文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

理想的ナル防潮林

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2436px
  • 高さ:1774px
  • ファイルサイズ:4.9MB
写真 写真:徳島縣海部郡三岐田町
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2385px
  • 高さ:1837px
  • ファイルサイズ:4.3MB
写真 写真:和歌山縣日高郡和田村
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2498px
  • 高さ:1794px
  • ファイルサイズ:5.2MB
写真 写真:徳島縣海部郡日和佐町

I 津浪の性質

 1.総説

津浪とは(イ)深厚なる低氣圧の襲來
(口)地震
(ハ)火山の破裂
等に伴ひ常ならぬ海水の大波動が起り陸地に深く侵入するを云ひ、其の狂暴なるものは、数米或は数十米の高さの水壁をなして迅雷の如く奔流し來り、人畜を漂■し、家屋其の他途を遮るもの一切を破砕し、間もなく之等の破片を浮べて退却し、其後更に一進一退数回の往復を繰返す。
 一般に地震及び火山を原因とする津浪を地震津浪、低氣圧を原因とする津浪を暴風津浪と称す。
 地震津浪に關しては、昭和九年三月、農林省、山林局刊行の「三陸地方防潮林造成調査報告書」に詳述せられたるを以て、茲には主として暴風津浪に關し、昭和九年九月二十一日の實例につき其の特徴を述べむ。

 2.津浪襲来の状況

 昭和九年九月二十一日、高知、徳島、大阪、和歌山各府縣海岸一帯に襲來せる津浪は、即、暴風津浪にして、昭和八年三月三日、三陸地方沿岸の地震津浪とは著しく趣を異にす。即、暴風津浪は深厚なる低氣圧の中心が陸岸近くに襲來し、而も其の中心移動が迅速なる揚合に起るものにして、蓋し、深厚なる低氣圧は之に伴ひ暴風が吹き募り、盛に風浪を起すのみならず、氣圧の低下及び風の吹き寄せにより、次第に平均海面の上昇を來し、(地震津浪に於ては地盤其のものに昇降なき限り平均海面の上昇を來す事なし)此の際中心の移動迅速なれば、未だ充分其の海面隆起が平衡に達せざる中に中心の位置は移動する故、海水は愈々不安定となり、大動揺を起す理なり。即、暴風津浪は時間と共に漸増的に海面上昇するものにして、地震津浪の如くに突如として海水の大波動が陸地に侵入するものに非す。從て暴風津浪に於ては避難の遑なく、高浪の犠牲となるが如き事は少し。
 地震津浪と暴風津浪の襲來状況の相違を知るため、當時の避難状況を實例により示せば次の如し。
 (イ)地震津浪(昭和八年三月三日、三陸津浪)
岩手縣下閉伊郡田老町、森林主事、竹達嘉市氏談「西野と云ふ、二十五六才の青年は二階に寝てゐた。それ津浪だと云ふので二階の階子段を中程まで下りた時、ばつたり浪にさらはれた。後は意識不明であつたが、氣がついてみたら、其の儘流されて行つて岸に打ち上げられてゐた」。
 (ロ)暴風津浪(昭和九年九月二十一日關西、四國津浪)
賀川豊彦氏「西大阪は嘆く」(堺市の三實の避難状況)より引用
「九月廿一日の朝八時頃、隣の中根さんの家の子供が富田氏の息子と一緒に學校へ行かうと誘ひに來てゐた。其の瞬間忽ち水が表通りに一杯になつた。其処は海岸から十数町も離れた処であるので、窟田氏は直に津浪だと感付いた。其れで早速妻子と隣の嬢ちやんと、女中の四人に、一々流れて來た大きな板を持たせて奥地へ逃がす事に決心した。然し僅か一分間位後に、もう表は脊が立たなくなる程高くなつたので、一緒に出た妻子の姿をすぐ見失つてしまつた。富田氏は裏の深い堀を泳ぎ渡つて二階建の窓から二階へ避難したが、其処も危険とみたので、女と子供ばかりの其の家庭に、板を持つて逃げる事を勧めた……後略」斯の如く暴風津浪の襲来は電光石火的には非ず。

