人であつた。そのうち10人までは女と子供で、ただ1人だけ鳥屋野の東洋瓦斬化学工業株式会社の31才になる技能員が、地震によるアンモニア爆発によつて窒息死している。この11人の犠牲者は、7月15日付で締切つた地震による直接死亡者であるが、その後の調査によつて、間接的ではあるが、地震による新潟市の遭難者5人が判明したので、市ではこれらの人々に対しては、一般義捐金中より弔慰金を贈つた。
 ゼロメートル地帯で、津波によつて床上浸水した附船町1丁目の母子家庭の森田さんは、とりあえず市立工業高校に避難したが、6月19日の夜になつて、小学校2年の2男が、疲労と衰弱でかぜをこじらせ高熱を出した。着のみ着のまま避難し、着替え1枚なかつたので、母親は翌朝午前5時頃子供の下着をとりに水没したわが家に向つたが、寝ずの看病による過労のためか、湛水地で深みに陥り溺死してしまつた。
 また地震の3日まえに足を傷けた入舟小学校1年生の少女は、津波に襲われて学校の屋上に避難する時、担任の女教師に背負われて汚水の中をこぎわけたが、この時傷にばい菌が入つたらしく、それから10日程たつた6月27口死亡した。女教師は連日の応急復旧作業に疲れ取り紛れていたが、この日ようやく交代の休日を得たので、教え子を新潟大学附属病院に見舞つたが、その日恐れていた破傷風で尊い命を失つた事を知らされた。少女は渇きを訴え、水を求めて母の手にすがりながら苦しんで他界した。これも地震後の混乱の生んだ哀話である。
 地震後行方不明になつた人の消息については、ラジオも新聞も繰り返し呼び続け書き続けたが、6月23日付の新潟日報は、地震被災者消息欄に次の記事を載せていた。「新潟市臨港町二稲又与作さんの消息をお知りの方は、農大に避難中の山崎孝次さんに連絡してください。なお与作さんの消息は20日午後6時頃までわかつていますが、その後不明です。」そして6月29日新潟日報によると、28日午後4時頃村上市岩ケ崎海岸に中年男の死体が漂着したが、シヤツのポケットにあつた新潟臨港海陸運送会社の給料袋の氏名から、それが稲又さんである事が明らかになつた。稲又さんは昭和石油の火災で家を焼かれノイローゼとなつていたが、溺死体となつて発見されたものである。新潟地震による市内在住遭難者の人名は次の通りである。

     倒壊、母を失う
        新潟市青山
         平野ヨシエ(29)
 「もう思い出すこともいやです」とヨシエさんはただこう繰り返すだけ。家は倒壊、しゆうとのキミさん(53)は圧死、そして八日間。いまは自宅近くの親類で話す気力も失つていた。
 あのときヨシエさんはテレビを見ていた。しゆうとのキミさん、義弟の秀夫さん(23)といつしよで、2女の弥生江ちやん(2つ)は昼寝していた。それに夫の正一さん(31)は勤め、長男の明光君(8つ)は学校、長女の一江ちやん(5つ)は幼稚園に行つており、家にいなかつた。
 「地震だ……」キミさんの叫び声を聞くや、ヨシエさんはいつしよに無我無中で外へ。そして秀夫さんは弥生江ちやんの寝ている居間へと走つた。だがヨシエさんが玄関を出るか出ないかのうちに、家が無気味な音を立てて倒れていつた。震動で家が持ち上がり、そこへ高さ4メートルからの裏山の砂丘がくずれ落ちてきたからだ。一瞬真つ白な砂ほこりが立つた。
 この倒壊とともに、キミさんら3人が家の下敷きとなつた。その瞬間のことをヨシエさんは「気が狂つたようだつたのでとぎれとぎれにしか記憶がありません。砂ほこりの中を無中で、おかあさん、秀夫さんらの名を叫び続け、家のまわりを走つていたようでした。そこへ折り重なつた柱の間から秀夫さんが弥生江をしつかり抱きかかえ、ほこりだらけになつてはい出してきたんです。だけどお母さんだけは息絶えた姿しか見ることができなかつたのです……」と声をつまらせながら話している。
 家を失い、肉親を失つた平野さん一家の悲劇はこうだつたのだ。こうしてさる19日には無残な最期をとげたキミさんの形ばかりの葬儀が行なわれ、多くの人たちの涙を誘つた。倒壊した家は親類の人たちの手で少しずつ整理されている。(新潟日報社:新潟地震の記録より)

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2300px
  • 高さ:1372px
  • ファイルサイズ:700.4KB
表:II—3表1 地震による直接の遭難者名
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2289px
  • 高さ:756px
  • ファイルサイズ:347.4KB
表:II—3表2 新潟地震による間接遭難者名
第4章 建築物の被害

 今回の地震では、耐震建造物と見られていた鉄筋コンクリートの中高層建築物が、沈下したり傾斜したりの大被害を受け、木造の被害が割合に目につかなかつたので、口さがないジヤーナリズムは「弱い鉄筋、強い木造」などと、反語的な誇張した表現で災害の異常性を報道し、多くのセンセーシヨンを惹起した。その極端な例が川岸町の県営アパート鉄筋4階ビルの倒壊で、これは写真入りで逸早く海外にも紹介され、新潟地震災害の激甚さを物語る象徴と見られた。
II—4.1新潟市鉄筋コンクリート建造物の被害
 地震当時における新潟市内の鉄筋コンクリート建造物の総数は、建設省建築研究所構造研究室長大崎順彦(大崎順彦:異常軟弱地盤における建築物の震害(全国科学技術団体総連合編:新潟地震防災総合報告150頁))氏によれば、大体1,530棟程度と推定される。これらは2階建・3階建のものが圧倒的に多く、地階を有するものは、わずか25棟内外である。地震被害を受けたと思れるものは約310棟で被害率はほぼ20%に当る。これらの被害建物は損害軽微なものを含める倒壊家屋の下敷で犠牲者出ると、新潟市全域にわたつて分布しているが、かなり被害顕著なものは、川岸町から白山浦一帯と、新潟駅前から流作場を中心とする一帯という、かなり限られた地域に集中している。またこれら建物の披善には、従来の地震に見られたような振動力による損傷あるいは破壊といつた形態のものがほとんど見当らず、地表面がきわめて不規則に動いて、いわゆる地盤変動を起し、建物が強制変位を受けて損壊したとみられるものが多い。このような形態の被害は、鉄筋コンクリート造全棟数の約7%にあたる。被害建物中残りの13%は、上部構造には損傷がないまま、全体的に一つの剛体として、沈下あるいは傾斜するという形態を生じ、しかもそれが顕著であつたというのが今回の災害の大きい特徴で、このような事態は上部構造が強靱過ぎたと見るよりは、基礎にその原因があつて、上部構造の強さとの間にバランスを失したと解釈されている。すなわちその原因は地震動による流砂現象であるが、流砂現象についてはII—2.1流砂現象の節に詳記した。
II—4.2新潟市の建物被害概況
 地震時における新潟市の総人口は325,018人、地震被害者は144,097人で全体の44%に当る。その罹災市民の住家別被害はII—1表1の通りである。この統計は、昭和39月7月15日現在を以て取りまとめた、災害救助法適用による新潟市民の被害統計に、罹災棟数(新潟市建築部の調査による数字)を附加したものである。震災当時市建築課は、市有諸建築物の被害調査と応急復旧工事に忙殺されて、民有建物の被害調査にまで手が及ばなかつたので、西新潟・沼垂・山ノ下全地区の被害建物については、市消防本部が全職員を動員して調査した。その統計を基数とし、それに新市域地区の被害棟数を累加して、それを市建築部が新潟市の被害建物の棟数と定めたものである。尚市内における物置小屋その他附属屋等の非住家屋の被害棟数は合計1,800棟、その被害額に36,000千円と算出されている。新潟市の地盤は、海岸砂丘は例外として、その沖積層は異常に厚く、第1砂礫層(G1層)までが150m内外に達して居る。層の厚さは市街部では処によりさして差はないが、地震被害の程度、特に建物被害では、その地域差は著しいものがあつた。この原因は、その地盤の地しまりの状況—地盤生成の新旧等の差—地盤の軟弱の差に大きな原因があり、地下水の高い地しまりの不十分な軟弱地盤に流砂現象が起り、大きな被害を及ぼしたものと見られて居る。
 新潟市の建物被害については、新潟大学理学部の茅原一也(茅原一也:新潟地震被害の分布(新潟県:新潟震災害復興計画210—213頁))教授が、その調査書中に要領よく記して居られるので、以下その要旨に多少の補足を試みて記述する。
(1)鉄筋ビル建造物
 被災地域内の鉄筋ビルは、一部例外を除きほとんどが傾斜陥没している。特に川岸町の明訓高校校舎の一部は、3~4m水平移動していて注目される。被災顕著な地域としては、川岸町・川端町・下大川前通・流作場元新洲・下所島等、大河津分水完成後埋立てられた両川岸地区と、流作場・新潟駅前などで、これらの建造物の陥没は、いずれも多量の噴砂と地下水の噴出によるものである。
(2)木造建物
 木造家屋の被災状態にについては、完全倒壊、一部埋没による傾斜、陥没・地割れによる家屋の断裂、土台の水平移動による傾斜ゆがみ等種々の様相を示しているが、倒壊した例は少数である。
II—4.3新潟市各地域の地盤新旧と建物の地震被害
(1)西新潟地域
・川岸町より下流の信濃川沿岸地域—この地域は、昭和初年に大河津分水後の河状整理計画に基づき、埋立てられた新しい土地で、信濃川護岸堤の崩壊によつて、地盤が信濃川になだれるように移動し、その為に家屋が被害をうけ浸水したものの多い地域である。
・白山浦・関屋田町地域—この地域は200年程前には信濃川底で、蔵所堀は信濃川端であつた事がある。その後東方の今の白山浦電鉄通り辺までの間に、数個の砂洲ができ、これは萱生地となり、次第に沖積して幕末明治頃田畑となり人家が立ち始め、やがて市街地となつた。この地も木造家屋は約60%被災した浸水地域である。
・入舟町、湊町地域—ここも250年程前まで信濃川底であつたが、次第に川岸に砂洲がつき、200年程前には上島下島の2つの島となり、明治初年頃より人家が立ち始め市街地をなすに至つた。木造家屋被害は散点的で、一部地域では破損の著しい家屋が配列する傾向を示すところがある。地震で信濃川の護岸堤が崩壊して浸水し、津波によつて浸水度を加え一週間余湛水した。
・西大畑・旭町地域—この被災地域はほぼ三角形をなし、地下水噴出により浸水した。被害は散点的である。ただ一部には、やや方向性を示す地割れ群に沿つて、被災家屋が配列するところがある。この地域は、戦国末期入江をなしていた所と推考されている。天正10年新発田因幡守重家が、上杉景勝に抗して白山島に新潟城を築いた頃、城主新発田刑部左衛門は景勝の来襲に備えて白山島の川上の島崎を切つて落とし、船によらなければ攻められない城にしたと古書にあるが、茅原教授のほぼ三角形の被災地域と書いて居られる地は、往年の新潟なる地名の起原になつたと思われる入江(潟)跡と考えられる。
(2)東新潟地域
・下所島・東港線地域—この地域は対岸の川岸町や川端町等と同様、大河津分水後の河状整理計画に基づいて埋めたてられた土地で、家屋の被害は密集してかなり著しい。尚この地域は鉄筋ビル群の被災が顕著であつた事は前述した。
・新潟駅周辺地域—この地域には亀裂群や陥没がかなり多数発生しており、これらに伴つて家屋の傾斜陥没などが認められる。さらにビルが陥没傾斜した場合、これに隣接した家屋はほとんど例外なくビル側に傾斜埋没している。この辺は昭和10年頃までは多く田畑であつたが、都市計画に基づいてそれ以後埋め立てられて市街地となつた土地で、生成後30年位しかたつていない新開地である。
・沼垂日吉地域—この地域の木造家屋は老朽家屋が多いことも原因し、密集した被災地となつた。全体的にみて道路面と比較すると陥没した傾向を示す。
・山ノ下橋北方地域—この地域では山ノ下橋から日東紡績角にわたる地域に密集した被災地がある。さらに大山町地区では北西~南東方面に連なる地割れ群に沿つて、木造家屋の被災地帯が存在している。その北西端は末広通にまで及んでいる。この地域は今から300年程前川岸欠壊のため阿賀野川底となり、その後また川岸に砂がついた地であるので川岸の護岸堤欠壊と津波の来襲で1m程浸水し、1週間以上湛水し重油が流れ出した。
・山ノ下神明町地域—この地域にはほぼ東西方向の地割れ群が生じており、これに沿つて被災地帯が存在てしいる。被災地帯は前者同様阿賀野川の河川敷であつた土地で、浸水被害も前者同様であつた。
・臨港町・平和町地域—この地域は新しい砂丘地の前面にあたり、海岸線に平行して地割れ群を生じ、これに沿つた地域が被災地帯となつている。この地域のうち臨港町・桃山町辺は前地域同様阿賀野川旧河床であつた事のある地である。東臨港町より昭和石油新潟製油所及び平和町に至る地区は明治大正年代には海岸砂丘地と海汀の中間湿地であつた。潮がさして来ると海水に浸たされ、ひけば砂地となり浜すげ、浜えんどう、こうぼう麦などの砂丘植物が生えていて、その辺に牛が放牧され、そのころ俗称牛街道と称されていた。以上、地域によつて地震被害が大いに異つていることは新潟地震第一の特徴で、その理由は前述のとおり軟弱地盤に流砂現象が起きたためである事は、専門学者によつて解明せられた。
II—4.4学者技術者による新潟市の地盤調査
 新潟市は地震の起る数年前より急激な地盤沈下に見舞われていたので、その地盤については種々科学的調査が行われていた。—即ち市内各所に地盤沈下観測所が設けられ、またボーリングが総数220本も掘られて地盤調査が行われて来た。II—4図1の白丸は地震前に行われたボーリング地点で、黒丸は地震後実施したボーリング地点で、その数は40数本ある。II—4図2は以上のボーリング資料をもとにして新潟の地盤を切断した想定図であり、被害の一番甚だしかつた川岸町から新潟駅を結び沼垂に至る断面図である。
 この図によれば、全体が砂質地盤である事が特徴的で、所々シルト質の薄い層をはさみ、鳥の羽根のように描かれている所が昔の葭や蘆等の植物の腐敗した部分である。この図でN値5・10・30の線が描かれている。N値というのはボーリングを実施する時の標準貫入試験において、一定のロツト上に重さ64kgの錘を75cmの高さから落下させて、それが30cm突入するのに何回落下を繰返えすかを示した回数であり、N値の高いほど地層はしまつていることを示すが、沖積層の場合は砂層でもN値が10内外(時には30以上にもなる)、粘土・シルト層ではN値5以下の場合が少くない。II—4図3は新潟市内のボーリングの結果、深さ8mという線で、N値が10になつているのは白丸、8mになつてもなおN値が10以下の地点に×印をつけたもので、建物の地震被害と×印とが一致した結果になつている。即ち8mまででN値10以上の地盤には被害が余りなく、N値10以下の土地には被害が多かったというのである。(新潟地震防災研究総合報告の内大橋順彦氏報告より)
II—4.5新潟市内主要建造物被害概況

     新潟市の地盤と液化現象
 このように上部構造の振動的被害が少なく、基礎の沈下あるいは不等沈下による被害が優越するのは、一般に厚い泥層よりなる軟弱地盤地域における震害の特性であることは、従来から認められていた。しかし新潟市内において、既往に行なわれた約150本のボーリング結果を総合して、新潟市の地盤図を描いてみると、浅い部分に若干の腐植物質層をはさんでいるが、全体的に砂地盤であり、また地表面下10mくらいの深さまでは、いわゆる標準貫入試験のN値が、10以下でゆるい砂層であるが、だいたい10mから深いところでも20mに達すると、N値30以上の硬質の砂層となつていて、巨視的に見れば、土質工学的にはむしろ良質地盤とみることができよう。したがつて上述のよような被害の特徴を、単に軟弱地盤の故とすることは適切でなく、なにか従来は考えられなかつた異常な地盤の作用があつたと考えなければならない。
 試みに新潟市内で、深さ8mまでの平均N値が10以下である地域を描いてみると、これが前述の被害建物が集中している地域と、ほぼ完全に一致する。したがつて地盤中のこのような部分の挙動と今回の被害との間に、密接な関連があると推理され、転倒あるいは大傾斜した建物を詳細に観察すると、いわゆる地盤のスベリ現象がほとんど認められず、単に地盤中へ沈没した形状をとつていることから、このような地盤の部分が、液化現象を生じたものと考えることができる。
 液化現象とは、砂地盤中の間隙水圧が上昇して、地盤がセン断抵抗力を失なう現象をいうが、新潟市内では地震後現在までに約40本のボーリングが実施されており、これらと同一地点における、地震前のボーリング資料とを比較検討すると、地震中に地盤の性質がどのように変化したかを明らかにすることができ、またそのような変化の過程において、液化現象を生じる可能性が十分にあつたことを、ある程度定量的にも示すことができるとともに、前述のような地盤の特性と、被害分布との関連もよく説明づけることができる。
     (新潟地震防災総合報告の内、建設省建築研究所構造研究室長 大崎順彦氏講演要旨中より)

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2712px
  • 高さ:1144px
  • ファイルサイズ:751.5KB
表:II—4表1 新潟市内建築物地震被害額調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1933px
  • 高さ:1392px
  • ファイルサイズ:4.8MB
写真 写真:倒壊家屋の下敷で犠牲者出る
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1925px
  • 高さ:1357px
  • ファイルサイズ:5.3MB
写真 写真:浸水陥没した下所島の道路
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2205px
  • 高さ:1821px
  • ファイルサイズ:653.1KB
地図 図:II—4図1 新潟市内ボーリング地点
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2172px
  • 高さ:921px
  • ファイルサイズ:316.7KB
図:II—4図2 新潟市地盤縦断想定図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2138px
  • 高さ:1657px
  • ファイルサイズ:953.5KB
地図 図:II—4図3 新潟市地盤標準貫入試験N値表示図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2384px
  • 高さ:2940px
  • ファイルサイズ:1.5MB
表:II—4表2 新潟市内主要建造物被害状況表

第III篇 応急対策実施状況

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1337px
  • 高さ:939px
  • ファイルサイズ:1MB
写真 写真:地下水と土砂を噴出して浸水後の排土は大仕事であつた(新潟日報社提供)

第1章 災害対策本部の設置

ArrayIII—1.1新潟市災害対策本部の設置
 新潟市に地震が起つた時、渡辺新潟市長は「海岸都市の災害防止について」を議題とする全国市長会会議のため、東京へ出張中であつたので、市では五十嵐助役と佐野助役が加藤市議会議長らと協議し、直ちにこの非常事態に対処するため市長応接室に緊急部長会議を招集し、午後1時30分災害対策基本法(昭和36年法律第223号)に基づいて市長を本部長とする新潟市災害対策本部を設置し、市の組織を挙げて災害対策に専念する事を決定した。そして本部長の帰庁する迄の間、副本部長の五十嵐助役が本部長の職務を代行した。その組織と分掌事務は次の通りである。
  新潟市災害対策本部の組織
 本部長  渡辺浩太郎(市長)
 副本部長 五十嵐真作(助役)、佐野武一(助役)、鈴木誠一郎(収入役)
 本部員  児玉賢雄(総務部長)、若林忠蔵(経済労働部長)、斎藤申吾(建設部長)、高橋英雄(衛生部長)、星名秀二(民生部長)、石川健四郎(教育長)、金子善生(水道局長)、横塚政義(消防長)、中島正二(市長公室長)、松井米雄(議会事務局長)、関川重一郎(監査委員事務局長)、渡辺文吉(農業委員会事務局長)
 以上各班の分掌事務は次の通り。
総務部
 企画情報班(1)防災計画の総合企画及び一般的予算に関する事項(2)災害情報の収集及び被害状況報告の受理並びに被害状況報告に関する事項(3)防災会議との連絡に関する事項(4)災害対策本部の庶務に関する事項(5)関係機関及び各部との連絡調整に関する事項(6)記録の編集保存に関する事項(7)車輌の管理及び配属に関する事項(8)その他の所管に属さない事項
 人事班(1)職員の人事に関する事項(2)被災職員に対する給付及び援助に関する事項
 広報班(1)災害広報に関する事項(2)報道機関との連絡に関する事項
 財政班(1)緊急予算の編成及び資金の調達に関する事項(2)救援用資材物資の調達に関する事項
 第一調査班・第二調査班(1)被害状況調査に関する事項(2)罹災者の被害額証明発行に関する事項
 秘書班(1)災害時の本部長秘書に関する事項
 管財班(1)災害時の市有財産(学校施設を除く)の維持管理に関する事項
 機動班(1)各部の応援に関する事項(2)救援隊の受入に関する事項
調達部
 出納班(1)経理及び保管に関する事項
 食糧班(1)食糧(主食)の確保に関する事項
農林部
 経済班(1)商工関係災害資金の貸付に関する事項(2)商工関係被害の調査に関する事項(3)災害時の商工関係指導に関する事項
 農林水産班(1)農産物の応急措置に関する事項(2)農林水産施設の応急措置に関する事項(3)農林水産資材の斡旋供与に関する事項(4)農林水産関係の被害状況調査に関する事項(5)農林水産関係資金の貸付に関する事項
 予備班(1)部内の応援及び連絡に関する事項
土木部
 土木班(1)道路橋梁、その他土木施設全般の災害防止並びに復旧に関する事項(2)土木施設の危険情報及び被害状況調査報告に関する事項(3)交通途絶箇所及び回路線の公示に関する事項(4)水防に関する事項
 器材班(1)緊急用機械器具の整備に関する事項
 排水班(1)都市排水に関する事項
 計画班(1)都市災害防止及び復旧計画に関する事項
 記録班(1)部内の記録に関する事項(2)その他部内各班に属さない事項
建築部
 建築班(1)建築物全般の指導連絡に関する事項(2)建築物の災害予防及び応急措置に関する事項(3)仮設住宅の建築に関する事項
 住宅班(1)応急住宅の確保及び罹災者の入居に関する事項(2)罹災住宅の修繕についての融資指導に関する事項
衛生部
 衛生班(1)災害時の衛生対策に関する事項(2)鼠族昆虫駆除の実施に関する事項(3)死体の焼却に関する事項(4)部内各班及び関係医療機関との連絡調整に関する事項
 清掃班(1)災害時の清掃に関する事項
 東保健所班(1)管内の災害防疫の実施及びその他衛生に関する事項
 西保健所班(1)管内の災害防疫の実施及びその他衛生に関する事項
 医療班(1)災害時における医療救護に関する事項
民生部
 救護班(1)避難民の救護に関する事項(2)生業資金の貸付に関する事項
 収容班(1)罹災者名簿作成及び罹災証明発行に関する事項(2)避難民の誘導及び収容に関する事項
 給食班(1)避難民等に対する炊出しに関する事項
 応急給与班(1)避難民に対する応急給与に関する事項(2)罹災見舞金品の配分に関する事項
教育部
 連絡班(1)部内職員の動員に関する事項(2)部内の連絡調整に関する事項(3)その他部内の各班に属さない事項
 器材班(1)学校に対する連絡及び指示に関する事項(2)災害時に必要な器材の整理に関する事項
(3)児童生徒の避難救助に関する事項(4)罹災地における児童生徒の教育に関する事項(5)学用品の調達給与に関する事項
 経理班(1)教育施設の利用供与に関する事項(2)災害時における教育予算及び経理に関する事項
 調査班(1)部内の災害記録の編集及び経理に関する事項(2)公民館図書館に対する連絡及び指示に関する事項
 救急班(1)救助活動に関する事項
水道部
 庶務班(1)部内の庶務及び連絡に関する事項
 工作班(1)給配水施設の防災維持管理及び応急処置に関する事項
 給水班(1)災害時における飲料水の補給に関する事項
 施設班(1)浄水施設の防災維持管理及び応急措置に関する事項
消防部
 総務班(1)消防計画に関する事項(2)消防団水防団との連絡に関する事項(3)その他部内名班に属さない事項
 調査班(1)被害状況調査報告に関する事項
 警防班(1)災害時の警戒防禦に関する事項(2)消防団水防団の活動に関する事項(3)人命救助に関する事項
 予防班(1)災害の予防及び警報に関する事項(2)消防情報の収集報告に関する事項
 通信班(1)災害時における通信連絡に関する事項
 新潟地震に際会して新潟市が地震発生後僅か2~30分間で整然たる災害対策本部を設置し、各々夫々の部署について活動に従事する事ができたのは、かねて災害対策基本法に基くづ「新潟市地域防災計画」を定め、それを地震発生の3か月前に印刷に付して非常に備えていたからである。
 渡辺市長は東京出張中この大災害の悲報を聞くと、直ちに陸上自衛隊のヘリコプターに搭乗し、16日夕刻には帰庁して指揮に当つた。新潟市ではとりあえず県と連絡をとり、津波警報に伴う緊急避難命令を出し、市内小学校を避難所に指定して避難民の誘導に当り、炊き出しによる応急給食の手配を行なつた。そしてその日のうちに県知事に宛て災害救助法の発動を文書で要請した。これに対して県では16日午後6時、新潟市に災害救助法を適用する事を決定し、新潟市に通知して来た(III—4表1)また市は応急対策のため自衛隊の派遣を県に要請し、その夕刻には陸上自衛隊第12師団を始めとして続々各地から救援隊が到着した。市本部は不眠不休の連続で応急の救助活動に当つたが、何分にも東西両新潟市を結ぶ昭和大橋・八代橋が地震で破壊して交通は途絶し、万代橋も車の交通は不能となり、道路は至る処に陥没や亀裂ができて交通は寸断し、応急救助活動も思うにまかせなかつた。そこで特に浸水地帯における早期排水及び昭和石油の火災延焼防止と飲料水の供給に重点を置き、近郊農村地帯よりの炊出し体制の整備、電気・ガス・通信施設の復旧等市民生活に直結したものの対策に主力を注いで救助活動を開始した。
 市民は連日陳情のために市役所に押しかけた。市災害対策本部では応急対策を円滑にするため頻繁に関係者による連絡会議が開催された。以下新潟市災害対策本部の活動日誌を抄録する。
 『6月16日〇地震発生と同時に市内の通信は寸断され、東西新潟を結ぶ三橋は交通止めあるいは落下陥没し、交通は遮断され、気象台との連絡がとれず、県消防防災課に直行して情報収集に努めた。○新潟気象台は13時30分津波警報を発したので、本部は関係者と協議を行ない緊急避難命令を発した。また高台に避難する避難民については、市庁舎を解放し応急措置を講じた。○消防無線を通じて被害状況の収集を計つた結果、続々と被害が判明したので、市職員を動員して救助活動に当るべく手配し、一方飲料水及び炊出しの確保に努めた。また消防本部は、昭和石油火災の消火作業に出動し全力を挙げた。県に対しては災害対策本部の設置を報告し、災害救助法発動要請並びに自衛隊派遣について要請した。〇また停電のため各避難所用として急きよ日赤県支部を通じローソクの手配を要請した。〇中央警察・消防本部では情報交換と連絡のため本部に職員を派遣した。18時20分頃、県から18時に災害救助法を適用した旨の連絡を受けた。〇気象庁では今回の地震を「新潟地震」と命名した。〇自衛隊の先発隊本市に到着直ちに万代橋取付道路の復旧に着手。6月17日〇市災害対策本部は定例的に本部員会議を開き、災害応急対策について協議をし、組織的活動を行うことを決定した。〇市職員は行政事務を全面的に取り止め、各種救援作業に当つた。〇池田総理大臣の代理として田中大蔵大臣来港震災地を視察した。○衆参両院各党議員相次いで被災地を視察。〇小林厚生大臣被災地を視察。〇災害派遣自衛隊が相次いで到着し、直ちに救助活動が開始された。○昭和石油の火災はますます火勢を強め民家に延焼中であるため、消防本部では東京消防庁と倉敷レーヨン化学消防車の応援による消化作業に当つたが、火勢は衰えず、附近の市民に対し避難勧告を出した。
6月18日〇依然として昭和石油の火勢衰えず。〇給水作業依然困難を極める、各地より給水輸送依頼が増加した。〇炊出し食糧配給については、山の下地区の交通状態が悪いため計画通りに作業が進捗せず、配給作業は困難を極めた。
6月19日〇両陛下のご名代として永積侍従が来庁せられ、市長にお見舞の御言葉を賜り、市長の案内で栄小学校に収容されている罹災者に、陛下の激励の御言葉を伝えられた。〇河野建設大臣被害地視察のため来港した。〇昭和石油の火勢依然衰えず、浸水地区住民から排水作業の早期着手の要望しきりにあり。
6月20日〇福田通産大臣被害施設(港湾工場)視察のため来港。〇山ノ下・入舟地区に災害対策本部の支部を設置し業務を開始した。○新潟駅総合案内所を開設し、見舞帰郷者の案内を行なつた。〇昭和石油タンク爆発の火勢は次第に衰え始めた。
6月21日〇池田首相被害地視察のため来港。○自衛隊必死の徹夜作業で西新潟は築堤完了。22日より排水作業に入れることが確認された。
6月22日〇排水作業が軌道にのり西新潟は泥水が引きはじめた。〇冠水地区を除いては家庭川電気はほとんど回復した。
6月23日〇新潟電話局長に対し罹災者収容施設の電話の早期復旧を依頼した。○西新潟地区においてはほとんどの地帯で水が引き泥水からようやく解放された。〇東新潟地区は約70%の水が引いた。
6月24~30日〇八千代橋の復旧工事が始まつた。○災害復旧を計画的にし、各関係機関との連絡を密にするため防災連絡会議を開催した。〇県知事名で災害救助法適用項目とその職権の一部委任について文書を受けた。
○海上自衛隊では市民の交通確保のため山ノ下・中央埠頭と万代橋西詰間の渡船運行を開始した。第1期24~27日、第2期28~7月3日。
6月27日〇新潟地震の被害が大きいので、激甚災害に指定することを中央防災会議が首相に答申した。〇自衛隊が引揚げはじめた。○避難所を西新潟2ケ所、東新潟5ケ所に集約することが確認され、それぞれ手配をした。○災害を図るため復興復興対策の総合企画局設置が可決された。
7月1日〇昭和石油の火災352時間燃え続け本日鎮火した。○市内60%は運行できる見込みとの通報を受けた。○西新潟地区の排水作業は1日で完了の見込み。〇水道は46%復旧した。
7月2日〇災害救助法に基づく衣料品配給作業をはじめた。』
III—1.2県災害対策本部の設置
 地震発生時、県では塚田知事は北海道に出張中、吉浦副知事も大阪へ出張のため飛行機中にありいずれも不在であつた。野々山副知事は君総務部長と協議し、直ちに緊急庁議を招集、前例に準じて直ちに知事を長とする新潟地震対策本部の設置を決定した。午後1時30分の事である、その組織と分掌事務は次の通りである。
 新潟県地震対策本部の組織
本部長  塚田十一郎(新潟県知事)
副本部長 吉浦浄真(副知事) 野々山重治(副知事)
本部員  関川信二(出納長)中宮勇一(商工労働部長)君健男(総務部長)
小島清(農林部長)遠藤吾朗(企画部長)井村繁樹(病院局長)
山添一郎(民生部長)辻源吾(農地部長)村中俊明(衛生部長)
田所文男(土木部長)松原義一(教育長)佐藤貞三(人事委事務局長)
倉井潔(警察本部長)田中則明(地労委事務局長)佐藤修吾(議会事務局長)
吉川浩次(国体事務局次長)
 県地震対策本部では、次々にはいつてくる断片的な情報によつて被害の輪郭が次第に明らかになつて来るにつれ、最大の被災地新潟市救援のため自衛隊の派遣要請・消防応援隊の手配・災害救助法の適用通知等を行なつた。
III—1.3国の災害対策本部の設置
 新潟地震は東京でも震度3とかなりの揺れであつた。この日は第46回通常国会の会期中であつたが、同日午後3時折から開議中の衆議院本会議の席上で赤沢自治大臣が臨時に発言を求め、警察情報により新潟地震を報告した。これより先、新潟における大災害の報は続々到着していたので、政府はこの地震を重視して、午後3時総理府で緊急各省庁連絡会議を開き、午後4時過ぎとりあえず見舞と調査をかねて、赤沢正道自治大臣を自衛隊のヘリコプターで新潟へ派遣し、また持回り閣議で災害対策基本法に基づく非常災害対策本部を総理府に設置し、名称を新潟地震非常災害対策本部とし、所管区域は新潟県・山形県及び秋田県の区域、設置期間は昭和39年6月16日から災害応急対策を推進するための必要と認める期間と定めた。

新潟地震非常災害対策本部の設置について(昭和39年6月16日閣議決定)
 災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第24条の規定に基づき、新潟地震にかかる災害の応急対策を強力に推進するため、下記により臨時に総理府に新潟地震非常災害対策本部を設置するものとする。
     記
(1)非常災害対策本部は
 (イ)名称 新潟地震非常災害対策本部(以下「本部」という)とする。
 (ロ)所管区域 新潟県、山形県及び秋山県の区域とする。
 (ハ)設置場所 東京都とする。
 (ニ)設置期間 昭和39年6月16日から災害応急対策を推進するため必要と認める期間とする。
(2)本部の本部長は、建設大臣河野一郎を充てる。
(3)本部の副本部長は、総理府総務長官野川武夫とする。
(4)本部の本部員は、関係行政機関の職員のうちから内閣総理大臣が任命する。
(5)現地災害対策本部を新潟市におき、所要の部員を駐在させ応急措置の推進に当らせる。
(5)本部の庶務は、内閣総理大臣官房審議室で行なう。

 本部長には河野一郎建設大臣、同副本部長には野田武夫総理府総務長官をあてることを決めた。本部員は関係行政機関の職員のうちから内閣総理大臣が任命し、午後9時30分から総理府で同対策本部の結成式を行ない、その本部の庶務を内閣総理大臣官房審議室で行なつた。このほか、現地災害対策本部を設置し、その本部長に松村清之消防庁長官が発令され、所要の部員を駐在させて応急措置の推進に当らせることになった。
 その夜総理府で開かれた新潟地震非常災害対策本部の初会議で、河野本部長は、『現地の要求を待たずに先手をうつて対策を講じ、遅くも18日までには一切の対策を打ち出し、救援復旧にあたつては量質ともに過大な位やるべきである。』と指示した。そして17日朝新潟を視察した赤沢自治大臣の帰京と入れ代りに、松村現地災害対本策部長は現地災害対策本部員とともに、海上自衛隊のヘリコプター3機に分乗して新潟へ向け飛び立ち、午後新潟空港へ着陸したが、道路が破損し交通事情が悪いため、陸上自衛隊のヘリコプターで空路県営陸上競技場に飛び、午後3時ようやく県庁本館2階の現地災害対策本部に入り、国と県と直接連携してこの大災害の対策活動を開始した。
 また17日午前11時5分から開かれた参議院本会議では、新潟から帰つた赤沢自治大臣が視察状況を報告し、あわせて政府の講じた措置についても言及した。続いて佐藤芳男議員、大倉精一議員が順次質疑を行ない、災害対策に関する政府の意向をただすと共に、速かに諸対策を実施するよう要請し、池田勇人内閣総理大臣・河野一郎建設大臣・赤沢正道自治大臣・綾部健太郎運輸大臣・田中角栄大蔵大臣がそれぞれ答弁を行つた。引き続き重宗雄三議長の発議により、新潟地震による被害状況を調査するため、被災地に議員を派遣することが決められ、派遣議員・派遣地および派遣期間は議長に一任された。
 一方衆議院においても、19日午後の本会議で、新潟の視察を終えて帰京した小林武治厚生大臣が新潟地震による被害状況と政府の講じた措置の概要について発言があり、質疑応答の後船田中議長の発議によつて、新潟地震による被災地慰問のために、特に院議を以て議員12名を派遣することとし、その人選は議長に一任することが決定された。また臨時国会開催についての議論もあつたが、予備費その他さしあたり財政上の措置に支障がないということで、会期延長をした第46回通常議会は6月26日を以て終了し、臨時国会の招集は行われなかつた。
 新潟地震非常災害対策本部は昭和39年6月23日現在における概要として「新潟地震と政府の施策」と題して、7月1日付け官報資料版に次のように掲載している。
『◇地震の概要(省略:第I篇参照)◇被害の概況(省略:第II篇参照)
◇政府の講じた措置の概要
(1)地震発生の報に接し直ちに政府は災害対策基本法に基づき「新潟地震非常災害対策本部」を設置するとともに、さらに新潟市に「現地災害対策本部」を設置した。
(2)16日第1次現地調査団翌17口には第2次調査団を現地に急行させたが、さらに18日には河野災害対策本部長21日には池山内閣総理大臣の現地視察が行なわれた。
(3)非常災害対策本部では当面の目標を民心の安定に置きつつ応急対策を急ぎ、6月27日までには応急復旧工事を完了させることを目途に諸措置を進めているが、現在政府のとりつつある緊急諸措置の主要なものは次の通りである。
A 新潟地区における信濃川両岸の湛水地帯における排水問題については、陸上自衛隊6,400名による仮の締切工事を完了し、排水作業はおおむね25日1部は27日に完了の予定である。
B 交通の確保を図るため主要幹線道路の復旧に全力を傾注し、1級国道および2級国道は全線開通した。新潟市内の幹線街路についても整備・物資輸送確保のため、一般車輌の交通規制を行うと共に、交通混雑緩和のためその協力を求めている。
C 鉄道および軌道についても鋭意復旧がはかられた結果、一部個所を除いて開通した。また新潟空港についても、被害個所は目下応急復旧中である。
D 電燈については18日午後8時現在で新潟市内40%が点燈し、21日には保安上危険である浸水地域を除いて点燈した。ガスについては復旧資材の手配を完了し、鋭意復旧を進めている。
E 電話・通信については市外回線も通話不能区間は急速に解消されつつあり、市内回線も6月末日までには加入者側の理由による架線不能を除いて復旧の見通しである。
F 食糧対策としては精米および乾パンを急送したが、野菜など生鮮食糧品はいずれも被災前の通常の消費量を確保している。
G 給水対策については当面は給水車などにより配水を確保しているが、上水道は早急に復旧の要があり、現在では27日ごろまでには全給水戸数の70~80%に給水できる見込みである。
H 救護対策としては保存血液、ガスエソ治療血清を急送したほか、救護班の編成、防疫担当職員の派遣などを行なつた。
I 被災家庭に対しては備蓄国有林材の緊急輸送を手配し、また住宅金融公庫による災害貸付限度額の引上げを行うとともに、貸付業務を開始した。
J 農地の被害については緊急に排水、土砂排除ならびに凸凹を是正すると共に、農業用施設の被害については取り敢えず緊急にポンプを配置するなど用水確保の手段を講じている。
K 金融上の措置としては被災地における税の減免、納税の猶予を行うほか、日銀の現金準備の確保、現地金融機関への貸出の弾力化、中小企業金融措置などにつき必要な措置を講じている。
L 民生安定のため警察による警備体制を強化し、特に夜間における特別警戒を厳重にして犯罪の予防につとめている。
M 被災児童・生徒および学生に対して教科書・学用品の確保、授業料の減免、就学奨励費補助金および医療補助金などの追加、学校給食物資の確保などに関して必要な準備措置を講じている。
N 科学技術対策として災害対策および恒久対策に資するため震害防災総合研究を行うこととし、直ちに航空写真による実態調査を開始した。
 以上のほか被災地方公共団体に対する財政金融対策、民生物資、復旧資材等の確保対策など、民生の安定と復旧の万全をはかるため各種の措置を講じつつある。』
III—1.4激甚災害の指定
 政府は30日午後2時から首相官邸で中央防災会議を開き、池田首相から諮問された「新潟地震による災害を激甚災害に指定し、これに適用すべき措置の指定」について協議した結果、激甚災害として指定し、これについて必要な措置を講ずる方針を決め、直ちに首相に答申した。これにより本県は激甚災害法による措置のほぼ全面適用を受けた。
 またこの答申で適用されていない事業などについては、その後の被害調査の進展によつて激甚法適用の必要が出た場合は会長専決で処理することを決めた。この会議の席上赤沢自治大臣は「昭和石油タンク爆発は、災害に対して日本の消防全体が弱体であることを暴露したものである。各地には新潟よりも大規模な産業地帯もあり、今後の消防力の強化に努め度い」と述べた。田中大蔵大臣は消防力強化の予算措置として火災保険・損害保険料の2~4%を消防施設設置費用として課税することを大蔵省で検討したいと述べた。小林厚生大臣は「大災害において水道・下水・し尿処理などが激甚災害適用を受けられないので、特別立法でその適用を図り度い」と述べた。また席上田中大蔵大臣は「起債・特別交付税など万全の財政措置を講じ度い」と語つた。この法律は一般に激甚法と呼ばれ、「国民経済に著しい影響を及ぼし、かつ当該災害による地方財政の負担を緩和し又は被災者に対する特別の助成を行なうことが特に必要と認められる災害が発生した場合」に中央防災会議の意見を聞いた上、政令でもつてその災害を「激甚災害」として指定し、同じ政令で本法に定めた特別措置のうち、その激甚災害に適用すべきものをあわせて指定することとしている。
 内閣は新潟地震の被害を激甚災害として指定し、同年7月6日付官報を以て発表し、「激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律(昭和37年法第150号)の第2条第1項及び第2項の規定に基づき政令を制定し、適用すべき措置を次のように指定した。
(激甚災害及びこれに対し適用すべき措置の指定)
第1条 次の表の左側に掲げる災害を激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律第2条第1項の激甚災害として指定し、当該激甚災害につき適用すべき措置を同表右欄に掲げるとおり指定する。

 昭和39年6月の新潟地震による災害
法第2章第5条、第6条、第7条第1号、第10条、第12条、第13条、第15条から20条まで及び第22条から25条までに規定する措置

(法第7条第7条第1号の政令で定める施設)
第2条 前条に規定する激甚災害について法第7条第1号の政令で定める施設は、畜舎とする。
(法第25条第1項ただし書の政令で定める日)
第3条 第1項に規定する激甚災害についての法第25条第1項ただし書の政令で定める日は、次の各号に掲げる地域ごとに、それぞれ当該各号に定める日とする。
 1.新潟県の区域のうち新潟市の区域昭和39年9月30日
 2.激甚災害に対処するための特別の財政救助等に関する法律施行令(昭和37年政令第403号)第51条に規定する地域のうち前号に掲げる地域以外の地域昭和39年7月15日
 尚政令で定められ指定された措置の種類は次のとおりである。
(1)公共土木施設災害復旧事業に関する特別の財政援助(法第2章)
 市の財政に一番関係のある規定で、新潟地震の災害はこの章は全部適用された。
(2)農林水産業に対する特別の助成(法第3章)
 この章のうち、今災害に適用されたのは次の各条である。
 第5条(農地等の災害復旧事業等に係る補助の特例)第7条1号(特別措置)(開拓者等の施設の災害復旧事業に対する補助の内、開拓者の住宅農舎、その他政令で定める施設)
第10条(土地改良区等の行なう湛水排除事業に対する補助)
(3)中小企業に関する特別の助成(法第4章)
 この章は市の財政との直接的な関係は少ない。今災害に適用される条項は次の通り。
第12条(中小企業信用保険法による災害関係保証の特例)第13条(中小企業近代化資金助成法による貸付金の償還期間の特例)第15条(中小企業者に対する資金の融通に関する特例)
(4)その他の特別の財政援助及び助成(法第5章)この章の内、今災害に適用された条項は第21条水防資材費の補助の特例)を除く全部であるが、特に市の財政に関係のあるものは次の通りである。
第16条(公共社会教育施設災害復旧事業に対する補助)第19条(市町村が施行する伝染病予防事業に関する負担の特例)第22条(罹災者公営住宅建設事業に対する補助の特例)第24条(公共土木施設農地及び農業用施設等小災害に係る地方債の元利補給等)

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2348px
  • 高さ:1205px
  • ファイルサイズ:509.1KB
表:新潟市災害対策本部組織表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1332px
  • 高さ:942px
  • ファイルサイズ:1014.7KB
写真 写真:市災害対策本部案内
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1332px
  • 高さ:948px
  • ファイルサイズ:1.1MB
写真 写真:17日池田総理大臣の代理として田中大蔵大臣は現地視察に来港した
オリジナルサイズ画像
  • 幅:949px
  • 高さ:1329px
  • ファイルサイズ:1.1MB
写真 写真:19日河野非常災害対策本部長は被害地視察のため来港した
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1338px
  • 高さ:945px
  • ファイルサイズ:1MB
写真 写真:池田総理大臣は現地で事情を聴取した
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2344px
  • 高さ:1953px
  • ファイルサイズ:1.1MB
表:新潟県地震対策本部の組織と分掌事務

第2章 新潟市議会の応急活動

Array 地震発生直後、加藤市議会議長は災害対策本部に詰めて、市長不在中助役等市首脳部と一体となつて、急を要する被災市民の救助活動と、緊急対策について指示を与えていたが、刻刻入つて来る情報は、時のたつに従い事態の容易ならざるものである事を伝えたので、急遽全員協議会の開会を決定した。しかし通信機関は途絶し、道路橋梁は甚だしく破壊し、市内は極度の混乱に陥つていて各議員に通知する事は出来なかつたので、ラジオ放送によつてその旨を告知した。
(1)全員協議会の開催
6月17日午後2時全員協議会を開会。市長より災害状況について説明の後、災害対策本部の活動に対する協力態勢を満場一致で決議し、議長から急施臨時市会を招集、全員をもつて組織する新潟地震災害対策特別委員会を設置したい旨了解を求め、それまでの間各常任委員会は、直ちに委員協議会を開会し、災害対策に対処するための方針について協議した。
(2)急施6月臨時市会
 月619日午後1時30分急施6月臨時市会を招集(会期1日)まず今次未曾有の大災害に対処し市民の不安を一掃して民生の安定をはかり、あらゆる手段を講じ総力を挙げて早急にこれが復興を期するための、新潟地震災害復旧に関する決議を満場一致で決議した。

   新潟地震災害復旧に関する決議
 昭和39年6月16日午後1時2分突如新潟地方を襲つた大地震は、一瞬にして新潟市を阿鼻叫喚の巷と化し、ひきつづく昭和石油等の大火災・津波・電気・ガス・水道等の一斉停止は人心を極度の不安の底に沈淪せしめ、道路・橋梁の破壊等、その損害ははかり知れないものがある。
 新潟市議会は、この未曾有の大災害に対処し、市民の不安を一掃し、民生の安定をはかるため、関係各機関と密接なる連繋の下に、あらゆる手段を講じ総力を挙げて、早急にこれが復興を期するものである。
 右決議する。
  昭和39年6月19日
     新潟市議会

 続いて全議員をもつて構成する新潟地震災害対策特別委員会を設置した。
 委員長(加藤大輔)、副委員長(丸山富蔵)、委員(瀬谷照、村山勇一郎、椎谷太一郎、渡辺憲照、斎藤海蔵、神山三吉、真島一、高橋秀一、林弘二、中村一郎治、大和吉男、斎藤武雄、玉野玉蔵、小原康幹、永野博、小山徳一、大桃十三雄、星野星衛、鈴木正男、平田甚、中村六郎、渡部重雄、藤田友治、青木松男、小石栄作、滝沢要平、相川平松、若杉辰也、大石末蔵、野沢正一、若月一三、大野久、皆川喜代治、須田清、阿部清助、大沢太郎一、堀内嘉一、西川謙次郎、渡辺喜一、黒井松蔵、倉田勇吉、江口金吾、長谷川孝幸、市川嘉瑞、目黒武尚、佐藤新一)以上定員48名。また災害対策費344,000千円を計上した議案第98号一般会計補正予算を委員会に付託し、本会議休憩中委員会の審査を経て委員長報告通り可決した。
(3)6月臨時市会
 6月22日 6月臨時市会を招集。(会期9日間)地震が発生すると機を逸せず大部隊を以つて応援にかけつけ、不民不休の挺身的な大活躍をなして災害復旧に重要な役割を果した来援中の自衛隊に対し感謝決議を可決した。

     新潟地震派遣自衛隊に対する感謝決議
 今次新潟地方を襲つた大地震は、死傷者、家屋の倒壊、道路橋梁の破損、石油タンク爆発に伴う大火災の発生、津波による浸水等甚大なる被害を及ぼし、一刻の猶予も許されぬ事態に立ち至つた。
 この未曾有の大災害に際し、陸海空各自衛隊は、機を逸せず急遽大部隊を派遣され、最も困難なる危険区域内の消火・決壊堤防の締め切り作業に不眠不休挺身、更に道路修理・医薬品の輸送・防疫・給水等の人心安定・災害復旧に、きわめて重大なる役割を果されている。
 ここに本市議会は、全市民を代表し派遣各部隊に対し、深甚なる感謝の意を表するものである。
  昭和39年6月22日
     新潟市議会

 6月26日 新潟地震災害対策特別委員会を開会。市長から「浸水地域の排水は、東新潟の一部を除き漸く見通しがついた。被災者名簿はあと1日か2日でまとまる見通しで、その後1件毎に実態調査にかかる。応急仮設住宅200戸は、西船見町に完成した。」等の報告があつた。
 6月28日 本会議再会。近郊はもとより、県内外各方面よりよせられた温い同情と救援に対し、全市民を代表して感謝決議文案を上呈可決した。
 ついで急施議案第1号市民税の納期の特例に関する条例の制定について、同第2号一般会計補正予算(中小企業災害復興融資信用保証料補給2,000万円)が提案され、委員会付託ののち閉会した。
 6月29日 新潟地震災害対策特別委員会を開会。まず総務部長より、「(1)県の職員96名の応援を得て、被災市民の実態調査を進めているが、これがまとまると、第1次見舞金を床上浸水以上の世帯主に500円、世帯構成員1人にき200円宛を明日から配分を開始する予定である。(2)損害保険加入者に対する保険会社からの見舞金は、商工会議所が窓口となり、証書と罹災台帳とを照合して差し上げることとなつた。」との説明があつた。ついで各部局長より担当部門について状況説明がなされた。
 6月29日午後6時 引き続き特別委員会を開会し、市長より「応急仮設住宅は法に基づき、全壊戸数の3分の1、530戸が限度であるが(現在200戸完成、200戸建設中)、今150戸の建設を県に要請した結果、すぐ処理する旨の確約を得た。激甚法には、上下水道が対象外となつているので、特別立法による補助率の引き上げについて、大蔵省に要請中である。」旨の説明がなされた。
 6月30日本会議開会。急施議案第3号一般会計補正予算災害復興住宅資金融資債務保証限度額80億)、同第4号災害復興局設置条例の制定、同第5号国民健康保険料の納期の特例に関する条例の制定を所管の委員会に付託し、休憩中の審査を経て、急施議案第1号~第5号を委員長の報告通り可決した。

     新潟地震救援に対する感謝決議
 今次新潟地方を襲つた大地震は、人命の損傷・家屋の倒壊・道路橋梁の破損・石油タンク爆発に伴う大火災の発生・津波による浸水等甚大なる被害を及ぼし、加えて生活環境の悪化・電気・ガス・水道の一斉停止は、一瞬にして市民生活を麻痺せしめ、一刻の猶予も許されぬ事態に直面した。
 この未曾有の大災害に当り、逸早く近郊はもとより、県内外各方面より続々寄せられたあたたかい同情と、飲料水・食糧をはじめとする各種救援物資は、まさに早天の慈雨、崩壊寸前の市民生活を救い、人心に光明を与え、復興意欲の振起に大なる貢献をもたらしている。
 ここに本議会は、全市民を代表し、全国各方面の絶大なる御厚意に対し、すみやかなる復興を誓うとともに、深甚なる感謝の意を表するものである。
  右決議する。
   昭和39年6月28日
     新潟市議会

(4)災害対策特別委員会の動き
 新潟地震災害対策特別委員会は、さきに述べたように数次にわたり委員会を開会し、情況の把握と災害対策に取り組む一方、連日積極かつ精力的な委員会活動を行つた。麻痺寸前にある市内の交通事情の混乱をおして、たびたび現地に赴き被災市民と接触をはかり、当局の応急対策と救援活動を激励した。
 また市議会専門分科会の被災現地視察については、6月24日は総務及び文教経済両分科会、翌25日には厚生分科会、26日には文教経済分科会、さらに29日には再び文教経済分科会と建設分科会等が相次いで現地を訪れ、当局の応急対策・救助活動の推進を強力にバツクアツプした。
(5)7月臨時市会
 7月27日 7月臨時市会を招集。(会期3日、1日延長)議案第101号市長専決処分についてを提案した。専決第1号附属機関設置条例の一部改正について(新潟市震災復興会議設置)同第2号一般会計補正予算(地方産業育成資金貸付金)同第3号(新潟地震による被害者に対する市税の減免に関する条例の制定)同第4号水道事業会計補正予算(応急災害復旧費)を各所管の常任委員会に付託した。
 7月29日 上記各所管の常任委員会に付託された市長専決処分議案を委員長報告通り原案を承認した。
 7月30日 16人の委員をもつて構成する、新潟地震災害復興特別委員会(委員長瀬谷照)を設置し、災害復興の推進に万全を期することとした。その委員次の通り、委員長(瀬谷照)副委員長(中村六郎)委員(大石末蔵、小石栄作、玉野玉蔵、小原康幹、村山勇一郎、黒井松蔵、市川嘉瑞、倉田勇吉、神田三吉、若月一三、大桃十三雄、須田清、江口金吾、渡辺喜一)
 更に市災害復興局の設置に伴い、新潟市議会委員会条例の一部改正を日程に追加上程して、復興局の所管について、各部門毎に4常任委員会の所管事項に加えることを決定した。
(6)8月臨時市会
 8月12日 全員協議会を開会。市長から現況の説明があつた後、建設部24億7,700万円、衛生部2億7,600万円、教育委員会4億300万円、経済労働部6,300万円、市長公室2,500万円、総務部7,200万円、その他1億100万円、合計33億円余の災害対策費を臨時市会に提案し、各部長がその内容を説明した。
 8月14日 臨時市会を招集し(会期2日間)昭和石油新潟製油所現地再建に関する決議案を上程した。昭和石油新潟製油所は現地再建を放棄し、西日本方面に新たに工場を建設することが取沙汰されているが、その現地再建如何は、本市産業に及ぼす影響ははかり知れないものがあるので、議会は次の決議案を満場一致で可決し、これが再建の方策と運動に遺憾なきを期することとした。
 ついで議案第103号一般会計補正予算(補正額2,948,525千円)、第104号土地区画整理事業会計補正予算(同12,741千円)、同第105号下水道事業会計補正予算(同25,000干円)、同第106号病院会計補正予算(同1,913千円)を提案。各常任委員会に付託し、翌25日に委員長報告通りに可決した。これで一般会計予算の現計は8,821,752千円となつた。

     昭和石油新潟製油所再建に関する決議
 今次新潟地震に大被害を受けた昭和石油株式会社新潟製油所は、現地再建を放棄し、西日本力面に新たに工場新設の動きあるやに聞く。
 同社の関連産業は、190社従業員15,000人に及び、工業新潟においても重大比重を占める重要産業である。万一現地再建放棄のこと等があれば、重大なる社会的問題の発生は火を見るより明らかである。
 よつて本市議会は、ここに昭和石油株式会社新潟製油所の現地再建を強く要望するものである。
  右決議する。
   昭和39年8月14日
     新潟市議会

(7)災害復興特別委員会の動き
 新潟市議会災害復興特別委員会は、8月5日東京都グランドホテルで県選出国会議員と懇談し、災害復旧予算の大巾な獲得、国庫補助率の引き上げ、起債の大巾な認可等について協力方を要請するとともに、昭和石油新潟製油所現地再建についても強く要望したが、県出身の田中大蔵大臣も出席し、公共土木への国庫補助・金融・税制・昭石再建問題等につき大いに協力する旨を述べた。その後上京特別委員は3班に分れて、引き続き各関係省庁と昭和石油本社に出向き陳情した。
 ついで第2陣は、8月20日開会を予定されている衆議院災害特別委員会を目前にして、同委員各位により深く本市の被害状況認識と、支援協力を依頼するため8月17日上京して全委員36名を訪問し、新潟地震災害対策要望書のとおり陳情した。
 そして陳情第3陣は、8月20日早朝、同日の衆議院災害対策特別委員会開会に先きだち、午前8時赤坂プリンスホテルにおいて県選出国会議員と懇談し、本市百年の大計樹立のために絶大なるバツクアツプを懇請した。つづいてこの日衆議院の特別委員会の開会中にも陳情を行つたが、委員会開会中の陳情などは未だ曾てない異例の事と云われている。これは新潟地震の異常な激甚性のためである。同委員会に提出した新潟市の要望書次の通り。

