文字サイズサイズ小サイズ中サイズ大

はじめに

 三陸沿岸地域の道路防災は、津波被災を受ける可能性が高いという特殊性を有しており津波災害の事前対策、事後対策を確立し、危険評価、危険情報、二次災害の防止、支援体制、復旧対策等、総合的な対策を確立しておく必要がある。 本「津波災害対策マニュアル(案)」は、これらの背景をもとに津波災害を理解し、適切な事前・事後対策を実行するための体制および行動を解説したものである。

1.総則

1-1目的

【項目】1.総則 1-1目的【津波災害対策マニュアル(案)】ア.道路管理者の津波防災対策の専門知識、行動を解説する。イ.道路利用者(一般ドライバー)への啓蒙・宣伝・情報提供を解説する。ウ.国道45号および幹線道路の津波災害危険区域を明確化し、交通規制方法、迂回方法を解説する。エ.緊急時、応急時における役割分担、組織体制、関係機関との連絡・協力体制を、既存の災害対策要領との整合を図り解説する。 本マニュアル(案)は、道路管理者が津波災害対策の基礎的知識を持ち、事前・緊急時・復旧時対策を計画および実施する対応について、標準的行動を解説するものである。 具体的には、津波災害の被災規模を極力最小限にとどめるための事前対策、注意報・警報時対策および緊急時対策を明確化し、津波災害の特殊性に配慮した対応ができるとともに、災害対策の効率的な執行を目的とする。 【適用】

1-2 基本方針

【項目】1-2 基本方針 【津波災害対策マニュアル(案)】 「道路災害対策要領」によって対応できる行動についてはこれに準拠するものとし、特に配慮すべき津波災害の特殊性について独自にとりまとめるものとする。 道路災害対策要領のうち、津波災害の特殊性について配慮すべき対策を補完する部分をマニュアル化し、その他の要領等で対応できる部分については重複しないことを基本とする。 【適用】

オリジナルサイズ画像
  • 幅:3102px
  • 高さ:2639px
  • ファイルサイズ:537.9KB
道路災害対策要領図
オリジナルサイズ画像
  • 幅:3575px
  • 高さ:2099px
  • ファイルサイズ:545.7KB
注意報・警報時、緊急時要領図
1-3 構 成

【項目】1-3 構 成 【津波災害対策マニュアル(案)】 本マニュアル(案)の構成は、次の構成によるものとする。 1.総則 1-1 目的 1-2 基本方針 1-3 構成 2.事前対策 日常行動の中で、津波災害の対応に関して必要となる事項についてまとめたものである。 2-1 防災教育 2-2 防災訓練 2-3 津波危険区域および路上障害物・危険物の把握 2-4 道路利用者に対する宣伝・広報 2-5 人材、資材、モニター制度 2-6 情報活動の考え方 2-7 迂回路、緊急輪送路について 2-8 復旧の考え方 2-9 交通規制および誘導について 3.注意報・警報時対策 津波来襲までの短い時間にとるべき行動が非常に重要であり、注意報や警報が発令された場合の対応に関して必要となる事項についてまとめたものである。 3-1 津波情報の入手 3-2 津波危険度の判定 3-3 体制発動の確立について 3-4 初動対策について 3-5 要員確保の考え方 4.緊急時対策 被災後の対策を円滑に行うため、体制や津波災害の特殊性を考慮した調査、措置等の対応に関して必要となる事項についてまとめたものである。 4-1 緊急体制確立時 4-1-1 内部の連絡系統について 4-1-2 外部関係機関との情報連絡について 4-1-3 情報手段の確保の考え方 4-1-4 資機材の整備について 4-1-5 協力体制 4-2 津波災害による緊急調査・措置の特殊性 4-2-1 調査の特殊性について 4-2-2 措置の特殊性について 【適用】

2.事前対策

【項目】2.事前対策 【津波災害対策マニュアル(案)】 津波注意報・警報発令時および津波発生時に、的確な防災対策が講じられるようにするため、事前に行う対策等について定める。 【適用】