 3.津浪の波長

 地震津浪の波長は驚く可き大なるものなり。即、理論上週期十五分、水深十米なれば、九粁、週期十五分、水深千米なれば八十九粁、週期一時間、水深八千米なれば實に千八粁と云ふ大波長を有す可きなり。
 暴風津浪の波長は斯の如く大なるものに非ず。大阪市港区に於ては當時「波の山が七つ見えた」と云ひ、叉、和歌山縣西牟婁郡南富田村にては「大浪三つが連続襲來せり」と云ふに徴するも、其の波長は地震津浪とは比す可くもあらず。叉速度も遙に小にして、從て其の水平破壊力も地震津浪に比すれば遙かに微弱なり。

 4.暴風津浪の被害度

 暴風津浪被害に於ては風水害を混同して論ずる嫌あるも、風害と水害とは明白に区別するは勿論、嚴密には水害と浪害とを区別するを要す。
 昭和九年九月廿一日の風水害に於て、海岸各地に於ては風害は激しかりしも、浪害は左迄著しからず。高波による被害甚しかりしは、標高低く、且、汀線との間に全く波に対する障害物なき室戸岬町、堺市の如き當然被害を蒙る可き箇所のみなり。
 高知縣の如きは浪害により家屋を流失せられしは殆ど保安林内に濫に住居したるものにして、縣當局は之を追放するに忍びずして放置したりしが惨害を被りたるなり。
 総じて津浪被害の著しく宣傳ぜられたるは
 (一)被害区域に市街地多かりし事
 (二)津浪被害に風害の交錯したる事
の爲なる可し。
 大阪市港区、大正区の如く高波に襲はれたる箇所に就いてみるに、波高は紀伊水道の対岸距離二十二浬より計算する時は(Stevenson式による)
  H=0.45√f+(0.75-0.34^4√t)=2.1306m
  (但しH=波高 f=対岸距離)
にして即、理論上、大阪湾内に於ては二米一三〇六が最大波高にして、之に平均海面の上昇約一米を加ふるも大体三米にして、叉當時床上浸水一米乃至一米半と稱するに徴するも浪害は左迄大なるものに非ず。尚當時の高波襲來状況、避難民の避難状態等より推すも、所謂津浪被害は、浸水の爲の被害(即、水害)が大部分にして、之に暴風害が交錯し、最も恐る可き波の破壊力(即、浪害)は比較的少なかりしものと信ず。然れ共低氣圧による平均海面の上昇の爲、標高低き箇所に於ては浸水廣範囲に亘り、叉平均海面上昇の彫響は風害地以外にも及びたり。即、高知縣高岡郡須崎町以西幡多郡に至る海岸地方は風害は殆ど見ざりしも、沿岸一帯に緩慢なる水害を被りたり。但し地震津浪の如くに波長の大ならざる關係上、伝播による勢力の消耗多く、從て左迄遠距離に達するものに非ず。
 之要、暴風津浪の被害は、三陸津浪の如く、地震津浪独特の深刻なるものに非ずして、寧ろ一般水害の甚しきものと考ふるを妥當とす可し。
 長岡半太郎博士の「大阪の風水害を観て」の一節を引用すれば次の如し。
「津浪(地震津浪)の害は、高潮(暴風津浪)よりも著しい。何となれば高潮の場合には、水の速度は遅緩で有るけれども津浪の場合には可成のエネルギーを持つて居るから、家屋を倒し、船舶を傷ける様な作用は、殆ど電光石火的に行はれるものと見なければならぬ。地震津浪の怖る可きは専ら其の破壊力の大なるにある。其例としては咋年三月三日、三陸を襲つた津浪の被害を検討するがよい。或る港では、廿一米の高さに達する浪が來た。(中略……)概して、地震津浪は高潮より甚大なる損害を輿ふるものと考へねばならぬ。安政元年の津浪が來た時、若し、築港附近に、今日の如く人家櫛比して居たならば浪に呑まれた民衆は幾萬に上つたか推算し難い。其の頃は天保山の一角を除き殆ど皆水田と葦原のみであつたから、不幸中の幸であつた。(……後略)
 暴風津浪の猛威を振ふは、大浪が連続的に襲來する場合なり。遠淺海岸に於ては、一旦打寄せたる波は水位の高まりを脱する爲、重力により底退きを生じ、最大勾配方向、即、通例海岸に直角に逆流する故新に押寄する波が単一波なれば其の勢力は大いに減殺さるるも、連続的に大波が襲來する時は、内陸深く侵入する理なり。