     新潟地震による災害対策要望書
                  新潟市
建設省関係要望事項
(災害復旧に係るもの)
1.公共下水道及び都市下水路を「公共土木施設災害復旧費国庫負担法」の適用項目に追加されたい。
2.災害公営住宅の建設基準価を別記学校復旧と同様現地単価まで引き上げられたい。
3.既設公営住宅の再建費について、除却費・整地費及び一時収容施設費を認められたい。
4.市単独施行の公営共同住宅・再建補修について公営住宅法に準ずる補助をお願いしたい。
5.災害復旧の緊急施行分として道路・橋梁及び下水道については70%、住宅については100%を予備費からの予算配分をお願いしたい。
(復興計画に係るもの)
1.市道八千代橋の復旧にあたり、現幅員8mを13mに拡幅されたい。
(下部は既に13mの幅員で完成)
2.市街地交通の緩和と災害時に備え、特定道跡の改良及び舗装について都市計画事業として着工をお願いしたい。路線名—西堀、附船町線及び河渡、石山線。
3.今次災害時の交通麻痺に鑑み、白山大橋の新設を認められたい。
4.地盤変動低下により排水不能となつた市街地の排水事業を地盤沈下対策事業として、早急に実施されたい。
5.災害復興のため都市改造事業をお認めの上、調査費を交付されたい。
6.国道7・8号線バイパスの早期実現を計られたい。
7.新潟・亀田・新津間の放射道路を国道49号線バイパスとして早期実現を計られたい。
文部省関係 要望事項
(災害復旧に係るもの)
①学校施設設備
1.事業費は、全額国庫負担及び起債としてもらいたい。
2.学校の建築基準単価を現地単価まで引き上げられたい。
3.新築復旧に係る申請坪数を全面的に国庫負担対象にしてもらいたい。
4.木造校舎の復旧については、鉄筋又は鉄骨造に認めてもらいたい。
5.地盤の特殊性に鑑み、特に基礎工事費の加算を考慮してもらいたい。
6.鉄筋・鉄骨建物・プール等の解体・除却費を国庫負担対象にしてもらいたい。
7応急復旧費も同率の国庫負担にしてもらいたい。
②社会教育施設設備
1.国の基準単価を現地単価にしてもらいたい。
2.公会堂の復旧を国庫負担の対象にせられたい。
③体育施設設備
1.事業費は、全額国庫負担及び起債としてもらいたい。
2.事務費については、現行の1%を3~4%に引き上げてもらいたい。
厚生省関係要望事項
(災害復旧に係るもの)
1.上水道の復旧工事費の国の補助率は85%とされたい。
2.上水道の歳入欠陥について、特別措置を講ぜられたい。
3.民営簡易水道の復旧費について、公営簡易水道と同様の補助措置をお願いしたい。
4.社会施設の復旧については、補助基本単価(改築・補修費)を現地単価にせられたい。
5.個人設置の保育園に対しては、法人設置のものと同じ取り扱いをしてもらいたい。
6.社会施設(公益質舗)については、激甚法を適用してもらいたい。
(復興計画に係るもの)
1.し尿処理施設の新設について、災害特別財政措置をお認め願いたい。
 今次災害により急速に処理能力の増強を必要としており、西新潟地区に日量100kl(10万人分)のし尿処理施設を早急に建設したが、補助率単価の差額起債等特別の措置をお願いしたい。
農林省関係要望事項
(災害復旧に係るもの)
1.激甚法第3章のうち第11条(共同利用小型漁船の建造費補助)が未だ適用されていないので、早急に適用するようにしてもらいたい。
2.一般水産関係の災害については、補助と融資が円滑に行なわれるようにしてもらいたい。
通産省関係要望事項
(災害復旧に係るもの)
1.大企業の再建について
 本市における主要企業である昭和石油・新潟鉄工・臨港海陸・日本鋼管・日本石油・北越製紙・三菱金属・日本ガス化学・新潟硫酸等は厖大な被害を生じており、これが復旧及び操業資金として350億円が必要であり、長期低利の救済融資措置を図られたい。
2.工業用水の復旧について
 大工業の再建と併行して、工業用水の復旧も不可欠であり、民営による新潟工業用水組合(北越製紙以下16事業所)新潟工業用粗水組合(日本ガス化学外5事業所)の再建工事費としてそれぞれ1億5千万円計3億円の長期低利資金融資措置を願いたい。
3.中小企業の再建及び団地造成について
①激甚法の特例による資金の利子に関し、1人100万円、1団体300万円を限度とし、3か年6分5厘のものを1人300万円、期間7か年間年利6分5厘とされたい。
②今回の災害により、中小工場等の現地再建不可能なものが相当数出ているので、この際他の適地において、団地造成を図ることが必要であるが、これが造成を効果あるものにするため、中小企業近代化資金助成法施行令第1条の3(工場等集団化記画及び店舗集団化計画の内容の基準)に規定する組合員20以上を、10以上に改め、又補助単価・補助率の引き上げ、貸付期間の延長等団地化の促進が図られるよう措置願いたい。
4.指定団地(木工)の再建について
 本市木工団地は、中小企業近代化資金助成法により、昭和38年度国の指定を受け建設中であるが、被害状況の深刻なこと及び各組合員の負担能力を勘案し、次のように救済措置を願いたい。
①激甚法適用により貸付金の償還期間が2年延長されたが、これを5年延長とされたい。
②38年度建設分貸付金(9社66,418千円)中土地造成費及び共同施設費39,992千円を償還免除とし、土地購入費その他26,426千円の償還期間延長を願いたい。
③団地被害分に対する再貸付を願いたい。
5.昭和石油KK新潟油所の当市再建について
 罹災大工場中、昭和石油が未だ再建の決定がされず、一部他地区への移転説もあるが、該工場は本市近代工業の中心として特に東北電力火力発電所とのコンビナートとしての責務もあつて、今後新潟地区新産業都市建設の重要な役割を果すべき使命を有するものであるので、速やかに新潟市再建を決定し、併せて従業員下請工場及び関連事業場等12,000人労働者の生活不安を解消するよう行政措置を願いたい。
労働省関係 要望事項
1.激甚法第25条適用による失業保険の給付期間を延長してもらいたい。
 既に機を逸せず昭和39年9月30日迄の3か月間支給されることとなつたが、大手業者の再建が遅れた為に特に下請・中小企業及び関連事業所は、今後の事業再開見透しが極めて困難となり、年末から明年初に於いて深刻な事態に陥ることが推察されます。よつて昭和40年3月31日まに更に6か月間の期間延長をしてもらいたい。
 なお下記事業所から期闇延長方の要請がありました。
     期間延長方要請事業所名
       新潟地震被災企業者会議
            世話人 代表新潟臨港海陸運送株式会社
昭和石油株式会社 日新燃料株式会社 日本石油株式会社
三菱金属株式会社 日本ガス化学工業株式会社 新潟硫酸株式会社
日東硫曹株式会社 株式会社新潟鉄工所 日本鋼管株式会社
北越製紙株式会社 日東紡績株式会社 東北電力株式会社
新潟臨港海陸運送株式会社      以上13社
運輸省関係 要望事項
(災害復旧に係るもの)
1.阿賀野川左岸下流の下山排水機場は飛行場の排水が主であるので、同機場及びこれに通ずる水路の復旧事業は運輸省直轄で実施してもらいたい。元利償還についても特別の措置を願いたい。
自治省関係
1.災害復旧事業の地方負担額は全額政府資金による長期低利の起債を認められたい。
2.現有債(公募債)を条件の有利な政府資金に借換えする措置を講ぜられたい。
3.消防施設の災害復旧費について高率補助をしてもらいたい。
4.支所出張所の災害復旧については、大幅に国庫補助を認められたい。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2009px
  • 高さ:1429px
  • ファイルサイズ:3.1MB
写真 写真:6月17日全員協議会を開き災害に対処する方針を協議した
第3章 情報活動と報道機関

III—3.1通信の不通と情報活動
 『急きよ、市災害対策本部の会議が開かれる。場所は市長特別応接室。集まる者すべてが、はだ身にじかに感ずる暗澹さで、ただごとではないそと極度に緊張はしているものの、さて被害の詳細は不明である。市街中央部の状況からすれば、全市潰滅などとは思えないし、といつて交通途絶通信不通、停電、ガス水道の停止、それに昭和大橋落下の現実は現実である。なによりも江東地区の天を覆う黒煙を眺めれば事態はまさに重大である。情報がほしい。断片的なものでいい。一刻も早く。と首を長くしているとき被害の第一報がはいる。』以上は新潟市教育委員会編「大地裂くるも子らを放さじ」の一節であるが、災害時においてはまず、その被害状況の把握が第一の緊要事である。新潟地震がグラグラときた直後電話の通話が次々に切れた。重要事務打合せ中の通話も、肉親の安否を気づかう電話も、救援要請の電話も混線し断続しやがて細くなつて途絶えた。地下ケーブルは至る所で寸断され、僅かに生き残つた回線も次第に水におかされて絶縁した。地域によつては4.5分間通話していたか所もあつたが、それも程なく途絶えて全線不通となつた。
 現代通信機関として市民には不可欠の電話が不通となり、電気も水道も止まり、自動車も自転車も用をなさなくなつたので、市民は情報連絡の為に原始的な人の足に頼らなければならなくなつた。
 新潟市災害対策本部では通信機関の不通のため2名の職員を自動車で気象台に向わせたが、道路破損の為幾度も濁水の浸水路を廻り道をして漸やく信濃川べりに到着したものの、昭和大橋は落下し、八千代橋は不通、万代橋も車の交通止めのため目的を達せず、大災害下では文明の利器は役に立たず頼りになるのは人の足である事を痛感して引揚げて来た。やがて県庁との間の電話が通じたが、中央との連絡や各地からの被害報告等が種々の方法で続々入つて居り、事実上新潟地震の情報センターであつたので、市災害対策本部では情報収集のため職員を県庁に派遣した。
 この通信不通、情報入手困難な状況下で、被害や消息を知る唯一の頼りとしてひとり大きな働きをしたのはトランジスターラジオであった。停電のためテレビやラジオはつかなかつた。こうゆう時こそ役立つ筈の無線通信も、無線局自体が被害をうけ無線機がこわれたり、アンテナが切断したりまた無線機や諸施設には異常なくても、地震後数秒間にして全市にわたり停電したので、電源を断たれて電波は一斉にとまつてしまった。無線局によつては予備電源を駆使して発動発電機で機能を回復したところもある。警察無線・気象無線・水防無線(北陸地建)などがそれである。第9管区海上保安本部(新潟市流作場)では、全有線と無線の電源および空中線が切断され、同時に予備電源である発動発電機が冠水したため、一瞬にして外部との連絡手段を失つた。そこで同本部は、有り合わせの万探較止用発信機にアンテナをつけて、受信設備にも若干の手を加え、蓄電池と小型のコンバーターにより電源を供給しながら、とにかく電波を出して無線電信による通信を確保した。
 地震直後の東京との連絡としては、午後1時6分関東管区警察局新潟県通信出張所が、短波電信の管内係で各局を呼び出し、とりあえず「新潟地方に大地震、被害甚大なるも詳細不明」と打電したが、無線通信としてはラジオを除いておそらくこれが新潟からの第1報であろう。当然東京にある管区警察局総合通信所はこれを受信した。
    (新潟県:新潟地震の記録158頁)
 また北陸地方建設局は、無線電話で午後1時15分にとりあえず「管内マイクロ波回線障害なし」の報告を建設省あてに連絡した。これら無線通信により東京との間につけられたみちは、新潟における数少ない窓口として、連絡手段を失つた他の災害対策関係機関から、当然たよりにされた。勿論県も利用した。もともと無線局は電波法によつて、免許状に記載された目的または通信の相手方あるいは通信事項の範囲をこえて運用してはならないものとされているが、地震その他非常の事態が発生し、有線通信を利用することができない場合の、災害救援等に関する無線通信は、「非常通信」としてその制限をとかれている。こうして数少ない無線局を通じて、東京からの連絡がはいり、新潟からは東京その他の地区へ情報が送られ、あるいは救援要請が行われた訳である。
III—3.2活躍した新潟市のアマ無線
 当時新潟市災害対策本部では、消防無線以外に無線機を持たなかつたので、市内のアマチユア無線局に協力を要請して、災害情報の収集及び各避難所等との連絡を確保する事とし、日本アマチユア無線連盟新潟クラブに協力を要請した。アマ無線の新潟クラブでは、日赤県支部内に一室を構え、吉成正県立高校教諭を隊長とする非常通信隊を編成し、不眠不休の大活躍を行い、重要任務を果たした。また「橋落チタ、ビル傾ク、石油タンク出火、黒煙全市ヲオオウ、電気電話鉄道バス全部ストツプ」という惨状を伝える第1報を、長岡のハム中継で東京に送信したのは16日午後4時45分であつた。無線局設置場所は次の通りである。
 日赤支部無線室、市役所災害対策本部、県庁、山ノ下小学校、山ノ下健康保険病院、山ノ下新大農学部、飛行場日赤センター、山ノ下藤見中学校、新大理学部、栄小学校、市立工業高校、関屋松波町。
①非常無線実施日時は昭和39年6月16日13時30分より同6月23日9時までの8日間。
②取扱つた電文通報の通数及び内容は電文発信380通・受信380通・計760通・通報9,160通・合計9,920通で、電交通報はすべて災害救助及び救援活動に関するものである。
③使用電波型はA3で周波数は3.5MC、7MC、21MC、50MCであつた。
④非常通信参加者及び協力者次の通り
 JAφAW/FQ 吉成正  JAφCP 白倉利夫  JAφFG 石田博
 〃φBBW  渡辺庄栄 〃φBDL 田村淳一  〃φBEC 稲田欣一
 〃φBHS  川上雅昭 〃φBHU 木暮吉男  〃φBKV 本間幸造
 〃φBLD  朝妻力  〃φBLF 永井清二  〃φBNG 田中裕
 〃φAA  阿部功   〃φAD 小林勇   〃INCA(EXφCA)西丸政吉
 〃φAZS  三浦照  〃φAGA 坂井一彦  〃φBKZ 大湊冨夫
 〃φLJ  中村輝一  〃φPG 奥村篤(他6名)〃1KQY 矢地正徳
 〃2EJQ  松下正弘  〃φYY 山田重司  〃φANA 山崎常樹
 〃φANB  田沢時雄 〃φAOQ 磯部泰良  〃φAVQ 壇原暢
 〃φBFX  中村邦明 〃φBGF 青木敏行  〃φBHH 江口則男
 〃φBIF  柔山寿明 〃φQL 金井良雄   〃φRD 佐野武夫
 〃φBOM  小野毅  〃φAA 海津一郎   〃φBCL 本田光穂
△以下協力者
越路クラブφDC 池田宏
小出クラブφFI 細井心円
長岡クラブφABE 阿部英亮  φIB 金子孝一  φAVK 山田浩一
     φAXV 杉山繁   φXY 皆川範男  φBF 鳥越松司
三条クラブφVG 山崎勲   φAED 前田昌治  φAYD 坂爪功吉
長野クラブφAS 清水勲    φAO 岡田久太郎 φDA 塚田幸夫
     φEJ 清水邦治   φST 中沢剛司  φBC 丸山孟伸
下越クラブφIY 五十嵐宏作  φIQ 長井常雄  φPE佐藤俊司
新潟クラブφAHC 関本謙二郎  φMW 高橋成治
III—3.3新潟市役所の広報活動
 地後震1時間程たつた頃、新潟地方気象台職員によつて、津波警報とその具体的情報が市の災害対策本部にも、通報されたので、市の広報班では、さつそく広報車をくり出して、津波警報の伝達と避難指示・避難所の指定・交通情報・罹災民に対する炊出しの案内などにつき広報活動を開始した。そして17日からは本格的広報活動に入る一方、被害写真の取材整理を20日朝まで約400枚仕上げ、直ちに国会その他関係機関に送付した。また災害により動揺している人心安定の方策として、市災害本部における救護策を、ポスター500部及び災害速報2万部を印刷し避難所と罹災地区に配布した。ついで6月30日から新潟日報社の協力を得、その市民版に災害市報欄を特設し、毎日市の救援策を報道した。地震発生の6月16日より7月5日までに、同広報班で実施した広報活動中めぼしいものを、その災害日誌中から摘記する。
 6月16目〇NHK新潟放送局及びBSN新潟放送に対し津波警報の放送を依頼した。○広報車及びラジオを以て津波警報の伝達、高台への避難の指示避難所の指定、八千代橋、万代橋、帝石橋の交通情報、避難所の炊出し案内を報道した。
6月17日〇市の中心部より北部に至る交通確保のため、今晩10時から明朝4時までの間、柾谷小路下手の本町通と大川前通の土砂整理を行うので、車の通行はなるべくさけて下さい。(ラジオ・広報車)○家庭燃料については市内経済連倉庫に木炭2万俵、その他小売店にもあるので心配ありません。(ラジオ)○野菜が出荷されて居るので、必要なお方は中央卸売市場に買いに来て下さい。(ラジオ)○国民金融公庫では、被災者の災害復旧資金借入れ申込みを待つています。(ラジオ・新聞)○蔵所堀及び川岸町地内下水管埋設道路のポンプ排水を開始したため、道路陥没の恐れがあり夜間通行者は注意して下さい。(ラジオ)○明18日午前10時から災害対策について、新潟市議会運営委員会を開くから委員は集つて下さい。○新潟市では排水作業のため空俵を必要としています。ご都合出来る市町村は市災害本部へ御送付下さい。(ラジオ)
6月18日○飲料水の給水について、今朝7時より給水車を地域別に差し向けますからご用意下さい。(ラジオ)。明19日12時から市議会運営委員会を、同1時半から急施臨時議会を開きますから議員は集つて下さい。(ラジオ)○被災者には缶詰・野菜等の食品類を配給していますが、其他の援護物資は準備中故今暫く待つて下さい。(広報車)○道路上の浸水は柾谷小路下地区及び沼垂・山ノ下地区は自衛隊の援助により3~4日中に排水の見込みです。(広報車)○食料品は沼垂・西新潟で販売していますから安心して下さい。(広報車)○電灯は柾谷小路下手は今夜中につく見込み、山ノ下地区は大部分明日中につく見込みです。(広報車)○町内のごみ及びし尿汲取りは今日より逐次実施、薬剤散布も水の引いた地域より実施しています。(広報車)○市では明日から柾谷小路より西大畑突き当り海岸を結ぶ下手地区一帯のごみ収集を実施します。畳や泥は後廻しとし、浸水地区のごみは水のない場所まで出して下さい。西新潟柾谷小路上手は6月21日頃実施予定、沼垂地区は22日頃から実施する予定、山ノ下地区は水が引き次第始めます。空地のある家庭ではできるだけ穴に埋めるなり燃やすなりして処理して下さい。し尿汲取り作業は処理場がきまり次第始めます。(ラジオ)○各町内で自主的に消毒しようとする所は、クレゾール原液を配りますから、市衛生課に取りに来て下さい。(ラジオ)○東新町町内は約1mの浸水で全部床上浸水で、町内連絡所は大橋かなえさん宅です。(ラジオ)○万代橋は緊急用自動車だけ通行できます。八千代橋は人と自転車のみ通れます。帝石橋は緊急自動車だけ通行できます。(広報車)
6月19日〇米の配給は応急用及び救援米が沢山来て居るから心配ありません。登録した米屋が罹災して配給困難の時は、暫らくの間どこの米屋からでも配給をうけられます。(広報車・ラジオ)○市の汲取業者は緊急用務があるので速やかに市の清掃課に連絡して下さい。(ラジオ)○新潟病院避難所には対策本部から救援物資を送つていますが、避難所周辺に任意で避難して居る人々にはお送り出来ませんから、至急避難所に入所して下さい。まだ収容能力があります。(ラジオ)○本日から山ノ下の健康保険新潟病院に市災害対策本部の支部を設けたので、罹災関係の相談に応じます。利用して下さい。(広報車・ラジオ)○山ノ下方面の避難所には只今食糧・水・ローソク等の救援物資をヘリコプターと舟で送り届ける手配をしています。(ラジオ)○浸水した家屋の消毒用石灰を配布しますから、各保健所・市災害対策本部山ノ下支部・関屋出張所に19日午後3時から取りに来て下さい。(ラジオ)○20日午前10時から市災害対策本部の支部を入舟地蔵堂(本町14突当り)に開設します。(ラジオ)○西新潟下地区の浸水は自衛隊・消防隊の応援を得て護岸を急いで居ります。(広報車)○市役所戸籍課では災害証明を受けつけています。(広報車・ラジオ)○災害で住宅を失つた方又は住宅のこわれたお方に対し、住宅金融公庫で建設資金並びに補修資金の貸付相談所を、6月19日から市役所玄関及び沼垂支所で行つています。(広報車・ラジオ)○井戸水消毒薬を差上げますから、希望者は市衛生課または東西保健所に取りに来て下さい。(広報車・ラジオ)〇一部の陥没地域を除き1両日中に送電出来る見込みです。(広報車・ラジオ)○本町7~11番町の土砂整理を今晩9時から自衛隊が行います。(広報車・ラジオ)○沼垂地区の浸水は自衛隊・消防隊の応援を受けて20日中に護岸を復旧し、21日には排水を完了するよう作業中です。○ガス供給不能となり、燃料にお困りの方のために、木炭の配給を手配したいと思いますから、各自治会長はその必要量を、来る25日迄に市商工課に申し出て下さい。(ラジオ)○健康保険新潟病院は20日(土)21日(日)とも平常通り診療します。(ラジオ)○北陸瓦斯では明20日からガスの供給を開始します。使用前にガス栓を確かめて下さい。尚ガスには臭いをつけております。洩れると危険ですから至急北陸瓦斯古町サービスセンター又は関屋出張所迄連絡して下さい。(広報車)○応急仮設住宅の申込み受付を、6月19日から23日まで、市役所玄関叉は沼垂支所で受付ています。(ラジオ)○入舟小学校の校舎は水でいつばいで危険です。学校に残した道具は大丈夫です。学校に集る日は後で知らせます。(ラジオ)○6月22日から実施予定の新潟県市長会主催の市職員中級吏員研修のうち、新潟会場は地震のため中止します。(ラジオ)
6月20日○市災害対策本部から握り飯のこ寄贈につきお礼とお願いを申し上げます。……中略……今後更に握り飯をご寄贈下さるお方は、お送り下さる前に、ご面倒でも市国民健康保険課に電話でご連絡下さるようお願い致します。(ラジオ)○市では県内各市町村のし尿収集車45台と市内の動員可能車36台で、本日午後6時から夜間作業で、市内のし尿汲取りを開始します。地理不案内の市外の収集車も多いため、町内のご協力をお願い致します。(ラジオ)○市の清掃班では、県内他市町村の応援を得て、今晩6時から昼間12時までの間に、柾谷小路下手の浸水していない地域のし尿汲取りを行います。清掃車が行つたら、町内会長さんはお困りの方を市の係員にお知らせ下さい。柾谷小路上手地区の汲取りは、21日以後の予定で、沼垂地区は22日頃から、山ノ下地区は水の引いた所から行う予定です。(ラジオ)〇鏡渕小学校のプールの水を近所の人々で御使用の方は、火災の場合の用水なので使用はやめて下さい。(広報車)○市農林水産課より連絡一昨19日開催した災害に伴う水産関係緊急対策協議会の申し合せにより、来る22日再度水産物生鮮魚類・塩干物・加工品等の緊急手配について会議を開きますので、次の関係者は21日午後3時迄に、各所属組合長又は会長宛て在庫量の状態と被害について報告して下さい。
・新潟鮮魚仲買商組合員の方は所属組合長に
・新潟市カマボコ商組合員の方は所属組合長に
・漁業者の方は各所属組合長に
・塩乾物商組合員の方は親和会々長あてに報告して下さい。(ラジオ)
○本日より自衛隊6,000人による信濃川護岸工事が行れていますが、町内では自衛隊より配られた空俵に砂を入れて下さい。(広報車)○北越商業高校の市内在住の罹災しない男子生徒は、明21日午前8時30分迄に、市役所中庭に作業服で中食持参で集合して下さい。(ラジオ)
6月21日○被害を受けた方は住所・氏名・生年月日・職業・家族数及び被害の状況を自治会長又は町内会長さんに知らせて下さい。自治会長又は町内会長さんは、至念被害者調査をまとめて、市災害対策本部に知らせて下さい。(ラジオ)○今日自衛隊2,000人が14万俵の土のうで信濃川の護岸工事を徹夜で行いますので、夜間作業の照明等につき皆さんのご協力を願います。(広報車)〇山ノ下三辺堀の入口に8台のポンプを取付け排水を始めています。あと12台も間もなく据付けます。皆さんの一層の協力をお願いします。○浸水した地域の消毒には石灰を配布しています。まだ受取らない方は市役所又は長嶺小学校へお出で下さい。(広報車)○昨日に引つづき自衛隊1個師団により護岸工事が行われています。各町内の土砂のある処に俵を配りますから、俵にスコツプ5杯程度の砂をつめて下さい。皆さんのご協力を願います。(広報車)○白山高校より同校生徒へ連絡—明22日作業できる服装で10時迄に登校して下さい。(ラジオ)○連日の猛作業で自衛隊の皆さんは疲労しきつています。まだ工事が沢山残つていますので、至急500人位の援助が必要です。皆さんの積極的なお手伝いをお願いします。集合場所は北部グランド、その際スコツプを用意して下さい。(広報車)○野菜を出荷される近郊の農家及び出荷組合に連絡一市内に出荷される野菜は今後復旧資材輸送輻輳ため、早朝搬入できるだけで午前6時以降は困難でありますのでご協力願います。(ラジオ)○浸水地区の水のひたつた家屋の床下消毒用の石灰は、一戸3kgの割合で渡しますから自治会長さんはリヤカー、又は自転車で西保健所・長嶺小学校又は市役所に取りに来て下さい。(ラジオ)○臨港地域の排水工事は一部を終り、おそくも24日頃には全部〆切り、仮ポンプを取付け排水する予定です。皆さん一人でも多く土のう作りを手伝つて下さい。(ラジオ)
6月22日○応急仮設住宅の申込み締切期日を6月23日から6月27日まで日延べしましたので、市役所又は沼垂支所に申込んで下さい。(ラジオ)○給水区域は除々に拡大していますが、各所に漏水していて十分配水できませんので、現在給水地域の皆さんは、飲み水程度に止め、洗濯や風呂の使用は今暫くご辛棒下さい。(ラジオ)○小児マヒ生ワクチンの投与は今月30日までに行なう予定の処災害により延期します。今後投与の日割は定まりましたら改めてお知らせします。(ラジオ)○ごみの収集は今22日沼垂地区の収集を行つています。またし尿の収集は県下各市町収集車のご協力で西新潟の下地区・上地区・沼垂地区・山ノ下地区の順で順次巡回収集します。今日は上地区を収集しますが、市外の車が多く地理不案内につき、皆様のご協力を願います。(ラジオ)
6月23日○水のひいた地域の床下消毒用石灰は1世帯5kg配布します。町内毎にまとめて市役所または災害対策本部入舟支部へ取りに来て下さい。(広報車)○礎・豊照地区では今晩7時から明朝にかけ自衛隊の皆さんにより道路上の砂が片付けられます。道路上の家財、駐車等邪魔にならぬようご協力願います。(広報車)○畳の購入は市内の畳業組合で普通品1,300円の品を1,100円で販売する事にしています。なるべく町内単位で畳屋より購入して下さい。個人で購入する場合は罹災証明書をお持ち下さい。(広報車)○罹災証明書は市役所戸籍課・坂井輪・鳥屋野・石山・沼垂・大形・内野・濁川の各支所及び関屋出張所で発行しています。一部でこの罹災証明書の発行は23日までであると誤り伝えられていますが、その様な事はありません。(ラジオ)
6月24日○新大婦人科に入院して手術された長谷川トソ(43)さんが手術後血液不足で困つています。AB型の方で供血できる方は新大病院の菅原先生まで申出て下さい。供血は明後日から1日200ccずつ当分必要です。(ラジオ)○浸水による重油の汚れを落とす場合、市販の中性洗剤マイペツト・ワンダフルK・ライポンF等を使つて下さい。ガソリンや灯油は危険です。(ラジナ・広報車)○沼垂地区の消毒用石灰の配給場所は長嶺小学校をとりやめ、東保健所のみで渡して居ります。(ラジオ・広報車)
6月25日○商店会社等でダソボールをお持ちの所がありましたら、罹災者への炊出し運搬用に使用したいので、至急市役所正面玄関にお届け下さる様ご協力下さい。(ラジオ)○新潟市役所大形支所の建物が危険な状態になりましたので6月22日より当分の間大形農協組合事務所に移転しています。電話は4局1887番と4局5685番です。(ラジオ)○入舟地区の信濃川の締切りをしている土俵には、洩れ欠壊の恐れがありますので、市職員をして監視させていますが、もし土俵その他に危険の箇所を発見された時は、直ぐ市役所下水課(電話3局6111)にお知らせ下さる様皆様の御協力を願います。(ラジオ・広報車)○市立工業高校生徒ヘ—2、3年生は26日10時までに登校して下さい。全校生徒は27日10時までに登校して下さい。作業服・長靴・筆記具・弁当・水筒・スコップをもつて登校して下さい。(ラジオ・テレビ)
6月26日○罹災家屋住宅融資相談を入舟出張所で今日から行つています。(広報車)○今まで市役所戸籍課で便宜行つていた山ノ下地区の戸籍事務は、6月27日から従来通り山ノ下支所で行います。(ラジオ・広報車)
6月27日○清掃班では毎日市内全域で昼間ごみ収集車を出動させていますが、その到着前にごみを路上に出さないで下さい。車の到着はオルゴールかスピーカーで知らせます。(ラジオ)
6月29日○西船見町に建設された応急仮設住宅200戸の入居者が決定しました。決定者名簿は市役所・沼垂支所・入舟出張所及び山ノ下健康保険新潟病院に備付けてあります。西船見町の住宅団地に市住宅課員が居りますから、30日中に鍵を受取り入居して下さい。(ラジオ・新聞)
6月30日○東跨線橋は本30日正午から歩行者・小型車・乗用車の駅裏側から駅前側に向つて一方通行が許可になりました。
7月3日○応急仮設住宅が山ノ下地区に200戸増設されます。6畳1間、7月10日頃完成予定、申込み期間は7月4日から同7日まで、受付は市役所・沼垂支所又は山ノ下・入舟災害対策支部へ。(新聞・ラジオ)○平和町及び下山(ヘリポート脇)の応急仮設住宅の入居者が定まりました。住宅引渡しは4日午前10時現地で行いますから、罹災証明書又は飯米通帳或いは保険証を持参して下さい。入居決定者次の通り(略)(新聞・ラジオ)○住宅を半壊又は半焼された方で生活保護世帯その他生活困窮者に対し、市は無料で応急修理をしています。市役所建築課・山ノ下健保病院・入舟出張所・沼垂支所に申し込んで下さい。(広報車)○県社会福祉協議会では更生資金の貸付を行つています。詳細は地区民生委員・市役所社会課・山ノ下健保病院・沼垂支所・入舟出張所で聞いて下さい。(広報車)○被災者で今迄都市ガスの供給を受けていた方でプロパンガスの供給を受けたい人は、町内会単位で北陸ガスに申込んで下さい。(広報車)○ごみの収集は7月10日頃から週1回定期収集の予定です。(広報車)
7月4日○来る7日朝4時30分から7時30分頃までヘリコプターから殺虫剤を散布します。井戸・貯水槽はフタをし、目や皮膚に薬がついたら水で洗つて下さい。(広報車・ラジオ・テレビ)
7月5日○今年の夏は海底や川底が非常に変化しており、水の深さが予測できませんので、生徒、児童は危険な場所で泳がない様十分ご注意下さい。(広報車・ラジオ)
III—3.4報道機関の災害報道活動
 災害時において新聞・ラジオ・テレビは、読者や視聴者に現に起つている事件を迅速正確に伝達すると共に、災害の禍中にある人々には行動の指針となる生々しい情報を提供し、重要な社会的影響を及すものである。こんどの地震であらゆる交通通信機関の途絶した最悪条件下での新聞・ラジオ・テレビの報道は、罹災市民にその置かれている立場を認識させ、災害につきものの人心の動揺・デマの横行を防ぎ、いかに多く市民に、心のよりどころを与えた事か、その功績は甚大なものがあつたと思われる。
III—3.4.1新潟日報の活躍
 県内唯一の日刊新聞社である新潟日報社が刊行した「地震のなかの新潟日報」により、その活躍をのべよう。
 『あの地震が襲つてきたとき、新潟日報から新聞発行の基礎的条件はすべて持つて行かれてしまつた。電力・電話・交通の途絶、活字のウマは倒れ、ガス水道さえ出ないのである。無事だつた社屋の中に、留守家族の安否を気づかう本社関係社員5百余の不安な顔だけが残つた。』
 第一震と同時に新潟日報社内の社員は大方は屋外に退避した。揺れがやむとともに戻りはしたが落ちつかずにいるところへ社長が帰り、直ちに局長次長を集めて前後策の協議に入つた。組合執行部からは「人命を第一に考え、全員をひとまず避難さすべきだ」と要求したが、社長は余震津波は心配するほどのことはないと判断し、協議をうち切つて在社全員を社の正面玄関に集め、社長はPRカーの上から「いかなる困難をも克服して新聞を発行すべきであり、それが新聞人に課せられた最高の使命である。夕刊発行はやめるから全員直ちに号外から朝刊発行の作業にとりかかつてほしい」旨を強調した。ついで中野取締役は「天災地変に際してこそ新聞発行の意義は重大である。人心安定、秩序維持の役割りを果すものは新聞をおいてないではないか。今から私が指揮官となるかしら、私の指揮に従つて直ちに作業にとりかかってほしい。」と述べ全員は職場に復帰、ようやく作業にとりかかつた。時に16日午後2時頃であった。
 新潟日報社の被害は、活字ケース全部がウマから落ちて散乱し目も当てられず、活字鋳造機の鉛はふきこぼれて白煙をあげたが人的被害はなかった。被害はその程度で社屋のゆがみもなく輪転機にも異状なかった。その上は自家発電によって動力源を確保しようと社長訓示後の2時半ころから貯水槽の水によつて発電気の運転を始めたが、これは2時間もしたら水が尽きる事は自明であつた。新潟大火でも新潟日報社は焼失したが、災害ごとに非常に備えて対策は考えられていたが、水に困る事は予想しなかつたので、ルーム・クラー用の井戸はあるが、北端の井戸から南端の発電機まで水を運ぶ用意はしていなかつたという。工務局技術部は直ちにこれをつなぐホースと、北陸ガスのスト騒ぎの際、知識を得ていた生ガスを買いに走つた。これが津波避難の寸前にまにあい、午後5時すぎに冷却水を井戸水に切りかえフル運転にはいつた。この間の休電は20分位であつた。発電開始によつて長岡・高田両支社間の無線電話も確保され、長岡中継による電話線で東京支社との連絡もとれた。
 活字は校閲部員まで手伝つて太字から整備にかかつたが、電気と水さえあれば新聞活字はキヤスターで見出しは写真植字機でやれるので、新聞製作への体制は一応整つた。号外から朝刊にかけては、とくに生々しい迫力のある写真でゆく方針がたてられたが、これも水なくしては製版は不可能である。食料・飲料・電池・ロウソクを買い集めて総務局は給食と給水に全力を注いだ。まず関屋浄水所からトラツクで水を運び、これを三階の写真製版部に持ちあげる。ホールには50人分の寝具を用意し、寺裏寮とともに仮泊の準備をする一方では、女子社員を動員して裏の空地で炊出しを始めた。夜を徹して着々と新聞発行作業が余震の続く中で進められ、号外に続く朝刊発行の見通しはこれでついた。
 だがそれ以後の用紙の確保が難問であつた。32,000連ほどの用紙は全部沼垂側の富士運輸と日通の倉庫にあり、倒壊・浸水の被害程度、運搬する道路橋梁事情など一切不明であつた。社にある用紙はA巻24本、C巻22本、D巻8本。これで号外4ページ、朝刊統合14ページ、セット10ページを刷ると、残りはA13、C6、D1となり、17日の朝刊は8ページとしても13万部くらいしか刷れないといういう事になる。用紙係は直ちに富士運輸に赴き調査した結果、無事の用紙も相当量あるにはあるが、運輸する道路が全部やられて見込みのない事が夜8時ころ判明した。そこで直ちに長岡支社を通じて東京の王子本社と高田支社を通じて富山の中越パルプ本社ヘトラツクによる緊急輸送を要請、富山へは高田から社員1人を派遣した。
 かくして号外は7時50分最後の紙型をとり終り、8時10分刷り始めて85,000部を印刷、朝刊統合14ページ、セット10ページは11時10分に刷り出し、4時15分に無事刷り終つた。
 その後新潟日報は着々復旧し、前記したように6月29日からは正規の15ページ建てとなり、この間迅速的確な地震報道のほか救援復旧活動に対するプレス・キヤンペーンに力を注いだ。まず新潟地震に対する科学的メスを入れるため、東京支社報道部は6月21日付で、「和達国立防災科学技術センター所長・荻原東大地震研究所教授の対談」を送つて寄越し、引き続き「新潟は地震の安全地帯」という過去の憶説を破るため「地震を考える」を夕刊に連載し、日本の地震帯における新潟の位置及び県下の大地震の例を遠くさかのぼって紹介した。また本社報道部は来港した京都大学調査団をとらえ座談会を開いて、その内容を紙面に載せたが、これらはいずれも埋め立て方式による石油コンビナート中心の工業地帯の建設に警鐘を鳴らした点で、新潟だけでなく全国的に問題になる企画であつた。
 またキヤンペーンとしては21日に新潟大学教授を中心に地質・医学・建築・政治学の専門家を集め「新潟日報震災調査団」を結成、その調査をえて復興に関する建設的提言活動を始め、6月23日付朝刊から6回にわたり紙面を飾つた。またこの提言活動から「新大・日報震災診療団」が生れるなどの成果もあり、非常事態における報道機関の役割りを遺憾なく発揮した。
III—3.4.2NHK新潟放送局の活躍
 日本放送協会の発刊した小冊子、「新潟地震と放送」によりNHK新潟放送局の活動状況を以下要記する。同小冊子によると新潟地震は6月16日の午後1時1分51秒に起つた。この約20秒後の1時2分10秒には、全市にわたり停電し、このためNHK新潟局の電波はテレビ・ラジオともに中断した。しかしかねてから不時の停電にそなえて設備してあつた無停電装置が激動する電源室で起動をはじめ、2分20秒後には放送が再開された。一方浸水した自家発電機は、電力が供給されるまで60時間連続運転を続けた。
 この時NHKラジオは、東京からの全国中継ニユースを放送しており、新潟局のスタジオでは1時3分からのローカルニユースの下読み中であつた担当アナウンサーにより、「ただ今地震が発生した模様です。震源地、震度など詳しいことは連絡の入りしだいすぐお伝えします。」という最初の地震情報が放送された。ラジオの赤塚放送所、テレビの弥彦山中継所も同様に停電したが、それぞれ自動的に自家発電にきりかわつて放送が継続された。
 地震発生と共に、新潟局ではすぐさま全局をあげて緊急放送体制に入つたが、すでに放送部報道デスクを中心とした取材陣は揺れはじめた瞬間、反射的に取材行動を起しており、放送記者・カメラマン・アナウンサーなどは、大地の震動が続いているうちに、地割れ・地下水の吹き出す町へ取材にとび出し、ある者はウオーキ・卜一キー(携帯無線)を持つて濁水の中を泳ぐようにして気象台に一番乗りし、津波情報を刻々局に送つた。
 NHKのFMカーは、発震の時たまたま信濃川の対岸にいたが、コンクリートの立派な橋が崩れ落ちるなどの凄さまじい状況は、FMカーの運転手がすぐ実況放送した。一方市内を受信料の集金に廻つていた職員も、つぎつぎと徒歩で腰まで濁水につかりながら局にたどりつき、それぞれの調べた、しかも足で歩いてそらんじている地域の被災の情報をもたらした。こうして全局員をあげて災害の全容をとらえる事に努力し、「局員総記者」という言葉さえ生れた。
 新潟市のように信濃川の河口にあり、しかも川が市の中心部を二つに分かれて貫流しているという地理的な条件から、当然津波の来襲が考えられた。1時2分からのNHKラジオは、午後4時までに被害状況の報道と並んで、火災の予防と津波警報、津波の襲来対策などを繰り返して放送し、そのほかにも、「市内の自衛隊員は大至急NHK前に集合せよ」というような、公共機関の緊急連絡が放送された。
 停電でテレビは見えない。トランジスタ・テレビもあるが、その晋及数は少くコミユニケーシヨンの媒体としてはまだ期待できない。最も広く正しい情報を一刻も早く市民に伝えたいという放送の機能を十分発揮するために、NHK新潟局はローカルサービスの面では、ラジオ放送に全力をつくす事になつた。
 午後4時すぎには県庁内に設けられた、災害対策本部・放送会舘・街頭を多元中継でむすび、しだいに全容をあらわしてくる被害状況と、県や市町村の救援対策、罹災者の消息等の放送を行つた。夜に入つて混乱と絶望のうちに市民の迎えた第一夜は、全市停電で文字通り暗黒の恐怖にみちたものであつた。NHKラジオはたかまる不安に対して市民をはげますメツセージを電波にのせ、静かな音楽を流し、いろいろな告知事項、救援対策、尋ね人などを終夜放送し続けた。NHKでは尋ね人放送の依頼にくる人々のために、新潟放送会舘玄関に放送受付を特設した処、申し込みが殺到し、たちどころに数十人の行列ができるほどで、尋ね人放送の受付数は三千数百件にのぼつた。
 NHKテレビは地震後停電による3分間の停波があったが、1時5分には回復し、総合・教育とも放送を続行した。これらテレビ放送は、NHK新潟局と電電公舎新潟局とをむすぶ同軸ケーブルが断たれてしまつたため、総合・教育ともNHK長野局の電波を無線中断したものである。この間テロツプで緊急おしらせを放送し、1時50分から30分間ローカルにきりかえニユースを中心にラジオと同内容の情報を放送した。
 その後鉄塔の上なら市街も港も見渡せるというので、何度となくやつてくる余震の中を放送会舘にある、地上40mの鉄塔上にロープを結びつけ、一段一段と必死の作業で運び上げたテレビカメラにより、午後2時30分から同5時まで5回にわたりローカルでナマ中継した。またもう1台のテレビカメラは、放送会舘玄関に据えつけ、道ゆく人々の不安な表情をとらえた。
 NHKテレビの画像を新潟局から全国放送するためには、画像の電波はまず電電新潟局へ送られ、ここでSHF(極極超短波)に変えられ、いわゆるマイクロウエーブ回線網により全国へ流される。また新潟市内に放送する場合は局から西南約30キロの弥彦山頂にある送信所に電波を送り、これがテレビ電波となつて受信者にとどく仕組みである。新潟局では市内は停電でテレビを見ている人は少ないが、県内の他の地方に対してはテレビのローカルサービスで、災害を報道をする必要があると判断し、これにも努力が払われた。
 NHK新潟局と電電新潟局間の同軸ケーブルが断たれた為周辺各局とは、連絡し打ち合せする方法は一つも残されていなかつたが、幸にも当日、7月1日から始まるFM放送準備のためにNHK技術員が弥彦山頂にいたので、各局への連絡がとれ直ちにローカルテレビが放送できるようになつた。そこでこの災害を全国放送する為に、5時33分弥彦山から放送波を富山局呉羽山放送所の中継で、約250キロはなれた金沢放送がとらえ、金沢経由のマイクロ回線で東京におくり、ついに新潟のナマの惨状が全国のテレビに約70秒間写し出された。このあと呉羽山送信所が受信した電波が2度にわたつて全国放送された。その画像は決して鮮明なものではなかつた。しかし水びたしになつた街並み、あまりにも幾何学的模様を描いて信濃川に落ちた昭和大橋、傾いた高層建築など、信じられぬほどの災害の素顔がブラウン管を通じて全国民の前に示された時、不安に拍車をかけるかのように轟然たる石油タンクの何度目かの爆音がおこり、テレビカメラは空いつぱいになつた黒煙と、不気味な火焔をはつきりとらえた。視聴者の眼前で爆発が起つたのだというテレビの同時性が、いたいほど身に迫る一瞬であつた。
 地震当日の新潟局のテレビ・ラジオは、地域的にはあくまでもラジオに重点を置き、テレビは停電していない隣接地区に傍受してもらつて、一刻も早く新潟の惨状を伝えるという方針で放送した。また「全国の人々が、今新潟を見守つている」ことを市民に伝え、市民へのはげましとなる様措置した。
 ところでNHK新潟局の舞台裏では、生生しい災害の画像を全国放送するために、水の調達について苦労している。すなわち貴重なテレビ・フイルムを現像するため、1日約40トンを上まわる水が必要で、新潟局ではまずこの水を調達する必要に迫られた。市当局と膝づめ談判で水をもらう事になつたが、それを運ぶのに苦心したあげく、トラック1台とドラム缶20本を確保して、かろうじて現像を続けることができた。この間水洗便所の使用禁止、飲み水制限などを強行したが、やつとトラックが現像用に水を運んできても、市民に囲まれて配水せざるをえない状態がたびたび重なつた。それでも必死の水資源補給でフイルムは現像され放送電波にのつた。「NHK放送の成果のかげに水があつた」と関係者が口をそろえて語つている訳である。
 NHKでは地震発生の日、「新潟地震災害NHKたすけあい」を実施する事をきめ、翌日故阿部真之助会長が、ラジオ・テレビを通じて全国に呼びかけた。これは中央共同募金会、NHK厚生文化財団との共催になるものであるが、6月30日までの僅か2週聞の短時日に、総額2億3,395万455円、件数52,273件に達した。これは災害時における「NHKたすけあい」の最高額で、伊勢湾台風の1億1千万円の2倍以上という巨額である。この義援金は被害の度に応じて、新潟・山形・秋田の各県に寄贈された。
 また17日からは、1週間厚生文化事業団と日本赤十字社とNHKの三団体が協力して、診療車を新潟に派遣して現地で診療にあたり、約550名を無料診療した。またタオル・食糧品・薬品・石鹸などを救護物資として贈呈した。なお地震による衝撃や冠水によつて故障破損した受信機の修理業務を、メーカーや電気商と提携して市内各10か所で行ない、3,000件近くのラジオ・テレビ修理相談に応じたが、油と水につかつた地域の受信機修理は困難をきわめたという。
 NHK新潟局が新潟地震後ラジオで放送した、録音テープの抄録を「新潟地震と放送」中より以下採録する。
◇ただいま地震が発生した模様です。はげしく揺れています。震源地、震度など、くわしいことは連絡の入りしだいすぐおつたえします。◇きよう1時2分ごろに大きな地震があり新潟・山形・秋田などで、かなりの被害が出ている模様です。—気象庁の発表によりますと、こんどの地震の震源地は新潟付近とわかりました。新潟発によりますと、市内の各地には地割れができ、傾いたビルなどもあり、2か所から火が出ています。また昭和大橋はこわれて信濃川に落ちました。—(2時の全中ニユースから)◇市内のあちこちは道路が波のようにうねり、いたるところに地割れができ、水があふれて交通が寸断されています。また駅前のビルには傾いたものもあり、信濃川の河口では3か所にわたり黒煙があがり、かなりの大火災となつています。国体にそなえて新らしく作られた昭和大橋は、まん中より西側で口をあけて川の中に落ち、赤い橋ゲタが濁流に洗われて地震の激しさを物語つています。◇海岸では、17m近く水位が下つています。河岸地方は津波にお気をつけ下さい。現在新潟地方には津波警報が出ています。◇北陸ガスからのお知らせ。県下全般に被害を受けたため工場からガスをお送り出来ませんので、ご家庭のガスの元栓をしめるようお願いします。◇国鉄新潟支社から、管内の保線区・機関区・信号通信区・建築区・電力区の現場長に緊急のお知らせをつたえます。あらゆる手段を講じて列車停止状況、旅客の被害状況、線路や駅舎の被害状況を報告して下さい。くりかえします。—◇市内にいる自衛隊員の皆さんは、新潟駅前のNHK前にお集り下さい。そして佐藤二曹の指揮下に入つて下さい。◇内山アナウンサーです。私はいま気象台の観測塔の上に上つています。台長さんにきいてみましよう。台長「いま津波の弱い第4波がきましたが、このままでいけば減衰してゆきますから心配ありません。30分後に次の波が来ますが一応注意して下さい。」◇東北電力からのお知らせ。新潟市内では今晩停電の見込みですから、いまからその準備をして下さい。◇日本通運新潟支店からのお知らせ。日通の車は緊急給水のため新潟に集結して下さい、道路は帝石橋が通れます。給水用のドラム缶を積んできて下さい。◇県立女子短期大学の学生で帰宅しない人は、全員が短大にとまつています。また万代小学校4年の浜田ヨシノブ君は、沼垂高校前の本間雄治郎さんのお宅に保護されています。◇修学旅行中、新潟駅で地震にあつた福島県南会津郡の立岩小学校の一行は、亀田町の高橋旅館と本田屋旅館にとまりました。◇佐渡郡の笠井キヨさんは、新潟大学病院に無事入院されましたので、ご家族の方は至急出発して下さい。◇佐藤ツルオさんは新潟駅構内の列車にいます。◇きのう午後から17時間燃え続けた昭和石油タンクの火災は、その後も衰えを見せず、数千mを覆つて道行く人達に不安な感じを与えています。ところで消火剤を積んだアメリカ軍のヘリコプターは、午前7時すぎ現場上空に到着しましたが、火災の規模が大き過るため消火剤を撒かず、現場附近に投下して帰りました。現在応援の化学消防車をふくめて、12台が消火にあたつていますが、消火剤をとかす水がなく、消防活動は依然として困難をきわめています。
III—3.4.3BSN新潟放送の活躍
 新潟市唯一の民間商業放送であるBSN放送は、新潟市川岸町にある。この地は昭和初年まで信濃川の流れであったのを埋め立てた川べりで、鉄筋四階建ての横倒しになつた県営アパートも同町内に在り、最激震地の一つであつたので、社屋は亀裂し浸水して大被害を受け、地震と同時に停電し放送は中断した。自家発電室は5°も傾斜し地中へめり込んで浸水し、即刻の用には立たなかつたが、幸に社内の電線とラインに被害はなかつたので、ほぼ1時間後の午後2時2分には発電を開始した。ラジオの場合は直ちに屋上にマイクを引いたり、県営アパート前にマイクをい引たりしてみたが、約8キロ離れた山二つ送信所までの送信機が駄目になつている事が致命的であり、何よりもこれに対処する事が先決であつた。
 まず報道・アナ・技術を山二つ送信所へ急行させ、ついでラジオカーの受信機を持つた技術員を追尾させた。送信所は無人であり送信線とリモコン用のラインが切れた以上、まず人を送り込む事が先決であつたからである。信濃川の橋が3本とも通れず、ただ一本の国鉄鉄橋を徒歩で渡り、あとはデンスケ取材を行いながら、約90分かかつて第1着の報道部員が送信所に到着し、第2着の技術陣と協力してマイクをセツトし、ここを特設スタジオとして放送体制を固めた。こうしてドラ声で、「こちらBSN」の再開第1声が出たのは午後3時5分であつた。ついで後着の報道・アナが到着し、途中の見聞をもとに座談会形式で災害を伝え、対策の要望や被災地への呼びかけを約1時間継続し、ラジオカー受信機の到着を待つた。
 天災は忘れた頃にやって来る。ライシヤワー・アメリカ大使の傷害事件が発生した時、東京の民放各社が示したモタモタぶりは取材態度が十分でないとか、スポンサーに遠慮しすぎるとかいう批判を呼んだが、新潟地震で新潟放送のとつた態度は立派であつたと高く評価され、非常事態発生時における商業放送にとつてのひとつのテストケースであつたと見られている。
 またこの間FMカーは、道路が地割れで自動車が動けないので、止むなく災害対策本部のある県庁に固定させ、報道部やアナが震災の様子を調べては、FMカーを本社スタジオとして利用し、3時5分の放送再開後は災害情報一本ヤリにし、報道部員がかけずりまわつて集めた情報を流し続けた。この新潟放送の実況ナマ中継などは、東京ではTBSやラジオ関東など各局が、新潟から隣接民放局をリレーして受信、地震ニユースを作つて報道した。
 BSNテレビは連続劇「いつか青空」を始めると地震ですぐ停電、揺れがおさまつて避難先から戻つて来た技術スタツフは、さつそく機械を点検したが思つたより故障が少なかったので、すぐ放送再開を決意し、自家発電に踏みきり、午後2時15分本社屋上にカメラを据えつけ、被災模様をナマ中継で放送再開し、5時20分まで災害ニユースだけを流し、その後も6時、10時から各1時間放送、17日は未明に到着したTBSからFMカー4台(うちラジオ用2台)中継車・電源車各1台計6台の協力をえて、早朝からラジオ・テレビともさらに充実したプロを流し続けた。
 BSN新潟放送では災害発生と共に、当日のテレビ番組の70~80%は災害情報を伝える特別番組に変更、ラジオの場合は、県庁にある地震災害対策本部から送信所までをFM装置につないで、非常災害速報を終夜放送した。もちろん双方ともスポツト広告をはずし、なかには見舞メツセージに切り替えたりしたものもあつた。
 テレビは停電でさつばりダメであつたが、しかしラジオは威力を発揮した。ただ非常事態を伝えるというだけでなく、避難の誘導や尋ね人など、特定個人のための放送まで行ったので、トランジスターラジオのある所は被災者が群らがり、耳をそばたてるという風景があちらこちらで見られた。
 スポンサーの集中している新潟放送東京支社では、早速午後3時過ぎから広告代理店を通じて関係者に、「放送不能の場合の了解を求める」連絡をとつた。スポンサーのなかには、「どうぞご随意に」と云うばかりか見舞金をという所もあつた。
 2~3日後まで災害情報の特別番組はかなり続いた。スポンサーからの放送料金の収入は、1日500万円(うち1割がラジオ)で、もしかりに放送されなかつた分は料金が入らないとすると、約1,000万円のアナがあくことになる。新潟放送は欠損を覚悟で特別番組放送を行つたが、大方のスポンサーは、地震という非常事態だから会社の責任は問わないという事で大したトラブルも起らなかつた。
 とにかく新潟放送は、先に昭和30年新潟大火の際にはデパート屋上から火の粉を浴びながら実況をラジオでナマ中継し、民放の大会賞を受けた局だけあつて、こんどの災害でも利害を無視し、報道精神に徹して災害報道に当り、地域社会に貢献し、JNNニユースの声価を高めたとしてJNN東京放送より第2回JNN賞を受賞した。
○参考資料:—BSN新潟放送:地潟地震ラジオ特別放送の記録
     :—  〃   :6.16新潟地震とBSN新潟放送—その手記から—
     :—  〃   :6.16新潟地震における速報活動及企画実施
     :—  〃   :緊急放送(ゼロツクス複製)
III—3.5新潟地震時の情報とデマ・流言の問題
 「新潟地震に関する調査研究—地震発生時における人間行動の心理的研究—」と題する著作が、新潟大学教育心理学教室と新潟県警察本部警備部と、警視庁警備心理学研究会の三者共同により、多くの心理学者を動員して編纂刊行されている。この著作から「新潟地震時のデマ・流言の問題」についてその一部を摘記する。
 新潟地震は、関東大地震に匹敵する規模をもちながら、関東大震災の時のようなデマや、それにともなう悲惨な事件をひき起こさなかつた。この理由は何よりもトランジスター・ラジオの功績であり、物理的には火災の混乱や、倒壊家屋の少なかつた事にも支えられたであろうし、地域的に限られた耳目で確かめ得る範囲内に災害が限定されていた事も幸いしたであろう。しかしいくつかの未確認情報や誤報や過大情報が流れ、それが感情的にまた時には現実行動に、人々に影響を及ぼし、一時的にも混乱や不安や感情の激発をまねいた。
 デマまたは流言飛語は、言語によるコミユニケーシヨン(意思伝達)の一種であり、無批判に行われる聞き伝え又は口伝えである。しかし無批判であるかないかは、危急存亡の場合にあつては、渦中にある人には必ずしも識別できない事が多い。本人の体験的事実としては頼らねばならない情報であるか、信じて服従せねばならない指令なのであるか、虚偽または過大の情報であるか、または暴徒を作ろうとする扇動であるかは、危機的状況の程度が強いほど区別しにくく、他の第三者が他から観察して、あるいは本人が後になつて自分と自分の置かれた場面を客観的に反省してみて、始めてわかる事である。
 新潟地震において流されたデマと情報の内容と、頻度調査の結果は次表のように現われている。
すなわちこの表によると、「津波が来る」という情報と、「桑名病院の全焼」というデマが市民に最も強い不安を与えたコミユニケーシヨンであった。全焼・全滅・全壊・全域全部など全の字のつくようなことは、デマの好テーマのようにみえる。逆にいえば、災害時に全の字のつく情報が来たら眉につばをつけて冷静に対処した方がよさそうである。津波は第3波が最大のものであつたが、その後「もつと大きいのが来る」のデマがとんで、大勢の市民は高台へと避難したものである。昭和大橋の落橋に関連して、「橋が全部落ちた」とか、「万代橋が二つに折れた」とかのデマがとんでいる。山ノ下地区の被害甚大の情報に関連して、「山ノ下が全滅した」「臨港が全滅した」の虚報が流れた。この表には出ていないが、流作場地区の新潟交通(株)本社辺の建物の陥没の甚しかつたのを、東京の某日刊新聞紙は「新潟交通の本社の陥没は甚しく、一階は全部地中に埋没した」と、過大の虚報を報道した。またセンセーシヨンを起した。川岸町の県営鉄筋三階アパートの倒壊を報道し、「相当死傷者も出た模様」と不確実な報道が行われたが、一名の死傷者も出なかつた。これも虚報の一例である。
 次にデマの流れる場所については避難先が最も多い。避難していること自体が危機状況であり、不安感につつまれる場面なのだからデマも多くなるのは当然である。
 次にデマを運ぶものであるが、デマを運ぶというといかにも悪いことをする人に聞えるが、実際には当事者は悪意あつてやる事はごく少なく、他人から聞いた事を強調して他へ伝えるところから虚報が生れる場合が多い。すなわちデマの渦中にある人は、動機においては必ずしも反社会的ではなく、デマの過程ではむしろ自然現象的コミニユケーシヨンといつた方が良いかも知れないが、受け手の心理や環境によつて過大になつたり誤報になつたりすることもありうる。
 こうしたデマの仕組みは、表3にも示唆される。警官とか広報車とか校長も、場面状況によつてはデマの源にされてしまう事もありうる。しかし更に注目すべきことは、デマを荷なうものが、「ゆきずり」「通行人」「たまたま集つた人」等の知らない人だということであろう。
 次にデマを聞いた人はどんな反応したかという調査は、「デマをどれほど信用したか」という点で、表4に次のような数が集計されている。表4の内△印をつけたものは、決定的態度でなくいわゆる浮動票であり、その計は、11.6+11.0+4.8+1.0=34.4%で大体1/3に当る。そこで次のように云つて良いのではあるまいか。「流言飛語は約半数の人(ここでは52.6%)によつて、全く信用され大体13の人は浮動票となる。」この辺に災害時におけるデマ対策の手がかりがあると思われる。
 次にデマを聞いた人は、その内容の真実性をどのように確かめ、或は修正していつたか。
 この中でデマ修正の根拠として、トランジスター・ラジオが大きいのに対して、新聞やテレビなどは大きな役割を占めていないことが注目される。これはデマが生きているころは、まだ新聞やテレビが十分に機能を回復していないことによると思われる。
 また自分で確かめている人の割合は、今後の学校教育・社会教育の大きい問題となるものであろう。これと対照的なものは、デマの訂正は「特にない」そして「通行人」「近所の人」という、又あまり信頼できないソースによつているものが多いという点であろう。
 もう一つの問題は、この訂正がラジオを除いては、社会教育的機関制度によつて十分に行われていないこと、力の弱かつた新聞・テレビの外に警官が見えるが十分ではない。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:973px
  • 高さ:1265px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:テレビ・ラジオ全部ダメ、トランジスタラジオが被害や消息を知る唯一の頼りだつた。(新潟日報社提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:949px
  • 高さ:1369px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:カメラマンの活躍(昭和石油火災現場)(NHK新潟放送局提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1349px
  • 高さ:961px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:尋ね人放送の受付申込者が殺到し行列が出来るほどだつた。(NHK新潟放送局提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:977px
  • 高さ:1373px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:BSN本社屋上にカメラを据えつけ放送を再開した(BSN新潟放送提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2379px
  • 高さ:2589px
  • ファイルサイズ:955.5KB
表:III—3.5表1 流言の内容と頻度
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2369px
  • 高さ:893px
  • ファイルサイズ:339.5KB
表:III—3.5表2 デマを聞いた場所の調査
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2317px
  • 高さ:717px
  • ファイルサイズ:292.7KB
表:III—3.5表3 流言を運ぶものの調査
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2293px
  • 高さ:449px
  • ファイルサイズ:242.4KB
表:III—3.5表4 デマをどれほど信用したか
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2365px
  • 高さ:1050px
  • ファイルサイズ:400KB
表:III—3.5表5 デマ内容の確かめの手がかり調査
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2385px
  • 高さ:1697px
  • ファイルサイズ:873.7KB
表:地震経験による避難法の知識と実行された割合アンケート
第4章 被災者に対する応急救助活動