2-1 防災教育

【項目】2-1 防災教育 (1)職員に対する教育 (2)道路利用者の啓蒙 【津波災害対策マニュアル(案)】 津波による被害を最小限にとどめるため、職員、道路利用者を対象に津波に関する知識を普及啓蒙するとともに常に防災意識の高揚に努めるものとする。 (1)職員に対する教育 津波と津波による災害の特殊性について、必要な知識や心構えなどについて教育する。 講習内容は次のとおりとする。     =1=地震および津波に関する基礎知識     =2=津波災害対策マニュアルの肉容     =3=津波注意報・警報発令時および稼波発生時に具体的にとるべき行動に関する知識     =4=職員が果たすべき役割(動員雑制と任務分担)      =5=今後津波対策として取組む必要のある課題等 (2)道路利用者の啓蒙 津波注意報・警報発令時および津波発生時写遵路利用者が的確な判断に基づいて行動できるよう、津波についての正しい知識、防災対応等について啓発する。 講習内容は次のとおりとする。     =1=過去の被災事例     =2=地震および津彼に関する基礎知識     =3=津波注意報・警報発令時の情報入手方怯および取るべき行動     =4=津波危険区域に関する知識     =5=避難地、避難路、その他避難対策に関する知識等 【適用】

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1738px
  • 高さ:804px
  • ファイルサイズ:89.2KB
職員・ドライバーに対する講習会の開催計画

2-2 防災訓練

【項目】2-2 防災訓練 (1) 防災訓練の内容 【津波災害対策マニュアル(案)】 津波注意報・警報発令時および津波発生時に的確な防災対策を実施するための訓練について定める。 (1)防災訓練の内容 国、県、市町村および防災関係機関と共同し、または単独で次の訓練を行う。 訓練にあたっては、津波注意報・警報が発令される各種の時間帯を想定して実施する他、逐次訓練内容を高度化し、実効性の高い訓練を行うものとする。ア,総合防災訓練 津波予警報発令から応急復旧に至る防災対策について、国、県、市町村の実施する総合防災訓練に参加して行うことを原則とする。イ.個別防災訓練 道路管理者が行うべき防災対策を円滑に実行できるよう、個別防災訓練を行う。主な訓練内容は次のとおりとする。 =1= 情報の収集伝達訓練…… 市町村、防災関係機関および報道機関等と協力して実施するとともに、段階的に情報量、参加機関を増加させ訓練の高度化を図る。 =2= 職員の動員訓練…………… 有線電話が輻輳あるいは途絶した場合や勤務時間外に注意報・警報が発令された場合等を想定した訓練を行う。 =3= 防災業務の訓練…………訓練の主な項目は次のとおりとする。 ・津波発生に備えた資機材や人員の手配 ・交通対策 ・緊急点検等 【適用】 ■ 津波注意報・警報発令情報の正確・迅速な収集およびその情報を的確に道路利用者へ伝えることが津波防災対策の基本となる。

2-3 津波危険区域および路上障害物・危険物の把握

【項目】2-3 津波危険区域および路上障害物・危険物の把握 【津波災害対策マニュアル(案)】 過去の被災事例における津波危険区域および津波災害の特殊性である津彼により運ばれる路上障害物・危険物について事前に把握しておく必要がある。(ここでいう津波危険区域とは、過去の津波到達域であり、防潮堤等による効果は考慮していない。) 別図-1に津波危険区域マップを示す。さらに予想される路上障害物・危険物を別表-1に示す。 この津波危険区域は、津波災害の特色として広範囲に災害が発生し、路上障害物・危険物が散乱する可能性が大きいことから、現在(平成3年)の状況を記入したものである。 津波危険区域マップ作成の目的は、 =1= 被災が想定される地域の把握 =2= 道路利用者への事前広報 =3= 迂回路設定時の参考 =4= 復旧作業時のルート選定の参考である。 2-9で示す交通規制を実施するためには、道路法第46条に則り、津波による規制区間を予め指定する必要がある。そのため、別図-1に示すマップをもとに防潮堤の効果や地形条件等を考慮し、他機関と調整して早急に規制区間を定めなければならない。 【適用】