 II 防潮林の効果

 津浪の破壊力は前章に述べたるが如く、驚く可き大なるものなり。從て大津浪の激害地に於ては、防潮林の効果乃至樹種、徑級、林齢等による被害度の相違等は認め得ず。
 何となれば、一様に殱滅せられ被害跡地には一木、一草をも止めね故なり。中害地より、微害地に至れば森林の効果は顯著に証明せらるるものにして、昭和九年九月廿一日の暴風津浪は概して、比較的大ならざりし爲森林の効果を証するには適當のものなりしと謂ひ得可し。
 林木に対する津浪の作用は
 一、高浪の水平破壊力、即物理的作用
 二、海水の含有する鹽分に起因する生理的作用
の二つに分ちて考ふるを便とす可し。
 一、物理的作用
 防潮林(津浪災害豫防林)の使命は津浪の物理的作用を減殺するに在り。津浪の勢力猛烈なる時は防潮林は著しく被害を蒙り時には全滅に瀕する事も有る可し。然れ共其の自ら殱滅する事により津浪のエネルギーを喪失せしめ後方の被害を軽減せしめ単なる水害に止まらしむるを得ば防潮林の任務を果したるものと謂ひ得可し。
昭和九年九月廿一日の暴風津浪は、其の程度比較的軽微なりし爲林木を折損倒潰せしめたるは、徳島縣、高知縣の一部に於て局部的に認めらるるに過ぎず。多くの海岸林は各所に偉大なる効果を示して後方耕宅地を無害或は微害ならしめたり。
 二、生理的作用
 生理的作用は被害後時を経るにつれ次第に顯著となるものにして、幼齢林及び新植後間もなき造林地は多くの枯損木を出し、全滅せる箇所も少からず。黒松の如く潮風に強き樹種は、其の地上部は海水に浸るも枯損せざれども鹽分が其の根迄滲透停滞する時は遂に枯損するものの如し。各所の海岸砂防造林を視察するに浸水せるものは多くは枯損せるに、唯徳島縣那賀郡里浦村及び高相縣幡多郡入野村の海岸防砂造林地(昭和七乃至九年度植栽)のみは例外にして殆ど被害を認めず。殊に里浦の如きは實に十時間以上海水に浸りたるに鹽分の爲の枯損は全く認め得ず。蓋し里浦、入野兩村の海岸は共に地下水高く一一二尺掘下ぐれば淸水の湧出する状態なれば海水鹽分は根に達したるも直に洗流せられしものなる可し。
防潮林の効果の實例を列挙すれば次の如し。(寫眞参照)
(イ)和歌山縣 牟婁郡瀬戸鉛山村字岬南
 京都帝國大學臨海研究所附近は、汀線より約三十米の距離にあり、前面開けたる爲浸水甚しかりしも、之に並行して建設せられたる官舎は前面に幅員約五米の黒松を主林木とし、之にアセビ、ダンチク等を交へたる海岸林あり。尚此の海岸林の汀線側には黒松の幼齢林有りて全体として、二段喬林の作用を発揮せる爲官舎には微害だに無し。
(ロ)和歌山縣西牟婁郡田邊町大字元濱字濱田
 海岸林により、漁船、重油タンクが留止せられ、後方の道路を保護せり。重油タンクは約一〇〇米流されたり。
尚、森林内の家屋は被害無きも、海岸砂地の作業場は全部破壊流去せり。
(ハ)和歌山縣日高郡印南町
 ダンチクは耐潮力最も強く、且相當の効果を示したり。
護岸は抉壊せるも、森林には被害無く後方の住居を保護せり。
(ニ)和歌山縣日高郡松原村
直高一米、底厚○・二米、冠厚○・一米の鐵筋コンクリート塀倒壊せるも、接續せる森林には被害なし。
(ホ)和歌山縣日高郡和田村
 平均幅員二〇〇米に達する海岸保安林あり。赤松、黒松を上木とし、ヤマモモ、トベラ、マサキ等の常緑濶葉樹下木として密生し、理想的なる防潮林をなす爲後方耕宅地には微害だに無し。斯る見事なる防潮林あらば、地震津浪に対しても莫大なる効果を発揮し得るものと信ず。此の海岸保安林の缺如せる隣接地域に於ては、高波は縣道を超えて耕地に侵入せり。
(ヘ)和歌山縣日高郡鹽屋村及海草郡椒村
 前章に述べし如く、高波は土砂を抉壊流去せしめ、一時的海岸段丘を形成せり。而して抉壊は森林の有る部分にて止りたり。
(ト)徳島縣那賀郡富岡町
 高波二〇尺と称し、保安林より汀線側の家屋は全部流去せるも後方の田地は完全に保護せられたり。
(チ)徳島縣那賀郡見能林村
 東分中林北ノ脇は海岸保安林の爲後方の被害は精々床下浸水に止りたるも、大潟は、海岸保安林欠如せる爲、被害甚しく流去家屋さへ出したり。
(リ)徳島縣海部郡三岐田町
 大宇田井には、上木、黒松、下木、クス、ニツケイ、ウバメガシ、マサキ、ツバキ、ハルグミ、ヤブニツケイ、タブ、ハマヒサカキ等よりなる海岸保安林有り。之により後方耕地の被害は軽減せるも、大字山岐には、海岸林無き爲被害多し。一般に防潮林には、下木の必要なる事を痛切に感ぜらる。徳島縣に於ては、概して海部郡の海岸保安林は整備せるも那賀郡のものの如く、林内を傘をさして自由に通れるが如きものは、充分なる効果を期待し得ざる可し。
(ヌ)徳島縣海部郡日和佐町
 海岸に神社有保安林有り。上木、黒松は疎なるも、下木(主として、ウバメガシ)密生して、高波を防ぎたり。
高波は保安林なき部分より侵入して浸水家屋を出したり。
(ル)徳島縣海部郡宍喰町
 大字那佐は護岸及防潮林(上木、黒松、下木、ウバメガシ)により被害軽微なるを得たるも大字宍喰は何等の障害物なく、海抜高は殆ど海面高と一致せる為、浸水殆ど全部落に及べり。部落の前方には長さ六五〇米、幅四〇米の砂地有る故速に防潮林造成の要あり。