III—4.1災害救助法の発動
 我が国は気候風土の関係上、古くから災害が多く幾多の惨状を繰返えしてきたが、大戦後は著しい物価騰貴により、従来の罹災救助基金のみでは、所要救助費のほんの一部を賄い得るに過ぎず、大部分は都道府県一般会計や国庫補助によつて、支弁されなければならないという実情にあつた。ここにおいて、これらの欠陥を補う強力な災害救助法の制定が各方面から強く要望されるところとなり、終戦後における第1回国会に罹災救助基金法に代るものとして、災害救助法案が提出されるに至り、昭和22年10月18日成立し、同月20日から施行された。
 同法は、災害の規模が、個人の基本的生活権と全体的な社会秩序とに影響を与える程度のものであるときに発動し、その救助を国の責任に於て行なわんとするものであるが、その実施については、都道府県知事に全面的に委任されており、都道府県知事は、国の機関として救助に当るものとしてある。この結果、救助の実施機関としての都道府県知事には、救助の実施上必要な諸義務が課せられ、又権限が附与され法の適用は市町村の人口に応じて定められている。本市の場合、人口30万以上であるので、150世帯以上の住家が滅失した時、現に救助を必要とする者に対しこれを行なうことになつているが、今次の災害はこの基準を遙るかに越えた比較にならぬ大災害であつたので、県は市の要請を採択、緊急庁議で対策を協議し本市に対し災害救助法を適用し、その権限の一部を市長に委任した。
 市は県が救助法発動を通知して来るまでもなく、地震発生直後緊急部長会議を招集し、本地震災害に市の全組織を挙げて当ることにし、対策本部を設置、取りあえず、食糧を確保すること、飲料水を供給すること、避難所を市内小中学校内に設置し、罹災民を収容することを決定、それぞれ指示を与えたが、何分市職員にも多くの被災者を出したため、職員の把握が十分出来ぬまま救助活動に入つたのである。
III—4.2避難所の設置
 地震、津波襲来、火災発生と最悪の状態におかれたため、家を焼かれ、床上浸水で住むに家なき市民が続出したので、市はこれらの人々を一時的に収容するため、比較的被害少なく又安全地帯と思われる小中学校を避難所に指定し、避難民の収容をラジオで呼びかけるとともに、職員を配置し整理に当つたが、何分にも急激に襲来した災害のため、避難所設置の準備が間にあわず、避難者が先になり、思わぬ混乱を起した処もあつた。17日に至り、四囲の情勢は益々悪化の一途をたどり、飲料水もなく火気の取扱いが出来ず、食料を得るすべのない人達が避難所に押しかけた。また昭和石油火災は益々猛威をふるい民家に類焼し、水素ボンベや4エチル鉛の爆発の危険も懸念され、周囲の住民に避難勧告が出された。東新潟方面の避難民のなかには、今日は藤見中学校、明日は新大農学部と居を移す人々が多く、山ノ下地区住民の中には、避難場所を得るため遠く木戸小学校に避難先を移したものもあつた。また避難所の収容人員は、それぞれ異なるが、栄小学校のように最高時4,600人にも達したところでは、食料・飲料水の支給その他避難所の管理運営に種々困難をともなつたので、避難者代表と対策を協議し、約50人に1人の割合で班長を置き、収容者の世話をすることを決め、これら班長と協力し、物資の支給や炊出し配分を行ない、はじめて対策が極めて円滑に行なわれるにいたつた処もある。またその他の避難所では町内単位に組織をつくり、対策にあたつた。19日に至り昭和石油火災はようやく危険を脱したが、浸水状態は依然変らず、避難所の収容人員も減少しないままであつた。
 災害救助法によれば、避難所は災害に際し応急的に難を避ける施設であり、その開設期間も災害発生の日から10日ときめられているが、何分にも津波と、地下水で浸水地帯が広範囲にわたり、加えて堤防破壊のため減水を見ず、避難民は家に帰るに帰られぬ状態であつた。そのため県に対し避難所の開設期間の延長を申請し、7月15日迄の期間延長が認められた。一方6月20日から本格的な築堤作業に入つた自衛隊の必死の作業により、同月22日に至り西新潟が、23日には東新潟が、それぞれ減水を始め、避難民も逐次家に帰り始めたことと、29日に至り応急仮設住宅の入居が始まつたことで、30日には大巾な避難民の減少を見た。そのため市は同日夕刻に至り避難所を東新潟に8か所、西新潟に2か所と整理する方針を打ち出し、避難民の説得に当つた。当初避難民も市の意向を図り兼ねていたが、たび重なる説得にようやく納得し、7月1日からは避難所を10か所にまとめることができた。さらに、救助法の関係や周囲の事情により7月10日以降は、東新潟は日赤センター、西新潟は県営陸上競技場として逐次整理を始めたが、7月15日の避難所を閉鎖する段階に至つてもなお594名の避難者がいたので、市はこれらの人々に対し積極的な自活を行うよう説得し、家に帰ることをすすめるとともに、家屋の破損のため家に帰れない人々に対しては、引続き日赤センター、陸上競技場避難所を利用せしめ、それぞれ自炊用具を支給した。そのため避難民は、それぞれ自炊生活に入つたが、不自由な生活に早く「ケリ」をつけるため家の補修等を行い、陸上競技場では7月29日、日赤センターでは8月10日に全員帰宅をみた。このようにして6月16日地震発生とともに開設した避難所も、法定期間1ケ月その他25日で終結を見たのである。
III—4.3仮設住宅の入居
 災害救助法によれば、災害のため住家が滅失した罹災者は、応急的には避難所に収容し保護することになるが、それはあくまで避難所であり、一時的なものであるので、その期間も当然短期日に限定されている。したがつてこれら避難民のうち住家が滅失した罹災者で、自からの資力をもつてしては住宅を確保出来ないものには、小屋掛程度の簡単な住宅を仮設し、一時的な居住の安全を図るとあり、市は災害発生とともに避難民を避難所に収容し、さらに今災害の規模の大きいのに鑑み、県に対し仮設住宅の設置を強く要請した。県は災害の様想が判明するに従い、18日に至り第1次分として200戸の仮設住宅を建設することを決定、市に仮設住宅入居の手配を申入れて来た。市は19日から次の基本方針で本庁及び沼垂・山の下・入舟の各支所・出張所で仮設住宅の入居申込を受けつけた。
 応急仮設住宅入居申込基準
①住家が全焼若しくは全壊のため居住の用に供せられなくなつたもの②生活保護法の被保護者ならびに要保護者③特定の資産のない失業者④特定の資産のない未亡人ならびに母子世帯⑤特定の資産のない老人病弱者ならびに身体障害者⑥特定の資産のない勤労者⑦特定の資産のない小企業者⑧前各号に準ずる経済的弱者 このようにして、第3次までの間に申込を受付た数は(III—4.3表1)のとおりであるが、これが一応まとまると、応急仮設住宅入居者選考委員会(III—4.3表2)に計り、上記に適合するや否やの判定をまつて順次入居せしめ、8月10日の根室部落集団移住者26世帯を最後に636世帯の入居を終了した。
III—4.4給食及び飲料水の供給
(1)炊出しの確保
 新潟地震被害対策の中で特徴的な事項は幾つかあつたが、炊出し確保もその一つである。災害発生とともに、ガス、水道が一瞬のうちに破壊され、加えて地下水の噴出や津波のため床上浸水家庭が続出した。そのため被災者の大多数はまつたく食料の確保をなす術を失なつてしまつた。
 市災害対策本部は、災害時の炊出しは学校の給食施設を利用し、それでも不足の場合は市内の主な主食提供業者の協力を求めることに計画していたのであるが、上述のような状態のため、学校給食施設は勿論、市内の主食提供業者の炊飯施設も完全に破壊されていて、当初の計画はくずれ去つた。そのため対策本部は、炊出し確保には、被害の比較的少なかつた農村地帯に協力をあおぐ方針をとり、とりあえず午後4時頃西新潟の坂井輪地区と東新潟の石山地区へ係員を派遣、各支所を通じ、自治会長、町内会長に炊出し協力の要請を行なつた。依頼を受けた自治会長は各家庭に呼びかけ、各家庭は、自己の保有米を炊出し用として懸命な協力を行なつた。16日夜10時待望の炊出しが坂井輪地区から9,000個送られて来たので、これは早速入舟地区並びに山ノ下地区の避難所へ配分した。また石山地区の2,000個は直接山ノ下地区避難所へ送りとどけた。17日に至り新潟地震の被害甚大なることが伝わるや、各地から暖かい救援が寄せられたが、それとともに炊出しの協力体制も整備され、連日4万食~5万食以上の炊出しが近郊農村地帯から送り届けられた。25日からは、新発田・新津・亀田の各市町からの炊出し協力を得た。その後避難所を整理統合するに伴ない炊出し給食も制限し、避難所収容者以外には行なわないことにした。また市内小学校の炊出し施設の検討を行なつた結果、有明台、浜浦両小学校の給食施設は比較的被害が少なかつたことが判明したので、両校の給食施設を利用炊出しを調達することにした。このようにして炊出し確保を図る一方、政府保有災害応急食糧の配給を知事に申請しその払下げを受けたが、その数量は55,496㎏(902.49俵)に達した。
(2)乾パン及びパンの確保
 炊飯施設の破壊により食料の確保が容易ならぬ事を判断した本部は、炊出し確保と併行して応急的な主食を確保するため、県に対し乾パン確保を依頼した。17日海上保安庁の巡視船「おき」は富山県から、「のと」は石川・福井の両県から乾パンや缶詰等を満載して新潟港に到着、関係者に大きな力をあたえた。パン確保については、地震が丁度昼過ぎのため、各業者は手持ちを全部中食用として出したあとで、在庫品は全然ないと云う状態であつたが、県から横越村にあるパン業者が4,000食のパンを炊出し用に確保しているとの連絡を受けたので、17日早朝自動車を調達、現品を受領、山ノ下の健康保険新潟病院に避難する人々に支給した。その日市内の栗田パン(株)からも4,374食のパンを確保、避難所へ送り届けた。このようにして乾パンは197,112食、パンは35,024食を購入確保した。
(3)ミルク等の確保
 17日なると各避難所から幼児用ミルクの配給要請がしきりに来た。そこで早速業者に調達を手配する一方、取りあえず救援用として受給したものを、本部の衛生部係員に託して必要な避難所へ直送した。このようにして炊出し給食と併せてミルク支給が行われ、救援用を含めて、7月2日までに約40㎏にも達した。
(4)主要食糧の緊急輸送
 避難民に対する食糧給与の成果は一にその輸送能力にかかつていたが、現実はきびしく輸送は当初から困難に逢着した。食料は一日3度、しかも夏季の腐敗しやすい時期に、短時間に避難所に届けなければならないが、本市の東西を結ぶ3橋のうち、かろうじて万代橋だけが通行出来ると云う状態であり、道路は至る所で隆起陥没していて最悪であつた。加えて他町村や県外から緊急応援用の自動車が続々本市に到着したため、交通事情は悪化の一途をたどり、度重なる交通規制も効果は挙がらない。このような中での輸送のため能率は低下し、普通30分で往復出来た山ノ下方面への輸送に4~6時間もかかると云う実態であつた。加えて山ノ下地区では、浸水のため小型車は通行不能であつたので、自衛隊の大型車に依頼したり、県警察本部のパトカーや白バイを先頭として輸送するなどあらゆる手段が講ぜられた。
 対策本部給食班の40名は、連日不眠不休の活動であつた。近郊農村地帯からの炊出しや見舞食品は2時間も車にゆられ本部に到着する。まちかまえていた本部員は、用意の車にすぐ積みかえ、または、そのまま予定の避難所へ直送する。心ははやれど車は遅々として進まず、避難所勤務の同僚の苦悩する姿を思い浮べ、如何ともし難い気持をおさえながら車の進むのを待つと云う有様であつた。
 緊急食糧を適切に運ぶためには、輸送とあいまつて避難所収容人員の正確な把握が必要である。
しかし前述のように避難所人員の把握が適確に行なえなかった事も炊出しの円滑さを阻害した一因であつた。特に山ノ下地区は、昭和石油の火災による類焼の危険に加え、4エチール鉛や水素ボンベ爆発の危機が伝えられ、被災者は一定の避難所に定着しなかつた。入舟地区に於てはガス、水道の途絶と床上浸水のため、自宅で炊飯出来ない人達が食事時になると避難所へおしかけるので、避難所に収容した人達との差があまりにも多く、いろいろの手違いを生じた。
(5)給食人員の固定化と炊出し体制の整備
 一時は戦災都市にも似た混乱状態であつた本市も、電気、ガス、水道等の復旧が進むにつれ、漸く混乱も治まり、各方面から寄せられた数々の厚意に励まされ、市民の復興に対する意欲は高まつた。水が引き始め、昭和石油火災の危険が薄らぐにつれ、被災者は復旧に着手するため避難所を去つていつた。道路をうめつくした自動車で何時間も一歩も進むことができなかつたほどの交通事情も、たび重なる交通規制もバスが運行する程に緩和され、それに伴ない商店街もようやく活気を取りもどして来た。そのため避難所の収容人員は激減し、苦境に立たされていた給食活動もようやく円滑になつた。7月1日からは有明台、浜浦両小学校の給食施設を利用し、両校区のご婦人の協力により炊出しを行なう一方、一般の食堂にも握飯を作ることを依頼し、炊出しの衛生保持についても意を用いた。その後、7.7集中豪雨に見舞われたが、給食人員にさほどの変動がなく、給食活動は順調に行なわれた。
(6)避難所の閉鎖に伴なう給食活動の終結
 被災者を収容する仮設住宅の建設は順調に進み、6月29日西船見町に200戸、次いで下山平和町に410戸を建築し被災者を次々に入居させた。7月5日西新潟は県営陸上競技場、東新潟は日赤センターに避難所を縮少したため給食数も減少し、災害救助法による避難所の設置期限が切れた7日15日限りで、給食活動は全く終結したのである。この間丁度1か月、幾多の困難に直面しながらも給食を続け得たのは、職員の努力もさることながら、各方面から寄せられた暖かい支援の賜物であつた。
(7)飲料水の供給
 新潟地震は過去の災害と異なり、地下理設物の被害が特にひどかつた。そのため水道配水管が至る処で破壊して給水が不能となり、市民の大多数は即刻飲料水の供給を断たれたのである。過去の地震の例によると、地震発生と同時に火災が発生して住民は避難に追われたため、直ちに大量の飲料水を運ぶ必要がなかつたが、新潟地震では火災が局部に限られたので、市民はすぐ水を必要とした。
 地震発生後市水道局では、直ちに職員を動員し各浄水所の弁をしめ、送水停止を行つたのち、午後2時には係員を被害調査に派遣した。然し区域が広大なことと、交通混乱のため詳細は不明であるが、配水管被害が甚大であることはほぼ確認した。また保有浄水量を調査した結果、関屋浄水所10,000m3鳥屋野浄水所12,000m3、青山浄水所29,000m3、計51,0007m3あることが確認されたので県に報告し、折返し県から緊急給水対策の指令を受領、給水本部を関屋浄水所におき、西新潟の南部は青山浄水所、西部は関屋浄水所、東新潟は鳥屋野浄水所から給水することに決定、各種の機械器具調達を図つた。災害救助法は、飲料水の供給をこう説明する。
 「災害の発生は、水道、井戸等の給水施設を破壊し、あるいは飲料水を汚染させることが多い。従つて本制度は災害のため飲料水が枯渇し又は汚染し、現に飲料に適する水を得ることが出来ない者に対し、最少限度必要な量の飲料水を供給し、これを保護することを目的とし、大人が1日に摂取する水の量は、体格、体質によつて異なるが最大限おおむね3lである。これは飲料水と炊事用の水を合計したものである」と。県と市はこの法令を基礎として飲料水の供給について次のように具体的な計画をたてた。
①飲料水の供給総戸数55,000戸(内東新潟27,000戸、西新潟28,000戸)を対象とする。
②給水量は前記災害救助法の関係もあるが、取りあえず1戸当り(バケツー杯18l)を配給することとする。
③給水車がないのでドラム缶(180l入)を用い一定区域で給水する。そのため輸送用トラツクを調達する。なおトラツクの上乗人夫は1台に2名の割合とする。ドラム缶には消防ポンプで汲上げを行なう。
④所要機械機器の調達トラツク100台、ドラム缶2,000本、消防自動車3台
⑤配置計画 鳥屋野浄水所—トラツク50台、ドラム缶1,000本、人員100人、消防車1台
      関屋浄水所—トラツク30台、ドラム缶600本、人員60人、消防車1台
      青山浄水所—トラツク20台、ドラム缶400本、人員40人、消防車1台
⑥その他(ア)輸送路の交通情報把握(イ)優先輸送の手配(ウ)輸送車表示の方法(エ)上乗人夫は県職員、市職員各100名を動員してこれに当らせる。
 このようにして緊急給水作業の手配は手際よく進められたが、何分にも交通、通信の途絶等のため関係各所の連絡はすべて徒歩という悪条件であり、機械機器を集結して給水作業の第1陣が関屋浄水場を出発したのは、夜9時頃であった。まちかまえた市民は、暗黒のなかに水を求めバケツやヤカンを手に給水トラツクに群をなした。このようにして夜を徹してのピストン輸送で給水を続けたが、運転手や上乗り人夫の疲労が激しくなり、翌午前3時半頃一応給水を打切り、夜の明けるまで休息することにした。17日から給水作業は全面的に市が行なうことになり、前夜ラジオでの呼びかけや会社の指示で、新潟運輸建設株式会社や日本通運株式会社新潟支店等の所属トラツクが朝もやをついて続々各浄水所へ集結し、6時頃から再び給水作業が始められた。また新潟市の悲報を聞き、近隣市町村からも応援給水車が続々到着して給水作業に加わつた。
 またこの日政府を代表して来県した赤沢自治大臣に、県の対策本部は給水タンク100台を要請した。
 その頃東京都、大阪府、横浜市、名古屋市、川崎市からは47台の給水車が現地を出発しておつた。市が県を通じ国の応援を求めたことに対しては、翌18日に、関東地方建設局・中部地方建設局・近畿地方建設局及びその傘下の各工事事務所等から給水応援隊の出発が通知された。またこの日から浄水装置を有する自衛隊の給水作業が本格的に始まつた。このようにして日を経るに従い、給水体制は整えられたのであるが、水を求める市民の声は募るばかりである。始めは飲料水だけでこと足りていたが、日がたつに従い洗濯もしなければならないし、体も洗いたいと云うことで給水量はぐんぐん上昇し、市民への均等給水は困難を極めた。なかでも山ノ下・入舟地区など湛水地帯の孤立した世帯の給水は困難を極めたが、19日浜茶屋組合からボート41隻を借り受け、ポリ袋を購入、ポリ袋につめた水を配給したり、ポリバケツを購入町内単位の貸付を行ない飲料水給与を行なつた。これら浸水地帯への給水は主に自衛隊が当つた。また被災地が飲料水に困つている事が報ぜられるや、来援者の大多数の人達は、飲料水を持参し、地元の負担を軽くすることに努めたことや、飲料水を缶詰にして救援物資として送り届けたり、近接地帯からは酒しこみ用の樽に水を満たし、自分の自動車で被災地へ運ぶ暖かい好意と、悪路と戦い黙々と水を輸送し続けた関係各機関の給水作業員の献身的な努力により、市民の飲料水はかろうじて確保できたのである。
 災害救助法による給水期間は災害発生の日から6日であつたが、湛水の長期化と、7月集中豪雨による復旧作業の遅延のため、厚生大臣に特別基準を申請し、復旧作業とあいまつて最終7月30日まで緊急給水を行なつたのである。
 これら給水活動の大規模な応援は地方行政機関としてもあまり例のない事であつた。また県外都市からの応援は、災害対策基本法第68条により、市長が新潟県知事に対し応援を求め、知事から東京・大阪・神奈川・埼玉・兵庫・愛知の各都府県知事に応援を求めたことに対し、これら都府県から(III—4.4表3)の通りの応援を得た。
 また県内市町からは市長の応援要求に基づいて給水車、職員の派遣を得た。これら応援のうち、県外都市の東京都・横浜市・川崎市・埼玉県南水道企業庁と県内の五泉・加茂・見附・小千谷・新発田・両津の各市は、それぞれ自主的な応援をした。その外地方行政機関を始め県外都市の大阪・神戸・名古屋・富山の各都市及び県内の三条・新津・十日町・豊栄・亀田・小須戸・水原・村松の各市町は、災害対策基本法による応援要請に基づくものである。
 なお市街地には、日常の使い水を井戸やポンプで賄つていた家庭があつた。これらは地震後早速水質検査を行ない、飲料に適する処は一般に解放してもらつたが、ここにも水を求める人達が終日絶えることがなかつた。また近郊地区では、簡易水道で飲料水を求めていた地区が63か所もあつた。地震とともにこれら施設は26か所も被災したが、早速補修が加えられ使用出来たため、少ない給水車を農村地帯へ配車することの必要がなかつたことは幸であつた。
III—4.5生活必需品の給与
(1)日用品の支給
 災害が発生すると、各方面から続々救援物資が寄せられ、配分もいち早く始められた。一方、災害救助法による日用品については早急支給するよう検討したが、浸水地域が広範囲なため被災実体の把握に時日を要し、作業に取りかかれなかつたので、6月21日厚生大臣に対し、支給期限の延長を申請し、被災状況の概略がまとまつた26日、次の配分計画をたてた。
①品目は、被災の実態から現在必要とされているもののうち最少限にしぼり次の通りとする。
 毛布、シヤツ、バケツ、タオル、石鹸、ズボン下、ちり紙、鍋、ズボン
②配分は、支所区域と学校区単位とする。
支所区域 内野、曾野木、両川、濁川、南浜、大江山  計6か所
学校区  東新潟……桃山小学校、山ノ下小学校、藤見中学校、長嶺小学校、万代小学校、沼垂小学校  計6か所
     西新潟……豊照小学校、関屋小学校、鏡渕小学校、白山小学校、大畑小学校  計5か所
     仮設住宅……西船見、下山、平和町  計3か所
     避難所……日赤センター避難所  計1か所
③通知は、各町内会長、自治会長を通じ各世帯へ行なう。
以上の決定とともに被害状況による推算により、業者へ物資の調達を依頼した。日用品等は市内の小林、大和両デパート等の協力により即刻調達出来たが、毛布については手持ちがなかつたので、業者を通じ遠く関西方面から搬入し、配分は監査委員事務局で責任をもち、調査班、(市民税 資産税課員)が当り、7月8日から前述の配給所で出張配付した。物資を受領する人達は、避難所或いは、親類知己の避難先等からも続々とつめかけ、支給日に予定の90%を配分、残りは逐次整理し、最終日の10日には次表の通り配分を完了した。
<特別基準の申請>
 東新潟地区の重油に汚染された床上浸水地帯では、水が引いても汚染が甚しく、居住ができない状態で、日常生活に支障を来たしたので、特に厚生大臣に洗剤「ネオス」を申請、その配付の許可を得た。「ネオス」は、新潟で調達出来ず、県外からトラツクにより輸送したが、その数960缶(18l入)それを各町内会長・自治会長を通じ該当世帯に配付した。市民は重油でべつとり染まつた家の中や家具等を少ない水を使つて一生懸命に洗い落した。
III—4.6医療及び助産
 災害のため医療機関が混乱し、罹災地の住民が医療助産の途を失つたような場合、そのまま放置することは許されないので、応急的に医療を施し、罹災者を保護することになる。この救護は、原則として救護班によつて行なわれることになつている。新潟地震発生直後、日赤県支部は、医療救護班を編成し、巡回救護班として傷病者の医療救護に当つた。その他県外から派遣された救護班もこれに合流し、各避難所を中心として傷病者の医療救護に活躍したのである。
 県は18日に県医師会市医師会に対しても救護班の編成を要請した。要請を受けた両医師会は早速救護班を編成し、19日から巡回救護班として傷病者の医療救護に加わつたのであるが、何分にも湛水地帯が広く交通も通信も思うにまかせぬという状況下では、その活動に限界があり、応急措置を必要とする被災傷病者に必ずしも十分な医療救護は望むべくもなかつた。そのため県では、災害救助法による医療救護の期間内(6月29日まで)は医療費を負担することとし、地震に起因する傷病のため応急措置を施す必要のある患者は、最寄りの医院・診療所・病院に於て受診するよう避難所に掲示する一方、各報道機関を通じ一般に広報することにした。しかしそれはあくまで地震に起因する傷病だけに限定されるので、診療の際患者から事情を詳しく聴取し、カルテに記録するよう医師会を通じ各医療機関へ依頼した。そのため被災傷病者は、最寄りの医院・診療所・病院に於て診療を受けた。
 医養費精算に当つてはすべて市で行なうことにしたが、当該医療機関から第1回目4,854件の請求が出されたので、その詳細を新潟市国民健康保険診療報酬審査委員会に図り、内容を審査しその後追加請求を含め4,897件590万円余の金額を各医療機関へ支払した。
III—4.7住宅の応急修理
 緊急住宅対策としては、仮設住宅の建築や住宅建築融資枠の拡大などを図つたが、前記仮設住宅入居者は、全焼全壊世帯に限られたため、避難所収容者のなかには住宅が半壊し自己の力で家屋を補修する事が出来ず、家に帰れない人達がいた。そこで最少限居住に困らないようにするため、市はこれらの人達や親類知己に身を寄せている罹災者を対象として、住宅の応急修理を実施するための窓口を設け該当者に呼びかける一方、申出のあつた世帯について生活保護世帯被害の調査と突合せを行ない、該当者把握に努めた結果600戸の調査を完了した。
 ところで応急修理を実施するための業者確保について困難な事態に当面した。すなわち地震被害が全市に渡つたため、資力のある家庭ではいち早く手蔓を頼り、大工を頼み家屋の補修を行なつていたため、市内では業者の確保が出来ない。しかし災害救助法による応急修理は、その期限が限られているため大工が確保出来るまで待つ事が出来ない。市は市建築組合に依頼し東西両新潟に分けて契約し前記600戸の住宅応急修理を行なう事にした。市建築組合は、傘下の大工に協力を求めたのであるが、何分にも前述のような状況で業者の確保が思わしくなく、県建築組合連合会を通じ県内各地区建築業者の応援を求める一方、会津若松市から多数の業者の応援を得て、8月10日までに該当戸数のうち、一部辞退を除いた547戸の修理を完了したのである。
 応援にかけつけた業者は、震災地の不自由な生活にもかかわらず献身的な働きをして、応急修理を行ない、被災家庭から深く感謝された。
III—4.8学用品の給与
地震発生とともに教育委員会では、学校被害の甚大なのに鑑み、17日から20日まで臨時休校を行う一方、学校被害を調査し、応急教育確保のため種々対策をたてた。地震発生時児童の大多数は、ほとんど学校にいたので教科書や学用品は当日の授業分だけもつて、家においた分はほとんど焼失や浸水のため使用に耐えなくなつたと思われたが、何分にも被災実態の把握が困難なため、22日(月)学校再開をまつて各学校長を通じて被災児童の調査をした。その結果27日には、小学生12,267名、中学生7,440名の被災児童が判明したので、教科書は県教科書供給所、教材は県図書教材販売協会の協力により必要部数の確保を図つた。学用品については、市内業者の手を通じ、救助法に定められた規定額の範囲内で必要量を確保、教科書とともに被災児童の親権者に渡した。
救助法による支給額
 小学生 全焼、全壊315円半焼、半壊、床上浸水105円
 中学生 全焼、全壊360円半焼、半壊、床上浸水120円
III—4.9輸送及び人夫
(1)応急救助のための輸送
 応急救助は極めて緊急を要するものであり、救助の措置の適否は直接人命に関係するものが多い。従つて災害救助法では、救助の実施に必要な人員及び物資を、迅速かつ円滑に輸送あるいは分配し、応急救助活動の万全を期すべき事が規定せられている。
 市は応急救助のための給水・炊出し・救援物資等の輸送にあたり、その所有する車輌を総動員して任務に当らせたが、また業者に協力を求め、6月17日夕刻からは車輌の調達はすべて企画情報班で掌握し、給水車は別として、応援車輌を同班に統轄させた。このようにしてこの日から炊出しの運搬・救援物資の受領配分について使用した借上車輌数は(III—4.9表1)の通りであつた。これら輸送にはこのほかに応援車輌や自衛隊の応援も加わつて、困難な事情を克服してその任務の遂行に当つた。
(2)応急救助のための人夫
 応急救助は急迫した事態における罹災者の救助であるから、なによりも迅速な措置が必要であり、市吏員の労力だけでは十分その効果を挙げる事は困難である。そこで市では避難所勤務の夜警と給水作業には臨時傭人を使用して援助業務の円滑化を図つた。元来避難所は収容されている人達が自主的に維持管理に当るのがたて前であるが、日赤センター避難所は北鮮帰還者収容施設を臨時に借用したという特殊な事情にあるので、特に夜間警備員を置く必要があつた。また給水作業については各方面より絶大な支援を得たが、浄水所から給水車への水の積込み作業は特殊作業なので、必要上止むを得ないものとして、臨時傭人を使用する事になつたものである。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1533px
  • 高さ:1697px
  • ファイルサイズ:605KB
表:III—4.1表1 災害救助法の適用について
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2337px
  • 高さ:1361px
  • ファイルサイズ:844.4KB
表:III—4.1表2 災害救助法適用特別基準と経費一覧表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1353px
  • 高さ:965px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:避難所風景
オリジナルサイズ画像
  • 幅:4598px
  • 高さ:3001px
  • ファイルサイズ:2.6MB
表:III—4.2表1 避難所別収容人員表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1348px
  • 高さ:936px
  • ファイルサイズ:1.4MB
写真 写真:仮設住宅の建設が急ピツチで進められた(新潟市西船見町)(新潟日報社提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2342px
  • 高さ:867px
  • ファイルサイズ:327.9KB
表:III—4.3表1 応急仮設住宅入居申込及び入居状況表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1361px
  • 高さ:965px
  • ファイルサイズ:1.3MB
表:III—4.3表2 応急仮設住宅入居者選考委員会委員氏名
オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
写真 写真:炊出し風景
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1356px
  • 高さ:948px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:海上保安庁の巡視船が乾パンや缶詰を満載して入港した。(新潟日報社提供)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:4680px
  • 高さ:2960px
  • ファイルサイズ:1.9MB
表:III—4.4表1 炊出し支給実績表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1353px
  • 高さ:957px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:鳥屋野浄水所に集結した給水救援隊
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1368px
  • 高さ:936px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:神戸市救援の給水車に長蛇の列の市民
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2360px
  • 高さ:3120px
  • ファイルサイズ:1.4MB
表:III—4.4表1 市内緊急給水実施状況
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2376px
  • 高さ:576px
  • ファイルサイズ:316.4KB
表:III—4.4表2 建設省地方建設局の応援
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2376px
  • 高さ:1216px
  • ファイルサイズ:481KB
表:III—4.4表3 県外からの給水応援活動状況調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2296px
  • 高さ:800px
  • ファイルサイズ:324.5KB
表:III—4.4表4 県内よりの給水応援状況調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2312px
  • 高さ:1240px
  • ファイルサイズ:604.9KB
表:III—4.5表1 生活必需品給与状況
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2304px
  • 高さ:652px
  • ファイルサイズ:302.4KB
表:III—4.6表1 災害医療費請求及び支払状況
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2320px
  • 高さ:544px
  • ファイルサイズ:203.1KB
表:III—4.7表1 住宅応急修理実施状況
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2320px
  • 高さ:1576px
  • ファイルサイズ:577.3KB
表:III—4.8表1 教科書支給数及び金額
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2288px
  • 高さ:984px
  • ファイルサイズ:441KB
表:III—4.8表2 学用品支給数及び金額
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2336px
  • 高さ:992px
  • ファイルサイズ:475.8KB
表:III—4.9表1 応急救援輸送用自動車借上げ状況
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2320px
  • 高さ:784px
  • ファイルサイズ:321.3KB
表:III—4.10表2 応急救援用人夫借上げ状況

第IV篇 本復旧と復興計画

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1356px
  • 高さ:954px
  • ファイルサイズ:1.1MB
写真 写真:本復旧工事中の万代橋
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1350px
  • 高さ:972px
  • ファイルサイズ:1.1MB
写真 写真:本復旧工事の竣工した万代橋