2-4 道路利用者に対する宣伝・広報

【項目】2-4 道路利用者に対する宣伝・広報 【津波災害対策マニュアル(案)】 津波注意報・警報発令時および津波発生時に道路利用者が的確な判断に基づき行動できるよう、津波についての正しい知識、防災対応等について啓発する。 =1= 観光名所における啓発…………外来者を対象として、観光名所にパンフレット、リーフレットおよびポスター等を配置し、津波防災知識の普及を図る。 =2= 自動車運転者に対する啓発……地元の自動車運転者を対象として、県公安委員会と協力して運転免許取得・更新時および自動車教習所における教習等の機会を通じ、津波注意報・警報発令時および津波発生時において自動車運転者が措置すべき事項について徹底を図る。また、津波警報発令時における自動車の運転の自粛について啓発に努める。 =3= 啓発内容…………………………・地震および津波に関する基礎知識・津波危険区域に関する知識・津波注意報・警報発令時のドライバーに対する情報提供方法・内容に関する知識・避難路、迂回路、その他避難対策に関する知識 =4= 広報手段…………………………パンフレット、リーフレット、ポスター、映画フィルム、ビデオテープおよび報道機関の媒体等の活用による。 【適用】 ■ 「静岡県地域防災計画東海地震対策編」に記載されている。

3. 注意報・警報時対策

【項目】3. 注意報・警報時対策 【津波災害対策マニュアル(案)】 津波注意報・警報が発令され、津波来襲までの短時間にとるべき津波防災体制および初動対策等について定める。 【適用】

オリジナルサイズ画像
  • 幅:1925px
  • 高さ:902px
  • ファイルサイズ:122.2KB
注意報・警報時対策の計画

3-1.津波情報の入手

【項目】3-1.津波情報の入手 【津波災害対策マニュアル(案)】 津波情報は気象庁発表を基本とし、地震体感後は、テレビ・ラジオの視聴による情報入手体制を整える。 遠地津波のように地震が体感されない場合もあるため、テレビ・ラジオの緊急放送受信対応装置を設置する。 【適用】

3-2.津波危険度の判定

【項目】3-2 津波危険度の判定 【津波災害対策マニュアル(案)】 津波注意報が発令された場合は、「道路災害対策要領」で定める注意体制に入る。 津波警報が発令された場合は、同じく警報体制に入る。 【適用】

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2502px
  • 高さ:2257px
  • ファイルサイズ:404.5KB
体制区分の基準
3-3.体制発動の確立について

【項目】3-3.体制発動の確立について 【津波災害対策マニュアル(案)】 注意体制,警戒体制の決定過程,連絡方濠および権限代行者は、震災対策要領(案)の注意,警戒体制発令連絡系続図による。 ・別表-5,注意体制,震災対策体制発令逢賂系統図,三陸国道支部・別表-6,警戒体制,震災対策体制発令連絡系統図,三陸国道支部・別表-7,注意体制,震災対策体制発令連絡系統図,仙台支部全体・別表-8,警戒体制,震災対策体制発令連絡系統図,仙台支部全体 津波注意報・警報時における体制および報告を以下に示す。 【適用】

オリジナルサイズ画像
  • 幅:3715px
  • 高さ:3019px
  • ファイルサイズ:606.5KB
津波注意報・警報時における体制
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1970px
  • 高さ:1927px
  • ファイルサイズ:319.6KB
図6.3.1 現状各要領における系統図
3-4.初動対策について