(ヲ)高知縣安藝郡室戸岬町
 海岸林なき為、被害は最も激甚なり。坂木に於ては四〇町歩の耕地は石礫地と化し、津呂、菜生、耳崎、室津は縣道より汀線側は人家殆ど全部倒壌、流失せり。
室戸岬町の被害特に甚しかりしは、津浪の猛烈なりし事も一因なるは明なれ共、耕宅地と汀線との距離が短き事が主囚にして少くも耕宅地は縣道より山側に置かざる可からず。
然れ共海岸平野狭く、縣道より汀線側を放棄すれば耕宅地の大半を失ふ實情に在るを以て、將來も危瞼を冒して汀線側の耕宅地を復旧せざるを得ざる結果となる可し。從而、防潮林造成の餘地は僅少となるを免れず。斯る地域に於ては防潮林と堅固なる防波堤とを併用するに非れば再び惨害を繰返すに至る可き事想像に難からず。
(ワ)高知縣安藝那室戸町
 室戸町も室戸岬町寄、即、浮津附近は室戸岬町と同様の地形なる爲、全滅に瀕せるも、平等津、岩戸、脇津方面は、海岸平地比較的廣き爲、汀線より相當の距離に耕宅地を設けたるを以て被害軽微にして、特に海岸林(二段喬林)の有りたる箇所は殆ど被害を免れたり。
(カ)高知縣安藝郡安藝町
 激害地は、一様の被害なるも、微害地に至れば防潮林の効果顯著なり。
(ヨ)高知縣安藝郡和食村
 琴ノ濱、西分は汀線に平行せる砂丘に造成せる防潮林により完全に被害を免れたり。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2496px
  • 高さ:1586px
  • ファイルサイズ:3.5MB
写真 写真1:防潮林ノ効果 和歌山縣西牟婁郡川邊町(森林ニヨリ留止セヲレタル船舶並ニ重油タンク)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2527px
  • 高さ:1629px
  • ファイルサイズ:3.5MB
写真 写真2:防潮林ノ効果 和歌山縣西牟婁郡川邊町(同上 右側ハタンク窯)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2243px
  • 高さ:1362px
  • ファイルサイズ:3.1MB
写真 写真1:防潮林ノ効果 和歌山縣日高郡和田村(森林ニヨリ留止セヲレタル船舶)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2231px
  • 高さ:1371px
  • ファイルサイズ:3MB
写真 写真2:和歌山縣日高郡印南町(木森林ニヨリ印南町ハ被害ヲ免ル)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2218px
  • 高さ:1368px
  • ファイルサイズ:3.2MB
写真 写真3:和歌山縣西牟婁郡田邊町(森林ニヨリ被害ヲ免レタル家屋)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2579px
  • 高さ:1751px
  • ファイルサイズ:4.4MB
写真 写真1:防潮林ノ効果 徳島縣海部郡三岐田町(森林ニヨリ被害ヲ免レタル二階屋)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2579px
  • 高さ:1743px
  • ファイルサイズ:4.2MB
写真 写真2:防潮林ノ効果 徳島縣海部郡三岐田町(後方耕宅地ヲ保護セル海岸林)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2621px
  • 高さ:1756px
  • ファイルサイズ:4.7MB
写真 写真1:防潮林ノ効果 徳島縣那賀郡富岡町(森林ニヨリ留止セヲレタル船舶)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2577px
  • 高さ:1752px
  • ファイルサイズ:4.5MB
写真 写真2:防潮林ノ効果 高知縣安藝郡室戸町(森林ニヨリ保護セヲレタル家屋)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2590px
  • 高さ:1774px
  • ファイルサイズ:4.7MB
写真 写真1:防潮林ノ効果 高知縣安藝郡室戸町(森林ニヨリ被害ヲ免レタル家屋)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2561px
  • 高さ:1741px
  • ファイルサイズ:3.9MB
写真 写真2:防潮林ノ効果 高知縣安藝郡室戸町(後方耕宅地ヲ保護セル砂丘上ノ黒松二段林)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2619px
  • 高さ:1756px
  • ファイルサイズ:4.7MB
写真 写真:防潮林ノ効果 高知縣安藝郡室戸町(森林ニヨリ被害ヲ免レタル家屋)