第1章 本復旧の状況

Array 日本海側随一の臨海工業都市新潟市は、昭和26年頃より海岸決壊に悩まされ、昭和30年には新潟大火、その後地盤沈下と打続く災害にもめげず、新しい都市造りに関係方面の協力を得て着々と成果を挙げてきたが、突如として来襲した新潟地震の被害は、世界にその例を見ない異常なもので、流砂現象のしわざと解明され、軟弱地盤に立地する臨海工業都市には、今後も似た災害が起り得るという教訓を得た事は前述した処である。
 その本復旧は過去のどの災害にもみられない非常なスピードを以て完成したことは、日本経済の驚異的発展を背景とし、国・県を始め、関係各機関並びに一般の方々の救援救護と復旧へのご協力の賜物であると共に、災禍に負けずに頑張った罹災市民の復興に対する意欲によるものであつた。
IV—1.1建設関係の本復旧
IV—1.1.1道路の本復旧
(1)国道の本復旧
 道路は応急復旧(III—6.6.1参照)終了後、本復旧に着手したが、未曾有の災害復旧作業を円滑化するためには、人力・資材・機械等を運搬する根幹道路の復旧が優先されなければならなかつた。
 特に県内各都市及び東北・関東・北陸経済圏を結ぶ一級国道である7号線・8号線・49号線は、今次震災復興の動脈的役割を有していたので、国はその管理する指定区間の道路の緊急復旧後、直ちに本復旧作業に着手したのである。いまその概要について国道工事々務所資料(建設省北陸地方建設局新潟国道工事事務所:新潟地震による国道の被災について(昭和39年11月)により記述して見よう。
 新潟地震による道路被害の特色は、道路の隆起・陥没・横すべり等と、沿道地域の地盤沈下・建築物の陥没・傾斜等であり、地震前に比してその様相の変化が著しく、復旧計画を樹てるに当り、これらの状況の的確な把握、構造物の被害の程度、地盤地質の状況等について綿密詳細な調査検討を必要とした。このため、コンサルタント等に測量設計を発注するとともに、地質・地盤支持力・舗装版及び路床路盤の被害状況等についての調査を実施した。
 なお道路の災害復旧設計及び工事の実施にあたつての主な問題点をあげると次のようになる。
①地盤変動(沈下陥没)に伴う道路の復旧計画高と、沿道の土地建物との調整は、市街地では大きな問題となつた。特に7号線海老ケ瀬地区においては、地震による地盤全体の沈下が甚しかつたため、その調整に苦心した。なお、この問題は道路の排水処理とも関連があり、これらの点を考慮し原形高に対し、縦断線形(路面高を決定する場合、道路の中心の高さを先に決める)を補正して設計々画高を決定した。
②市街地においては、地盤の横方向移動は比較的少なかつたが、擁壁・側溝のはらみ出し、或は逆に沿道建物の道路側へのおし出し現象が見られた。特に7号線海老ケ瀬地区では、道路の平面線形が沿道の土地・建物とともに大きく蛇行し、附近一帯の土地の変形は著しいものがあつた。このような場合、道路境界および道路法線の決定には、幾多の困難を伴つたが、沿道関係者の復旧工事にあわせて調整をとり、解決に努力した。
③地下埋設物の復旧工事の調整も大きな問題であつた。本地震は、上水道管・下水道管・電力線・電話線・ガス管・工業用水管等の地下埋設物にも大きな被害を与えたので、その復旧作業の実施にあたつては、施行時期・方法・順序等について関係者との調整を行なつた。更に在来の埋設物の位置の不明確と、地震による移動のため、これらの占用物体を再配列し、占用位置を指定して、今後の道路の管理を完全ならしめるため、関係者全員を集め調整を行なつた。
 地下埋設物については、当初共同溝の設置も検討したが、実現を見るに至らず、電話・電力・水道・ガス等の配管はなるべく歩道に埋設することにし、工事施行に際しては必要に応じ共同施工、或は工事の順序の調整を行なつたが、工事実施に当り思わざる障害物や、所属不明或は不用の埋設物等が出現し難行を重ね、道路復旧工事の進捗に及ぼす影響も大であつた。
④8号線の白山浦に於ける軌道については、高校生が自転車の車輪を軌道にとられ、トラツクにはねられて死亡する等の事故が発生しており、交通事故防止の見地から、かねがね地元住民から撤去の要請が出されていたので、復旧が本格的に着手されることになるや、地元から強い撤去運動が再燃し、本復旧着手後も幾多の運動が続けられたが、結局地元との話合がつき、一応工事を完成させるという場面もあつた。
⑤舗装道のうちアスフアルト舗装については、比較的被害状況は明確に把握出来たのであるが、コンクリート舗装道路については、その状況判定が困難なために特殊な調査を必要とした。
 このようにして緊急復旧工事終了後9月2日から本復旧工事に着手したが、災害復旧中に県内外から自動車の乗り入れが激しく交通止めをしての工事が困難なので、夜間工事を主体として行なうことにした。特にコンクリート道路は、各所に空隙を生じていることが確認され(IV—1.1図1)たので、これらの地域はすべて舗装打換えを行なうことにした。地震動により従来の路床も到る処損傷しているので、これらの地域はこの路床造りから始めた。なお上層路盤は、市街地の交通を確保しながらの施工のため、砕石路盤のアスフアルト安定処理工法を採用し、40年3月31日(一部繰越工事は40年11月25日)完成した。この間関係各機関の協力を得、昼夜を通じて懸命な努力が払われたのである。
(2)県道の本復旧
 2級国道(県で維持管理する国道)と県道も、地震により大きな被害を受け、新潟土木出張所管内で74か所を数え、なかでも被害が大きく交通の障害となつたのは、2級国道116号線と主要地方道新潟村上線である。その被災の詳細については(II—5.2)に記したが、これら路線はいずれも本市の動脈的役割を果す主要路線であり、救援・応急対策を推進する上にも欠くことができないため、地震発生直後から緊急復旧を行ない、交通を確保した。その後応急的な仮舗装も行ない、国の査定を受けるや本復旧のための設計、工事の発注と作業は休みなく続けられたが、その工程に於ても、国・市の道路復旧と同じく占用工事との調整、路面高・法線決定での利害の衝突等、難かしい問題が続出した。またこれら路線は交通の重要路線のため交通止めをして、工事のピツチをあげることができない路線もあり、工事は難行した。なかでも116号線の民家すべり出し地帯は、その移転促進を図りながらの工事であり、完成までには予想以上の日数が費やされたが、昭和41年9月までに一部工事を除いて完了することが出来た。
(3)市道の本復旧
 本市には総延長約1,274kmの市道があり、国県道の主要幹線に対し支線の役割を果し、交通緩和の一翼を荷なつていたのであるが、新潟地震により陥没・隆起・横すべり等をしたか所は387か所総延長120kmにも達し、復旧費も8.8億を超える大被害をうけた。
 地震発生後、市は復旧の根幹をなす道路を緊急に手当をするため係員を派遣、被災調査を実施し、翌17日からは被災した道路の緊急復旧に着手した。これは一時的に通行を確保することを目的として路面の凹凸を直すことから始め、7月3日までに被災の95%を完了した。そこでいよいよ本復旧に着手すべく準備中の処、7.7水害に見舞われたため、その着手の遅れを余儀なくされた。
 本復旧は早速行なうべきであつたが、国の査定後でないと財政補助の対照とならないため、7月10日からは、建設省の実地踏査が始まり、あわただしい被災地の中で、昼夜の別なく行なわれ、同15日本査定は完了した。
 本査定後はそれに基づいて、工事設計発注ということになるが、何分にも全市120kmの延長では、とても現員で処理出来ない。やむをえず、県を通じて長野・石川・愛知等の県から技術者の応援を得、設計書作りを行ない、順次業者に工事委託を行なつていつた。
 実際工事を施行する段になると、国県道よりなお条件の悪い面が出て来た。それは市道に縦横にはりめぐらしてある地下埋設物の本復旧と、道路の本復旧との競合や、地震で横すべりして蛇行状となつた道路境界設定にあたつての、民有地境界との法線決定、道路に面した民有地の陥没による側溝工事と路面高の調整等で、数え挙げればきりのない程の問題が生じて来た。占用工事との競合は、関係者で調整会議をもち、重復を避けることで一応処理出来たものの、地元住民との折衝には、幾多の困難があつた。路面高や法線決定をするには利害がからみ、調整がつかない。また側溝底を決定するに当つては、陥没している民家に底辺を合せては全体の工事が出来ない。一方工期は限られている。そのため係員はその調整に連日東奔西走し、困難を克服しながら施行した。このように問題点のある道路工事ではあつたが、地震復旧は2年で完成させると云う大原則にたち、業者を督励しながら、昭和39年度には38路線、昭和40年度には56kmの本復旧を完成した。地下埋設工事と市内の交通体係の関係から、工事に着手出きない一部を、昭和41年度に繰り越しはしたものの、それ以外はすべて完成したのである。なお残された路線は、地下埋設工事が完成するや逐次工事に着手、11月頃にはすべて完了する予定となつている。最後に市道のうちでも、幹線市道の役割を果している都市計画1・3・13号線(通称市道東港線)の一部の工事に当つて、建設省に夜間工事地帯としての指定を申請認可を得、市道では始めての夜間工事を行ない、市内交通緩和に大いに役立つたことは特筆に値しよう。
 このようにして、総延長120kmの市道も総額8.8億余円の経費をもつて工事を完了することが出来たが、本復旧に当つては激甚法の適用をうけて高率補助を得、地震前に比して見違える程の復興ぶりを見せたのである。
IV—1.1.2橋梁の本復旧
(1)万代橋の本復旧
 地震当時の万代橋は、大正14年総工事240万円をもつて、永久橋に架替えに着手し昭和4年8月23日竣工、以来35年間本市発展の原動力として、東西両新潟を結ぶ重要な役割を果して来た。この工事は当時としては最も新しい潜凾式工法(橋脚)を採用し、将来の維持管理を考え鉄筋コンクリート造りのアーチ型としたことが伝えられている。このように巨費を投じ、当時の工法の粋を集めて造られた橋であればこそ、昭和大橋落橋・八千代橋また交通不能と云う憂き目にあつたにも関わらず、表面的には左程の損害もなく、東西新潟の交通確保の唯一の橋となり、救援・応急復旧作業に大きな貢献をなしたのである。若しこの万代橋が落橋したならばと思うと慄然たる思いである。しかし強烈な地震の前には、如何に頑強に造られた万代橋と云えども無傷ではなかつた。地震発生後、国では早速被害の実体を調査し、万代橋の危険を察して緊急措置(III—6.6.2)を施こし、辛じて交通を確保した状態であつた。万代橋の本復旧は、その後色々の面から検討された。痛んでいる橋台を現在のまま補強して使用するか、架替えることにするかがまず問題となつたが、検討の結果、補強する適当な工法がないということで、結局架替えることに決定した。なお架替えする場合、現橋台の利用又は解体のいずれも困難なため、新しい橋台を現橋台の前に設置する短スパン案を採用した。また新設の側径間はボツクスラーメン案とした。
 工事施行に当つては、万代橋上の交通量は1日平均4万台の激しさで、昭和大橋の復旧工事が完了しても、強い交通規制がなければ大幅な交通量の転換は期待出来ない現状のため、万代橋側径間架替工事中でも、交通を確保することとし、左右両側の上下流に、現万代橋と平行して仮橋を設置することにした。その幅員は、歩道1.5m車道7mとし、橋長は側径間とそれに続く第2径間をさけるため、77mとし、左右仮橋の中間は現橋を利用するようにした。このように仮橋に巨費を投じ車輌の交通確保を図りながらの橋梁復旧工事は、全国でもあまり例を見ないことであつた。このようにして、仮橋完成をまつて本格的な作業が開始された。
 この作業は、年末のあわただしいなかを、まず旧橋台部分上部のコンクリート舗装をはぎ、鉄筋を切断して大穴をあけ、沈下した橋板の解体工事が進められた。工事のドリルは、信濃川面いつぱいに響き渡り、復興途上にある本市民に大きな力を与えた。昭和初期、物価の安い時代に総工費240万円もかけて造られただけあつて、セメントの厚さ、鉄筋の使用量は、現在の工事には見られない程であつた。旧橋板の解体工事後新橋台を建設する作業も休みなく続けられ、地震発生以来1年4か月を経た40年10月21日には仮橋の撤去も終り、総工費34,800余万円をかけた万代橋の本復旧が終つた。この本復旧に当り、今後益々重要な交通の役割を果す橋になるため、歩道部分をつめ、車道の幅員を拡げることが提案されたりしたが、結局歩車道を若干せばめ、自転車・リヤカーの専用路を設け、交通の円滑化と事故防止を図り、新しい都市造りにあつた改良復旧を行なつた。
(2)昭和大橋等の本復旧
 新潟地震の3大被害の1つである昭和大橋の落橋は、地震被害の激甚さを物語るものとして永久に語り伝えられるであろう。昭和橋はもと木橋であつたが、東西新潟を結ぶ万代橋とともに交通の要衝であり、早くから永久橋に架替えることが要望されていた。しかるに昭和39年に第19回新潟国体を迎えることが決すると、その主会場の近くになることが明らかになり、これを機会に永久橋に架替えるため、総工費3億3,600万円を投じ、昭和36年工事に着手、同39年6月初めに完成した。この永久橋は昭和大橋と名付けられ、近代的な橋梁として市民の目を見張らせていた。特に朱塗りの欄干、親柱上の国体聖火台模型は、全国から馳せ参じた国体選手の胸に、その華麗な姿を焼きつけていた。しかしこの橋は地震発生とともに落橋し、見るも無惨な姿を露呈した。(II—5.3)県では交通上の重要性にかんがみ、一日も放置することができないとして種々復旧策を検討し、6月30日工事に着手した。そして地震発生後1か月半を経過した8月初めから、本格的な復旧を始めた。落下した540屯の橋げたは、縦に3ツに切断して、200屯を宙づりにする起重機船で揚陸された。水没した橋脚は潜水夫を使い探索し、傾斜した橋脚は立直しを行ない、補強工事を施して、その上に、取りはずされていた橋げたを再び乗せる作業が休みなく続けられ、本格的工事に着手してから4か月を経た同年12月4日一応の完成を見て、交通緩和に大きな貢献をした。なお完全復旧のためには、東側5本目までの橋脚の補強が必要であるが、これには交通止めを行なわねばならないので、万代橋の本復旧後着工することとなり、昭和41年度で完成すべく準備中である。
 その他の橋梁の復旧は、落橋した松浜橋を始め各橋とも昭和39年度にその復旧がほとんど終ることができた。
(3)八千代橋の本復旧
 八千代橋は7月3日に応急復旧を終え、車輌の通行止めを解除したため、市内の震災復興は急ピツチに進められ、県内外から多数の自動車の乗り入れが激しくなり、復旧資材を満載した大型トラツクは八千代橋・万代橋を渡り西新潟へ陸続と続いた。
 八千代橋は応急復旧に続いて、一刻も早く本復旧に着手することが要望されていたが、市内の交通事情はこれを許さない状態であつた。そのため市は暫らく着工をまち、昭和大橋の開通後直ちに八千代橋の本復旧工事に着手することに決定した。昭和大橋は12月4日に開通したが、時期は物資流通の最も激しい年末で、かつ震災復旧工事も一段と急ピッチをあげていた頃であつたので、市は12月中は交通を確保しながら工事を進行させ、40年1月3日から交通止めを行なつて、全面的に本復旧工事に着手した。
 本復旧に当つて留意された点は次の通りである。八千代橋は将来幅員を拡げる予定で橋脚を造つていたので、本復旧を契機に従来の有効幅員8mから歩車道の区画をして13.5mに拡幅し、このうち歩道部分は片方2.25mづつで4.5m車道部分は9mとした。また陸上にある橋脚1P、13Pは、これを廃止することにし、被害の一番大きかつた2P並びに12Pは全部取り壊して新らたに橋脚を打ち直した。河川部にある4Pから11Pまでは被害が比較的少なかつたため、基礎を補強するにとどめた。その際橋脚部分周囲に18本の鋼管(口径500㎜延長23m~25m)を打ち込み、この中ヘコンクリートをつめ周囲を固めた。特に今次震災により地盤被害が注目されたため、本復旧に当つては地質調査を行ない、N値を調査し、N値30~38の地盤に基礎杭を打ち込み、それぞれの地耐力にあつた支持力が得られるようにした。
 このようにして1月5日本格工事着工以来263日目の9月25日に喜びの開通を見たのである。そしてこれにより東西を結ぶ三橋は一応確保出来、その後の復興推進の大きな原動力となつたのである。
(4)その他橋梁の本復旧
 列車の入替作業中その上に落下した東跨線橋を始めとして、市の施設である橋梁はすべて大なり小なりの被害を受けたので、一時的な応急措置を施し交通を確保していたが、国の査定をまつて本復旧に着手した。
 工事は、昭和39年度と昭和40年度に別けて行なわれた。これら橋梁は、いずれも取付道路の陥没、橋脚の補強、橋台の取替などの工事であつたが(IV—1表5)のように20橋とも昭和40年度中にすべて完成し市内交通確保の役割を果している。
IV—1.1.3港湾の本復旧
<西港の本復旧>
 港として成立し港と共に発展して来た新潟市にとつては港湾はその心臓部である。年間荷役465万屯(昭和38年度)繋留能力30バースを有する新潟港(西港)は、日本海側随一の港湾として栄えて来たが、地震によりその港湾施設は壊滅的被害を受けた。国と県では、被災後直ちに復旧について検討し、港湾機能の保持並びに民生安定を目標に、次の方針をたて、出来るだけ速やかに復旧を図ることにした。復旧方針としては①原則として現位置に復旧する。②港湾海岸施設のうち基本施設については2か年で復旧を完成する。③耐震性と防潮機能を十分考慮した施設とする。④港湾機能を保持し、都市防災の万全を期するため、背後低地帯の地盤嵩上げを行なう。⑤上屋・倉庫・荷役機械・臨港交通施設等についても、上記港湾施設と並行して早急に復旧する。⑥新潟地震に関して関係者と緊密な連絡をとり、根本的な調査をすみやかに実施する。
 以上の基本方針に基づき国では、万代橋下流の港湾護岸、岸壁、海岸の一部を昭和39年度予算を以て実施することとなり、県へ通知して来た。直轄事業費、19億6,900万円で、北埠頭、東埠頭、南埠頭、水産物物揚場、西突堤付け根護岸の復旧工事を実施し、補助事業費、22億6,600万円で万代橋下流の信濃川左右護岸、および山ノ下護岸、臨港海岸、飛行場前面海岸の各護岸、万代島岸壁の一部、万代島石油桟橋、信濃川の航路浚渫を施行した。
 また中央導流堤、中央埠頭、万代島の残りか所は、40年度事業として6月28日から本査定を実施し、工事は、それぞれ六工区に別け、鋼矢板工法とした。なかでも信濃川左岸は、物揚場護岸の復旧を行なうとともに、地震により弛緩した土質を改良するため、土砂置換工事を行ない、物揚場部分のコンクリート舗装(厚さ20cm)の工事を完了した。
 なお西港被害の甚大なことは(II—5.5)港湾の被害の項に述べたが、全国にその例を見ない私企業経営である新潟臨港海陸運送株式会社所有の臨港埠頭も徹底的な被害をうけ、自力復旧は到底至難であるとみられた。そこで、これを県に移管し、公費をもつて再建しようとの話合いも進められたが、結局会社の自力で復旧する事となつた。
(1)県営埠頭の本復旧
 既設の港湾構造物は、設計震度0.1~0.12程度で建設されていて、今度の地震でそのほとんどが被災したことに鑑み、本復旧では計画設計震度を0.2とすることにした。また堤体幅にゆとりを持たせることが流砂現象に耐えるためにも有効であり、あわせて港湾機能を保持し、都市防災の万全を期することが出来るという見地から、港湾区域は改良復旧に終始し、東京湾の中等潮位より2.5m高い天端高にした。
 また背後地は特別防災対策事業とし、その天端高にあわせるよう盛土を行なつた。この工事には、昭和39年度、昭和40年度の2か年で、総量884,959m3の土が投入され、昭和41年3月には一部工事を除いて完了した。そのため従来の地沈対策において、水際だけが嵩上げにつぐ嵩上げで、岸壁だけが高く、倉庫群は水面よりも低いという異様な港風景は、すつかり姿を消したのである。
 工事に当つては、まず比較的被害の少なかつた山ノ下埠頭、中央埠頭の応急工事を行ない、これを活用しながら北埠頭、東埠頭、南埠頭、万代島水産物物揚場、西護岸物揚場の本復旧に着手する方法をとり、その大半を昭和39年度内に竣工させ、引続いて昭和40年度に中央埠頭の、接岸施設を完成した。以下代表的な復旧工法について第一港湾建設局の資料により記述する。
<①北埠頭岸壁>
 北埠頭の復旧か所は、延長427.13mに及んだ。この地は、水深7.5m~9.5mもあるので、鋼矢板は長さ22mのものを打込み、控え杭は、鋼管杭(口径508.5m/m×9.5m/m 長さ17m)を3列の千鳥打ちとし、上部を1m厚の鉄筋コンクリートで鋼結した。控え杭の打込みには、旧構造と上屋基礎との間で杭の打込可能な位置をえらび矢板前面のヘドロは、深さ13mまで良質砂と置換え、矢板背後の埋土も良質砂を用い、パイプロフローテイシヨン工法により、十分締め固めた。
<②中央埠頭岸壁>
 この北側岸壁(延長293.9m、水深9.5m)は、上屋が破壊されずに残り、控え杭の打込みペースの確保が困難なので、棚式構造とした。しかし棚杭は、旧構造の背後には、1列しか打てないので、止むを得ず旧構造前面に2列打つことにした。構造は、鋼矢板(N型長さ19.5m)鋼管杭(口径711m/m×長さ16m)前2列長さ21m、後1列18.5mを使用し、鋼矢板と鋼管杭の間は、溝型及び山型鋼でつないだ。また矢板前面のヘドロは深さ11mまで置換え、矢板背後は、パイプロフローテイシヨンエ法を施行し、法線の前進は、前2列の杭が打ているだけにとどめたが、旧法線より約5m前面となつた。
 このようにして、本復旧工事は急ピッチに進められ、矢板や、コンクリートの打込みなど建設機械はうなりをあげ、復旧は夜を日についで行なわれ、地震発生直後は見る影もなかった被災前のそれを大きく上廻る程になつた。
(2)臨港埠頭の本復旧(本項資料:新潟臨港海陸運送株式会社:新潟地震港湾被害報告)
 地震被災後新潟臨港海陸運送株式会社では、逸速く会社内に復興対策本部を設け、復旧費確保のため社長が先頭に立ち、関係方面へ精力的な接衝を行なつた結果、東北開発公庫からの融資や、市中金融機関の協力により、復旧総額25億円確保の見通しがたつに至つた。
 そのため、比較的被害の少ないD埠頭を使用しながら、最も被害の大きかつたA埠頭から、国で決めた工法(鋼矢板工法)により、昭和39年7月1日から本復旧作業に着手したのである。復旧作業工程は、県営埠頭に準じて行なわれたが、復旧が進むにっれ、B・C・D埠頭とその範囲を拡げていつた。
 主な工事内容は、鋼矢板の打込み、ヘドロの置換え、天端高2.5mの背後地に総量70万m3の土を投入した港湾地帯一帯の嵩上げ工事、鉄道引込み、営業線の1.5m嵩上げ等で、このため、従来の港湾風景を一変させる程になつたが、この復旧作業にあたり改良復旧や防災面に留意するだけでなく、A埠頭に於ては、従来の荷役能力150屯(1時間)クレーン3基に加え、新たに1時間250屯の能力をもつ大型クレーン2基も新設した。また、地震前7.8rn位に過ぎなかつたA・B・C埠頭の水深を11mに浚渫し、これらの埠頭には、常時40,000屯級の船が接岸出来るようにした。
 このようにして、着工以来1年7か月にわたり、復旧の槌音高く建設符がかなでられ、昭和41年5月12日喜びの竣工を見た。港の面目は一新され、その機能は3倍に増加し、年間1,000万屯の荷物を取扱う事が出来る港湾施設が完成した。
IV—1.1.4河川の本復旧
(1)旧信濃川(万代橋~塩ノ橋)間の復旧
 新潟市街部左右両岸の護岸は、昭和初期の信濃川河状整理工事で施工されたものであるが、今回の地震により万代橋~塩ノ橋間約4kmはほぼ全長にわたつて沈下し、横転・滑動を起こして、津波はこれら損壊護岸を越えて市街地に浸水し、大災害をもたらした。
 このため緊急工事として、左岸3,283m右岸1,190mにわたり高さT.P+2.1m、天端幅7mの土俵積みが6月21日に完成した。これに要した土俵は、16万6千俵、盛土量は40万m3で、金額にして約5,200万円にのぼつた。被災の原因は、激しい震動による護岸の破壊であるが、この破壊を助長したものは軟弱地盤という地質条件によることが大きかつた。したがつて災害の復旧工法の決定に当つては、発生した津波高を基準として堤防高を決め、また工法については設計震度0.2内部摩擦角30°を条件として設計し、長さ12mの鋼矢板を打ち、最多水位に鋼矢板を基礎としたコンクリート壁を設け、背後に天端幅5mの築堤をした。また高さについては験潮儀記録のT.P+1.8mを基準とし、当時の推算潮位約0.4mを控除した1.4mを津波高として、それに朔望平均満潮T.P+0.5mを加え、それに余裕高0.3mを加えた高さT.P+2.2mを堤防高とした。なお災害復旧の計画延長は左岸4,000m、右岸3,972mで、工事費133,400万円を以て昭和39年度で完成した。
(2)旧加治川の復旧
 今回の地震により新井郷川合流点より上流5.1kmから14.3kmの区間の9.2km間は、ほとんど全川にわたつて堤防の沈下・陥没・亀裂・滑動等の被害を生じ、平水時でも溢流浸水するという無堤地と化した。被災前の流下能力に復旧すべく、築堤工事及び根止め矢板工事を総事業費20,200万で復旧することとし、このうち昭和39年度で48%、残りを昭和40年度で完成した。
(3)通船川、新栗の木川、旧栗の木川の復旧(この項の資料—新潟県:新潟県復興計画)
 東新潟地区の通船川、新旧栗の木川は地震により大被害を受け、陥没・亀裂・沈下・外水浸入のため、甚大な被害を蒙つた処であるが、その応急締切り後は、直ちに本復旧に着手する筈の処、東新潟総合河川対策との関連で、新栗の木の堤防は一部応急復旧だけに止め、その他について本復旧に着手し、昭和39年度でその工事を完了した。その復旧費は次の通り。
   旧栗の木川 5か所 3,964m 259,000千円
   新栗の木川 5か所 4,551m 309,000千円
   通船川   5か所 13,533m 683,000千円
IV—1.1.5住宅の本復旧
 百万都市を目ざし発展を続けて来た本市は、地震前から住宅不足現象が現われていたが、地震によりその数は大巾に増加した。地震復興の早期実現は、関係各機関の強力なる援助を要することは勿論であるが、その活力を培養する根元は明るい家庭環境の中から生まれる。そのため生活の根拠である住宅確保は、他に先行させなければならない。市は、地震発生後直ちに罹災者を入居させるため、応急仮設住宅の建築を県に要請、災害公営住宅の復旧、住宅金融公庫の融資額及び枠の拡大、その債務保証等、市民の復興に対する意欲にあわせて努力を重ねてきたが、さらに当面及び将来の住宅対策として、次の通り定め、その実施の推進を図つた。
(1)本市及びその周辺の広域的な土地利用計画に立脚した住宅対策を行なう。(2)住宅団地の造成に当つては、その大型化を図り、造成予定地についても砂丘地帯若しくは、地盤環境の良い地区を選定、造成する。(3)建築物の不燃高度化を図り、不良密集地帯の住宅は、保安衛生の面から危険または有害な状態にあるので、これらの改造をおし進めるとともに、市街化を予想される区域に対しては、宅地開発のため公営区画整理事業または組合施行の区画整理事業の推進を図る。(4)被災した一般住宅については、住宅金融公庫等の融資により復興を促進する。(5)住宅の計画的対策として、公営住宅の建設に併せて、平年次における住宅金融公庫を一般住宅需要者へ利用するよう啓蒙し、また住宅公団の特定分譲住宅、厚生年金保険積立還元融資住宅、雇用促進住宅、民間自力建設住宅等の建築促進をはかり住宅難の解消に対処する。
(ア)公営住宅の本復旧
 地震前本市の公営住宅管理戸数は、市営2,272戸、県営498戸計2,770戸であつたが、地震によつて市営137戸、県営174戸が全壊、その他市営167戸も大きな被害を受けた。これらの住宅復旧は、昭和40年度で終ることを原則として、取りあえず罹災者を入居させるめ、県市各300戸の住宅建設を昭和40年度に終了した。また被災した住宅の再建事業も、昭和39年度・昭和40年度でそれぞれ工事を完了した。(IV—1.5表1)なお昭和41年度に於て一般公営住宅26戸、公営建替住宅42戸、改良住宅24戸の建築を行ない住宅不足に対処しているが、昭和45年迄になお県市併せて1,600戸の建築を計画している。
(イ)一般住宅の建設
 公営住宅は、それぞれ事業主体で建替補修を行なつて来たが、地震のため、家屋を全焼全壊し居住の場を失つた世帯2,338世帯のうち944戸を県市の新築再建住宅に収容しただけで、残り1,394世帯については、各種の公的融資と民間自力資金での建築に頼るより外がなかつた。住宅金融公庫は、木造家屋を建築する場合42万円を限度として18年賦償還で融資をしていたが、これでは住宅建築の実情にあわないため、新潟地震を契機として、その額を58万円に、家屋補修は21万円を29万円に、移転整地は7万円から9万円にそれぞれ引きあげた。これらの公庫資金やその他公的融資資金及び自力資金により建築された家屋もある。市は、これらの被災家屋の再建に当つては、建築確認申請手数料の免除を行なつた。
 公営住宅再建に当り代表的な被災建築物である川岸町県営アパートは、その全部を経費約5,000万円かけてとりこわし、漁業振興と跡片付けの一石二鳥をかねて日本海(新潟沖)に沈め魚のアパートに転用した。
IV—1.1.6建築物の本復旧
 こんどの地震では、軟弱地盤地帯の建造物が傾斜し沈下するという異常な被害を受けた事については、しばしば前記した。木造建築物の本復旧については、住宅の本復旧の節で記述したので、ここでは主として鉄筋コンクリート建築物の本復旧につき記述する。
(ア)鉄筋ビルの建て起しについて
 地震発生当時、新潟市内には約1,530棟、このうち4階建以上のもの約150棟の鉄筋ビルがあつたが、そのうち約310棟が何等かの被害を受けた。その被害の特徴は、上部構造は殆んど被害がなく、専ら基礎構造が損傷を受け、ビルが傾斜・陥没したことであるが(II—4建築物の被害参照)、この傾斜ビルの復元について逸早く復元工事を施工したのは、市内万代町の新潟トルコセンターであつた。
 新潟トルコセンター(4階建延建坪920m2)では、日本建築学会や公共機関の建物診断を受けずに、6月下旬建築移転業者でビル復元に経験のある万和建設新潟現業所(本社大津市南別所)に復元工事を依頼した。傾斜ビルの姿勢を直す工法には、潜凾工法(沈める方法)と揚程工法(持ちあげる方法)とがあるが、このビルは揚程工法中の破截揚程工法を採用した。まずビルの上部構造と基礎構造とを切り離して、基礎部分だけ軽くなつた約2,000トンのビルの本体を50トンから30トンの油圧式ジヤツキ100台を使用して、平均1.5m持ち揚げた。その方法はまず基礎杭をコンクリートで補強して、その上にコンクリートブロツクを積重ね、本体を、補強した基礎部で本受けをし、各ブロツク積毎にジヤツキ2台づつ逆さに取付け、合計100台のジヤッキを同時に使用して持ち揚げを行ない、本受けをコンクリートでまいて補強し復元するものである。建築費3,000万円の傾斜ビルの場合、その取り壊わしに1,500万円を要するが、この建て起こしは1トン当り4,500円~5,000円程度の工費で済んだので、取り壊わすよりも少ない経費でトルコセンターは復元出来た訳である。工期も短かく、8月上旬には復元成つて喜びの開店を行なつた。
 だが多数のビル所有者の中には、傾斜したビルの復旧方法に見通しが立たず困惑した者もあつた。新潟市建築課では6月24日専門家と連絡を保ち、罹災建築物復旧診断斬を設置した。ついで同26日県庁内にも被災建築物復旧診断所が開設された。県はまた建設省を通じ、6月26日日本建築学会に被災ビルの復元について調査を依頼した。同学会は日本建築士会連合会、建設業協会等の協力を得て、8月24日より9月4日まで調査員を現地に派遣して実地踏査を行つた。ビルの所有者はそれぞれ被災ビルの復旧診断を受けて夫々復旧に着手した。以下その具体的事例についてのべよう。
<鉄筋ビルの建て起こし事例>(本稿参考資料:日本建築学会:震害建物復旧の記録—新潟市建築課:白山高等学校復元工事概要)
 ◎鉄筋ビルの建て起こし問題について、新潟市建築部長村木門吉氏の談話によると『建築基準法に準拠して建てた鉄筋コンクリートの市有の建造物が、数多く沈下・傾斜したので、これをどうして復旧させたものかと、一時頭を悩ましたが、餅は餅屋という通りそこはよくしたもので、傾いた建物を起こす位何でもないと云つてくれたのは建物移転業者であつた。近頃道路建設が盛んで、道路予定地にかかつている建物を移転させる業者がそれで、これまで移転させた建物中には重量建物も入つていたと云う訳である』
 鉄筋ビルの立て起こしに当つては、まずそのビルの被害実態を診断して被害の状況、近隣の状況、地盤と地質、建物の基礎構造、沈下、傾斜の程度等をよく調査し、どう云う状態に復旧するか、軟弱化した地盤をどうするか、工期と経費等につき工事依頼者とよく打合せて、ケース・バイ・ケースでそのビルの実態に即した工事方法を決定し、施工した。
 以下新潟市有ビルの建て起こし工事第1号となつた新潟市立白山高等学校校舎の復元工事と、市内明石通りの傾斜ビルとして世界各国にその姿を紹介された清水商店ビルの復元工事について、できるだけ平易に解説を試みよう。
(1)新潟市白山高等学校校舎の復元工事
(ア)一般事項
 所在地—新潟市一番堀通
 構造—鉄筋コンクリート4階建、建坪483m2、延建坪2,023m2、概算重量3,200トン、基礎木杭、長さ7m、径21cm、379本(既設杭)
 嵩上高—最大190cm最小60cm、基礎荷重最大135トン最小60トン
 工法—アンダーピニング工法(下柱受方式)、補強杭長さ10m、径20~25cm62本
 工期—昭和39年12月1日~同40年3月31日4か月間
 工費約—3,500万円 m2当り17,500円
(イ)施工の工程
 A準備工事
 ①山留工事—建物の周囲3mの線上に長さ8mの鋼矢板を打込んで、建物と矢板間の土砂を4m掘り下げる。(写真1)
 ②排水工事—①の工事による湧き水を排水するため鋼矢板の内側に50~1OOcm間隔に、長さ6.5mのウエルポイントを取付けて20馬力の自給式ポンプ4台で排水する(写真2)
 ③掘削工事—建物1階の土間コンクリートを壊し、深さ3.5m最大4mまで掘り下げ、土砂をコンベアベルト30台を使用して、建物外に搬出する。(写真3)
 搬出土砂量は約2,800m3あつた。
 B基礎の新設工事
 ④補強杭打工事—直径20~25cm長さ10mの鋼管杭を各柱下2本つつ地表面下14m(N値20以上)の地層まで打設して基礎を補強する。(写真4)
 ⑤既存杭切断工事—仮受けを行いながら基礎下を掘削して、旧松杭の切断を行うと同時に、基礎下の栗石、捨コンクリートを削りならす。(写真5)
 ⑥耐圧床版工事—新設鋼管杭、切断した松杭を基礎下として鉄筋コンクリートの耐圧床版(強度210kg/cm2)を打設する。(写真6、7)
 ⑦仮受工事—根切りにともない各基礎間の地中梁を枕木サンドルで仮受けを行なう。(写真8)
 ⑧本受工事—基礎下部(耐圧床版)と建物との空間は鉄筋コンクリートブロツクを積み重ねて本受けをする。(写真9)
 C嵩上修正定着工事
 ⑨ジヤツキの取付—耐圧版上にモルタルで水平を維持しながら、コンクリートプロツク(40cm×40㎝×10㎝)を積重ね、50トン分離式オイルジヤツキ計170台をに逆さ取付ける。(写真10)
 ⑩予備調整—建物の沈下の大きい部分はジヤツキ群を操作して、持ち上げジヤツキにかかる力を平均化する。(不等沈下による内部応力を除去する。)
 ⑪嵩上工事—指揮者の指示号令に従つてジヤキを一斉に操作し、1回3㎝を限度として嵩上げする。嵩上げの順序は、沈下の大きい方を先ず修正し、長軸方向の水平復元後、A通り(信濃川側)D通り(公会堂に面した側)を交互に嵩上げする。嵩上げ作業中は危険防止のため仮受けブロツクを楔により絶えず締付けておく。ジヤツキの盛替えはジヤツキの伸びが12cmになつた時行ない、仮受けブロツクを締付け後、グループ単位に行う。(写真10)
 ⑫振止め工事—嵩上作業中は建物の振止めとして、周囲の山留より取付けた100トンジヤツキ6台を常時5トン位で押している状態で操作する。(写真11)
 ⑬定着工事—嵩上げ修正後、本受け用コンクリート襖付け、耐圧床版に埋込まれた鉄筋を接続して配筋し、型枠を入れてブロツク巻コンクリートを打設する。頭部はドライモルタルにてコーキング(仕上げ)する。(写真12、13、14)
 ⑭充填工事—地盤の流動化防止のため、基礎下及び周辺を砂利で充填し、他は土砂充填を行い、水締めする。(写真15)
(ウ)所要延人員及び機械
 延べ人員約1万人、使用ジヤツキ台数は50トン170台、枕木3,000本。
(2)清水商店ビルの復元工事
(ア)一般事項
 所在地—新潟市明石通1丁目
 構造—鉄筋コソクリート造4階建、地階なし、建坪55.286m2 延建坪233.650m2
 用途—1階店舗、2~3階事務所
 基礎—ベタ基礎、松杭地業(長さ4.5m、径15cm88本)
 工期—昭和39年12月~同40年5月6か月間
 工費—800万円、m2当34,000円
(イ)被害状況と復元工事概要
 ①建物の沈下と傾斜構造体、仕上部分とも被害はない。地震直後の沈下と傾斜は、南東隅で30㎝沈下、北西隅で対角線の傾斜度は18°15'であつたが、12月に復旧工事に着手する時には、南東隅で40㎝沈下、北西隅で381㎝の沈下、傾斜角度は19°30'となり、徐々に沈下傾向が進行していた。
 ②復旧計画 在来の基礎地業は杭先が軟弱地盤にあり、杭は建物と共に著しく傾斜していると判断して、ビルの裏側の空地に新しく基礎地業を行ない、基礎を含め建物全体を嵩上げした後、引き家移転をする事になつた。新基礎地業としては長さ10m、径30cmのコンクリート杭を地面に11m打設した。
 ③転倒防止工事 傾斜度が18°15'から着工時19°30'に進行していたので、転倒防止のため2、3階に45cm×45㎝×10mの角材4本を以て突つかい棒をかい、その下場に50~30トンジヤツキを挿入して嵩上げ時の押上げ用を兼ねさせた。
 ④建物嵩上げ工事 建物の周辺に長さ4mの木製矢板を打つて山留めし、北西側にウエルポイントを設置し、1、2階梁下を貫流して送受木を組んだ。サンドルを組み送受木の下にジヤツキを装置して、ジヤツキで嵩上げすると共に、転倒防止の角材を装置したジヤツキで押上げ、傾斜を徐々に修正しながらサンドルを組み上げ第1次嵩上げを終つた。次に土間コンクリートとベースコンクリートを撤去し、建物下にサンドルを組み、基礎部分に直接ジヤツキを装置して、内外でジヤツキを操作して嵩上げを行つた。使用したオイルジヤツキは50トン20台、30トン34台であつた。尚旧基礎部の松杭はかさ上げ後の調査によると約60°傾斜していた。
 ⑤新基礎地業 旧建物より31m離して長さ10m径30cmのコンクリート杭を打設し、コロ道地業を兼ねさせた。
 ⑥引き家工事 建物下に全面サンドルを組み、道板を敷きつめ、コロとして径9cmの鋼球を使用した。引家用動力としては10トン手巻きウインチ3台を使用した。引き家工事を終り所定の位置に修正してから、コンクリートブロツクで仮受けした後、コンクリート打設を行つて工事を完了させた。
IV—1.1.7公園の復旧
 本市には、白山公園、白山・鳥屋野の両運動公園をはじめ15か所、面積25.16ヘクタールの公園があり、市民憩いの場として利用されていたが、このうち地震により9か所の園路・広場・公園施設が被害を受けた。これらについては一応、応急的な処置を行つたが、1日も早く市民の憩いの場をとりもどさなければならないと、昭和39年度に3か所の復旧を終え、残りは昭和40年度にもちこした。特に国体時、選手の憩いの場であつた白山運動場の憩いの泉は、市民から早く復旧するようにとの要望もあり、昭和40年7月に工事を完了、夏の風物詩として市民の目を楽しませた。また市では唯一つプールのある東公園は、プールも大きく被災し、使用に耐えないため、この補修も急がれていたが、これは昭和40年度で工事を完了、41年夏には子供達の嬉嬉とした姿が毎日プールをうずめていた。その他の公園も昭和40年度ですべて工事を完了、市民に憩の場を提供した。
IV—1.2下水道の本復旧
 本市が営々として10年の歳月をかけて築きあげて来た下水道施設は、排水機場も排水管渠も船見町に建設中の終末処理場及び流入する下水幹線も、一瞬のうちに破壊されたため、その緊急措置に応急対策に寧日なき有様であつたが、それも一段落すると後は本復旧がまちかまえていた。
 本復旧には、まず国の査定を受けなければならない。国の査定を受けるには、厖大な書類と精密な設計書を必要とする。しかし限られた人員ではどうしてもこれが間にあわない。7月10日からは、6大都市より26名もの技術者の応援を得、7.7水害の排水作業のため喧騒たる役所のなかで、復旧設計書の作成に着手した。そして応援技術者の被災地の不自由な生活に耐えた献身的な奉仕と、建設省係官の昼夜をわかたぬ査定によつて、7月15日には査定も終了、昭和39年度と、昭和40年度の2年で復旧を完了する目標を以て、地震発生後3か月目の9月初旬から、本復旧に着手することが出来た。しかし、本復旧は必ずしも順調に進まず、その過程に於て幾多の問題が発生したが、これを克服して復旧作業は力強く押し進められた。以下各施設についてその復旧の状況を記述する。
(1)排水機場
 排水機場では沈砂池やポンプ井及び吐出槽がそれぞれ大きく浮上傾斜、陥没等の被害を受けた。また構造物の弱点か所が折損する等の被害も見られた。復旧に当つては、地震によりN値が減力しているため、まず地盤調査を充分行ない、新しい地質調査に基づいて、良質な地盤(N値25~30)まで基礎杭を打ち込み、それぞれの地盤に適合した工法を採用することにした。以下その共通する方針を挙げると次の通りである。
(ア)杭打・浮基礎・地盤改良を行なう。特に支持杭は良質なる地盤まで打込むことにする。
(イ)ポンプは、災害時水没したことに鑑み、横軸を廃し、竪軸とする。
(ウ)原動機の取付標高は、(T.P+1.10m+将来の沈下量)以上を確保する。
(工)災害による排水ポンプの機能停止を考慮し、予備ポンプの拡充強化を図る。
 以上の方針に基づき、機場の基礎は、新しく地質調査を行い良質な地盤に支持杭を打ちこんだ。パイルは、日本コンクリートKKのPC杭、日東開発CS杭(長尺用)を採用した。また沈砂地吐出槽の基礎も同一条件とした。機場床面施行高については、新潟地震による信濃川堤防嵩上げ高が+2.5mになつているため、この高さまでの必要はないものの、津波を考慮しない場合の既往の最高潮位+1.1mに余裕を見て+1.5m以上を機場床面とし、災害時に備え、ポンプは竪軸とし、原動機関を高所に据え、万一の場合ポンプ自体は浸水しても原動機運転に支障が起きないよう配慮した。このようにして排水機場は、昭和40年度9か所、昭和41年度に3か所の完成を見たのである。
(2)下水管渠
 下水管渠は接合目地の激突離脱等により、管内に土砂が流入し閉そく状態となつたため、その復旧に当つては、耐震性を考慮して現場打ちの管渠はできるだけ避け、ヒユーム管を採用した。
 また市街地が地震にあつて全般的に急激な地盤変動を起こしているので、新たに管渠底を決定するため最高底測量を実施し、地域別に再検討を行なつた。またヒユーム管継手についてはカラー接合を廃しφ800㎜以上段付、いんろう接手を用いた。
 なお管渠基礎については、在来杭を利用し、新規伏換管渠は4m程度の本杭とし、地盤軟弱か所には中途半端な摩擦杭はさけ、梯子土台を用いた。
 このようにして管渠復旧は数十工区に分けて進められたが、工事過程に於て水道・ガス等の地下埋設物工事や、道路復旧工事とぶつかり幾多の調整を図らねばならなかつた。また地下埋設という特殊工事のため、難事続出し、ときには潜水マンの手もわずらはさねばならなかつた。そのため工事は当初の計画より遅れるばかりで昭和39年度で40%・昭和40年度迄74%の復旧が終つた。
(3)終末処理施設
 船見町の下水道終末処理施設も大きな被害を受けた。この施設は昭和36年度から4か年計画で建設中のもので、その機能は計画処理人口87,000人、計画排水面積390ヘクタール、排水最大量48,211m3/日であつたが、さらに昭和39年度から計画処理人口概数34,500人の水洗便所化を計画中であつた。
 したがつて本施設の工事遅延は、環境衛生及び都市排水計画上重大な影響をきたすので、現位置に耐震構造により早期復旧を図ることとして、昭和39年度予算で3,834万円、昭和40年度で742万円の工費をかけ昭和41年3月31日完成した。
IV—1.3上水道の本復旧
(1)本復旧計画
 上水道被害は、その導配水管に集中し、全延長400kmのうち238kmが布設替えをしなければならない状態であつた。そのため激甚地区は、仮配管を行ない共同栓で応急的な給水を行なつて来たが、これが終らないうちに道路の本復旧が始まつた。そのため詳細な被害状況の検討をしないまま、上水道も本復旧作業へと手を伸ばさざるを得なくなつた。またそれと同時に地震復興計画全体のなかで、上水道の復興も検討され、本復旧を進めることとした。
 すなわち新潟地震の経験にもとづき、上水道本復旧にあたつては、その耐震性を強く考慮することとなり、それに対応する管種・管径を使用することにした。また災害復旧は原形復旧が原則であるが、それにこだわらず、現在実施中の第4回拡張工事を勘案して、新しく配水管を布設することにした。国の査定は、被害の状況に応じて60%~100%の取替地区をそれぞれ決め、その他は修理して用いるよう決めた。100%取替地区は港湾地帯のみで、全市平均取替率は70%程度であり、国庫補助も80%が最高であつた。したがつて実質補助は原形復旧としても70×80=56%である。しかしこの際全部布設替えすることにし、不足の経費は起債で賄うことにした。
 また将来災害に遭つても、早く復旧できる設計とした。いかに丈夫な堅固なものを使用しても、大きな地震等に耐えることはむずかしい。したがつて破損しにくいものにしておこうというのである。特に大災害が発生すれば、係員が全員復旧作業に従事しても処理出来ないため他都市・業者等の応援を求め復旧することになるので、水道局職員の指示・示教がなくとも、図面だけですぐ復旧にとりかかれるよう計画したのである。また本復旧は、1日も早い方が良く、全体的計画のなかで処理しなければならないので、昭和39年度・40年度の2年で完了する。
(2)配水管組織
 本復旧の着手が早かつたため材質・材料を選択する余裕は全くなかつた。しかし配水管網については、次の方針で処理することにした。
<ブロツクシステム>
 ブロツクシステムとは、全市を先ず配水系統別に大きく分けこのブロツクを更に小さく分ける。つまり細胞組織のような形態とし、これを全部つなぎ合せることを云う。地震直後の応急通水に際し、従来の配水組織が樹枝状か或は行止り式であつたため、上手の被害がいつまでも下手側に影響し、その復旧に手間どつたので、それを克服するためにブロツクシステムを計画したわけである。ブロツクを分けると次のようになる。
 ①配水系統別ブロツク
 本市の配水系統は、大きく分けて東新潟と西新潟に分けられ、更に東新潟は鳥屋野浄水場系と、物見山配水所系に分けられるが、現在はまだ鳥屋野浄水所系のみで、第4回拡張計画で物見山配水所が出来る予定であるので、これは完成することを前提とした。西新潟は、青山浄水所系と南山配水所系に分けられ、これらの4ブロツクは末端に於ては比較的大口径で連絡した。
 ②大ブロツク・小ブロツク
 各配水系統区域を地形(高低・河川・軌道など)と配水源の条件により比較的大きなブロツクに分けた。この大ブロツクの受持つ給水人口は、平均20,000人程度とした。この大ブロツクをまた幾つかの小ブロツクに分ける。小ブロツクの受持つ給水人口は2,00O人程度であり、これら小ブロツクと配水本管との関係や小ブロツク間の配水本管の組織は次の通りとなる。
a.大ブロツクを組織する配水本管網と、小ブロツクを組織する配水支管網とは、全然別の管網とする。すなわち「復式配水管網」を組織する。
b.配水本管網からの注入点は2か所とする。この場合、これらの注入点が配水支管網の同一断水区域内にならぬようにする。
c.隣接する小ブロツク間には、1か所の連絡点を置くものとする。即ち隣接するブロツクが4個の場合は、4か所、5個の場合は5か所の連絡点を持つことにする。
d.平時に於ける最小動水圧は、1.5kg/m3とする。火災時に於ては、消火用水放水地点では許容最小動水圧以上とする。時間最大給水量は、1人800lとする。なおいずれの場合もその口径が「合理的配水管網」になるようにする。
 ③ダブル方式
 ダブル方式とは、従来歩道のある道路等の両側に配水支管を布設したものである。前述のようにブロツク別にするため、歩道のない処も道路の両側に配水支管を布設し、その他ブロツクに関係なくとも維持管理上必要ならば、道路両側に布設することにした。この利点は、断水時に火災が起きても、一方の管路が生きているため消火栓の使用不能という事態は起きない。又給水工事や、修理工事に大きな便になるし、給水管が道路を横断しない利点もある。なおこのダブル方式には、口径50㎜程度のものを入れることとした。このようにして道路の本復旧と調整を図りながら工事に着手したのであるが何分にも工事が地下であるため思わぬ障害にあい布設の作業は1進1退の処もあつた。復興完成後の配水系統は、鳥屋野浄水所・青山浄水所・南山配水所物見山配水所系に分けられる。現在東新潟は鳥屋野浄水所系のみであるが、第4回拡張工事で物見山配水所の完成が予定されているためこれを入れて計画した。西新潟は、青山浄水場系と南山配水所系に分けられる。したがつて配水系統は、次のようになる。
ア 鳥屋野浄水所系統 栗の木川以西の東新潟地区
イ 物見山配水所系統 栗の木川以東の東新潟地区
ウ 青山浄水所系統  西新潟上手地区
エ 南山配水所系統  西新潟下手地区
オ 内野       内野以西地区
これらのブロツクは、末端において比較的大口径で連絡することにした。
④漏水防止と制水弁の設置
 漏水防止は小ブロツク毎に漏水測定器具が直結できるようなものでなければならないが、工事を急いだ関係上小ブロツク毎に区画量水器具装置を設けた。
 制水弁の設置数は従来無造作にきめられていたが、維持管理上の事を考慮して、各断水区域には多くて5箇以内の制水弁で断水できるようにした。制水弁の道路における設置位置については、配水本管の枝制水弁を除き、必ずしも丁字管の近くに設けず、主道路からはずれた位置に設置した。
(3)本復旧作業
 市民へ1日も早く給水しなければならない使命をおびているため、交通止めの出来ないか所は夜間作業を主体として作業を進めた。そのため当初の計画通り昭和40度末には、市内給水施設はほとんど復旧したのである。その経費は次の通りである。
IV—1.4産業関係の本復旧
IV—1.4.1農林水産業の本復旧
(1)農業の復興
 本市に於ては災害復旧の早期完了を重視し、昭和39年9月、農林水産課を農林・農地・水産の3課に分離独立せしめ、更に12月は一層の充実を期してそれ迄の経済労働部から分離し、新たに農林水産部を設置し本格的に災害復旧事業ととりくむことになつた。
 この年は多くの災害に見舞われ、6.16の新潟地震をはじめ、7月上旬の集中豪雨、更には旱害、低温、台風等の続発は、殊に農業関係は於て決定的な打撃となり、その総合被害額は約43億円に上ると推定されるに至つた。
 一方本市の農業労働力は昭和25年の25,696人が40年には17,151人と、実に3分の2に激減(国勢調査)し、また専業農家の減少も目立つている。(IV—1.4.1図1)この傾向に拍車をかけたのが新潟地震の復旧事業であり、特に本市では通勤出稼ぎが可能なため、39年度農閑期の農外就労率は95%に上つたのである。また(IV—1.4.1表1)の「農閑期の就労先」に示される如く、土木建設業に60%以上が吸収されていることからみても、如何にこの方面に農村部の貢献が大きかつたかが知られる。
 前述の如く、絶対的な労力不足に輪をかけるこれらの情勢から、農業経営に於ては必然的に省力技術の積極的な導入が要請されることになり、市は当面の問題に対処すると共に、将来の方向付けの意味をもつて激災地の大形・濁川に大型トラクターを各1台配置し、同時に大型防除機11台を導入して省力を期すると共に、農家所有のトラクター等大型機械については、共同利用を推進するよう指導を行なつた。
 農作物の被害はやはり水稲が中心であり、特に震災に次ぐ諸々の災害は、各地に緊急の対策が必要となった。中でも河渡・松崎地域など地盤の陥没、隆起、あるいは水平移動を生じた土地が多く、再区画整理や水路改修を行わなければ翌年の作付が不能という状態となつたため、市は県と協議の上、この工事を分担施行したが、翌春の作付期迄に完了が危ぶまれたことから、災害水田及び災害常発地帯の生産確保を図るため、合計9ヘクタールの委託予備苗代を設置した。また震災により30%以上の減収となつた水田680ヘクタールに対しては、10アール当り2kgの種籾の助成を行ない、更に70ヘクタールの収穫皆無田には特に前年度よりの雑草の猛威を押えるため、除草剤撒布などの措置をとった。(IV—1.4.表2.3)他方激甚被災地農家の経営改善対策の一環として、蔬菜共同育苗施設を導入し、果菜を中心とした蔬菜生産力の強化を図り、復興の財源確保に努めた。(IV—1.4.1表4)同時に畑の生産性を高めるためハウス園芸の普及を促進し、現在その普及率は県内の70%を占めるに至つている。
 畜産については、環境衛生の改善に努め、特に伝染病の予防のため薬剤の無償配付を行ない、近郊地帯に於ける畜産経営の堅実なる発展を期した。
 農用共同利用施設の災害は、新潟西港北埠頭の県経済連倉庫のそれが最も大きく、復旧額は3億47,448千円となつた。各地区農業協同組合に於ては、農業倉庫、肥飼料庫、畜産施設等に被害をみたが、昭和39、40年度の2か年間にその復興の計画を樹てた。復興資金については、補助残額を農林漁業金融公庫から融資を受けた。倉庫施設のうち新穀の搬入上、特に緊急改築を要するものについては、査定前着工の措置がとられ、合理的な改良復旧が行なわれた。
(2)農地および農用施設
 農地の復興にあたつては、被災農家の負担軽減措置がとられ、今度農業の近代的経営が実現されるよう。生産1生の高い基盤を再建することを目的に行なわれた。
 新潟市の農地および農用施設の復興に対しては、ほぼ全額に近い国庫補助をうけることになり、その金額は30億21,993千円(親松関係を除く)に達するIV—1.4.1表6に示される高率補助事業が行われた。工事は被害激甚で高度の技術と機械力を要するものが多かつたので、県の協力を得て県営事業として39か所18億27,852千円、市営として141か所7億60,494千円に分担施行された。その他国庫補助対象外のもので、市の単独事業として起債により施行された小規模災害復旧工事は、昭和39年度93件6,714千円、昭和40年度以降9,268千円となつた。(IV—1.4.1表7)
 復旧計画では、広く農地が亀裂、ゆるみ、漏水を生じ、あるいは全面的に隆起、沈下し、揚・排水系統に変化を及ぼし、耕転、潅水が不能となつたので、原型復旧だけでは農地の効用回復が期待できず、当初計画に変更を加えて申請せねばならないものが多く生じた。
 農地復旧は一団の地域を区画整理方式により行ない、田面起伏の均平は一旦表土を剥離、下層土を均平にし、その上に表土を再整地し、地力の安定を計つた。田面は営農形態により20a割(大形・濁川地区)30a割などにした。農道については幹線全幅7m以下、支線全幅5m以下とし、敷砂利は厚さ幹線12cm、支線は9cmに敷ならし防災的農道とした。用水幹線支線は地質によつてはライニングする関係から、必要あるものについてはU字舗装に改良した。再度の災害防止の観点と、将来の水利用の傾向を考慮しつつ、工法と規模を定めた。
例① 天野川原の堤外地田は、階段状地形をなし、高低差が非常にあつたので、作業能率を考慮して2段階に再区画整理復旧(10a割)を行なつた。
例② 南浜地区の浜山辺耕地35ヘクタールは海岸砂丘よりなり、地下水が下り、干ばつを引き起した。この解消のために非補助融資で基幹整備事業として用水路を作り、排水機で海に捨てる水を揚水機で還元反復利用をすることにした。
例③ 通船川沿線の復旧工事は用排水路及び農道の改修、護岸、築堤および田面起伏の区画整理復旧等の大工事で整備されることとなった。東新潟一帯は昭和29年より地盤沈下が問題化し、昭和35年県営新潟地域特殊排水事業(地盤沈下)の実施計画が現在施行中であつた。この事業は農地の地盤沈下により、機能が著しく低下した農業施設を復旧するもので、栗の木排水機場の改善(排水量40ton/sec)が計画されていた。しかし今回の地震で更に水田標高は大半が(−)1m~(+)0.6mの低地となつた。新旧栗の木川水系については、地域内用排水施設の形状的被害と共に、全域にわたる地盤変動を生じ、鳥屋野潟周辺で15cm~10cm沈下し、地域南部、信濃川、阿賀野川寄り地帯では、5cm~10cm隆起して地形勾配が1/3,500から1/3,000に変化した。そこで将来の土地利用高度化の観点から、地盤沈下後の用排水対策は運河を兼ねた低水路として、またそれはより大きな東新潟河川綜合対策(新潟県:「東新潟地区、災害復旧事業計画概要書」)の国土保全計画の一環として、39億6,200万円で抜本的復旧に着手した。
<東新潟河川綜合対策>
(A)通船川 通船川の上流膿業地帯であり沖・下流は工業および住宅地帯であるため排水系統を分離して処理するものとし、大仏橋附近で木戸間門を設置して締切り、農地排水は津島屋排水機場(φ1,100m/m185KW1台、φ1,000m/m155KW1台、4.86m3/sec)より阿賀野川に排水を行う。通船川都市排水(18m3/sec)はそのまま新栗の木川都市排水(13m3/sec)とあわせ、山ノ下機場より信濃川に排水する。山の下橋脇と津島屋にそれぞれパナマ運河式の閘門を設け、現在の水位を1.5m~1.7m下げると同時に、約2m川床を掘り、イカダや舟が通行出来るようにする。
(B)栗の木川 亀田郷1万ヘクタールの農業排水には、新潟地域特殊排水事業計画として、現栗の木川排水機場整備が立案されていた。しかし震災による状況の変化で、栗の木川1本で排水することは困難となつたこと、および郷内洪水の東新潟への防止(洪水量の都市外分離の有利性、工費の節減)などから農業排水(60m2/sec)は、鳥屋野潟に集水の上、親松排水路1,400mを新設して親松排水機場(φ2,500m/m1,050KW2台・φ2,600m/m1,900PS2台)より直接信濃川に排水する。
(C)東新潟河川綜合対策として、この外にこれに附帯する揚水機5か所、用水路18,511mの工事を施行し、あわせて栗の木川・通船川の外水との遮断、背後地域の自然排水、都市排水をも考慮した低水路工事を実施中である。(新潟県新津耕地出張所:「県営耕地災害復旧事業東新潟地区、親松排水機計画」)
(3)根室部落の復興
 通称根室部落は新潟市松浜町下山にあり、阿賀野川河口左岸の先端で、新潟飛行場と日本海に隣接する位置にあり、激甚被害の典型的集落として大きな注目を浴びた。当部落においては現地の再興を計画し、数次の協議を重ねたが復旧の見とおしがたたず、やむなく他の土地に集団移転することに意見が一致した。市も部落の窮状から集団移転用地の確保に協力することとなり、新潟市松浜町西土浮地内国有地35,956m2への移転計画を立案した。
 昭和40年1月末新潟県東京事務所において、大蔵省国有財産局。関東財務局。同新潟財務部。海上保安庁。運輸省航空局飛行場課。同補給課。新潟県関係者。新潟市関係者が根室対策合同会議を開催し、同年8月20日国有財産売買契約を締結、3か年に分割支払をすることになつた。
 その後市において埋立、整地、区画整理を行ない利用区分を下表のとおりとした。
 昭和40年8月ごろから住宅建設に着手し、昭和41年3月31日現在建設済15戸建設着手中8戸計23戸である。なお全戸移転完了は昭和42年度の予定である、その他共同利用施設については、当部落の都市近郊という地域的特性を生かして、そ菜園芸裁培および集団養鶏を取り入れ、稲作経営は生産性向上のため協業化の方針をとるとともに、近郊農業者にふさわしい経営資金を養うために生活改善施設を設置した。この事業は新潟震災復旧事業の一環として、昭和40年度において3分の1の県費補助を得、8,381千円(他にソ連から震災復興資材として贈られた材木2,265千円分を使用)を以て次表のとおり建設した。
(4)林業の本復旧
<水面貯木場の復興>
 新潟市の貯木施設は、昭和38年完成の県第1貯木場並び焼島潟、通船川、新栗の木川の河川占用水面の貯木施設によつていた。地震による流木災害が多くなつたのは、津波によるもので、河川占用の貯木や港内繋留中のもの及び荷役中のものであつた。施設では、県第1貯木場のき裂、沈下等の被害が大きかつた。
 地震による災害復興においては、東新潟一帯の地盤沈下による水害の抜本的対策が考えられ、東新潟河川総合対策が樹立され、焼島潟及び通船川下流以外の諸河川の水面においては、その一部に木材の繋留を禁止する措置がとられた。しかしながら新潟港の外材輸入状況は、昭和31年度1万4,000m3、昭和39年度38万6,000m3と増大の一途をたどつている現状であり、このことは河川、港内の水面貯木の増大を意味するものである。
 このようなことから県では、松崎地内の通船川右岸に第2貯木場を災害復旧対策として造成することとなつた。その結果県営第2貯木場並び新潟西港木材貯木施設の概要は、(IV—1.4.1表11)のとおり整備されるにいたつた。
(4)水産業の本復旧
 水産業は自然環境に支配され、計画生産性にかけているのでその総合振興政策を進めるため、本市では震災後水産課を新設し総合対策を樹立した。
  ①漁場、漁船および漁具
 新潟漁場は地震のため粟島周辺が1.5mも隆起し一方では北蒲岩船郡沖合は陥没した所もあり、その他の場所には異物等が堆積し、従来の漁場は小型底曳・漕刺網・底刺網等の操業が困難となり、漁民は近海漁業から、より沖合(新潟県水産試験場:「新潟地震に伴う漁場生産力の変動に関する調査中間報告書」)と転進し、計画生産漁業、即ち「獲る漁業からつくる漁業ヘ」と増殖面開発振興業をはからねばならなくなつた。そこで沿岸漁業振興を図る一助として、昭和40年9月3日から解体をはじめた川岸町県営アパートを1個7~8屯の大きさのものにして昭和41年4月15日より関屋通信所沖合(水深24m)に721個を投入し魚礁を設置した。
 次に市域の漁船被害は254隻、4,722万円でその復旧措置として漁船保険支払事務の処理を速やかに行い、新造、修理の途を開いた。漁具被害も4,343万円にのぼつたので、この復旧には漁業協同組合を通じて資金融通を行なつた。
  ②漁港
 松浜漁港および新川漁港は第1種漁港として昭和27年認定をうけ、市で管理運営されている。そのうち松浜漁港は昭和36~昭和38年迄の3か年で局部改良事業(2,010万円)として完成し、国体終了後完工式と晴の日を待つばかりであつたが、施設の全てが破壊、沈下水没した。被害査定は6,468万円におよびこの地震の激しさを示した。また新川漁港は昭和38年より45年までの第3次整備計画をたて整備中であつたが、津波により護岸後方の砂丘が130mにわたりけずられた。
 この両港は零細沿岸漁業としての基地であり、早急な復旧を必要とするので松浜港は原形復旧を終り、新川漁港は復旧をかねて全体計画を促進中である。
  ③共同利用施設
 新潟西港の柳島、東港線および松浜港、新川港の全共同利用施設は壊滅的被害をうけ、その被害金額は14,368万円にのぼつた。その復旧には多額の補助をうけたが、なお多額の自已資金を要した。柳島、東港線の水産施設は港湾機能の合理化に伴う水産基地の集中一元化をはかるため、万代島に9,500万円で新築、昭和41年3月7日に復興完工を見た。
  ④新潟西港水産基地
 新潟港は南は九州から北は北海道まで日本海側漁船の漁業基地として、県外船の旋網、マス延縄、イカ一本釣と地元の底曳網、流網漁業等多種多様で、その荷場設備も漁業基地としての機能を充分発揮せねばならないので、市は新潟西港水産基地の設備について管理運営の一元化を計画し、昭和40年10月26日災害復興を機会に中央卸売市場設置と4単協合併整備促進計画を発表し、その事業の促進概要は次のとおりである。
(ア)新潟県漁業協同組合連合会ならびに新潟漁業協同組合の荷捌所の災害復旧は新潟地震災害復興委員会の答申に基づき万代島地区は建設し、更に本市は4単協(新潟水、第一、中央、延縄)合併に伴う事務所ならびに系統機関事務所(仮称水産会館)を建設する。
(イ)柳島地区護岸の一部については出漁準備並びに繋留岸壁として利用する。
(ウ)柳島地区護岸の背後地は水産物荷捌場・漁具修理場として利用する。
(エ)早川堀、他門川は小型漁船の船溜りとして利用する。
(オ)栗の木川は小型漁船の船溜りとして利用する。
 新潟市営水産物物場場は各上屋とも2.5mも沈下したので、県では上屋機能をそう失した第2棟、第3棟の嵩上げ工事を実施し、残余の仕上げ工事は市が実施し完成し、第1棟は当分そのままとし、万代島に水産会館(仮称)として改良復旧をおこなつた。この万代島の水産会館建設と水産物物揚場施設の復旧にあたり、県は復興計画にのつとり、新潟市水産物物揚場第1棟の改良復旧ならびに県漁連の災害復旧と新潟漁業協同組合の復興計画に総合して、新潟西港総合水産基地としての建設に着手した。そこで万代島ならびに柳島地区の必要土地については、市が借り受けてこれら一切統轄し一元管理を実施している。
(5)水産物流通機構
 新潟市の水産食品は全消費量70%を県外に依存するが、新潟西港のみで県内取扱量の80%(90億円余)を扱い、昭和38年には85,000屯の流通量があり、さらに増大の一途をたどりつつあつた。しかし柳島の機能はまつたく失われて、県内生産漁獲物さえ受け入れられない状況となつた。
 水産対策協議会はただちに立ち上り、市営水産物物揚場に仮淺橋3か所を設け、6月25日から魚市場を開設し、市民に直結した鮮魚の窓がようやく開かれた。しかしこことても最大被害地区の一つでもあるので、昭和40年9月8日対岸の柳島護岸整備が終ると同時に、柳島税関支所地内敷地を大蔵省より、借り受け(期限昭和41年3月31日)、350坪の敷地1こ業者は1,350万円の事業費で柳島仮設魚市場を開設、さらに県、市、農林中央金庫新潟支所、業界一体となり協議した結果、新潟地震災害復興委員会の答申に基づいて昭和41年7月18日には東港線の水産基地内に近代化と合理的運営の出来る市場の流通中枢として本市の水産流通の適正と消費生活の安定に寄与する目的で移転した。
 これに際し市では、昭和41年4月「中央卸し売市場水産部門調査会」を設置し、この市場の経済圏を新潟市および周辺市町村を含む対象人口約70万人と推算、水あげと道路、鉄道網との関係を重視する流通機構を構想している。
IV—1.4.2商工業の本復旧
(1)新潟地震の商工業に及ぼした影響
 立地条件の悪い地帯の商工業が甚大な地震被害を受けたことは前記したが、いち早く開店操業を行ない、販売に生産に努力して被害の軽減を計つた結果は、昭和39年度以後の商工業統計に現われている。
 本市の産業構成は、昭和40年の国勢調査によれば、第3次産業が最も多くて58.6%、次は第2次産業の30.9%、第1次産業は10.5%であつた。この比率は、今後益々第1次産業の衰退が予想せられている。本市消費面の購買力の範囲は、交通2時間以内に住む人口およそ150万位と推定されているが、交通の発達により益々購買力人口は多くなるであろう。これを裏付るように、昭和37年本市7,126店の販売実績は1,574億円であつたが、昭和39年には7,696店2,467億円と56.6%の大巾な伸びを見せている。商業調査は7月1日現在で調査されるので、昭和39年における地震被害の統計上の影響は、15日間のブランクだけで、大した事はなかつたと思われる。工鉱業生産の在庫品出荷額についても、立地条件が悪かつた工場は相当な被害を受けたが、その結果は昭和39年の工業統計にはその傷跡が以外に少ないのは、前述の理由によると考えられる。政府の高度成長政策により、昭和34年頃より生産面は急激に伸びて来たが、本市も昭和35年には1,624事業所の製造品出荷額は763億円であつたが、毎年急激な伸びを見、昭和36年には9.9%、昭和37年度には5.3%、昭和38年には7.9%と伸び続け、昭和39年は地震の影響を受けたけれども1,603事業所976億円と依然として伸び率は止まらない。しかし内容的に見ると、昭和38年より生産出荷額の落ちているものがある。これは非鉄金属、金属製品製造業等である。これは、いわゆるゼロメートル地帯にあつて、地震の被害を最も多く受けた業種である。これら業種は被災から立直るため鉄工関係では鉄工団地を設け、集団化が図られ企業合理化が進められた。
 特に昭和石油を始めとして火災や重油流失等により大きな被害を受けた石油関係企業に於ては、その出荷は、昭和38年より減つてはおらず、むしろ7億1千万円以上も増加しているのは注目に値する。また港湾、河口の特殊地帯にあつて、木材製品と共に被害の大きかつた木工関係業種では、地震復旧のための各種土木事業や住宅建築の激増のため、事業所数は昭和38年より21も減少したにも関らず、24%の増加を示し、昭和40年に於ても14%増加し、他業種の増加に比べ大きく伸びていることは注目すべきである。これらは直接市税の面に端的に現われている。すなわち昭和39年度の法人市税は調定額305,309千円であつたものが、昭和40年度には399,663千円となり、約94,000千円の増加となり、地震の傷跡は施設面ばかりでなく、生産面に於ても完全に立直つたと見るべき統計が現れている。また市の予算面から見ると、通年60~70億円程度の予算が、地震復旧費を加えて100億円を上廻り、災害復旧に要した経費は120億円にも達し、市が過去3年間に直接負担する経費も13億以上が支出されることになり、租税負担能力や財政支出の面で、現在は赤字決算も止むを得ないものの、これが工事完了後の市財政は明るい見通しがたつのである。
(2)商業の復旧
 復旧状況については、商業界ではやはり物品販売業・飲食業等大衆購買及び日常生活に直結する業種の立直りが早く、罹災地域における店舗・住宅等建設中のもの及びサービス業たる浴場・理容・クリーニング業は、水道ガスの復旧工事遅延により、平常営業の出来ないものを除き、震災3か月後の8月末には約90%が復旧し平常に復した。売り上げについても、当時業種によつては、平時以上の伸びを見せ、消費背景は必ずしも不景気となつていなかつたが、2~3か月後の手形決裁時における資金と、本復旧に要する資金については取引先の協力や政府公庫及び市中金融機関の全面的援助により、再建資金が導入され、公共土木事業の復興と相まつて、現在では殆んど復興し、アーケード・街路灯・アーチ等の共同施設も整備され、町ぐるみの近代化が図られている。
(3)工業の復旧
 地震と同時に一切の生産を停止した工場は、焼失したものを除き、その後、最短2日ぐらいの操業停止で工場再開した所もあつたが、水没や傾斜、沈下、倒壊したところは100日位休業した所もあつた。いずれもそれぞれ電気・ガス・用水施設等の復旧の進展とともに、各種の資金融資を受け、震災直後の予想より短期間に生産を再開することができた。しかしこれら工場の生産再開は、悪条件を克服しての応急復旧であり、とくに被災地域における既存工業の相当部分は、すでに工業地域としての条件を欠いた地域にあり、生産能力の向上を期待することは困難であつた。その上市街地の再開発及び産業公害の防止のためには、現在地において生産を続行することは好ましくないので、工場適地に団地化を図り、新しい企業体係に再発展することになつた。
  ①石油精製業
 A・昭和石油(株)新潟製油所
 昭和石油は昭和9年の建設以来度々拡張を続け、今や東北電力新潟火力発電所への燃料供給をも加えて、日産47,000バレルを生産、下請を含めて10,000人に近い関係者をもち、460人の従業員のうち8割を地元で占め、日本石油とともに新潟市工業の根幹の一つとなついたが、今次地震でその機能の大半を焼失し、会社側の発表によれば総額47億4,000万円にのぼる損失をこうむり、提携先のシエルとの関係もあつて、一時新潟再建が危ぶまれた。しかし本市から昭石が脱落することは新産業都市建設上にも痛痕事なので、昭石存置のために熱心な陳情運動が起つた。すなわち同社の足許では昭石労動組合を始めとして、油火災で住宅を焼かれた361世帯の住民も文句なく、昭石に去られたのでは今後の企業誘致にも支障を来たし、新産都市の建設にもひびくとして、県市は勿論のこと、商工会議所や地元有力会社もあげて存置運動を続け、政府もこれに協力した結果、新潟再建がその年の12月23日決定、40年6月建設を開始、翌41年6月完成した。
(ア)敷地並びに工場配置
 地震時350,000m2であつた工場敷地を、再建に当り518,000m2に拡張、各装置設備を合理的に配置するとともに、各装置設備の保安距離並びに公害防止を充分考慮した。
(イ)主精製装置 インテグレーデツドユニツト(集中合理化装置)
 この装置は、シエル社で完成し、日本に於ては当所に建設された(他に当社四日市製油所に於て完成している)。石油精製各装置並びに附属装置をシエル式竪型加熱炉7基・廃熱ボイラー1基を中心として集中的に配置し有機的に結合した最新鋭石油精製装置である。
  B.日本石油(株)新潟製油所
 原油タンクおよび海上出荷設備が破損したため、海上からの原油受け入れや製品の出荷はしばらく不能となつたが、7月末日には一部操業再開、8月末には完全操業することができた。
  C.帝国石油(株)新潟鉱業所
 天然瓦斯の消費地新潟では、市内の配給線(北陸瓦斯会社)が殆んど全滅したが、都市ガス関係を中心に復旧を急ぎ完全操業が出来た。
 ②化学
  A.日本瓦斯化学(株)新潟工業所
 榎工場は、工場内外の地割れがひどく、煙突も倒壊寸前であつたが、7月15日には一部操業を開始し8月1日全面操業に入つた。また松浜工場は、榎工場との関係で7月上旬から操業を再開した。
  B.東洋瓦斯化学(株)新潟工業所
 プラント本体の被害はなく、地下設備してあるパイプ等が被災したので、この補修を行なつてやがて操業した。
  C.新潟硫酸(株)
 被災した石山工場は、7月20日施設試験を行ない8月1日から操業を開始、関屋工場は機械の一部が故障したのみであり、22日から操業した。
  D.日東硫曹K・K新潟工場
 硫酸工場は、一部破損硫酸反応塔等(高サ20m)は12本のうち2本が倒れ2本にひびが入つたが、早速応急復旧を行ない8月初旬には再開出来た。
 ③機械金属工業
 工場立地が比較的信濃川河口に片寄つていたため、ほとんど冠水、とくに機械は精度の高いものを使つていたため、泥水をかぶつて大部分とりかえねばならぬ状態となつた。また新潟鉄工所・大川鉄工所・豊島鉄工所などが被災したため、これらの系列下にある中小業者は、被災しなくとも仕事がないと云う実体であつた。
  A.新潟鉄工所
 大山工場は被害軽微のためすぐ操業出来たが、内燃機・製鋼・工作機工場である山ノ下、入舟工場は大きく被災したので、現地に再建することを見合せ、工業団地としての適地である大形地区(岡山)に移転建設することにした。その計画の概要は、内燃機工場を本年7月末までに完工、製鋼所は9月末、工作機工場は昭和43年2月末までに完工することにして、現在工事を進めている。
  B.三菱金属鉱業(株)新潟工場
 第一工場は倉庫の一部と体育館を除き焼失したが、第二工場は機械の一部を焼失しただけなので、6月25日から一部操業を開始した。
 ④その他
<北越製紙(株)新潟工場>
 第1製造地区の2・6・7号抄紙機及び関連施設が大きな被害を受け、現状への復旧は技術的にも採算的にも不可能となつたのでこれを放棄し、新たに第2製造地区に新鋭機械を新設、同時に新抄紙機の稼動に伴い使用が増加するBKPの現有設備を260T/Pに増設、またこれらに関連する設備を新設した。
 ⑤中小企業団地化の促進
 地震により在来の工場地域の立地状況が悪化したので、工場移転のため新たに工場用地の需用が増大した。県・市では中小工場に対しては、業種別に集団化を図り、主として国道7号線方向に用地を確保、団地造成をおし進めることとした。もともと中小企業が今後生き抜くためには、近代化合理化が必要であり、それには集団化して経営の合理化を行うことが最善の策と考えられているが本市は、それに加えて市街地再開発と都市計画の見地から適地に、この集団化を積極的におし進めることにし、昭和40年4月新たに中小企業集団化助成条例を制定、集団化を図つている。現在までに達成したものは次の通りである。
 (ア)鉄工団地
 新潟鉄工所の合理化移転に伴い、それに結びついている下請企業の環境を整備して受注体制の強化を図るため、目下土地造成中で、本年度巾に10社の操業が開始される。
 (イ)製材団地
 現在の製材団地は都市構造の変化により地理的条件にあわず、また新潟港に輸入される木材は毎年増加し、それに対応する貯木場対策がとられているが、この貯木地に直結することが原木の集散に容易であり、又製材能力の向上に繋がるため、河渡地区に団地造成を行ない、今年度中に5社の移転が完了する予定である。
 (ウ)木工団地
 木製品工業の立地が原材料の集積、運搬等の流通面に支障を来たしているため、既設の木工団地との関連性を考慮して、同団地周辺の適地に誘導を図ることにし、すでに9社が操業を開始している。
IV—1.5厚生関係の本復旧
IV—1.5.1民生施設の本復旧
<保育園>
 地震時本市には、公私立併せて45園3,800余名の園児が保育されていたが、地震のための改築3・補修14(10万円以上の損害)という被害をうけた。山形県鶴岡市京田幼稚園児3名が、新潟地震により短かい一生を終えた痛々しい報道がされていたが、本市では施設被害が大きかつたにもかかわらず、これらの犠牲者がなかつたことは幸いであつた。市は被災後直ちにこれらの施設の応急措置を施こし、開園出来る所から開園を行ない、7月14日万代保育園の開園を最後にすべて再開することが出来た。これら保育園はすべて国の査定を受け、昭和39年度に本復旧を終ることとし、早い所は地震応急対策を終えた直後の7月中旬から本復旧に着手、予定された昭和40年3月末にすべて完成することができた。(IV—1.6表1)
<その他の施設>
 藤見母子寮、公益質舗もそれぞれ被災したが、これらもすべて昭和39年度で工事を完了、その機能を発揮することができた。
IV—1.5.2衛生施設の本復旧
(1)衛生施設
 本市は、東西に分けて保健所がありいずれも大きな被害を受けた。東保健所は現地復旧が困難なので、東新潟の総合庁舎に統合することとしたが、西保健所は昭和40年1月復旧工事にかかり、同3月末に原形復旧を行なつた。
 青山火葬場は使用不能となつたが、火炉2基、その他の一部補修工事も昭和39年中に復旧した。また道路の陥没亀裂等に伴い被災した公衆便所も、町内・自治会の協力により、市内6か所を改築及び修理を完了した。
(2)清掃施設
 清掃事業は、住民の日常生活に密接な関係があり、その充実は近代都市には不可欠の条件である。この施設が地震により使用不能となり、折角衛生都市として生れ変ろうとしていた本市の清掃事業に、大きな打撃をあたえた。そこで応急措置として、し尿投棄やごみ処理に、新潟海岸をあてるとともに一刻も早く応急復旧を行ない、ついで本復旧に着手したのである。本復旧にあたつては、生活環境の整備が公衆衛生上欠くことが出来ないものであることに鑑み、住民生活の安定を確保するという立場にたち、本災害の教訓を生かし、防災的立場を考慮した清掃機能とすることにした。
 ①東清掃センター
 下木戸にある清掃センターは、地震後直ちに応急復旧を行ない、ごみ焼却場(100屯/d)は昭和39年8月8日に、また船見町し尿消化槽(36kl/d)と清掃センターし尿消化槽(162kl/d)は今年9月10日に応急復旧を完了、それぞれ操業を開始することができ、続いて操業を行ないながら本復旧工事を行ない、各施設とも昭和39年度末には、すべて工事を終ることができた。その他附属設備も復旧工事に併せて行ない、昭和39年度末に工事を完了した。
 ②西清掃センター
 近代都市に不可欠な清掃事業は、市勢の進展に常に先行しなければならない。そこで衛生都市として均衝のとれた清掃施設を作るため、地震復興の本格的作業に入った昭和39年12月、西新潟地区の汚物処理用として、100kg/日(100,000人)の処理能力を有するし尿処理施設の建設にとりかかり、すでに完成済の6万人分のごみを処理するコンポスト・プラント(50屯/日)の施設とあわせ、西新潟清掃センターとして昭和41年6月発足した。(総経費3億3千万円)
 ③その他
 前述のように終末処理場の被災によつて、有明下山両海岸等にごみ・し尿の応急処理場を建設したが、これらは終末処理場の復旧によつて、すべて覆土を行ない環境衛生上支障のないようにした。
<その他の市有施設の復旧状況>
 地震により東保健所は大きく被災、沼垂図書館また使用に耐えず、旧警察署跡を利用した建物の古い東地区事務所も被災した。そのため市は、再建にあたりこれらの施設を統合して、東地区事務所跡に総合庁舎を建設することにし、昭和40年3月着工、同年12月に完成、これにより東新潟地区の総合的な行政センターが誕生し、その機能を発揮するに至つた。その他市の施設である、地区事務所・連絡所等も補修或は建替と工事が終り、第一線の行政センターの役割を果している。
IV—1.6教育係関の本復旧
 地震によつて、耐震校舎が被災するという異常災害に、大シヨツクを受けた市教育委員会は、その復旧対策に一時は困惑したが、文部省助成課から視察に来港した係員の協力をえて、毎夜遅くまで被害調査書類や本復旧計画書を作成査定を受けて、やがて本復旧作業を開始した。
(1)学校施設の本復旧
 学校施設については、市の復興計画に従い、①基本的には改良復旧とし、児童、生徒の生命の安全確保と非常時の避難場所としての利用を考え、地震・火災・風水害に堪えうる鉄筋・鉄骨造りとする。②災害により、不適当化したと思われる校地は、改良または移転を考慮する。②住民に対し、学校施設の安全感を与える。④学校の特殊性から、すべての工事には直ちに着手し、技術的に止むを得ないものに限り、40年度への継続事業とすると基本方針を定め、これに基づいて、復旧計画をたてた。
 以上のような計画で、被災学校の復旧工事を昼夜の別なく進めたが、工事の途中で思わぬ難関にぶつかり、工事担当の建築課はもとより、請負業者の苦労も並々ならぬものがあつた。然し一日も早く工事を完了して、学校教育を本来の姿に戻したいという悲願に燃えて、官民一体となつてよく頑張つた甲斐があつて、新校舎は次ぎから次へと完成し、工事期限である昭和41年3月31日までに、一応補助事業の建築全部を終了することができた。