【項目】3-4.初動対策について 【津波災害対策マニュアル(案)】 津波災害を最小限に抑えるため、注意報・警報から津波来襲までの時間的短さから、注意または警戒体制発動と同時に、初動対策を実施する。 初動対策は、近地津波で20〜30分,遠地津波で半日〜1日の間に行動できるものとし、道路利用者の安全を確保する。  =1=注意体制時は、道路情報板の操作および地域防災無線の活用により、「津波注意報発令中」,「注意して走行」を広報する。 =2=警戒体制時は、「津波警報発令中」,「津波危険区域の通行規制」を広報する。  ・近地津波の場合は、道路情報板の操作および地域防災無線の活用。  ・遠地津波の場合は、道路情報板の操作,地域防災無線の活用の他、道路交通規制・誘導員の派遣,実施を行う。 =3=初動対策時における自治体等他機関との発令内容,時期を統一するため、事前協議を実施し、緊急時には防災相互通信用無線(466MHz帯)の活用を図る。 【適用】 したがって、広範囲な津波危険区域に対し、「道路災害対策要領」で定める警戒体制要員の他、 遠地津波の警報発令時(警戒体制)における交通誘導員を、他事務所,警察,自治体等を含め、事前に協議,決定しておくことが重要である。 なお、現状の道路情報板設置状況では、津波危険区域に対応した規制,広報は困難である。長期的には、 津波危険区域を考慮した道路情報板の設置を行い、近地津波時の交通規制,広報に対処ずるものとする。(「5-6.情報活動の考え方」参照) イ.他機関との調整 現在、各市町村は津波防災対策として各々独自の調査,勧告,命令を実施している。これに対し、道路管理者の行う初動対策の時朔および内容が一致しない場合、情報錯綜による混乱が懸念される。  したがって、事前に自治体等他機関との協識,調整を実施し、緊急時での防災相互通信用無線(466NHz)の活用等により、 初動対策における他機関との発令内容,時期の続一化を実施することが必要である。

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2055px
  • 高さ:964px
  • ファイルサイズ:211.3KB
初動対策
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2012px
  • 高さ:932px
  • ファイルサイズ:141.4KB
初動対策の計画

4.緊急時対策

【項目】4.緊急時対策 【津波災害対策マニュアル(案)】 津波発生に伴って予想される広範囲な災害に対して、迅速、的確な防災対策が講じられるようにするため、緊急時対策について定める。 【適用】

4-1 緊急体制確立時

【項目】4-1 緊急体制確立時 【津波災害対策マニュアル(案)】 緊急時の体制の構築を迅速かつ円滑に実施するため、情報連絡系統、情報手段の確保、資機材の整備および協力体制について定める。 【適用】

4-1-1 内部の連絡系統について

【項目】4-1-1 内部の連絡系統について 【津波災害対策マニュアル(案)】 発動される体制に応じて、震災対策体制発令連絡系統図に準ずる。 【適用】 ■ 東北地方建設局震災対策要領(案) ■ 自宅の連絡先を完全に記入することが必要。

4-1-2 外部関係機関との情報連絡について

【項目】4-1-2 外部関係機関との情報連絡について 【津波災害対策マニュアル(案)】 県、市町村および他の防災関係機関との情報連絡は連絡方法、担当者をあらかじめ定め、相互に届ける。 他機関との情報連絡は別表-11による。 【適用】 ■ 異常気象時における道路交通連絡活動要項(昭和52年5月10日付建設省道交発第30号) ■ 静岡県地域防災計画東海地震対策編では連絡先一覧表を作成している。

4-1-3 情報手段の確保の考え方

【項目】4-1-3 情報手段の確保の考え方 (1)所内電話の制限 (2)加入電話における 非常通信の活用 (3)非常電話の使用方法 【津波災害対策マニュアル(案)】 緊急時における情報の収集・伝達のための通信について定める。 (1)所内電話の制限 地震等を体感して、自主的に登庁する場合は、原則として確認のための電話をかけることを禁止する。 (2)加入電話における非常通信の活用 加入電話の使用にあたっては、別表-12に編げる市外電話は「非常」をもって呼出し、通信の確保を図る。 非常電話はやむを得ない特別の事由がある場合を除き、あらかじめ電話取扱局の承諾を受けた番号の加入電話によることとされており、加入電話局または加入電報電話局の長にあらかじめ非常電話の使用目的、通話相互機関の名称、所属交換局名、発信着信者番号を明らかにして申請し、その承諾を受けるものとする。 (3)非常通話の使用方法 「非常電話」は、電話局に登録してあるで電話番号により100番で次の事項を告げて申込むものとする。ア.非常通話、緊急通話の別イ.発信者、機関名、暇名、氏名、局名、電話番号ウ.着信加入者の局名、電話番号、機関名 【適用】 ■ 非常電話の適用表