 III 防潮林造成に關し注意す可き事項

 南海、四國の海岸地方は、古來しばしば津浪の襲ふ所となり之を史實に徴するに、紀元一、三四四年天武天皇白鳳十二年十月十四日の津浪以來、今次の高波を加へ、實に前後二十二回に及び、即、凡そ六十年に一回の割合にて襲來せる道理なり。此の中地震津浪は次の如く、前後八回有り。
 而して其の被害の最も激甚なるは地震津浪なるにより、防潮林は地震津浪を考慮して造成するを要す。
 防潮林造成に當り注意す可き事項を列挙すれば次の如し。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2653px
  • 高さ:1417px
  • ファイルサイズ:2.8MB
表:年号に関する表

 1.海深

 津浪の加害状況を考察するには、海岸線の形状并に海底の深淺を考慮せざる可からず。海岸線の形状に關しては震災豫防評議曾刊行の「津浪災害豫防に關する注意書」に詳細報告せられたるによりここには論ぜす。
 波は淺瀬に來れば水深に対し波長が大となり、即、長波の性質を帯びる故、其の速度は水深の平方根に比例する故、水深大なれば速度は大であるが波高は低く、水深小なれば速度は小なるも波高は高し。概して隆起地形に属する南海、四國沿岸地方は、湾口の深さ、多くは三十米以下にして、(但し串本以東は深し)之を三陸沿岸の三、四十米乃至七、八十米に比すれば遙に淺く、從而波高の大なる可きは想像に難からず。仍て、和歌山、高知縣海岸に防潮林、防浪堤設置に當りては、浪高は港湾奥部に於ては少くも二十米に達するものと假定するを要す。