     校舎ができた!!
       南万代小学校 6年 青木幸子
 今思い出しても身ぶるいするほど、おそろしかつた新潟じしんから、もう2年たつた。どろの中に、がくんとかたむいた校舎。その中で、私たちは、ふらふらしてきそうになるのを、がまんしながら勉強したこともあつた。体育館の間じきり教室は、まる1日中が夜のように暗く、寒い生活でした。プレハブの冬はすきま風がひどく、夏は屋根からくる暑さで汗がだらだら流れた。そんななかで、朝からばんまで続く復旧工事のつちの音は、先生の授業の声さえ消してしまうのだ。ほんとうにむしやくしやして、「もう勉強なんかしたくない。」なんて思うこともあつた。しかし、ある時は、「もうちよつとだからがんばれ!!」と力強くはげましてくれているかのように聞えた。
 市の方々、先生方、父兄の方々、工事をしてくださつたおじさんたちなど多くの方々のご苦労によつてとうとうできたのだ。前にもまさる4階だてのすばらしい、私たちの学校が。体育館ももちあげられ、広いゆかが顔を出した。となりの特別教室もなおされました。私たちはここで、やりたくてもやることができなかつた「ごはんとみそ汁」の、調理実習をやることができた。教務室のとなりには、私の友だちでもあり、みんなの大すきな本が、ずらりとならぶ広い図書館。そこではみんなが、落ちついた顔で本を読んでいる。
 太陽をあびると、ピンク色にかがやくすてきなテラス。土も新しくしきなおし、緑が青々としげりはしはしには、美しい花が咲きほこるグランド。みんなは、今まで遊べなかつた分もとりかえそうとするかのように、遊びまわつている。
 なにもかも、新しく生まれかわつた学校。しかし、じしんの災害にも負けず、どろの中の校舎でがんばつた時の心をわすれずに、これからも、しつかり勉強していきたいと思う。

(2)私立学校施設の復旧
 新潟市内の私立学校は、高等学校4幼稚園17の計21あるが、そのうち被害の大きかつた新潟明訓高校については、校地の嵩上げと耐震構造を考慮し、改良復旧を含む鉄筋コンクリート造とし、その他の私立学校についても、昭和39年度中に改築補修を完了した。
(3)社会教育施設
  ①坂井輪公民館
 地震により敷地は常時地下水が湧出する状況となり、加えて館舎前の国道を大型車輌が頻繁に通行して、騒音が甚だしいため、この機会に隣接の坂井輪中学校敷地南側に移転することにして着工した。○工事費215,55000円、○国庫補助556,000円、○着工昭和40年1月11日、○完工昭和40年3月31日。
  ②舟江図書館
 原形復旧を行うこととし、館舎引起し及び浄化槽補修を行なつた。○工事費1,451,000円、○国庫補助820,000円、○構造坪数、木造瓦葺平屋149.4m2(49.4坪)○着工昭和40年1月13日、○完工昭和40年3月31日。
  ③沼垂図書館
 図書館及び保健所・地区事務所を含めた総合庁舎を建設することに決定した。図書館部分は次の通りである。○坪数549m2(181.5坪)○国庫補助2,416,000円、(詳細は総合庁舎の項を参照のこ
と)
  ④沼垂図書館山ノ下閲覧所
 原形復旧を行なうこととし、次の通り補修を行つた。○工事費105,000円、○着工昭和39年9月1日、○完工昭和39年9月25日。
(3)体育施設
 体育施設は、震災により7か所に甚大な被害を受けたが、その復旧は原則として原形復旧とし、178,025千円の総工事費で、昭和39年度には庭球場・排球場・補助競技場・鳥屋野野球場及び鳥屋野球技場の復旧を完了した。復旧第1号の庭球場は、昭和40年5月22・23の両日、待望のコート開きを行つたが、現在は市内の職場・学校等27団体の年貸し利用をはじめ、全コート(8面)を解放しており、その他の体育施設についても、順次復旧完了後市民に解放して居る。昭和40年度には、体育施設の被害のうち、最も大きな被害を受けた体育館の復旧工事を完了したが、特殊工法によつた体育館であるため、復旧設計は東京の加藤建築設計事務所が、復旧工事は地元の吉田組が担当、昭和41年4月15日新潟大学の入学式をもつて利用を開始し、スポーツに、又各種全国大会等に活用されている。なお被災施設のうち白山野球場の復旧については、工費13,860円で昭和40年度内に完了の予定であつたが、新潟県が建設する震災復興記念会館の用地に提供することとなり、代替野球場は県の責任において適当な地に建設の予定である。
IV—1.7消防施設等の本復旧
(1)施設の本復旧
 火災は何時発生するか予測出来ない。そのため被災した消防施設の復旧は一日も早くと望まれていながら、当初は昭和石油火災鎮圧のため、消防関係全員がそれに投入されて手が廻らず、それの一段落した6月30日頃から、本復旧に着手すべく被災状況の調査に着手した。それについては、III—6.11.4に記述してあるがこの復旧には、激甚法の適用もなく、国の補助が得られず、その資金捻出には苦労が多かつた。そのため当面必要最少限度を昭和39年度で完成することとし、火災報知器の復旧や松浜消防出張所の改築が始められた。消防分団の器具置場は市内に散在しているが、この復旧も一斉に始められ、昭和39年度の復旧予定は12月中にそのほとんどが終了した。
 昭和40年度は、防火貯水槽の復旧がまつていた。貯水槽は、地下に埋め込まれているため、旧河床や軟弱な地盤にあるものは、そのほとんどが被災し、しかも陥没・傾斜・漏水のため使用に耐えず、全部新設しなければならなかつた。しかしこれも昭和40年度中に全部終ることが出来た。そのほか被災したた39か所の防火井戸の復旧や消防本部屋舎の復旧工事も実施し、被災した消防施設はその復旧を全部終ることができた。
(2)その他
 市の復興計画のなかに、消防施設のほかに器具類の充実が盛られている。工業都市新潟として発展する本市の消防施設や器具は、これからも充実して行かなければならない。そのため昭和40年度には、防災工作車の配置を行ない、不慮の災害に備えた。特に昭和石油火災の体験により、化学消防車の充実が望まれていたので、2台の配備を行なつた。また新潟西港の施設の拡大による出入船舶の激増や東港の整備に備えて、どうしても消防艇が必要であり、ビル火災に対処するには排煙車を設置しなければならない。新産都市として発展する本市の消防施設には、まだまだ充実させなければならないものが多く、これからもその目的に向つて一歩一歩充実していくことになつている。
IV—1.8交通通信関係の本復旧
(1)国有鉄道の本復旧
 国鉄新潟支社は、地震により支社初まつて以来の大きな被害を受けたが、各施設は他管内各局の応援と自衛隊の活躍によつて、7月下旬に応急復旧を終り、8月1日「新潟支社震害復興委員会」を設置、四整備部会を設け、それぞれの整備改良に係る諸問題の解決を図りながら本復旧に着手した。
 ①新潟駅の復旧
 新潟駅は、6月24日発着線ホーム7本のうち6、7番ホームの応急復旧を終り、感激の列車の乗り入れを行うことが出来た。なおその後も鋭意工事を進行させ使用不能であつた地下道も9月20日には復旧、10月1日には2番ホーム、12月25日には全ホームの本復旧を終り、その後の施設復旧とあいまつてやがて平常ダイヤに復し、前にも増して整備され、躍進新潟市の表玄関としての役割を果している。
 ②越後線の復旧
 地盤の関係で大きく被災した白山駅は、11月1日ホームの復旧を、同12月1日には地下道の復旧を終り平常ダイヤに復した。
 ③東新潟港駅、新潟港駅の復旧
 港湾地帯は、護岸堤の嵩上げと、背後地をそれにあわせて土盛りする特別防災事業で、見違える程立派になつたが、これらの地帯の営業路線もこの嵩上に見合つた敷設を行なつた。
 ④その他の貨物駅の復旧
 焼島駅・沼垂駅・上沼垂駅も大小さまざまな被害を受けたが、これらはすべて施設を利用して本復旧を行ない、昭和39年中にすべて工事を完了した。
 ⑤関係建造物の復旧
 新築工事中傾斜被災した鉄道病院は、その建物を生かして復元を完了した。鉄道教習所は、新津地区に移転し新築を完成した。電務区、電力無線区も新潟駅構内に新築、新潟鉄道寮も新築を完了した。その他、被害の大きかつた万代島駅は貨物取扱いを全面的に廃止、昭和45年度には年間55万屯の取扱が予想される小口、小口混載貨物を取扱う新潟駅を市内竹尾地区に建設することにし、昭和39年度昭和40年度で土地買収(113,000m2)を終り昭和41年度に小ロホーム(200m)2面を完成、さらに発着線460m1線、仕訳線6本、引上線積卸線各2本の完成が予定されている。新潟支社の発表によれば、直接被害額76億円余は同管内の39年度取扱総収入163億の47%強に当る。このような被災にもかかわらず、各施設の復旧は極めて順調に進み、旧に培する輸送能力を発揮している。
(2)新潟交通電鉄の本復旧
 本市と西蒲を結ぶ新潟交通電鉄も白山浦軌道を始め各所で被災した。その復旧については、国道の復旧との関連で進められたが、地元から軌道撤廃の陳情が出たりしてその去就が注目されていたが、結局現地に復旧することに決まつた。
 国道工事に併せて軌道敷の工事が施されたが、西蒲方面の乗客を燕から大野駅へ運ぶためとりあえず大野駅まで運転し、その後復旧を行ない東関屋までにし、国道工事に併せて、軌道敷を完成し県庁前駅まで乗り入れて復旧は完了した。
(3)バスの本復旧
 バスは、市民の足として利用されて来た。地震とともにその施設は勿論バス自体も信濃川べりの車庫にあり大きく被災した。市民の足確保は一日も早くといそがれ応急的な対策がとられ、道路の仮復旧とあいまつて順次路線が拡げられていつた。新潟交通も企業の公共性を重んじ復旧に全力を傾注し、39年8月1日バスステーシヨンの復旧工事に着手、総額1,745万余円の経費をもつて同11月22日完成し、それを期に利用者の強い要望である郊外バスの市内乗り入れ中止を解き、大部分の路線について地震前に復することができた。その後道路の本復旧とあいまつて運行も平常にもどすことが出来、旧に倍する輸送力を挙げることができた。
(4)通信施設の復旧
 新潟地震の特徴である地下埋設物被害は通信関係も例外ではなかつた。大きく被災した通信施設は、その緊急度合により緊急措置が行なわれ、市内外の通信は一応確保された。これはあくまでも緊急対策であり、一日も早く本復旧に着手するため災害発生1か月後の7月16日から工事を無駄なく進捗させるため、応急工事と本復旧工事を並行して行ない、復旧に当つては、施設拡張計画と被災当時の建設実施状況の内部要因と、道路橋梁の本復旧にあわせる外部要因を勘案して工事を行なつた。
 破損した管渠類は出来るだけ取り変えることにしたが施設拡張計画との関係でルート変更を行なつたり道路橋梁の復旧に伴う増管新設と工事は進めた。また裂け目割れ目の入つているマンホール等は作りかえた。中継線、市外線路等の施設もそれぞれ工事が行なわれ、昭和40年6月末にはそのほとんどが完成した。しかし電話は加入申込者を充足し得ないのでこれに対応するため施設の拡充をいそいでいる。
(5)郵政関係の本復旧
 郵政関係被害中最も多額のものは新潟逓信病院で、旧舎屋は陥没傾斜し被害が甚だしいので、全部取壊して新築した。工事は昭和40年8月6日起工し、41年9月20日竣工した。総工費2億3,000万円。旧舎屋は鉄筋2階1階建の塔があつたが、新庁舎は鉄筋3階2階建の塔屋のついた近代建築となつた。
 また新潟地方貯金局庁舎(所在地:流作場元新洲)は木造2階建であつたが、地震で倒壊寸前の姿となつたので取り壊して、鉄筋4階の新庁舎を建造する事になり、昨年中より着工して居り、竣工は明42年2月12日の予定である。工費1億7,600万円。
 また新潟鉄道郵便局(所在地:流作場春日町)の本局庁舎は木造2階建であるが、浸水傾斜したので建て起こしを行つた。工費180万円。
(6)運輸省関係庁舎の本復旧
 ①運輸省新潟総合庁舎
 昭和初年まで信濃川敷であつた流作場元新洲に位置していた会社官庁等の建築物は、何れも例外なく甚大な震害を受けたが、そのうち新潟海運局・新潟陸運局・第九管区海上保安本部・新潟船員地方労働委員会の4庁舎の本復旧は、総合庁舎として新建築される事になつた。すなわち、昭和39年9月30日起工し、41年3月30日竣工。総工費3億2,500万円。建築面積1,075.84m2、延面積6,290.72m2で、鉄筋コンクリート5階建の豪華な建物となつた。
 ②新潟地方気象台
 新潟地震で大活躍をした気象台は、やはり昭和初年まで信濃川敷であつたため甚大な被害を受けたので、旧庁舎を取り壊し鉄筋コンクリート2階建て、3階に観測塔を有する新建物を建築した。昭和39年9月着工、41年6月30日竣工、総工費5,908万円であつた。
 ③新潟航空基地
 市内松浜町の航空基地ビルは、地震で大破したので、取り壊しの上新舎屋を建築した。起工昭和39年12月4日、竣工40年3月31日、総工費は9,91万1千円。建築面積106,96m2、延面積205,96m2。鉄筋コンクリート2階建の瀟洒な近代建物である。尚、このほか誘導路・着陸帯・エプロン工事に513万円の修理工事を行つた。
IV—9電力ガスの本復旧
IV—9.1電力の本復旧
(1)火力発電設備の復旧
 新潟火力発電所(250,000kw)の復旧は、1・2号機とも昭和石油火災タンクの爆発を耳にしながら6月16日から被災個所の点検が開始され、その後復旧作業に着手した。濾過タンクの修理タービン保安装置テスト、ボイラー小圧テスト等を重ね、8月4日には営業運転が開始されるに至つた。なお、重油タンクは、10月末までに2基とも修理が完了した。
(2)送電設備の復旧
(ア)架空線路の復旧 架線の支持物である鉄塔や木柱コンクリート柱は、地盤の沈下等により傾斜切損し、支線のタルミや切断等がみられたので、応急的に処置したが、その後本復旧を8月から着手し、11月にはそのほとんどの工事が完了した。
<地中線路>沼垂1号線は、6月16日より、6月28日まで送電したが、28日に流耐圧試験でパンクし、7月10日一部ケーブルの引替を行ない復旧した。沼垂2号線は6月28日、日石特配線は6月25日、沼垂万代線は6月30日、6kvで使用可能を行なつた。白山万代線・昭石新潟線・古湊線は、緊急対策として、万代変電所に替つて浜変電所を新設し、ここにいたる関屋変電所からの架空送電線・寄居浜線を7月10日に架設して配電した。
(イ)変電設備 新潟市以外の変電所は即日復旧を終つた。新潟市内の変電所でも関屋・紫竹は即日復旧したが、その他については7月20日にはほぼ復旧、送電することができた。
(3)配電設備の復旧
 新潟営業所管内の新潟市全饋(き)電線67回線(饋は送る意。発電所・変電所から他の変電所・発電所を通らず直接に幹線や電車の架空線に送る電線。)が全部停電したが、その復旧に全力を投入、17日には市街地饋電線の44%が送電された。その後も復旧に努力し、6月21日には特別浸水区域を除いて全市への送電が出来た。(東北電力(株)新潟地震災害報告)
(4)電力の復旧
(ア)変電設備の充実 電力は、送電・変電・配電設備等に大きな被害を受けた。特に新潟市内に於ては全市停電の事態を招き、大口需用を営む各種産業電力もほとんど停止したのでこの復旧にいち早く着手、7月10日までにはそのほとんどが完了した。幸い一次変電所関係の被害が比較的少なかつたため、大口需用を含む現在の負荷に対する変電所の供給力は、現設備を復旧することで十分であるが、今後の負荷増加に対する供給には、変電所の新設及び既設変電所の増量が必要となる。したがつて被災変電所の復旧については、変電所の重要度・電源の安定性・地盤の強度・経済性等を勘案して、復旧の規模順位を決定し、さらに将来計画も織り込んだ次の諸対策の促進をはかることになつている。
①市内の変電所群を配電区域毎に分割して各グループに分け、要確保変電所を決めて、耐震・耐水・耐火構造とし、今回の災害程度でも無停電又は短時間停止で送電を確保できるようにする。
②変圧器基礎は、将来の増容量に耐えうる大きさに拡張する。開閉器基礎は脚部ごとに分割せず一体構造とする。
③新潟市を中心とした変電所の恒久対策は、次のとおりである。なお新変電所は配電区域の現有負荷能力が限度にあるので、同区域内に変電所の新設を考えるものとする。
(イ)送電設備の復旧 被害の大部分は、新潟市周辺・旧信濃川流域・山ノ下地区・通船川附近に発生し、また市内配電供給用変電所(関屋・白山・沼垂・山ノ下・藤見・古湊)並びに、特別高圧需用家への60KV・30KVの供給用送電線も被害をうけた。このため応急工事による送電が行なわれたが、市内万代変電所は、給供不可能となつたので寄居浜変電所が新設され、関屋~浜間に60KV1回線の送電線が新設された。今後の送電設備の復興に当つては、将来の設備増強計画に対応できるよう、設備重要度に応じて対震対策を含む施行を行なうものとする。
(ウ)配電設備の復旧 支持物関係修復1,700基、電線関係修復11,000か所、引込線関係修理19,000口の応急復旧により浸水地帯を除く全地域に6月20日までに配電が完了したが、軟弱地盤地帯やゼロメートル地帯での配電設備の建設については、今次災害の教訓に基づき、被災後の短期復旧と経済性に合致した方式を採用する。また地中電線路は、新潟市のような軟弱地盤での埋設は好ましくないが、すでに相当数の設備があり、繁華街を形成している中心部までの架空線への切り替えも不可能なので、現在設備の修復強化をはかる。しかし硬質地盤であつて重要道路の線路横断か所は、漸次地中化をはかる必要があり、先行工事として管路を埋設し、地質調査に基づき地盤の悪い所の地中化は避ける方針である。(新潟県地震災害復興計画より)
IV—9.2ガスの本復旧
<都市ガス施設の本復旧>
 地下資源として全国にその埋蔵量を誇る天然ガスは、北陸瓦期株式会社の手により、需用者に供給されている。このガス施設も導支管がすべて地下に埋設されているため、地震により壊滅的打撃を受け、久しく文明に慣らされていた市民は、その日より食を得るすべを失つた。会社では地震発生後県内外からの暖かい救援を得、直ちに全組織を挙げての復旧作業を行なつた結果、6月20日には西新潟浜手地区に対するガス併給を行うことができた。その後各需用家の要望に答え、激甚地域は仮配管(φ50㎜)を行なう等の応急措置を施しつつ7月に入り本格的な復旧作業を開始し新設工事も併せて進めた。その後昭和40年度を本復旧の年とし、焼失倒壊した住家の代替として新築された浜浦団地・藤見町・小金台団地などの新設希望にも応じつつ工事を進行、昭和40年11月には、地震前の加入者数を上廻る程になつた。このようにして都市ガスの供給は地震前をはるかに凌駕する程になり、施設もこれに伴い充実して来たが、以下その概要について記す。
(1)製造・供給設備
 ガス供給システムは東・西新潟を別個独立系統とするため、西新潟地区は関屋工場を、東新潟地区は山ノ下工場を主力工場として耐震構造とし、現位置に完成した。沼垂工場は、昭和40年から供給操差を停止して無人操差の整圧所とした。また保安上の立場から各工場に自動圧力制御装置又は、過圧安全装置を取り付け、供給システムの集中管理と自動化を図つた。
(2)供給ルートと本支管工事
 地震以前西新潟は、関屋工場より新潟工場へ、東新潟は昭和大橋・万代橋の架管を通じ関屋工場より、沼垂・山ノ下工場へ送り、供給を行なつていたが、今後は次の三系統に分離した。
帝国石油(株)内野操作場→関屋工場→西新潟地区供給
北陸天然ガス(株)海岸基地→新潟工場→西新潟地区供給
帝国石油(株)中央操作場(山木戸)→山ノ下工場→沼垂工場→東新潟地区供給
帝国石油(株)長岡~新潟間→内野工場→内野地区供給
 なお関屋工場と附船工場を結んでいた信濃川沿いの原料ガス輸送管は、地盤の安全な海岸線沿いに敷設替えを行い供給の幹線ルートとした。
 内野工場は、将来の発展とともに関屋工場と統合して規模を縮少し、又は廃止するよう検討を行ない、さらに新潟東港周辺・新潟駅裏・物見山団地・内野・亀田等の発展を考慮して、新規高圧管ルートを次のように計画、昭和41年6月末までに、藤見町~中山~米山間を完了、これを計画通り完成させるため努力中である。
 山ノ下工場一沼垂工場間
 藤見町—中山—堀之内—上所島
     ↓石山団地—亀田
 小針—寺尾—五十嵐浜—内野間。
 鳥屋野—米山間。
 なお破損した万代橋原料ガス輸送管・昭和大橋供給高圧管は、これを復旧して東西新潟を結ぶ補助ルートとして使用、新幹線(関屋工場—白山ガバナー)はいずれも工事が完了した。被災した輸送管及び供給高圧管の復旧は、40年5月中に完成、その後も前記ルートにより供給するための埋設工事を行なている。
 導管敷設に当つては防災・維持管理・補修に不便のないようルートを選定して、埋設するとともに主要幹線は可能な限り2ルート・ループ管とし、埋設ルートは、主要街路・主要国県道等を避けて埋設している。なお上下水道工事の完工をまつて昭和40年度に入り地震後仮配管個所(φ50㎜支管)の本復旧工事を施行したが、これらの工事と調整がむつかしく一旦復旧した本支管の埋設工事も上下水道工事のため、再改修を行なわなければならないか所がある。6月末で残された未復旧導管の主なか所は、若草寮前・昭和橋東詰間の供給高圧管φ200㎜延880mと、並木町G150㎜延300m、仮支管の本管埋設工事4,000mなどであるが、これも本年度中に完了の予定である。
(3)需用家巡回検査・本支管ボーリング検査
 地震後導管の漏洩による事故防止に極力意を用いたことは、既に記述した処であるが、地震後復旧を急ぐため、西新潟浜手地区では漏洩テスト・改修など行なわず供給したので、その後全線にわたりボーリング調査を行なつた。また需用家の供給管及び内管の漏洩調査は、応急修理後の供給再開の際実施したが、昭和40年10月からは、西営業所・東営業所でそれぞれ班を編成再度需用家を対象に、徹底的な巡回調査を実施した。
(4)構内設備の復旧状況
 構築物の復旧については、昭和40年度でほぼ完了したが、その概要について北陸瓦斯株式会社の資料により記述する。
・附船工場 事務所は、土台あげ改築を行ない昭和40年7月15日に、6,000m3ガスホルダー復旧は8月20日にそれぞれ完工、ホルダー周りの土留コンクリート工事やその他の附帯工事も10月末日には完了した。
・関屋工場 10,000m3ホルダーは昭和40年6月11日、20,000m3ホルダーは7月22日それぞれ復旧を完了した。なお構内の配管再整備は8月16日に完了した。
・沼垂工場倉庫は、信濃川護岸高と合せるため2.1mの嵩上げを昭和40年11月3日に完了した。また1,500m3ホルダー撤去跡に砂を入れ整地を完了、土留工事は、今年末までに完了する。
・山ノ下工場3,000m3のホルダーの復元工事は、15,000m3ホルダーの新設工事のため、昭和41年中に完成する。また電気室の復旧は昭和41年5月25日迄に完了した。
・その他 川岸町野球場・田町寮の工事も、昭和41年6月10日までに全部完了した。
         (北陸ガス新潟地震復旧レポートより)
<工事用天然ガス供給施設の整備>
 本県の天然ガスは、工業用として広く利用されており、生産活動の基礎となる重要部門であるので、災害時に於ても生産活動の継続のために急速な復興が要請された。
 今次災害での施設の直接被害は、約238百万円にのぼり、主として送ガスパイプおよび操作所の損壊によるものであつたが、送ガスパイプは、おおむね市街地近辺を通過しており、しかも地中に埋設されているため、被害状況の把握とその復旧は困難を極めた。幸い送ガスパイプの幹線は被害が軽微であつたことと、ガス供給関係機関の適切な復旧作業により、需用先工場に対して、昭和39年9月末から逐次送ガスを開始することができた。
 元来天然ガス利用工場に対する安定供給体制は、全県的ないし国家的規模において整備することが必要であるので、供給施設の整備は、長期にわたる開発計画に基づいて、土地利用計画・工業配置等との関連を保持して復興をはかることにした。とりわけ被災地域の利用工場と新潟東港地域を含む隣接地域の工業に対する、ガスの安定供給体制を確立するため、重要幹線である阿賀野川架管の早期復興にあたつては、ガス供給施設は地盤の良否を考慮して適地を選定するとともに、耐震構造を採用する等適切な措置を講じて防災体制の強化をはかつた。
         (新潟県:新潟地震復興計画より)

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1284px
  • 高さ:968px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:浸水被災した国道7号線(明石通附近)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:964px
  • 高さ:1296px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:本復旧成つた7号線(明石通附近)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2240px
  • 高さ:1020px
  • ファイルサイズ:996.6KB
図:IV—1.1.1図1 新潟市東大通舗装路盤間の空隙状況
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2316px
  • 高さ:2296px
  • ファイルサイズ:2.5MB
表:IV—1.1.1表1 新潟地震一般国道指定区間災害箇所表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2394px
  • 高さ:1263px
  • ファイルサイズ:1.5MB
表:IV—1.1.1表2 県道本復旧調べ(新潟市内分)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2352px
  • 高さ:640px
  • ファイルサイズ:685KB
表:IV—1.1.1表3 新潟地震新潟市道復旧費調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1384px
  • 高さ:968px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:完成した昭和大橋
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2360px
  • 高さ:1336px
  • ファイルサイズ:1.5MB
表:IV—1.1.2表1 県で管理する橋の本復旧の状況
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2392px
  • 高さ:2408px
  • ファイルサイズ:2.8MB
表:IV—1.1.2表2 新潟市橋梁の本復旧調べ
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1392px
  • 高さ:976px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:完成した北埠頭
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2488px
  • 高さ:3304px
  • ファイルサイズ:3.2MB
表:IV—1.1.3表1 新潟西港復興計画
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2424px
  • 高さ:3712px
  • ファイルサイズ:3.9MB
表:IV—1.1.3表2 新潟西港繋留施設利用計画
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2408px
  • 高さ:1560px
  • ファイルサイズ:1.7MB
表:IV—1.1.3表3 新潟臨港埠頭本復旧
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2370px
  • 高さ:1200px
  • ファイルサイズ:1.1MB
表:IV—1.1.5表1 住宅災害復旧工事調べ
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2343px
  • 高さ:1122px
  • ファイルサイズ:1.2MB
表:IV—1.1.5表2 県営住宅災害復旧状況調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1024px
  • 高さ:1472px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:①山留工事
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1472px
  • 高さ:1016px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:②排水工事—ウエルポイント取付
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1456px
  • 高さ:1000px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:③一階土間のコンクリート壊し
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1008px
  • 高さ:1464px
  • ファイルサイズ:1.4MB
写真 写真:④補強鋼管杭打工事
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1002px
  • 高さ:1469px
  • ファイルサイズ:1.4MB
写真 写真:⑤松杭切断工事
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1457px
  • 高さ:1001px
  • ファイルサイズ:1.4MB
写真 写真:⑥耐圧床板張りの下ごしらえ
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1001px
  • 高さ:1442px
  • ファイルサイズ:1.4MB
写真 写真:⑦耐圧床版
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1447px
  • 高さ:1017px
  • ファイルサイズ:1.4MB
写真 写真:⑧仮受工事—枕木サンドル組み
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1446px
  • 高さ:1012px
  • ファイルサイズ:1.4MB
写真 写真:⑨本受工事—コンクリートブロツク積み
オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
写真 写真:⑩嵩上工事—ジヤツキの逆さ取付
オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
写真 写真:⑪振止工事
オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
写真 写真:⑫定着工事—鉄筋を取付け
オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
写真 写真:⑬定着工事—コンクリート打込み
オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
写真 写真:⑭定着工事—完成
オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
写真 写真:⑮充填工事
オリジナルサイズ画像
  • 幅:4679px
  • 高さ:3069px
  • ファイルサイズ:6.3MB
表:IV—1.6表1 新潟地震被災ビルの復旧診断による復旧調べ
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1364px
  • 高さ:968px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:憩いの泉
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2332px
  • 高さ:1161px
  • ファイルサイズ:1.2MB
表:IV—1.1.7表1 都市計画施設(公園)復旧経費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1358px
  • 高さ:974px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:復旧した船見町ポンプ場
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2348px
  • 高さ:1496px
  • ファイルサイズ:1.7MB
表:IV—1.2表1 下水道本復旧経費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2343px
  • 高さ:633px
  • ファイルサイズ:702.3KB
表:IV—1.2表2 市単事業下水道復旧経費調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1353px
  • 高さ:974px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:完成した鳥屋野浄水所(供給能力8万屯)17万人分
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2304px
  • 高さ:743px
  • ファイルサイズ:801.9KB
表:IV—1.3表1 上水道災害復旧工事経費調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1050px
  • 高さ:902px
  • ファイルサイズ:512.4KB
図:IV—1.4.1図1 専兼業農家構成
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2338px
  • 高さ:918px
  • ファイルサイズ:1002.7KB
表:IV—1.4.1表1 農閑期就労先の業種別割合
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1276px
  • 高さ:1062px
  • ファイルサイズ:650.1KB
表:IV—1.4.1表2 水稲災害対策費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2381px
  • 高さ:1090px
  • ファイルサイズ:1.1MB
表:IV—1.4.1表3 委託苗代、災害予備苗代面積
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2388px
  • 高さ:770px
  • ファイルサイズ:844.7KB
表:IV—1.4.1表4 蔬菜施設(市有)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2371px
  • 高さ:1644px
  • ファイルサイズ:1.8MB
表:IV—1.4.1表5 農業協同組合の共同利用施設の復旧
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1254px
  • 高さ:1007px
  • ファイルサイズ:603.8KB
表:IV—1.4.1表6 地区別国庫補助率
オリジナルサイズ画像
  • 幅:4736px
  • 高さ:3080px
  • ファイルサイズ:5.9MB
表:IV—1.4.1表7 農地及び農用施設復旧計画
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2370px
  • 高さ:2200px
  • ファイルサイズ:2.5MB
表:IV—1.4.1表8 東新潟地区事業全体計画
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2327px
  • 高さ:1002px
  • ファイルサイズ:911.5KB
表:IV—1.4表9 土地の利用計画
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2332px
  • 高さ:1078px
  • ファイルサイズ:1.3MB
表:IV—1.4.1表10 根室集落共同利用施設(新潟市農林水産部農林課(昭和41年4月)「新潟地震による根室部落集団移転の経過」)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2338px
  • 高さ:720px
  • ファイルサイズ:810.3KB
表:IV—1.4.1表11 新潟西港木材輸入施設
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1337px
  • 高さ:511px
  • ファイルサイズ:330.8KB
表:IV—1.4.1表12 新潟沖魚礁設置費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1084px
  • 高さ:572px
  • ファイルサイズ:311.5KB
表:IV—1.4.1表13 漁港別総事業費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2349px
  • 高さ:644px
  • ファイルサイズ:789KB
表:IV—1.4.1表14 施設別工事規模・復旧額
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2359px
  • 高さ:896px
  • ファイルサイズ:1MB
表:IV—1.4.1表15 万代島水産基地
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1369px
  • 高さ:968px
  • ファイルサイズ:1.1MB
写真 写真:完成した水産物物揚場
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1172px
  • 高さ:1512px
  • ファイルサイズ:819.6KB
表:IV—1.4.1表16 新潟港水産物卸売市場建築工事費(旧税関市場移転)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2332px
  • 高さ:1111px
  • ファイルサイズ:1.2MB
表:IV—1.4.1表17 水産業復旧費内訳
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2840px
  • 高さ:1936px
  • ファイルサイズ:5.4MB
写真 写真:完成した昭和石油新潟工場
オリジナルサイズ画像
  • 幅:3528px
  • 高さ:1368px
  • ファイルサイズ:2.2MB
表:IV—1.5.1表1 児童福祉施設本復旧経費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:3464px
  • 高さ:1080px
  • ファイルサイズ:1.8MB
表:IV—1.5.2表1 衛生施設本復旧経費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:3504px
  • 高さ:1432px
  • ファイルサイズ:2.3MB
表:IV—1.5.2表2 清掃施設本復旧経費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:3480px
  • 高さ:976px
  • ファイルサイズ:1.5MB
表:IV—1.5.2表3 その他の施設本復旧経費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2298px
  • 高さ:1518px
  • ファイルサイズ:1.6MB
表:IV—1.6表1 各学校の復旧計画
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1359px
  • 高さ:980px
  • ファイルサイズ:1.3MB
写真 写真:竣工した曾野木小学校
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2342px
  • 高さ:1199px
  • ファイルサイズ:1.3MB
表:IV—1.6表2 災害復旧事業内訳
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2326px
  • 高さ:8464px
  • ファイルサイズ:9MB
表:IV—1.6表3 新潟地震復旧事業費調
オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
表:IV—1.6表4 学校別新改築補修の別
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2337px
  • 高さ:1007px
  • ファイルサイズ:1.1MB
表:IV—1.7表5 体育施設災害復旧費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2342px
  • 高さ:1188px
  • ファイルサイズ:1.2MB
表:IV—1.7表1 消防施設本復旧経費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1386px
  • 高さ:973px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:復旧した新潟駅
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2316px
  • 高さ:1248px
  • ファイルサイズ:1.4MB
表:IV—1.8表1 新潟地震復旧経費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2370px
  • 高さ:1952px
  • ファイルサイズ:2MB
表:IV—1.8表2 災害復旧工事経費調費
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2354px
  • 高さ:1034px
  • ファイルサイズ:1.1MB
表:IV—9.1表1 変電所復興計画

第2章 復興

 新潟市は信濃川と阿賀野川の2大河の河口に位し、古来港町として栄えて来たところであり、安政5年(今から108年前)日米修交通商条約により、長崎・画館・神奈川(横浜)・兵庫(神戸)と共に5港の一つに選ばれ、明治元年に外国貿易港として開港したが、港が浅くて伸展せず、明治大正年代の新潟市の有識者は、築港のために心血を注ぎ漸やく今日の新潟西港(県営埠頭と臨港埠頭)を建設し、以来首都東京の日本海面における裏玄関としての躍進を続けて来たのである。新潟港の今日の盛況をいたす第1の要因は築港の完成であつたが、その基盤を固めたのは、明治初年以来の石油業の発展により、機械工業がまず起り、ついで硫曹工業・製紙工業等が盛んになり、鉄道開通・電気事業の進展と共に、戦後は天然ガスによる化学工業の躍進が、新潟の発展を支えて来た。そして今や本市の豊富な工業用水と電力、それに優秀にして豊富な労働力という、すぐれた立地条件に立つて、新たに新工業港(新潟東港)を東方海岸砂丘地に建設中である。対ソ貿易も軌道にのつて拡大進展の目途がつき、港は盛々目覚しい躍進が期待され、地震の復旧はほとんど完成し、今や人口100万人を目ざす新産業都市建設の槌音は勇しく鳴り響いている。
IV—2.1新潟市震災復興会議
 地震により激甚な災害を受けた新潟市は、その貴重な体験を基礎として、禍を転じて福とするような百年の大計を樹立するため、7月14日別掲各種機関、団体の代表者・学識経験者を以て構成する、新潟市震災復興会議を発足させる事とし、同日市内イタリア軒においてその初会議を開催した。会議は産業整備・西港整備・耐震構造・都市計画・ゼロメートル地帯の5つの部会に分れて、市長の諮問事項「新潟市震災復興計画の策定について」を計画策定する事になつた。其後各部会は幾度も会議を重ねた結果、9月4日5部会の報告書を添付して、「新潟市震災復興計画について」を市長に答申した。(詳細は「新潟市震災復興計画・新潟市震災復興会議部会報告書」(118頁参照)
 県においても新潟地震の速かな復興を図るため11月19日「新潟県新潟地震災害復興委員会」を開催し、県全体の立場から復興計画を知事に答申した。(詳細は「新潟地震災害復興計画」(343頁)参照)これによつて本市の新産業都市建設と復興達成が一体化され、これが完成の暁には、住みよい都市環境が整備され、明るい工業都市新潟が建設される事になる。そして目下着々この目的に向い建設が進めらたている。

     復興会議日誌
 7月14日新潟市震災復興会議発足第1回会議開催(於イタリア軒) 7月17日新潟市震災復興会議委員追加委嘱(5名) 7月21日第2回震災復興会議開催(於イタリア軒)部会発足(産業整備部会・西港整備部会・耐震構造部会・都市計画部会・ゼロメートル地帯部会の5部会)復興会議終了後・第1回部会開催 7月23日各部会幹事長会議 7月24日産業整備部会第2回会議・現地視察 7月27日新潟市震災復興会議委員追加委嘱(6名) 7月28日産業整備部会第3回会議(於商工会館ホール) 7月30日都市計画・ゼロメートル地帯部会第2回会議開催(於イタリア軒) 7月31日耐震構造部会第2回会議(於イタリア軒) 8月5日中央陳情・要望書提出・新潟県選出国会議員との懇談会 8月8日西港整備部会第2回会議(於イタリア軒) 8月20—21日中央陳情・要望書提出・新潟県選出国会議員と懇談会 8月24日耐震構港部会第3回会議(於イタリア軒)部長会議(市復興計画等審議) 8月25日部長・部会幹事会議(市復興計画等審議) 8月28日産業整備部会第4回会議開催(於イタリア軒)震災復興特別委員会(於第1委員会室) 8月30日部長会議(市復興計画等審議) 8月31日部内会議 9月1日西港整備部会第3回会議産業整備部会第5回会議都市計画部会・ゼロメートル部会第3回会議開催それぞれ答申案成案(於イタリア軒) 9月2日部内会議 9月4日第3回新潟市震災復興会議開催(於イタリア軒)
なおこの推進については、本市と同じ条件下におかれている全国臨海工業都市の建設に大きな指針をあたえることになる。
IV—2.2復興計画の概要
 地震により大きな痛手を受けた本市は、復興計画立案にあたつて、まず市民の生命・財産の安全確保を最重点とした防災都市建設を目標とし、あらゆる対策を総合的に計画することから始めた。そのため、復興に関する基本的な計画推進上の諸問題を総括的に検討し、次に土地利用、国土保全、運輸通信施設等、住民の生活に直結したものについて、その目標や手段方法等を検討した。本計画は、将来この種災害を再び繰り返すことのない防災モデル都市建設を究極の目標としつつ、被災地区の将来の発展を約束する計画であり、これに関連する復興事業は、単なる原形復旧でなく、改良復旧を原則とすることにしている。また復興についても、その根幹となるものは2年以内、その他は3年以内に完成することにした。
 地震復興にあたつては、港湾・河川等の背後地を水から守るための護岸施設を早急に実施し、被災地の経済活動の停滞を防止するため、道路・鉄道電話等の諸施設の復興を平行して進められるようにし、その基盤事業の復興の上にたつて、農林水産、商工業等の再建と生活環境施設の復興をおし進めることにした。復興事業は、数多くの部門があるが、これらは皆有機的なつながりがあるため、その調整が必要であり、しかも短期日のうちに円滑に遂行しなければならない。そのため、国・県・市・関係団体等の事業主体は、住民に十分な理解と協力を得るとともに復興資金の確保や必要な制度の改正等を関係当局に強く要請し、その実現を期することとした。復興完成の荷ない手は何と云つても住民1人1人であり、それぞれの分野に於て復興への努力が積み重ねられることにより、始めて禍を転じて福となす大都市新潟の実現がなされるのである。
 本市は戦後急激に人口が増加し、市街地は計画性のない土地利用が行なわれていた。加えて海抜ゼロメートル地帯が信濃川河口部に広がり、都市排水には何時も悩まされて来た。特に地震により、これら地帯は長期湛水し、被害を一層大きくしたので、このような低地帯の解消を図る方法を検討し、次のような土地利用計画をたてた。
 土地利用に当つては、従来の工場と住宅の混在はさけ、工業地区・商業地区、住宅地区は、整然と区画し、また市民の健康保持と都市環境を整えるため、公園緑地を大量に生み出し、市民に憩いの場をあたえる。ゼロメートル地帯解消のため、東新潟に於ては総合的な河川対策を行なう。
(1)ゼロメートル地帯への対策
 本市街地の1/3は海抜ゼロメートル地帯であつたが、此度の地震復興によりこの対策は、ゆるがせに出来ない問題である。そのため地震により大きく被災した河川の堤防締切り工法は、対震性を考慮し、基礎構造を強固にする必要から、矢板工法を採用することにした。この堤防の背後には、充分な幅員と高さの盛上を行ない異状洪水に対処することにしたが、なお地盤沈下が若干づつても進行している現況から、将来において護岸の嵩上げが出来るよう配慮した。特に今次地震のため堤防が決壊し、浸水被害を大きく受けた通船川・新旧栗の木川・鳥屋野潟を含む東新潟地区一帯のゼロメートル地帯は、地震により平均10cmもの地盤沈下が生じ、外水との標高差を益々大きくしたので、防災都市建設の見地から、抜本的な対策として、より強固な堤防嵩上げ工事の必要が生じて来た。しかしこれは、年々河川水位の上昇や将来の治水効果、河川管理上の面等種々問題をふくんでいる。即ち、堤防嵩上げ工事を行なえば、周辺工場地帯・市街地・農地等は、この工事に見あう地盤嵩上げの必要が生じて来る。そのためには多額の経費を伴うことになる。また新旧栗の木川両岸及び新潟駅周辺は、近年急激な発展が見られ、通船川下流は山ノ下工場地帯とともに、木材関連企業の発展が目ざましい。このためこれら両地帯は、これからも益々土地利用の高度化が要求されるので、従来の高水路方式による治水では、到底これらの地域の問題を打開することが出来ない。そのため当該地区の災害を防止し、地域住民の不安を一掃するため、現在より1.3m~1.9m水位をさげ、自然排水の条件を備える低水路方式を採用することにした。
 なおこの事業の概要は次の通りである。
①通船川対策 通船川の上流は、農業地帯であり、中下流は工場及び住宅街となつているので、排水系統を農地と都市に分離して処理することにし、薬師橋附近で締切り、農地排水は津島屋排水機場より阿賀野川に、都市排水は栗の木川都市排水と併せて山ノ下排水機場により、信濃川にそれぞれ排水する。なお、通船川沿岸には、貯木場が設けられていることと、木材関連企業地域のため、イカダ船通過を考え通船間門を設けることにしている。
②新旧栗の木川対策 旧栗の木川は将来の土地利用を考え、これを廃川として埋立を行ない、道路として活用することにする。新栗の木川は農業排水の必要がなくなるので、栗の木川排水機場を活用し、5m3/secの流量を確保し、河川汚染を防止するとともに都市排水路とする。
③農業排水対 策現在亀由郷1万余ヘクタールの農業排水は、鳥屋野潟に集水しぐ栗の木川排水機場によつて栗の木川に排水され、信濃川に自然排水されている。比度の地震により、この鳥屋野潟周辺は、30cmから100cm位沈下し、中蒲原郡横越地区は逆に10cm~50cm位隆起した。そのためこれら地区から鳥屋野潟に流入する水の速度が一段と速くなつて来ている現状と、新旧栗ノ木川の流量が限界にきていることから背後地洪水を都市より分離して、親松排水路2,500mで(53m3/sec)で直接信濃川に排水することにした。この計画が完成すれば、東新潟地区一帯は高度の土地利用が図られ、従来度々水害に悩まされていたこれら地帯も、一段と活況を呈することになるであろう。
②幹線道路の建設と都市計画街路の整備
 昭和41年9月末現在、新潟市内には約3万5,000台の自動車と3万台のバイクが登録されている。この比率は1世帯当り0.8台であり、やがて、1世帯1自動車の事態が目前に迫つている。このため交通事情は悪くなる一方で、本年8月1日市内中心部は大巾に交通規制を行ない、かろうじて交通確保を行なつている現状である。特に万代橋を通過する自動車は1時間4千台にも達し、有効交通量をはかるに突破し、交通の限界が見えている。しかも経済流通の迅速化に伴い、その動脈的役割を独占していた鉄道にとつて代り、自動車が年々その比重を増して行く。そのため都市発展の基盤は、何をおいても道路の整備から始めなければならない。
 新潟地震により都市交通が全く麻痺し、信農川に架る三橋の被災により東西新潟の交通は途絶し、各種の救援復旧活動は大きな障害を受けた。この体験は交通網の整備が何にもまして、優先されねばならないことを示した。復興計画では、このことを充分取り入れ、被災した道路橋梁は、早急に復旧するとともに、将来の都市発展の方向にあわせた積極的な道路造りをおし進めることとし、現在の市街地のバイパス(大部会の交通緩和のため、都会の外側のわき道を通らせて、市中にいれないようにする自動車道路)的な役割を果たす新潟バイパス線(泰平橋~帝石橋間11.4km幅員14~22m)の建設を急ぎ、あわせて、北陸経済圏と結ぶ北陸自動車道の建設、関東経済圏とを結ぶ関越高速自動車道の建設を図るものとした。
 これが完成すると、富山市へは3時間、金沢市には4時間で行くことができ、現在の急行より早くなる。なお関東経済圏へは、4時間で到着、特急トキよりも早くなる。また東西両新潟を結ぶ橋梁も、万代橋下手河口附近に港大橋(仮称)を、又昭和大橋の上流に関屋大橋(仮称)を建設し、国道新潟バイパスにより7・8号線、49号線より本市の中心部に進入する車をこのバイパスを通して行なうことにする。なおこれらの道路橋梁を結ぶため、内野から五十嵐浜を経て競馬町に至る2級国道バイパスとそれにつながる海岸通りにも路線を設け、本市の道路を環状的に構成し、立体交差を取り入れ、交通に支障のないようにする。また東新潟については、河川総合対策と相まつて、栗の木川の埋立てを行ない、亀田バイパスに結び新津市と直結する。
 その外、都市計画街路の建設については、将来の都市発展の方向や、防災上の街路の役割を考え、能率的な都市交通ができるよう、街路網の再編成を行なうが、これら主要街路の建設は、沿道建築物件の移転を伴うことや、都市改造事業と並行して行なう必要があるなどにより、経費も4大なものになるため、完成にはまだ相当の時間を要する見込みである。以下その路線について記述する。①川端町入舟線、…信濃川左岸河口部の都市改造事業と並行して、昭和大橋取付部から入船町まで幹線道路を建設する。②現在の東港線は、現況では、拡幅が困難なので、高架道の建設を行ない、臨港鉄道との交差点、1級国道7号線との交差等は立体交差にするとともに、栗の木川埋立後の道路との関係も良くする。③昭和橋青山線…堀之内から昭和大橋を通り、青山で2級国道バイパスと連絡出来るように蔵所堀跡及び昭和大橋一鳥屋野連絡所において越後線との立体交差を行ない
(昭和41年度着工)、新潟バイパスにつながる路線とする。④新潟鳥屋野線…八千代橋を通り新潟バイパスに至る本線は、拡幅した八千代橋から新潟駅に到達する道を新設し、西跨線橋の建設をも含め、都市改造事業と並行して行なう。⑤河渡石山線…白新線との立体交差を含めて拡幅員22mとして整備する。⑥新潟飛行場線…県道新潟村上線から飛行場附近で通船川沿いに延長し、国道バイパスと連絡できるよう整備する。
 このようにして道路幅員を拡げ、立体交差を設け、国道バイパスと路線を結ぶことが出来れば、現在の2倍以上の車を市内に乗り入れても交通渋滞を来たすことがなく、県内外から大量の自動車乗り入れがあつてもさばくことができ本市の発展が無限に広がることが約束される。
(3)鉄道
 陸上交通が自動車に取つて変りつつある現在に於ても、大量に物を運ぶには、やはり鉄道輸送でなければならないし、鉄道の果す役割も大きい。地震により大きく被災した新潟駅・白山駅もすつかり復興し、第5次拡張計画により全線複線化電化が完了すれば、現在の3倍の能率を発揮することができる。国鉄ではそれに対応するため地震で全滅した万代島駅に変る新貨物駅の建設を始め、幾多の施設改善を行なつている。
(4)港湾
 港湾地帯は完全に復興し、西港は商業港としての機能を発揮している。又貨物取扱量も最近非常に増加しているが、これが施設改善に努め、工業港である東港に対応出来るようにする。港の使用区分についても明確にし、保安港区を始め特殊港区、漁港区、商業港区を定め、より能動的な機能とする。
(5)商業
 商業の復興は、繊維・食料品を中心に卸売団地を、新しくできる新賃物駅附近に造成し、合理化を図る。また被災した商店の復興は、金融処置を行なわければならないので、各種の公共金融処置についても便宜を図るとともに、新しい、流通センターの開発についても援助をおしまない。
(6)工業
 既存の工業地帯のうちには環境にそわない処があるので、将来の発展を考慮して、移転した方が良い工場は団地造成を行ない、移転するよう指導する。また機械・木材・木工等の関係で中小工場が集団化できるよう、これに必要な資金の助成についても努める。現在東工業港の建設が進められているが、工場等でこの立地条件にあうものは、すみやかに移転指導を図る。なお現在の団地計画に併せて、工場立地に必要欠くべからざる工業用水、天然ガス、電力供給施設などの整備を図るとともに、各企業に対する公害対策の指導も強化する。
(7)農林水産業
 本市は、第一次産業の生産額が年々衰えをみせ、第二次第三次産業が急激に伸びているが、農業生産指導も強化する。そのため39年10月農地課の独立、同12月には農林水産部の設置を行ない、着々その体制を備えている。
 林業については、港湾機能の充実と工業生産額の増加により、新潟港に陸上げされる木材は、年々増加の一途をたどつており、現在栗の木川や通船川が貯木場化しているので、東新潟総合河川対策との関係で現在の貯木場の外に、第二貯木場(245,000m2)を作り、激増する木材入荷に対処することにしている。
 水産については、現在の松浜港・新川漁港の改修が終り、新施設の整備拡充を図る。
(8)住宅
 地震火災で焼失した世帯等を入居させるため、県市合せて600戸を新築し、また被災した公営住宅も復旧を行つた。しかし本市の発展には、住宅の充足が望まれているので、国の政策とあいまつて、昭和45年までに1,600戸の建設を行い、市民の住宅不足を解消することにしているが、これが建築に当つては、住宅環境を整備し、本市のベツドタウンとして発展する石山・鳥屋野・内野・坂井輪方面を主体に住宅開発を行う。これに併せて文化生活に欠くことの出来ない下水道・上水道・ガス施設の充実も考慮し、健康で明るい生活が営まれるよう配慮するとともに、1世帯1住宅を目標に住宅難を解消する。また自己資金で建設するものには、その資金融資と住宅団地の造成斡旋も併せて行なうことにしている。
(9)上水道
 地震発生当時本市の給水人口は約25万人であつた、そのため都市発展に対応せず、能力に限界を来たしていたので、第4回拡張計画を実施中の処、新潟地震に遭遇したのである。そのため地震復興はこの第4回拡張計画と併せて早急に完成することにした。この計画は現在の浄水施設を整備拡充し、新たに横越浄水所を加えるもので、これが完成すれば50万人分300,000m3/日の給水を確保することができ、夏場の渇水期でも水不足は解消される。また配水系統も再編成し、万一の災害にも備えている。
(10)下水道
 生活が向上すれば向上する程、都市環境を整備しなければならない。地震のため地下埋設物の破壊とともに排水機場も大きく被災し、長期湛水の原因をなしたが、これら施設の本復旧も終り、将来の都市形態にあつた下水施設の恒久計画をたてている。また終末処理場も、本市の昭和55年度人口を約509,000人と推計し、このうち約468,000人の市街地人口に対して都市環境の近代化を促進するため、下水道の積極的な普及をはかつている。この場合の終末処理場は、広域施設により集約することを理想とするが、公共下水道計画を考慮し、市内4か所に建設する。これが完成の暁には汚水処理能力は大巾に増加する。
(11)清掃施設
 文化のバロメーターと云われるごみの排出量に対応するため、新たに小新地区に西清掃センターを設け、激増するごみ・し尿の処理に当るが、取りあえず、昭和42年の推定都市人口の80%を計画処理人口とし、施設の充実を図つて行く。また都市交通が複雑して来ているので、東西に別けて集収を行ない、終末処理を行う。
(12)公園緑地
 緑と水と広場のまち新潟市を目標に、公園も復旧が終つたが、我が国の公園計画では1人当りの所要面積を市街地では3m2、郊外部を含めた場合6m2としているので、現在計画決定されている公園が造成されたとしても遠くこれに及ばない。そのため将来の都市形態にあう都市の美観及び防災を兼ねた防災緑地・墓地公園を設置し、住宅街には、適宜児童公園、交通公園の設置を促進し、市民に憩いの場を提供する。
(13)社会福祉施設
保育園・老人ホーム・母子寮・身心障害者施設等の社会福祉施設も大きく被災し、それぞれ復興を終つたのであるが、これらの施設の充実も地域の実体に即したものとし、その建設を推進するものとする。
(14)教育施設
①学校施設
 近郊農地帯が都市化して来るに従い、これら地域の学校施設も不足を生じている現況に鑑み、これら施設の充実を図るとともに、既存の老朽校舎の改築も併せて行なう。また近代的都市環境にあつた学区にするため、学区編成替等も検討する。また近年幼児教育の充実が叫ばれ、学令年令等の引下げも検討される段階に来ている現状に鑑み、市立幼稚園の充実も併せて行なう。
②社会教育
 近代都市として日ましに発展する新潟市の社会教育は、市民の学習の場として、施設の整備を急がねばならない。ゆたかな文化的教養と、ひろい視野にたつ政治的教養など、市民の向上を目ざした学習の機会と施設を提供することが必要であり、将来において児童文化センター、青少年教育センター、博物館などの施設を建設ならびに増改築する。
③体育施設
 現在新産業都市計画の一環として、市民が体育を楽しめる総合運動場(松浜地区)、野外活動センター(赤塚地区)、その他市民プールなどの新設を計画している。
(15)都市開発と関屋分水計画
 将来の新潟市を論ずるにあたつては、関屋分水を除いて考えることはできない。日本一の長江信濃川河口の流れを変えることは、今から140年前の文政年間に於てすでに計画されていたといわれている。その後本市の発展とともにこの調査計画も幾多変更されたが、昭和40年4月、国の直轄事業としてようやく具体的な作業が着手された。
 この計画が完成することによつて信濃川をめぐる治水、利水、海岸保護が一挙に解決され本市は面目を一新するであろう。現在の信濃川は毎年200屯もの土砂を海へ吐き出している。このため新潟港は、毎年莫大な経費をかけ浚渫して来たが、この必要がなくなり、現在の新潟港の水深維持が簡単になる。また日本海の荒波で決壊している学校町浜や、関屋浜も分水の流失土砂で止まることが考えられる。なお、分水が完成すれば、分水から下流の信濃川は河川が汚されない程度の流量で充分であり、そんなに広い川幅は必要としない。県が当初この計画をたてたとき、この河川敷を売却して工事費に充てることが考えられていた。然し、国営事業になつた現在では、経費の点でその必要はないものの河川敷埋立てについては当然何んらかの対策がとられるであろう。この東西新潟の中心に位置する広い埋立地の利用こそ、近代都市の様想を備えて来た本市にとつてまたとない機会である。
 また河幅が狭められれば橋の建設等も容易であろうし、現在万代、八千代、昭和大、の三橋に頼つている本市東西の交通は大幅に改革され、東西新潟の一体化が図られ発展するであろう。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1391px
  • 高さ:990px
  • ファイルサイズ:1.2MB
写真 写真:新潟市百年の大計を樹立する復興会議が開催された。
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2332px
  • 高さ:5940px
  • ファイルサイズ:6.1MB
表:IV—2表1 新潟市震災復興会議名簿
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1005px
  • 高さ:921px
  • ファイルサイズ:498.3KB
地図 図:上水道復興図(第4回拡張計画)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2299px
  • 高さ:1336px
  • ファイルサイズ:1.6MB
表:IV—2表2 新潟市の水道の変遷
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1463px
  • 高さ:1128px
  • ファイルサイズ:810.4KB
地図 図:下水道計画区域図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2354px
  • 高さ:704px
  • ファイルサイズ:746.7KB
表:IV—2表3 下水道終末処理場建設計画
オリジナルサイズ画像
  • 幅:4674px
  • 高さ:2986px
  • ファイルサイズ:6.4MB
表:VI—2表4 新潟地震災害復旧費