オリジナルサイズ画像
  • 幅:2099px
  • 高さ:2441px
  • ファイルサイズ:468.3KB
非常電話の適用表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:1938px
  • 高さ:1092px
  • ファイルサイズ:139.9KB
被災状況の把握方法の計画

別図

オリジナルサイズ画像
  • 幅:7728px
  • 高さ:5602px
  • ファイルサイズ:4.2MB
地図 別図-1 津波危険区域マップ・全体案内図(1/3)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7882px
  • 高さ:5740px
  • ファイルサイズ:5.5MB
地図 別図-1 津波危険区域マップ・全体案内図(2/3)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7907px
  • 高さ:5707px
  • ファイルサイズ:4.8MB
地図 別図-1 津波危険区域マップ・全体案内図(3/3)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7843px
  • 高さ:5220px
  • ファイルサイズ:7.1MB
地図 (1)折立地区・地域細分図(1/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7842px
  • 高さ:5212px
  • ファイルサイズ:6.7MB
地図 (2)志津川地区・地域細分図(2/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7818px
  • 高さ:5226px
  • ファイルサイズ:3.8MB
地図 (3)伊里前地区・地域細分図(3/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5281px
  • 高さ:7845px
  • ファイルサイズ:4.5MB
地図 (4)津谷地区・地域細分図(4/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5224px
  • 高さ:7836px
  • ファイルサイズ:5.3MB
地図 (5)大谷地区・地域細分図(5/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5266px
  • 高さ:7853px
  • ファイルサイズ:5.8MB
地図 (6)唐桑地区・地域細分図(6/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7812px
  • 高さ:5225px
  • ファイルサイズ:5.1MB
地図 (7)気仙沼地区・地域細分図(7/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5379px
  • 高さ:7829px
  • ファイルサイズ:5.6MB
地図 (8)荒谷前地区・地域細分図(8/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5241px
  • 高さ:7829px
  • ファイルサイズ:4.6MB
地図 (9)広田地区・地域細分図(9/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7837px
  • 高さ:5233px
  • ファイルサイズ:4.9MB
地図 (10)陸前高田地区・地域細分図(10/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5249px
  • 高さ:7869px
  • ファイルサイズ:5.7MB
地図 (11)大船渡地区・地域細分図(11/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5273px
  • 高さ:7844px
  • ファイルサイズ:5.8MB
地図 (12)綾里ー白浜地区・地域細分図(12/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5257px
  • 高さ:7844px
  • ファイルサイズ:5.2MB
地図 (13)越喜来地区・地域細分図(13/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5339px
  • 高さ:7861px
  • ファイルサイズ:5.6MB
地図 (14)吉浜地区・地域細分図(14/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7869px
  • 高さ:5249px
  • ファイルサイズ:5MB
地図 (15)唐丹地区・地域細分図(15/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7886px
  • 高さ:5273px
  • ファイルサイズ:5MB
地図 (16)釜石地区・地域細分図(16/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7853px
  • 高さ:5233px
  • ファイルサイズ:4.4MB
地図 (17)鵜住居ー両石地区・地域細分図(17/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7861px
  • 高さ:5298px
  • ファイルサイズ:4.8MB
地図 (18)大槌地区・地域細分図(18/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7861px
  • 高さ:5338px
  • ファイルサイズ:5.2MB
地図 (19)船越地区・地域細分図(19/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7853px
  • 高さ:5306px
  • ファイルサイズ:5.7MB
地図 (20)山田地区・地域細分図(20/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7844px
  • 高さ:5257px
  • ファイルサイズ:4.2MB
地図 (21)津軽石地区・地域細分図(21/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7853px
  • 高さ:5289px
  • ファイルサイズ:5.7MB
地図 (22)宮古地区・地域細分図(22/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7869px
  • 高さ:5249px
  • ファイルサイズ:5.3MB
地図 (23)女遊部地区・地域細分図(23/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7845px
  • 高さ:5258px
  • ファイルサイズ:5.1MB
地図 (24)田老地区・地域細分図(24/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7829px
  • 高さ:5241px
  • ファイルサイズ:4.7MB
地図 (25)小本地区・地域細分図(25/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7853px
  • 高さ:5273px
  • ファイルサイズ:5.7MB
地図 (26)島の越地区・地域細分図(26/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7837px
  • 高さ:5338px
  • ファイルサイズ:5.2MB
地図 (27)田野畑地区・地域細分図(27/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7861px
  • 高さ:5281px
  • ファイルサイズ:5.4MB
地図 (28)普代地区・地域細分図(28/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7861px
  • 高さ:5249px
  • ファイルサイズ:5.1MB
地図 (29)野田地区・地域細分図(29/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7894px
  • 高さ:5249px
  • ファイルサイズ:5.4MB
地図 (30)久慈地区・地域細分図(30/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7828px
  • 高さ:5209px
  • ファイルサイズ:4.4MB
地図 (31)八木港地区・地域細分図(31/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7850px
  • 高さ:5284px
  • ファイルサイズ:4.3MB
地図 (32)種市地区・地域細分図(32/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7844px
  • 高さ:5209px
  • ファイルサイズ:3.4MB
地図 (33)八戸ー角浜地区・地域細分図(33/33)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:5298px
  • 高さ:7901px
  • ファイルサイズ:4.2MB
地図 別図-2 迂回路
オリジナルサイズ画像
  • 幅:3546px
  • 高さ:4949px
  • ファイルサイズ:788.3KB
別図-3 復旧の考え方