 2.樹種の選定

 防潮林の使命は、津浪を堰き止むるには非ずして、津浪の水平破壊力を滅殺して、後方の被害を軽減せしむるに在り。既に述べたるが如く津浪の破壊力は凡そ偉大なるものなり。
 林木の破壊に對する抵抗力は樣々の囚子の影響を受くる故正確なる数字を知るは困難なるも大体風速毎秒四〇米の颶風(此の風圧毎平方米當一九五瓩)となれば挫折倒潰するものを生ず。尤も風速四〇米と称するも瞬間速度の最大は七〇米以上に達することあるべく實際に材木の挫折倒潰するは此の時なるべし。材木の破壊に対する抵抗力が此の程度のものとすれば猛烈なる津浪の破壊力を防ぐには不充分なる故、津浪防備策としては能ふ限り他の手段即、高地への移轉、防浪堤、護岸、防浪地区、緩衝地区等を併用せざるべからず。
 防潮林造成に關しては防潮林の目的は主として津浪の水平破壊力を減殺するに在ることを常に念頭に置くを要し、從て樹種の選定に當つても津浪の破壊力を減殺するに適する樹種を選ばざるべからず。
 林木には耐潮力大なるものと、防潮力大なるものとあり。ここに耐潮力大なりと称するは其の林木自身の津浪に対する抵抗力并に恢復力大なるものを云ひ、防潮力大なりと称するは其の林水自身の被害は問はず、其の林水存立せしため、他の物体の被害を軽減せしむる作用顕著なるものを云ふ。
 津浪被害跡地を視察し、巨大なる黒松倒潰し、矮小なるダンチクは些の被害も蒙らず、青々と生存せるは屡々遭遇する処なり。此の場合、ダンチクは黒松よりも耐潮力は大なる可きも、黒松は其の倒潰せる事により津浪の勢力を幾分減殺せしめたる道理なれば防潮力は大なりと謂ひ得可し。即、防潮林の樹種には、防潮力大なるものを選ぶ可きは言を俟たず。故に被害跡地に於ける被害少き樹種を以て防潮林を造成するは必ずしも妥當ならず。
 然らば防潮力の大なるは、如何なる樹種かと云ふに、樹体頑丈にして長大なる根系を有し、樹高、徑級共に相當大なるものなる事を要す。即、眞面に津浪を受け自らは逃るる事なく犠牲となりて後方被害軽減の任に當らざる可からず。
 此の見地より防潮林の主林木は黒松を以て、尤も適當とす可し。津浪の破壊エネルギーの最も多く貯へらるるは波頭なる故、矮小なる灌木類は主林木としては不適當なり。
 此の點低い防波堤、護岸も同断にして、津浪は悠々と乗越へ、波頭のエネルギーを以て後方耕宅地を破壊流失せしむ可し。而して各地に現存せる護岸、防波堤は津浪の高さに比すれば誠に微弱なるものにして、又津浪を完全に防ぎ得る防浪堤を築設するは経費其の他の點にて不可能に近かる可く、是れ津浪防備策として防潮林を最も効果的となす所以なり。
 防潮林の主林木は黒松或は地方によりては赤松とし、副林木には海岸に自生する樹種、即、ヤマモモ、トベラ、ニツケイ、ウバメガシ、マサキ、ツバキ、ハルグミ、ヤブニツケイ、タブ、ハマヒサカキ等を用ゆ可し。ダンチクは耐潮力最も大なる故最前線に造成す可し。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2440px
  • 高さ:1768px
  • ファイルサイズ:4.2MB
写真 写真:津浪ニ對シ海岸林ガ護岸ヨリモ抵抗力大ナル例 高知縣安藝郡安藝町
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2361px
  • 高さ:1594px
  • ファイルサイズ:3.1MB
写真 写真:津浪ニ對シ海岸林ガ護岸ヨリモ抵抗力大ナル例 和歌山縣日高郡松原村
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2422px
  • 高さ:1577px
  • ファイルサイズ:3.5MB
写真 写真:津浪ニ對シ海岸林ガ護岸ヨリモ抵抗力大ナル例 和歌山縣日高郡印南町
 3.防潮林型

 大津浪に於ては、波の破壊勢力を減殺するは主として主林木なるも、比較的軽微の津浪に於ては從喬木式の林木が偉大なる効果を発揮す。今次の津浪に於て海岸保安林の下木が偉大なる効果を発揮せるは、三岐田町、日和佐町、宍喰町に其の實例を見る所にして、防潮林は下木の必要なる事を痛切に感ず。故に防潮林は黒松を上木とし、前項に述べたる常緑濶葉樹を下木とする二段喬林乃至複層林となすを最も理想的とす可し。
 然れ共海岸林に於ては、現存せる上木下に下木植栽の困難なる場合往々にしてあり。斯る場合には汀線と海岸林との間に餘地有らば、第五圖の如くに此の部分に新に森林を造成して、全体として二段喬林の作用を発揮せしむるも一法なり。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2734px
  • 高さ:736px
  • ファイルサイズ:1.5MB
図:第五圖
 4.防潮林の幅員

 津浪は其の勢力猛烈なるのみならず、地震津浪に於ては数回繰返すものなれば、其の幅員は大なれば大なる程可なり。事情の許す限り廣大なるものを造成す可し。