第V篇 余録

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1304px
  • 高さ:831px
  • ファイルサイズ:956.2KB
写真 写真:感謝状第1号贈呈式(市長室において)—受けるのは八千代橋請負業者—

第1章 感謝状の贈呈

 このたびの災害の救援救護および応急復旧にあたつては、国を始め全国都道府県・市町村・各機関・諸団体ならびに全国有志の方々および遠く海外から暖かい救援の手がさし延べられた事については前述したが、特に派遣要請に応じて逸早く出動し、組織的に強力に献身的な救援活動を行つた自衛隊出動部隊の活躍は、35万市民の等しく感激した処で、災害にうちひしがれて悲嘆の底にあつた被災市民に大きな希望と勇気を与えたものであつた。
 市はそれらの方々の功労に対し感謝状を贈呈する事とし、7月7日八千代橋応急復旧業者を始めとし、7月11日名古屋市・尼崎市水道局・日本水道協会中部地方支部に感謝状を贈つた。其後も応急復旧の進むにつれて感謝状の贈呈先を増し、1,825団体、2,052人に対してそれぞれ感謝状を贈つて感謝の意を表した。

感謝状
     殿
 昭和39年6月16日発生の新潟地震に際し、罹災者の救護並びに災害復旧等に昼夜の別なく、あらゆる悪条件を克服し、本市災害対策本部の活動に献身的に協力されたことに対しては、市民のひとしく感激しているところであります。
 よつてここに35万市民を代表して衷心より感謝の意を表します。
  昭和39年 月 日
     新潟市長 渡辺浩太郎

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1314px
  • 高さ:1012px
  • ファイルサイズ:656.3KB
表:V—1表1 感謝状贈呈先一覧
オリジナルサイズ画像
  • 幅:px
  • 高さ:px
  • ファイルサイズ: bytes
表:V—1表2 感謝状贈呈先

第2章 新潟地震の体験と反省を語る

Array新潟地震の体験を語る
     市議会議員(地震当時・市議会議長)
        加藤大輔(談)
 地震の時市長は不在であつたので、助役と相談してさつそく市の災害対策本部を設置したが、部課長が集まつたその席で、自分は『自分が信じてよいと思つた事は、どんどん機を逸せず実施せよ。悪ければ後で直せばよい。要は拙速を尊ぶ』旨を強調した。
 自分は九星による判断から、その年は九紫の年で6月は一白に当り、16日は九紫の日であつたが、午後1時から3時まで五黄がまわつているので、1時から3時までが最も危険の時であると判断していたので、地震後の津波を最も懸念した。そこで市民には3階以上の高層建物に避難するよう命令を出す事を要請した。その日は大和百貨店は開店していたが、小林デパートは休店日で留守番しかいなかつたが、小林の当直員が市の本部に来て、休日故市民を入れるのは困ると申し入れて来た。そこで自分は『何を云うか、デパートは市民の愛顧により伸びて来たのではないか、この非常時に入れる事が出来ぬとは何事か、すぐ店を開いて3階以上に避難者を容れてくれ。』と云つてやつた。そこで小林デパートは扉を開いて避難者を入店させた。
 地震体験のうちで最も印象の深いのは、入舟方面の湛水地域締切り前夜のことである。湛水排除のための築堤工事がなかなか完成しないので、締切り前夜の11時頃(20日の事であつたと思う)、自分は市長と2人で県庁に赴き、第1師団長と第12師団長に会つて、一刻も早く締切り工事を終わらせるよう要請した。両師団長はそのためには1万人の人手(後には5千人でもよいと訂正された)と船3隻、麻袋3万枚、俵数万俵(確かな数字は忘れたが)を至急手配してくれと要求したので、市長と自分はその手配は承知した。そして翌日(21日)夜12時までに締切りを終らせるという事であつたので、自分と市長は21日夜12時頃現場に行つて見たが、未締切の堤が150m程残つていたので、吾々はその締切り工事を激励して、22日午前1時半頃ようやく締切りを終わつた。そこで吾々は船見町ポンプ場の排水作業に着手するのを見届けて、帰宅の途についたのは午前3時頃であつた。そんな訳で自分も市長も、その日はひと晩まんじりともしなかつた。

     新潟地震の体験
        市議会議員(地震当時・総務委員長)
         星野星衛
 地震前日の6月15日の議会運営委員会の席で、渡辺市長はガルベストンとの姉妹都市提携について、7月4日の独立記念日に同市を訪問したい。ハバロフスクよりも招請があるので、この方にも8月頃行きたいといつたが、翌日は地震の来襲で新潟市は混乱の巷と化してしまつた。地震の翌日全員協議会が開かれ、市長より被害状況の説明があつたが、あまりに被害が大きく、この分では我々の任期中に、国体当時の奇麗な新潟市をとり戻せればよい方であると思つた。そして19日には急施市会を開き、地震災害対策特別委員会の設置と、3億4,400万円の応急対策費を決定し、議会側も市当局と一体になつて、地震復興と罹災者の救済に立ち上つた。22日の市議会は劈頭自衛隊の不眠不休の活躍に対し感謝の決議文を可決した。そうして24日の総務委員会では全市に亘り被災地域を視察した。山ノ下方面はいまだ道路一面河であつたが、東消防署の好意で水陸両用の消防車を出してもらい、臨港町の類焼地区や昭石の炎上中の石油タンクまで視察することができた。市内至る所悲惨な状況を視て、地震に打ちひしがれた市民の為に、身を挺して働くことを心の中で誓つた。その他義捐金配分、仮設住宅の入居者選考等の各種の会合が毎日続いた。その合間をぬつて被災者を見舞い、何かと相談をうけ、帰宅するのは毎夜10時すぎであつた。各所を飛び廻つている内に避難所や湛水地域におる者が、一番不自由しているものはパンツであることが分り、町内に呼びかけパンツ専門に集めた。忽ち山の様に集まり、よく気がついたとほめられ、あとで感謝状を頂戴した。

     新潟地震の思い出
        市議会議員(地震当時・建設委員長)
         中村六郎
 新潟国体の開催が決定してから、三年の間精根を傾けた国体の馬術が無事に終了して僅に5日後、片付けも終らない6月16日の午後、私は県庁裏の第一港湾建設局の前通りを、県庁に向つて歩いていた。突如大地と共に体の揺れるのを感じた。瞬間民家の前の水道が破裂して水が噴出し、道路が蚯蚓か蛇が這うような形で地割れが起り、側溝がバタバタと倒れ、地割れから地下水が噴出し始めた。後を振り向くと、県立中央高校の高い校舎が、東西に大きく揺れて、其の下の民家が、丁度大波に翻弄された小舟のように揺れて、今にも潰れそうである。県庁の方を眺めると、埠頭と思われる方向に、天に沖する黒煙が見ゆる。電車通りに出ると、車が立往生して、小型車が一台陥没した穴にすつぽり落ちている。「大地震だ、容易ならざる事態が起つた。」そう思つた私は、知人の宅から自転車を借用し、水の中を走り、松波町の自宅に帰り、作業衣とゴム長靴に服装を改め、津波襲来時の処置を指示して自転車に飛び乗り、市役所に駈けつけた。
<建設委員長としての活動>
 庁内は津波の襲来を告げて、職員の活動が一層慌しくなつた。命令権も一人の動かし得る人も持たない一個人が「何をなすべきか」、当局者に対して助言と援助をなし市民の要求を可能な限り速かに実現する外にない。こう決心すると、自転車で西新潟の北部地帯・東新潟・山ノ下を水と油の中を一巡して、其の被害の甚大さに驚いた。爾後苦闘の連続であつたが、其の中から特記すべき若干を挙げてみよう。連日土嚢とポンプを要求して対策本部に押し寄せる町民代表を、建設委員交代での処理。飲料水を求めて給水車にむらがる市民、この要求に応ずる為に水道応援隊の給与に、旧軍人を動員しての野外炊事、応急宿舎の急造に自ら設計監督。国と県の所轄事項に対する陳情等々、不眠不休の思い出は尽きない。

     新潟地震と市議会
        市議会事務局長
         松井米雄
 まことに由々しい非常時であるという議員さんの持たれた悲壮感は、審議機関として市政に対して、批判的でなければならんという議員の領域を越えて、このたびの災害では市の執行部に対して、叱た激励の立場に立つて真に協力し、団結してやらなければならぬという、議員さんの一致した気持ちがありありと伺われました。
 地震が起ると直ちに各市議会から、精神的、物質的な両面にわたる心からの援助をいち早くいただきました。愕然として打ちひしがれ、困つたこの時にあたり、慰めや激励には、真に感謝の念いつぱいでありました。議員さんは感謝決議をやりましたが、これは単に議会だけの問題でなく、市関係者全体が感謝の気持ちを持たぬものはなかつたのでありまして、協力して団結してやろうという気持ちが、基調になつていたのではないでしようか。
 議会事務局員は、議会活動の縁の下の下働きでありますが、この時一番困り痛切に感じた事は、通信と交通が途絶え、議員さんが緊急に会議をして応急に必要な議会としての処置をしなければならぬ時に、議員さん個々に連絡ををとる事ができずために、その会議の通知が出来なかつた事です。結局ラジオ放送でどうにか用を果しましたが、その間における事務局職員としての任務を果たす事のできないというもどかしさは、居ても立つても居られぬ気持ちでした。
 市執行部の職員の皆さん方が、救援活動で日夜を分たず苦闘して居られて、議会事務局職員としても業務のかたわら、救援活動の手助けをしなければならなかつたのでありますが、事務局・業務との二つの仕事の間に挾まれて、ジレンマの苦労をしたその心労も大きなものでありました。
 議員さんで要職についていた方々、たとえば議長さんとか副議長さんとか特別委員長さんなどは、市役所の災害対策本部との緊密な復旧事業遂行のため、議会詰が多く区民へのサービスに欠ける気の毒な面もありました。
 また市の苦情処理相談所の現場に、交互に議員さんが出向いて来て、いきり立つ罹災市民の要求に対して、市の置かれている困難な立場をるる説明して、市民をなだめて理解を求め、苦情処理係を後方より援護する行動をとられたことは、私は有効適切なことだと思いました。
 又苦情の問題では地域の市会議員を頼つて来た罹災者の中には、大挙して市に陳情をと意気まいて来るような事もしばしばありましたが、「とにかくこの問題は俺にまかせてくれ」と、なだめて帰えす様な場面もあり、苦情処理の混乱を来すことのないような議員さんの配慮はよいことでした。議員さんの中には又罹災した家をもかえりみず、議会人の責務を果されたことは立派でした。

     職員の労苦に感謝
       市総務部長(地震当時・市長公室長)
        中島正二
 国体の準備・実施・優勝と、その疲労と陶酔が重なりあつて、国体の夢未だ醒めやらぬ時に、一瞬にして阿鼻叫喚の巷と化した。当時の混乱と職責の重大さに対する感激とは、今も瞼のうちに焼きつけられている。
 地震当時市役所職員は2千6百余。家屋の焼失・倒壊・浸水等職員の八割は、大なり小なり被災したが、公務のためには身辺を省みず、「何がなんでもやり抜くぞ」とある者は渦巻く濁流に飛び込んで築堤に協力し、ある者は腰まで浸つて食糧を運搬した。また十日以上も家に帰らず、日夜被害調査に査定業務に専念した職員もあれば、山をなす救援物資の処理と取り組んで、昏倒寸前まで幾日も頑張つた者もあつた。頬はこけ、目はくぼみ血ばしつて、疲労困憊の中を頑張り抜いた者もあつた。応急対策も日がたつにつれて、各部からの人員要求は一人でも多くをと迫つてきた。人員配置の担当者としては、限られた人員をいかに有効適切に配置すべきかは最も心痛した処であつた。とにかく市職員は全身全魂を傾けて頑張つてくれた。心より感謝した。また市内外からは、各種機関団体より厖大な人的物的のご援助、大学生、高校生諸君の純真なご後援等、いかに感謝し、感銘したことか。これらの感銘は、私の生涯を通じて忘れ得ぬものとなつている。

     救援物資配分の思い出
       市財務部長(地震当時・国民年金課長)
        本間高明
 あの一瞬から既に2年、往時を回想すると誠に感無量なるものがある。私の所管は全国から寄せられた救援物資の配分であつた。僅かに課員23名、内女子職員4名の小部隊で、16日の夜半から戦かいは始まつたのである。夜を徹して運びこまれる物資の山、ペンより他に重いものを持つたことのない職員が汗にまみれての奮闘である。通信網は全滅、道路交通は麻痺状態、罹災民の把握は全く不可能である。その中に息せき切つての連絡が入る。それ行けと、発生後2~3日は全くの応急配給より方法がない。やつと出発した輸送隊も平常なら2~30分で行ける地点に、往復6時間もかかる有様である。
 発生後1週間目、自衛隊のヘリコプターに乗せてもらい、輸送路の状況を空から視察する。昭石の火災は無気味な黒煙を噴き続けている。浸水地帯もまだ多い。通行可能の道路は延々たる車の行列である。この日から自衛隊の大型トラックをお願して、浸水地帯に乗り入れての物資の強行配分を行う。どんなに市民の方々に喜こばれたことか。日のたつにつれて、高校生・各種団体・他部局の市職員と続々と応援をいただく。何しろ市内でも有数の大規模校である寄居中学校及び新潟小学校二校の屋内体育館を、一日交替に受入れ払出の窓口として指定して、配分の迅速化を図つたのであるが、一方の搬出を終つて翌日の計画をたてる為、受入れ校へ行くと、あの広い体育館が又々救援物資の山なのだ。有難い、有難いと思いながらも極度の疲労感におそわれたことも、偽らない事実であつた。
 また火も水も自由に使用できない状態の中で、生鮮野菜・魚介類の配分に苦労したこと、そんな頃に即席ラーメンを配給してどうして食うのかと聞かれたこと、夜半緊急無電連絡を受けて、紅蓮の炎をあげる昭石火災を横に見て、藤見中学収容所へ乳児ミルクを屈けたこと、等々走馬燈のように思い出はつきない。最後にあたたかい救援品を贈つていただいた全国の方々及び末端配給に並々ならぬ御協力をいただいた町内自治会の方々、その他種々応援をいただいた各方面の方々に、心から御礼を申し上げる次第である。

     震災の経験談
      —キウリの山と委託苗代と—
       市農林水産部長(地震当時・農林水産課長)
         小林三友(談)
(1)地震の翌日市民の方々が野菜不足で困つてはいけないと、これが一番心配でした。翌17日4班の災害調査班に野菜の出荷も前通り出してくれる様に産地にお願いをしてもらつていました。頼んだ野菜の産地は、濁川・両川・石山・大江山地区などがおもにお願いしたところでありましたが、後に県と経済連にもお願いして、市外近郊の農村にも頼みこんだのですが、おもなところは庄瀬・大郷・豊栄・聖篭・紫雲寺等の各産地でした。ところがその頃、夏野菜が最盛期に入ろうとしていたんですが、地震で鉄道が不通になつて北海道行きが全部とまつていました。産地の方はキウリの最盛期でしたから、キウリはだんだん大きく伸びて、それに保存がきかんものですから、どこからもキウリが沢山でて来ました。トマトも多少出ましたが殆んどがキウリで、新潟市にはキウリの山ができたんです。農協ではキウリを問屋へ出す問屋はこれを小売店へ配給する。小売店の中には仕方なく店頭にキウリの山を築いて「どうぞ自由にお持ち下さい」と貼り札を出して、無料配布すると云う状態がそこここに現れました。他の野菜も少しは出ましたが、8割以上がキウリで、あんまりキウリばかり出過ぎまして、新潟市の方達は漬け物樽ではあるまいし、こんなにキウリばかりは食えないじやないかという苦情も出ました。トマトもキウリの1/3近く出ましたが、これは生まで食べられますので、市民に非常に喜ばれました。問屋さんと小売屋さんを督励しまして、湛水地域には船で野菜を運んでとどけるように手配したり、被災者の方々に出来るだけ送るよう努めました。そして地震後市民から野菜が不足だつたという苦情は余り聞かないですみました。これでまあひといきついたのですが、処が野菜をお願いして出して貰つた後始末なんです。キウリだけ一時に沢山出たので値が下がつてしまつて、生産者には随分迷惑をかけてしまいました。一番困られたのは、それを集めて出荷した産地農協の方々で、金は払わぬ訳には行かないし、高くは買われていないし、又みんな地震で困つている時なんで、普通の代金を取ろうなんて思つていないんですけど、何とか格好をつけなければならんので、その顛末を組合員に云い訳けしなければならんというので、私が詑び状を書いて、頭をさげてあやまつて協力を得た訳です。市外の産地にもそう云つたケースは大なり小なり出て来たんですが、あとから酒を持つて自動車で各産地にあやまつて廻りました。ほんとうによく産地の方々からご協力を戴いたものです。これは産地の方々の理解ある御見舞出荷で救れた訳です。感謝・感謝。
(2)もう一つの話。これは対策がうまく行つた自慢話なんです。その中心地は一番被害の多かつた通船川沿線の大形地区で、被害面積は約500町歩にわたつています。震災復興第1年目の昭和40年春には、是非共作付けをしなければならないのですが、農地の復旧工事が間に合わず、苗代を作れない地域が240~250町歩も出て来ました。いよいよ春もたけなわとなり、4月上旬には種を蒔く頃になりましたが、工事完成の目度がつかないし、現地はいつ災害復旧工事が田植えの出来るような状態になるか、それはとても目安もつきかねる状態でした。そういう状態の中で種蒔きをどうするかと云う事になりました。
 新潟市近郊の晩植の限界は6月22~23日頃ですから、それまでに応急復旧は終らなければならないのです。その終る時期を見計らつて、それに合せて種を蒔いて置けばよいのですが、当時それでは種蒔き場所をどこにするかが又問題になつていました。そこで次のような目標を立てました。早い処では6月5日、晩くも6月15日から20日に田植えを済ませることとし、それに合わせて委託苗代24,335坪の設置を計画しました。それを農家や関係官庁、団体と密接な連携を保ち、十分技術指導をした結果、ピシヤリ予定時期に田植えが出来たときには、ほんとうにほつとしました。その年の稲作は農道はまだやわらかいし、機械も入らない場所が多かつたので、稲作に心配されていましたが、委託苗代を実施した地域は予想収量をはるかに上廻る収量を得る事が出来たのです。あの混乱の中で増収できた事は、災害復旧を担当された県の新津耕地出張所・亀田郷土地改良区・県の普及所・市の農林課・農地課・地元の大形農協、それに地元部落の方々等の縦横の連絡が緊密にできた精華だと思つて居ります。ほんとうに関係者はよく頑張つて下さいました。やれば出来る事としみじみ味わいました。ドンピシヤリだつたんです。

     震災応急対策の思い出
       市商工労働部長(地震当時・経済労働部長)
         若林忠蔵(談)
 当時私の担当として、まず何をおいても急がなければならぬと考えたのは、市民生活に必要欠くべからざる必需物資の確保でした。買い溜め売り惜しみ等は、絶体にあつてはならないと云う事が差当つての仕事でした。そのとき周囲の状況は全く分らない有様でしたが、まもなくラジオ放送によつて、ひどく被災しているのは新潟市と、その周辺である事が分つて来ました。被害は新潟だけだ今は物資が豊富な時代だから、交通さえ回復すれば物資は新潟に入つて来るので、外部との交通連絡がとれる様になるまで、持ちこたえる事が出来れば、物価の異常暴騰等は防ぎ得る。それまで公正の流通経路を守ればよいという事で、—すぐに物価騰貴防止、営業早期開始促進に取り掛つた。
 部内の職員を手分けして、各方面の状況調査をさせた。近くの両デパートはともに心よく協力してくれて、17日の午後には両者共アーケードの下に厨房道具、バケツ、チリ紙、石けん、タオル等を並べて販売し、コツペパンも売り出しました。物価監視隊も出しましたが、当初2日間は被害のひどかつた処は、店など開いている処は殆んどなかつた。市民が当初一番困つたのはやはり水でした。水は当日の夕方から、給水が始められましたが、これだけでも民心安定にどれだけ役立つた事か。次に野菜ですが、当時キウリの出盛りで当日も問屋には相当あつたのですが、買い出し人が来ないので、ある問屋さんは、道路上で無料で配るなどいう事もありました。農林課の職員は、近郊産地へ出荷要請に回りました。価格は地震前よりはね上がつたのは殆んどありませんでした。価格の点で警察に連絡したのは、ただの一件で、それも交通が途絶して、周囲の状況が分らないものですから、キウリを前日より1本につき10円程度高く売つていたが、すぐ元の値に戻しました。こんな訳で異常な高値で売りつけるという忌わしい事は、全く起りませんでした。
 それからガスが止まつているものですから、すぐ薪炭の調査をさせました。結果は、経済連倉庫に木炭20,000俵、その他煉炭など約30トンあり差当り心配なく、食品類は缶詰が全市民1か月分の在庫があることが分りました。味噌醤油は2か月分はある、米は1か月分は十分ある。こういうように、食品類は十分あるから買い溜め、売り惜しみする必要はないとラジオ放送で、繰返えし繰返えし市民に訴えましたので、懸念した事は何も起らずに済みました。
 私の担当の方には公共施設は余りない。中央卸市場は被害皆無の報告が早くはいり、これはうれしかつた。それからやや落ち付いてから復旧対策になる訳ですが、収容所をひきあげて家庭に安定した生活に入る段になると、水没地帯はいずれも畳をやられているので、畳手配の問題に手をつけました。畳の必要量の調査をした処が、20万枚という数字が出て来たのには驚きました。これが調達について一時に20万の数は到底不可能なので、逐次補給する方針をとりまして、畳の組合と連絡をとり、県内の産地につき畳床の入手をまず手配しました。畳表仕入のため業者に融資もしました。北陸ガスは応急対策としてプロパンガスの供給をはじめましたので、この斡旋もやりましたが、各家庭がとにかくひと通り、各々自分の家で不便ながらも生活できるようになるまでには、かれこれひと月はかかりました。
 水産関係の被害もひどかつたが、私が最も感激したのは、漁業関係の人たちの心意気でした。生まの魚はその日からゼロになりました。冷蔵庫はあの瞬間から使えない、海には魚はいるので捕れば捕れる訳ですが、漁師も船も漁具もやられたのだが、そこを頑張つて魚を捕つて来たが、柳島の魚市場も東港線の水産物物揚場もひどくやられて、船がつけられない。それを仮淺橋をつくり破損した岸壁を越えて、陸上げして傾いて半ば水没している水産物物揚場でせり市をやりました。これが25日で、太田鮮魚の社長さんの話では、「これは正に敵前上陸の気持ちであつた」そうで、それ程漁業関係の人たちは、市民に生鮮な食品を早く提供しようと使命感にあふれて、漁業の復旧に打ち込んだのでありました。作業服で半長靴の渡辺市長も清酒10本持つて、激励にかけつけました。

     排土排水作業の思い出
       市土木部長(地震当時・計画課長)
        小林正久
  その1 信念の人
 震災復旧事業に関して建設省の久保下水道課長は、絶体忘れることの出来ない人です。地震と共にかけつけ、浸水と故障のポンプ場をにらみながら、終始排水対策と取り組んでこられたその姿は、今も目の前に見る思いがします。特に課長は、私共土木班と共に作業されておりましたので、長靴と雨ガツパを着て腕組をして、対策を練つておられた姿、黙々として重油のあふれる臨港ポンプ場に行かれる姿、難作業の臨港のポンプが始動した時の喜びの顔。同氏に関する思い出はつきません。今もなおお目にかかる度に新潟市の下水、地盤沈下の問題について心配していて下さり、本当に頭のさがる思いであります。
  その2 忘れてはならないと思うこと
 これは私個人として非常に嬉しく忘れられないことの一つです。排土作業の真つ最中の頃のことですが、夜中の10時頃礎町のある町内会長からイキリ立つた電話がきました。町内挙つて市役所に押かけると云う電話です。そこで市内の各方面にトラツクの心配をやつたが、どこにも出せるものがない、自衛隊に行つたが既に全部出動後だからどうにもならない。弱つているこちらをみて、自衛隊の隊長が「よしわかつた、自衛隊の一隊を廻してやろう。そのかわり一時間だけだ、その間に民間のトラツクを探してくれ」と云つて親切な助言。それから直ちに日通に無理な交渉をして、故障車まで引つ張り出して3台配車して貰うこととした。その時の日通の宿直の方の気持ちの良い応答は、今も耳に残つております。
 12時頃私は、自衛隊のジープに乗せて貰つてサイレンの音も高く現地に乗りつけた時には、まつたくホツとした。町内の方も本当に喜んでくれた。間もなく日通のトラックも到着して、作業はどんどん行われた。疲れはてている会内の方々も、また一段の力が出た様に思えました。
  その3 こう云う事もありました
 下水の復旧もかなり進んで、もう雨がきても湛水する地域は大体限られてきた頃の事です。真夜中に大雨警報が発令され下水道課に設置されてある機動班には、召集の命令が出されました。その時は礎町方面が最もひどいと云うことで、既に配置済みのポンプを始動して、信濃川の応急復旧で出来かかつた堤防を越してサニーパイプで放水をやつた。機動班は、一先ずこれでよしとして他の現場に急走したわけです。ところが運悪くホースの突き出した護岸の下には避難して停泊していた漁船がありました。思いがけなく頭から汚水をぶつかけられたのですから、驚くやら怒るやら—。ホースを動かそうとしても水圧のかかつたホースは仲々動かせません。船頭は、ポンプのエンジンを止めに来る。止めれば浸水するので町内の人は動かす………そうこうするうちに怒つた船頭は、ホースを切断してしまつた。大変なことには切断か所からほとばしる濁水は、附近の沈下した電信電話局に浸水する。電話局や町内からはじやん・じやん市役所に電話が来る。これが真つ暗らな風雨の吹きすさぶ泥の街の出来事なのです。こう云つた笑うに笑えない排水事業も、今ではなつかしい思い出になつた様です。
  その4 商売を捨てた話
 排土作業は、信濃川の締切り作業と共に難作業中の難作業であつた。しかも取つても取つても出てくる。道路上の排土は、夜間のうちに取り除いておかないと、明日の復旧作業にたちまちひびいてくる。自衛隊も全力を尽してやつた。この時建設業協会は「新潟市の復旧事業に全力をあげて協力する。排土事業は我々が引き受けた」と云う頼もしい申し入れがあり、私共が排土計画を持つて協会の事務所に行くと、手ぐすね引いて待つていた会員が、仕事の困難とか、ソロバンの問題等考慮外とばかりに自主的に配分をし、資材・機材を県外からまず集めて実施した。真つ暗らな中で汚なく危険な積み込み作業、海岸の指定された捨て場に徹夜で黙々と作業をやつた姿は全く頭のさがるものでした。

     新潟地震を回想して
       市建築部長(地震当時・建築課長)
        村木門吉(談)
 地震発生当時の事を回想しまして、建築関係の仕事で思い出される事を述べて見ますと、まず建築では土木と違つて火急の仕事がないのが大きな相違であつたと思います。土木では排水とか道路補修とか一刻を争う問題がありましたが、建築にはそれがなかつた。
 特にあるとすると避難所設置の問題、学校の授業開始設備の問題位でありました。私は建築課長でありましたので、住宅には直接関係のない立場にありましたが、地震直後建築課として特別に力を注いだ仕事としましては、第1は建築被害額の計算であり、第2は復旧費の算出で、第3はその復旧費を最大限に国庫補助を受けるための査定の問題でありました。これは市立の建物の全般にわたるものでありまして、第1に学校、第2に民生関係の保育所等、第3は社会教育の図書館・公民館等、第4はスポーツ施設、第5は衛生部関係の保健所・清掃施設等の建物でありまして、これらはみんな本省の担当官、大蔵省の担当官との接渉でありまして、昼は現場の被害状況の調査を行い、夜はおそくまで査定が続けられまして、これらの準備計算から査定終了までに2か月間を要した訳でありまして、この間終始金銭の計算が続けられたのでありまして、建築関係では金さえあれば予算さえ得られればやつて行ける立場でありました。
 地震直後直接の市民救助活動に当りました民生部関係では、人数が足りなくて応接を出してくれとの話が持ちこまれた事がありましたが、建築では直接火急処置を要する問題はありませんでしたが、被害額の調査、補助金を受けるための準備調査計算等他の課に頼めない技術的仕事が山積して居りましたので、課員とも相談して応援を出さない事にしましたが、今考えてもやはりそれでよかつたと思つて居ります。
 地震後の仕事の面で土木と建築とで大きな相違としまして前申しました通り、土木部では災害対策に急を要するものが多かつたのと、測量を主とするために技術者の不足が建築よりは痛切な問題でありましたが、建築では建物の設計は東京でも大阪でも出来るもので、要するに設計に必要な予算がありさえすれば、全国の建築家に依頼する事も出来るわけであります。
 新潟地震の特色は、地盤災害と云われていますが、建築技術面から見た場合、日本で最初の種類の地震被害でありました。建築に関する法律「建築基準法」に準拠して設計した建物が、大きく被害を受けるという結果になつたものでありますが、早急の復旧をどうしたらよいかと云うのが最大の関心事であつたのであります。
 処がその点はよくしたもので、このたびの地震では全国の建築技師がことごとく新潟に集つて来ると云う結果になりました。建設省及び各省の技師、各大学、中央大手業者の技術者等の人々が続々新潟にやつて来まして、夫々の専門分野で各自に研究して、その結果を建築雑誌に発表するとか、私共にも研究交献を寄贈して下さる等の事がありまして、建築の復興はどうしたらよいかという事につきましては、色々有益な示唆を与えてくれましたので、復興の方針を定める事がたやすく出来るようになつた事は、非常に幸であつたと思つて居ります。
(<鉄筋ビルの建て起し事例>村木部長の談話(349頁)参照)

     新潟地震と衛生部の活動 附 新潟地震糞尿譚
       市衛生部長 高橋英雄
(1)災害時死者の始末は大変な作業であると、伊勢湾台風のあと、名古屋市の衛生局長からお話を聞いており、常日頃これを頭においていたが、今次震害には極めて死亡者の少なかつたことは、そのこと自体幸であつたと同時に、復興対策活動の上でも助かつた。
(2)防疫作業について、交通通信途絶の状況下にあつて、市では手が廻らないだろうということで、防疫事務委託について県から話があつた。非常事態故面子(めんつ)にこだわらずこの好意を受けたことは、爾後の防疫活動を速かにしたわけである。もつとも外部からの応援隊の援助の下に、主力は市の職員が活動したものであり、この系統的な防疫活動の網の目にもれる処は、市自体の独自の力で補つていつたわけである。
(3)し尿処理については、初め夜間作業の方が交通上能率的であろうということで計画したが、実際問題としては、矢張り昼間作業の方が、能率的であるので、2日間で切りかえた。終末処理としては、海洋投棄は岸壁の問題が一番隘路であり、結局海岸にいわゆる簡易木製貯溜槽の工夫となつたわけであるが、案外この場所は水位が高く、砂の吸い込みも悪く、直ぐ一杯になる。製作には2日程かかる。毎日追われ追われしたのであるが、30箇の国の承認枠の中で28箇のあたりで漸く消化槽の修理が出来た時は一同ホツとした。その間地元の方々の反対に対して説得する際、一刻の時間も惜しい時だけに、身体の一つしかないことを嘆じさえした。
(4)ごみ処理は、初めずつと後になつてから処理する考えであつたが、被災地と非被災地と織り交つていることで、5~6日後にはこれにも当らなければならなくなつた。ポリ袋使用の慣習は、街の汚染を少しでも少くすることに力があつたと思われる。地震水害のあとのいわゆるごみは、日頃清掃課で取扱つているごみの概念とは、全く異つた大きさと量である。自衛隊が西新潟北部を一晩で片付け得ると判断して計画したものが、全二夜かかつて、なおかなり残量があり、これらは土木機械を以てしなければ到底始末し得ない性質のものであつた。これらが海岸に砂丘の形が変る程高々と積まれ、悪臭を放ち附近住民よりの苦情も出て、本来土木部所管ともいうべき作業に、清掃課より出動して、短時日に覆土をし、防臭清毒作業をやつたのも、思い出多い作業であつた。
(5)医療救護については、山ノ下地区を除くと、医療機関が壊滅した地区はないので、救急の場合は夫々の医療機関で処置が出来ようと考えていたが、実際問題としては、水の補給が少なく、電気ガスの停止は、消毒を不可能にし、大部分の診療所は、休診状態であつた。従つて日赤、県医師会、その他外部からの救護班の活動により、主として避難所を中心とした医療救護が行われたわけであり、市はこれらの連絡調整の後、目的を果すことになつた。紙おむつや生理用具の確保なども常々考えおくべきことである。
(6)来援者の受入れについては、多くの応援隊を得ることは大へん有難いことである。然し反面その受入れ態勢の準備がないと、却て能率を低下することにもなりかなねい。以下気付いたことを述べると、①地理不案内の人々の作業の道案内の職員をつけることは、それだけ既存の勢力の低下である。②宿舎や食事はどうするか。これらの準備をして来られた応援隊は経験の深い方々と思われる。これらに対する待遇が、各部アンバランスでも困る。平時これらの研究をしておく必要があろう。③新潟市の場合、周辺市町村と規模が大きく差があるため、支援される立場になると、応援力に不足が出る。これらの規模と応援態勢について、常々検討しておくべきであろう。
(7)組織機能については、今次災害のような極めて不利な条件下を想定した災害対策組織機構でないだけに問題がある。①法規と異つた新しい決定の下に行なわれる仕事が多い。そのためには常に指揮者の決定を必要とする。あれもこれもと大小種々の問題が持ち込まれる。これらは平時想像もつかぬものであり、機構上これらの点を考慮しておく必要があろう。②自衛隊の活動をみていると、隊自体の給食、休養の機関がある。吾々の組織機構の中にも、こうした面を組み入れておくべきであろう。その災害が大きければ大きい程必要な事と思われる。

  新潟地震糞尿譚
 し尿は、自分の家から運び出されてしまうと、後の事は誰も余り関心がない。し尿消化槽全滅の情報を受けて、私はこの対策を考え抜いた。海洋投棄はいろいろ問題点もあり、特に今回は積みおろしの適当な岸壁がないということが最大の障害となつた。そこでコロンブスの卵みたいなことであるが、砂丘に穴を堀つて埋めることであつたが、これも不完全である。最後に考えついたのが称して滲透式木製簡易貯留槽である。ところがこれを造るのに2日間かかるのであるが、この場所は、地下水が意外にも高く、一応は3日間で一杯になる。雨の日は作業が遅れるところへもつてきて、槽の水面は上つてくるということになつて、空を見上げて嘆息した日も随分あつた。こんなことで、貯留槽の建設に後から後から追われることと、国の承認枠の30箇で足りるであろうかということとで、一日一日が追いかけつこであつた。28箇まで造つて消化槽が完成した時は、関係者一同実にホツとしたのであつた。

     震災の急援業務を主管して
       地震当時・国体事務局次長
        市民生部長 太田浩(談)
 民生部4課のうち社会課所管の保育園の仕事は相手が幼ない子供で数が多いだけに大変でした。各課の急援業務の担当は、福祉事務所の収容施設の避難所関係、国保は給食の仕事、年金課は救援物資、其他救援金の配分等市民に直接関係深い応急対策の仕事をしたのは民生部であつた。
 (以下、本稿の全文を本書III—6.5民政部の応急対策実施状況中に採録したので、ここでは省略する。218—219頁参照。)

     学校は地域住民の拠りどころである
       市教育長 石川健四郎(談)
 こんどの地震では色々な事を教えられたんで、一々挙げたらきりがないんですが、未曾有の大天災地変にあつた訳なんで、吾々役所にいる者の立場としてどうしたらよいか、とんと見当もつかないというようなはめに陥つた訳なんですが、課長さん方と相談して、まずこれから4~5日経つて一応落付いたら、何が学校中心に必要なのか、子供たちを一日も早く学校に集めて精神の動揺をおさめて、できたら授業を開始するまでには何が必要だろうか。
 まず水道がとまつてどうにもならない。飲み水がない、つかい水がないのでまず井戸を掘つた。被災校には全部井戸を掘らせもした。水洗便所は全くだめになつたので、多くの入り込んで来た避難民の出すものの処理は大変な事だつたんです。そこでまず便所は作らなければならない。教室が使えなくなつた処では、プレハブ教室をというように応急措置を施す事になつた。
 地震の翌々日18日に議会が開かれて、急いですぐ今しなければならぬ問題について何でもよいから予算を出せという事になつたが、まるで見当がつかない、建築の方でも見当がつかない。私はまず2億円位はいるといつたが、差当り1億円の要求を出した。後になつてみると、結局は2億円をちよつと出た位かかつた訳なんです。
 そんな訳で応急の措置をとつたが、お蔭様で教育の方は色々皆様の希望通りには行かなかつたけれども、大したお小言(こごと)も頂戴しないで、どさくさの1週間・10日を過ごす事が出来た訳です。
 それから私が一番感じた事は、常へいぜい学校というものはその地域の文化面でも、スポーツでも、精神面でも一つの中心であるという事はよく口に出して云われます。観念的には誰でもそう云う事は承知しているんですが、ところがこんどの地震では、それを身近かに膚に感じた。いかに地域の住民が「学校は拠りどころだ、何か事があるとそれ学校へ行け」というので避難する。それから住宅を失つた人は、ある学校では2千人、3千人と学校に集つて来た。
 そういつた現実の姿を見て、とかく学校は一朝事ある時には子供が親にすがるように、学校中心にこれを頼りにしたものである事を私はしみじみ感じたのである。だから学校はへいぜい何もない時でも、大事に皆んなで管理して、地域社会の新らしい教育のコンミユニテイ・スクールにして行かなければならぬ事を、私は教育関係の担当者だから人以上に感じたのかも知れないが、痛切に感じた訳です。

     新潟地震を顧みて
       市水道局長(地震当時・総務部長)
        児玉賢雄(談)
(1)罹災者の人数把握のむつかしさについて
 昭和30年の新潟大火の時民生課長をしていて、災害救助法が発動され被災者の応急救助に当る事になつた時、その被害者台帳をつくるのに全く弱らせられた。1,200世帯6,000人が被災と同時に市内の親戚や知己を頼つて夫々分散し、ある世帯は2分したり或は2~3日後にはまた他へ移動するという訳で、それらの人々が夫々の落ちつき先で、夫々応急救助を期待しているという状態であつた。
 被災者台帳ができなければ、正式の救助が出来ない。担当者は身をけずる思いで被災者数の把握に努力を傾倒するのだが、混乱時にこれが取りまとめは中々むずかしい。担当者の骨折りは大火の時の比ではなく、家の倒壊・傾斜・浸水と被害の程度が種々様々の処へ、調査した後から変更が来る、脱漏がある、重複があると云う訳で、中々纏めるのに暇がかかる。それをあらゆる応急救助の基本数であるので、罹災者数は特に早急に取り纏める必要がある。—今日は集団避難所に居るかと思うと、翌日は無断で家に帰つている。配給員の取り扱いではまた避難所に戻るものもあるという訳である。
 そこで考えられる事は、被災者の取り纏めに一番頼りになるのは町内会長・自治会長さんである。従つて今後不幸にして万一大災害が発生した場合には、被災者の取り纏めは避難先でなく、現住所の町内会長・自治会長に被災申告書を作成提出願うように平時より統一し、指導して置く事が必要であると思う。それをその時の便法で処理しようとすると無理ができ混乱を生ずる事は2度の災害を受けて強く感じた事柄である。
(2)災害救助法に基づく生活必需物資の供給について
 これも新潟大火と新潟地震との2つの大災害に際会して痛感した事例である。災害救助法によると、生活必需物資の給与は法に基づいて、寸分も違いのない支給した証拠を台帳に記録し、受領印も押したものを、終局では国の監査を受けるものである。この法の主旨は甚大な災害を受けた者の、その日からの衣食に困る者に、応急に救助の手を差延べようとするもので、飯や副食等の食品から、それを調理する鍋・釜の類から下着衣服の類まで、生活に応急必要な物資を、被災者の実状を調査し、その希望をとつてから、現実に即してそれらを入札の上現品を調達して支給するものであるが、現行のこの救助法の精神は、山奥などの交通不便な部落が全滅した様な場合にはあてはまるかも知れないが、今日のように交通機関が発達していて、いかなる災害も交通機関さえ回復すれば、如何なる物資も迅速に被害者にとどく様な情勢下では、実際になると被害調査には前述のように、意外に時間がかかり、救助法の精神を生かして機を失せず困窮者の実状に即して給与する事は甚だ困難である。そこでこの応急救助はとかく後手になりながちである。
 新潟大火の時既に以上の事を痛感したので、その時機を失せず給与の一部を現金給与により必需物資の給与を行い、被災者から喜ばれ、市としても迅速適確に応急給与を手数をかけずに処置した事があつたが、後日国の監査でどうしてもそれが認められない事になり、其金を国に返却せねばならぬという手痛い目にあつた事がある。
 そしてこんどまた新潟地震で、新潟大火の時の数十倍の被災者に対して、応急物資給与を後手に廻らぬ様にと当初から心掛けながら、被災者の把握、被害状況調査に時日を要し、この給与には骨身をけずる思いをさせられた。
 この災害救助法の必需物資の応急供給は、時代の進展上より考えて、何とかして現物供給を現金給与に規則改正して貰いたいものである。

第3章 新潟県地震年表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2382px
  • 高さ:14416px
  • ファイルサイズ:8.7MB
表:新潟県地震年表
第4章 新潟地震関係文献目録