別表

オリジナルサイズ画像
  • 幅:7334px
  • 高さ:4665px
  • ファイルサイズ:2.3MB
別表-1 津波危険区域と予想される2次災害
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7560px
  • 高さ:4892px
  • ファイルサイズ:1.4MB
別表-2-1 気仙沼ブロック応援体制
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7723px
  • 高さ:4875px
  • ファイルサイズ:1.6MB
別表-2-2 大船渡ブロック応援体制
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7723px
  • 高さ:4861px
  • ファイルサイズ:1.4MB
別表-2-3 釜石ブロック応援体制
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7699px
  • 高さ:4806px
  • ファイルサイズ:1.6MB
別表-2-4 宮古ブロック応援体制
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7739px
  • 高さ:4726px
  • ファイルサイズ:1.4MB
別表-2-5 久慈ブロック応援体制
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7518px
  • 高さ:4716px
  • ファイルサイズ:1.8MB
別表-3 備蓄資機材等管理表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:6718px
  • 高さ:5547px
  • ファイルサイズ:1.7MB
別表-4 道路情報モニター委嘱者一覧表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7834px
  • 高さ:5356px
  • ファイルサイズ:1.7MB
別表-5 震災対策体制発令連絡系統図(三陸国道支部)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7938px
  • 高さ:5261px
  • ファイルサイズ:2.2MB
別表-6 震災対策体制発令連絡系統図(三陸国道支部)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7398px
  • 高さ:5028px
  • ファイルサイズ:1.5MB
別表-7 震災対策体制発令連絡系統図(仙台支部) 〜全体
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7499px
  • 高さ:4949px
  • ファイルサイズ:1.6MB
別表-8 震災対策体制発令連絡系統図(仙台支部) 〜全体
オリジナルサイズ画像
  • 幅:7842px
  • 高さ:5467px
  • ファイルサイズ:2.1MB
別表-9 三陸国道工事事務所、道路災害対策支部構成表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:4160px
  • 高さ:8304px
  • ファイルサイズ:1.4MB
別表-10 (1)道路災害対策支部構成表 (仙台工事事務所)
オリジナルサイズ画像
  • 幅:6663px
  • 高さ:5236px
  • ファイルサイズ:826.4KB
別表-11 関係機関との情報連絡一覧表
オリジナルサイズ画像
  • 幅:2905px
  • 高さ:2402px
  • ファイルサイズ:169.7KB
別表-12 非常電話