Array  凡例
 1.この目録は新潟地震に関する図書と雑誌交献の目録である。
 2.図書の記載は、著者(団体著者含む)書名、発行地、発行年の順に採録し、排列は著者の五十音順とした。
 3.雑誌論文の記載は執筆者(明記しないものは雑誌名)書名、文献所載資料の順とし、個人論文、団体論女、雑誌名排列論文の3部に分け、夫々標目の五十音順により排列した。
 4.活字は標目(頭初の記録、一般には著者名)と書名は9ポ、副書名と所載資料は8ポを使用した。
 ○図書の部
秋田県:地震災害状況書 昭和39
アサヒグラフ:新潟地震(アサヒグラフ:緊急増刊昭和39年6月27日号)
運輸省港湾技術研究所構造部:新潟地震港湾被害報告 第1部 横須賀 昭和39
運輸省港湾技術研究所水工部:新潟地震津波調査報告 横須賀 昭和39
海上保安庁:新潟地震調査報告書 東京 昭和40
海上保安庁第九管区海上保安本部:新潟地震に関する災害対策について 新潟 昭和39
気象協会:気象 昭和39年
気象庁:昭和39年6月16日13時01分ころの「新潟地震」 速報 東京 昭和39(昭和39年地震津波速報第2号)
—:新潟地震調査報告 東京 昭和40(気象庁技術報告第43号)
気象庁仙台管区気象台:新潟地震津波(昭和39年地震津波調査報告第1号、2号合本)
共同通信社:共同ニユース写真集 恐怖の新潟大地震—6月16日午後1時2分—
久保田鉄工株式会社鉄管研究部:新潟地震による水道及びガス管路の被害状況を調査して 尼崎 昭和39
—:東北電力株式会社新潟火力発電所循環水管路の新潟地震による被害状況について 尼崎 昭和39
建設省建築研究所図書室:新潟地震関係新聞記事収録 第1、2集
建設省国土地理院:新潟地震震災調査報告書 東京 昭和40
—:新潟地震—被災状況と土地条件—新潟平野北部その1—2 新潟市街地その1—2 東京 昭和40
建設省第一港湾建設局新潟調査設計事務所:新潟地震による港湾災害と復旧工法について 新潟
建設省北陸地方建設局:新潟地震災害速報 昭和39
—:新潟地震災害報告書 昭和39
建設省北陸地方建設局新潟国道工事事務所:新潟地震による国道の被災について 新潟 昭和39
建設省北陸地方建局新津工事事務所:新潟地震による河川堤防被害(阿賀野川)について 新津 昭和39
建築業協会:新潟地方における異常地盤に基づく震害緊急対策調査委員会調査報告書 昭和39
国立防災科学技術センター:航空写真による新潟地震災害判続図 其の1、2 東京 昭和40
酒田市:新潟地震による被害状況報告書 酒田 昭和39
消防庁総務課:新潟地震火災に関する研究—非常火災対策の調査研究報告書—東京 昭和40
全国科学技術団体総連合:新潟地震防災研究総合報告 東京 昭和40
 内容:新潟地震と河川災害について(古賀頼四郎)農地、農業用施設の被災の概況について(梶権三)
新潟地震による道路関係震害の概要(伊藤直行)新潟地震による鉄道の被害(尾崎寿他)新潟地震による港湾被害と今後の復旧方針(長尾義三)新潟地震による電気通信設備の被害と問題点(大友実)新潟地震による電気関係施設の被害(藤波恒雄)新潟地震による水道被害(大橋文雄)昭和石油新潟製油所火災調査(新居六郎)新潟地震の概況(広野卓蔵)地震動と地変(南雲昭三郎)新潟地震に伴つた津波(梶浦欣二郎)新潟地震前後の地盤の変動(坪川家恒)地質調査所の新潟地震予察報告(須貝貫二)新潟地震による粟島付近海底の地殼変動(佐藤一彦他)空中写真による震害調査(有賀世治)地盤および土質(渡辺隆)堤防などの被害について(福岡正巳)橋梁等の被害について(高田孝信)新潟地震による港湾構造物(主として岸壁)の被害の特性(林聡)新潟地方における異常地盤に基づく震害緊急対策(竹山謙三郎)新潟地震による建築物の被害(小林啓美)異常軟弱地盤における建築物の震害(大崎順彦)他総理府大臣官房審議室:新潟地震災害対策記録 東京 昭和39
第四銀行企画室:新潟地震—その被害状況と復興対策—新潟 昭和39
大和新潟店:新潟地震報告書 大和新潟店、長岡店従業員新潟地震体験手記 新潟 昭和39
通商産業省鉱山局:新潟地震災害状況 東京 昭和39
通商産業省鉱山局石油課:新潟地震災害状況現地調査報告書 東京 昭和39
通商産業省仙台通商産業局公益事業部:新潟地震被害概況報告書 仙台 昭和39
燕市:新潟地震被害状況写真集(燕市)燕 昭和39
鶴岡市:新潟地震による被害並びに災害復旧予算 鶴岡 昭和39
電力中央研究所技術研究所:新潟地震被害現地調査報告 狛江町(東京都) 昭和39(技術研究所業務資料)
東京管区気象台:地震・津波調査報告—1964年6月16日の新潟地震—
—:異常気象調査報告—1965年9月14日~15日の集中豪雨—(岐阜県西濃山間部・福井県奥越地方)—1965年9月台風24号—
東京大学地震研究所:昭和39年6月16日新潟地震調査概報 東京 昭和39(東京大学地震研究速報第8号)
 内容:新潟地震のマグニチユードについて(吉山良一)新潟地震余震観測序報(地震研究所余震観測班)
新潟地震とその余震の筑波における観測(宮村摂三他)新潟地震の余震に依る東経139°線にそつた地下構造の研究(速報)(嶋悦三他)新潟地震踏査概報(南雲昭三郎)新潟地震調査概報(山口林造)新潟地震調査報告—村上~加茂沿岸の地変(茂木清夫)新潟地震の際の地磁気変化調査(行武毅他)新潟地震による津波(相田勇他)新潟県北部の地殼変動(岡田惇他)新潟地震の地質学的背景(森本良平他)新潟平野の構造特に地変および震害との関係について(村井勇)新潟地震による粟島の地変(中村一明他)粟島の地質—新潟地震との関連(松田時彦他)粟島隆起の余効的変動—潮位の連続観測による—(笠原慶一他)新潟地震の強震記録について(金井清)新潟市内における余震および常時微動の測定結果(速報)(金井清他)新潟地震における建築物被害概報(大沢胖他)昭和大橋八千代橋における新潟地震余震の比較観則(小牧昭三)新潟県岩船郡神林村塩谷の被害調査報告(萩原幸男他)
東京都土木技術研究所:新潟地震に関する資料 東京 昭和39
東北電力株式会社:新潟地震報告書(詳報) 仙台 昭和39
東北電力株式会社企画室企画課:新潟地震災害報告書 仙台 昭和39
内藤多仲:日本の耐震建築とともに 新潟とアラスカの大地震
長岡市:新潟地震被害状況写真集(長岡市) 長岡 昭和39
長野郵政局:新潟地震復旧対策の概要 長野 昭和39
名古屋大学工学部:新潟地震災害調査報告 名古屋 昭和39
新潟郷土史研究会:新潟地震特集 新潟 昭和39(郷土新潟第5号)
—:新潟地震第二特集 新潟 昭和40(郷土新潟第7号)
新潟県:新潟地震災害復興計画 新潟 昭和39
—:新潟地震の記録—地震の発生と応急対策—新潟 昭和40
新潟県味方村:新潟地震被害状況写真集(味方村) 味方村(西蒲原郡) 昭和39
新潟県衛生部環境衛生課:新潟地震と環境衛生 新潟 昭和39
新潟県衛生部、新潟県公衆衛生協会共編:新潟地震—衛生対策の記録—新潟 昭和40
新潟県企画部震災復興課:防災都市の建設—新潟地震災害復興計画のあらまし—新潟 昭和40
新潟県企業局:6.16新潟地震による新潟県営工業用水道被害状況 新潟 昭和39
—:新潟地震による県営山ノ下工業用水道被害並びに復旧状況について 新潟 昭和39
新潟県教育委員会:新潟地震特集 新潟 昭和39(新潟県教育月報・第15巻4号)
新潟県教育庁社会教育課:新潟地震と私たち 新潟 昭和40
新潟県黒埼中学校:あの瞬間(詩集)—特集昭和39年6月16日午後1:03—黒埼村 昭和39
新潟県警察本部:新潟地震時における災害警備活動の概要 新潟 昭和39
新潟県警察災害警備本部:臨時交通規制状況 昭和39
—:主要道路(橋)震害状況 昭和39
新潟県警察本部警備部警備第二課:災害心理の研究 新潟 昭和39
新潟県警察本部交通部:新潟地震に伴う交通警察の活動状況 昭和39
新潟県小須戸町:新潟地震被害状況写真集(小須戸町) 小須戸町 昭和39
新潟県地震対策本部:新潟地震の被害と応急対策の状況—昭和39年6月28日現在—新潟 昭和39
—:新潟地震と7.7水害の状況 39.7.25現在
—:新潟地震被害状況調(総括表) 新潟 昭和39
新潟県地震水害対策本部:7.7水害の被害と応急対策の状況 39.7.12現在 昭和39
新潟県農林部水産課:新潟地震災害写真集 新潟 昭和39
新潟県土木部港湾課:新潟地震新潟港湾災害復旧事業計画 新潟 昭和39
新潟県土木部:新潟地震—公共土木施設被害写真集—新潟 昭和40
新潟県農地部農地建設課:新潟地震と農地災害 新潟 昭和39
新潟県立新潟図書館:新潟地震関係文献目録 第1集、第2集新潟 昭和39
新潟県立新潟養護学校:新潟地震の記録 新潟 昭和39
新潟現代俳句会:(山一証券新潟支店内)・特集新潟地震(群星:10月号)新潟 昭和39
新潟市:6.16新潟地震の概況 新潟 昭和39
新潟市教育委員会:大地裂くるも子らをはなさじ—新潟市立学校教職員奮闘記—新潟 昭和39
新潟市災害対策本部:新潟地震の被害と応急対策の状況 39.7.3現在 昭和39
新潟市小学校PTA連合会、新潟市中学校PTA連合会共編:災禍をくぐつて—新潟地震と斗つた教師の記録—新潟 昭和39
新潟市消防本部:39.6.16新潟地震による消防活動の概況 新潟 昭和39
新潟市震災復興会議:新潟市震災復興会議部会報告書:新潟 昭和39年9月4日
—:新潟市震災復興計画 新潟 昭和39
新潟市復興局:新潟地震復興計画 昭和40
新潟市防災会議:新潟市地域防災計画 昭和39
新潟市礎振興会:新潟地震災害地区各町協力奉仕に関する報告 昭和39
新潟地震による被害調査委員会:新潟地震による設備被害 昭和39年(空気調和衛生工業第38巻12号別刷)
新潟地震被災建物復旧診断委員会:新潟地震被災建物応急復旧診断の手引 新潟 昭和39
新潟地震流木対策協議会:新潟地震流木対策協議会報告 新潟 昭和40
新潟市立有明台小学校国語部:新潟地震のきろく—じしん作文集—新潟 昭和39
新潟市立入舟小学校:冠水の孤城—天地怒るともこの子らのために—新潟 昭和39
—:葦の芽のように—入舟小学校地震記念誌—新潟 昭和39
新潟市立大形小学校:大地は裂ける—新潟地震—新潟 昭和39
新潟市立白山高等学校:新潟地震に遭遇して 新潟 昭和39
新潟市立二葉中学校生徒会:あさなぎ 新潟地震特集号 新潟 昭和39
新潟市立沼垂小学校:新潟地震—学校文集 ぬつたり—新潟 昭和39
新潟大学理学部地質鉱物学教室:新潟地震地盤災害図 昭和39
新潟大学教育心理学研究室、新潟県警察本部警備部、警視庁警備心理学研究会:新潟地震に関する調査研究—地震発生時における人間行動の心理学的研究—東京 昭和40
新潟地方気象台:新潟地震速報—昭和39年地震速報第1号—新潟 昭和39
—:新潟地震速報—昭和39年地震速報第2号—新潟 昭和39
—:新潟地震速報—昭和39年地震速報第3号—新潟 昭和39
—:昭和39年7月上旬大雨速報 昭和39年7月7日~9日 新潟県下の大雨について 昭和39
新潟日報社:新潟地震の記録—自然との半月の戦い—新潟 昭和39
—:地震のなかの新潟日報 新潟 昭和40
—:新潟県年鑑 昭和40年版(新潟地震特集編)新潟 昭和39
新潟日報事業社:大地震う—新潟・秋田・山形震災の記録—新潟 昭和39
—:天も地も見たくない—新潟地震児童生徒作文集—新潟 昭和39
新潟放送:新潟地震ラジオ特別放送の記録 新潟 昭和39
—:6.16新潟地震とBSN新潟放送—その手記から—新潟 昭和39
新潟明訓高等学校文芸部:地われの歌—河畔:特集号—新潟 昭和39
新津市:新潟地震被害状況写真集(新津市) 新津 昭和39
日本建築学会:新潟地震災害調査報告 東京 昭和39
日本建築学会近畿支部:新潟地震建築被害調査報告書 大阪 昭和39
日本国有鉄道新潟支社:新潟地震災害記録 新潟 昭和39
—:新潟地震国鉄関係被害写真集 第1集、第2集2冊 新潟 昭和39—40
日本赤十字新潟県支部:新潟震災救護のあゆみ 新潟 昭和39
日本通運KK:新潟地震緊急特集号(えきすぶれす:No.11)新潟 昭和39
日本電信電話公社信越電気通信局:新潟地震災害記録—昭和39年6月16日発生—長野 昭和40
日本放送協会:新潟地震と放送—非常災害における放送の役割—東京 昭和39
日本ボーイスカウト新潟第5団年長隊編集委員会:やたがらす その黒い流砂の中に 新潟 昭和39
(新潟地震特集号)
博進堂写真美術印刷工業所:新潟地震写真集 1964.6.16
東地域電源調整会議新潟地震電力被害調査団:新潟地震電力設備被害調査報告 東京 昭和39
東地域電源調整会議新潟地震電力設備被害調査団:新潟地震電力設備被害調査各班報告書 東京 昭和39
藤倉電線株式会社:新潟地震によるOFケーブルの被害と対策 東京 昭和39(技資1—5470号)
北陸瓦斯株式会社:6.16新潟地震による新潟営業所の被害とその復旧について 第1報、第2報 新潟 昭和39 2冊
細野義純:日本火災学会昭和39年度秋季学術講演会概要集 新潟地震災害調査—消防用施設の被害調査—東京 昭和39
毎日グラフ:新潟大地震緊急詳報(毎日グラフ:臨時増刊1964.6.30号)
村上市:6.16新潟地震被害写真(村上市)村上 昭和39
—:新潟地震による村上市被害調査図 村上 昭和39
—:6.16新潟地震災害及び救助の状況報告書 昭和39年7月7日現在 村上 昭和39
山形県災害対策本部:地震被害の応急復旧状況 山形 昭和39
—:39.6.16地震に県がとつた措置状況 山形 昭和39
—:39.6.16地震被害状況(写真集) 山形 昭和39
山形県災害対策本部:6.16地震被害状況最終版 山形 昭和39
渡辺一夫:新潟地震関係と新潟にかんする資料集 東京 昭和39
International lnstit of Seismology and earthtnguake Engineering,Tokyo,:Niigata earthquakeJapan—1,02P,m,16June,1964
Strong-motion Earthguake Observation Committee,Tokyo:Strong-motion earthguake records of the Niigata earthguake,June16,1964,
〇雑誌文献の部
相田勇(他):新潟地震による津波(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
青柳杢太郎:丸の内雑記 その10続 新潟地震雑感(石油文油第12巻8号 62—65p)
阿部有一:震災とその後の農政について(郷土開発8月号)
阿部芳郎:(他):復興にたち上る新潟地区工場(化学と工業第17巻10号 160—168p)
新居六郎:昭和石油新潟製油所火災調査(新潟地震防災研究報告ノ内)
有賀世治:空中写真による震害調査(新潟地震防災研究報告ノ内)
伊藤直行:新潟地震による道路関係震害の概要(新潟地震防災研究報告ノ内)
磯部一雄:新潟地震による災害復旧実施例(建築界第14巻7号49—55p)
磯村英一:新潟の災害に思う(建築雑誌第79集944号527—528p)
入沢恒:都市災害—新潟市について—(建築雑誌第79集第944号543—546p)
岩永伸:新潟地震の地辷りに与えた影響について(新潟応用地質研究誌10号 43—50p)
上野喜義:新潟の異常地震について 第1(建築界第14巻1号)
—:新潟の異常地震について 第2(建築界第14巻2号)
魚谷増男:新潟地震の通信連絡失敗の記(近代消防第2巻9号)
内田文夫:地震警備実施についての若干の考察—新潟地震を契機として—(警察学論集第18巻1号 75—97p)
大久保忠良:新潟地震に思う—強震計の計画的配置について—(土木技術資料第6巻9号26—27p)
—(他):新潟地震災害調査報告(土木技術第19巻8号 97—115p)
大崎順彦:鉄筋コンクリート建築物の被害と地盤の異常現象について(建築雑読第79集944号 538—542p)
—(他):新潟地震速報(土と基礎第12巻8号 3—20p)
—(他):異常軟弱地盤における建築物の震害(新潟地震防災研究報告ノ内)
大沢胖:新潟県下の一建築物の被害(建築雑誌第79集944号 536—537p)
—(他):新潟地震における建築物被害概報(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
大嶋一精:中条ガス田における新潟地震の被害について(天然ガス第7巻12号 25—30p)
大友実:新潟地震による電気通信設備の被害と問題点(新潟地震防災研究報告ノ内)
大橋文雄:新潟地震による水道被害(新潟地震防災研究報告ノ内)
岡田惇(他):新潟県北部の地殻変動(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
岡本隆一:新潟地震の印象(土木技術資料第6巻9号 29—31p)
沖山宗雄:新潟海底で見た魚たち(科学読売第16巻12号 39—40p)
尾崎寿(他):新潟地震による鉄道の被害(新潟地震防災研究報告ノ内)
小野基樹:新潟市水道の復興計画に地下貯水槽を(水道協会雑誌第359号 29—31p)
小野寺慶治:昭和石油製油所火災戦闘記 第2(予防時報第60号 37—43p)
科学続売:新潟地震海底の概要(科学読売第16巻12号ノ内)
笠原慶一:重力異常(科学読売第16巻12号 31—34p)
—(他):粟島隆起の余効的変動(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
梶浦欣二郎:新潟地震に伴つた津波(新潟地震防災研究報告ノ内)
梶木又三:農地農業用施設の被災の概況について(新潟地震防災研究報告ノ内)
加藤博見:新潟地震におもう(電力第48巻9号 5p)
金井清:新潟地震の強震記録について(東京大学地震研究速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
—(他):新潟市内における余震および常時微動の測定結果(速報)(東京大学地震研究所速報第8号:新潟新潟地震調査概報ノ内)
金子善生:新潟地震と水道の応急対策について(水道協会雑誌第361 36—41p)
加納博:秋田市の震害と軟弱地盤(土と基礎第12巻8号 21—22p)
川崎渉:災害対策基本法と消防の役割 第5—新潟震災について—(近代消防第2巻8号53—57p)
川村文三郎(他):粟島付近海底の地殼変動(科学読売第16巻12号 34—36p)
北後寿:新潟地震における施工中のペテスタルグイの挙動(土と基礎第13巻2号)
久保慶三郎:新潟地震における土才構造物の震害(生産研究第16巻10号)
蔵田延男:地震災害と防災地質(科学第34巻11号 594—599p)
黒田和男:新潟地震災害とその地質上の問題点(測量第14巻8号 29—32p)
小泉俊平(他):新潟地震による地中線の被害とその復旧—昭和石油新潟線OFケーブルの場合—
(大日日本電線時報第28号 37—41p)
小泉安則:新潟地震における砂の密度の変化(土と基礎第13巻2号)
—:被災建て物(新潟市)の復旧方法(科学読売第16巻12号 55—59p)
古賀頼四郎:新潟地震と河川災害について(新潟地震防災研究報告ノ内)
古賀考:新潟地震における火力発電所の被害と対策(火力発電第15巻12号 6—19p)
古賀雷四郎:新潟地震の被害状況を見て(河川第218号)
小坂隆雄:新潟地震の状況(公衆衛生第29巻1号 2p)
小寺重郎:地盤基礎の震害が橋に及ぼす影響—新潟地震に関連して—(土と基礎第12巻8号27—32p)
小林啓美:新潟地震による建築物の被害(新潟地震防災研究報告ノ内)
小牧昭三:昭和大橋、八千代橋における新潟地震余震の比較観測(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
斎藤宏:新潟市—苦悩のなかの新産都市—(ルポ)(エコノミスト第42巻 150—153p)
酒井勉:新潟市における旧河川地域と中層剛性建築物の震害—第1—(建築界第13巻10号 59—64p)
—:第2(建築界第13巻12号)
桜井譲爾:新潟地震新潟市災害調査に参加して(建築界第13巻8号 69—76p)
佐々木武之進:新潟に大地震(天然ガス第7巻8号 1—3p)
提周四郎(他):新潟地震による送電ケーブルの事故とその教訓について(電力第49巻3号)
佐藤一彦(他):新潟地震による粟島付近海底の地殼変動(新潟地震防災研究報告ノ内)
佐藤大六(他):6.16以後の新潟市場を分折すれば 東京レポート、特別二元座談会(BSNレポート第29号 3—9p)
篠原隆政(他):新潟地震による設備被害調査報告特集(空気調和・衛生工学第38巻12号 1—63p)
柴田徳衛:新潟地震で考えること新産都市の弱点(新建築第39巻第8号 193—194p)
嶋悦三(他):新潟地震の余震に依る東経139°線にそつた地下構造の研究(速報)(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
下田祥平:新潟地震における北越製紙火力発電所の被害(火力発電第16巻2号 12—18p)
須貝貫二:地質調査所の新潟地震予察報告(新潟地震防災研究報告ノ内)
—(他):新潟地震を予察して(天然ガス第6巻12号 1—11p)
—(他):(その2)(天然ガス第8巻2号 6—18p)
杉山隆二:新潟地震についての地質学的所見(天然ガス第7巻9号 2—7p)
杉山英男:新潟地震と木造建築(木材工業第19巻11号)
高田孝信:橋梁等の被害について(新潟地震防災研究報告ノ内)
高橋文一:県営山ノ下工業用水震害復旧の概要(新潟応用地質研究誌第10号 51—58p)
武田広昭:新潟地震の江戸時代版—新発田藩の諸記録による—(郷土新潟第5号 3—20p)
武田裕幸:航空写真による新潟地震調査の一例(測量第14巻8号 33—35p)
—(他):航空写真による新潟地震の災害調査(写真測量第3巻3号)
竹山謙三郎:新潟地震と耐震構造への反省(新建築第39巻8号 187—188p)
—:新潟地方における異常地盤に基づく震害緊急対策(新潟地震防災研究報ノ内)
多田美朝(他):新潟地震調査報告(鉄道技術研究報告第448号)
田辺健一(他):新潟地震災害調査速報(東北地理第16巻3号 140—145p)
谷川寛三:新潟地震被災者に対する税務上の救済措置(税務弘報:8月号)
谷田専治:震源地・粟島近くの漁業(科学読売第16巻12号 37—38p)
坪井善勝(他):新潟地震の特性と建築物の被害(生産研究第16巻10号)
坪川家恒:新潟地震前後の地盤の変動(新潟地震防災研究報告ノ内)
具島文彦:新潟地震と下水道(新都市第18巻8号)
長尾義三:新潟地震による港湾被害と今後の復旧方針(新潟地震防災研究報告ノ内)
中川恭次(他):新潟地震が残した課題—振動による地層の液化現象—(科学朝日:第24巻8号31—38p)
永瀬章(他):市町村消防力の限界をこしたタンク火災特集座談会(近代消防第2巻8号28—38p)
中西博:新潟地震に伴う地方税の減免措置(税務弘報:8月号)
中野尊正:軟弱地盤と震災—新潟地震の教えるもの—(測量第14巻8号 26—29p)
中町弘伸:新潟地震と工業用水道(工業用水第74号 15—20p)
中村一明:新潟地震による粟島の地変(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
中村三郎:新潟地震によつて地すべり地域に発生した2、3の現象(東北地理第16巻4号 179—181p)
南雲昭三郎:地震動と地変(新潟地震防災研究報告ノ内)
—:新潟地震踏査概報(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
奈須紀幸(他):震源地付近の海底地下構造(科学読売第16巻12号 27—30p)
成沢猛:新潟震災・苦闘の2週間—新潟日報社の製作記録から—(新聞研究第175号 8—13p)
西尾元充(他):新潟地震災害の航空写真撮影と調査計画—写真測量第3巻3号)
西光江:震災と保健—保健室日記—(新潟県教育月報第15巻6号 67P)
西田彰一(他):新潟地震の地盤災害について(天然ガス第7巻10号 14—19P)(新潟応用地質研究誌 7—16p)
萩原幸男(他):新潟県岩船郡神林村塩谷の被害調査報告(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
橋本良材:新潟地震と農業災害儂業技術第19巻9号 30—31p)
長谷川和夫:(他):新潟地震の地盤沈下観測井に及ぼした影響について(新潟応用地質研究誌第10号 35—42p)
畑生道雄:新潟地震の災害状況と今後の対策(日本醸造協会雑誌第59巻9号 17—19p)
浜田稔:新潟地震と日本建築学会の責任(建築雑誌第79集944号 529p)
枚聡:新潟地震による港湾構造物(主として岸壁)の被害の特性(新潟地震防災研究報告ノ内)
林百郎:新潟地震の現状と問題点(議会と自治体:8号)
原口九万(他):新潟地震による酒田市の噴砂現象について(山形大学紀要自然科学第6巻2号)
春田精二:新潟地震による新潟港の被害(港湾第41巻8号 29—36p)
久田俊彦:新潟地震とその問題点(近代建築 昭和39—8号)
広野卓蔵:新潟地震概況(建築雑誌第79集944号 530—532p)
—:(新潟地震防災研究報ノ内)
福岡正己:新潟地震について(道路第284号 820—826p)
—:新潟地震に思う(土木技術科第6巻9号 24—25p)
—:堤防などの被害について(新潟地震防災研究報告ノ内)
藤井正一郎:新潟地震と公害(近代建築8月号)
藤波恒雄:新潟地震による電気関係施設の被害(新潟地震防災研究報告ノ内)
藤野慎吾:新潟地震による新潟港の被害と復旧計画(埋立と浚渫会報第11号 18—25p)
藤原恵:新潟地震の新聞報道(関西学院大学社会学部紀要第9、10合併号41—48p)
布施栄明(他):「新潟地震」における新大・日報地震診療団の活動(災害救助)について(新潟医学会雑誌第78巻10号 370—375p)
堀貞治:新潟地震と鉄塔(送研レポート第46号1—6p)
牧山鶴彦:新潟地震を斬る(天然ガス第7巻9号29—36p)
馬篭弘志:新潟地震とPhoto Survey(写真測量第3巻3号)
松田時彦:粟島の地質—新潟地震との関連(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
松村清之:新潟へいく(近代消防第2巻9号)
丸山隆和(他):航空写真による新潟地震の調査(生産研究第16巻10号)
三上一平:地震から三ケ月・動き出した新潟(家具産業第1巻4号 44—46p)
三井木材工業株式会社:集成材と新潟地震(木材工業第19巻11号)
宮村堅弥:新潟大地震に遭遇して(学校保健研究第6巻11号 18—22p)
宮村摂三(他):新潟地震とその余震の筑波における観測(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
村井勇:新潟平野の構造特に地変および震害との関係について(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
村野賢哉:新潟地震の教訓(近代消防第2巻9号 39—43p)
村山清吉:新潟地震余話(郷土新潟第5号 21—22p)
最上武雄:新潟地震と土質工学の課題(土と基礎第12巻8号1—2p)
—:新潟地震と砂の流動化現象(科学第35巻3号 140—141p)
茂木昭夫(他):新潟地震による粟島付近の海底変動(地理学評論第38巻6号 11p)(日本地理学会昭和40年春季大会研究発表要旨)
茂木清夫:新潟地震調査報告村上~加茂沿岸の地変(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
百武松児:新潟地震のある瞬間(天然ガス第7巻9号 7—9p)
—(他):新潟市周辺の土地地盤調査報告(新潟応用地質研究誌第10号 27—34p)
—(他):新潟地震による県内各地の被害について(新潟応用地質研究誌第10号17—26p)
森永茂:新潟地震と電信電話運用業務(電信電話業務研究第174号)
森本良平:新潟地震の地質調査(科学読売第16巻12号 21—26p)
—(他):新潟地震の地質学的背景(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
山井良三郎(他):新潟地震における木造建物の調査(木材工業第19巻11号)
山口林造:新潟地震調査概報(東京大学地震研究所速報第8号・新潟地震調査概報ノ内)
山下隆吉:註解新潟地震年表(郷土新潟第5号 23—25p)
山下喜明:新潟地震にあたつて(検疫衛生第2巻6号)
山本荘毅:地盤沈下と大震災—新潟の大地震悲劇の原因—(水第6巻10号 32—33p)
行武毅(他):新潟地震の際の地磁気変化調査(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
吉田巌:新潟地震に思う(土木技術資料第6巻9号)
吉中竜之進:地盤と被害の一口話(土木技術資料第6巻第9号28—29p)
吉山良一:新潟地震のマグニチユードについて(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
和田金治:その日の新潟(天然ガス第7巻9号20—23p)
渡辺一夫:新潟地震と新潟市の災害(地理8月号61—70p)
—:新潟地震補遺(地理:9月号75—78p)
—:新潟地震と新潟市民(水利科学:8月号)
—:その後の震災地新潟にて(法政第13巻10号 35—38p)
渡辺浩太郎:新潟市長の災害日誌(潮:第50号)
渡辺隆:地盤および土質(新潟地震防災研究報告ノ内)
—:新潟地震におけるバイブロフローテーシヨンの効果(建設の機械化第177号)(土と基礎第13巻第2号)
       ○
NHK編集部:死斗!6月16日の放送局—<新潟地震>報道白書—(放送文化・第19巻8号7—179p)
—:新潟地震を撮る(放送文化:第19巻8号 1—6p)
消防庁:新潟地震被害調査(科学防火第19号 8—13p)
石油文化社:新潟だより(石油文化:第12巻7号 24p)
—:新潟地震災害ニユース(石油文化:第12巻7号 69—70p)
全国知事会:新潟震災とその教訓(都道府県展望:8号 No.71 2—20p)
天然ガス鉱業会:新潟地震に伴う地方税の減免措置について(天然ガス第7巻8号 25—27p)
—:科学者が見た新潟地震(座談会)(天然ガス第7巻9号 10—19p)
—:新潟地震を顧みて—新潟地震特集—(天然ガス第7巻9号1p)
東京大学地震研究所:新潟地震余震観測序報(東京大学地震研究所速報第8号:新潟地震調査概報ノ内)
土木学会:新潟地震その展望(座談会)伊藤直行(他)(土木学会誌第49巻8号 12—24p)
新潟応用地質研究会:新潟地震特集号(新潟応用地質研究誌第10号)
—:新潟地震の概要(新潟応用地質研究誌第10号 1—6p)
新潟県議会事務局:新潟地震の大要(新潟県議会報昭和39年15号 79p)
新潟県教育庁:新潟地震における児童生徒の保護指導措置の記録(新潟県教育月報第15巻6号 53—63p)
新潟県教育庁指導課:新潟地震における児童生徒の退避ならびに保護措置について(新潟県教育月報第15巻第6号48—52p)
新潟県教育庁総務課:新潟地震による災害の復旧について—県教育の目—(新潟県教育月報15巻6号 70—73p)
新潟県土木部河川課:新潟地震について(河川第219号 30—42p)
新潟県保母会:新潟地震における保育所被害状況特集号(保母会 昭和39年9月号)
新潟市議会事務局:新潟地震写真特集(調査月報 昭和39年6月号 1—52p)
—:新潟地震災害関係法令特集(調査月報 昭和39年7月号 5—49p)
—:新潟地震の概要と応急対策上・下(調査月報 昭和39年8月号 1—66p 9月号1—87p)
—:新潟地震の資料特集(調査月報 昭和39年10月号 1—82p)
新潟地震非常災害対策本部:新潟地震と政府の施策(官報資料版第325号 昭和39年7月1日 1—2p)
新潟大学ラジオ・クラブ:新潟地震の非常通信(無線と実験第51巻10号 134—138p)
新潟地方気象台:新潟地震・津波(新潟県気象月報:1964.39.6 17—20p)
新潟日報社編集局:新潟地震と新潟日報—提言活動と反響を中心に—(新聞研究第160号 25—28p)
日本瓦斯協会:新潟地震と北陸ガス(座談会)(日本瓦斯協会誌第17巻9号)
日本国有鉄道新津工場設備課:新潟地震による災害復旧工事について(にいつ第95号4p)
BSN新潟放送:6.16以後の新潟市場を分析すれば(BSNレポートNo.29)
—:新潟地震から一年—新潟県の復興に対処して—対談田中角栄、塚田十一郎(BSNレポート第39号 4—7p)
     ○
早稲田大学調査団:新潟地震建築被害写真(新建築第39巻8号 189—192p)
早稲田大学地震災害学生調査団:砂上都市新潟の被害を見る(新建築第48号 99—104p)
朝日ジヤーナル:新潟地震の残した教訓(朝日ジヤーナル 昭和39年6月28日号)
LPガスプラント:新潟地震によるLPガスプラント被害状況調査報告(LPガスプラント第2巻3号 1—12p)
科学続売:新潟地震海底学術調査の概要(科学読売第16巻12号 40—43p)
—:新潟沖の海底を探る(特集)—新潟地震海底断層学術調査の報吉—(科学読売第16巻12号)
—:新潟地震の根源を探る—「よみうり号」の成果—(グラビア)(科学読売第16巻12号 5—19p)
気象:新潟を襲つた強震(気象:1964年8月 2—4p)
近代消防:延焼防止を成功させた小野寺隊長に聞く(近代消防第2巻8号 46—52p)
—:新潟地震特集(近代消防第2巻8号)
京浜文化:石油タンクの火災と民家の焼失(京浜交化第6巻3号 5p)
建設:新潟地震特集号(建設昭和39年9月号)
建設者:新潟地震の教訓(座談)(建設者第2巻8号)
—:結実する復興新潟を横断して(建設者第2巻12号 53—55p)
—:立ち上がる震災地の砂塵に燃える新潟のいぶき(現場探訪)(建設者第2巻12号 45—50p)
建築技術:新潟地震による沈下傾斜建物の復旧工事:(建築技術第164号)
—:新潟震災復旧工事の現況(建築技術第165号 102—105p)
—:続・新潟震災復旧工事の現況(建築技術第166号 103—107p)
建築雑誌:新潟地震被害写真(建築雑誌第79集944号 547—556p)
敗界:新潟地震にみせるシエルの思惑(財界:昭和39年7月15日号)
—:新潟地震のトバツチリ(財界:昭和39年7月15日号)
週刊東洋経済:広がる新潟地震の波紋(週刊東洋経済:昭和39年6月27日号)
新鉄:新潟地震特集号(新鉄第52.53合併号)
世界:新潟地震が残したもの—都市と工場の危険な関係—(世界:第224号 日本の潮1 227—231p)
—:新潟地震が残したもの(日本の潮)(世界第224号 227—231p)
石油と石油化学:昭石新潟製油所の災害(石油と石油化学:昭和39年7月号)
測量:新潟地震防災総合研究計画(測量第14巻8号 32p)
—:新潟地震に考える(測量第14巻8号)
ダイヤモンド:新潟地震!産業会社の被害状況(ダイヤモンド:昭和39年6月22日号)
—:大損害をうけた昭和石油はどこへ行く(ダイヤモンド:昭和39年6月29日号)
—:新潟地震が教えたもの—再検討を迫られる石油コンビナート—(ダイヤモンド:昭和39年6月29日号)
土と基礎:地盤震害委員会の発足について(土と基礎第12巻8号 24—26p)
電波時報:新潟地震報告(電波時報第8号)
—:災害と電波・新潟地震を中心として(電波時報第9号)
土木技術:新潟地震の惨状(口絵写真)(土木技術第19巻8号 19—26p)
土木技術資料:新潟地震調査報告(土木技術資料第6巻7号 35—62p)
マンスリーエコン:建築基礎と地盤—新潟地震の記録—(マンスリーエコン第43号 2—5p)

     あとがき
 新潟地震発生以来2年5カ月、ここに漸く「新潟地震誌」を編集発行することになりました。本書発行の企画が緒に就きましたのは、昭和40年3月のことで、応急対策も終り本復旧工事がたけなわの頃でありました。
 市長の命により6月22日別掲編纂委員の第1回委員会が開催され、正確にして詳細な地震記録にするとともに、写真や図版を多く入れ読み易いものにするとの方針が決まりました。早速事務担当者による編纂業務が始められましたが、混乱の極忽忙の間に記された、雑然たる各種記録や資料を前に、いかにして正確な記録を作るか、執筆者の心労も多かつたのであります。
 その後第2回第3回と会を重ね、昭和41年6月15日第4回委員会で大部分の原稿案と収録写真についてご協議願いました。その間ご多用の処を、貴重な資料やご意見を寄せられ、本書の作成にご協力頂いた多くの方々に対しまして、厚く感謝の意を表するものであります。本書が防災都市建設のしるべの一つともなれば、編集者の喜びは、これに過ぎるものはありません。
 昭和41年11月
     新潟地震誌編纂委員会
       委員長 新潟市助役 佐野武一

     新潟地震誌編纂委員名簿
編纂委員長 新潟市助役 佐野武一
編纂委員
 議会 議長 丸山富蔵(瀬谷照)(倉田勇吉) 副議長 野沢正一(黒井松蔵)
    総務委員長 星野星衛(青木松男) 図書運営委員長 阿部清助(西川謙次郎)
    地震災害対策特別委員長 加藤大輔 事務局長 松井米雄
 消防 東消防団長 村山勇一郎 西消防団長 倉田勇吉 消防本部長 横塚政義
 民間 NHK新潟放送局報道部長 荒井義雄 KK新潟日報社編集局次長 石堂平也
    日本赤十字社新潟県支部事務局長 百川伝吾
 市部局 収入役 鈴木誠一郎 教育長 石川健四郎 水道局長 児玉賢雄 総務部長 中島正二 商工労働部長 若林忠蔵 農林水産部長 小林三友 民生部長 太田浩 土木部長 小林正久 建築部長 村木門吉 財務部長 本間高明 広報課長 伊藤鼎
 監修 新潟大学教育学部教授 小村弌
 事務局 事務局長 総務部庶務課長 滝沢八十治(若杉元喜)
     事務局員 防災係長 佐々木四男 嘱託 山下隆吉 武田広昭(山田一二)
  ( )内は前任者を示す。

附録 新潟市地盤変転史

新潟市地盤変転史
第1章 新潟地震被害と地盤との関係………………………………457頁
第2章 江戸時代以前における新潟の地盤…………………………458
  2.1 新潟平野の成立……………………………………………458
  2.2 新潟市周辺の地史概説……………………………………459
  (1)海岸平野(2)河成平野(3)海岸砂丘
  2.3 平安時代の越後古地図について…………………………461
  2.4 江戸時代以前における新潟の地形………………………464
  (1)渟足の柵(2)蒲原の津
  (3)新潟の黎明期・三ケ津(4)白山島
第3章 江戸時代における新潟の地形変遷…………………………467
  3.1堀直寄の町割りと正保図・明暦図…………………………467
  3.2阿賀野川、信濃川の合流とその影響………………………468
  3.3松ケ崎堀割りと阿賀野川河口変更の経緯…………………471
  3.4附寄島と流作場の形成………………………………………472
  3.5新潟側信濃川の変遷…………………………………………476
  (1)天正より享保に至る新潟側信濃川岸(2)延享頃の新潟側信濃川岸
  (3)享和頃の新潟側信濃川岸
  3.6新潟砂丘の飛砂の害と砂防の沿革…………………………480
  (1)新潟周辺の砂丘の成立(2)飛砂の害と砂防対策の沿革
  3.7三潟地方の悪水排除問題……………………………………482
  3.8沼垂町の変転…………………………………………………484
  (1)附寄島形成頃までの沼垂町(2)沼垂町並の変動
  (3)栗の木川と亀田郷の水利問題(4)蒲原の消長
  (5)焼島潟の小島の地蔵尊
  3.9山の下の変転…………………………………………………489
第4章 明治大正年代における新潟の地形変遷……………………491
  4.1明治初年における新潟側の信濃川岸………………………491
  4.2幕末・明治初年頃の信濃川口の水深………………………492
  4.3大河津分水工事と新潟築港…………………………………492
第5章 昭和年代における新潟市の地盤変動………………………494
  5.1信濃川岸地区の埋立て………………………………………494
  5.2新潟海岸汀線の後退と海岸欠壊問題………………………494
  5.3新潟の地盤沈下………………………………………………496
(1)新潟の地盤沈下問題(2)地盤沈下被害と新潟地震被害

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1528px
  • 高さ:1117px
  • ファイルサイズ:1.7MB
図:新潟真景 小尾勘五郎保重画(新潟奉行所定役)

第1章 新潟地震災害と地盤との関係

 新潟地震の第一の特徴は、軟弱地盤に被害が集中して、被災地と無被災地とがかなり明確に区別される事で、これは被害と地盤の密接な関係を示すものである。従来一般に耐震建物と見られて来た鉄筋コンクリートのビルが、或は傾斜し或は倒壊し、また近代工法の粋を尽したと称せられた完成後間もない永久橋が落橋した事などによつて、沖積平野に立地する近代都市の地盤問題が各方面の注視を集めるに至つた。
 新潟地震では地震発生と同時に至る処で地割れを生じ、大量の地下水と砂を噴出した。また地震によつて防潮堤護岸堤が破損して、ゼロメートル地帯では河水が堤防を越えて市街地に浸入し、津波は破損した防潮堤を乗り越えて低地帯に浸水した。建物被害についてみると、被害甚大地における鉄筋ビルは、殆んど例外なく陥没し或は傾斜して居り、しかも建物自体の損害は極めて少い。また木造家屋も倒壊したものは、学校の体育館、倉庫などの特殊な建物を除けば、建物自体の損害は少なく傾斜陥没一特に部分的な不等陥没が大多数を占めている。即ち被害状況は地盤の性質に起因するものが極めて多いので、地盤災害と云われている。
 以下地盤と震害との関係について、西田・茅原両教授の論文(西田彰一・茅原一也共著:新潟地震の地盤災害について(新潟県—新潟地震災害復興計画ノ内))により要約する。
 『この度地震被害と地盤成立の新旧を対照表示すると
人工造成地{現河岸地域 現造成地 新期埋立地(昭和6年以降)旧期埋立地(昭和6年以前)
無被害地{古期砂丘 古沖積原
被災地域{現河川堤外地 自然砂洲 古信濃川 古阿賀野川 新期砂丘 砂丘、内低地
 これらの被災地域のうち新期砂丘地を除けば、いずれも300年以後に生じた自然或は人工造成地である。これらの地域は当然地盤は軟弱で、地下水位も高い。このような条件が砂層流動化の程度と関連して、被害を増大させたものであろう。』
 このたびの地震被害は震動によるものよりは、地盤の動きによつて生じた被害の方が遙かに甚大であつた。即ち被害は明確に地域性を示し、限られた地域に集中発生したものである。新潟市内の被害について云えば、現在の信濃川と阿賀野川の河岸地帯と、これらの旧河川敷に被害が限られている。これは土地が新しく造成されてから現在に至るまでの、地盤の年輪に起因があると考えられる。従つて新潟地震の被害を詳細に知るためには、まずその地盤の形成過程と、地形の生成沿革過程とを明らかにする必要がある訳である。

第2章 江戸期以前における新潟の地盤

2.1新潟平野の成立
 新潟平野成立の歴史は第4紀の洪積時代に遡らなければならないが、ここでは平野形成に直接関係の深い沖積時代に入つてからの経緯を、新潟大学理学部の西田・茅原両教授の論文(—西田彰一・茅原一也:弥彦角田山塊の生い立ちと最近の地史)よつてその要旨を記述する。
 『沖積時代の初葉においては、今日みる村上市から新潟市周辺に展開されている蒲原平野は勿論のこと、越後平野の大部分が広域にわたる浅海によつて覆われていた。これは低湿地帯の地表下に潜在する、海棲介化石を含む堆積物の存在によつても指摘される。即ち当時内湾のような古越後湾と呼ばれるような水域のあつたのは、今から1万年前の事である。ところがこのような海湾も、時代の進行と共に、後背地から供給される泥砂礫によつて、次第に湾頭は埋積されていつたものと考えられる。
 続いて次の段階になると、漸次陸地の上昇によつて、海湾の沖合にはようやく砂洲の発達が不安定ながらみられる様になつた。特に注目すべき現象の一つは、当時すでに海上に現われていた角田山の北端と葡萄山塊の南端に砂嘴(さし)(湾などの一方から海に細長く突き出ている砂の堤)の発達がみられ、その延長方向の一線に砂洲がならんで、一斉に出現したものと考察される。即ち弥彦角田山塊の一角を拠点として、砂洲の出現をもたらしたもので、これが現在の蒲原郡海岸における砂丘地帯の生い立ちである。
 このようにして著しく砂洲が発達して来る一方、入江の湾頭は沖積され、前の時代には直接日本海に洗われていた部分は封ぜられたような状態になつた。こうして漸やく砂洲の発達が安定し、生長していくと、前の時代の海湾は沿岸湖ないし潟湖の如きかたちとなり、且また海水は稀釈されて、恐らく低鹹水になつたことも推定される。この時期は縄文早期ないし縄文前期の初葉であろう。次に角田山麓に砂嘴が生成された時代は、恐らく尖底式土器の時代と考えてもあまり誤りを来たされぬものと推察される。
 即ち角田山麓に発達した砂丘に、縄文早期の先住民族が生活を営んだものであろう。やがで砂洲の発達生長と陸地の前進的上昇と共に、潟湖のような水域も次第に縮少され、分裂し沖積された。そして海岸線は後退し、内陸側から2番目の砂丘群が生成された。この状態の時期は縄交中期の時代と大略推察されるのである。この事は従来北蒲原平野では、縄文中期を示す土器は、いわゆる亀田砂丘列に出土しており、この砂丘列から海岸によつた処からは発見されていないという事実からも帰納されよう。かく見てくると縄文中期頃の先住民族は、後背地から海岸へ前進し殆んど安定したこの古い砂丘上に、原始拾集経済の生活を営んだものと推察される。
 次の段階へ進んでくると、次第に越後平野は各河川によつて運搬されてくる泥砂礫によつて埋積され、各所にあつた水域も加速度的に縮少され消滅していつたと考えられる。僅かに紫雲寺潟とか福島潟、鎧潟などが汽水化或は淡水化されて、かつての古越後湾の最後の名残りをとどめている段階である。処がここで重要なことは、これらの潟湖は位置的にみると何れも地下の構造に制約されて生成されたものと考察される点である。つまり浅層地質を構成する沖積層は、堆積しながら既存の地下構造をそのまま継承して、その構造をつくつているという事に大きな意味がある。
 また沖積層の厚さという問題も地質構造に密接な関係があり、鎧潟、福島潟、岩船潟などは地下構造の上では、いずれも向斜部に当つている。例えば鎧潟は吉田から内野へわたる新潟ガス田の大きな向斜構造の一部を占めており、岩船潟も同様に後背地における第三紀層の構造の向斜軸の延長部に当つている。
 このような構造的位置は、常に負の沈降運動が行われるところであり、最終段階まで、水域として残存する場所であるといえる。つまりこれらの水域は古越後湾の名残りであり、いわゆる海跡湖の消滅に近い姿として把握し得るのである。』
2.2新潟市周辺の地史概説
 新潟市周辺の地史については、建設省国土地理院の「新潟地震震災調査報告書」が比較的平易に詳細に解しているので、以下その要旨を摘記する。新潟市附近の地形は海岸平野・河成平野・海岸砂丘の3つに大別することができる。
(1)海岸平野—この地形は信濃川右岸以東牡丹山砂丘以南の一帯を占める。信濃川と阿賀野川との河間地では、内陸側から亀田・山二つ・紫竹山・牡丹山の四群の砂丘列と、それらの間の後背低地が存在する。後背低地の基部には砂丘を構成する海成砂層と連続する砂層が存在し、その地表から深さは紫竹山砂丘中央部の北側で2~3m前後、信濃川寄りにやや大きく5~6m前後を示す。
 亀田砂丘群以南は、阿賀野川系の扇状地前後性の河成微高地からなり、信濃川および阿賀野川沿岸には、夫夫自然堤防が幅およそ1~1.5㎞の帯状に発達している。阿賀野川右岸には前記4列の砂丘群に対応する砂丘群が発達しているが、信濃川左岸には遙か西方角田山東麓に発達するものを除いては、砂丘群は見られず、(阪口豊氏は西蒲原平野一帯のボーリング柱状図解析結果から、後背地下に砂丘列の延長及び過去の自然堤防が埋没している事を指摘している。(国土地理院:新潟地震震災調査報告書15頁)信濃川支川中之口川などの自然堤防帯を見る以外は、低湿な後背低地が広く展開し、いわゆる蒲原平野の主体を形成している。この地帯はほぼ中之口川の西側に沿う軸を有し、新潟市内野附近で日本海に達する大きな向斜構造をなすと考えられている。向斜軸に相当する地帯は、新潟平野のうちで最も沖積層の厚い地帯であり、基底礫層と考えられている第一砂礫層(G1)までの深度は、燕市附近で80m、白根附近で120m、黒埼村で150~180m、内野東方で200mを越える値を示している。
(2)河成平野(デルタ性低地)—新潟市は信濃川河口に位置し、その市街地の中心地は信濃川の形成した河低地の上に立地している。かつては通船川沿いの低地帯を阿賀野川が流れ、新潟附近で河口を並べて日本海に注いでいた。その後幾多の変遷を経て享保16年(1731)以降阿賀野川は現在のように松ヶ崎で海に注ぐよにうなつたが、この阿賀野川の流路変更が信濃川の堆積状態に変化を与え、港としての新潟の盛衰や市街地の拡張に非常な影響を及ぼしたとされている。従つて新潟市の発達は、両川の流路変遷の歴史を除いては論ずる事はできない。河口附近における両川の蛇行帯の幅を見ると、信濃川左岸では関屋において砂丘地域に弧状に入り込んで、ほぼ学校町の線にその境があり、県庁附近から再び寄居中学校附近に入り込んで、大畑町から寄居町・附船町を経て河口に達し、団九郎及び県庁附近に大きなカスプ(Cusp)を、広小路北西端及び附船町附近に小さなカスプを作つている。信濃川右岸では気象台南方から古信濃川沿いに流作場を抱くように弧状に入り込み、沼垂町の西縁に及んでいる。この間において天神尾と長嶺間の牡丹山外側砂丘を削つている。新潟駅はこの砂丘が削られ旧河道低地内に位置している。
 阿賀野川右岸では濁川附近から狐尾・神谷内・松ケ崎とほぼ半円形に蛇行帯が入り込んでおり、加治川はその流末部においてこの蛇行旧流路の一部を利用している。左岸では蛇行帯は下山・津島屋間、松ヶ崎・海老ヶ瀬間・河渡・上木戸を経て焼島潟に及んでいる。海老ケ瀬・逢谷地・上木戸間では、紫竹山砂丘及び牡丹山砂丘の東端を削り取つて自然堤防を形成している。上木戸・鴉又・長嶺を結ぶ牡丹山外側砂丘の北側低地は、阿賀野川の旧河道帯並びにデルタ性低地に相当し、沼垂市街地をのせる一帯は、信濃川に挾まれて形成された砂嘴であると解される。
 信濃川及び阿賀野川の蛇行帯が、共に牡丹山その他の砂丘を削つて入り込んでいる処から、旧河道部は、砂丘形成期以降の発達にかかる事は明らかである。従つて旧河道低地の基底には、海岸平野を形成させるN値の高い砂層が存在する事が、容易に想定される。建築研究所でまとめられた新潟市内にN値の高い砂層が現われ、その表面は比較的平坦で、南側の海岸平野におけるN値の高い砂層の表面(海面下3m内外)とは、比高5m前後の弧状の埋没崖によつて境されていることが明らかになつた。また更に海面下8m内外の旧河道基底平坦面は、信濃川本流沿いの谷(基底の高さは海面15~18メートル)によつて切られ埋没段丘となつている。埋没段丘には新潟駅附近に発して流作場四ツ角を経て万代橋と八千代橋の中間で本流の埋没谷に合すると見られる谷が刻まれている。同様の埋没段丘地形は白山や古町附近のものは表面の高さは海面下5m前後にあり、東堀通6番町から古町6番町を中心に両側を埋没谷で断れたハート形の弧立した埋没段丘である。この埋没段丘の存在が信濃川河口底部地において、白山島および寄居島などの中洲(自然堤防)がいち早く形成された理由となつていると考えられる。埋没段丘の東西側に信濃川本流の埋没谷、北西側に西川の埋没谷が存在し、後者の基底は海面下15m内外にある。
 以上の事から海岸平野部における海成砂層は、紫竹山砂丘以北の後背低地部では、海面下2.5~5mで出現するが、流作場では8m前後でなければ現れず、この出現深度の差は当然信濃川蛇行帯における下刻によることが明らかで、地表においても半円弧状の流路跡及びその区間における砂丘の破壊として現れている。信濃川流路はこれを挾んで分流し、後にはこの埋没段階を核として白山島・寄居島の自然堤防を形成した。この自然堤防の歴史時代に入つてから島村新潟を周辺に先駈けて立地させるもととなつた。
 埋没段丘及び埋没谷の存在の説明は、現在資料不足で仮説を出ないが、縄交以降の海退期の間に一時現在の海岸線よりも更に沖合に及ぶ海退があつたと想定される。埋没段丘の深度・段丘開析谷中に有機質堆積物(泥炭?)が認められること、信濃川本流の下刻能力などから考えて、海面低下量は10メートルないし15m程度であつたと思われる。そして或はこのような最近における海退現象が日本海岸部に発達する砂丘の形成に関与したのではないかと考えられる。
(3)海岸砂丘—信濃川及び阿賀野川の旧河道性低地より海側は、海岸砂丘の一環をなすもので、内陸部に取り残された牡丹山亀田の砂丘列上に発達する砂丘に比較して規模が大きい。阿賀野川旧河道性低地の北側における砂丘は、物見山を中心として発達し、海岸線にほぼ平行な6列或はそれ以上の砂丘の集合から成つており、その平行性から内陸部砂丘と同じように、砂丘をその形成母体としているものと考えられる。物見山砂丘の東側は、阿賀野川旧河道の蛇行帯によつて切られているので、少なくとも砂丘の基部は阿賀野川蛇行帯よりは形成時期が古いと考えられる。物見山砂丘の海側には200~300m幅の堤間低地を隔てて少なくとも3条の列状砂丘が認められる。更にその前面には現在海岸浸蝕によつて破壊されたものと推定されるが、昭和6年修正測図の2万5千分の1地図によると高さ6~8m、幅60~80m、長さ約2㎞の小砂丘が形成されていたらしい。
 これらの砂丘の平行な列状配当に対して、信濃川左岸の砂丘は平行性を欠き、鎖状に近い平面形を呈している。このことは内陸側デルタ面に砂丘群列を欠く事と共通した理由に基づくのではないかと想定される。即ち信濃川左岸の砂丘は物見山砂丘のような浜堤或は砂丘を母体として形成されたものではなく、その特殊な平面形形成のメカニズムは現在明らかではないが、信濃川のデルタ形成作用特に自然堤防の配置が、重要な意味を持つていたのではないかと想像される。
2.3平安時代の越後古地図について
 越後では江戸時代から「康平三年越後古図」(1060)と「寛治三年越後絵図」(1089)という2つの古い地図が稀覯(きこう)なものとして伝写せられ流布(るふ)して来た。そしてこの2図は現在でも中央の地学者が越後平野成立の説明によく引用している地図である。この地図については、地元である新潟県では古くから後世の偽図ではないか、想像図ではあるまいかと疑問を持つものが多かつた。昭和初年以来郷土史研究者の間で問題になつて、甲論乙駁、何人もにより論議された結果、結論めいたものが出て、これらの地図はともに江戸時代につくられた想像図であろうという事になつた。またこの地図については、地質学の専門家が地史学的に越後の土地の成立を研究した論文(西田彰一、茅原一也:弥彦角田山塊の生い立ちと最近の地史)中で、その真憑性を否定しているのである。即ち西田・茅原両教授によると、これらの地図は現在の越後平野が海湾をなしていたという点は当つているが、その年代は見当はずれで、越後平野が海湾であつたのは、恐らく有史以前の今から1万年も昔の事であろうというのである。
 今ここでこれらの地図の想像図であるゆえんを、詳細に立証するつもりはないが、研究家によつて検討された問題点を2、3要記して、想像図である事の理解に資したい。第1の問題点はこれらの地図で海中になつている地から土器類を多く出土する事である。縄文土器でも弥生式土器でもそれが出土するという事は、縄文期・弥生期にその地に先住民の棲息していた事を示すもので、900年程前に海湾であつた事はあり得ない訳である。第2の問題点は康平3年をさかのぼる33年前に撰述された延喜式に載つている式内神社名や郷名などを多く脱漏しながら、後世の名を誤り記している事である。これらは当時信仰上行政上見のがし得ない筈のものである。また康平、寛治の頃には越後では国内第1の繁華な港蒲原の津を記さずに、新津や古津を記しているのも怪しい1つである。第3の問題点は、平安時代や鎌倉時代には未だその名が生れず、戦国末期や江戸時代になつてから、漸やく名のつけられた地名を記している事である。例えば村上・芝田・栃尾・見附・長岡・与板・新潟・高田等が平安時代の地図に載る筈はないのである。念のためにその1、2の例を記述すると、村上は戦国時代には本庄氏が居城していて地名も本庄といつたが、慶長5年に上杉景勝が会津に国替えになつた後を襲つて村上周防守頼時がそこに居城するに至つてから、本庄の地名を村上に改めたのである。また高田という地名は、慶長19年に徳川家康の6男の松平越後守忠輝が、越後福島城主に移封になつた時には、まだ高田という地名はなかつた。忠輝は菩提ケ原の地に新たに城を築き、高田城と名づけたもので、高田の地名はこの時から始まつたのである。然るに平安時代の地図と称するものに高田の地名が載つているのである。越後の国の偽図については、康平図・寛治図などより遙かに古い四道将軍大彦命の撰と称する古地図がある。それは北越略風土記節解という古書に載つているのである。これは大彦命が神代文字で書いたものだと云い、神代文字の残欠2字を麗々しく掲げて、地図の権威づけを試みているのである。だがこの神代文字なるものは、平田篤胤が「神字日文伝」を著して、古代わが国にも独特の文字があつたと力説したが、明治以後の学者の研究によつてこれは、篤胤の創作した偽物であると解明せられ、既に史学界の定説になつているのである。せつかく重みをつけようと神代文字を加えた事が、この地図の贋作であるゆえんを自ら立証する事となつたとは、誠に笑止な話である。康平図寛治図もこれと同巧異曲の偽作の臭味の強いものである。
2.4江戸時代以前における新潟の地形
(1)渟足(ぬたり)の柵—有史時代に入つて第1に史上に名を出すのが渟足である。これは新潟市沼垂の古名である。大和朝廷は勢力拡張のために盛んに北方に国づくりをやつたが、孝徳天皇の大化3年(647)蝦夷の南下を防ぐと共に、開拓の前進基地として、渟足の柵を築造した。当時の柵は開拓基地であり、海陸兵姑の根拠地であつたと思われ、大木をぎつしりと周囲に立ちめぐらした一種の城塞であつて、その中に田畑も住み家も政庁もあり、四方に望楼や木戸を設けた、唐代の城塞を模したものと推測される。これが今の沼垂の古称で、当時の沼垂は山ノ下から河渡にかけての砂丘上に在つたものと思われ、通船川の左岸に上木戸・中木戸・下木戸の地名のあるのは、渟足の柵の木戸の所在地の遺称ではなかろうかと推定されているが、根拠はない。この辺は阿賀野川の河口地域に位し、幾度か河道の変動があつたことが推測され、その遺物も遺構も完全に湮滅して1片の柵木のかけらも未だ発見されていない。
(2)蒲原の津渟足の柵についで史上に名を現わすのは蒲原である。延長5年(927)に著作された延喜式に、各国から京都に朝貢した頃の交通路と運賃の規定を載せているが、その中に蒲原の津が出て来る。当時日本は地形上政治上から海上交通は早くから起り、港は当時津と呼ばれていた。蒲原の津は越後の国の公港で租庸調等の物資は信濃川を下つて蒲原の津に集まり、そこより水路敦賀・陸路塩津・水路琵琶湖を経て、大津より京都に至つたものである。蒲原の津は新潟の対岸の蒲原であつたが、江戸初期に河岸決壊のために現在地に移転したもので、昔の蒲原の地は江戸時代の古地図や諸史料で考察すると、今の県営埠頭辺に江戸初期頃金鉢山という砂丘があり、その川上辺にあつたと推定せられる。
 鎌倉初期には源義経が兄頼朝に追われて京都から北国街道を奥州へ忍び下つた時、その顛末を記した義経記(ぎけいき)に蒲原と沼垂の名を載せている。また戦国時代の永正15年(1518)奥州伊達侯の使僧が上洛した時の文書にも、途中沼垂と蒲原を通過した時の渡し銭を次のように記している。
『(上略)二百文 ぬつたりのわたしもり
  百文 かんばらのわたしもり(下略)』
 即ち当時の沼垂は阿賀野川の河口にあり、蒲原は信濃川の河口にあつたものと思われ、阿賀野川の渡し銭が信濃川の渡し銭の2倍であつた事は、前者が急流で川幅も広ろかつた事が推量される。
 時代が降つて南北両朝対立時代に入ると、越後でも南北両党に分かれて各地で戦いが行われたが、この時南朝方の基地がこの蒲原の津であつた。「越佐史料」建武2年(1335)12月23日の条に『小国政光並ニ荻・風間ナドノ諸氏越後蒲原津ニ城ヲ構フ。加治景綱之ヲ攻メントス。是日政光之ヲ松崎ニ翌日沼垂ニ遽へ戦フ』とあり、その史料として色部文書の秩父高長軍忠状を収録している。この松崎は新潟市の河渡の隣の松崎(まつさき)で、色部文書中には「沼垂馳下」とある処からも、当時の沼垂が阿賀野川右岸の海岸砂丘上に在つたことを示すものである。その位置は恐らく今の日本鋼管の北方から、健康保険新潟病院辺にかけての地であつたと推考される。蒲原津城は建武より60年後の南北朝合一の時、蒲原津城を守護代に引き渡すべき事を指令した室町幕府の文書が越佐史料に収録されている。その城の位置は、今その所在は不明である。
(3)新潟の黎明期三ケ津—戦国乱世の時代に絶えざる戦いに勝ち抜くためには、巨額な軍資金・軍需品の調達・厖大な軍需物資の輸送が必要であり、このためには港町を把握する事が必須の要件であつた。上杉謙信は天文19年に上杉定実の後を継いで政権を掌握すると、翌天文20年(1551)6月28日大串某を三ケ津の横目代官に任命して、港湾都市把握の意図を示した。この三ケ津というのは沼垂・蒲原・新潟の3港である。次に新潟の名の古文書上での初見は、永禄11年(1568)11月22日上杉謙信が本庄繁長(今の村上市に在城)を撃たんとして出雲崎に着陣し、諸将に激をとばして早々三ケ津に打ち越すように記した書状中に「廿七新潟を可打立候」云々とある。この頃既に新潟は謙信が着陣する位だから相当な港になつていた事は想像される。その土地は海岸砂丘上の信濃川岸へかけての地と推考されるが、詳細については史料を欠き不明である。
(4)白山島—戦国末期の天正10年(1582)に新発田因幡守重家は上杉景勝と下越後で覇を争い、信濃川の川中島の白山島に新潟城を築き戦つたが、天正14年8月落城した。その頃白山島と新潟城はどこに在りどのようなものであつたか、確かな史料に乏しく詳細は不明であるが、諸記録によると「景勝公一代略記」天正11年4月の条には『中旬しばた■の地新潟御出馬也。此湊日本二番の大河也。此川中島に立廿町横八町斗に城を拵へ、しば田刑部少武主にて人数入置。陸と水との間七八町も有べし、舟による外責へき様なし。』とあり、また「上杉年譜」28(景勝8)天正11年の条には『此川中島ハ新潟ノ川岸ヨリ要害ニ至ルマデハ二十五反モ阻リケレハ矢砲ヲ放ツトモ輙ク至リ難キ所ナリ』とある。
 また「管窺武鑑」には相当詳しく記している。勿論これは軍書なので無条件には受取りかねるが、当時の新潟城の規模その他はある程度分る。即ち『此島に城を取立て新潟城と名付く。四方共に堅固なるに、剰へ白山権現を勧請したる川上の島崎を掘切つて縮めて、猶以て堅固に仕る故味方より攻め悪し……(中略)……白山ケ島に田畠はなし、其他に商人は多し……(中略)……敵の掘切つて捨てたる白山社の島崎へ人数を遣され、藤田土俵を以て小山を築き、石火矢大筒を仕掛け、或は強弓を以て打立て射立てけれども、新潟の町裏迄塀を掛けて城に入れ莚薦を以て矢限とし、水弾・投玉・縁座・箒を以て火矢を消し中々小賢しく相守り候』とある。また越佐史料天正10年7月27日の条所載の「別本歴代古案」中には『新潟津之町人共悉証人取寄居へ納候由申来候』云々とある。
 以上の諸記録によつて考察すると、白山島は縦20間横80間の細長い島で、その上に白山権現を祀り、その社の辺の島の突出ている部分を掘り切つて縮め、北国街道より攻め寄せて来た景勝軍は、陸と島との間7~8町も流れがあつて舟によらなければ攻められない堅城であつた訳で、これを景勝は対岸に土俵を積んで小山を築き、高い処から対岸の城に火矢や大砲をうちこんだが、城方では濡れ莚やこもを塀にかけ火矢などは水をかけたり、箒で叩き消したりして堅固に守りを固めたというのである。そして新潟の町人からは人質をとつて、これを寄居に入れて置いた訳であるが、この寄居は白山島の一部と見るべき下流の寄居島即ち固有名詞と解すべきか、又は当時とりでを寄居といつた普通名詞と解すべきか両様の解釈がなされて来たが、上記諸資料を熟読検討する時、ここの寄居は普通名詞と解すべきで、吉田東伍博士も記して居られる如く、元和頃の材木町すなわち今の上大川前通は俗称他門と呼ばれている。他門とは城塞の他門長屋の遺称である事から考察しても、人質を納れたのは上大川前通辺の他門長屋で、この寄居があつた事から後年寄居島の名が出たものと解される。次に上記記録『白山権現を勧請したる川上の島崎を掘切つめて縮て猶以て堅固に仕る』とか『敵の掘切つて捨てたる白山社の島崎へ人数を遣され』とかあるその「島崎を掘切り」とか「掘切つて捨てる」とかの表現は何を云うのかを考察するに、当時白山島と古新潟の地との間の川筋(西川跡)は相当泥沢化が進んで、岸辺には芦や葭やがつぼが生えて、白山島に至る細い通い路位は出来て、古新潟と白山島との間は入江になつていたのであろう。新潟の名はこの入江に起因するかと考えられる。この通い路を景勝軍の来襲に備えて切つて落とし、信濃川の水を入江に導入して島と陸との間7~8町の水流で船によらなければ攻められない堅城にしたものと解せられる。
 以上の事柄はこんどの地震災害図(新潟大学理学部の災害図及び国土地理院の災害図)がこれを証明してくれたように感ぜられる。即ちこの頃の白山島の地と見られる古町通と本町通は無浸水・無災害で地盤の安定を示したのに対し、旧西川跡(入江跡)と見られる寺裏通・東仲通より大畑町・北浜通辺にかけては地下水が噴出し浸水したのである。これは今回だけでなく、新潟市史によると『明治29年7月21日全県下にわたり大洪水があつた時、新潟市では古町通と本町通を除き全町浸水し湛水5月に及んだ』と記している事によつても天正頃既に商人が多く集つて一条の湊町をなしていた古町辺は、新潟市街中では地盤の最も安定した土地である訳である。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2183px
  • 高さ:2525px
  • ファイルサイズ:742.5KB
図:2.1図1
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2366px
  • 高さ:1596px
  • ファイルサイズ:1018.8KB
図:2.3図1 康平三年越後古図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2300px
  • 高さ:1529px
  • ファイルサイズ:899.6KB
図:2.3図2 寛治三年越後絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1528px
  • 高さ:1386px
  • ファイルサイズ:726.8KB
図:2.3図3 永祚元年越佐古国図
第3章 江戸時代における新潟の地形変遷

3.1堀直寄の町割りと正保図・明暦図
 古新潟が海岸砂丘上の信濃川べりにあつた事は前述した。それは今の新潟大学本部から教育学部へかけての砂丘に在つたと思われるが、景勝の新潟城占領後は白山島と古新潟との間の通路は程なく元の如くに復旧し、信濃川の分流は堰きとめられて元の如き平和な入江に復し、入江に面した白山島の1本の湊町(後の古町通)には船がついて、以前の如き港町に復した事が考えられる。そして其後の新潟の入江に泥沢化が更に急激に進んだものと推考される。景勝が新潟を占領した天正14年(1586)から30年経た元和2年に堀丹後守直寄が新潟を領治したが、彼は新潟を港町として発展させるための施策を行い、翌元和3年には従来の本町(ほんまち)(今の古町通)のほかに新たに新町(あらまち)(今の本町通)かた町(後の片原、今の東堀通と東堀前通)材木町(今の上大川前通)の町割りを行なつて移住させた。ついですさき町(洲崎町、今の古町本町大川前通の五菜堀下手)の新しい町割りも行なつた。即ち直寄の企画によつて往年の白山島が後に新潟町の中核をなす端緒を作つたのである。
 処で新潟の載つている現在最古の地図は、正保2年(1645)に全国の諸侯に命じて各国の絵図を作らせた時の越後国絵図俗称公義御国絵図である。この絵図の新潟辺を見ると信濃川中に白山島と寄居島が出ている。従来この正保図の白山島寄居島は天正頃の白山島で元和3年に直寄が町割りをして転住させたその島のように解されて来た。新潟を記す次に古い地図は正保2年より僅か10年後の明暦元年(1655)の新潟町絵図である。然るにこの明暦図は新潟町の市街図で、現在の新潟町並が大略形成して描かれているが、これと正保図を比較してみると—と云つても正保図は越後全部を描いた大地図であり、新潟はその極く小部分で、新潟辺の概略の地形と川中島位しか記してなく、両者の比較は川中島位しかできない。両国の時代はその間僅か10年間なので、正保図の白山島・寄居島が明暦図では一つになり、しかもこれだけ整然たる市街をなす事は考えられない。とすれば正保図の白山島・寄居島は明暦図の新潟領かやの島・新潟島と同様に、大洪水毎にその形を変えている浮州島ではないかと思われるのである。天正14年から元和3年まで30年間、この頃には新潟の入江の泥沢化はぐんと進んで、古新潟と島とは一部は地続きとなつた処はあつても、まだ島の形であつたであろうが、元和3年から正保2年まで28年間に、天正頃の白山島は完全に古新潟と一つにつながり、その川中に浮洲の新しい白山島と寄展島が正保図に描かれるに至つたものと推断するのである。
 明暦元年には新しい新潟の町屋敷替えが行われた。3.1図1明暦年間新潟町地図は当時の都市計画図で、信濃川の流れに沿つて寺町川(西堀)片原川(東堀)の2条の堀を掘り、これを白山堀・新津屋小路堀・広小路堀・御祭堀が信濃川と連絡し、街路としては本町(今の古町通)と新町(今の本町通)の2条の町が貫走している。
3.2阿賀野川・信濃川の合流とその影響
 信濃川と阿賀野川は寛永初年頃までは、その河口を近接して並んで海に注いでいた。そして加茂屋堀という細い堀を以て通じていたが、寛永10年(1633)9月洪水のために加茂屋堀が、決壊し、阿賀野川と信濃川は合流して海に注ぐ事になつた。この結果河口地帯には地形に重大な変化を来たす事になり、河口の新潟と沼垂の2つの港は、明暗二様の大異変を来たすに至つた。この頃になると、蒲原の津は往年港町としての繁栄は全く消失して、信濃川河口の一村落に転落して、港町としては完全に脱落していた。
 阿賀野川は水量豊かな清流でまた激流であつたが、この阿賀野川の急流が信濃川と合流した日から、新潟側では河口の水深が次第に増加して、千石船でも横付けできる良港になつて行つた。寛永10年から12年後の正保2年の地図所載の記述によると、沼垂側での港口の水深は1丈4尺から1丈6尺である。しかし一方右岸の沼垂と蒲原の地では河岸の決壊が始まつて、沼垂の如きは川欠けがひどくなり、遂に住む場所がなくなつて、幾度も後退を余儀なくされて、後方の砂丘に移動したが、承応3年(1554)には遂に住む処がなくなつて、町ぐるみ大島に移るという悲運に立ち至つた。
 一方左岸の新潟町では港は繁栄の一途で、寛永20年(1643)には幕府の命によつて新潟の洲崎に船番所を置き、切支丹伴天連の渡来を監視する事になつた。これは新潟港が日本海での港として、中央でも認めていた事を示す証拠と云えよう。明暦元年には都市計画を行つて、東堀西堀とこれを信濃川に結ぶ4条の堀を掘り、信濃川の水をこれに導入して、港町にふさわしい町並みにした。そして寛文12年(1672)には河村瑞軒が幕府の命をうけて西廻り航路を開かんとして新潟入り、現地調査の結果新潟をその寄港地に指定した。これが新潟港を発展させる端緒となり、元禄・享保頃がその黄金時代であつたと云われている。
 阿賀野川右岸の沼垂町は、加茂屋堀決壊後は川岸の欠壊に悩み、承応3年遂に町ぐるみ大島に移転するの止むきに至つたが、大島もまた川欠けが始まつて遂に居られなくなり、7年後の寛文3年には蒲原の上手に港町計画を立てて、再び町ぐるみの移転を行つた。処が蒲原の地も安住の地でなく、ここもまた川欠けがひどくなり、寛文11年(1671)には蒲原の金鉢山の麓にあつた蒲原浄光寺は居られなくなつて、新潟の寺町に引越してしまつた。沼垂町民は蒲原の地も安住の地でないと覚つた時、起死回生の方策として、祖先以来居住して来た王瀬の地(今山ノ下王瀬町辺)に今一度帰つて、そこに大々的な港町を建設しようとの悲願を立て、新発田藩の許可得て、河渡から堀を掘つて阿賀野川の水を導入し、舟入堀を幾条も堀つて、新沼垂港の建設に着手した。時に延宝8年(1680)夏7~8月の事である。新潟側ではこの大工事を以て、新潟港の権益を侵害するものとして、中止を要求し、新発田藩にも嘆願したが、何れも拒否せられたので、その年9月2日これを幕府に訴訟した。そして幕府の取調べの結果、翌延宝9年6月4日判決がきまり、新規の儀沼垂が非分であるから新川は沼垂側が埋めるようにと裁決した。この敗訴によつて、沼垂町の港湾建設計画は完全に挫折し、沼垂側は涙をのんで堀を埋め、翌天和2年には栗の木川東岸に新らたな町割をして、2年後の貞享元年(1684)にまた町ぐるみの移転をした。これが今の沼垂である。この時の訴訟裁許絵図は、当時の新潟沼垂辺の地形を知るに役立つ貴重な史料である。
 以上が新潟沼垂の港訴訟の第1回目で、これから後元禄、享保、延享、文化、文政の前後7回にわたり新潟と沼垂は幕府に訴訟したのである。その原因は或は川中島の帰属問題であり、或は船舶の沼垂側荷上げの問題等種々であつたが、何れも港の権益に関する件であつたので、これを港訴訟と称している。これらの争訟は実に150年にわたり、両町は莫大な経費と労力を費して争つたが、その裁判の結果は常に新潟側の勝利に帰し、両町民の不和反目は言語に絶するものがあり、明治年代まで尾をひいていたのである。
 さて第1回の延宝度の訴訟図は、幕府の正式の裁許絵図で、これを描いた絵師は誓書して描いて居り、最も信頼の置ける地図である。これを見ると、旧阿賀野川の海に近い川口は既に埋まつて入り江をなして居り、加茂屋堀は相当の川幅に拡つて信濃川へ合流し、そこが阿賀野川の本流になつつている。この頃は信濃川右岸の決壊は速度を速めている時であり、阿賀野川右岸の旧沼垂(王瀬)方面の決壊は速度をゆるめ—旧河口閉鎖、旧河道の埋没が始まつて居り、旧河道中には大きな道が3つも出来ているのを見ることができる。やがてこの旧河道地帯は全部埋没して、今の山ノ下地域が生成されるのである。
3.3松ケ崎掘割と阿賀野川の河口変更
 新発田藩は阿賀野川下流地域にひろがる低湿地帯で、毎年のように発生する水害には悩まされて来た。これが対策として、新発田組の大庄屋小川五兵衛は、松ケ崎を掘り割つて悪水を海へ落とす事を献策したが、それには新潟の反対という難関があつた。しかし新発田藩は延宝・元禄・享保年間と度重なる港訴訟の一方的敗訴に対して、憤慨やる方なかつたのも手伝つて、藩の方針は五兵衛の献策を採用して松ケ崎掘割りに踏みきつた。そして目的達成のために幕府の要路に猛運動を開始し、その請願陳情に莫大な運動資金を注ぎこんだ。当時の将軍吉宗は新田開発を施政方針としたので、新発田藩はこれに便乗して、新田開発成功の暁には、福島潟の干上り地百町歩を幕府に献上する約束まで持ち出して、幕府の要路者に説いて、遂に松ケ崎掘割り工事の許可をとるのに成功した。そして新潟の反対を押し切つて工事を行う事とし、もし万一堀割りが破損した時には、責任を以て修復することを新潟側と約定を取り交わし、それに対して幕府の御普請役はこれに保証する印を押した。
 かくして工事は享保15年(1730)8月23日鍬入を行ない、同年10月14日開さく竣工した。全長385間幅30間河口の幅は75間で、700両の経費と156,000余人の人足を使用した。この堀割りは今の大河津分水の洗い堰と同様のもので、常水(つねみず)(平水)の時は水は流路新潟方向へ流れるが、増水するとその上水(うわみず)だけが堀割りへ流れる仕組みであつたが、程なく増水のために堀割りが破損したので、新潟町では大いに驚いて、直ちに修覆するように厳重に抗議したが時季が冬期になつて工事が出来ないので、翌年雪融けを持つて工事が再開されたが、その間春の雪融水による洪水があつたりして、その時には堀幅が拡がつて原型通りにする事ができず、34間幅に施行して漸やく復旧工事を竣工させた。処がその年の大洪水で、新堀割りを突破して押し流し、見る見るうちに130間幅の大川となつて海に注いでしまつた。
 新潟の港では、松ケ崎の堀割り突破と共に川口の水量が激減し、流速は急に緩やかになつてしまつた。町民の驚きと怒りは大変なもので、直ちにその築留(つきとめ)めを要請したが、滔々たる大河となつてしまつて手がつけられない。新潟側の要請が愁訴嘆願となつて、再三に及ぶので、幕府は御普請役を派遣して実地調査を行わせたが、対策なく天災とあきらめて貰うより致し方ないと云う事になつた。
 この阿賀野川の川口変更は、阿賀野川・信濃川の下流の地盤と人民に重大な影響を及ぼしたが、とりわけ新潟港の受けた被害は甚大であつた。この日から新潟港の港口の流速は急に緩るやかになり、水量は激減した。この日を契機として新潟港の苦難時代は始まつた。元禄12年の絵図(3.4図1)によると、新潟港口の深さは2丈3尺から1丈5尺あつたものが、松ケ崎突破後10年の寛保元年には、水深僅か4尺ないし5尺4~5寸になり、入港船舶も1,980隻に激減している。
 松ケ崎築留(つきとめ)工事についての嘆願が再三再四に及ぶので、幕府はその代策として津島屋の旧川道の川上に水刎ねを作り、阿賀野川の水を旧川口に入れるように工事を施したが、水刎ねは洪水に押し流されて失敗した。そこで享保19年(1734)には幕府は新発田藩に命じて小阿賀野川の川幅を拡げて、かつ浚渫を行つて、阿賀野川の水を信濃川に落とす工事を行つた。この結果一時下流の関屋や新潟白山の川岸が大きく浸蝕される程水量が増したが、一度洪水があると小阿賀野川は泥に埋まり、数年後には旧態通りになつてしまつた。そこで寛保2年(1742)には旧阿賀野川の旧川道を開さく浚渫する大工事を行つて、通船川を開通させたが、これも洪水があるとその後は泥に埋まり用をなさなくなつてしまつた。そこで幕府は宝暦8年(1758)には、また新発田藩に命じて、こんどは本所から通船川を開さくさせる事にした。4年の歳月と2,000両の経費と194,000人の人力を費して新水路は完成に近づいていたが、程なく大洪水のために正式に水も通さぬうちに泥土に埋まつてしまい、又々失敗に終つた。そこでまた旧川道の通船川を掘る事になり、安永2年(1773)7月28日鍬立をなし10月15日竣工した。延長2,185間、川床は16間半から12間半まで、深さは8尺4寸から3尺までで常水は大凡3尺を湛える事とし、人足159,311人を使用した。これが今の通船川であるが、其後も通船川は洪水の後は泥に埋まつたので、其後も寛政12年の大湊い、享和3年の大川浚い、文化元年の一部改修等を行つたが、依然として出水後は泥に埋まる有様で、このために百数十年にわたり前後十何度も浚渫を行い、これに費した新発田藩の経費は莫大なものであつた。この通船川の改修工事は明治・大正・昭和年代まで続けられ、終戦後地盤沈下がひどくなつてようやく完全に中止された。こんどの新潟地震では通船川流域は農地と云わず宅地と云わず手ひどい損害を受けた。
3.4附寄島と流作場の形成
 信濃川の上流より押流して来る土砂が、川口近くの新潟・沼垂間の川中に埋積していくつかの中洲島を作り、それらは毎年洪水の度毎にその姿を変えて、増大し流失し新生して変転を繰返えして来た。
 中洲島の帰属が問題化したのは延宝8年(1680)の新潟沼垂訴訟(第1回港訴訟)以後の事である。それについて天和2年(1682)には新潟・沼垂両町は契約を結び、毎年2月と8月の2回両町立会いの上、川中深浅を測り、島は浅い方の支配とすることに証書を交換してそれを実施して来たが、この契約の解釈に意見の相違を来たし、元禄10年(1697)に信濃川河口にできた13の中洲島の帰属を争つて新潟町は沼垂町を相手として幕府に訴訟した。この訴訟の顛末については新潟市史上巻に詳記しているが、その要略を摘記すると、元禄10年12月新潟町から提起された訴状によると「新潟は信濃・阿賀野両川の合流河口に港を立てて来たもので、川を離れては成立ち難い町である。しかるに近年信濃川に島が出来て船がかりが遠くなつたので、43年前(史実では島に移転したのは元和3年堀直寄時代で、明暦元年を溯る40年前である。)(明暦元年)には流れに沿うた島村に引移つた次第で、今後も川中に島ができて地続きになつたら、先年通りその島に移住して信濃川の流れに添い住居仕らずしては成立ち難い町である。」というもので、それ故に新生の中洲島は新潟に帰属すべきだとの意味をふくめたものである。これに対して沼垂側の答書は「両河口の港の儀は沼垂と新潟とはともに入相(いりあい)の港であつて、両川の流れにより町を立てて来たのは沼垂も同様である。」と同等の権利を主張して、「信濃川は前々は三筋になつていて本流は長岡領寄居島と新発田領蒲原かやの島の間を流れ、枝川二筋のうち一筋は蒲原かやの島の東を流れていたものであるが、近年沼垂側岸が決壊し沼垂町蒲原村の古田畑70余町歩は川欠けになつたが、其後川中に多数の島の出来たのはその川欠けにより流れた土壌により、生成せられたもの故沼垂町に帰属すべきである。」と答えている。幕府では翌元禄11年9月に幕吏を派遣して実地見分させたが、元禄12年判決をくだし、新潟町側の勝訴とし中洲島も海口の支配権も新潟の占有するところとした。
 元禄の訴訟によつて13の中洲島のうち11島まで新潟の帰属となつた中洲島は、それから50年間に大きな変転を見るに至り、元禄の裁許ではその所有権に疑義が出て来たので、延享4年(1747)沼垂町は附寄島(向島または流作場新田)の占有権につき新潟を相手どり幕府に提訴した。その訴状によると、「元禄12年頃の信濃川の中洲島には最大の沼垂萱野島のほか12の島があり信濃川の本流は東側の沼垂河岸を流れていた。これが50年間に小島は次第に大島に統合されて3つの大きな島となり、その三つも溝を隔てて大島となり附寄島と呼ばれている。そしてその位置も東方に移動し、幅30—40間の古信濃川を隔てて沼垂に接近し、古信濃川の水深は3尺から5尺ほどの浅いものになつている。しかるに附寄島と新潟との距離は200—300間におよんでおり、水深も浅いところでも5尺7寸深いところは2丈7尺もあり、信濃川の本流は附寄島と新潟の間を流れるようになつている。天和以来川の浅深により島の帰属を決する契約に従えば、附寄島は当然沼垂町に属すべきである。」というのが沼垂町の申し分である。
 これより先、新潟町では中洲島が凝結して次第に大島と化し、附寄島が一大島となるに及んで、延享3年8月長岡藩の命によつて附寄島を大々的に開発することに決定し、近江屋曾平・寺山幸助・中倉源兵衛・関川助市・安倍玄的の5人に命じ、金2,750両で開発を請負わせる事にした。これが沼垂町側を刺激することになり、これが直接の動機となつて延享の訴訟となつたわけである。
 沼垂町の提訴に対して幕府の評定所では、両町立会の上で論訴絵図を作製させ、沼垂町の提訴に対する新潟町の意見を求めた。新潟側の言い分は、「川中の中洲島の帰属を川の浅深により浅い方で支配する申し合せはしたが、元禄のこ裁許で2島の外の11島は全部新潟支配と決定され、沼垂側の2島はその後流夫して影をとどめない。もしかりに天和の契約により川の浅深により支配するとなれば、毎年両町立会の上決めるべきであるのに、過去50か年来それがなく今に至つている。これをみても中洲についての沼垂の権利は消失しているものとみざるを得ない。近年川筋の変動は甚だしいものがあり、長岡領関屋地先では次第に欠け込んで、住民は幾度も居を移している。また鳥屋野島の附寄せが段々大島となつて西に移動し、長岡領関屋に接近してきたのに、田畑の開墾や家の建築などは依然として新発田領で支配している。附寄島の流作場新田だけ権利を主張するのは矛盾も甚しい。」というのである。
 この訴訟の判決も新潟側の勝訴で附寄島は新潟町の支配と確定した。其後流作場新田は新潟が天保14年に天領となつたが、翌々年(弘化2年)寄居村とともに上知せられて天領となり、維新後は明治5年10月新潟県第1大区第5小区に編入せられ、同9年6月郡区改正の際はじめて新潟から離れて第21大区第2小区すなわち、蒲原長嶺の管下に入り、明治22年町村制の実施とともに沼垂町に編入、大正3年4月沼垂町の新潟市合併とともに再び流作場は新潟の所管となつた。この流作場を俗に玄的と云つているのは、土地の開拓者で子孫がこの地に土着した安倍玄的の名にちなんだものである。
 流作場は新潟地震では全域が浸水し大きな地盤災害を受けた。この地は藩命により開拓が始められた延享3年より今回の地震に至る間は218年であつた。
3.5新潟側信濃川岸の変遷
(1)天正より享保に至る新潟側信濃川岸
 天正年代の新潟の信濃川岸については、2.4(4)白山島の項に、また元和年代の川岸については、3.4堀直寄の新潟総移転の項に記述したが、其後元和2年の直寄の治世から、阿賀野川の川口を松ケ崎に変えた享保16年に至る115年間は、古地図で見る処では大きな変化はなかつたようである。(明暦元年新潟町絵図、延宝九年新潟沼垂両町裁許絵図、元禄十二年沼垂新潟訴訟立会絵図、享保十年新潟町並絵図参照)
 新潟側の川岸は、昔から上流より押流す土砂が埋積して、東方の信濃川中へせり出して地積を拡大し続けて来たものであるが、元和より享保15年に至る115年間の地積伸展は割合に緩漫であつた。これは元和2年(1616)から、17年後の寛永10年(1633)に、それまで川口を並べて別々に海に注いでいた信濃川と阿賀野川が、大洪水による加茂屋堀の欠壊のため、合流してしまつた事に起因する。すなわち清流にして急流の阿賀野川が信濃川に合流の結果、新潟川口の水量は急に豊富になり、流れが早くなつて、上流から搬送して来た泥砂は、両河の流勢によつて遠く海中に運び去られ、川岸の堆積作用が減少したことによるものであろう。但しこの間にも古新潟と新潟島村との間のいわゆる西川跡は、泥沢化が進み葭やがつぼの生え茂る野地(やち)となり、次第に陸地化の度を進めたものと解される。元禄12年沼垂との訴訟立会絵図を見ると、寺町通りの西方古新潟との間に、西川跡と見られる細い水路が描かれている。
(2)延享頃の新潟側信濃川岸
 享保16年新発田藩の阿賀野川河口の松ケ崎への切替え工事の成功は、信濃川河口にある新潟川岸に、その日から大影響を及ぼし、流水は急にゆるやかになり、水量はにわかに減じて悠々たる流れに変り、この時を契機として川岸の泥土堆積作用が段々盛んに行われる事になつた。
 其後生成し、凝結し流失する変転極まりない中洲島の帰属をめぐつて、延享4年に沼垂新潟間に訴訟の起つた顛末は前節に詳記したが、この時の「延享四年沼垂新潟増減立会絵図」(3.4図2)と、その49年前の「元禄十二年新潟沼垂訴訟立会絵図」(3.4図1)とを、新潟側川岸について比較して見ると、元禄図の新潟側の数箇の小中洲島は、延享図では凝結して1箇の紡錘形の萱野島となつて、新潟側に一衣帯水接近し、広小路堀下手地先辺より下手に大きな島をなしている。これは後に広小路堀地先より上手は厩島となり、下手は上島・下島となるのである。
 下島の願随寺の創立は享保18年(1733)で、古文書によると、寛延4年6月(この年11月改元して宝暦元年となつた。)願随寺は、永代借地を願い出たので、領主は、藩士をして新洲崎町並に浜浦地積1万8千坪の地を実測させている。新洲崎町の成立もこの頃の事である。
 また延享図で白山上流地区を見ると、今の学校町通(当時は、関屋村内の北国街道筋であつた)、のすぐそばを信濃川が流れている。これは、松ケ崎が阿賀野川河口になつて、以来阿賀の水が新潟に流れて来なくなつたのに対し、新潟町が猛烈に幕府に抗議したので、幕府では新発田藩に命じて、津島屋に水刎ねを作らせ、阿賀の水を旧川道に入れる工事を施したが、間もなく洪水に押し流されて失敗したので、その代策として享保19年(1734)新発田藩に命じて、小阿賀野川の川巾を拡げ浚渫して、阿賀野川の水を信濃川に落とす工事を行つた。この結果、一時は関屋村や白山社域の川岸が浸蝕される程水量が増した。享保19年9月新潟に出役した長岡藩士が幕府御普請奉行に提出した文書によると、この時白山社地の欠け込みは100間に及び、一時は新潟町蔵(白山島の内)附近迄危急になつたと記している。
 小阿賀野川は、享保19年の改修後4年目の元文3年には、早くも泥に埋まつたので再度の大改修が行われ、関屋村川岸にはまたまた川岸欠壊が起つて、信濃川は、関屋の北国街道筋から金鉢山の山裾を流れるようになつたが、この再改修された小阿賀野川も、大水の後には泥で埋まり、1~2年後にはまた元の姿になつてしまつた。其後の関屋村の信濃川岸は延享4年の絵図で見ると、やはり北国街道の東南側にあつたが、その地先の東南方川中には大きな砂の洲が出来て沼垂分鳥屋野島と記されている。延享4年より20年後の「明和三年六月関屋村沼垂町立会分検図」で見ると、延享図の鳥屋野島は関屋村地先に固着し、北国街道の東南側の20年前の信濃川は跡が堀として記されている。これが新潟地震当時の蔵所堀で、明和図の信濃川筋は大体今の電車通である白山浦通になつている。
(3)享和頃の新潟側信濃川筋
「享和元年七月新潟湊商工業地域図」によると延享図で広小路堀下手地先に紡錘状をなしていた大きな萱野島は、地域が東方の川の方へ伸びて地積を拡げて2つに分れ、今の赤坂堀を川口とし甚九郎小路に至る川より下手は、洲崎町地先に固結して新洲崎町を形成し、東方は砂洲の地積が拡がつて下島をなし、赤坂堀より上手広小路堀に至る地先の島は、「此地田地」と記され上島をなしている。そして上島の一文字川の信濃川岸には、広小路番所が置かれていた。またその附近には毘沙門社が建つているが、これは元文元年に、寺山彦左衛門がその私邸に毘沙門天を勧請して祀つたもので、このために上島は俗に毘沙門島とも云われている。上島の上手は一文字川を隔てて厩島に相対しているが、厩島の方は50年前の延享図と大して変つていない。厩島の一文字川沿いは松並木の北国街道が通じ、その川岸には沼垂への渡し場があつた。
 また享和図では厩島の上流に3つの大きな砂洲が出来て居り、上の島を水島、新堀から新津屋小路地先に半月状の秣(まぐさ)島、秣島を抱くような形でその東方に榛(はんのき)島、(俗にイロハ島とも呼ばれた)があつた。
(4)幕末頃の新潟側の信濃川岸
 享和元年より48年目の嘉永2年(1849)には、奉行所役人の小尾勘五郎保重の描いた、「新潟真景」という鳥瞰図が江戸で版行され一般に流布しているが、これは海の方から鳥鰍した絵図で川下の川岸は享和図と大差ないが、少しく川中へ伸展して居り、享和図の秣島と榛島とは一つになつて梨島をなし、「野永地」と註されて居り、水島は見られない、嘉永2年より17年後の「慶応二年新潟分間絵図」では、地形は大体現在の新潟の地形が出来上つた格好で、下島においては、赤坂堀から川岸を川口に通ずる道路が描かれて居り、これは今の入舟町通と見られる。上島においても広小路番所より、川岸通り赤坂堀に至る道路が描かれている。また秣島と榛島は1つになつて、他門川を隔てて新津屋小路堀下手の上大川前地先と相対している。享和図の水島は消失し、これは新津屋小路堀上手地先に新砂地として凝着したもののようである。
 尚上島と下島とは川村奉行、が幕府直轄領となつた翌弘化元年8月これを検地し、弘化4年には、上島の上から開拓を始め、漸次市街地をなすに至つたが、下島は、明治2年運上所開設後やや遅れて急激に発達する事になつた。
3.6新潟砂丘の飛砂の害と砂防の沿革
(1)新潟周辺の砂丘の成立
 新潟北方の海岸砂丘は、角田山北端から葡萄山塊方向に発達した砂嘴が、海退によつて陸地化し沿岸洲になつたというのが、2.1新潟平野の成立の節に記した新潟大学の西田・茅原両教授の学説であるが、其後この沿岸洲は、信濃川・阿賀野川が上流より搬送し来つた土砂が海岸に堆積して海岸砂丘を形成し、海浜の砂漠地を生成した事が考えられる。海岸に砂の堆積するメカニズムについては、5.2新潟海岸汀線の後退と海岸欠壊問題の節に記述する。
 ただここで注目すべきは、新潟海岸のうち日和山から山田町裏水戸教跡砂丘に至る海岸砂丘が、僅か250年程の間に生成している事である。即ち堀直寄が町割りをした頃の信濃川の新潟側河口は、今の本町14番町辺に在つたようであるが、それから63年後の延享8年絵図、82年後の元禄12年絵図では共に川口は日和山辺にあり、更に元和3年より130年後の延享4年の絵図では、願随寺裏延長線が川口になつて居り、明治初年には、山田町裏まで砂丘が生成されている。元和3年より明治元年まで251年である。
 さて新潟の海岸砂丘の形状は、いくつもの砂丘が鎖状に連なつているが、信濃川と阿賀野川の間の砂丘は、西新潟の砂丘とは全く趣を異にし、物見山を中心とした砂丘列と平行した砂丘列が、海岸線と平行に海側に3条の砂丘列が走つて居り、物見山砂丘列より南一内陸部にかけて牡丹山砂丘列、紫竹山砂丘列、亀田砂丘列の4条の砂丘列が走り、各砂丘列間は低地となつている。そしてこれら砂丘列の東方は、阿賀野川により切断されているが、阿賀野川北部には前記砂丘列に対応する砂丘列が発達している。然るに西新潟北部の海岸砂丘の後背地には、全く砂丘列の存在は見られず、西蒲原郡の低湿地帯(今は、美田が続き穀倉地帯となつている)をなしている。亀田郷及び北蒲原郡に存在する砂丘列の生成については、学者は吾々素人に理解出来る解明を与えていないが、思うにこれら砂丘列は、二大河が上流より運び来つた土砂の堆積によつて成立したもので、5.2に記述する海岸砂堆積のメカニズムにより成つたものと考えられ、砂丘列は、その堆積時点における海岸線で、亀田海岸から山二つ海岸、紫竹山海岸から牡丹山海岸等逐次堆積の度が進み、海岸線は沖へ沖へと進出した事が考えられる。尚、牡丹山砂丘列から亀田砂丘列に至る4条の砂丘列は、現在では砂丘は存在せず、山のついた地名の並列が残存しているが、江戸中期頃までの古地図には明らかに山を描いて記している。砂丘の消滅した訳は、砂丘列間の低地には沼や池が多かつたので、砂丘はすべて崩されて池沼の埋立てに使われて美田となり、畑地となつたものである。
(2)飛砂の害と砂防対策の沿革
 海岸砂丘の特性は、一般的に云えば、砂の丘が内陸部へ向つて移動する現象であろう。その移動は強風による飛砂によつて起る。新潟では、それが主として海の方から吹いて来る強い北風によつて、砂は新潟町の方へと動いて風下にある畑も家も皆埋め尽してしまうのであつた。文献に残つている飛砂の害に対する方策としては、元和3年に堀直寄が、新領地の新潟を巡検した時の事を記した古文書中に「新かた浜手、川原呉味植付之」とあり、(新潟砂防史1頁)直寄は、砂防のために新潟の浜手にぐみを植えたのが始めである。新潟辺で最も飛砂によりひどい害を受けたのは、新潟北方の砂丘地に立地していた寄居村、(新潟町と同様長岡領)で、享保16年に阿賀野川の水が新潟に流れて来なくなつて以来、新潟海岸の砂浜は、年をおつて拡大伸展して行つたようで、飛砂の害も一段とその度を高めたようである。すなわち砂丘上の旧村は砂に埋まり、やがて古川跡に居を移した寄居村は、享保20年に領主は、寄居村を無年貢地にする特典を与えている事から考察すると、その居村の畑が砂に埋没したためと思われる。そして元文・寛保の頃には、寄居村は古川跡を捨てて、浜浦空地の内字南山附近(今の新潟大学医学部辺)に全村移転したが、その後も飛砂の害を受け、明治に至つている。
 新潟町においても、砂丘に近い寺町、洲崎町、中洲崎町等は、飛砂の害を受けたもので、砂防地に関し又はその境界について、寄居村は新潟町と数度にわたり訴訟を起して居り、砂防対策については、領主は正徳3年に新潟町の砂防のために常盤岡(今新潟大学本部から教育学部辺)から、日和山に至る砂丘に松苗を植えて砂防林の造成を試みたが、飛砂の害を防ぐ方策として、樹の苗を植える事を新潟町寺町6の町(今西堀前通9番町)播磨屋市右衛門が上申し、植苗を始めたが、その歿後明和年間からは経費は領主が支出し、43人の町人に下請負をさせて、ぐみ・ねむ等の植樹と共に簀立てを行うなどの砂防工事を実施し、これは天保14年秋天領となるまで続けられた。だが飛砂の害は上記のような防砂工事にも関らず、依然として止まず、天保12年から嘉永3年までの10年間に、砂の害により年貢を全免又は、一部免除された家は新潟町中で50余軒を数そえ、その被害者は、中州崎町(今本町14番町辺)と、古州崎町(今古町13番町辺)の者であつた。
 天保14年秋新潟が幕府直轄領となり、川村清兵衛が新潟奉行として来港したが、川村奉行は、砂丘風向等を勘案し、尚不足であるとして、海岸砂丘上に数多くの松苗を密植して、潮風のための飛砂を防止するため砂防林を造林する事を企画し、奉行所直営工事として従来の簀立て工事、ぐみ、ねむ等の植樹を行うと共に、弘化元年の秋と嘉永2年4月に合計14,375本、嘉永4年4月に16,511本の松苗を今の南関屋の北端から河口に至る一帯の砂丘上に植えたが、百年後の現在亭々と仰ぎ見る松林となつている。大学裏から二葉町に至る砂丘上の松林は、川村奉行の植樹したものである。
 明治維新後も飛砂の害は続いたが、砂防用の潅木類を始め松林等が大層荒らされて、二百数十年来の砂防経営が水泡に帰する恐れが感ぜられたので、新潟町では、明治12年以降同33年まで22か年間、毎年砂防工事に努めたので、新潟海岸の砂の害も漸やく治つたが、築港完成後は、こんどは急激なる海岸欠壊が起るのである。
3.7三潟地方の悪水排除問題
 信濃川の支流、西川と中の口川とに囲まれている西蒲原郡の穀倉地帯は、昔は中央に鎧潟・田潟・大潟等の大きな湖水や、数多くの池沼が散在した低湿地帯で、少し大雨が降ると悪水(不用の水)の吐け口がなくて、あたりを水浸しにするのが常であつた。その上2~3年目位には信濃川が大氾濫して堤防は欠壊し、蒲原平野一帯を泥の海にしたが、ゼロメートル地帯の三潟周辺は湛水が容易にひかず、その都度激甚な水害を蒙つたので、この地域の住民にとつては、この低湿地の湛水排除は最大の関心事で、昔から種々対策が考えられ、その実施についての努力が試みられて来た。新潟市史によると200年前から三潟地方では、海岸砂丘を掘割つて悪水を海へ放流する計画が幾通りも立てられ、幕府にこれが実施を請願陳情して来たが、松ケ崎堀割のために、港が大被害を受けるに至つた新潟町の絶対反対にあい、いつも不成功に終つて来た。しかし積年の水害に悩む三潟地方農民の燃えあがる熱意は、遂に内野(現在新潟市の内)金蔵坂を掘割つて新川を開掘する事に成功した。
 新潟市史所載の三潟掘割計画を表化して見たので次に掲げる。
 三潟地方の悪水排除問題は、内野金蔵坂の新川開掘によつて大いに救われ、荒涼たる潟や沼は次々に開拓され、水腐地は変じて美田となり、西蒲平野が穀倉となる端緒となつたが、ここに至るまでの地元民の苦心は言語に絶するものがあり、悪水掘が計画されてから文政3年に完成するまでに、百数十年の歳月を要したのである。三潟地方は、幕府領・長岡領・村上領・旗本知行所が入り交じつて所属を異にするだけに、村々は昔から相互に色々な面で融和しなかつたが、年々浸水に悩まされる事だけは一致していたので、この一致を盛り上げて、さしも強硬な新潟町の反対を押し切つて遂に新川開掘に成功したものである。その経緯については、「新川沿革史」が詳記しているので、ここでは細記しないが、注目すべきは、新川が西川の川底を底樋(高さ4尺巾3間延長42間の木製の大下水管)で、通過させ海に放流していた事で、鍬(くわ)や鋤(すき)で掘つた土砂を「もつこ」でかつぎ、長蛇の列をなして運ぶという幼稚な土木技術で進められた当時の工事としては、底樋はすばらしい着想であつた。この底樋の縮尺模型は、現在黒埼村緒立八幡宮記念館に蔵されている。伏設当初底樋数は3管であつたが、天保4年に2管増設されて5管となり、明治42年より大正2年まで県営6か年の継続事業で、底樋の巾は18尺高さ10尺長さ70尺9管に改造され、更に昭和29年農林省直轄工事として、底樋を撤去して新川の水を直流させ、その上に径間37m余の水路橋を架して西川の水を通して、農業用水路としての使命をも果させている。尚この西蒲原郡穀倉地帯のうち坂井輪・内野・赤塚・中野小屋の各地区は現在新潟市に属し、新潟地区新産業都市計画では、西川町・黒埼村・味方村・潟東村・月潟村及び中之口村は、近い将来新潟市に編入予定になつて居り、これらを加えると新潟市がその半ばを占める事になる。
3.8沼垂町の変転
(1)附寄島形成までの沼垂町
 沼垂町が現在地に居住するようになつたのは、貞享元年(1684)で、それ以前は現在の山ノ下王瀬の地に平安朝以来居住した事については前記したが、それにつき沼垂の得生院の古記録は次のように記している。
 『大同元年ヨリ承応三年マデ八百四十八年間今の王瀬と申処ニ居住。承応三年ヨリ寛文元年マデ七年大島ト申処へ引移リ。此処モ段々川欠ニテ、寛文二年ヨリ天和三年マデ二十三年信濃川系新潟向へ住居ノ処、阿賀野川ノ落口変リ此処モ又川欠。貞享元年長嶺新田ノ地ヲ借リ住居ス。今ノ沼垂也。以上承応・寛文・天和・貞享ノ移住ト云フ。』
 沼垂町が川岸欠壊のために住み場所がなくなつて、このように総移転を繰返さなければならなくなつたのは、寛永10年(1633)に阿賀野川が信濃川に合流したためであり、その顛末については、「3.2阿賀野川信濃川の合流とその影響」の節に述べた。また流作場については3.4「附寄島の形成」の節に前述した。
(2)沼垂町並の変動
 ①寛文~天和年代の町並
 沼垂町並の文献上の初見は、寛文三年頃「四度目町割絵図」である。この絵図は、寛文2年頃より港湾都市計画を立て、大島より蒲原の上手に移転した寛交年代の沼垂町並を記している。この絵図と、「寛文四辰年沼垂町割図」によりその町並みを記述すると、信濃川岸の上手に渡し場があり、大川の流れと平行に七間堀、阿賀野川より信濃川へ通ずる八間堀、七間堀より長嶺通(栗の木川)へ通ずる寺町堀が掘つてあつて、四通八達の様子は港町にふさわしい都市計画となつている。町の道路は渡し場より下手に、流れに沿うて本1ノ丁より本6ノ丁まであり、5ノ丁と6ノ丁との間を八間堀が通り、橋が架かつている。また5ノ丁より東方に通町が通じ、七間堀にも橋があり、通1ノ丁から通6ノ丁は北国街道で、これは長嶺通を渡り牡丹山を経由して河渡の方へ通じている。通1~6ノ丁の南方には、寺町堀を隔てて寺院が並び、東より西福寺・得生院・法光院・悉地院・竜雲寺・真善寺・浄徳寺・光照寺・慶海(行寺)(あんでら)が記されている。本2ノ丁と3ノ丁の間に舟入堀があり、七間堀の東方に沢海藩の蔵屋敷があり、その堀は御手洗瀬川に通じ、寛丈三年頃「四度目町割絵図」には、「伊予守様御蔵」、寛文4年図には、「土佐守様御蔵屋敷」と註している。また通1ノ丁の間の通りは八間堀の橋を経て、代官屋敷へ通じている。このあたりは片原町と註している。寛文4年図の覚書によると、本町100軒、通町147軒、片原町23軒計270軒で、外に宮数3、寺数8、行寺1となつている。
 ②貞亨以後の町並
 貞享元年沼垂町割図によると、沼垂町は八間堀南方の長嶺通と栗の木通の東方地域に新町割をして移転した。町並は、寺町堀南方は石町で1ノ町から4ノ町まで、その北方は本町で1ノ町から3ノ町まで、長嶺通の西方には猟師町、その上手に助買(すけご)町、その西方に白山堀を隔てて白山神社があり、その境内の西方は西川(信濃川)縁になつている。寺町堀の北方には、東より得生院・法光院・悉地院・竜雲寺・真善寺と現在の寺町が出来て居り、本町3ノ町北方に西福寺、その隣接地に浄徳寺があり、石町4ノ町裏寺町堀南方に光照寺がある。真野氏の旧記によると、西福寺は何かの関係で宝永7年(1710)光照寺南方の現在地に移つた。石町1ノ町の南方には栗ノ木川船入堀があり、その南方が新発田藩の御蔵となつている。そして石町1ノ町は両側とも松原で、北国街道は、本町・石町より東方に牡丹山の方に向つて通じて居り、現在の沼垂の栗ノ木川東方町並みはこの時つくられたものである。
 「文政十三寅年沼垂町新規屋舗築立一件熟談内済絵図」によると、栗ノ木川に架けられた沼垂大橋の東が東横町、西が西横町で、東横町の北方に町役所があり、その北方に東片原町を記している。また石町1~4の町と本町1~3の町は、合併して本1ノ丁から本6ノ丁と名称を変え、白山神社は川欠けのため本1ノ丁南側の松林(現在地)に移転し、乙子神社も白山神社の向い側に移転した。また栗ノ木川左岸には、新片原町、その西に古1ノ丁・古2ノ丁、その北に新地、西方堀を隔てて西片原の市街が出来ている。
(3)栗の木川と亀田郷の水利問題
 貞享元年栗の木川東方の旧長嶺新田の地に三たび目の総移転をした沼垂町は、低湿地帯亀田郷の唯一の悪水吐け河川であつた栗の木川の吐き口を占める事になり、亀田郷内村々との間に河川関係でしばしば紛争を起した。亀田郷は、東は阿賀野川、西は信濃川、北は通船川、南は小阿賀野川で囲まれた地域で、俗に横越島と呼ばれ、今こそ中蒲原郡の穀倉であるが、江戸時代には中央に鳥屋野潟が現在より大きな形で盤踞(ばんきよ)し、周辺には多くの池や沼が散在して水吐け悪く、低湿地帯をなしていたので、唯一の悪水吐けの川であつた栗の木川は、亀田郷農民にとつては生命線とも云うべき重要な排水路であり、また大事な交通輸送路でもあつた。
 沼垂町が栗の木川東北に移転して、その一隅に新発田藩の御蔵が出来て見ると、栗の木川は、一層交通輸送路として重要な役目を果たす事となつたが、その結果川岸には常に船が繋がれ、川岸の沼垂町民は川端に穫橋を架け出したり、川岸を埋めて物を置いたり、中には小屋掛けする者も出て来て、栗の木川の排水路としての機能は川巾が狭くなり削減される事になつたので、横越島の村々は提携して沼垂町に掛合い、天明年間から明治年間に至る百年間に新発田藩へも訴訟する事となつた。そしてその都度藩の役人が出張して来て関係重立ち立会いの上検分し、時には川巾の拡張工事なども行われた。旧沼垂町役場には関係一件絵図としては次の4点が残されている。(現在新潟市立沼垂小学校に保管)
・栗之木川通大橋下川巾並長間改麁絵図 天明8年(1788)・栗之木川分検絵図 文政13年(1830)
・栗之木川分検絵図 文政13年(1830)・栗ノ木通沼垂町大橋上下川地共分検絵図 天保5年(1834)・栗之木通川巾立会分検絵図 明治10年(1877)
(4)蒲原の消長
 平安時代から鎌倉・室町戦国末期にかけて、港町として栄えて来た蒲原の津は、江戸時代に入ると港の機能を消失し、新潟と沼垂に繁栄が移つて、信濃川河口の一村落に過ぎなくなつた事については前述した。その後蒲原の港はどうなつたかについては記録を欠き明確には分らないが、寛文年代の沼垂町絵図で見ると、阿賀野川左岸に御蔵入りの舟入り堀を描き、その堀の周辺に村上藩御蔵、御蔵(新発田藩の)御蔵役人衆古屋敷、石町などを記しているのは、蒲原の津の盛況の残在施設かと推考される。また金鉢山の上手新沼垂町との間に蒲原町と記してあるが、沼垂町の絵図なので蒲原は省筆したとしても町並が余りにも簡略なのは、港町の蒲原はこの頃既に川欠けのために信濃川中に入つてしまつたのではあるまいか。とにかくその頃の蒲原は、今の流作場居村の川岸辺にあつた。其後蒲原町は、金鉢山と共に全部川欠けのため消失してしまうのである。金鉢山の麓にあつた古刹蒲原浄光寺が川欠けのため、新潟町西堀通に転居したのは寛文11年の事である。故に現在の蒲原町は、今から凡そ270年程前の元禄頃に川岸欠壊のために、現在地に移つたものと推考されるのである。
(5)焼島潟の小島の地蔵尊
 通船川河口、山ノ下新田と沼垂町との間には、周辺一里近くの焼島潟という湖水があつた。安政3年8月沼垂町では、焼島潟の風波が荒くて、小舟の難船が絶えなかつたので、潟の中央に7間四方の小島を築立て、それに地蔵尊を建立して、小舟が波風を凌ぐための避難所にしたいと新潟町に願い出たが、新潟町の役人は別に港の障りにならないので承諾を与え、その年直ちに着工し工事を完了した。湖水中の小島はちよつとした風物で、幕末から明治・大正・昭和10年代まで中々景色がよかつた。大戦前焼島潟は埋立てられて姿を没したが、地蔵尊だけは今にそのまま残存している。
3-9山ノ下の変転
 山ノ下の地は、江戸時代には山ノ下新田と呼ばれ、沼垂と同様に新発田領で、俗に沼垂浜とも云われ、信濃川右岸河口の砂丘下に位する部落であつた。沼垂町が川欠けのため大島に総移転した頃には、山ノ下新田と榎新田とは共に大島の信濃川岸にその名を地図上に載せている。新潟市史によれば、慶安延宝の頃長門国豊原の人堀川藤右衛門なる者が山ノ下新田の隣の榎新田に移住して開拓した処であると云う。慶安延宝はその年代に新発田藩主の検地があり、その検地帳に名を載せているからかと思われる。
 山ノ下の名が古地図に現われる初見は、寛文3年頃「4度目沼垂町割絵図」である。承応3年沼垂町は大島に町ぐるみ移転したが、この絵図によれば、大島と見られる島に沖の口番所・沼垂古屋敷・山ノ下新田・榎新田と記し、会河(阿賀野川)川口は90間と註している。次は承応3年より10年後の「寛文4年沼垂居住地形図」で、これも山ノ下新田を記した辺は前者と大差ない。次は更に17年後の延宝9年の訴訟裏書絵図で、これによると大島にはかもめ島の名が記され、沖の口番所・山ノ下新田・榎新田が記され、かもめ島は古沼垂の地籍になつて旧阿賀野川口は、塞がれ「此川より海際まで四十九間」と註している。延宝9年より更に37年後の延享元年沼垂王瀬田方並同所川原田分検絵図によると、山ノ下の現地形と可成り似た形になり、山ノ下の地は、山ノ下新田・王瀬川原田方・王瀬田方・古川の4地名を記している。更に4年後の延享4年論所増減絵図では、山ノ下新田の西方信濃川縁(べり)に描かれていた榎新田は、山ノ下新田の東方に描いている。榎新田は川欠けのために沼垂側に移転したものと考察される。そして延享4年より34年後の「天明元年松ケ崎通船路絵図」によると、榎新田は山ノ下新田の通船川対岸の、下木戸村と沼垂町分との中間地続きにその名を記し、現在の榎の位置は、上記「天明元年松ケ崎通船路絵図」と同様で沼垂の小字名になつている。近頃市立沼垂図書館長沢村洋氏が山ノ下の旧家堀川家より出たという寛政頃(166~178年前)と弘化頃(119~122年前)の古地図の写しを提供下さつたが、これは曾て山ノ下小学校で保管されていた古図の写しの由である。この2つの古図では川欠けのため東方砂丘方向に後退した寛保(225年程前)天明(185年程前)頃の河岸を記し、弘化図では山ノ下新田の名主善之丞(堀川氏)が、天明2年に居住地に仰せ付けられた屋敷を記している。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2255px
  • 高さ:1562px
  • ファイルサイズ:799.7KB
地図 図:3.1図1 明暦元年新潟町地図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2090px
  • 高さ:1716px
  • ファイルサイズ:2.7MB
地図 図:3.2図1 延宝八年小川古図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2183px
  • 高さ:1722px
  • ファイルサイズ:3.1MB
地図 図:3.2図2 延宝八年沼垂新潟立会絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2189px
  • 高さ:1733px
  • ファイルサイズ:2.9MB
地図 図:3.4図1 元禄十二年沼垂訴訟立会絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2211px
  • 高さ:1782px
  • ファイルサイズ:3.3MB
地図 図:3.4図2 延亨四年沼垂新潟増減立会絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2068px
  • 高さ:1628px
  • ファイルサイズ:2.8MB
地図 図:3.4図3 天保九年附寄島見取絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2244px
  • 高さ:1650px
  • ファイルサイズ:2.7MB
地図 図:3.5図1 享保十年新潟町並絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2156px
  • 高さ:1760px
  • ファイルサイズ:3.1MB
地図 図:3.5図2 明和三年関屋村沼垂町立会分検図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2178px
  • 高さ:1353px
  • ファイルサイズ:2.5MB
地図 図:3.5図3 享和元年新潟湊商工業地域図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2173px
  • 高さ:1771px
  • ファイルサイズ:3MB
地図 図:3.5図4 慶応二年新潟分検絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2376px
  • 高さ:2728px
  • ファイルサイズ:2MB
表:3.7表1 三潟悪水抜掘割計画並実施年表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2030px
  • 高さ:1579px
  • ファイルサイズ:796.4KB
地図 図:3.8図5 四度目沼垂町割絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2266px
  • 高さ:1750px
  • ファイルサイズ:3MB
地図 図:3.8図2 天和二年沼垂町絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2305px
  • 高さ:3052px
  • ファイルサイズ:1.5MB
地図 図:貞享元年沼垂町割図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1524px
  • 高さ:1502px
  • ファイルサイズ:391.6KB
地図 図:安政四年焼嶋潟水面絵図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1694px
  • 高さ:2315px
  • ファイルサイズ:633.5KB
地図 図:寛政頃の山ノ下古図 堀川家古図による
第4章 明治大正年代における新潟市地盤の変転

4.1明治初年における新潟側の信濃川岸
 「明治3年新潟港図」で見ると、上島・下島・厩島は、新潟市街地と全く一体となつて固結し、秣(まぐさ)島と榛(はんのき)島は1つに結合して梨子島をなし、他門川を隔てて新潟市街に接し、大体明治大正年代の信濃川岸の形成が出来上つたようである。そして以上の新生地が市街地となつたのは大体明治初年の事で、上島と厩島は明治5年10月の町名改正の時、新潟第1大区の小5区として、南・北多門町、東・西厩島・秣川岸通・並木町(以上厩島)、南・北毘沙門町・相生町・芳町・船場町・見方町・豊照町・東湊町通・魁町・湊町通・緑町・西湊町通・赤坂町・早川町・田町(以上上島)の町名がつけられた。この時には、下島と梨子島はまだ正式の町名はつけられて居なかつた。梨子島に新規家屋の建設は、明治6年2月の布告以後の事である。そして下島と梨子島に正式町名のついたのは、明治12年4月の郡区改正の時で、浮洲町・稲荷町・田町・入舟町通・松岡町・窪田町・忠蔵町・船見町・西船見町・室町・海辺町・附船町(以上下島)、下大川前通・礎町通・花町・月町・新島町通(以上梨子島)の町名がつけられた。
4.2幕末明治初年頃の信濃川河口の水深
 享保16年以前、阿賀野川が信濃川に合流して新潟港から海へ注いでいた頃は、水深が深く良港であつた事は前述した。正保2年の越後国絵図によると、沼垂港の川口の深さは1丈4~5尺とある。次に元禄12年の絵図によると、港口の中央は2丈3丈の水深があり、両岸も1丈5尺から2丈あつた。処が松ケ崎が阿賀野川河口となつた享保16年からは、阿賀の水が新潟に流れて来なくなつて急に水深が浅くなり始め、それから僅か16年後の延享の絵図によると、港口の中央は4尺1寸、両川岸は新側5尺1寸~4尺7寸、沼垂側8尺8寸~1丈5尺と記し、新潟港がいかに浅い港になつてしまつたかを知る事が出来る。処が幕末になつて新潟が5港の1に選ばれ、安政6年蘭・露・英の黒船が新潟港の実状調査に来港した時には、黒船は港が浅くて入港できず、遙か沖合に船がかりしなければならなかつた。この頃新潟港口の深さは、5~6尺であつたと考えられている。
 「明治3年新潟港図」を見ると、新潟港の川口の東と西に、深さ不明の砂の浅瀬を描き狭い水戸口の深さを6~7尺と記し、下島地先に浅瀬の砂洲4島を描いている。故老の談話として、明治初年頃には新潟側から山ノ下側まで信濃川を渡渉する事が出来たと伝えられているが、それは実話であつたらしい。
 とにかくこのような情況であつたので、明治になつていよいよ開港され、外国船が渡来したが、余りに港が浅いので1度来港した船は2度と渡航せず、5年と経たぬうちに5港の1の開港揚は、開店休業の格好になつてしまい、新潟の有識者を慨歎させ、明治大正期の新潟の先覚者をして、築港のために骨身を削る思いをさせることになつたのである。
4.3大河津分水工事と新潟築港
 新潟港が5港の1つとして輝やかしい開港をしたにも係らず、程なく港が浅いために開店休業の止むなきに至つたが、この悲運を回天させるために骨身を削る思いを続けた新潟の当局者達は、種種奔走し、迂余曲折の後に、信濃川河身改修工事に随伴して、信濃川流末工事として新潟築港の基礎造り工事を政府に実施させる機会を握つた。即ちその工事内容は、①信濃川右岸(沼垂側)の水勢を制する工事を施して、本流を新潟側沿いに流れさせる。②通船川を締切つて、新たにその下流に新川を掘る。③河口の東西に両突堤を築造する。と云うもので、これが新潟築港工事の始めである。この工事は明治29年3月着工、総工費1,196,454円を費して37年2月に竣工した。だがその突堤は極めて簡易なものであつたので、西突堤は、早くも工事中の36年11~12月から37年3月までに、中央部辺で3か所、70間が破壊され、先端部も2~30間流失し、突堤の元附工事も破損して基礎が動揺するという状態になつた。そこで取敢えず応急修理をすると共に、県会の決議として県知事を通じて内務大臣に上申し、国費による完全な突堤の修築工事を請願したが、時は折悪しく日露戦争の最中であつたので採択されなかつた。だが多年の大治水計画を不完全なまま放棄する事は、政府としても忍び難い事であつたので、日露戦争の平和回復と共に、信濃川改良工事という名称で、大河津分水工事と新潟築港とを一括して起工する事になり、明治40年度から15か年継続の国営事業計画案が帝国議会を通過した。そこで明治42年7月5日寺泊海岸で起工式を行い、200年にわたる越後最大の懸案が解決する事になつた。その結果新潟港の河口を浚渫して、5千トン内外の船舶を出入させるため、港内の水深25尺維持を目標とし、大正15年3月第1期工事を完了した。新突堤は、水平面上の高さ12尺、頂部の幅24尺、長さ834間半で、コンクリート塊積みとし、その重いものは24トンに及ぶものがあつた。また護岸工事としては、西突堤の根本から上流650間の新潟側岸を保護する目的で、沈床・根杭・石張を行い、信濃川の川巾は半分以下の150間に狭ばめ、両川岸地先の信濃川は埋立てる計画をたて、この工事は昭和になつてから実施された。
 以上の様にして信濃川口の川岸は固定され、突堤が竣工して河口が安定した反面、海岸欠壊が顕著になる事については、5.2新潟海岸の汀線後退と海岸欠壊問題の項で詳記する。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2151px
  • 高さ:1501px
  • ファイルサイズ:2.6MB
地図 図:明治三年新潟港図